2016.08.04

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル8月号)

国際協力機構(JICA)
2016年7月1日付人事(カッコ内は前職)
◆人事部審議役:田中 泉氏(人事部次長(グループ担当))
◆企画部審議役:村上 裕道氏(企画部次長)
◆南アジア部審議役:古田 成樹氏(南アジア部次長(グループ担当))
◆南アジア部審議役:松本 勝男氏(南アジア部次長(グループ担当))
◆人間開発部審議役:小畑 永彦氏(人間開発部次長(グループ担当))
◆地球環境部審議役:木藤 耕一氏(地球環境部次長(グループ担当))
◆地球環境部審議役:鴫谷 哲氏(評価部次長)
◆産業開発・公共政策部審議役:河西 裕之氏(人事部参事役)
◆国内事業部審議役:高橋 政行氏(国内事業部次長(グループ担当))
◆資金協力業務部審議役:渡邉 健氏(資金協力業務部次長(グループ担当))
◆資金協力業務部審議役:西片 高俊氏(資金協力業務部 設計・積算審査室長)
◆評価部次長:大村 佳史氏(債権管理部参事役)
◆国際緊急援助隊事務局次長:神内 圭氏(国際緊急援助隊事務局 緊急援助第一課長)
◆東京国際センター審議役:岩谷 寛氏(東京国際センター次長(グループ担当))
◆中国国際センター審議役:日比 俊文氏(中国国際センター次長)
◆九州国際センター審議役:植村 吏香氏(九州国際センター次長)

(株)パスコ
古川顕一氏が代表取締役社長に就任
株式会社パスコでは、6月23日付で古川顕一氏が代表取締役社長に就任した。代表取締役社長の目﨑祐史氏は顧問に就任した。

(株)日本経済研究所
井上毅氏が代表取締役社長に就任
株式会社日本経済研究所では、6月付で井上毅氏が代表取締役社長に就任した。

(一社)協力隊を育てる会
山本保博氏が会長に就任
一般社団法人協力隊を育てる会では、6月付で山本保博氏が会長に就任した。会長の足立房夫氏は顧問に就任した。

(一財)日本国際協力システム
竹内和樹氏が業務執行理事に就任
一般財団法人日本国際協力システム(JICS)では、7月1日付で竹内和樹氏が業務執行理事 兼 業務総括部長に就任した。また、業務執行理事の久保徹氏が、業務執行理事 兼 総務部長に就任した。

国際開発ジャーナル8月号が発売されました

journal-201608-01

kounyu

今月の特集 東アフリカの雄、ケニア~TICAD Ⅵに向けカウントダウン
1.高まる存在感/2.ABEイニシアティブ研修生 座談会/3.モンバサ開発/4.関係者の声/5.大陸の明日へ

□追 悼 バングラデシュ襲撃事件 悲しみを乗り越えて

□世界の景色から ウガンダ

□Message from abroad アフリカ市民協議会(CCfA) 代表 南部アフリカ地域選出理事 
マウンゴ・ムーキ氏

□荒木光弥の「羅針盤」 インフラ輸出に忙殺される円借款 

□論説委員の視点 SDGsとTICAD 日本の科学技術外交の次なる展開 

□IDJ REPORT 自治体が初めて国際入札で受注 

□Special Interview 課題解決型の工学を (公社)土木学会 専務理事 塚田 幸広氏

□連載 共創への道しるべ~ミャンマーの日々 第36話 医学教育を建て直せ

□連載 海外に挑む企業/フィリピンで商船大学を運営する日本郵船

□開発コンサルタントニュース

□新連載 私のマスタープラン NTCインターナショナル(株) 加藤 晋平

□World Headline

□連載 ジュネーブ便り 国連貿易開発会議(UNCTAD) 国際貿易局 貿易政策分析セクション チーフ 城取 美保

□News & Topics 

□就任インタビュー 国際協力機構(JICA) 副理事長 越川 和彦氏

□変わるアフリカ 変える日本企業 

□編集後記 

□Bangsamoro報告 第19話 虐殺の村 

青少年交流プログラム(北米・ASEAN諸国等)を担当する期限付職員の募集

【業務内容】

外務省が推進する国際交流プログラム(対日理解促進交流プログラム)における、北米地域との交流事業(KAKEHASHI;カケハシ)・ASEAN地域との交流事業(JENESYS;ジェネシス)等の実施に係る業務を担当していただきます。

(1週間程度の北米・ASEAN諸国等からの招へい及び、日本から(大学生等)の派遣プログラム)

http://sv2.jice.org/exchange/

職種①:派遣事業担当

ア. 関係省庁、外国政府、学校関係者(国内・国外)、協力団体、旅行代理店等との連絡調整

イ. 海外プログラムの日程策定(現地事前出張を含む)

ウ. 派遣プログラム参加者(高校生・大学生等)への説明会の実施

エ. 海外プログラムの実施・運営(現地同行)

オ. 経費の支払・採算等

カ. 関連書類作成・データベース入力・ファイリング

職種②:招へい事業国内プログラム実施業務担当

ア. 関連省庁、外国政府、地方自治体、教育委員会ならびに国内青少年交流団体、旅行代理店等との連絡調整

イ. 国内プログラムの日程策定および実施

ウ. 国内宿泊・食事・移動等の手配

エ. 経費の支払・精算等の管理

オ. 関連書類作成・データ入力・ファイリング

職種③:経理・契約担当

ア. 見積書作成

イ. 資金管理(前払金請求、返金、追加請求等)

ウ. 経費基準の整理・調整

エ. 契約別収支(執行状況)管理

オ. 支出内容(請求書内容・勘定科目等)の確認

カ. 精算報告書作成(証憑取り纏め含む)

【勤務開始時期】平成28年9月中旬(応相談)

【採用人数】若干名

【待遇】

基本給 B号:月額 222,800円/日額 14,000円

    C号:月額 283,500円/日額 11,000円

基本は月給制での採用を予定しておりますが、採用日により日給制での契約となる場合があります。

(経験に基づきB号もしくはC号を判断します。)

超過勤務手当、通勤手当支給。社会保険加入。(勤務地への転居にかかる手当ては支給しません。)

なお、国内出張、海外出張の場合は、基本給月給に加え、当センター旅費規程に基づき、航空運賃等の旅費を支給します。

【勤務場所】一般財団法人日本国際協力センター(JICE)本部(東京都新宿区)国際交流部

【応募方法】

履歴書(A4判、写真貼付、左上に応募業務を明記)、職務経歴書(A4判1枚程度)、志望動機(A4判1枚程度)、語学については試験機関発行の認定証(写)を下記担当者宛持参または郵送のこと。応募の際は応募封書表に「青少年交流事業・期限付職員応募書類」と必ず明記してください。

なお、履歴書等応募書類については、一切返却しません。また、応募書類に記載された個人情報については、他の目的には一切使用しません。

応募の際には、履歴書及び封筒上に、

「①派遣事業担当」

「②招へい事業国内プログラム実施業務担当」

「③経理・契約担当」

 のいずれかを明記してください(併願も可能です)。

詳細はhttp://sv2.jice.org/03invite/contract/index.htmをご確認ください。

【締切日】2016年8月19日(金)午後5時必着

【問合先】

〒163-0716  東京都新宿区西新宿二丁目7番1号 小田急第一生命ビル16階

(一財)日本国際協力センター 国際交流部 青少年交流課 林

担当: e-mail:hayashi.etsuko@jice.org

TEL.03-6838-2730  

2016.07.20

国際機関 日本アセアンセンター 職員採用情報

国際機関 日本アセアンセンターでは、現在、以下の職種の採用募集を行っています。

 

◆職種/  貿易投資部 貿易担当部長代理

詳細についてはDODAの求人情報をご参照下さい。

URL: https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3001338826/-fm__list/-msg__1/

 

◆職種/  観光交流部オフィサー

詳細についてはDODAの求人情報をご参照下さい。

URL:  https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3001338827/-fm__list/-msg__1/

 

­­­——————————————————————–

応募方法:(下記のいずれかにより、ご応募下さい)

■上記、DODAの求人サイトから応募する

■ 国際機関日本アセアンセンター宛に履歴書(和文・英文)を郵送する

〒105-0004 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F

企画調整官室(桑崎宛)

■ 国際機関日本アセアンセンター宛に履歴書(和文・英文)をメールで送る

E-mail: saiyoweb@asean.or.jp

———————————————————————

問合せ先:

国際機関日本アセアンセンター企画調整官室

〒105-0004 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F

電話: 03-5402-8308 <担当:桑崎(くわさき)>

2016.07.19

IDJ読者セミナー「TICAD Ⅵの開催と今後のアフリカ支援」を開催

開発コンサルティング企業関係者ら約100人が参加

 

(株)国際開発ジャーナル社は、6月28日、都内でIDJ読者セミナー「TICAD Ⅵの開催と今後のアフリカ支援」を開催しました。

セミナーでは、外務省国際協力局国別開発協力第三課長の今福孝男氏、国際協力機構(JICA)資金協力業務部長の佐々木隆宏氏の政策・実施現場の第一線担当者が、第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)の焦点と今後のアフリカ支援について、それぞれ重点解説しました。
アフリカでは初めての開催となる開発会議での焦点、またアフリカ向け無償資金協力の実施方針に高い関心が集まっているだけに、当日は開発コンサルティング企業関係者らを中心に約100人が参加。特に無償資金協力のあり方をめぐっては、講師とフロアとの意見交換も活発に行われ、きわめて充実した読者セミナーになりました。

なお、次回のIDJ読者セミナー(テーマ未定)は11月頃の開催を予定しています。

 

seminar
(フロアからとの意見交換も活発に行われた読者セミナー)

2016.07.08

東洋学園大学 大学院経営セミナー開催のお知らせ

東洋学園大学大学院現代経営研究科は、以下の要領でセミナーを開催いたします。

———————————–
東洋学園大学 大学院主催
女性教員による女性のためのセミナー
【女性の学び直しとキャリアアップ】
———————————–

グローバル化が進み激しく変化する現代社会で、自分らしく生きていくために、今、何をすればいいのでしょうか。
今回のセミナーでは、仕事や海外経験、家庭との両立など、多様な環境で自分らしく輝いてきた3人の女性教員が講師となり、それぞれの経験から得た女性のキャリアやライフプランに関するヒントをお伝えします。

第1回 7月10日(日)13:00~ 「女性が学び直すということ」
講師:八塩 圭子
(東洋学園大学准教授、元・テレビ東京アナウンサー)
転職や出産後の再就職など多様化するキャリアパスに有効な武器となる大学院での「学び直し」を実践した経験を語る。

第2回 10月23日(日)13:00~ 「女性が海外で働くということ」
講師:横山 和子
(東洋学園大学大学院教授、元・国際公務員)
今や、女性も海外でバリバリと働く時代。女性が海外で仕事をするために求められるスキル、海外で働く意味とは何かを探る。

第3回 12月11日(日)13:00~ 「女性がキャリアを積むということ」
講師:原田 規梭子
(東洋学園大学学長)
出産、育児、子どものいじめ問題…。家庭と仕事の両立における現実と、女性が働き続けることの意味を考える。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://www.tyg.jp/faculty/grad/weekendseminor.html

場所:東洋学園大学 東京・本郷キャンパス 1404教室
アクセス:地下鉄本郷三丁目駅 徒歩5分、JR水道橋駅徒歩7分

予約不要、参加無料
(一般の方も自由にご参加いただけます。(子供同伴可))

お問い合わせ:東洋学園大学 大学院入試室
TEL:0120-104-108
http://www.tyg.jp

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard