2021.10.14

国際協力キャリアフェア2021 参加申し込み受付中!

 

国際協力を学びたい、国際協力に関わる仕事がしたいと考えている人に、学びの場やどんな仕事をがあるのかを知ってもらうキャリアイベント!今年で20回目を迎え、新型コロナの影響もあり昨年度に続きオンラインでの開催を予定しています。

 
こんな人におすすめです!
・国際協力に関心があるけど、どんな仕事があるのかわからない
・自分の専門性を生かすことができる企業・団体を知りたい!
・気になっている企業・団体の方がどんな支援を行っているのか知りたい
・実際に現地で支援活動を行っている人の話を直接聞いてみたい!
 

あなたのキャリアアップの第一歩となるイベントです。ぜひご参加ください。
参加申し込みはこちら

 

開催日:2021年11月27日(土)10:00~18:00

 

●企画内容

➀キャリアアップセミナー
政府系機関、国際金融機関、ngo団体など各業界のアクター別にキャリア形成や働き方に関するコツやキャリアアップに関する傾向などをお話しいただきます。自身の国際協力でのキャリアを具体的にイメージできないという方は、各セクションのセミナーを聞いて、自身のやりたこと・やるべきことを整理してみましょう。漠然だった夢を目標に変えてみませんか。
 
出展団体:一般社団法人 海外コンサルタンツ協会(ECFA)、外務省 国際機関人事センター、国際開発金融機関(MDBs)、国際協力NGOセンター(JANIC)など
 
➁企業・団体・大学院別 ミニセミナー
国際協力の業界で活躍している企業、団体で実際に働いている実務者や、国際協力に関する学びが得られる大学院の方に直接お話が聞ける個別説明会です。 就職・転職を考えている方や、進学先に迷っている方はぜひご参加ください! 小人数制での説明会になりますので、具体的な質問・相談などを聞いてみることもできます。
 
出展団体:一般社団法人 海外コンサルタンツ協会(ECFA)、外務省 国際機関人事センター、国際開発金融機関(MDBs)、国際協力NGOセンター(JANIC)、NTCインターナショナル(株)、(株)かいはつマネジメントコンサルティング、(株)コーエイリサーチ&コンサルティング、日本テクノ(株)、八千代エンジニヤリング(株)など
 
イベント詳細は下記hpから随時発表してまいります!
国際協力キャリアフェア2021特設サイト
 
参加申し込みはこちら
 
LINEアカウントからもイベント情報を発信しています!是非ご登録ください。
登録はこちら
 
 


後援:世界銀行、アフリカ開発銀行、(一社)海外コンサルタンツ協会、(特非)国際協力NGOセンター
国際協力キャリアフェア2021事務局
TEL:03-5615-9670
Mail:careerfair2021@idj.co.jp

2021.10.01

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2021年10月号)

外務省国際協力局

2021年8月2日付人事(カッコ内は前職)

◆審議官:赤堀 毅氏(総合外交政策局審議官)

◆政策課長:上田 肇氏(南部アジア部南東アジア第二課)

 

国際協力機構(JICA)

2021年8月15日付人事(カッコ内は前職)

◆インド事務所長:斎藤 光範氏(インフラ技術業務部審議役)

◆インフラ技術業務部長:松本 勝男氏(インド事務所長)

国際開発ジャーナル2021年10月号が発売されました

<今月の特集>

Project NINJAとは?~JICAが創るネクスト・イノベーション

1.プロジェクトの構想

2.「市場の見えざる心」の時代へ

3.総論

□AD/アルメックVPIの50年周年記念記事

小規模計画事務所の誕生から成長、飛躍の軌跡

□荒木光弥の「羅針盤」

NGOオイスカ60年を追って 世界に類のない「子供の森」計画

□AD/国立国際医療研究センター(NCGM)

連載 日本の医療を世界へ 最終回

特別座談会 信頼あるつながりを築く

厚生労働省 中山 陽輔氏

国立国際医療研究センター 藤田 則子氏

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 小柴 巌和氏

□A/連載 第4回笹川平和財団の変革力

ジェンダー視点で女性起業家支援

ジェンダーイノベーション事業グループ グループ長

松野 文香氏

□論説委員の視点

2022年 TICAD8に向けて

(公財)プラン・インターナショナル・ジャパン 理事長 池上 清子

□連載 国会議員の目

参議院議員 自由民主党 松下 新平氏

□世界を読む 採択から50年を迎えたラムサール条約

NPO法人日本国際湿地保全連合 相談役 名執 芳博

□連載 ~ダッカ襲撃テロ事件から5年~多元化する危機管理

情報分析とその活用――「潜むリスク」を見出す

日本アイシス・コンサルティング(株) 代表取締役社長 益田 哲夫

□BOOK

『グリーン・ニューディール―世界を動かすガバニング・アジェンダ』

□特別記事 2020年度JICAコンサルタント等契約実績と受注上位50社

□特別記事 城西病院 40年目を迎える“地方発国際協力”

□News & Topics

□AD/日本財団 連載 ソーシャルイノベーションの明日 第47 回

□ADProject Focus

□AD/日本工営(株)75周年記念記事

共創。限界なき未来に挑む

□編集後記

2021.09.30

IDJ-ENGLISH Strategies Necessary for Growth in Africa over the next 20 Years

 

Strategies Necessary for Growth in Africa over the next 20 Years

-The COVID-19 Crisis increases the benefits of partnering with local companies

 
Kohei Muto, CEO/Co-Founder
Double Feather Partners Co., Ltd.
 
In Africa, the last growth frontier, Japanese companies are expanding their businesses. However, barriers to advancement are still high. What kind of strategies should Japanese companies adopt in the region into the future? We ask Kohei Muto, CEO of Double Feather Partners Co., Ltd., who has a rich track record in supporting business in Africa, and who also participates in the public-private African Business Council. (Interviewed by Saki Kawata)
 
Professional groups from financial institutions
We have many graduates from financial institutions, and we provide comprehensive support, such as research, financial and management strategic advice to local companies in Africa and Japanese companies aiming to expand into Africa. We also invest in startups with our own funds, and we support the growth of companies from a medium- to long-term perspective while taking risks by ourselves. We are also preparing to launch a venture fund to further expand investments in startups.
 
Rapid growth due to population growth and deregulation
At a time when uncertainty is increasing due to the COVID-19 crisis, the situation is not easy for investment or expansion in Africa. Transportation costs are rising as supply chains are damaged. Business costs are higher in manufacturing and other industries than ever before. However, as the population declines in each country, only the African continent will grow in the world. It is said that one in four of the world’s population will be African by 2050.
 
In Africa, where laws and regulations are loose, it is easy to conduct demonstration experiments for social implementation of state-of-the-art technologies and businesses that are strictly regulated in developed countries. Especially in the field of telemedicine, deregulation is progressing as the shortage of medical personnel becomes more serious. In urban development, Africa, where infrastructure is not well maintained, has the potential to create new AI cities from scratch. Not only IT companies, but also developers and manufacturers can challenge businesses using new ideas that cannot be found in Japan.
 
When expanding business overseas, it is important not only to look at Asia, Europe and the United States, but also to take into account such growth in Africa in five or 20 years’ time . It is also necessary to develop a strategy for what kind of business portfolio should be formed now in a way that will increase the business value of the company.
 
Rapidly growing local startups
There are three main ways to enter Africa. The first is to enter the market on a zero-based basis, creating factories and establishing local branches. The second is to make promising local companies affiliated companies through business collaboration and capital alliances, and then expand the businesses together. The third is via mergers and acquisitions (M&A) with local companies.
 
In particular, amid the COVID-19 crisis, the latter two have a certain economic rationality. This is because, while the business value of promising local companies is generally relatively decreasing, the long-term growth rate is large enough from a macro perspective. Especially in Africa, the growth of companies centered on digital assets such as fintech, health tech and e-commerce have seen remarkable progress in recent years. Venture capital companies around the world also tend to invest more in these startups.
 
Under such a situation, there are many advantages to Japanese companies working with local startups. Because, in Africa, it is not yet at the stage where consumers can buy high-quality products from Japan considering the level of disposable income. It will take another 10 to 20 years to get to that stage, but it would be too late to enter the market by that time. European, Chinese and Korean companies would already occupy the majority share of the market.
 
On the other hand, even if you enter now, you cannot sell your products. But if you have a business or capital alliance with a local company at such times, even if your products do not sell, the profit of the investing company will become your own profit in the future.
 
In addition, by developing products through R&D with local partner companies for local needs, including demonstration experiments, it is possible to enter the market as quickly as possible when purchasing power increases. It does not mean that you cannot win unless you work with startups, but it can be said that whether you have such a medium- to long-term strategy will be intrinsic to future success.
 
For African companies, collaboration with Japanese companies has other benefits in addition to financing. One of them is human resource education. For example, local companies that develop cashless payment systems often have no knowledge of the hardware, even if the system, itself, can be developed. Taking such opportunities, Japanese companies dispatch engineers to provide technology and knowledge. While solving local issues, you can contribute to human resource development and grow your own business. It complies with the current trends of the Sustainable Development Goals (SDGs).
 
To work with the Japanese government is also extremely important for entering the African market. Information about Africa is limited because there is a physical distance from Japan and little cultural relationship. Few countries still have bilateral tax treaties. In some cases, it is possible to obtain appropriate information by working with the government, JICA, Japan External Trade Organization (JETRO), etc., and to exchange opinions on proposals for improvement of the legal system together. Companies are more likely to avoid various risks this way, than by challenging them alone.
 
In addition, the “Basic Information Gathering Confirmation Survey on the Formation of the African Regional Startup Ecosystem”, which we are currently commissioned to conduct by JICA, is closely related to the promotion of overseas expansion of Japanese companies.
 
In this project, under the name of the project NINJA (Next Innovation with Japan), an acceleration program to promote the growth of local startups is being conducted in Kenya and South Africa over three years to investigate issues related to the formation of ecosystems. Kenya and South Africa have the largest amounts of funding raised by startups in Africa. Kenya, known as “Silicon Savannah”, has attracted talented tech talent from Europe, the United States and other countries. South Africa, which has a high level of education, also has many excellent engineers and is active in starting businesses. In Europe and the U.S., excellent engineers are often highly paid by GAFA. However, since there is no GAFA development base in South Africa as yet, it is easy to attract such excellent human resources. This is one of the factors contributing to the environment in which startups are easy to grow.
 
A business contest will be launched in Japan in February this year, and an acceleration program to be launched in Kenya in April. Among them, we will cooperate with Japanese companies, world-class venture capital companies with which we work, and European and U.S. companies. By creating bridges not only between Japan, but also the world and Africa, we, a Japanese company, are looking to support the development of African companies to become global such as GAFA and Alibaba of China. I would like to continue to focus on matching African companies with Japanese companies, and support them to reflect the growth of the African market in improving the business value of Japanese companies.
 
Japan’s ODA, which has been implemented in Asia so far, can be characterized as a subsidy from Japan in the medium- to long-term, and there have been few mechanisms to continue to deepen exchanges with Japanese companies in both directions from an economic point of view. From Japan’s standpoint, there was no idea that innovative companies would be born from poor developing countries.
 
However, in fact, innovation has born from such places, and global companies appeared one after another. In Africa. We should make use of that lesson. In addition to individual projects to create infrastructure, it is desirable to more actively promote the creation of a sustainable system that flexibly supports corporate growth in parallel with a company’s medium- to long-term business strategy.
 
“International Development Journal”, February edition, 2021
 

*****以下、日本語原文*****

20年後の成長見据えた戦略を
コロナ禍で現地企業との提携メリット高まるアフリカ

 
(株)Double Feather Partners
CEO/共同創業者 武藤 康平氏
 
最後の成長フロンティアと呼ばれるアフリカには、日本企業の進出も増えつつある。だが進出への障壁は今なお高い。日本企業は今後、どのような戦略をもってこの地域に挑むべきか。アフリカでのビジネス支援で豊富な実績を持ち、官民によるアフリカビジネス協議会にも参画している(株)Double feather PartnersのCEO、武藤康平氏に聞いた。
 
金融機関出身のプロ集団
当社は金融機関出身者が多く、アフリカ現地企業やアフリカ進出を目指す日本企業に対して、リサーチや財務・経営戦略アドバイスなど包括的な支援を行っている。スタートアップ企業に対しては自己資金で出資もしており、自らリスクをとりつつ中長期的な視点で企業の成長を後押している。スタートアップ企業への投資をさらに拡大するためベンチャーファンドも立ち上げ中だ。
 
人口増や規制緩和で急成長
コロナ禍で不確実性が高まっている今、アフリカは投資や進出がしやすい状況にあるとは言えない。サプライチェーンが打撃を受けて輸送コストが上昇しており、製造業などではビジネス上のコストが今まで以上に高くなっている。
とはいえ、各国で人口減少が進む中で人口が増えるのは世界でもアフリカ大陸だけだ。2050年には世界の4人に1人がアフリカ人になるとも言われている。それに法規制が緩いアフリカでは、先進国では規制が厳しい最先端の技術やビジネスの社会実装に向けた実証実験が行いやすいという利点もある。特に遠隔医療の分野では、医療従事者の不足が深刻化する中で規制緩和が進んでいる。都市開発においても、インフラが十分に整備されていないアフリカではゼロから新しいAI都市を作ることもできる可能性を秘めている。IT企業だけでなく、デベロッパーやメーカーなども日本ではできないような新しい発想を用いた事業に挑戦できる。
海外での事業展開を図る際には、アジアや欧米だけを見るのではなく、そうしたアフリカの5年後や20年後の成長までをもイメージしておくことが大切だ。その上で、会社の事業価値を上げるためには今どのような事業ポートフォリオを形成するべきかの戦略を練る必要がある。
 
成長著しい現地スタートアップ
アフリカ進出の方法は、大きく分けると3つある。一つ目は現地にゼロベースで入っていき、工場を作ったり現地支店を置いたりして市場を開拓していく方法だ。二つ目は、現地の有望企業を事業連携や資本提携を通じて関係会社にした上で、一緒に事業拡大をしていく方法だ。そして三つ目が、現地企業の合併・買収(M&A)だ。
中でもコロナ禍のような危機局面において、後者2つには一定の経済合理性がある。現地の有望企業の事業価値が総じて割安になる一方で、マクロにみると長期的な伸びしろが十分に大きいからだ。特にアフリカでは昨今、フィンテックやヘルステック、Eコマースなどデジタルアセットを事業の中心に置いている会社の成長が著しい。世界のベンチャー・キャピタルもこうしたスタートアップ企業への投資を増やしている。
そうした中で、日本企業が現地のスタートアップ企業と連携するメリットは大いにある。というのも、アフリカでは現状、可処分所得水準で見ると日本の高品質な製品を買える段階にはまだない。その段階に至るまでにはもう10~20年かかるだろうが、そのタイミングで市場に参入しても遅い。欧州や中国、韓国企業がシェアをとっているだろう。けれど今参入しても、自社製品は売れない。そういう時に現地企業と事業や資本提携をしておけば、自社商品が売れなくても出資先企業の儲けが将来、自社利益になる。かつ、現地企業と現地ニーズに合った製品を実証実験も含めて開発(R&D)しておくことで、購買力が高まった段階でいち早く市場参入することができる。スタートアップ企業と連携しないと勝てないというわけではないが、こうした中長期的な戦略を持っているかどうかが勝負の分かれ目になるといえる。
アフリカ企業にとっても、日本企業との連携は資金調達の他にもメリットがある。その一つが人材教育だ。例えば、キャッシュレス決済システムを開発している現地企業には、システムそのものは開発できてもハードウェアの知識がないことが多い。そうした時に日本企業がエンジニアを派遣して技術や知見を提供する。現地の課題を解決しつつ、人材育成に貢献し、自らの事業を成長させることができる。昨今の持続可能な開発目標(SDGs)の潮流とも相性がいい。
 
ODAの現地企業育成とも連動へ
アフリカ進出では、日本政府との連携も極めて重要だ。物理的な距離があり文化的な関係性も薄いアフリカの情報は限定的だ。二国間の租税条約を結んでいる国もまだ少ない。政府やJICA、日本貿易振興機構(ジェトロ)などと連携することによって適切な情報を得たり、一緒に法制度の改善案などについて意見交換したりも場合によっては可能である。企業単独で挑むよりもさまざまなリスクを回避できる可能性は高まる。
加えて、現在、当社がJICAから委託を受けて実施している「アフリカ地域スタートアップエコシステム形成促進にかかる基礎情報収集確認調査」も、日本企業の海外展開促進と密接に関連している。この案件では、NINJAプロジェクトの名の下、現地スタートアップの成長を促進するアクセラレーションプログラムをケニアと南アフリカで3年間にわたり行い、エコシステムの形成に関する課題などを調査する。
ケニアと南アはアフリカの中でもスタートアップ企業による資金調達額が最大規模となっており、「シリコンサバンナ」と呼ばれるケニアには欧米などからも優秀なテック人材が集まってきている。教育レベルが高い南アも、優秀なエンジニアが多く育っており、彼らによる起業も活発だ。欧米などでは優秀なエンジニアはGAFAに高給でとられてしまうことが多いが、南アにはまだGAFAの開発拠点がないのでそうした優秀な人材を獲得しやすいのも、スタートアップ企業が成長しやすい環境の一因となっている。
今年2月にビジネスコンテストを日本で、4月にアクセラレーションプログラムをケニアで開始する予定だ。その中では日本企業をはじめ、当社が連携する世界トップクラスのベンチャー・キャピタルや欧米企業とも連携していく。日本だけでなく世界とアフリカの懸け橋を作り上げることで、アフリカからGAFAや中国のアリババのようなグローバル企業が生まれるのを日本企業の当社が裏舞台で後押しするのがねらいだ。アフリカ企業と日本企業とのマッチングに継続的に力を入れていき、アフリカ市場の成長を日本企業の事業価値向上に反映していくことをサポートしていきたい。
アジアで実施してきたこれまでの日本のODAは、中長期的には日本からの補助という色合いが強く、経済的視点で継続して日本企業と双方向で交流を深めていく仕組みが薄かった。日本から見たら貧しくて成長も途上の国からイノベーティブな企業が生まれるという発想がなかったからだ。しかし、実際はそういうところからイノベーションが生まれ、グローバル企業が次々と登場した。アフリカではその教訓を生かすべきだ。インフラを作る単発の案件だけでなく、企業の中長期的な事業戦略と並行する形で企業の成長を柔軟に支援していく持続性ある仕組みづくりをもっと積極的に進めるのが望ましい。(聞き手:川田沙姫)

 
『国際開発ジャーナル』2021年7月号掲載

IDJ-ENGLISH Working with Japan to fight global crises

 

Message for Japan

 
Monzurul Huq
Correspondent to Tokyo
Bangladesh Newspaper, “Prothom Alo”
 

Working with Japan to fight global crises

-Young people need jobs in Bangladesh

 
It has been five years since the day that shocked the people of our two countries – Bangladesh and Japan. We, the people of Bangladesh, would like to commemorate and express our sincere gratitude once again to our Japanese friends who worked on the construction of infrastructure and economic development of Bangladesh, and who regrettably became the targets of terrorism.
 
Flowers will be laid at a ceremony in Dhaka on July 1 to mourn all who had fallen victim on that day, including Italians as well as Bangladeshis who also died along with the Japanese victims. Dhaka’s urban transportation system, which Japan is building with Official Development Assistance (ODA), is expected to open by the end of this year. In Bangladesh, there is a proposal to write about the tragedy that tragically claimed the lives of the people who contributed to the project, on a station plaque, to ensure that what happened is passed on to younger generations in the future.
 
The incident happened just as Islamic fundamentalist forces were rising globally. But no one could have predicted that anything like this was to happen in Bangladesh. As a result, this incident had set off a big alarm. After that, the Bangladeshi government proceeded with some difficult arrests and succeeded in containing the spread of terrorist acts. Helped by the success in containing the Islamic State (IS) in Iraq and Syria, young people who were being drawn towards Islamic fundamentalism seem to have been mostly contained in our country.
 
However, containment by force is not a permanent solution. Young people need to have employment opportunities and income sources. Otherwise, there is still the risk that there could be a resurgence of radical thoughts.
 
In Bangladesh there are many other risks the country is facing, and climate change is the most serious one. The cyclone that struck in 1991 killed more than 100,000 people. Since then, with the cooperation of the Japanese government and NGOs, many cyclone shelters have been built in coastal areas, and the number of casualties has dropped significantly. However, disasters are frequent due to climate change. If the sea level rise continues in the future, there is a possibility of millions of “climate refugees” in our country. Japan has increased its coastal area assistance, in spite of international community’s slowing down of support for developing countries.
 
In addition, the threat of COVID-19 is a new global crisis facing the world. Compared to the Indian pandemic, Bangladesh has been relatively successful in responding, but no country can fight such a global crisis single handedly. A new crisis requires new ideas.
 
Bangladesh, which celebrated its 50th anniversary of independence this year, will also celebrate the 50th anniversary of the establishment of diplomatic relations with Japan next year. We, the people of Bangladesh, are deeply grateful to Japan for her continued economic cooperation and also for walking together in our long journey onward. We will continue to fight together against various global risks.
 
“International Development Journal”, July edition, 2021
 

*****以下、日本語原文*****

Message for Japan
バングラデシュ紙『プロトンアロ』東京特派員
モンズルル・ハク氏
 

グローバルな危機との戦い、日本と共に

若者たちには雇用創出が必要

 
バングラデシュと日本の人々に大きな衝撃を与えたあの日から、5年になる。私たちバングラデシュ国民は、わが国のインフラ建設と経済発展のために働き、テロの標的にされた日本の友人たちを改めて追悼するとともに、心より感謝の意を伝えたい。
7月1日にダッカで催される式典では、ともに亡くなったイタリア人を含む犠牲者たちを悼み、献花がされる。日本が政府開発援助(ODA)で建設しているダッカの都市交通システムは、今年中に開通する見通しだ。事業に貢献した人々を襲った悲劇は、駅の碑文に記して語り継いでいこうという提案がバングラデシュで出ている。
この事件は、イスラム原理主義勢力が世界的に台頭する中で起きた。だが、バングラデシュにおいて何が起きるのか、誰も予想できなかった。結果としてこの事件が大きな警鐘を鳴らすことになり、その後、わが国は厳しい摘発を進め、封じ込めに成功した。イスラム国(IS)がイラクやシリアで制圧されたことにも助けられ、わが国ではイスラム原理主義になびく若者も影を潜めたようだ。
しかし、力による封じ込めは恒久的な解決策にならない。若者には雇用機会と収入源を創り出す必要がある。でなければ、依然として過激思想が蔓延するリスクがある。
他にも多くのリスクに直面しており、気候変動は最たるものだ。1991年に襲来したサイクロンでは10万人以上の犠牲者が出た。その後、日本政府やNGOの協力もあり、海岸部でシェルター(避難所)が多く建てられ、犠牲者数は減った。しかし、気候変動で災害は頻発している。今後、海面上昇が続けば、わが国では何百万人もの「気候難民」発生の可能性がある。国際社会が開発途上国を支援する動きは鈍いが、日本はわが国の海岸部支援を増やしてくれている。
さらにコロナ禍の脅威も、世界が直面する新たなグローバル危機だ。インドのパンデミックに比べれば、わが国は対応に成功しているが、グローバルな危機に対してどの国も一国では戦えない。新たな危機には新たな発想が必要だ。
今年、独立50周年を迎えたバングラデシュは来年、日本との国交樹立50周年を迎える。日本は常にわが国への経済協力を続け、長い旅路を一緒に歩んできてくれたことに深く感謝している。今後もさまざまなグローバルなリスクに対し、共に戦っていきたい。
 
『国際開発ジャーナル』2021年7月号掲載

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard