画像

【大学の国際化最前線】九州大学大学院 工学府 地球資源システム工学専攻

世界の資源工学の教育拠点 北大との新プログラムも

kyushushigen
(インドネシアのジャワ島西部にあるチバリオン金鉱床の地表調査)

【早期から国際化進める】

 「資源工学は、国際化しないと生き残れない分野。それゆえ、われわれは他大学に先駆けて海外に関する取り組みを進めてきた」。九州大学大学院の工学研究院地球資源システム工学部門の渡邊公一郎教授は、こう言い切る。

 大学院の工学府地球資源システム工学専攻は、鉱物やエネルギー資源の開発に関する教育と研究を行っており、特に地熱分野では多くの人材を輩出している。しかし、国内にはエネルギー資源が少ないため、早期から海外の資源国との接点を強化してきた。

 代表的な取り組みが、1987年に始めた海外インターンシップだ。学部生も含め、毎年2~5人程度をフィリピンの石炭鉱山やニュージーランドの地熱発電所など、世界各地の資源開発の現場に派遣、約2週間の実習を行っている。これまでに参加した学生はすでに200人を超える。「近年は他大学も海外インターンシップに取り組んでいるが、われわれがそのモデルになったと自負している」(渡邊教授)。

 また、2003年には東南アジアの産業人材の育成を目指して設立された「アセアン工学系高等教育ネットワーク(AUN/SEED-Net)」に参加。インドネシアなど東南アジアの資源国から、多くの留学生を受け入れている。また、九州大学全体では、文部科学省の「国際化拠点整備事業(グローバル30)」を経て「スーパーグローバル大学創成支援」にも採択されるなど、まさに“国際化の雄”と言える存在感を放っている。

【留学生の受け入れを拡大】

 さらに昨年は、主にアフリカ諸国を対象に国際協力機構(JICA)が実施する資源人材育成プログラム「資源の絆」に参画し、アフリカからの留学生も増加傾向にある。一方、「博士課程だけで40人以上の留学生が在籍し、受け入れ能力が限界に来つつある」(渡邊教授)。そのため同専攻では、2017年度をめどに北海道大学大学院の工学院環境循環システム専攻とジョイントディグリープログラムを開始する予定だ。「本学は資源の探査開発に強いが、北大は資源開発に関連した環境保全に強みがあり、シナジー効果も期待できる。両学が互いに教員を融通し合い、開発途上国の資源人材の育成ニーズに応えていきたい」と渡邊教授は意気込む。

 なお、同専攻では、JICAの委託を受け1970年から開発途上国の地熱関係者に対する研修を実施してきた実績もある。これは2001年に一旦終了したものの、各国から再開を切望する声が多く寄せられ、今年度から再開する予定だ。

 電力需要が急増する開発途上国では、エネルギー資源の開発が今後ますます重要な課題となる。世界の資源工学の教育拠点と呼べる存在となった同大学の活躍に期待が集まっている。

【Access】
伊都キャンパス
〒819-0395 福岡市西区元岡744
URL http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/

コメントは停止中です。