2021.09.13

国際協力キャリアフェア2021開催決定!

 
国際協力を学びたい、国際協力に関わる仕事がしたいと考えている人に、学びの場やどんな仕事をがあるのかを知ってもらうキャリアイベント!
今年で20回目を迎え、新型コロナの影響もあり昨年度に続きオンラインでの開催を予定しています。
 

開催日:2021年11月27日(金)10:00~18:00

 
こんな人におすすめです!
・国際協力に関心があるけど、どんな仕事があるのかわからない
・自分の専門性を生かすことができる企業・団体を知りたい!
・気になっている企業・団体の方がどんな支援を行っているのか知りたい
・実際に現地で支援活動を行っている人の話を直接聞いてみたい!
 
あなたのキャリアアップの第一歩となるイベントです。ぜひご参加ください。
 
イベント詳細は下記HPから随時発表してまいります!
https://sites.google.com/view/idjcareerfair2021/

2021.09.01

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2021年9月号)

外務省国際協力局

2021年7月日付人事(カッコ内は前職)

◆開発協力総括課長:山﨑 文夫氏(総合外交政策局国際平和・安全保障協力室長兼円滑化協定担保法整備室長)

 

国際協力機構(JICA)

2021年7月15日付人事(カッコ内は前職)

◆インフラ技術業務部審議役:鈴木 浩氏(東南アジア・大洋州部審議役)

◆東南アジア・大洋州部次長:村岡 啓道氏(緒方貞子平和開発研究所上席研究員)

2021年8月1日付人事(カッコ内は前職)

◆総務部長:鴨志田 尚昭氏(新規採用)

 

中央開発(株)

取締役ら役員を新たに選任

中央開発(株)は6月14日、定時株主総会および取締役会を開き、同会にて5人の役員が新たに選任された。このうち、取締役には橋本和佳氏、執行役員には玉寺秀介氏、西村修一氏、織作健二郎氏、瀨古亮介氏が就任した。

 

(株)片平エンジニアリング・インターナショナル

5人の新役員が就任

(株)片平エンジニアリング・インターナショナルは6月25日、定時株主総会および取締役会を開き、同会にて5人の役員が新たに選任された。このうち取締役に山宿壮氏と石川勝也氏、中村友彦氏、社外取締役には保﨑康夫氏、執行役員に一宮尚美氏がそれぞれ就任した。

 

いであ(株)

社会基盤本部を新社屋に移転

いであ(株)は同社社会基盤本部を新社屋に移転し、8月2日から業務を開始している。移転先の住所と電話番号は以下のとおり。

〒158-0094
東京都世田谷区玉川三丁目14番5号
TEL:03-6805-7997(代表)
FAX:03-6805-7667

国際開発ジャーナル2021年9月号が発売されました

<今月の特集>
広がる知日派行政官の輪~“人材育成競争”で問われる日本の戦略
1.知日派閣僚増えるベトナム 2.進化するJDS 3.豪・独の取り組み 4.戦略的人づくりに向けて

□Zoom Up!
積み上がるJDSの実績

□Message for Japan
日之出産業(株) シャイマー・ムリーベト氏

□荒木光弥の「羅針盤」
大陸部東南アジアの要衝タイ 「自由で開かれたインド太平洋」の要か

□論説委員の視点 迫るポスト・メルケル時代
政策研究大学院大学(GRIPS)教授 大野 泉

□AD/国立国際医療研究センター(NCGM)
連載 第2回 日本の医療を世界へ
支援不足な領域で貢献

□AD/連載 第3回 笹川平和財団の変革力
アジアとともに進める女性政治リーダー育成
アジア事業グループ 主任研究員 堀場 明子氏

□大学の国際化最前線
麗澤大学 国際学部

□大学院特集 社会に出てからの「学び」の価値
1.吉備国際大学大学院
2.政策研究大学院大学(GRIPS)
3.東洋英和女学院大学大学院
4.早稲田大学大学院(GSAPS)

□IDJ Report
9.11から20年 危機のアフガニスタン

□Devex News

□Special Interview 「インテグレーター」機能を発揮
(一財)日本国際協力システム(JICS)代表理事 竹内 和樹氏

□開発コンサルタントニュース

□民間企業の海外展開支援
(株)木村鋳造所
代表取締役社長 木村 寿利氏

□BOOK
『インフラ協力の歩み―自助努力支援というメッセージ』
『開発協力のつくられ方―自立と依存の生態史』
『ロヒンギャ危機―「民族浄化」の真相』

□News & Topics

□連載 ~ダッカ襲撃テロ事件から5年~ 多元化する危機管理
インテリジェンス担うグローバル人材の育成へ
日本アイシス・コンサルティング(株) 代表取締役社長 益田 哲夫

□AD/Trend of JICA

□AD/日本財団 連載 ソーシャルイノベーションの明日 第46回

□編集後記

2021.08.31

IDJ-ENGLISH Human Rights Need More Consideration by Japanese Companies

 

IDJ-Report

Human Rights Need More Consideration by Japanese Companies

-Japan’s “Public-Private Partnership” Investment is Stumbling in Myanmar
 
Five months have passed since the military coup in Myanmar on February 1. The military crackdown continues against civilians seeking to end violence and restore democratization, and there is no sign of improvement. On the other hand, some Japanese investment projects have been severely criticized for “benefitting the national army”. IDJ reports on the problems of Japanese investment in post-coup Myanmar. (Yukifumi Takeuchi)
 
Emphasizing practical business
Based in Yangon, Myanmar’s commercial capital, there is an international NGO that is promoting quiet signature movements among business communities. The Myanmar Centre for Responsible Business (MCRB) was originally established by the UK’s Institute for Human Rights and Business (IHRB). Since February 19th, the statement by “Concerned Businesses Operating in Myanmar” has been posted on its website.
”As investors, we inhabit a ‘shared space’ with the people of Myanmar, including civil society organizations, in which we all benefit from respect for human rights, democracy and fundamental freedoms – including freedom of expression and association – and the rule of law. The rule of law, respect for human rights, and the unrestricted flow of information all contribute to a stable business environment”.
“We remain committed to our employees and to the people of Myanmar. We hope to see a swift resolution of the current situation based on dialogue and reconciliation in accordance with the will and interests of the people of Myanmar.”
MCRB is asking foreign and Myanmar companies that are expanding into the country to sign the statement. They seem to be trying to avoid clashing head-on with the military, acting with a calm demeanor from the perspective of a “practical business” position, saying that “the law, democracy, and respect for human rights are essential for business.” As of early June, 233 companies have signed, according to a list posted on its website homepage. In addition to the food and beverage industries such as Coca-Cola, Nestlé, Carlsberg, Heinekens and KFC, well-known companies in the United States and Europe such as Unilever, H&M, and Facebook.
The Japanese companies have the names of local subsidiaries such as Denso Co., Ltd., Kubota Co., Ltd., H.I.S. Co., Ltd., and Nishimura & Asahi Myanmar Limited.
The head of MCRB is a former British diplomat who also served as ambassador to Myanmar (2002-06). She is fluent in Burmese and was a secretary at the embassy in the 1990s. MCRB mediated a dialogue between the Japan International Cooperation Agency (JICA) and the local residents of the Thilawa Special Economic Zone.
The statement also includes Japanese, Chinese, and Korean translations, and also asks Japanese, Chinese, and Korean companies to sign it. It might be Ms Bowman’s idea who is familiar with Japanese diplomacy and trends among Japanese companies.
However, an executive of a certain Japanese company is reluctant to respond to the MCRB movement. He cares about his company being glared at by the Myanmar military if his company signs it.
However, as enshrined in “the UN’s Guiding Principles on Business and Human Rights”, companies need to take steps to prevent human rights-related risks. It means that in Myanmar, business should not be involved with the military, which is clearly committing criminal acts that are serious human rights violations.
 
The eyes of the international community increasingly harsh against the military
After the coup, the investment risks held by Japanese companies became clear. A large complex building under construction near the Shwedagon Pagoda, a famous ancient temple in Yangon. It is “Y Complex”, already reported in the Myanmar Special Feature Stories of this magazine, IDJ, in May edition.
A major real estate development company, Tokyo Tatemono Co., Ltd., a general construction company, Fujita Co., Ltd., and Japanese government-based Japan Overseas Infrastructure Investment Corporation for Transport and Urban Development (JOIN) invested a total of approximately 36 billion yen. After completion, Japanese Hotel Okura, apartments and commercial facilities are supposed to move in. According to Justice for Myanmar, a local NGO, the land is where the military museum was previously located and owned by the military, and more than 200 million yen a year in rent for that real estate is paid to the Ministry of Defense under the Military.
The question that came to mind when I heard this, was whether there were any objections to this public-private partnership project in the process of making investment decisions, including from government agencies. In particular, the Japan Bank for International Cooperation (JBIC), Mizuho Financial Group, Inc., and Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc. decided to co-financing a total of 16 billion yen in December, 2018.
The Rohingya refugee problem had already been highly controversial before this. Myanmar’s strong military was severely criticized by the international community, and the NLD government at the time was shaken. However, was no risk pointed out during the process of investment decision? Why was this business given the go-ahead?
The IDJ team of journalists requested explanations from the companies involved and received certain responses regarding this project; Tokyo Tatemono Co., Ltd., JOIN, JBIC, Mizuho Financial Group, Inc. and Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.
IDJ received responses from most of these companies. As the central position of this project, here we introduce written answers from Tokyo Tatemono and JOIN.
The details of the business decision could not be disclosed as “business confidentiality.” But “the local operating company has rented the site from a Myanmar joint venture company. The company has borrowed the land from the Ministry of Defense, an agency of the Myanmar government. But we recognize that the ultimate beneficiary is the Government of Myanmar, not the Ministry of Defense.” They also stressed that they strictly complied with laws and regulations, saying, “We also conducted studies about the country’s related laws and regulations, related permits, etc., concerning this project, as well as the U.S. Burmese Economic Sanctions Regulations concerning business partners and confirmation of various regulations under the Foreign Asset Management Act.”
There seems to be a point in the view that “the ultimate beneficiary is not the Ministry of Defense, but the government”. However, in Myanmar, the national defense budget is not obligated to disclose information under the constitutional provisions. The whereabouts of the funds paid is unclear.
“Japanese companies only emphasize the legal risks and are willing to do so if there are no legal issues. But they don’t think highly of stakeholder risks (such as business partners) ,” Bowman said.

During the former military rule of the State Law and Order Restoration Council (SLORC) in the 1990’s , I often saw Japanese expatriates playing golf with senior military officials at the military golf club in Yangon and building connections. Including other Asian countries, it was a show of the skill of the corporate warrior to deeply engage with the regime of the development dictatorship.
Now, however, the times have changed dramatically. The international community’s eyes are on the military rule and are becoming increasingly critical. Business with the military, which tramples on Myanmar’s hard-fought democracy and continues to crack down on human rights, will not work.
 
“International Development Journal”, July edition, 2021
 

*****以下、日本語原文*****

IDJ REPORT

人権配慮必要な日本企業
ミャンマー つまずいた日本の“官民連携”投資

 
2月1日にミャンマーで起きた軍事クーデターから5カ月が過ぎた。暴力停止と民主化を求める市民に国軍の弾圧は続き、事態が改善する兆しは見えない。その一方、一部の日本の投資案件が「国軍を潤わせている」と厳しく批判されている。現地識者の見方も紹介しながら、日本の投資の問題点を報告する。
 
ビジネスの“実利重視”を強調
ミャンマーの商都、ヤンゴンを拠点に、静かな署名活動を展開している国際NGOがある。英国の人権ビジネス研究所(IHRB)が設立した「ミャンマーセンター・フォー・レスポンシブル・ビジネス(MCRB)」だ。2月中旬から「ミャンマーで操業している企業の懸念」についての声明文をHPに掲載している。
「投資家として私たちはミャンマーの人々と共通の空間に住み、人権の尊重、民主主義、表現の自由と結社の自由を含む基本的自由、法治の恩恵を享受している。法治、人権尊重、そして自由な情報のやりとりが安定的なビジネス環境に資する」「私たちは、ミャンマーの人々の意志と利益に合うように対話と和解に基き、現在の状況が迅速に解決されることを願っている」
MCRBは、現地に進出している外国企業やミャンマー企業に対し、声明文への署名を求めている。強権を奮う国軍と正面から衝突するのを避け、「ビジネスには法治と民主主義、人権尊重が不可欠」と、“実利の視点”から冷静な口調で訴える作戦をとっているようだ。
HP掲載のリストによると、6月10日現在、署名した企業は233社。コカコーラやネスレ、カールスバーグ、ハイネッケン、KFCなど食品・飲料業界のほか、ユニリーバ、H&M、フェースブックなど米欧の有名企業が目立つ。日本勢は(株)デンソー、(株)クボタ、(株)エイチ・アイ・エス、西村あさひ法律事務所などの現地法人の名前がある。
MCRBの所長は元英国外交官で、駐ミャンマー大使(2002~06年)も務めたヴィッキー・ボウマン氏。ビルマ語も堪能で1990年代には大使館で書記官を務めた。MCRBではティラワ経済特別区に関し、国際協力機構(JICA)と住民の対話を仲介した。今回の声明文は日本語、中国語、朝鮮語訳も掲載し、日中韓企業にも署名を求めている。日本外交や日本企業の動向にも詳しいボウマン氏の発案だ。
ところが、開発関係者の間では有名人である彼女の呼びかけに、ある日本企業の幹部は渋い表情だ。署名によって自社がミャンマー国軍から睨まれることを気にしているのだ。しかし、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」にも謳われているように、企業は人権関連リスクを防ぐ手立てを講じる必要がある。それは、ミャンマーにおいては、明らかに重大な人権侵害の犯罪行為を犯している国軍とビジネスで関わり合うべきではないということだ。
 
軍政に厳しさ増す国際社会の目
クーデター後、日本が抱え込んだ投資リスクが明らかになった。商都ヤンゴンの古刹、シュウェダゴン・パゴダの近くに建設中の大型複合ビル。本誌5月号のミャンマー特集でも紹介した「Yコンプレックス」である。不動産開発大手の東京建物(株)、ゼネコンの(株)フジタ、政府系の(株)海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)などが総額360億円を投じた。完成後はホテルオークラのほか、住宅、商業施設が入居するはずだった。
地元NGOのジャスティス・フォー・ミャンマーによると、この土地は国軍が所有する軍事博物館があった場所で、不動産の賃料として年2億円余りが国軍傘下の国防省に支払われる。
これを聞いて浮かんだ疑問は、この官民連携事業について政府系機関も含めて投資決定の過程で異議が全く出なかったのか、ということだ。特に国際協力銀行(JBIC)とみずほ銀行、三井住友銀行は2018年12月に総額160億円の協調融資を決めたが、これ以前の段階ですでにロヒンギャ難民問題が大きな論議を呼んでいた。ミャンマー国軍の強権姿勢が国際社会の厳しい批判を浴び、当時のNLD政権も大揺れした。なのに何のリスクも指摘されず、この事業にゴーサインが出たのか。
本誌編集部は関係する企業に説明を求め、東京建物、JOIN、JBIC、みずほ銀行、三井住友銀行から一定の回答を受け取った。東京建物とJOINからはほぼ同じ内容ながら、書面回答を得たので以下、紹介する。
事業決定の詳細は「ビジネス上の守秘事項」として明らかにしないが、「現地事業会社は本件事業用地を合弁相手であるミャンマー企業から転借し、地代を支払っている。この企業が当該土地をミャンマー国政府の一機関である国防省から借り受けているが、最終的な受益者は国防省でなく、ミャンマー国政府であると認識している」という。また、「本事業に関する同国の各種関連法令、関連許認可等について調査並びに事業提携社に関する米国のビルマ経済制裁規則並びに外国資産管理法による各種規制内容の確認等の調査も実施した」とし、法規制を厳守している点を強調した。
「最終的な受益者は国防省でなく、政府だ」との見解は一理あるように思うが、ミャンマーでは憲法の規定で、国防予算は情報開示の義務がないとされ、そこに支払われる資金の行方は不透明この上ない。
ボウマン氏は「日本企業は法的リスクばかりを強調し、法的に問題なければOKだとの姿勢だが、(ビジネスの提携相手などの)ステークホルダー・リスクを軽んじている」と指摘する。さらに「日本の市民社会は欧米ほど強くないが、市民社会は企業にもっと強い圧力をかけるべきだ」という。
かつて1990年代の軍政時代、ヤンゴンにある国軍のゴルフ場では、軍幹部とプレイを共にして人脈を築く日本企業駐在員の姿をよく見かけた。他のアジア諸国でも、開発独裁の政権に深く食い込むのが、企業戦士の手腕の見せ所とされた。だが、今や時代は大きく変わった。軍政に対する国際社会の目は段違いに厳しさを増している。民主主義を踏みにじり、人権弾圧を続ける国軍とのビジネスは成り立たない。(本誌編集委員・竹内幸史)
 
『国際開発ジャーナル』2021年7月号掲載記事

IDJ-ENGLISH-Key to the Sustainable Development of the Indo-Pacific

 

Editorial Report Point of View

Commencement of “The United Nations Decade of Ocean Science”
Key to the Sustainable Development of the Indo-Pacific

 

Dr. Atsushi Sunami,President, The Sasakawa Peace Foundation
 

“The United Nations Decade of Ocean Science for Sustainable Development ”, which was declared at the UN General Assembly in 2017, started this year. Until 2030, the development of observation networks and the promotion of scientific research necessary to achieve the Sustainable Development Goals (SDGs) will be promoted under the leadership of the Intergovernmental Oceanographic Commission (IOC) of the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO). How will Japan’s science and technology diplomacy develop? Dr. Atsushi Sunami, Editorial Board Member of the International Development Journal, shares his views.

 
 
Expectations toward Japan’s Leadership

The UN Decade of Ocean Science was proposed by the UNESCO-IOC to the UN General Assembly based on the recognition that it is essential to focus on research in oceans that still have many unknowns left behind in the realization of SDG14 (oceans) and SDG13 (response to climate change). In order to advance observation and research, the viewpoint of ocean policy, which includes knowledge about social science, is also indispensable in terms of social implementation that connects results to the SDGs.
In addition, issues related to the UN Framework Convention on Climate Change and the Convention on Biological Diversity, as well as discussions on marine genetic resources and marine reserve areas at the UN Intergovernmental Conference on the preservation and sustainable use of the Biodiversity of Areas Beyond National Jurisdiction (BBNJ), and even the issue of marine plastic litter, require the enhancement of solid scientific knowledge based on natural scientific research. At the same time, in the development of concrete measures, on top of research on maritime policy, solutions from the perspective of science, technology and innovation (STI) are also necessary.
In Japan, a maritime based and science- and technology-oriented country, the promotion of such ocean science is an important issue that is the foundation of maritime policy, and is directly linked to the development of Japan’s science and technology diplomacy. In particular, in February, 2021, a National Committee was established to promote our contribution to the UN Decade of Ocean Science, as Japan is expected to demonstrate its leadership in science and technology diplomacy. This committee, co-chaired by Shigeki Sakamoto, a Chairman of the Japan Society of Ocean Policy, and I, are expected to substantially take on the role of science and technology diplomacy centered around ocean science in cooperation with similar committees in other countries.
 
U.S. also plays a more active role in science and technology diplomacy
As mentioned above, Japan is currently required to maintain its presence in the international community by using science and technology diplomacy as an important tool for diplomacy, to help solve global issues, work with allies, and in responding to the security environment. By the same token, active development of such science and technology diplomacy is also being seen in other advanced countries.
In particular, the US Biden Administration has been actively engaged in diplomacy, with former Secretary of State, John Kerry, as its special envoy, making global warming countermeasures one of its top issues, and the US has also actively cooperated with China, which is competing for hegemony. Jane Lubchenco, a former director of the National Oceanic and Atmospheric Administration who was appointed head of climate change action at the Office of Science, Technology and Policy (OSTP), the Biden administration’s science and technology control tower, is a prominent ocean scientist. This also shows how important ocean science is to the Biden Administration.
Furthermore, in the future, competition will emerge between each country as they compete for leadership toward the target of “zero emissions”. Under such circumstances, the STI for SDGs, which Japan has led at the UN, with the aim of contributing to global issues, will be more necessary than ever, especially the promotion and utilization of ocean science.
 
The use of technology in marine waste and Arctic policy
The promotion and utilization of ocean science is particularly expected for solutions to the problem of marine plastic waste. “The Marine Plastic Litter Countermeasures Action Plan” formulated by the Japanese government ahead of the “Osaka Blue Ocean Vision” at the G20 Osaka Summit in June, 2019, also provided a description of science and technology.
In order to realize a “world that does not create new pollution,” the contribution from science and technology has been shown, including recognition of the actual situation, enhancing scientific knowledge, developing materials that have less impact even if they flow into theoceans, and promoting innovation. In addition, the Action Plan mentions the contribution to the effective prevention of the outflow of marine plastic waste in developing countries and other countries. It also aims to link science and technology initiatives to the development of science and technology diplomacy.
Expectations are also high for Arctic policy. The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) has been promoting “The Arctic Challenge for Sustainability Project (ArCS)“ since 2015, and “ArCSⅡ” since 2020, with plans to hold the third Arctic Science Ministers’ Meeting in Tokyo in 2021. Through this meeting, Japan’s leadership in solving policy issues in the Arctic Ocean from the scientific and technological side is anticipated. In addition, contributions to the “Zero Greenhouse Gas Emission nets by 2050”, which Prime Minister, Yoshihide Suga, expressed in October, 2020, is also expected to propose mitigation measures from the perspective of ocean science such as blue carbon.
 
Expanding collaboration with the U.S., Australia and India
Ocean science as a form of science and technology diplomacy also plays an important role in the “Free and Open Indo-Pacific” (FOIP). It is significant to collaborate in the field of ocean science in the Quad cooperation between Japan, the U.S., Australia and India. Japan, the U.S. and Australia have already cooperated in the field of observation, and it is important to further expand the quality and scale of this research in the future, as well as to advance cooperation with India.
In the stable development of the Indo-Pacific Ocean, understanding the ocean situation using satellites as a collaboration between marine science and space technology will contribute not only to security, but also to disaster prevention and the eradication of “illegal, unreported and unregulated (IUU) fisheries”. Similarly, cooperation with the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN), particularly in the maritime field, including the promotion of a blue economy with Indonesia, will have a significant impact.
On the other hand, cooperation with Pacific island nations, which have a significant influence in international public opinion on the oceans, is an important diplomatic issue for Japan. Palau, for example, will host an international conference called “Our Ocean” created by U.S. Envoy John Kerry during his time as a Secretary of State, this year for the first time in the island nation. With this background, cooperation in the field of ocean science is expected to have a significant impact at the 9th Pacific Islands Leaders Meeting (PALM9) to be held this year.
In combating climate change, it is important for Japan to actively promote dialogue with China in promoting ocean science, as the U.S. and China have agreed to cooperate with each other. There is already a bilateral agreement on marine plastic waste between Japan and China. I think it significant that ocean science will lead Japan-China science and technology cooperation, on the foundation of *Sino-Japanese cooperation that has been built up so far.
The Basic Act on Ocean Policy, enacted in 2007 as a response to the Convention on the Law of the Sea, states in Article 4 (Enhancement of Scientific Knowledge on the Oceans) that “in view of the many fields in which the oceans are not scientifically understood, scientific knowledge on the oceans must be enhanced.”
In response to new international issues, such as the marine plastic waste and the Arctic environment, Japan’s science and technology leadership is expected. It is possible to lead the international community while maintaining Japan’s international position in science and technology in the marine field. Japan, a maritime nation and science and technology nation, will play a leading role in the success of “the UN Decade of Ocean Science”, which will also greatly contribute to the further development of science and technology diplomacy, an important pillar of Japanese diplomacy.
 
“International Development Journal”, June edition, 2021
 

*****以下、日本語原文*****

視点 国際開発ジャーナル 論説委員

始動した「国連海洋科学の10年」
インド太平洋の安定的発展のカギに

 
論説委員 角南 篤 (公財)笹川平和財団 理事長
 
2017年の国連総会で宣言された「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」が、今年から始まった。これにより30年まで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に必要な観測網の整備や科学研究の推進が、国連教育科学文化機関(UNESCO)の政府間海洋学委員会(IOC)などの主導の下で進められることになる。そうした中で日本の科学技術外交はどう展開されていくのか。本誌論説委員の角南篤氏が展望する。
 
日本のリーダーシップに期待

「国連海洋科学の10年」は、SDG14(海洋)やSDG13(気候変動への対応)などの実現にはいまだ未知の部分が多く残されている海洋について特に力を注いで研究を推進することが不可欠であるとの認識に基づき、UNESCO-IOCが国連総会に提案したものである。観測や研究を進める上では、成果をSDGsに結び付ける社会実装において、社会科学の知見も加えた海洋政策の視点も不可欠となってくる。
また、国連気候変動枠組条約や生物多様性条約に関する課題、それに関連して国家管轄権外区域の生物多様性(BBNJ)の保全と持続的な利用に関する国連の政府間会議での海洋遺伝資源や海洋保護区をめぐる議論、さらには海洋プラスチックごみ問題でも、それぞれ自然科学的研究に基づく確かな科学的知見の充実が必要となる。同時に、具体的な施策展開にあたっては、海洋政策に関する研究に加えて、科学技術イノベーション(STI)の観点からの解決策も求められる。
海洋立国および科学技術立国を標榜する日本において、このような海洋科学の推進は海洋政策の基盤となる重要課題であり、我が国の科学技術外交の展開にも直結する。とりわけ科学技術外交の側面では日本のリーダーシップを示すことが期待されていることから、我が国では2021年2月、国連海洋科学の10年への貢献を図る国内委員会が設置された。この委員会は、日本海洋政策学会の坂元茂樹会長と筆者が共同委員長を務め、他国にある同様の委員会と連携しながら、海洋科学を中心とした科学技術外交を実質的に担うことが期待されている。

 
米国でも科学技術外交が活発化
先述のとおり、現在我が国は、科学技術外交により地球規模課題の解決や同盟国との連携、安全保障環境への対応など、科学技術を外交の重要なツールとして国際社会で存在感を維持していくことが求められている。他方、こうした科学技術外交の積極的な展開は他の先進国でも見られている。
とりわけ米国のジョー・バイデン政権は、ジョン・ケリー元国務長官を特使として地球温暖化対策を最重要課題の一つに据え、精力的な外交を展開しており、覇権争いをしている中国ともこの問題については積極的に協力姿勢を示している。また、バイデン政権の科学技術の司令塔である大統領府科学技術政策局(OSTP)で、気候変動対策の責任者に任命されたジェーン・ルブチェンコ元海洋大気庁長官は、著名な海洋科学者であり、このことからもバイデン政権がいかに海洋科学を重要視しているかが読み取れる。
さらには今後、「ゼロエミッション」をターゲットに各国が指導権争いにしのぎを削る姿が視野に入る。そうした中で、我が国が国連でもリードしてきたSTIによる地球規模課題への貢献を目指すSTI for SDGs、とりわけ海洋科学の推進と利活用はこれまで以上に求められるようになるだろう。
 
海ごみ、北極政策で進む技術活用
海洋科学の推進と利活用で特に期待が大きいのが、海洋プラスチックごみ問題だ。2019年6月のG20大阪サミットにおける「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」に先立って日本政府で策定された「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」でも、科学技術に関する記述が見られる。すなわち、「新たな汚染を生み出さない世界」の実現を向けて、基盤となる実態把握や科学的知見の充実、海洋に流出しても影響の少ない素材の開発、イノベーションの促進など、科学技術からの貢献が示されている。加えて、開発途上国などにおける海洋プラスチックごみの効果的な流出防止への貢献などもアクションプランは言及しており、この問題への科学技術の取り組みを科学技術外交の展開へとつなげることも目指されている。
このほか、北極政策においても期待は大きい。文部科学省は2015年から北極域研究推進プロジェクト(ArCS、20年からはArCSⅡ)を推進しており、21年には東京で第3回北極科学大臣会合の開催も予定している。この会合を通して、北極海における政策課題への科学技術面からの解決に向けた日本のリーダーシップが期待されているのだ。また、20年10月に菅義偉総理大臣が所信表明演説で示した「50年までの温室効果ガス排出ネットゼロ」への貢献についても、ブルーカーボンなど海洋科学からの緩和策の提案が期待されている。
 
米豪印との協働拡充を
科学技術外交としての海洋科学は、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)においても重要な役割を担っている。Quadと呼ばれる日米豪印の連携に、海洋科学分野で協働することは大きな意味がある。すでに日米、日豪では観測分野などで協力してきた実績があり、今後は質と規模をより拡充すると同時に、インドとの連携も進めることが肝要になる。
インド太平洋の安定的発展においては、海洋科学と宇宙技術の連携として衛星を活用した海洋状況把握は、安全保障のみならず、防災や違法・無報告・無規制(IUU)漁業の撲滅などにも貢献する。同様に、東南アジア諸国連合(ASEAN)との連携、とりわけインドネシアとのブルーエコノミーの推進をはじめとした海洋分野におけるパートナーシップも、大きなインパクトを持つ。
他方、海洋に関する国際世論で大きな影響力を持つ太平洋島嶼(しょ)国との協働は、我が国の重要な外交課題である。例えばパラオは、米国のケリー特使が国務長官時代に作った「Our Ocean」という国際会議を、今年、島嶼国では初めてホストする。こうした背景からも、今年開催される第9回太平洋・島サミット(PALM9)では海洋科学分野での協力には大きな意味を持つと考えられる。
気候変動対策では、米中も協力することで合意しているように、我が国も海洋科学の推進において、中国との対話も積極的に進めることが肝要である。すでに日中では海洋プラスチックごみに関する二国間合意もあり、これまで培ってきた日中協力の土台の上に海洋科学分野での協同も加え、日中の科学技術協力を海洋科学がけん引することも十分意義があると考える。
海洋法条約への日本の対応として2007年に制定された「海洋基本法」では、その第4条(海洋に関する科学的知見の充実)にて「海洋については科学的に解明されていない分野が多いことに鑑みて、海洋に関する科学的知見の充実が図られなければならない」と示されている。海洋プラスチックごみ問題や北極環境の問題などの新たな国際的な課題に対して、日本の科学技術によるリーダーシップが期待される中、海洋分野においては日本の科学技術の国際的地位を維持しつつ、国際社会を主導していける可能性がある。海洋立国であり、科学技術立国である日本が、国連海洋科学の10年を成功させるために主導的役割を果たすことは、日本外交の重要な柱である科学技術外交のさらなる展開にも大きく貢献するものである。

 
『国際開発ジャーナル』2021年6月号掲載記事

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard