2018.04.03

国際開発ジャーナル社 / 編集部・社員募集

当社が毎月・発行している『国際開発ジャーナル』の

編集部・社員を下記の通り募集します。

 

 

<応募資格>

(1)取材・編集経験者優遇(記者志願者は未経験者でも応募可)

(2)海外・開発途上国志向の強い人

(3)英語力(TOEIC/TOEFLスコアの提示を歓迎)

 

<勤 務 地>

 東京都千代田区麹町

 

<待 遇>

 雇用形態・採用条件・給与等は面接の上決定

 

<応募締切>

 随時面接を行います。決まり次第、募集は終了とさせていただきます。

 ※2018年5月中旬まで

 

<応募方法>

 履歴書、職務経歴書と共にエッセイ(テーマ「国際開発ジャーナルでやりたいこと」(A4で1~2枚程度)を下記までご送付下さい。

 経験者はこれまでに携わった記事のコピー(2~3点)をお送り下さい。

 ※送付書類は返却致しません。当方で責任もって処理致します

 

<採用方法>

 書類審査を通過した場合は面接の上、採用を決定

 

<採用通知>

 面接後、2~3日後に通知

 

<応 募 先>

 (株)国際開発ジャーナル社 人材募集係

  〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-4 麹町HFビル9階

     TEL:03-3221-5583  FAX:03-3221-5584

  E-mail:jinji@idj.co.jp

2018.07.18

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル7月号)

国際協力機構(JICA

2018年5月15日付人事(カッコ内は前職)

◆管理部次長(グループ担当)

岡田 務 氏(国内事業部次長(グループ担当)

2018年6月1日付人事(カッコ内は前職)

◆情報システム室長

戸島 仁嗣 氏 (モロッコ事務所長)

◆企画部長

中澤 慶一郎 氏(南アジア部長)

◆南アジア部長

原 昌平 氏(情報システム室長)

◆国内事業部次長(グループ担当)

斎藤 奨 氏(財務部参事役)

◆北海道国際センター次長(グループ担当)

篠山 和良 氏(メキシコ事務所長)

◆インドネシア事務所長

山中 晋一 氏(企画部長)

◆インド事務所長

松本 勝男 氏 (南アジア部審議役)

◆エジプト事務所長

大村 佳史 氏(評価部次長)

 

(一財)日本国際協力システム(JICS

組織改編を実施

(一財)日本国際協力システム(JICS)は、2018年6月1日付で組織改編を実施した。業務部門における国・地位別での体制を整えることで、業務の一層の効率化・均質化を図る。

 

(一社)日本貿易会

新会長に中村邦靖氏が就任

(一社)日本貿易会では、5月31日付で中村邦靖氏(現・住友商事(株)代表取締役会長)が新会長に就任し、前会長の小林栄三氏は名誉会長に就任した。

2018.07.04

『国際開発ジャーナル2018年7月号』を発売しました。

kounyu

今月の特集  発進!SDGsビジネス~2030年までの成長戦略
1. 総論/2. 挑戦する企業/3. サポートする企業/4. 動き出す開発コンサルタント
<Zoom UP !>
未来のビジネスを創るSDGs

□世界の景色から ルワンダ

□Message from abroad 国連工業開発機関(UNIDO)事務局長 李 勇氏

□荒木光弥の「羅針盤」 国際コンサルティング企業への道

□論説委員の視点 関西でSDGsプラットフォームが発足 国際協力は情熱と明るさで

□Devex News

□世界を読む ダッカ襲撃事件後2年の南アジア情勢 東京外国語大学 講師 日下部 尚徳

□解「国」新書 マレーシアの「易姓革命」 麗澤大学経済学部教授 ラウ・シンイー

□私の提言 生態系守る「SDGs地域版」の推進を (公社)日本環境教育フォーラム(JEEF)国際事業部 チーフコンサルタント 佐藤 秀樹

□新連載 開発業界の安全対策 コンサルタントの主体性が鍵 海外安全.JP 代表 尾﨑 由博

□新連載 SDGs時代の産業支援戦略 上/「政策対話」の本格展開を 国際開発協力コンサルタント 萩生 光紀

□BOOK

□特別企画 民間企業の海外展開支援

□News & Topics

□IDJ REPORT 地域体制の改革進める島嶼国

□編集後記

 

2018.06.18

国際開発ジャーナル2018年6月号が発売されました

kounyu

今月の特集
「一帯一路」と日本~対中協調に転換か
1. 総論 2. 有識者座談会 3. 中国の視点 4. 経済界の動き
<Zoom UP !>
「一帯一路」構想の可能性とリスク

□世界の景色から ミャンマー

□Message from abroad アジア女子大学(AUW) 学長 ニルマラ・ラオ氏

□荒木光弥の「羅針盤」 注視される中国の援助省構想

□論説委員の視点 一帯一路と日本のODA インフラ需要には競争より誠実な対応を

□Devex News

□インフラ輸出と円借款の実施動向

□World Headline

□BOOK

□国際協力プロジェクト情報

□解「国」新書 和平の模索続くアフガニスタン 朝日新聞 イスラマバード支局長 乗京 真知

□世界を読む 東アジアの高齢化と高まる日本の関心 中央大学大学院 戦略経営研究科 教授 真野
俊樹

□私の提言/国民総参加で開発計画を

□国際協力機構(JICA) 専門家(ホンジュラス/ローカルガバナンス能力強化) 上條 直樹

□こだわりの現場主義 アジア女子大学(AUW)卒業生/オックスフォード大学 修士課程 1年 リム・ブヤーダさん

□News & Topics

□読者からの声

□IDJ REPORT 協力隊の価値を見つめ直す

□編集後記

 

2018.06.04

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2018年6月号)

国際協力機構(JICA)
2018年4月15日付人事 (カッコ内は前職)
◆国内事業部次長(グループ担当):阿部 裕之氏(沖縄国際センター次長)
◆研究所次長:伏見 勝利氏(ウズベキスタン事務所長)
◆沖縄国際センター次長:鈴木 薫氏 (研究所次長)
2018年4月29日付人事 (カッコ内は前職)
◆財務部審議役:早川 友歩氏(イラク事務所長)
2018年5月1日付人事 (カッコ内は前職)
◆企画部次長:三條 明仁氏(社会基盤・平和構築部次長(グループ担当))
◆社会基盤・平和構築部次長(グループ担当):荒 仁氏(バングラデシュ事務所次長)
◆地球環境部審議役:村上 裕道氏(企画部審議役)
◆メキシコ事務所長:松本 仁氏(中南米部参事役)
◆パラグアイ事務所長:米崎 紀夫氏(専門家)
◆モロッコ事務所長:辛島 朝彦氏 (監査室参事役)
◆企画部国際援助協調企画室長:井本 佐智子氏(広報室参事役)

※国際開発ジャーナル6月号の同コーナーの一部に誤りがありました。

社会基盤・平和構築部次長(グループ担当)に就任された荒 仁氏の前職を「バングラデシュ事務所長」と記載しましたが、正しくは「バングラデシュ事務所次長」です。謹んで訂正いたします。

 

(同)適材適所
新代表に小林泉氏が就任
(同)適材適所では、3月19日付で立山桂司氏が代表社員を退任し、小林泉氏が新代表社員に就任した。

(一財)海外産業人材育成協会
新会長に長谷川浩司氏が就任
(一財)海外産業人材育成協会では、3月26日付で岡村正氏が会長を退任し、長谷川浩司氏が新会長に就任した。

2018.05.16

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル5月号)

国際協力機構(JICA

2018年3月15日付人事 (カッコ内は前職)

◆人事部次長(グループ担当):小森 正勝 氏(アフリカ部次長(グループ担当))

◆アフリカ部次長(グループ担当):中村 浩孝 氏(アフリカ部参事役)

◆審査部次長:中曽根 士郎 氏 (安全管理部参事役)

◆調達部次長(グループ担当):富澤 隆一 氏(審査部次長)

2018年4月1日付人事 (カッコ内は前職)

◆東・中央アジア部長:藤谷 浩至 氏(調達部長)

◆アフリカ部次長(グループ担当):若林 基治 氏(アフリカ部参事役)

◆人間開発部次長(グループ担当):森下 拓道 氏(アフリカ部次長(グループ担当))

◆地球環境部長:武藤  めぐみ  氏(地球環境部審議役)

◆地球環境部技術審議役:山崎 敬嗣 氏 (新規採用)

◆産業開発・公共政策部次長(グループ担当):富田 洋行 氏(産業開発・公共政策部参事役)

◆資金協力業務部次長(グループ担当):小泉 幸弘 氏(資金協力業務部参事役)

◆調達部長:村瀬  達哉  氏(調達部審議役)

◆国際協力人材部長:田中 泉  氏(人事部審議役)

◆国際協力人材部次長(グループ担当):大山 高行 氏(管理部参事役)

 

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard