国際開発ジャーナル社 International Development Journal

あなたと世界をつなぐ国際協力Station 国際協調、途上国の貧困救済援助・国造り・人造り援助などの考え方を普及します

〒113-0034 東京都文京区湯島2-2-6 フジヤミウラビル8F 電話番号:03-5615-9670 FAX番号:03-5615-9671

2017.05.08

平和構築セミナー「フィリピン・ミンダナオ和平と日本の貢献」

フィリピン南部ミンダナオ島で1970年代から続いたイスラム武装勢力と政府軍の衝突が終息し、自治政府樹立を目指す和平プロセスが現在進んでいます。

 

そこで、この度、紛争影響地域における平和構築を通じた日本のこれまでの貢献と日本企業による経済開発の可能性についてのセミナーを行います。

 

現在、長期にわたり現地取材を行っている弊社の編集委員、現地業務に携わる民間企業の方、フィリピン研究者、JICA平和構築担当職員・専門家など、様々な視点からミンダナオ島と日本の関わりについてディスカッションが行われます。

【セミナー詳細】

日時:6月7日(水)18:00~20:00(開場17:30)

会場:上智大学四谷キャンパス2号館17階 国際会議場

お申し込みは下記URLか画像のQRコードよりお願いいたします。

http://eipo.jp/sophia/seminars/

お問い合わせ:上智大学国際協力人材育成センター

tel:03-3238-4687

mail:hrc-ic@cl.sophia.ac.jp

 

2017.03.09

【Mindanao便り】コラム コタバトの味

東南アジアのスパイシーなエスニック料理は日本でも人気がありますが、
残念ながらフィリピン料理の評判は余り良くありません。
しかし、イスラム教徒が多数居住するミンダナオ島南西部のバンサモロ地域に通っていると、
シーフード料理など日本人の味覚に合う料理が少なくないことに気付きます。

 

 

バンサモロの中心都市コタバトには、作り置きの料理を並べたローカル食堂があちこちにあります。
イスラム教でタブーとされる豚肉料理はなく、サンミゲル・ビールも置いていませんが、
鶏のローストや牛肉の煮込み、マグロのカマ焼き、
イカの墨煮、魚スープ、数種類の野菜料理などメニューは豊富です。
アサリ時雨煮のような貝のココナツ煮、トコロテンの原料テングサの酢の物などは、
そのまま和食に通じる味わいがあります。

何と言ってもお勧めは「キニラウ」でしょうか。

生のマグロの切り身と香味野菜を酢で和えたマリネのような一皿で、要するに鮮魚の酢じめです。
中南米の「セビチェ」にも似ていますが、このキニラウはミンダナオ発祥と言われています。

 

コタバトの市場では、目の前のモロ湾で水揚げされた新鮮な魚介類、
淡水のナマズやティラピアなどを売っていますが、
ある時、妙なものを発見しました。

「魚の麹漬」あるいは「馴れずし」です。

 

カツオと思しき切り身に米飯をまぶし、塩と甘味を加えて漬け込んだ発酵食品で、
琵琶湖名産の鮒寿司のようにも、西京漬や粕漬のようにも見えます。
試しに買って帰り、レストランで焼いてもらったのですが、
塩気が強くて硬く、まあ“珍味”というか、期待したほどの味ではありませんでした。
中国南部や東南アジアでは、伝統的な魚肉の保存法として馴れずしが知られており、
それがバンサモロ地域にも残っているのでしょう。
何度か試せば、おいしいものに当たるかも知れません。

 

ところで、コタバトの食堂には「豚肉料理はない」と書きましたが、
街中でギョッとする光景を見かけました。

何とフィリピン名物「レチョン」(子豚の丸焼き)を売っているではありませんか……。

 

コタバトはイスラム文化が色濃く浸透した町ですが、
フィリピン全体で圧倒的多数派のカトリック教徒や中国系住民も住んでいるので、
原理主義的な息苦しさはありません。

とはいえ、子豚が丸ごと切り刻まれている店の前を、
イスラムのスカーフを被った女の子たちが通り過ぎて行くのを見ると、
寛容というか緩いというか、何だか不思議な気分になります。

 


*「Mindanao便り」は月刊『国際開発ジャーナル』にて連載中です

2016.11.14

IDJ読者サービスセミナー参加申し込み受付中

seminar

「国際協力事業の実施と安全対策 ~すべての事業関係者の安全を守るために

(株)国際開発ジャーナル社は12月7日(水)14:00から、IDJ読者サービスセミナーを開催します。今年度第2回目となる今回は「国際協力事業の実施と安全対策 ~すべての事業関係者の安全を守るために~」をテーマに、実施機関のJICAと、開発コンサルティング業界を代表する海外コンサルタンツ協会(ECFA)の担当者が現在の取り組み状況と具体的な対策内容、今後の課題などを報告します。すべての国際協力事業関係者にとって、まさに必須のセミナーとなります。奮ってご参加ください。プログラムなど開催概要は以下の通り。

 

[プログラム]

14:00~14:50  JICAの安全対策体制と国際協力事業

        独立行政法人 国際協力機構(JICA

        安全対策統括役 加藤 正明

14:50~15:00  質疑応答

15:00~15:50  開発コンサルティング業界の安全対策と課題

        一般社団法人 海外コンサルタンツ協会(ECFA

        安全対策分科会 副分科会長 小林 吉男

15:50~16:00 質疑応答

 

開催日 2016年12月7日(水) 14:00~16:00
会場 都道府県会館401会議室
東京都千代田区平河町2-6-3 TEL:03-5212-9162(管理部)
参加費 無料(月刊「国際開発ジャーナル」購読者限定、1社2名様まで参加可)
※ご購読されていない方にも、ご案内させていただいております。

定期購読をお申し込みいただければ、今回から無料でご参加可能です。

定員 約80名(定員になり次第締切)
申込締切 2016年11月30日(水)
申込方法 FAXもしくはメールでお申し込みください。
㈱国際開発ジャーナル社  FAX03-3221-5584  

             E-mailseminar2016@idj.co.jp

問合せ先 TEL:03-3221-5583  担当:寺山・中村

 

2016.10.25

【大学イベント情報】亜細亜大学国際交流センターより

 

アジア学長フォーラム

2016年10月31日(月)から11月2日(水)に
創立75周年を記念して、「アジア学長フォーラム2016」を開催します。
このフォーラムは、アジア諸国の大学間による情報及び専門的知識の交換と
国際的な学術交流の促進に関する議論を深める目的で開催されます。
今年度の開催が、第15回となります。

詳細は大学HPをご覧ください。

2016.10.20

【大学イベント情報】東洋大学国際共生社会研究センターより

平成28年度 国際シンポジウム
アフリカにおける開発と環境 ―技術と社会の連携を目指した人材育成―

SDGsの解決課題が多いアフリカの開発と環境に関し、技術と社会をどう連携させて人材育成を行うかについて議論します。
日時:2016年11月11日(金)13:00開演予定(12:30開場)
会場:東洋大学 白山キャンパス 井上円了ホール
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
共催:東洋大学学術研究推進センター、東洋大学大学院国際地域学研究科
後援:独立行政法人国際協力機構、アフリカ開発銀行アジア代表事務所
☆入場無料
☆日英同時通訳

詳細は大学HPをご覧ください。

2015.11.19

「難民対応に追われるヨーロッパ」国際協力キャリアフェア 大学院セミナー紹介!

「難民対応に追われるヨーロッパ」

東洋英和女学院大学大学院 国際協力研究科長 小久保康之教授

EU・ヨーロッパ諸国は、難民問題で大きく揺れています。北アフリカ・中東からの急増する不法難民に対する対応を誤れば、EU諸国全体への政治的影響は避けられません。EU諸国はどのようにして歩調を合わせて難民問題に対処しようとしているのか、現状を分析します。

国際協力キャリアフェアへの参加登録はこちら↓↓

http://www.idj.co.jp/?page_id=3183

2015.08.25

世界を照らす僕たちの手作り太陽電池パネル 高校生が挑んだ国際協力の記録

book_sunpanel
創立60周年記念事業として全校生徒で取り組んだ太陽電池パネルづくりがきっかけで「光プロジェクト」がスタート。目標は大気汚染が深刻化するモンゴルの高校に太陽光発電システムを設置し、その技術を現地の高校生に伝えること。その活動は「サステナタウン・プロジェ編/山形県東根工業高等学校 ものづくり委員会

2013.07.01

『UGANDA通信-北部復興支援の現場から-』関連セミナー開催[2013.07.01]

『UGANDA通信-北部復興支援の現場から-』関連セミナー開催!

名称:『UGANDA通信-北部復興支援の現場から-』-アフリカにおける平和構築とは
日時:2013年7月23日(火曜日)19時から21時
会場:JICA市ヶ谷ビル 6階 セミナールーム600【会場地図】
主催:JICA研究所、JICA地球ひろば

 アフリカ東部に位置するウガンダ共和国は、他のアフリカ諸国同様に、近年、都市部には車があふれ、経済成長著しい一方で、全国レベルでの貧困削減が課題となっており、特に北部のアチョリ地域は、過去20年以上にわたる反政府勢力との紛争の結果、住民の9割以上が国内避難民(IDP)としてキャンプでの生活を余儀なくされることとなり、基礎インフラ及び社会サービスを含む開発全体が南部と比べて大きく立ち後れてしまいました。

JICAはウガンダに対し、経済成長を通じた貧困削減と地域格差是正を柱に支援を行っており、北部地域においては、武装勢力がウガンダ国内から撤退していき、国内避難民(IDP)が2008年頃からキャンプから村に帰還し始めたのを受け、これらのIDPが帰還先の村で生活できるようになり、元児童兵や障害者等も帰還先のコミュニティで取り残されないようにしていくための平和構築への協力を、2009年から力を入れて実施している状況です。北部復興支援の様子や関係者の奮闘ぶりは、月刊誌『国際開発ジャーナル』で紹介されてきましたが、このたび、2年半にわたる連載を全話収録した『UGANDA通信-北部復興支援の現場から-』が、国際開発ジャーナル社から発行されました。そこで出版を記念し、ウガンダ北部の歴史や現状、同地域でのJICAの取り組みを2回シリーズで紹介するセミナーの第2弾です。

第1回は、映画「ウォー・ダンス」を題材にしたウガンダ国の概要説明でしたが、2回目となる今回は、『UGANDA通信』の執筆者やJICAのウガンダ北部復興支援に関わった方々をお招きし、ウガンダ北部の状況とJICAの復興支援への取り組みの様子、さらに周辺国も含めたアフリカ諸国を平和構築というキーワードで考えます。

まずセミナー前半では、『UGANDA通信』の舞台であるウガンダ北部地域にJICAが協力を開始するに至った経緯、当時の同地域の状況、協力内容、本協力の意義、そして現在の協力状況、現地の状況などをお話しいただきます。

後半は、ウガンダのみならずアフリカ諸国の現状や支援の現場を数多く知るパネリストが、アフリカにおける平和構築を切り口に参加者の皆さまの質問に答えながらパネルディスカッションを行います。

講師・パネリスト:
片山 祐美子氏(株式会社NTCインターナショナル 主任技師)
【略歴】京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修士号取得退学。現在は、主にコンゴ民主共和国やウガンダ北部の平和構築に係るJICAプロジェクトにおいて、紛争予防に配慮するための社会調査等のコンサルティング業務に従事。

中坪 央暁氏(国際開発ジャーナル編集委員)
【略歴】同志社大学(文化史学専攻)卒業。1987年毎日新聞社入社、大阪・東京両本社編集センター、外信部、ジャカルタ特派員、編集デスクなどを経て現職。インドネシア、東ティモール、アフガニスタン、パキスタン、ウガンダ、南スーダンなどの紛争地および平和構築支援の取材を重ねる。

畝 伊智朗(JICA理事長室長)
【略歴】筑波大学(教育学専攻)卒業。1981年JICA入団。外務省および会計検査院出向。在コートジボワール日本大使館、JICAケニア事務所、経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)事務局、JICA経済基盤開発部審議役、アフリカ部部長を経て現職。

小向 絵理(JICA国際協力専門員<平和構築>)
【略歴】NGO勤務を経て、スウェーデン・ウプサラ大学大学院平和紛争研究科修士課程修了。1998年からJICAの平和構築分野に関する業務(ルワンダ・カンボジア・ウガンダ、ミャンマー、ブルンジ、コロンビア、スリランカなど)に携わり、2005年ルワンダにJICA専門家として派遣。2008年より現職。

島田 具子(JICA経済基盤開発部 平和構築・都市・地域開発第一課)
【略歴】2002年JICA入団。2006年からJICAルワンダ事務所企画調査員として、平和構築や教育分野事業を担当。その後、イギリス・ヨーク大学戦後復興学コース修士課程修了。2010年から現職にて、JICAの平和構築方針や支援戦略を担当するとともに、ウガンダ、ブルンジ、ミャンマー、コートジボワール等の平和構築事業に従事。

モデレーター:室谷 龍太郎(JICA研究所 研究員)

※セミナー会場で『UGANDA通信-北部復興支援の現場から-』(国際開発ジャーナル社)の販売もいたします。

対象:ご興味のある方はどなたでも

定員:90名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

お問い合わせ:
JICA地球ひろば 地球案内デスク
電話番号: 0120-767278
Eメール: chikyuhiroba@jica.go.jp

Next »

Positive SSL Wildcard