2021.08.01

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2021年8月号)

外務省国際協力局

2021年6月27日付人事(カッコ内は前職)

◆アフリカ部次長:深瀬 豊氏(ウガンダ事務所長)

 

国際協力機構(JICA)

2021年7月1日付人事(カッコ内は前職)

◆理事長室審議役:木村 出氏(理事長室上席秘書)

◆総務部審議役:小森 克俊氏(総務部参事役)

◆総務部審議役:上町 透氏(総務部参事役)

◆総務部審議役:市口 知英氏(総務部参事役)

◆情報システム部審議役:若林 仁氏(情報システム部参事役)

◆広報部審議役:見宮 美早氏(広報部次長)

◆企画部審議役:高橋 亮氏(企画部次長)

◆東南アジア・大洋州部審議役:木下 康光氏(東南アジア・大洋州部長)

◆アフリカ部審議役:田中 香織氏(アフリカ部次長)

◆アフリカ部審議役:稲田 恭輔氏(アフリカ部次長)

◆中東・欧州部審議役:大野 裕枝氏(中東・欧州部次長)

◆社会基盤部技術審議役:森 弘継氏(新規採用)

◆国内事業部審議役:紺屋 健一氏(国内事業部次長)

◆調達・派遣業務部審議役:佐藤 公平氏(調達・派遣業務部次長)

◆エルサルバドル事務所長:小園 勝氏(調達・派遣業務部参事役)

 

(一財)日本国際協力センター(JICE)

新代表理事に吉田耕三氏

(一財)日本国際協力センター(JICE)は6月22日、評議会・理事会を開き、同会にて元人事院人事官の吉田耕三氏が新代表理事に就任した。

 

東京ビジネスサービス(株)

新社長に河本徳之氏

東京ビジネスサービス(株)は5月28日、株主総会を開き、同会にて前専務および営業本部長の河本徳之氏が新社長に就任した。

 

認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)

新役員体制に移行

認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)は6月22日、通常総会を開き、同会にて新理事長に本木恵介氏、新副理事長に岩附由香氏、鬼丸昌也氏、棚田 雄一氏が就任した。

 

(株)NHKテクノロジーズ

新代表取締役社長に野口周一氏

(株)NHKテクノロジーズは6月30日に株主総会を開き、野口周一氏が新たに代表取締役社長に就任した。

 

(一財)日本国際協力システム(JICS)

新代表理事に竹内和樹氏

(一財)日本国際協力システム(JICS)では6月29日付で竹内和樹氏が新代表理事に就任した。また、樋口誠一氏が新たに業務執行理事(兼 業務総括部長)に就任した。

 

日本工営(株)

会長に有元氏、社長に新屋氏が就任

日本工営(株)では7月1日付で、有元龍一氏が取締役会長(取締役会議長)、新屋浩明氏が代表取締役社長、また露崎高康氏が取締役副社長執行役員(営業本部長)にそれぞれ昇任した。

国際開発ジャーナル2021年8月号が発売されました

<今月の特集>
宇宙に煌めくフロンティア~進む衛星活用の社会実装
1.総論 2.日本の海外展開戦略 3.アジアで台頭する新たな宇宙活動国 4.“ネクストインディア” アフリカの可能性 5.地方創生への挑戦 6.持続可能な宇宙利用へ

□Zoom Up!
インド太平洋で相次ぐ宇宙機関の設立

□世界の景色から
パキスタン

□AD/国立国際医療研究センター(NCGM)
新連載 第1回 日本の医療を世界へ
研修が事業を支える

□荒木光弥の「羅針盤」
ベトナム援助の裏側を見る 「反汚職闘争」という名の政治改革

□論説委員の視点 途上国のDX革命
早稲田大学 政治経済学部 教授 深川 由起子

□AD/連載 第2回 笹川平和財団の変革力
衛星通信で目指す「海のSociety5.0」
海洋政策研究所 上席研究員 赤松 友成氏

□AD/AW3D®の活用で加速する調査業務のデジタル化
(株)NTTデータ
(一財)リモート・センシング技術センター

□AD/広域衛星画像でODA事業にも貢献
(株)サテライトイメージマーケティング

□大学の国際化最前線
新潟県立大学大学院 国際地域学研究科

□IDJ Report
スリランカ新大使に聞く対日関係の再構築

□特集 緊急期の水供給・衛生協力
1.途上国支援の方向性
2.開発コンサルタントの視点
3.JICAの緊急支援実績

□世界を読む イスラエルとイランに強硬派指導者誕生
中東ジャーナリスト 川上 泰徳

□開発コンサルタントニュース

□連載 開発協力の新たなパラダイムシフト(下)
戦略的かつ競争力ある国際開発協力を
立命館大学 名誉教授/国際研究インスティチュート(IIS)代表 唐沢 敬

□News & Topics

□連載 ~ダッカ襲撃テロ事件から5年~ 多元化する危機管理
時系列の整理から始める安全対策
(株)海外安全管理本部 代表取締役 尾﨑 由博

□AD/連載 長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科(TMGH)presents
SDGs時代の課題を読み解く 最終回
次なるコロナ対策――アジア4カ国の国会議員が事例を共有
タイ国会議員/医師 ジェット・シラスラノント氏
参議院議員 自由民主党 武見 敬三氏
TMGH 教授 池上 清子氏
インド国会議員 ディーペンダル・フーダ氏
フィリピン前保健大臣 ジャネット・ガリン氏

□AD/日本財団 連載 ソーシャルイノベーションの明日 第45回

□編集後記

2021.07.30

IDJ ENGLISH -Keidanren’s Request to the Government

 

COMPASS
Keidanren’s Request to the Government Promotion of strategic infrastructure exports

Editor-in-chief, International Development Journal Mitsuya Araki

 
$71 trillion global market of infrastructure investment
In March, the Japan Business Federation (Keidanren) published a proposal to the Japanese government titled “Toward the Overseas Promotion of Strategic Infrastructure Systems (the 2020 edition).”
The main contents are;
(Ⅰ)promotion of overseas expansion of infrastructure systems based on environmental changes,
(Ⅱ) specific requests for overseas promotion of strategic infrastructure systems, and
(Ⅲ) priority areas in the with post-COVID-19 era
 
According to the report, the global infrastructure market is based on the assumption that it will expand further into the future. The Organization for Economic Co-operation and Development estimates that infrastructure investment in 2000-30 will total $71 trillion. The Asian Development Bank (ADB) estimates that Asia’s infrastructure needs from 2016 to 2030 will be $22.6 trillion (more than $1.5 trillion annually).
That would amount to $26 trillion (more than $1.7 trillion annually) if the amount needed to mitigate and adapt to climate change is included. The proposal states that Japan needs to strategically take in such a global infrastructure market in the future.
 
Regarding the environmental changes of infrastructure systems, it is pointed out as follows.
(1) The spread of COVID-19 worldwide has caused delays and interruptions in business.
(2) With the spread of COVID-19 infection, digital transformation (DX) is particularly important, and it is necessary to accelerate the DX efforts of infrastructure systems.
(3) As the sense of crisis over climate change increases worldwide, efforts to decarbonize are required to be strengthened. Japan is required to expand its green infrastructure system overseas by utilizing its unique and excellent environmental technology.
(4) With the Biden administration in the United States, which emphasizes international cooperation, restructuring of the international economic order is expected. With the aim of realizing a “Free and Open Indo-Pacific” (FOIP)”, Japan needs to deepen inter-regional cooperative relationships through economic partnerships and pursue smooth movement and connectivity of global labor, goods, money and data.
 
4 requests to the government  
In December 2020, the government compiled a new strategy, ”the Infrastructure Systems Overseas Expansion Strategy 2025”, which looks ahead to the five years after 2021.It set an order target of 34 trillion yen for 2025, with (1) realizing economic growth by improving industrial competitiveness in response to carbon neutrality and digital transformation, (2) contributing to the achievement of the SDGs, and (3) promoting higher quality infrastructure overseas.
 
The government has so far bolstered the top sales by Prime Minister and bureaucrats and won overseas infrastructure projects.Furthermore, we have promoted the establishment of high-spec loans, yen loans, and the use of “Special Terms for Economic Partnership (STEP)”, expanded trade insurance such as the creation of a trade insurance scheme for institutional investors, and supported the overseas expansion of Japanese companies by developing rules for “higher quality infrastructure” and working on international standardization. Keidanren highly appreciates the government’s efforts.
 
Keidanren’s specific requests are as follows.
Firstly, responding to the challenges facing the world. (1) Strengthening measures against and supporting the infection of the new coronavirus, (2) promoting DX in infrastructure systems, (3) strengthening initiatives to develop green infrastructure, and (4) realizing FOIP.
Second, strengthening of the promotion system for winning projects. (1)Strengthening the control tower function and expanding budget measures, (2) further strengthening top sales, and (3) cooperation in third-country markets.
Thirdly, promotion of public measures through public-private partnerships. (1) Priority support for Operation & Maintenance (O&M). It is important to target not only advanced O&M using digital technology, but also O&M that meets the actual situation of host countries such as Africa. (2) strategic development of international standardization and international rule development, and (3) accelerating CORE JAPAN projects that co-create value in collaboration with local companies led by Japanese companies through public-private partnerships, (4) Strengthening support for promoting PPP, (5) strategically promoting human resource invitations, and (6) further promoting safety measures.
Fourthly, strengthening financial support, etc. (1) ODA (yen loan, grant aid, technical cooperation), (2) JICA overseas investment and loans, (3) JBIC investment and loans, (4) Nippon Export and Investment Insurance (NEXI), (5) other independent administrative institutions, etc.
As for (5), in order to reduce the risk of overseas infrastructure projects and businesses and to further promote private investment, it is considered effective to expand investment by funds that utilize public funds. Indonesia, for example, plans to build a government infrastructure fund worth up to $15 billion.
 
Areas of Focus in the Corona Era
Finally, priority areas in the with / post COVID-19 era include (1) green infrastructure (environmental and energy infrastructure that contributes to decarbonization), (2) development of digital infrastructure, (3) promotion of smart cities, (4) health and medical infrastructure, and (5) infrastructure for living and social activity.
If there are private opinions to add these points, firstly, it is the role of the general trading company in Japan. Secondly, the role of the development consultant of the ODA system with excellent ability in the development plan making.
First of all, is it necessary to reconsider the role of a general trading company that can be involved in the information and trends of the development plan at the front line of developing countries. It might be said that it is not such a time now, but why not reconsider the role of general trading companies again?
Next, ODA-based development consulting companies’ ability can be deeply involved from the infrastructure planning stage. If ODA is to be used strategically, it will take some time, but it will need to be pushed forward from the comprehensive development planning stage. There is an opinion that the comprehensive development plan is not effective in terms of time and expense, but I think that it is effective as an approach to get involved in the other party’s and gain trust.
It is not easy to quickly get infrastructure projects without taking some time to gain trust of other parties. In other words, logical, technical, and human trust are the key to the overseas promotion of strategic infrastructure systems.
 
For many developing countries, the people in charge of development planning are super-elite bureaucrats with clear and theoretical brains who have studied at top universities in Europe and the US.However, they are administrative men who do not know the practice. Therefore, it is required that the cooperating partners have human resources who can talk about practice and theory in an orderly manner. However, there is still great concern about whether such human resources will be secured on the Japanese side. In that sense, Japan’s way for the future cannot be too optimistic.
 

*****以下、日本語原文*****

羅針盤 経団連の政府への要望 戦略的インフラ輸出の促進
本誌主幹  荒木 光弥
 
71兆ドル世界市場か
(一社)日本経済団体連合会(経団連)は3月、日本政府に対して「戦略的なインフラシステムの海外展開に向けて」と題する2020年度版の提言を公表した。主な内容は(Ⅰ)環境変化を踏まえたインフラシステムの海外展開の推進、(Ⅱ)戦略的なインフラシステムの海外展開に向けた具体的要望、(Ⅲ)with/postコロナ時代における重点分野などである。それによると、まず世界のインフラ市場は、今後一層拡大という前提に立っている。経済協力開発機構(OECD)は、2000~30年におけるインフラ投資額の累計が71兆ドルと推計する。また、アジア開発銀行(ADB)の推計では、2016年~30年までのアジアのインフラ需要は22兆6,000億ドル(年間1兆5,000億ドル超)。気候変動の緩和や適応への必要額を含めた場合は、26兆ドル(年間1兆7,000億ドル超)に上る。提言書では、日本は今後、このようなインフラ世界市場を戦略的に取り込んでいく必要があるとしている。
インフラシステムの環境変化については、以下のように指摘する。
(1)新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、事業の遅延や中断などが発生。(2)コロナの感染拡大によって、とりわけデジタルトランスフォーメーション(DX)が重視されるようになり、インフラシステムのDXへの取り組みを加速させる必要がある。(3)気候変動への危機感が世界的に高まる中で、脱炭素化への取組み強化が求められている。日本としては独自の優れた環境技術を活用したグリーンインフラシステムの海外展開が求められる。(4)国際協調を重視する米国のバイデン新政権の下で、国際経済秩序の再構築が期待される。日本としても「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)の実現を目指し、経済連携を通じて地域間協力関係を深めるとともに、グローバルなヒト・モノ・カネ・データの円滑な移動と連結を追求する必要がある。
 
4項目の政府への要望
政府は2021年以降の5年間を見据えた新戦略「インフラシステム海外展開戦略2025」を20年12月にまとめた。それは、(1)「カーボン・ニュートラル、デジタル変革に対応した産業競争力の向上による経済成長の実現」、(2)「SDGs達成への貢献」、(3)「質高のインフラ海外展開」を掲げるとともに、25年の受注目標額を34兆円に設定した。
政府はこれまで首相や官僚のトップセールスを強化し、海外のインフラプロジェクトを獲得してきた。さらにはハイスペック借款創設や円借款、本邦技術活用条件(STEP)の活用を進め、機関投資家向けの貿易保険スキームの創設などの貿易保険の拡充、「質の高いインフラ」のルール整備や国際標準化に取り組むなど、日本企業の海外展開を支援してきた。経団連は政府のこうした努力を高く評価している。
提言とも言うべき経団連の具体的な要望は次の通り。
第1、世界が直面する課題への対応。(1)「世界が直面する課題の対応」で、次の4項目を挙げている。①新型コロナウイルスの感染対策および支援強化、②インフラシステムにおけるDXの推進、③グリーンインフラ整備の取り組み強化、④FOIPの実現。
第2、案件獲得に向けた推進体制の強化。(1)司令塔機能の強化および予算措置の拡充、(2)トップセールスの一層の強化、(3)第三国市場での連携。
第3、官民連携を通じた公的施策の推進。(1)O&Mへの重点支援(デジタル技術を活用した高度なO&Mのみならず、アフリカなどのホスト国の実情に合ったO&Mも対象にすることが重要としている)、(2)国際標準化や国際ルール整備の戦略的展開、(3)日本企業主導で現地企業と連携しながら価値を共創するCORE JAPANプロジェクトを官民連携で加速させる、(4)PPP促進に向けた支援強化、(5)人材招聘の戦略的推進、(6)安全対策の一層の推進。
第4、ファイナンス等支援の強化。(1)ODA(円借款、無償資金協力、技術協力)、(2)JICA海外投融資、(3)JBIC投融資、(4)日本貿易保険(NEXI)、(5)その他の独立行政法人など。
(5)においては海外インフラプロジェクト・事業のリスクを軽減し、民間投資を一層促進するためには公的資金を活用したファンドによる投資拡充などが有効と考えられる。例えば、インドネシアでは最大150億ドル規模の政府系インフラ・ファンドの新設を計画しているという。
 
コロナ時代の重点分野
最後にwith/postコロナ時代における重点分野として、(1)グリーンインフラ(脱炭素化に資する環境エネルギーインフラ)、(2)デジタルインフラの整備、(3)スマートシティの推進、(4)健康医療インフラ、(5)生活・社会基盤インフラなどを挙げている。
これらに加える私的な意見があるとしたら、第1に総合商社の役割、第2に開発計画作りで優れた能力をもつODA系の開発コンサルタントの役割である。まず、開発計画の情報、動向を現場の第一線で関わり得る総合商社の役割を改めて考え直す必要があるのではなかろうか。現在はそういう時代ではないと言われるかもしれないが、改めて総合商社の役割を再考してみてはどうだろうか。
次いでODA系の開発コンサルティング能力は、インフラ企画・計画の段階から深く関わることができることだ。ODAを戦略的に活用するならば、時間は少々かかるが、総合開発計画段階から推し進める必要がある。総合開発計画作りは時間と費用ばかりかかって有効でないとする意見もあるが、相手の懐に深く入り込み、信頼を得る一つの手段として有効だと考える。
ある程度の時間をかけて信頼を得ながら相手の懐に入り込まずに、手っ取り早くインフラプロジェクトを日本の手中に収めることは容易なことではない。つまり論理的、技術的、そして人間的信頼が「戦略的なインフラシステムの海外展開」の要諦ではなかろうか。
多くの途上国の場合、開発計画を担当する人びとは、欧米の一流大学で学んだ超エリート官僚たちであり、その頭脳は明晰で理論的である。ただ、彼らは実践を知らない行政マンだ。だから、協力する側に実践と理論を整然と語れる人材が求められる。ところが、日本側でそうした人材が確保されるかどうか、大きな不安が残されている。その意味で、日本の前途に楽観は許されない。
 
『国際開発ジャーナル』2021年6月号掲載記事

IDJ ENGLISH Need for support to build a stable federal democracy

Need for support to build a stable federal democracy

Compromises with the military are unlikely, negotiations are still necessary

 
Professor Toshihiro Kudo,National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS)

The military coup d’état in Myanmar on the first day of February shocked the world. In particular, the impact on Japan, which has been providing huge amounts of Official Development Assistance (ODA) and private investment is large. Professor Toshihiro Kudo of the Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS), who specializes in Myanmar studies, speaks out on the background of the coup d’etat, perspectives for the future, and the role of Japan.
(Interviewer: Yukifumi Takeuchi. This interview was held on March 15, 2021)
 
The Source of Aung San Suu Kyi’s Power
–Why did the military coup take place?
In order to understand the background, it is necessary to look back at the history of the “transition to civilian rule ” which took place in 2011 from the former junta that had lasted 23 years. Until then, Aung San Suu Kyi, the National League for Democracy (NLD) and student movement organizations had been thoroughly oppressed.
Conservatives, the military’s mainstream, had no intention of transferring power to Suu Kyi and tried to remove her, but were unable to easily do so.
Suu Kyi has two sources of power. One is her charismatic popularity amongst the public. The other is the influence on the international community, especially the United States. Reformists in the junta sometimes acted as intermediaries, discussing with Suu Kyi to strike a deal. After lifting her house arrest, Suu Kyi resumed her political activities. Then the military eventually began to say she had committed a violation of her promises, and they also strengthened restrictions and repeatedly put her under house arrest. What happened this time is almost same as before.
 
President Thein Sein , who was borne of the civil government transfer, had been the fourth in the ranks of the junta and was prime minister when it was controversial as to whether Myanmar should accept the international community’s relief during the cyclone of May, 2008. He realized the need for international cooperation after viewing the sites that had been severely damaged by the cyclone and turned into a reformist. After the retirement of General Than Shwe, who was the most powerful person in the military, Thein Sein was to take charge.
He knew that international sanctions would not be lifted unless he cooperated with Suu Kyi. In 2011, he started political reforms and allowed Suu Kyi to resume political activities. Along with this, investment from developed countries also flowed into the country, and while it was said to be “the last frontier in Asia”, the reforms were a great success.
 
However, in the 2015 general election, the military was disliked by the people and suffered a landslide defeat. As a result, Suu Kyi’s government was inaugurated, but there was no backing from the military reformists who protected her. Thein Sein, who invited her to the diarchic national political system stipulated by the 2008 Constitution, did not run in the 2015 general election. Shwe Mann, another one of Suu Kyi’s collaborators with a military background, lost the 2015 general election.
For the next five years, “the divorced couple” gradually lost their conversation instead of fighting and ended up being unable to speak to one another. Suu Kyi also seemed to defend the military on the Rohingya issue, but the military thought she condemned them.
 
The Panglong Conference aimed at peace-building with ethnic minorities and economic management did not appear to be done well. As the general election approached, Suu Kyi and the NLD criticized the military and used condescending language. After the Commander-in-Chief’s speech at the Panglong Conference, Suu Kyi and President Win Myint did not applaud, and they deepened their personal feud.
Even in the 2020 general election, Min Aung Hlaing was likely to have not been aware of inconvenient information. However, when the voting was opened, it was a big loss. Under the constitution, military personnel who hold a quarter of the seats are nominated directly by the commander-in-chief, but the name list of the lawmakers has not been submitted. However, Suu Kyi seems to have forced the opening of parliament and tried to move forward in various ways in the absence of the military personnel.
Meanwhile, Min Aung Hlaing was also scheduled to retire in July this year, so the timing could not be missed. In the long-lasting conflict, the relationship of trust that seemed to have been established through power sharing collapsed.
 
The Spreading Civil Disobedience Movement (CDM)
—What are the future perspectives of the military?
The military had tried to show its ability to govern during the state of emergency for one-year or so. They would like to demonstrate better governance capabilities than the NLD in their measures against COVID-19, ceasefires with ethnic minorities, and economic policies that attract foreign capital. In the meantime, they would convict Suu Kyi and make it impossible for her to run election, weaken the NLD, and return to power by elections that favor the military.
 
However, a large-scale anti-government movement, including the civil disobedience movement (CDM), has occurred, and the scenario of the military is collapsing. If this situation continues, the economy will be paralyzed, and the people will be in dire straits.
Security has also deteriorated, and anti-junta sentiment is growing more and more. It is the young people from relatively poor areas who are mobilized into streets. Many say they are willing to fight to the death, and many young people have died after being shot. The military had crossed the redline.
The CDM was started by doctors. Many of them work for the Ministry of Health and public hospitals under the ministry, but they lack medical resources and have been working hard since last year in response to the COVID-19 pandemic. The coup d’état occurred when the pandemic became worst. Even if they abandon their patients in hospital, they are so angry to have to go to protest.
In addition, staff of Ministry of Railways also participate in CDM. There were a lot of golden parachutist from the military in the upper management of the ministry, and many are dissatisfied with such a situation.
On the other hand, the military will not give up easily either. Although there have been reports that many police and security officials are participating in the CDM, there have been no indications of a split in the military.
 
—How do you evaluate the results of economic development in the 10 years since the power transfer to the civilian government?
Infrastructure such as roads has been improved. Entering Myanmar from the Thai border, in the 1990s, the Burmese language was not used at all. But since the 2000s it has come to be quite popular. Locals say it has “changed from traditional Karen rule to central government rule.” Schools and government offices have been built even near the border, Myanmar flags have been raised. It seems that they have integrated the border area.
 
On the Rohingya issue, most of the Myanmar people said they were illegal immigrants and that they should leave, and they did not think that the military was causing problems, even if they did bad things. Suu Kyi is also a politician, so she didn’t speak out in support of the Rohingya. But now, some citizens, who have been repressed by the military, started to say “We were wrong. We want to apologize to the Rohingya.”
On the military’s behavior in ethnic minority areas, they said, “We didn’t know. Many young people realized that they were also the unconscious perpetrators.” It could also be a catalyst for a single Myanmar identity beyond different ethnic groups, religions, and regions.
 
Myanmar using China
—What do you think of China’s position?
This coup is not a happy scenario for China. Certainly, it had a very close relation with the military. But the quality of economic assistance has been low, and there were many failed Chinese projects. Recently, China has also learned how to invest foreign investment in Myanmar, drawing a plan for the “China-Myanmar Economic Corridor” in the Belt and Road Initiative.
Although anti-China sentiment intensified among Myanmar people during former Thein Sein’s administration, President Xi Jinping visited Myanmar last year to try to restart with the Suu Kyi government. There is a strong view that Myanmar is being mistreated by China, but Myanmar has also been using China recently.
 
―What do you think about Japan’s role?
It is necessary to put pressure on the military to stop their violence towards people. The military pointed to illegal elections as a cause for the coup, and they say they will set up a free and fair election again. This is very different from the military regime of the 1990s. However, it is impossible for the military to hold another general election because the people are very angry and opposed. So how about working with the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) countries to support it, including holding a free and fair election?
After the renewed election organized by ASEAN, whoever wins or loses, the military has to return to the barracks, seceding from national politics. This is something unthinkable for many Myanmar people now. Nevertheless, I think we need to support Myanmar to create democracy with a stable federal system through negotiations with the military.
 
International Development Journal, 2021 May edition
 

*****以下、日本語原文*****

ミャンマー特集
工藤年博・政策研究大学院大学(GRIPS)教授に聞く
安定した連邦制の民主主義築く支援を ―安定した連邦制の民主主義築く支援を
 
2月1日にミャンマーで起きた軍事クーデターは世界に大きな衝撃を与えた。中でも、巨額の政府開発援助(ODA)と民間投資を注ぎ込んできた日本の痛手は大きい。政変の背景と今後の見通し、さらに日本の役割について、ミャンマー研究を専門にする工藤年博・政策研究大学院大学(GRIPS)教授に聞いた。(聞き手:本誌編集委員・竹内 幸史)
 
スーチー氏の力の源泉 
–軍事クーデターはなぜ起きたのでしょうか。
背景を理解するには、23年間続いた旧軍政から2011年に「民政移管」が実現した経緯に遡る必要がある。それまでアウン サン スー チー氏や国民民主連盟(NLD)、学生運動組織は徹底的に弾圧されてきた。軍の主流である保守派は、スー チー氏に権限を移譲するつもりは全くなく、彼女を排除しようとしたが、なかなかできなかった。
スーチー氏には力の源泉が2つある。1つは国民の間でのカリスマ的な人気。もう1つは、国際社会、特に米国への影響力だ。軍政の中の改革派が仲介役になり、スー チー氏と話し合ってディールをした。自宅軟禁を解いては、やがて約束違反だと言い始め、また制限を強め、自宅軟禁を繰り返した。今回の動きも大きな意味ではその延長だ。
民政移管で生まれたテイン セイン大統領は軍政の序列4位で、08年5月のサイクロンの際、国際社会の救援を受け入れるかどうかもめた時の首相だ。甚大な被害を受けた現場を目の当たりにして国際協調の必要性を実感し、改革派に変わっていった。一番の権力者だったタン シュエ氏らが引退後、テイン セイン氏が仕切ることになった。彼はスー チー氏と協力しない限り、国際社会の制裁が解けないと分かっていた。11年から政治改革を進め、スー チー氏の政治活動再開も認めた。これに伴い、先進国からの投資も入り、「アジア最後のフロンティア」と言われ、改革は大成功した。
ところが、15年の総選挙で国軍は国民に嫌われ、大敗した。その結果、スー チー政権が発足したが、彼女を守る国軍改革派の後ろ盾もなくなった。そこから5年間、離婚する夫婦が喧嘩をするのではなく、徐々に話をしなくなり、最後は口もきかなくなるような状況になった。ロヒンギャ問題でも、スー チー氏は擁護しているように見えたが、軍から見れば非難されていると思っただろう。少数民族との和平を目指したパンロン会議も、経済運営もうまくできないと思われた。総選挙が近づくと、スー チー氏やNLDが軍を批判し、見下す言葉遣いもした。パンロン会議では司令官の演説後、スー チー氏らは拍手もせず、知らんぷりをして個人的確執も深めた。
20年の総選挙でも、フライン氏には都合のいい情報しか上ってこなかったのだろう。負けてもテイン セイン時代に戻る程度だと言われていたのではないか。ところが、ふたを開けたら、ぼろ負けだった。憲法の規定上、議席の4分の1を占める軍人議員は司令官から直接指名されるが、この議員名簿は未提出だった。しかし、スー チー氏は議会開会を強行し、軍人議員不在の中でいろいろ進めようとしたようだ。一方、フライン氏も今年7月で引退予定なので、タイミングを逃せない。長く続く対立関係の中、パワーシェアリングで成立したと思われた信頼関係は崩壊した。
 
広がる市民不服従運動(CDM)
—国軍の今後の思惑はどうですか。
国軍は、1年程度の非常事態宣言の間に自分たちの統治能力を見せようとしている。新型コロナウイルス対策、少数民族との停戦、外資を呼び込む経済政策などでNLDより優れた統治能力を見せたい。その間にスー チー氏に有罪判決を出して選挙に出られないようにし、NLDも解党するなど弱体化させ、国軍に有利な選挙をして政権を取り戻したいのだろう。
ところが、市民不服従運動(CDM)を含めて大規模な反政府運動が起き、国軍のシナリオが崩れつつある。この情勢が長引くと、経済が麻痺し、人々が困窮する。治安も悪化し、ますます反軍政感情が募る。動員されているのは比較的貧しい地域出身の若者だ。「死ぬまで戦う」と言っている人が多く、多数の若者が撃たれて亡くなっている。
CDMは医師らが始めた。多くは保健省や傘下の病院に勤めているが、医療資源が足りない上、昨年からコロナ禍対応で大変な勤務を続けてきた。へとへとになったところでクーデターが起き、「もうやってられるか」という感じになった。自分の病院の患者を見捨てても、抗議に行くという怒り具合だ。また、鉄道省職員もCDMへの参加は多い。上層部に軍からの天下りが多く、もともと不満があったのだろう。
一方、軍も簡単に降参しはしないだろう。市民不服従運動(CDM)に参加する警察や治安当局の人が増えているとの報道もあるが、軍が割れるほどの動きはない。
 
—民政移管から10年の経済開発の成果をどう評価しますか。
道路などのインフラがある程度、整備された効果が出ている。タイ側の国境から入ると、1990年代はビルマ語が全然通じなかったが、2000年代以降、かなり通じるようになった。地元の人は「従来のカレン族の統治から政府の統治に変わった」と言う。国境付近まで学校や役所ができ、ミャンマー国旗が立ち、国境地域まで一体化してきたようだ。
また、ロヒンギャ問題については大半のミャンマー人が「不法移民であり、出て行って当然だ」と言い、軍が悪いことをしても問題にしなかった。スー チー氏も政治家だから、ロヒンギャ寄りの発言をしない。だが今、国軍の弾圧を受けた市民の間に「自分らが間違っていた。ロヒンギャに謝りたい」という人もいる。少数民族地域で国軍がやってきたことについて、「自分たちは知らなかった。無自覚な自分たちも加害者だった」と気付いた若者も多い。民族や宗教、地域を越えて一つのミャンマー国民というものが誕生するきっかけになる可能性もある。
 
中国を利用するミャンマー
―中国の立場をどう思いますか。
決して中国にとっては今回のクーデターはハッピーなシナリオでない。確かに軍政時代は非常に密接な関係にあったが、経済援助の質は低く、雲南省の事業など失敗ばかりしていた。最近では中国も対外投資の手法を学び、一帯一路の中で「中国ミャンマー経済回廊」の絵を描いて進めている。テインセイン政権時代、ミャンマー国民に反中感情が強まったが、習近平国家主席が昨年、訪緬してスー チー政権と仕切り直しを図った。中国にミャンマーがいじめられているとの見方が強いが、最近はミャンマーが中国を利用している。
 
―日本の役割をどうお考えですか。
とにかく国軍に自制するよう、プレッシャーはかける必要がある。彼らはクーデターの名目・大義として不正選挙をあげ、自由公正な選挙をやり直すという。これは1990年代の軍事政権と全然違う言い分だ。だが、これだけ国民が怒り、反対しているから、国軍が自分たちだけの政権を作るのは無理だ。そこで東南アジア諸国連合(ASEAN)と組んで選挙管理を含めて支援するのはどうだろうか。その代わり、比例代表制を導入し、いろいろな少数民族も含めた機会を作れば、国軍も一応、大義名分は果たせる。
選挙が終わって負けたら兵舎に帰ってもらい、国軍の政治関与は弱めていく。ただ、40万人もいる軍人が社会の中で生きていくには対決姿勢だけでは同じことの繰り返しになる。交渉と妥協を試みながら、安定した連邦制の民主主義にしていく支援が必要だと思う。
 
『国際開発ジャーナル』 2021年5月号掲載記事

2021.07.29

【新型コロナ情報】JICA パナマへ新型コロナ支援技プロを実施へ

新型コロナウイルス特設サイト掲載情報

 

・パナマに対する新型コロナ対策支援での技術協力プロジェクトの情報を掲載しています。

 詳しくはこちら

 
その他のコロナ関連記事については、HP右側の「新型コロナウイルス特設サイト」バナーからお入りください。
 

« Previous | Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard