« | »

2020.05.01

China should feel a greater sense of responsibility for the COVID-19 Crisis

picture:Rural landscape of Changsha, Hunan Province, China (Taken in 1995) ©The International Development Journal Co., Ltd.

IDJ ENGLISH

『International Development Journal』2020 May edition

China’s openness required

It has been said that poverty is an enemy of humanity. Nowadays, however, the new corona virus, invisible COVID-19, has taken hold as an enemy of humanity, shaking the very foundations of human society. How can humans overcome this crisis? We are being tested to an extreme. The Spanish Flu pandemic was once the most devastating in human history, occurring around the end of World War I. It is said that 20 to 40 million people died around the world.
Then, focusing on the problem that the source of the COVID-19 was in China first, there has been the bizarre behavior of the World Health Organization (WHO) Secretary-General, Tedros Adhanom.
China’s responsibility as a source of the COVID-19 is very significant. Despite its infection occurring in Wuhan, Hubei Province, at the end of 2019, it is said that disclosure to the world about the epidemic was delayed for more than one month, and the world missed the opportunity to deal with it earlier.
Due to the delay in initial action, COVID-19 has exploded into a worldwide epidemic. It was reported that Xi Jinping ordered clarification on “where the pathogens came from and where it will go”, but this directive cannot be completely understood. If it is an order while knowing that the pathogen broke out in China and leaked to the rest of the world, the aim can only be the transfer of responsibility. That COVID-19 broke out in Wuhan cannot be disputed. From there, it was spread all at once around the world. Instead, China should be open enough to accept a global virus research team, collaborate, and provide the information to the rest of the world.

Criticism against WHO Executive Director

Next, I would like to mention WHO’s Secretary-General, Tedros Adhanom, whose behavior has been peculiar. There are reasons why he was tardy in declaring a worldwide pandemic.
In 2009, the new influenza pandemic spread around the world. At the time, WHO declared that a pandemic threatened humanity, but in reality it was not much different from a seasonal flu and the European Union Parliament announced that it was not a pandemic. It was also pointed out that pharmaceutical companies influenced WHO’s decision-making at the time. This time, Secretary-General Adhanom was cautious. It is suspected that WHO was traumatized by this error in judgement in the past. It is also speculated that China’s behind-the-scenes work intended to ease the impact of the pandemic worked.
Finally, he announced that it was a pandemic but it was not the right timing. Regarding the delay of WHO’s declaration, he said, “Pandemic is not a word to use lightly or carelessly. It is a word that, if misused, can cause unreasonable fear, or unjustified acceptance that the fight is over, leading to unnecessary suffering and death.”
However, in general, this response has been criticized for not being justified. Many people speculated that the Chinese government influenced WHO’s delay. And, there is another viewpoint that he is from Ethiopia which has a very close relationship with China. In Ethiopia, there are many infrastructure construction projects by Chinese companies, including roads and railways.

Pigs and ducks with pathogens

Dr. Jared Diamond, a professor at the University of California wrote in his book “Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies” that a collective infectious disease that affects only humans emerged when the human population increased and people formed groups. How did these outbreaks happen and come to impact only humans?
Among the pathogens that cause human-specific diseases, there are closely-related species that are close to molecular biology, and they cause mass infections only in livestock and pets. However, not all types of animals are involved in these outbreaks. This type of illness affects only animals with “gregariousness”, such as humans, that can maintain large populations in which the pathogen can survive. In other words, when colonized animals such as cows and pigs were domesticated, there were infestations of pathogens that caused mass infections.
For example, the rinderpest virus, which is highly contagious among cattle, is very close to the human measles virus, but it only infects ruminants. Also, the human measles virus does not infect cattle. The similarity between the two viruses suggests that the human measles virus evolved from the rinderpest virus. Perhaps the rinderpest virus transmitted from cattle to humans has evolved into a human measles virus by changing some attributes so that it can adapt to the new environment of the human body.
He also said, “In addition to measles, there are other diseases in domestic animals that are similar to the ones most commonly transmitted to humans.” It should be noted that “pigs” and “ducks” are mentioned as livestock with pathogens closest to influenza as a human disease. I, myself, recall the rural scenery around Wuhan, which was the source of Covid-19. Most of the farmers keep pigs and edible ducks there. Indeed, there are livestock with pathogens closest to the flu.
In addition, he focuses on influenza, colds and whooping cough as pathogens as modern products, and pays attention to their powerful infectious power. Even human immune defenses cannot prevent some invasion. That is influenza, which alters the part called the antigen recognized by human antibodies and tricks the human immune system. Thus, the flu is said to be new. People who got the flu two years ago don’t have antibodies to the new virus, Covid-19. Mankind continues to be threatened by invisible enemies – without discriminating between rich or poor.

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

*****以下、日本語原文*****
羅針盤  新型コロナウイルスの衝撃 中国はもっと責任感を持て!

求められる中国の公開性

 貧困は人類の敵だと言われてきたが、今は人間には見えない新型コロナウイルスが人類の敵として現れ、人間社会を震撼させている。人類はこれをどう克服できるのか。私たちは厳しい試練に立たされている。かつて人類史上で最も猛威を振るった疫病は、第一次世界大戦が終結した頃に起こったスペインインフルエンザ(スペイン風邪)の大流行であったと言われる。この時は世界で2,000万~4,000万人が命を落としたと伝えられている。だから、今回も決して予断は許されない。
 それでは最初に新型コロナの発生源が中国であったことの問題点、次に中国寄りの姿勢を見せた世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長の奇怪な言動に着目した上で、最後にウイルスの世界に入門してみたいと思う。
 新型コロナの発生源としての中国の責任は非常に大きい。湖北省武漢で新型コロナの感染が2019年末に発生していたにもかかわらず、世界への情報公開が2カ月ほど遅れてしまい、世界が早期に対処する機会を逃してしまったと言われても、中国は抗弁できないだろう。初動の遅れで新型コロナが世界的な感染へと爆発的に広まってしまった。
 習近平国家主席は「病原がどこから来てどこへ向かうのか明らかにせよ」と命令したようだが、まったく理解できない命令だと言える。病原は中国で発生し、世界に流出したことを知りながらの命令だとしたら、その狙いは責任の転嫁しか考えられない。新型コロナは間違いなく湖北省武漢で発生し、その流出を抑えられず、一気に世界へ広まったことは子どもでも答えられる回答である。
 それよりも中国は世界のウイルス研究調査団を受け入れ、共同研究し、その情報を世界に提供するぐらいの公開性を発揮すべきである。

奇怪なWHO事務局長

 次に、奇怪な言動を見せたWHOのテドロス事務局長について言及したい。彼は「パンデミック(世界的な大流行)」という発言にブレーキをかけてきた。それには、こういう背景があったとの指摘もある。
2009年に新型インフルエンザが世界的に大流行した。当時のWHOは人類の脅威としてパンデミックを宣言したが、実際は季節性のインフルエンザと大きく違わないことになり、欧州連合(EU)議会は「偽のパンデミックだった」とした。このWHOの意思決定には製薬会社の意向が働いたという指摘もあった。今回のテドロス事務局長は慎重な態度に出た。これは中国寄りの言動でなく、WHOの過去のトラウマがあったと推測する向きもあるが、多くはパンデミックの衝撃を緩めたいとする中国の裏工作が働いたと推測される。
その後、テドロス事務局長はタイミングを外すように「パンデミックだ」と表明した。WHOの公表の遅れについて、テドロス氏は「パンデミックはウイルスとの理不尽な恐れや戦いが終わったという根拠のない考え方を伝える可能性のある言葉だ」と述べているが、一般にはこうしたWHOの対応は正当化できないとの批判を受けている。多くの人びとは、裏工作が働いて、タイミングをずらす発言を中国政府がWHOに求めたのではないかと推測したようだ。
それに、もう一つの見方によると、テドロス氏がエチオピア人であると指摘する人は、目下、親密な中国とエチオピアとの関係が背景にあるのではないかと言う。エチオピアでは、道路、鉄道などのインフラ建設のみならず、中国企業進出の規模も大きい。

病原体をもつ「豚」と「アヒル」

 それでは、新型コロナを追跡してカリフォルニア大学教授のジャレド・ダイアモンド博士に登場してもらおう。博士は著書『銃・病原菌・鉄』(草思社)の中で「人間だけがかかる集団感染症は、人類全体の人口が増加し、人びとが寄り集まり、集団を形成して暮らすようになった時点で出現した。こうした集団感染症は、いったいどのように誕生し、人間だけがかかるようになったのだろうか」と問題提起し、次のように述べている。
人間特有の病気を引き起こす病原菌には、分子生物学的に近い近縁種が存在し、それらは家畜やペットだけに集団感染症を引き起こす。しかし、すべての種類の動物がこうした集団感染症にかかるわけではない。この種の病気にかかるのは、人間の場合と同様に、病原菌が生き延びることのできる規模の集団を維持できる“群居性”の動物だけである。つまり、牛や豚などの群居性の動物が家畜化された時に、集団感染症の病原菌がはびこっていたことになる。
たとえば、牛の間で猛烈に伝染する牛疫のウイルスは、人間の麻疹ウイルスに非常に近いが、反芻動物にしか感染しない。また、人間の麻疹ウイルスが牛に感染することもない。この二つのウイルスの類似性は、人間の麻疹ウイルスが牛疫ウイルスから進化したことを示唆している。恐らく牛から人間にうつった牛疫ウイルスが人間の体内という新しい環境に適応できるように、いくつかの属性を変化させ、人間の麻疹ウイルスへと進化したのだろう。
博士はこう述べて「麻疹以外にも、人間がよく感染する病気に似た病気が家畜化された動物の間に存在している」と指摘する。注目すべきは人間の病気としてのインフルエンザに最も近い病原体をもつ家畜として「豚」「アヒル」をあげている。これは筆者の独断だが、今回の新型コロナの発生源となった武漢周辺の農村風景が思い出される。どの農家でも豚を飼育し、食用アヒルがそこらに群れ遊んでいる。まさに、インフルエンザに最も近い病原体をもった家畜がそこにいることになる。ちなみに、麻疹、結核、天然痘などは主に畜類(牛疫)などが人間の病原体に近い病原体を持っているようだ。
そう考えると、武漢発の新型コロナは現実味を増してくる。さらに、博士は近代の産物としての病原菌としてインフルエンザ、風邪、百日咳を挙げ、その強力な伝播力に注目している。人間の免疫防御をもってしても、侵入を防ぐことができないものがある。それがインフルエンザで、人間の抗体が認識する抗原と呼ばれる部分を変化させ、人間の免疫システムをだます。
こうして、インフルエンザは新しく登場すると言う。2年前にインフルエンザにかかった人も、新種のウイルスであればそのウイルスに対する抗体を持たない。それを今回の新型コロナが物語っている。人類は貧富の別なく見えない敵に脅かされ続けている。

国際開発ジャーナル主幹 荒木光弥

『国際開発ジャーナル』2020年5月号掲載記事

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

Positive SSL Wildcard