国際開発ジャーナル社 International Development Journal

あなたと世界をつなぐ国際協力Station 国際協調、途上国の貧困救済援助・国造り・人造り援助などの考え方を普及します

〒113-0034 東京都文京区湯島2-2-6 フジヤミウラビル8F 電話番号:03-5615-9670 FAX番号:03-5615-9671

2021.04.06

途上国援助 歴史の証言 2010年代

book-202104-01

中国の台頭で混迷の援助潮流 「南北問題」の終焉から新たな展開へ

SDGs(持続可能な開発目標)を目指す世界の援助動向を総括しながら、わが国ODAの現状と未来を解説。

目次

[推薦の言葉]

[はじめに]2010年代の総括

[1]世界の援助潮流/[2]途上国援助の政策議論

[3]ODAの現場/[4]中国の援助戦略

[5]アフリカ援助の動向/[6]ODAの知恵袋

[あとがき]

四六判/478頁/ISBN978-4-87539-812-7 C0030

定価:3,850円(本体3,500円+税)

2020.08.25

カラーグラビアで見る日本の有償資金協力

book-202008-01

月刊『国際開発ジャーナル』で連載しているカラーグラビアのコーナー「プロジェクトフォーカス」の中から、有償資金協力(円借款)プロジェクトの紹介記事を一冊にまとめました!

2019年発行の『カラーグラビアで見る日本の無償資金協力』に続くシリーズ第2弾。

近年の円借款の代表的なプロジェクトを、分野ごとに紹介しています。

国際協力機構(JICA)の協力により、2010年~2019年の全承諾案件のリストも一挙掲載!

A4変形/80頁/ISBN978-4-87539-808-0 C0030

定価:本体2,500円+税

2020.08.11

国際緊急人道支援のキャリアと仕事 -人の命と生活を守るために-

book-202004-02

 

国際協力・国際機関人材育成シリーズ 3

国際緊急人道支援のキャリアと仕事

-人の命と生活を守るために-

編集 上智大学総合人間科学部教授 小松太郎

今日、人々の生命・生活が脅かされる人道的危機(紛争、自然災害、感染症、等)は世界中で起きており、その対応が急がれている。2015年には国連の主導により初の「世界人道支援サミット」がイスタンブールで開催されたのは記憶に新しい。2018年には世界で難民・避難民の数は過去最高となり、国内でも自然災害が頻繁に起きており、緊急人道支援に関わる人材の育成が急がれている。一方で、緊急人道支援のキャリアや実際の仕事の中身については、開発援助等の国際協力に比べて、情報は十分ではない。本書では、緊急人道支援のキャリアパスおよび現場レベルの仕事の幅と深さを理解することができる。

【目次】

第1章  最前線にいる人々を支えることで「人道支援」に貢献する/須原敦

第2章  世界に羽ばたく日本発の国際緊急人道支援調整エキスパート/勝部司

第3章  日本から人道支援の現場を支える仕事/冨田麻美子

第4章  現場に発し、何でも手がける/斎藤之弥

第5章  世界平和のすゝめ(多様な関わり方)/五十嵐豪

第6章  教育開発の現場から子どもを守る緊急人道支援へ/塩畑真里子

第7章  難民問題との出会い―ルワンダの現場が原点に/河原直美

第8章  人道危機と復興の先を見据えて―子どもを誰一人取り残さない未来を目指して/根本巳欧

第9章  学びと実践:子どもたちに図書を届けるまで/三宅隆史

第10章 日本の高齢者介護と中東の難民支援は別物か?~支援する仕事を行き来する関わり方/川越東弥

第11章 「よい支援とは?」正解のない問いに向き合い続ける覚悟/木村万里子

第12章 「We Deliver~必ず支援を届けます」/忍足謙朗

第13章 学ぶこと・教えることの意味を緊急人道支援を通じて考える/小松太郎

編集:小松太郎/四六判/204頁/SBN978-4-87539-806-6 C0030 定価:本体1,000円+税

港湾セクターPPPの理論と実践

book-201907-01

 

本邦初の海外における港湾セクターPPPの実務書

港湾セクターPPPの理論と実践

開発途上国におけるPPP法制度、コンセッション計画、入札から契約まで理論と手法を、事例を踏まえ詳解

渥美坂井法律事務所・外国事業協同事業

パートナー弁護士 前田博 氏 推薦

国内のPFI、PPPの解説書は少なからず出版されているが、法制度・慣習の異なる海外でのPPPプロジェクトにすぐに役立つ実践書は数少ない。

私自身も著者の方々といくつかのプロジェクトに参加させていただいたが、行政・港運・海運・建設・財務といずれの分野も海外での実務経験豊富な皆さんから多くの触発を受けた。

本書は、港湾プロジェクトのみならず、海外での各種PPPプロジェクトに携わる人たちにとって、示唆に富んだまさに必携の書である。

【目次】

Ⅰ.港湾PPP概論

Ⅱ.港湾PPPプロジェクトの候補案件の検討

Ⅲ.事業計画の検討(F/Sレベル)

Ⅳ.Due Diligence

Ⅴ.入札手順とプロポーザル

用語解説

B5判/256頁/ISBN 978-4-87539-803-5 C0030

定価:本体3,000円+税

2020.04.22

国際協力コンサルタント便覧

book-202004-01

海外展開やSDGsビジネス支援事業に挑む民間企業関係者 必携の1冊!

国際協力コンサルタント便覧

中小企業の海外展開事業を「伴走型」で支援するコンサルタントを分かりやすく整理しました。

この1冊から良きパートナーをぜひ見つけてください!

<主な構成・内容>

◆国際協力コンサルタント43社を紹介

・民間企業の海外展開事業やSDGsビジネス支援に意欲を燃やすコンサルティング企業43社の「企業支援担当者」「サービスの特徴」「得意分野・国」「主な実績」などをコンパクトに紹介。相談したいと思ったら、すぐにアプローチできます。

◆主な民間企業海外展開支援制度と取組み

・企業の海外展開を支援する主な公的支援制度を紹介

◆資料編 ~JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業を中心に

◆分野別 登録コンサルタント索引

・分野別に登録コンサルタントを整理しています。分野別にお探しのコンサルタントを見つけてください。

A5判/154頁/ISBN978-4-87539-807-3 C0030

定価:本体2,000円+税

2019.04.08

カラーグラビアで見る日本の無償資金協力

book-201903-01

『国際開発ジャーナル』で連載してきたカラーグラビアのコーナー「プロジェクトフォーカス」の中から、無償資金協力プロジェクトの紹介記事を一冊にまとめました!!

日本の代表的なODAプロジェクトが一目でわかります。

2008年~2018年の全G/A署名案件のリストも一挙掲載!

A4変形/108頁/ISBN978-4-87539-802-8 C0030

定価:本体2,500円+税

2018.08.16

世界銀行ダイアリー

book-201804-01

国際協力・国際機関人材育成シリーズ 1

世界銀行ダイアリー -グローバルキャリアのすすめ-

上智大学国際協力人材育成センター客員所員/元世界銀行主席都市専門官 鈴木博明著

「世界銀行ダイアリー」は国際機関等でグロ-バルキャリアを目指す人たちの必読の書といえよう。政府開発援助機関、マネージメントコンサルティング企業、世銀等の開発援助の現場で40年近く活躍してきた著者は、本書で世銀の第一線のプロジェクトマネージャーの体験を克明に書き綴った。最終章には、これらの体験に基づき、国際機関で必要とされる専門能力、語学力、精神力、体力等をどのように養っていくかについての、具体的かつ実践的なアドバイスがまとめられている。

【目次】

第1章 ワシントンDCまで、世銀に繋がっていった外国への興味/第2章 世界銀行就活、あの手この手でワシントンDCへ/第3章 満を持して世界銀行本部へ、でもピンチの連続/第4章 バレーボールから生まれたブルキナファソQCCプロジェクト/第5章 背水の陣、OECFから世銀に転籍/第6章 インド石炭セクター改革プロジェクト、虎穴に入らずんば虎子を得ず/第7章 インドタミルナド都市開発基金、都市開発に取り組む/第8章 中国柳州市環境プロジェクト、中国の環境問題に取り組む/第9章 中国四川都市開発プロジェクト、中国の住民移転問題を解決/第10章 Eco Cities, 持続可能な都市を目指しリサーチに取り組む/第11章 心身の健康を支えてくれた剣道メイドインUSA/第12章 転換期の世界と日本の明日/第13章 国際機関で働くための心構えと準備

著者 鈴木博明/四六判/184頁/ISBN978-4-87539-098-5 C0030 定価:本体1,000円+税

日本の進む道

book-201804-02

経済学部非常勤講師最終講義 日本の進む道

橋本強司著

学習院大学経済学部の非常勤講師を16年間務めた開発コンサルタントが、その経験と実績に照らして技術協力・技術革新を論じ、人を不幸にする「力の文明」ではなく、人を幸せにする「美の文明」に貢献する技術協力・技術革新にこそ、混迷する世界情勢の中で「日本の進む道」があると提示する。

≪目次≫

第Ⅰ部 経済発展と技術革新:第1章 技術革新について考えてみよう/第2章 技術とは経済発展とは何だろう/第3章 技術協力はなぜ必要なのだろう/第4章 これからの技術革新はどこに向かうのだろう/第5章 新しい開発モデルはなぜ必要なのだろう/第6章 産業クラスターがカギを握る

第Ⅱ部 日本の進む道:第7章 新しい世界秩序を展望してみよう/第8章 日本の持つ優位性は何だろうか/第9章 日本の開発協力はどうあるべきか/第10章 日本の進む道

著者 橋本強司/四六判/252頁/ISBN978-4-87539-099-2 C0230 定価:本体1,300円+税

Next »

Positive SSL Wildcard