2021.03.18

国際開発ジャーナル社 社員募集<企画営業部>

下記の通り、当社・企画営業部の社員を1名募集します。

※応募資格等が異なりますので注意してください。

 

<業務内容>

・企画営業部
月刊『国際開発ジャーナル』、年刊『国際協力キャリアガイド』の広告営業、販売促進
国際協力関連のイベントセミナーの企画・運営
→ 上記がメイン業務となるが、それ以外にも国際協力関連の事業運営あり。

 

<応募資格>
・企画営業部
①大学卒業以上
②国際協力への関心がある人

 

<勤務地>
東京都文京区湯島
最寄り駅 → JR/丸の内線・御茶ノ水駅、千代田線・新御茶ノ水駅、銀座線・末広町駅

 

<待遇>
採用条件・給与等は面接の上、決定

 

<応募方法>
履歴書(顔写真あり)、職務経歴書(書式自由:A4で2枚程度、志望動機を200字程度で必ず記載してください)を下記まで郵送もしくはメールにてご送付ください。※PDFなどの電子データでも応募可能です。

応募いただきました書類は返却はいたしません。当社で責任もって処理いたします。

 

<応募締め切り>
2021年4月20日(火)まで
採用者が決定次第、応募は締め切らせて頂きます。

 

<選考方法>
書類審査 → 部門長面接 → 役員面接の上、採用を決定します。
※書類審査は応募多数の場合は時間を有します(1週間程度)ので予めご了承ください。
※面接後、数日以内に結果は通知いたします。

 

<応募先>
(株)国際開発ジャーナル社 採用担当宛
〒113-0034
東京都文京区湯島2-2-6  フジヤミウラビル8階
TEL:03-5615-9670  FAX:03-5615-9671
E-mail:jinji@idj.co.jp

2021.04.14

【新型コロナ情報】トルコへ新型コロナ対応支援

 

新型コロナウイルス特設サイト掲載情報

 

・トルコへ新型コロナ対応支援についての情報を掲載しています。

 詳しくはこちら

 

その他のコロナ関連記事については、HP右側の「新型コロナウイルス特設サイト」バナーからお入りください。

2021.04.01

【新型コロナ情報】ADBがフィリピンへワクチン支援

 

新型コロナウイルス特設サイト掲載情報

 

・ADBのフィリピンへの新型コロナワクチン支援についての情報を掲載しています。

 詳しくはこちら

 

その他のコロナ関連記事については、HP右側の「新型コロナウイルス特設サイト」バナーからお入りください。

国際開発プロフェッショナルコース 受講生募集!

 

世銀の国別パートナーシップ戦略とキャリア開発
国連機関のプロジェクト運営管理

受講生募集のお知らせ

 

開催日:6月19日(土)~6月20日(日)(2日間)
場所:JICA地球広場201AB室
共催: 国際開発研究者協会  国際開発ジャーナル社

後援:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所

 

♦国際開発プロフェッショナルコース募集要項

SRIDキャリア開発事業

 

「国際開発プロフェッショナルコース」は、近い将来、世界銀行や国連機関で働きたいと強く希望している若い人達を対象として、すぐに役立つ「開発援助の枠組み作成」や「開発プロジェクトの運営管理」手法の実務研修を目的としています。

 

コースの特色

本コースは次のような特色を持つユニークなコースです。
✓国際開発事業の実際の事例を用いた講義と演習による学習です
✓研修はすべて英語で行い、演習も英文の実例を活用します
✓少人数による実践的かつインテンシブな研修で、プレゼン能力向上にも役立ちます
✓相当の事前学習が必要です
✓研修終了後に個別にキャリア開発のカウンセリングを行います
✓講師は世界銀行と国連機関勤務経験者です

募集人数

14~16名 (応募者多数の場合は選考します)
対象者:国際機関で働くことを目指している人 (国際機関の開発プロジェクト受託を希望している人にも役立ちます)
受講料: 20,000円

参加者の応募資格

・大学・大学院卒業後3年以上の国際開発分野などでの実務経験
・将来、国際開発プロフェッショナルを強く希望している人
・TOEIC 860点以上、あるいはTOEFL 80点以上の英語能力を有する人

応募方法

提出書類:志望動機、英文履歴書、英語能力証明書
申し込み書類締め切り日:2021年5月10日必着
書類送付先(メール):career@sridonline.org
国際開発プロフェッショナルコース担当宛て

 

♦世銀の国別パートナーシップ戦略とキャリア開発
The World Bank Country Partnership Framework and Career Development

・コースのねらい
世界銀行の役割を理解し、世界銀行職員が途上国に対して借款を提供する際に、世界銀行としていかなる援助戦略を持って、援助の枠組みを決定するか、その手法を学習すると共に、世界銀行に応募する時の書類作成と面接の心得を修得する。
・講師紹介
佐藤桂子:元世界銀行ベトナム担当局ポートフォリオ・マネジャー
村井暁子:元世界銀行人事部上級人事担当官
・プログラム:6月19日(土)(コロナの状況により日程変更の可能性有)

日程 主題 学習する内容
第一セッション
10:30-12:00
1.世銀のミッション・運営
2.国別パートナーシップ戦略とプロジェクト策定
多国間援助機関としての世銀の役割を理解。
プロジェクト選定の基礎となる国別パートナーシップ戦略の策定経緯を理解し、プロジェクトがどのように選定されるかを考える。
第二セッション
13:00-14:30
モデル国の経済社会分析及び部門分析の概要とパートナーシップ戦略 戦略がどのような経済社会分析・部門分析に基づいて策定されるか背景を学習し、戦略の妥当性を議論する
第三セッション
14:35-16:05
参加者によるプレゼンテーションと議論
モデル国の理想的なパートナーシップ戦略を構築・発表
自分たちの考えた戦略を発表する。国の開発のために交通プロジェクトを優先するのか、教育に充当するか、あるいは貧困削減にするかなどを借入国・世銀の立場からも議論する。
第四セッション
16:15-17:45
世銀の人事戦略とキャリア開発 世銀でのキャリアを築くために、多国籍組織での働き方を考える。

 

♦国連機関のプロジェクト運営管理
UN Agency’s Project ManagementM

・コースのねらい
国連機関職員が途上国に対して技術協力を提供する際に、国連機関としていかなる援助戦略に基づいて、開発協力プロジェクトを立案し運営管理するべきか、その手法を修得するとともに、プレゼンのスキルも修得する。
・講師紹介
和気邦夫:元UNFPA事務局次長
藤村建夫:元UNDP南南協力部シニア・アドバイザー
・プログラム:6月20日(日) (コロナの状況により日程変更の可能性有)

日程 主題 学習する内容
第一セッション
10:30-12:00
UNSDCF(UN Sustainable Development Cooperation Framework) の作成方法(Country Programme) 援助対象となる途上国に対する国連機関共通の援助戦略の枠組みであるUNSDCFの作成方法を理解する。(事例:アフリカN国のUNSDCF)
第二セッション
13:00-14:30
Project Management:Project CycleとProject Document 国連機関が実施するプロジェクトサイクルとプロジェクト運営管理の基本となるProject Documentの作成方法を理解する(事例:農業生産性向上プロジェクト)
第三セッション
14:35-16:05
Workshop:“Strategy and Project Results and Resources Framework”の作成演習(2グループ) Project Documentの核となるStrategy とProject Results and Resources Frameworkの関係を、演習問題を通じて作成手法を理解する。(事例:農村開発プロジェクト)
第四セッション
16:15-17:45
Presentation:2グループのプレゼンとプレゼン手法のリビュー 2グループが作成した内容を各グループ代表がプレゼンし、相互に批判的に学習すると同時にプレゼン手法と改善点を理解する。

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2020年4月号)

外務省国際協力局

2021年3月1日付人事(カッコ内は前職)
◆民間援助連携室長:臼井 将人氏(国際協力局政策課長と兼任)

 

国際協力機構(JICA)

2021年2月12日付人事(カッコ内は前職)
◆調達・派遣業務部参事役:名井 弘美氏(ニカラグア事務所長)

2021年2月15 日付人事(カッコ内は前職)
◆ケニア事務所長:岩間 創氏(人事部審議役)

2021年2月20 日付人事(カッコ内は前職)

◆企画部参事役:高橋 亮氏(スーダン事務所長)

2021年3月1日付人事(カッコ内は前職)

◆監査室長:西片 高俊氏(財務部審議役 兼 環境社会配慮ガイドライン異議申立担当特命審議役)

財務部審議役 兼 環境社会配慮ガイドライン異議申立担当特命審議役:竹田 幸子氏(東南アジア・大洋州部審議役)

◆東南アジア・大洋州部次長(グループ担当):田中 賢子氏(東南アジア・大洋州部参事役)

◆ラオス事務所長:長瀬 利雄氏(監査室長)

ホンジュラス事務所長:篠 克彦氏(中南米部 中米・カリブ課企画役)

国際開発ジャーナル2021年4月号が発売されました

<今月の特集>
2021年度ODA予算概況~コロナ逆風下 「微増」の内実
1.開発協力の行方 2.13省庁・機関別ODA予算

□Zoom Up!
円借款 近年の受注動向

□世界の景色から
エチオピア

□荒木光弥の「羅針盤」
ミャンマーで軍部クーデター 背景に何があるのか

□論説委員の視点 草の根無償支援で道路整備は可能か
京都大学大学院 工学研究科 教授 木村 亮

□連載 最終回 ポストコロナ時代の航海図
構想力でアジアをリードせよ
(一財)日本総合研究所 会長 寺島 実郎氏

□連載 国会議員の目
参議院議員 自由民主党 宮崎 雅夫氏

□BOOK
『開発コンサルタントという仕事―国際協力の現場を駆けめぐる』

□Special Interview
ODAで求められる明確な政治哲学
一橋大学国際・公共政策大学院 客員教授 浅沼 信爾氏
静岡県立大学 名誉教授 小浜 裕久氏

□連載 IDE-JETRO×Country Review
スーダン:革命から2年
千葉大学 文学部 教授 栗田 禎子

□世界を読む 日本の防災を世界の常識に
国際協力機構(JICA)防災分野特別顧問/東北大学 特任教授 竹谷 公男

□Devex News

□開発コンサルタントニュース

□国際協力プロジェクト情報

□連載 ~ダッカ襲撃テロ事件から5年~ 多元化する危機管理
インシデント対応と兆候把握の有用性
日本アイシス・コンサルティング(株)代表取締役社長 益田 哲夫

□大学の国際化最前線 
筑波大学大学院 人文社会ビジネス科学学術院
人文社会科学研究群 国際公共政策学位プログラム

□News & Topics

□AD/連載 長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科(TMGH)presents
SDGs時代の課題を読み解く vol.8
人間にも地球にもヘルシーな食事を求めて
東京大学大学院 医学系研究科 社会予防疫学分野 教授
佐々木 敏

□編集後記

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard