2016.07.01

国際開発ジャーナル2016年7月号が発売されました。

journal-201607-01

kounyu

今月の特集 工業国への試練~ベトナム、次のステージへ
1.工業化戦略の今2.インフラ支援の現場3.育て!産業人材

<Zoom UP !>ベトナムの課題と日本の支援

□世界の景色から ベトナム

□Message from abroad 国連開発計画(UNDP) アフガニスタン事務所長 ダグラス・ケー氏

□荒木光弥の「羅針盤」 第6回アフリカ開発会議に向けて

□論説委員の視点 TPPの衝撃 ベトナムはどう変わるのか

□IDJ REPORT IAIA16が名古屋で開催

□かいはつマネジメント・コンサルティング 15周年

□連載 共創への道しるべ~ミャンマーの日々 第35話 現場重視の計画づくり

□青年海外協力隊50周年「心のつながり」重視する奇跡の事業
「JICAボランティア事業の方向性に係る懇談会」座長 五百旗頭 真氏 × 本誌主幹 荒木 光弥 /(公社)青年海外協力協会(JOCA) 事務局長 北野 一人氏

□開発コンサルタントニュース

□国際協力プロジェクト情報(ODA)

□寄稿 BoP3.0の時代を読み解く/第2回 金沢工業大学情報フロンティア学部経営情報学科 専任講師/博士(メディアデザイン) 平本 督太郎

□連載 ジュネーブ便り 国連訓練調査研究所(UNITAR) コミュニケーションおよびIT技術サポート部 主任 ペロナ 晶子さん

□大学の国際化最前線/東北大学

□BOOK

□News & Topics

□変わるアフリカ 変える日本企業

□編集後記

□Bangsamoro報告 第18話 ドゥテルテ旋風

2016.07.20

国際機関 日本アセアンセンター 職員採用情報

国際機関 日本アセアンセンターでは、現在、以下の職種の採用募集を行っています。

 

◆職種/  貿易投資部 貿易担当部長代理

詳細についてはDODAの求人情報をご参照下さい。

URL: https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3001338826/-fm__list/-msg__1/

 

◆職種/  観光交流部オフィサー

詳細についてはDODAの求人情報をご参照下さい。

URL:  https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3001338827/-fm__list/-msg__1/

 

­­­——————————————————————–

応募方法:(下記のいずれかにより、ご応募下さい)

■上記、DODAの求人サイトから応募する

■ 国際機関日本アセアンセンター宛に履歴書(和文・英文)を郵送する

〒105-0004 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F

企画調整官室(桑崎宛)

■ 国際機関日本アセアンセンター宛に履歴書(和文・英文)をメールで送る

E-mail: saiyoweb@asean.or.jp

———————————————————————

問合せ先:

国際機関日本アセアンセンター企画調整官室

〒105-0004 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F

電話: 03-5402-8308 <担当:桑崎(くわさき)>

2016.07.19

IDJ読者セミナー「TICAD Ⅵの開催と今後のアフリカ支援」を開催

開発コンサルティング企業関係者ら約100人が参加

 

(株)国際開発ジャーナル社は、6月28日、都内でIDJ読者セミナー「TICAD Ⅵの開催と今後のアフリカ支援」を開催しました。

セミナーでは、外務省国際協力局国別開発協力第三課長の今福孝男氏、国際協力機構(JICA)資金協力業務部長の佐々木隆宏氏の政策・実施現場の第一線担当者が、第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)の焦点と今後のアフリカ支援について、それぞれ重点解説しました。
アフリカでは初めての開催となる開発会議での焦点、またアフリカ向け無償資金協力の実施方針に高い関心が集まっているだけに、当日は開発コンサルティング企業関係者らを中心に約100人が参加。特に無償資金協力のあり方をめぐっては、講師とフロアとの意見交換も活発に行われ、きわめて充実した読者セミナーになりました。

なお、次回のIDJ読者セミナー(テーマ未定)は11月頃の開催を予定しています。

 

seminar
(フロアからとの意見交換も活発に行われた読者セミナー)

2016.07.14

「企画営業」募集 国際開発ジャーナル社

●業務内容  月刊「国際開発ジャーナル」、年刊「国際協力キャリアガイド」
などの広告営業、販売促進、国際協力関連のイベントやセミナーの
企画・実施など

●応募資格  大学卒以上40歳代まで

●勤 務 地  東京都千代田区麹町

●待  遇  採用条件・待遇などは当社規定に基づいて決定

●応募方法  履歴書送付

●応募締切  2016年8月中旬

●選考方法  随時書類審査を通過した方に対し面接の上採用を決定します

●応 募 先  株式会社 国際開発ジャーナル社 採用担当宛
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-4 麹町HFビル9階
TEL 03-3221-5583 FAX 03-3221-5584
E-mail:jinji@idj.co.jp
国際協力Station:https://www.idj.co.jp

※応募に関するお問い合わせは電話またはE-mailでお願いします。

2016.07.08

東洋学園大学 大学院経営セミナー開催のお知らせ

東洋学園大学大学院現代経営研究科は、以下の要領でセミナーを開催いたします。

———————————–
東洋学園大学 大学院主催
女性教員による女性のためのセミナー
【女性の学び直しとキャリアアップ】
———————————–

グローバル化が進み激しく変化する現代社会で、自分らしく生きていくために、今、何をすればいいのでしょうか。
今回のセミナーでは、仕事や海外経験、家庭との両立など、多様な環境で自分らしく輝いてきた3人の女性教員が講師となり、それぞれの経験から得た女性のキャリアやライフプランに関するヒントをお伝えします。

第1回 7月10日(日)13:00~ 「女性が学び直すということ」
講師:八塩 圭子
(東洋学園大学准教授、元・テレビ東京アナウンサー)
転職や出産後の再就職など多様化するキャリアパスに有効な武器となる大学院での「学び直し」を実践した経験を語る。

第2回 10月23日(日)13:00~ 「女性が海外で働くということ」
講師:横山 和子
(東洋学園大学大学院教授、元・国際公務員)
今や、女性も海外でバリバリと働く時代。女性が海外で仕事をするために求められるスキル、海外で働く意味とは何かを探る。

第3回 12月11日(日)13:00~ 「女性がキャリアを積むということ」
講師:原田 規梭子
(東洋学園大学学長)
出産、育児、子どものいじめ問題…。家庭と仕事の両立における現実と、女性が働き続けることの意味を考える。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://www.tyg.jp/faculty/grad/weekendseminor.html

場所:東洋学園大学 東京・本郷キャンパス 1404教室
アクセス:地下鉄本郷三丁目駅 徒歩5分、JR水道橋駅徒歩7分

予約不要、参加無料
(一般の方も自由にご参加いただけます。(子供同伴可))

お問い合わせ:東洋学園大学 大学院入試室
TEL:0120-104-108
http://www.tyg.jp

2016.07.05

予告:国際協力キャリアフェア2016

今年もやります!!
国際協力キャリアフェア2016
(今年で16回目を迎えます。)

☆毎年好評の「キャリア相談コーナー」
就職や進学でお悩みの方は、まずキャリア相談コーナーにお越しください。

☆すでに興味のある団体や分野が決まっている方は、「セミナー」や「各団体ブース」で直接お話を聞いてみてください。

————————
場所:TKP赤坂駅カンファレンスセンター13F
日時:2016年10月29日(土)
出展団体:公的機関、開発コンサルティング企業、NGO、大学など約50団体
————————

参加申し込みは、9月から当社ホームページ上で受け付け開始予定です。

※ブース出展を希望される団体、企業、大学の方は、直接下記までお問い合わせください。
㈱国際開発ジャーナル社 
国際協力キャリアフェア事務局
TEL:03-3221-5583

昨年の様子:
IMG_2603

IMG_2647

IMG_2615

IMG_2631

IMG_2674

IMG_2649

IMG_2659

2016.07.02

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2016年7月号)

国際協力機構(JICA)

越川和彦氏が副理事長に就任

国際協力機構(JICA)では、5月23日付で越川和彦氏が副理事長に就任した。

越川氏は1980年に外務省に入省。特命全権大使(アンゴラ国駐箚)や国際協力局長、大臣官房長を経て、2014年から特命全権大使(スペイン国駐箚)を務めた。

JICAは、今回の副理事長選任にあたって今年2月から公募を行った。25人の応募者の中、越川氏を選任した理由について、1990年代にイランにおいて円借款プロジェクトであるカルン4水力発電所の建設に携わったことや、アンゴラにおいて内戦で劣化した港湾の改修などに主導的な役割を果たした功績を挙げている。

2016年5月23日付人事(カッコ内は前職)

◆アフリカ部次長(グループ担当):井黒 伸宏氏(他法人出向)

 

デロイトトーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(合)

辻本令氏が執行役員に就任

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社では、5月1日付で辻本令氏が国際開発アドバイザリーサービス担当の執行役員・パートナーに就任した。

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard