2020.06.19

新型コロナウイルス特設サイトを開設しました。

 
 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国際協力業界に関わる情報を発信する新型コロナウイルス特設サイトを開設しました。

 

日々更新されていく時事情報に加え、取材で拾った業界内の声を発信していきます。
ご意見の寄稿も受け付けております。

 

▼特設サイトはこちら


 

お問い合わせ先:post-covid19@idj.co.jp

 

2020.08.01

国際開発ジャーナル2020年8月号が発売されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kounyu

 

<今月の特集>

途上国で高まる食料不安~アグリテックに活路はあるか

1.総論 2.深化する協力 3.日本の知見 4.テクノロジーの可能性

 

□Zoom Up!  「食料危機」の実態

 

□荒木光弥の「羅針盤」 JICAの歴史的快挙 職員出身の副理事長誕生

 

□新連載 第一回 ポストコロナ時代の航海図

中国の存在感が強まる世界へ

東京大学 法学政治学研究科 教授/未来ビジョン研究センター センター長 藤原 帰一氏

 

□特別記事 中小企業意識調査 海外展開には引き続き意欲的

 

□IDJ REPORT 燻り続ける開発途上国のエイズ問題

 

□論説委員の視点 アフリカにおける草の根NGO戦略

京都大学大学院 工学研究科 教授 木村 亮

 

□こだわりの現場主義

BORDERLESS FARM Co., Ltd. 代表取締役 川北 奈生子さん

 

□連載 Toward 2030 SDGsフロントランナー Vol.14

凸版印刷(株)

 

□世界を読む コロナが脅かす世界の食料安全保障

元国連世界食糧計画(WFP)アジア地域局長 忍足 謙朗

 

□連載 IDE-JETRO×Country Review

ベトナム:構造改革と気候変動への対応を-農業先進国に向けた課題

日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所

地域研究センター 東南アジアⅡ研究グループ 研究員 荒神 衣美

 

□World Headline

 

□特集 ポストコロナの水協力

1.新たな課題

2.ODAの方向性

3.開発コンサルタントの声

 

□BOOK

政策研究大学院大学(GRIPS) 教授 廣木 謙三

國學院大學 研究開発推進機構 客員教授 古沢 広祐

日本工営(株) コンサルティング事業統括本部 流域水管理事業本部 技師長 河原行弘

 

□開発コンサルタントニュース

 

□連載 コンサルタントの展望 Vol.9

パシフィックコンサルタンツ(株) 代表取締役社長 重永 智之氏

 

□大学の国際化最前線 鳥取大学 国際交流センター

 

□連載 国会議員の目

参議院議員 公明党 高橋 光男氏

 

□News & Topics

 

□編集後記

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2020年8月号)

国際協力機構(JICA)

2020年6月15日付人事(カッコ内は前職)
◆マレーシア事務所長 : 瀧澤 征彦氏(国内事業部参事役)
◆ブルキナファソ事務所長 : 興津 圭一氏(調達・派遣業務部 人材確保課長)

2020年6月28日付人事(カッコ内は前職)
◆東ティモール事務所長 : 後藤 光氏(東ティモール事務所次長)

2020年7月1日付人事(カッコ内は前職)
◆理事長室上席秘書 : 菅原 美奈子氏(理事長室主任秘書)
◆人事部審議役 : 梁瀬 直樹氏(人事部 開発協力人材室長)
◆人事部審議役 : 山田 哲也氏(人事部参事役)
◆人事部審議役 : 岩間 創氏(人事部次長(グループ担当))
◆財務部審議役 : 星野 弘幸氏(新規採用)
◆企画部審議役 : 大塚 卓哉氏(企画部参事役)
◆東南アジア・大洋州部審議役 : 竹田 幸子氏(東南アジア・大洋州部参事役)
◆中南米部審議役 : 米田 元氏(中南米部次長)
◆民間連携事業部審議役 : 斉藤 幹也氏(民間連携事業部次長(グループ担当))
◆ガバナンス・平和構築部審議役 : 亀井 温子氏(ガバナンス・平和構築部 ジェンダー平等・貧困削減推進室長)
◆地球環境部審議役 : 松本 重行氏(地球環境部次長(グループ担当))
◆インフラ技術業務部審議役 : 斎藤 光範氏(インフラ技術業務部 有償技術審査室長)
◆調達・派遣業務部審議役 : 前川 憲治氏(調達・派遣業務部次長(グループ担当))
◆マラウイ事務所長 : 和田 泰一氏(マラウイ事務所次長)

 

(一社)海外コンサルタンツ協会
新専務理事に岡野克弥氏が就任
(一社)海外コンサルタンツ協会では5月29日、岡野克弥氏が新たに専務理事に就任した。なお、前専務理事の高梨寿氏は6月、同協会の顧問に就任した。

 

(一財)国際臨海開発研究センター
新理事長に三宅光一氏が就任
(一財)国際臨海開発研究センターでは5月、三宅光一氏が新たに理事長に就任した。なお、前会長の宗岡正二氏と前理事長の富田英治氏は同月をもって退任した。

 

中央開発(株)
新会長に瀨古一郎氏、新社長に田中誠氏が就任
中央開発(株)は6月15日に定時株主総会と取締役会を開催し、新たに瀨古一郎氏が代表取締役会長に、田中誠氏が代表取締役社長に、鍜治義和氏が監査役にそれぞれ就任した。

 

(公財)笹川平和財団
新理事長に角南篤氏が就任
(公財)笹川平和財団は6月24日に評議員会を開催し、新たに角南篤氏が理事長に、安達一氏が常務理事に就任した。なお、前会長の田中伸男氏と前理事長の大野修一氏は同日をもって退任した。

 

2020.07.29

国際開発ジャーナル英文記事の掲載

過去の国際開発ジャーナル誌に掲載した記事を英文に翻訳し掲載しています。

今回は1件更新しました。以下のリンクからご覧ください。

 

2020年7月号 IDJ-Report「コロナで見直し迫られるODAの危機管理」

Crisis management of ODA to be reviewed due to COVID-19 – Opportunity to acquire more project orders

IDJ ENGLISH International Development Journal  2020 July edition

 

Due to the spread of the new coronavirus, even consulting companies and development industries are unable to travel locally and are forced to suspend some businesses. Crisis management in Official Development Assistance (ODA) has been strengthening anti-terrorism measures in recent years. However, in the future, reviewing the response to infectious disease risk may become a new challenge.

 

Strengthening the response to infectious disease risk

Due to the spread of COVID-19, the emergency declaration issued in Japan on April 7th was completely lifted on May 25th. In the future, according to the infection situation in the area, restrictions on going out and holding events will be gradually relaxed. Meanwhile, the government has begun talks to ease restrictions on overseas travel, but the cautious stance remains. The Japan International Cooperation Agency (JICA) also expressed the view that it would be difficult to travel to overseas countries for the time being, and ODA-related parties such as development consulting companies manage their projects through trial and error.

For example, in some technical cooperation projects, the preparation of training manuals and the facility design work are replaced by domestic work. In addition, a company that used its own products to collect data on pumping water locally is now considering using it for research operations in Japan. On the other hand, at a company that has received an ODA loan project, consultants staying in developing countries are working from home via telework with local government officials.

However, there are limits to what can be replaced with domestic operations. If the situation whereby travel is not possible continues for an extended period, the development industry’s management will be unavoidable. Under such circumstances, some companies have applied for support measures such as the sustainability benefits announced by the Japanese government.

Nonetheless, in developing countries, they have been exposed to the threat of infectious diseases many times. A large number of dengue fever victims caused many deaths in South America earlier this year, and the Paraguayan government declared a public health emergency in February. Regarding such infectious diseases that occurred locally, “Each company has judged and responded in various ways, including waiting at home and evacuating,” said Mr. Yoshihiro Ozaki, Founder and Representative of Kaigai-anzen.jp., which consults on overseas safety management operations of private companies.

Mr. Ozaki was a JICA staff member with experience in the Safety Management Department. He is also a graduate of the Faculty of Veterinary Medicine, Hokkaido University and has knowledge of zoonotic diseases. “This COVID-19 crisis is not particularly surprising. Since living organisms are alive, infectious diseases are an unavoidable risk. It is a prerequisite for development projects including ODA. What we have to do now is becoming clearer this time,” he emphasizes.

In fact, as mentioned above, various infectious diseases are prevalent in developing countries, and various measures are taken in conventional crisis management in ODA. For example, JICA provides the dispatched experts and members of overseas cooperation teams with information on the basic knowledge and prevention of infectious diseases, alerts, and recommends the use of preventive drugs. In addition, JICA is aware of local epidemics and is working with medical institutions. When an infectious disease occurs, they also provide assistance for emergency transportation, recommend medical checks before and after returning to Japan, and if necessary, provide health consultation immediately after returning to Japan.

However, according to Mr. Ozaki, private companies as well as those involved in ODA, including JICA, did not pay much attention to the response to risks that became a global pandemic. In particular, in the crisis management of ODA-related persons, the focus on strengthening countermeasures against terrorism and criminal acts following the terrorist attacks on the Dhaka Restaurant in Bangladesh in 2016. In JICA, the Safety Management Department was established, and efforts have been made to implement practical training for counter-terrorism to the personnel assigned to the field and training for the personnel responsible for safety management to a wider range of personnel.

The spread of COVID-19, not terrorism, restricted movement globally, forced social and economic activities of each country to stop functioning, and cast a big shadow on the continuation of development cooperation this time. “Overlooked risks” including infectious disease risks will become more important factors in crisis management than ever before.

 

Issues to be addressed by management

COVID-19 is very different in scale from the infectious diseases that have occurred locally. Therefore, it would be impractical to entrust one company with the decision to reopen projects. Regarding the future direction, Mr. Ozaki points out, “the Ministry of Foreign Affairs and JICA need to provide a guideline regarding the criteria for resuming travel”. On that basis, “the risks that can be taken locally will change depending on the vision and mission of each company, including development consulting companies. The company will respond to the local government while taking into consideration the guidelines of the Ministry of Foreign Affairs. It is also necessary for companies to decide whether or not to restart their projects, taking into consideration the opinions of their employees’ families,” Mr. Ozaki says.

Not so many companies have been able to build a crisis management system in anticipation of a pandemic like this one. However, it does not mean that a pandemic will not happen again. For this reason, it is important for the management of companies to build a crisis management system that takes these risks into account. It is also a good idea to use this as an opportunity to identify risks such as local politics, geopolitical risks and religious conflicts, and then review the measures for each. It will be effective to carefully consider the location of risks and their countermeasures from the current point of view also deciding when to resume business. Furthermore, appealing the attitude of being able to protect their own safety may be one of the management strategies that creates added value for their projects.

In addition, it is essential to ensure the health and safety of the people involved in the project when resuming the project locally. It is also important to prepare safety measures against infectious disease risks in advance, such as creating a manual for infection prevention measures, including hand washing.

 

Emphasis on proposal evaluation

Building a company-specific crisis management system is even more necessary to obtain projects from international organizations. This is because, in projects ordered by the World Bank, Asian Development Bank (ADB), etc., we cannot expect the generous protection that gives detailed instructions such as evacuation timing in the event of an emergency. Although there are guidelines for safety measures, in most cases, companies that carry out the projects will submit proposals on specific safety measures, and, if approved, those companies will be personally responsible for proceeding with the projects.

Mr. Ozaki said, “By incorporating safety measures into the proposal, the safety awareness of the team in charge of the proposal will also be improved”. He added, “For that purpose, it is necessary for each person involved to understand the risks and to ‘make the safety measures a culture’ ”.

In JICA’s projects, corporate crisis management and safety management are regarded as one of the evaluation items as a “backup system for project operations” in proposal evaluation. According to JICA, with the spread of the COVID-19 infection, they plan to focus more on the content of infectious disease control in this evaluation item. In that case, establishing a crisis management system that includes the risk of infectious diseases has the potential to lead not only to the proper implementation and continuation of projects, but also to the acquisition of new projects.

At present, an industry group is revising the importance of safety measures including infectious prevention in the COVID-19 crisis, and has begun to revise its website in order to call on member companies to establish a crisis management system. With the increasing momentum for each company to build a crisis management system, I think it would be good if these movements spread to the development industry. (Michi Sewaki)

 

 *****以下、日本語原文*****

 

コロナで見直し迫られるODAの危機管理

案件受注の実績を伸ばす機会にも

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、コンサルティング企業をはじめ開発業界でも現地へ渡航できずに一部事業の中断を余儀なくされている。政府開発援助(ODA)における危機管理では近年、テロ対策などの強化を進めてきた。しかし今後は、感染症リスクへの対応の見直しも新たな課題となる可能性がある。

 

感染症リスクへの対応強化を

新型コロナの感染拡大を受け、日本では4月7日に発出された緊急事態宣言が、5月25日をもって全面解除された。今後は、地域の感染状況に応じて、外出自粛やイベントの開催制限も段階的に緩和していくという。そんな中、海外への渡航制限の緩和に向けた協議も政府間で始まっているが、慎重姿勢は保たれたままだ。国際協力機構(JICA)も当面は現地への渡航は難しいとの見解を示しており、開発コンサルティング企業などODA関係者らは試行錯誤しながら何とか事業を進めている。

例えば技術協力プロジェクトでは、研修のマニュアル作成や施設の設計業務を国内業務に付け替えて対応しているところもある。このほか、自社製品を活用して現地で水の汲み上げに関するデータを収集していた企業は、現在、日本国内の調査研究業務への活用を検討しているという。一方、円借款事業を受注している企業では、現地に留まっているコンサルタントが赴任地の自宅にて現地政府関係者とテレワークでやり取りを続けながら業務を行っているという。

だが、国内業務に付け替えられる業務にも限界がある。渡航できない状況が長引けば、開発業界の経営悪化は免れられないだろう。そうした中で、日本政府が発表した持続化給付金などの支援策に申請を出した企業もいる。

ただ、途上国開発の現場ではこれまでも、幾度となく感染症の脅威にさらされてきた。今年に入ってから南米ではデング熱の流行により多数が死亡しており、パラグアイ政府は2月に公衆衛生上の非常事態を宣言した。このような局地的に発生した感染症については、「各企業が判断して自宅待機や退避などの対応を取ってきた」と、民間企業の海外安全管理業務に関するコンサルティングを行う海外安全.jpの設立者兼代表を務める尾﨑由博氏は語る。

尾﨑氏は元JICA職員で、安全管理部に所属していた経験を持つ。また、北海道大学獣医学部出身で、人獣共通感染症の知見もある人物だ。同氏は、「今回のコロナ危機は特段驚くべきことではない。生物が生きている以上、感染症は避けることのできない、あって当たり前のリスクだ。ODAを含む途上国開発ではこれを前提として動かなければいけないことが、今回でより明確になった」と強調する。

実際、先述したとおり開発途上国ではさまざまな感染症が蔓延しており、ODAにおける従来の危機管理においてもさまざまな対策が講じられている。例えば、JICAは派遣される専門家や海外協力隊員などに対し、感染症の基礎知識や予防に関する情報提供や注意喚起を行ったり、予防薬の服用の推奨などを行ったりしている。他にも、JICAは現地の流行状況を把握し、医療機関との連携も図っている。感染症が発生した際には緊急移送の支援や帰国前後の検査の推奨、帰国直後の健康相談にも必要によって応じてきた。

しかし尾﨑氏によると、世界的パンデミックを想定したリスクへの対応について、JICAを含むODA関係者はもとより民間企業でも重視されていなかったという。特にODA関係者の危機管理では、16年にバングラデシュで起きたダッカ・レストラン襲撃テロ事件を受けて、テロや犯罪行為への対策の強化にもっぱら焦点が当てられてきた。JICAでは安全管理部が発足し、現地に赴任する関係者へのテロ対策実技訓練や安全管理責任者向けの研修などもより幅広い関係者に向けて実施するなどの取り組みが行われてきた。

だが今回、テロではなく新型コロナの感染拡大が世界的な移動を制限し、各国の社会や経済活動を機能停止に追いやり、開発協力の継続へ大きな影を落とした。そのことを鑑みれば、感染症リスクを含む「見落とされたリスク」も危機管理においてこれまで以上に重要な要素になっていくだろう。

 

経営層が取り組むべき課題

新型コロナはこれまで局地的に発生してきた感染症とは規模が大きく違う。そのため、一企業に事業再開の判断を委ねるのは現実的ではないだろう。今後について尾﨑氏は、「渡航再開の基準などに関する目安を外務省やJICAが提示する必要がある」と、指摘する。その上で、「開発コンサルティング企業をはじめ各企業が持つビジョンやミッションによって、現地で取り得るリスクは変わってくる。企業は外務省などの目安を考慮しつつ、現地政府の対応や赴任する従業員の家族の意見も踏まえた上で、企業自ら事業再開の可否について判断していくことも必要だ」(尾﨑氏)。

今回のようなパンデミックを予期した危機管理体制をあらかじめ構築できていた企業はそう多くない。だが、パンデミックが再び起こらないとも限らない。そのため、今後は企業の経営層が中心となってこうしたリスクも考慮した危機管理体制を構築していくことが肝要だ。また、これを機に、改めて現地の政治や地政学リスク、宗教紛争の有無などのリスクを洗い出し、それぞれへの対策も併せて見直していくのも一案だ。事業再開のタイミングを見計らう上でも、リスクの所在とその対策を今の時点から念入りに講じておくことは有効だろう。さらに、自分たちの安全を自ら守ることができるという姿勢をアピールしていくことも、事業の付加価値を生み出す1つの経営戦略になり得るかもしれない。

加えて、現地での事業再開にあたっては、事業関係者の健康と安全が確保できることは必須である。手洗いなど感染予防対策のマニュアルを作成するなど、感染症リスクへの安全対策を事前に練っておくことも大切だ。

 

プロポーザル評価でもより重視

企業独自の危機管理体制の構築は、国際機関の案件獲得を目指す上では一層求められる。なぜなら、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)などが発注する案件では、緊急事態が発生した際に退避のタイミングなど細かい指示が出されるような手厚い保護は期待できないからだ。安全対策のガイドラインはあるものの、大抵は事業実施者が具体的な安全対策を盛り込んだプロポーザルを提出し、承認されれば後は事業実施者の責任の下で事業を進めていくことになる。

尾﨑氏は、「プロポーザルに安全対策を盛り込むことで、プロポーザルを担当するチームの安全意識も向上する」とその利点を述べつつ、「そのためには事業のどの部分がリスクになり得るのかを事業関係者1人1人が把握し、『安全対策を文化に』しておくことが必要だ」とも語る。

JICAの事業でも、プロポーザル評価において企業の危機管理や安全管理を「業務実施上のバックアップ体制等」として、評価項目の1つに位置付けている。JICAによると、新型コロナの感染拡大を機に、この評価項目の中で感染症対策に関する内容についても、より重点的に評価していく予定だという。そうなれば、感染症リスクを含めた危機管理体制をしっかり整えることは、事業の適切な実施・継続だけでなく、新たな案件獲得につながる可能性も秘めていることになる。

現在、ある業界団体はコロナ禍において感染症対策を含めた安全対策の重要性を改めて見直し、加盟企業へ危機管理体制の構築を呼びかけようと、ホームページの改定に着手している。各企業が危機管理体制の構築へと動き出す機運が高まる中、開発業界にもこうした動きが広まるといいのではないか。

(瀬脇 理)

『国際開発ジャーナル』 2020年7月号掲載記事

2020.07.27

国際開発ジャーナル英文記事の掲載

過去の国際開発ジャーナル誌に掲載した記事を英文に翻訳し掲載しています。

今回は1件更新しました。以下のリンクからご覧ください。

 

2020年6月号 IDJ-Report「新型コロナでジレンマ抱えるNGO」

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard