2017.02.01

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2017年2月号)

国際協力機構(JICA

2017年1月1日付人事(カッコ内は前職)

◆安全対策強化策推進担当特命審議役:廿枝 幹雄氏(バングラデシュ事務所長)

◆タジキスタン事務所長:田邉 秀樹氏(国内事業部 計画課長)

◆マダガスカル事務所長:村上 博信氏(研究所 企画課長)

 

(公財)笹川平和財団

大野修一氏が理事長に就任

公益財団法人笹川平和財団では、2016年12月26日付で大野修一氏が理事長に就任した。また前理事長の田中伸男氏は、会長に就任した。

 

セントラルコンサルタント(株

木原一行氏が代表取締役社長に就任

セントラルコンサルタント株式会社では、2016年12月15日付で、木原一行氏が代表取締役社長に就任した。前代表取締役社長の馬場直俊氏は、代表取締役会長に就任した。

 

(一財)日本国際協力システム

部長が異動

一般財団法人日本国際協力システム(JICS)では、2017年1月1日付で、業務第一部の部長に稲葉光信氏が、業務第二部の部長に樋口誠一氏が、業務第三部の部長に大泉千月氏がそれぞれ就任した。

国際開発ジャーナル2017年2月号が発売されました


kounyu

今月の特集 海に描く未来地図 舵取り問われるASEAN協力
<Zoom UP!>ASEANの海をつなぐ
1.視点 2.インドネシアの戦略
□世界の景色から ネパール
□Message from abroad インドネシア国立イスラム大学ジャカルタ校 アジュマルディ・アズラ教授
□荒木光弥の「羅針盤」 JICAは本命の人づくりを忘れていませんか
□論説委員の視点 東アジアの国際通商政策の行方
□IDJ REPORT 多様化するジェンダー議論
□連載 共創への道しるべ~ミャンマーの日々 第42話 鉄道と乗客を「つなぐ」
□連載 人間万歳! 一代で「政策研究」の本丸を築く
□こだわりの現場主義 フォトグラファー/「アフリカ星空映画館cinema stars」代表 桜木 奈央子さん
□大学の国際化最前線/東洋大学
□連載 海外に挑む企業 発酵の力でフィリピン進出を目指すバイオテックジャパン
□連載 SDGsの時代 第4回 イノベーションがカギ(一社)Japan Innovation Network 専務理事 イノベーション加速支援グループ長 西口 尚宏
□World Headline
□連載 私のマスタープラン
□日本工営(株) コンサルタント海外事業本部 都市・交通事業部 開発計画部 尾崎 健人
□国際協力プロジェクト情報
□BOOK
□開発コンサルタントニュース
□私のキャリアパス 
□世界保健機関(WHO) 母子保健部研究チーム技官 吉田 幸代さん
□News & Topics
□編集後記
□Bangsamoro報告 第25話 ブトゥアン

2017.01.17

東洋英和女学院大学大学院主催 キャリアガイダンス「国際機関で働くとは」 開催のお知らせ

東洋英和女学院大学大学院は、
下記の要領でキャリアガイダンスを開催いたします。

 


本大学院国際協力研究科では、
「国際機関で働くとは」
と題してキャリアガイダンスを行います。

 

外務省国際機関人事センターの山本氏をお招きし、
JPO派遣制度、国際機関への就職方法や状況等の講演を行います。
講演後、個別相談も行いますので、
国連等、国際機関で働く希望のある方は、
どうぞ、ご参加ください。

 

参加費無料、事前のお申込も不要です。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/event/news/news_216.html

 

〇日 時 2017年2月18日(土)13:00~17:00

◯内 容
13:00~14:50 プレゼンテーション
外務省総合外交政策局国際機関人事センター 山本真太郎氏
15:00~17:00 個別相談

◯会 場 東洋英和女学院大学大学院 3階301教室

 

アクセス
http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/daigakuin-annai/access.html

2017.01.01

国際協力人事アラカルト(国際開発ジャーナル2017年1月号)

国際協力機構(JICA

2016年12月1日付人事 (カッコ内は前職)

◆理事:加藤 正明氏(安全対策統括役)

◆中部国際センター所長:阪倉 章

治氏(東南アジア・大洋州部審議役)

◆バングラデシュ事務所長:

西片 高俊氏(資金協力業務部審議役)

 

外務省

2016年10月5日付人事 (カッコ内は前職)

◆国別開発協力第三課長:

大場 雄一氏(エジプト大使館)

 

笹川アフリカ協会

団体名を変更

笹川アフリカ協会では、2017年1月1日付で、団体名を一般財団法人ササカワ・アフリカ財団に変更する。

 

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル(株)

東京支社を移転

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社は、2016年11月28日付で右記住所に東京支社を移転した。

〒160-0022

東京都新宿区新宿4-3-25

TOKYU REIT新宿ビル2階

TEL 03-5312-8950(代表)

FAX 03-5312-8955

国際開発ジャーナル2017年1月号が発売されました

kounyu

<今月の特集>2017 激動の幕開け~共創する未来へ
Zoom UP ! 多極化する開発ドナー
1.不安定化する世界
2.連携の可能性探る 韓国/シンガポール/タイ/イラン/南アフリカ共和国
□世界の景色から アルメニア
□Message from abroad ミャンマー・ヤンゴン市開発委員会 公害防止清掃局 局長補佐 アウン ミン モー氏
□荒木光弥の「羅針盤」 米国のトランプ現象は対岸の火事でない
□論説委員の視点 「相手国に寄り添う」理念の再考を
□IDJ REPORT 問われるNGOの今後
□Special Interview 海洋国家の気概を示そう (公財)日本財団 会長 笹川 陽平氏
□連載 共創への道しるべ~ミャンマーの日々 第41話 線路に輝く技術者魂
□連載 SDGsの時代 第3回 新たな成長モデルの展開へ
□アクセンチュア(株) 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクター 和氣 忠/通信・メディア・ハイテク本部 シニア・マネジャー 片山 尚子
□Devex News
□特別座談会 国際開発センター創立45年の歴史を振り返る
拓殖大学 学事顧問 渡辺 利夫氏/東京大学名誉教授 吉田 恒昭氏/
(株)レックス・インターナショナル 代表取締役 橋本 強司氏/
(株)国際農業開発 代表取締役社長 黒栁 俊之氏
(一財)国際開発センター 顧 問 薮田 仁一郎氏
理事長 竹内 正興氏
□こだわりの現場主義/READYFOR(株) 国際協力事業部 マネージャー 田才 諒哉さん
□連載 ジュネーブ便り  国際貿易センター(ITC) アジア・太平洋部 ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO) 齋藤 美穂子
□PROJECT FOCUS
□開発コンサルタントニュース
□連載 私のマスタープラン(株)地球システム科学 水資源事業部 部長 七條 寛
□BOOK
□News & Topics
□編集後記
□Bangsamoro報告 第24話 モロ民族解放戦線

2016.12.27

<2017年1月25日募集開始>日本/世界銀行 共同大学院奨学金制度日本人向け特別枠のお知らせ

世界銀行(The World Bank)は下記の要領で奨学金制度の特別枠募集を開始します。


【日本/世界銀行 共同大学院奨学金制度日本人向け特別枠】

募集期間

2017年1月25日 ~ 2月23日

奨学金

将来国際開発機関に就職することを目標とし、現在開発関連分野を専攻として日本国外の大学院から入学許可を受けている、もしくはすでに在籍している、実務経験を有するミッドキャリアの日本人の方を対象として、在学中の最大2年間にわたり学費・生活費・渡航費・医療保険を支給する奨学金です。

基本的な応募資格

•日本国籍を有すること
•学士号(または学士号相当の学位)を取得後、応募締切日までに3年以上経過していること
•最初の学士号(または学士号相当の学位)取得後、応募締切日までに近年3年以上のフルタイムかつ有給の職歴があること
•応募時点で、本人、親族または姻族が世銀グループの理事、理事代理、職員、コンサルタントではないこと
•応募時点で、日本の公務員、政府関係機関職員ではないこと
•過去に日本政府から他の大学院奨学金を受けたことがないこと
•開発関連分野で2017年5月3日までに、(資金条件を除き特別な条件なしに)日本国外の大学院における来学年度の修士課程あるいは博士課程への入学許可を取得、もしくは既に在籍していること

応募プロセス

募集要項、応募資格の詳細、オンライン応募フォームおよび必要提出書類等につきましては、
2017年1月25日までに世界銀行奨学金プログラムのウェブサイトに掲載します。
応募フォームはオンラインにて2017年2月23日までにご提出ください。
2017年7月に来学年度の奨学金支給者最大15名を発表します。

詳細については、奨学金プログラムのウェブサイトをご参照ください。

奨学金プログラム修了生インタビュー

•第1回 馬渕俊介 保健スペシャリスト
世界銀行アフリカ地域総局

•第2回 荻田聡 交通専門官
世界銀行ラテンアメリカ・カリブ海地域総局

奨学金よくある質問

世界銀行に寄せられる奨学金関連のお問合せをまとめました。

奨学金に関するFAQ(英語)

お問合せ

奨学金に関するご質問は、奨学金事務局まで
Eメール(scholarshipapplicants@worldbank.org)にてご連絡ください。(※英語のみ)
世銀東京事務所ではご質問を受け付けておりません。

世界銀行本部 奨学金事務局
The World Bank
Joint Japan/World Bank Graduate Scholarship Program
1818 H Street, NW – MSN J4-402 Washington, DC 20433 USA
Tel: +1 (202) 473-6849
Fax: +1 (202) 522-4036
scholarshipapplicants@worldbank.org

Next »

Positive SSL Wildcard
Positive SSL Wildcard