『国際開発ジャーナル』誌とは

国際開発ジャーナル』誌とは

backno

journal-201510-01

「国際開発ジャーナル」誌は、1967年に創刊されて以来、53年にわたって日本で国際開発に関する国内外の動きを報道してきた、日本で唯一の国際協力専門誌です。貧困問題や紛争、環境破壊など、地球規模のさまざまな課題について、独自の視点で分析・解説・提言を行い、国際開発を中心にこの分野のオピニオンリーダーとして新しい地平を切り開いてきました。

その範囲は、日本の政府開発援助(ODA)の理念や政策、制度、実施状況のみならず、NGOやNPO、地方自治体、大学、民間企業など幅広い国内のアクターに加え、国際機関・国際金融機関などのマルチドナーやDAC(開発援助委員会)加盟国、新興国などのバイドナー、国際NGOや民間財団なども広くカバーしています。

外務省をはじめ、国際協力機構(JICA)や国連諸機関をはじめとする援助実施機関スタッフ、途上国ビジネスに関わる開発コンサルタントや大手商社、メーカー、ゼネコン社員のほか、大学、NGO、自治体、教員、研究者、国際協力を学ぶ学生などに広く読まれています。

【発行概要】

創刊:1967年11月
発行日:毎月1日
体裁:A4変型 84頁
定価:1冊1,000円(本体)、年間購読12,000円、学割5000円

デジタル版は(株)富士山マガジンサービス経由で販売しています。
 
『国際開発ジャーナル』の歴史
国際開発ジャーナルは、創刊の1967年から今日(2020年)までの50年余りで、タブロイド新聞、雑誌(旬刊、月2回、そして月刊)へと大きく変貌しています。年々、号を重ねるたびに編集内容は洗練され、刷新されてきました。

[1] 創刊:1967年11月20日
「タブロイド新聞」(月刊)、1967年11月~1971年10月(4年)
[2] 「雑誌」(旬刊)、1971年10月~1974年2月(2年5カ月)
[3] 「雑誌」(月2回)、1974年2月~1976年6月(2年5カ月)
[4] 「雑誌」(月刊)、1976年7月~現在まで(約44年)

『国際開発ジャーナル』誌の特色

「現場主義」と「政策提言」

本誌の特徴は、徹底した「現場主義」にあります。開発途上国の現場、政策立案・実施の現場に立脚した誌面づくりを行っています。また、こうしたさまざまな援助の現場からの声を日本の援助政策にフィードバックすべく、これまでオピニオンリーダーとして数々の政策を提言。その結果、「官民連携」や「国際協力への市民参加」といった近年の大きな政策潮流の形成に少なからず貢献してきました。

 創刊から1970年代は本誌のイメージが定着せず、一種の“漂流する時代”でした。その後、1967年から1980年までの13年間は、アジア経済研究所動向分析部の協力を得て、特にアジア地域の政治、経済、社会に焦点を当てた地域情報分析記事、いわばカントリー・スタディーを発信することを通じて開発問題と日本の経済協力(ODA)について報道しました。

1980年代からは、本格的に開発途上国の経済・社会開発に重点を置いたODAに編集の力点を置くようになりました。具体的には、日本政府のODA政策を中心に、アジアにおける開発問題などを扱ってきました。

1990年代以降も一貫して国際協力分野の専門誌としてのスタンスを堅持してきたことから、本誌は、一層、大きな評判を得るようになりました。それにともない、編集主幹は政府や民間の各団体の理事を務めたり、ODA委員会のメンバーなどとしても出番が多くなりました。

編集方針

ODAの政策から実施までの情報や国際機関の政策動向、開発コンサルタントの戦略や受注動向などを分析・発信すると同時に、近年の途上国開発における民間資金の拡大傾向を踏まえ、開発業界のみならず、商社やメーカー、海外展開を図る中小企業などの民間セクターの途上国開発や投資事業、あるいは官民連携プロジェクトの動向た大学の取り組みについても積極的に取り上げていきます。

また、途上国政府の開発計画に加え、新興国、中進国、資源国、あるいはアジアインフラ投資銀行(AIIB)やBRICS銀行といった時事的な動きについても追跡し、「開発」の文脈から広く世界の潮流や動向を読み解くことで読者の関心に応えるとともに、この分野の「開発論調を創る」ことを目指します。

編集体制

発行人    末森 満
編集主幹   荒木 光弥
編集長代理  川田 沙姫

論説委員(50音順)
池上 清子 氏 (長崎大学大学院教授/プラン・インターナショナル・ジャパン 理事長)
大野 泉 氏 (政策研究大学院大学 教授)
木村 福成 氏(慶應義塾大学 経済学部 教授)
木村 亮 氏 (京都大学大学院 工学研究科 教授)
角南 篤 氏 (笹川平和財団 理事長)
橋本 強司 氏((株)レックス・インターナショナル 代表取締役)
平野 克己 氏(アジア経済研究所 地域研究センター 上席主任調査研究員)
深川 由紀子 氏(早稲田大学大学院 教授)
長山 勝英 氏((株)アルメックVPI 代表取締役)

『IDJ English』 (国際開発ジャーナルの英文電子版)
「国際開発ジャーナル」誌に掲載された記事の一部抜粋し英文化したものを『IDJ English』として、弊社ホームページ「国際協力Station」https://www.idj.co.jp/?page_id=7102で発信しております。
選ばれた記事は英文と和文の両方を同時に掲載しておりますので、海外でのカウンターパートやナショナルスタッフへの説明、また語学学習等にも活用していただけます。

Positive SSL Wildcard