画像

【ジュネーブ便り】自分の力をフルに生かせる職場

国際電気通信連合(ITU)
電気通信標準化局(TSB)
スタディーグループアドバイザー
太田 宏 さん

【太田さんのキャリアパス】
24歳 京都大学で電子工学の修士号を取得。
   日本電信電話(株)(NTT)に入社し、
   広帯域ネットワークの研究開発に従事
30歳 ITUの標準化会議に初めて参加
37歳 京都大学で工学の博士号を取得
46歳 ITUに出向
49歳 ITUに転職


(2015年には、トルコのイスタンブールで開催された通信の国際標準に関するワークショップに登壇した)

 国際電気通信連合 (ITU) はもともと万国電信連合として1865年に設立され、1947年に国連の専門機関になりました。現在は、無線通信に使用する電波の周波数を管理したり、電気通信に関する国際標準を作成したりするほか、開発途上国の電気通信分野の発展を支援しています。

 私は、電気通信標準化局(TSB)において、光ネットワークなどの通信インフラに関する標準規格を作成する研究グループのアドバイザーとして、電気通信分野における重要課題の標準化を促進したり、他の標準化団体との連携を強化したりしています。また、各国の関係者を招集して約9カ月に一度開催される標準化会議では、議長をサポートしたり、議論が紛糾した際に関係者を集めて解決策を見出したりしながら、業界に求められる標準規格のタイムリーな作成に努めています。そのほか、小規模な中間会合や電話会議なども支援しています。

 通信規格が標準化されれば、共通の通信装置や端末を世界中で使えるようになり、国際間の通信コストを抑えられます。また、情報の行き来が容易になれば、開発途上国の産業発展や教育改善などにもつながります。そのため、私たちは各国でワークショップを開催し、知識の普及や、標準化会議への参加促進にも取り組んでいます。

 私は大学卒業後、NTTに入社し、広帯域(ブロードバンド)ネットワークの構築に携わりました。自分たちの開発した技術を国際的な標準規格に盛り込むために、ITUなどの標準化会議に参加したこともあります。

 2009年からはITUに出向し、標準化会議の運営業務などに携わりましたが、多様な国の人たちと協力して業務を遂行する中で、「こここそが自分の技術的知識や語学力、標準化に関する経験をフルに生かせる職場だ」との思いを強くし、転職を決意。11年にITUの正職員となりました。

 多様な国籍、経験を持つ人々が働く国際機関では、戸惑うことも多々あります。私自身、ワークショップを企画開催する際、最初は関連組織の事情などでなかなか準備が進まず、いらだったことが何度もありました。しかし、最後は各人が個性や強みを生かして持ち場で貢献し、予想以上に優れたイベントとなり、高い評価をいただいた経験がたびたびあります。状況にもよりますが、関係者を信頼して任務遂行に当たることで、良い結果が得られると感じています。

 もっとも、近年はインターネットが発展し、友人と連絡を取ったり、情報や物品を入手したりすることも含め、外国暮らしもかなり楽になっているように思います。

 ITUを含め、国際機関へ就職するには、厳しい競争をくぐり抜ける必要があります。採用されるためには、出向やインターン、外務省のジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)などの枠組みを活用し、就職したい組織で有期雇用の形で働くなど、自分を知ってもらうことも有効です。

(出典:『国際開発ジャーナル』2017年3月号)

コメントは停止中です。