画像

東京工業大学大学院 環境・社会理工学院 融合理工学系 地球環境共創コース

グローバルに活躍する理工系人材輩出

 東京工業大学は創立136年の歴史を持つ世界的水準の国立理工系総合大学だ。2016年4月、日本の大学では初めて学部と大学院を統一した「学院」を創設した。学士課程と修士課程、修士課程と博士後期課程の教育カリキュラムが継ぎ目なく設計された6つの学院(理学院、工学院、物質理工学院、情報理工学院、生命理工学院、環境・社会理工学院)では、意欲と能力のある学生は学士課程段階で修士課程、修士課程段階で博士後期課程の科目を先行して学修できる。

 環境・社会理工学院融合理工学系地球環境共創コース(大学院課程)では、工学的アプローチと人文・社会科学的アプローチを包括的に含む概念として「共創」を掲げ、研究対象となる地球規模の問題や都市・環境・国際開発などの課題について、グローバルな観点とミクロな観点からとらえる研究を推進している。ここで広い分野に対応できる「グローバルエンジニア」としての高度な力を身に付けた修了生は、国内外での活躍が期待されている。

 注目されるのは海外との幅広いネットワークだ。約40カ国に200校近くの学術交流協定締結大学があるほか、中国、タイ、フィリピンに海外拠点を構え、人材交流や遠隔教育プログラムを実施している。国際協力機構(JICA)との連携事業にも主導的に参画し、開発途上国の科学技術水準の向上に貢献している。

 

【教授の声】

環境・社会理工学院 融合理工学系
中崎 清彦 教授

<専門>
専門は環境生物工学。
研究室で開発された技術は国際特許を含む特許を多数取得

<分野融合のメリットは?>

 私の研究室では、バイオで環境問題を解決することを目的に、微生物を利用したバイオマスからの汎用化学原料の生産や資源リサイクルに関連したテーマで研究しています。無農薬で安心・安全な食料生産を可能にする「機能性コンポスト(堆肥)」の研究もその一つで、植物の病原菌をやっつける有効糸状菌を世界で初めて発見し、国際特許を取りました。私たちが目指すのは異分野の融合。開発した技術を国内外で広く普及するためには、住民の理解を得ることが必要です。融合理工系にはそうした問題に対応できる先生もいるので、知見を拝借しながら普及を図っていきます。

<修了生の進路は?>

 私の研究室では化学メーカーや食品メーカーに就職した修了生が多いですが、開発コンサルタントになった修了生もいます。就職先によらず、海外で活躍する機会が多くなるでしょうし、また、多くなって欲しいと願っています。コース全体で見たときの修了生の進路は極めて多様です。また、東工大が組織再編された2016年からは理系内のみならず文系との融合も進めていますので就職先はさらに多様化すると考えています。

 

【在校生の声】

環境・社会理工学院 融合理工学系 地球環境共創コース 
修士1年 氏家 大祐 さん

留学生の先輩に教わっています

 学部3年の後期に研究室に所属し、卒業研究と留学を自分で設計するカリキュラムになっています。私は中崎清彦教授の研究室に所属し、直ちに、大学のプログラムで半年間ドイツに留学しました。現在、生ごみのコンポスト(堆肥)化の研究に取り組んでいます。コンポスト中の微生物群の遺伝子を解析することでどんな微生物がどう働いているのかを明らかにし、超高速でコンポスト化する方法を探っています。本コースの学生の約半分は留学生で、講義はPBL課目も含めてすべて英語でおこなわれています。研究室の隣の席にはインドネシア人の先輩がいて、日々、彼女とディスカッションしながらから研究を進めていますが、英語でのコミュニケーション力がついてきたと感じています。コンポスト以外に、廃水処理にも興味があるので、将来は研究職だけではなく、水処理プラントを造る企業への就職も視野に入れています。

 

【イチオシ】

学士課程・教育プログラム

 融合理工学系は日本語コースと英語コース(GSEP)が同一のカリキュラムで開講され,学生は日本語・英語いずれの言語でも履修できる.幅広い科学技術分野を網羅した基礎科目に加えて,国際関係や経済、社会などを横断的に学ぶことができる。

コメントは停止中です。