国際協力キャリアフェアプログラム(2017)

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

 

【Seminar】

 

★(同)適材適所
10:00~11:00 キックオフ講座
【キャリア形成セミナー/国際協力業界への就職を実現するために】

———————————————
国際開発コンサルタント「適材適所」代表社員で、
プロのキャリアカウンセラーである立山桂司氏によるキックオフ講座。
ズバリ、国際協力業界への就職、道筋を指南します!
———————————————

★(株)国際開発ジャーナル社

10:00~10:30【国際協力キャリアフェアの歩き方】

「国際協力キャリアガイド2017-18」を活用しながら
本イベントの活用方法を中心に
国際協力業界の概要をご説明いたします

 

《その他セミナー開催団体・機関》

セミナータイトル等は随時更新します。
ご期待ください!
(2017年10月20日現在)

政府機関・国連機関

★外務省国際機関人事センター
11:10~12:10【国連職員になる方法説明会(基礎編)】
今回キャリアフェアに来られた方の中には、
国連などで働くことに興味があっても、
どうやって就職のステップを踏むのか分からない方も
いらっしゃると思いますので、今回のセミナーでは、
原点に戻って、初級者向けに基礎的なことをお話していきます。

 

★(独)国際協力機構(JICA)
13:10~14:10【JICAアワー2017】
国際協力の全体像を説明します。
国際協力業界のアクター、仕事全般について紹介し、
キャリアパスや求められる資質 と能力について解説します。
JICAの専門家、ボランティア、職員の異なる働き方、役割についても
理解を深めていただける内容です。

 

★世界銀行グループ
 12:20~13:00【世界銀行で働く】
世界銀行グループは、2030年までに極度の貧困をなくし、
各国の下位40%の人々の所得を引き上げて繁栄の共有を促進するという
2つの目標を掲げています。
この目標のため、高い専門性と十分な実務経験を持つ人材を募集しています。
セミナーでは、世界銀行グループの採用プログラムをご紹介します。

 

★内閣府国際平和協力本部事務局
13:55~14:25【内閣府国際平和協力研究員制度の紹介】
国際平和協力本部(本部長は内閣総理大臣)は、
国際平和協力法で規定される、
「国際平和協力業務」(国連平和維持活動に対する協力、人道的な国際救援活動、
および国際的な選挙監視活動への協力)や、
これらの活動に協力するため「物資協力」の実施を担当しています。
事務局は、これら国際平和協力本部の事務の処理を行います。

 

★(公社)青年海外協力協会(JOCA)
15:30~16:15【国際協力で世界と人生を変えよう!】
青年海外協力隊に参加したい、JICAボランティア調査員になりたい等、
将来にわたり国際協力の仕事を続けていきたいと考えている方に、
当会がどのような取り組みをしているか、キャリアパスも含めてご説明します。

 

開発コンサルティング企業

★(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)
11:10~12:10【開発コンサルタントの仕事と就職を考える】
開発コンサルタントの概要の他、
現役の「開発コンサルタント」が途上国における
開発コンサルタントの仕事や生活、キャリアパス等をお話します。

 

★アイ・シー・ネット㈱
12:20~12:50開発コンサルタントの仕事と求める人材】
当社は国際協力プロジェクトを担う開発援助コンサルタントの会社です。
途上国の農業・教育・環境・保健・行政・地域振興など
「人や地域を育てる」分野でコンサルティングを行っております。
セミナーでは、弊社企業説明や業務内容、採用情報等について
説明をさせていただきます。

 

15:10~16:10【開発途上国の社会課題を解決するビジネスの可能性】
SDGsへの関心が高まる中、民間セクターがグローバルな社会課題に対して
果たす役割に大きな期待が寄せられています。
本セミナーでは、アイ・シー・ネット株式会社が行う
民間セクター主導の社会課題解決について事例を交えながら、
その可能性についてお話します。

 

 

大学院

★広島大学大学院 国際協力研究科
13:10~13:40【国境を越えた新たな学びのスタイル】
当研究科では社会人経験者など多様な学生が学んでいます。
JICA-JOCVと連携したプログラム、日米複数学位(修士号)プログラムなどの
特色ある教育プログラムについて紹介します。個別の質問にも応じます。

 

★広島大学大学院 たおやかで平和な共生社会創生プログラム
13:40~14:10多文化共生社会を実現するグローバルリーダーに
広島大学大学院「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」は、
従来の学問分野や国籍の壁を取り払い、南アジア地域や中四国地域といった
条件不利地域の課題を解決できるグローバル人材の育成を目指す
博士課程前期・後期一貫の大学院プログラムです。
セミナーでは、プログラムの特徴である、
中四国及び南アジアをフィールドとしたオンサイト教育、
オンサイト・リバースイノベーションとは何かに焦点を当てながら、
プログラムコンセプト、カリキュラム、学生支援についてご説明します。

 

★津田塾大学
12:30~13:00【津田塾大学「Global Education and Sustainable Development Program」】
津田塾大学オープンユニバーシティ
「Global Education and Sustainable Development Program」では、
実務に沿った専門知識、コミュニケーション能力、語学力の養成を目的とし、
国際機関・国際協力分野で通用する高度な英語を指導します。

 

★東洋英和女学院大学大学院
14:20~14:50【グローバル&ポータブル・キャリアとは?】
実務と大学との間、日本と海外との間を行き来した、
ロールモデルのない自身の25年のキャリアを振り返り、
フィールドで役立つグローバル&ポータブル・キャリアとは何かについて語ります。
学歴だけでなく、国内外かかわらず、
フィールド現場で「使える」人材になるためには何が必要か、
皆さんのキャリア形成のヒントになればと思います。

 

★九州大学大学院 地球社会統合科学府
11:50~12:20【国際協力キャリアと大学院】
われわれが暮らす現代世界は様々な問題に直面しています。
九州大学大学院地球社会統合科学府は、
現代世界が直面する諸課題の根本的な原因(root cause)を解明し、
課題を解決へと導くことができる人材を養成することを目的とした
「学際的」大学院です。
世界の現場で様々な課題を解決する人材になるために、
大学院ではどのようなことを学べばよいのか。
そして、大学院はどのようなスキルを提供できるのか。
九州大学大学院地球社会統合科学府での取り組みを紹介します。

 

★横浜国立大学大学院 国際社会科学府 国際開発ガバナンスEP
15:00~15:30【国際開発の本質を見る眼を獲得する:大学院進学という選択の意味】
横浜国立大学では2016年度より「国際開発ガバナンス教育プログラム」が新設されました。
同プログラムは、途上国の国づくりの根幹であるガバナンス分野の専門家という
キャリア選択の可能性を広げられる教育になります。
セミナーでは、国際協力のキャリアにはどんな種類があるのか、
そこに到達するにはいかなるパスがあるのか、
そのプロセスで大学院への進学はどのような意味があるのか。
横浜国立大学大学院を事例にしつつ、
国際協力の世界で生きていくために本当に必要なことを伝授します。

 

NGO・その他

★プロジェクトアブロード
14:35~15:20プロジェクトアブロード会社説明会】
プロジェクトアブロードは、
主に開発途上国で社会貢献活動をする機会を提供している国際的な団体。
参加者は毎年各国から約1万人にのぼり、
海外でのボランティアなどに興味がある学生や社会人が
世界約30カ国で活動。
セミナーではその活動内容等につきご説明をいたします。

 

★一般社団日本グローバル・イニシアティブ協会
13:00~13:45【国際協力・開発の主要機関を訪問:DCインターンシップ・プログラムの紹介】
国際協力・開発など多岐にわたる分野において、
世界をリードする多くの機関と機能が集積する
国際都市ワシントンDCにおいて、
世界基準の真のグローバル社会を体験する
世界トップレベルの実践型DCインターンシップ・プログラム。
今年の夏季研修に参加した学生の声を紹介します。

 

 

 

 

【Career Counseling】

毎年好評をいただいております、
国際協力業界に精通するプロフェッショナルによる
 個別キャリア相談を今年も開催いたします!

《カウンセラー紹介》

 

 kuwatayuriko
 桑田 百合子(くわた・ゆりこ)

キャリアカウンセラー資格とキャリアコンサルタント国家資格を取得し、
大学生の就職活動支援の活動にも関わってきました。
今回は国際開発の舞台で活躍したい方が対象となりますが、
みなさんの現状をしっかりと聞き、多様性と可能性を見つめながら、
今後のキャリアディベロップメントについて一緒に考えていきたいと思います。
よろしくお願いします!


立山 桂司
立山 桂司(たてやま・けいじ)

国際開発コンサルタント「適材適所LLC」代表社員。JCDA認定CDA(キャリア・カウンセラー)。
国際開発コンサルタントとして数多くのプロジェクトの実績があり、
同時に国際開発分野での若手人材育成のシステム作りや実践に積極的に関わり、
数多くの優秀な人材の輩出に大きく貢献してきた。
自己理解やコミュニケーションを進めるためのツールLIFOのオペレーションライセンスも取得しており
幅広いキャリア開発支援が可能である。
「当日は国際協力関連の書類選考と面接対策についてのセミナーも実施しますので、
いつでもお気軽にお声掛けください。」

 


山本 和美(やまもと・かずみ)
国家資格2級キャリア・コンサルティング技能士。JCDA認定CDA(キャリア・カウンセラー)。全国各地の大学で留学生向けの進路や就職活動の支援を中心としたキャリアカウンセリングに従事している。同時に地元の大学でも留学生や夜間学生など多様なバックグラウンドを持つ学生向けに進路・就職活動のセミナーおよびカウンセリングに協力してきた。「国際協力という大きく社会に貢献する目標を抱いている皆さんに心から寄り添い、丁寧なカウンセリングでお力になりたいと思います。」
 


山形 辰史(やまがた・たつふみ)
日本貿易振興機構アジア経済研究所 開発スクール(IDEAAS)事務局長・教授。慶応義塾大学経済学部卒。米国ロチェスター大学経済学博士。国際開発学会理事。専門は開発経済学、バングラデシュ経済、障害と開発。1990年よりIDEASで経済学、数学、統計学を教えると同時に、研修生の進路指導を行っている。国連機関、世界銀行、NGO、JICA、コンサルティング会社、大学等で活躍するIDEAS修了生に進路指導をした経験を持つ。IDEASの多様な修了生のキャリア形成経験を踏まえ、当フェア参加者にアドバイスする。開発専門家としてどのような職がどこの機関にあるのか、またそのような職を得るために何をどこで学ぶべきか、といった相談に乗る。
 

磯 智明(いそ・ともあき)

(一社)国際交流サービス協会 GC認定事務局次長。2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)。
海外安全・危機管理者(JOEA)。産業カウンセラー(JAICO)。
JICA国際協力人材赴任前研修等の実施運営や外務省在外公館派遣員等の選考業務に携わる。
GC認定(グローバル・コミュニケーション能力認定)の視点から、相談に応じます。
http://ihcsa-gc-nintei.com/


末森満
末森 満(すえもり・みつる)

(株)国際開発ジャーナル社代表取締役社長。
大学卒業(1976年)とともにJICAに入り、38年間国際協力事業に携わり、
人間開発部長、アジア部長、理事長室長、上級審議役を歴任。
これまでにケニヤの駐在を含め50ケ国以上で開発調査やプロジェクト関連調査などに従事。
現在は宮崎大学客員教授、民間の役員などを兼務している。


izumi

和泉 隆一(いずみ・りゅういち)

国際開発ジャーナル社営業企画部部長。
国際協力分野の総合ガイドブック「国際協力ガイド」創刊時の中心メンバー。
「働く」「学ぶ」「ボランティア」の3つの視点から、総合相談に応じます。
職場については、特に開発コンサルティング企業への就職対策についてアドバイスしていきます。


玉懸 光枝
玉懸 光枝(たまがけ・みつえ)

月刊『「国際開発ジャーナル」編集長。
2001年より約5年間、カンボジアの日本大使館やJICA事務所で勤務。
06年より同誌に移り、国際協力に関し取材を行う。
最近は、BOPビジネスをはじめ、社会課題の解決に向けた企業や大学の取り組み、
国際的な援助潮流の議論なども継続的に追っている。

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア