画像

広島大学大学院 国際協力研究科(IDEC)

【学生の声】

ichiki
開発科学専攻 開発政策コース2年  一木 星さん

多様性に満ちた学習環境の中で 教育開発分野の専門性を磨く

 学部時代にインドの教育開発プロジェクトにかかわり、厳しい生活環境で懸命に生きる子どもたちに出会いました。この経験から、途上国の人々が将来に希望を持てる社会を創りたいと考えるようになりました。プロジェクトは試行錯誤の連続で、自身の力不足を痛感しました。特に事業の成果をどう数値化・評価し、改善すれば良いのかという点に問題意識を持ち、大学院で専門性を身に付けたいと思いました。IDEC を選んだのは、学生に現場でのフィールドワークやインターンを奨励していることや、多様な観点から開発の知識を得ることができると考えたためです。実際に入学して感じるIDECの最大の魅力は、多様性です。学生の7割以上はアジア、アフリカなどの留学生で、先生方の専門分野やご経験、授業科目もさまざまです。留学生の多くは、自国の現状に強い課題意識を持っていて、その背景や課題に対する施策、日本の援助などに関して、日常的に議論できることはとても貴重な経験です。    
 修士論文では、西アフリカにおける住民参加型の教育開発プロジェクトがもたらす結果とその要因を明らかにする予定です。JICAでのインターンをきっかけに、職員や専門家の方々からご助言いただく機会にも恵まれ、現実の課題解決に役立つ研究を目指しています。    
 将来は、大学院で身に付けた専門性や人とのつながりを生かして、開発援助機関あるいは世界で存在感を示す日本の企業で働きたいと考えています。

【教授の声】

ProfFujiwara
国際協力研究科 研究科長 藤原 章正 教授  

 開発途上国が抱える様々な問題や開発課題に対して、環境・教育・平和をキーワードにした学際的な研究アプローチによって創造的、かつ協同的に取り組むことのできる「グローバルリーダー」の育成を目指しています。その目標に向かい①国際公務員育成プログラム、②国際環境リーダー育成プログラム、③JOCV(青年海外協力隊)ザンビア派遣プログラム、④アジアの平和と人間の安全保障・学生交流プログラムといった、特色ある教育プログラムを整備しており、学生たちの学習・研究意欲に応えています。    
 また、文系、理系の枠組みにとらわれず、他分野と融合した形で「国際協力学」を学べる数少ない大学院であり、知識の幅を広げながら専門性を高めていくことができます。日本人修了生は、国際協力機構(JICA)や国連機関などに加え、グローバルに活動する商社、開発コンサルタント、製造業などの民間企業、さらに官公庁などで活躍しています。

【Point】 「平和で持続可能な世界」担う人材を育成

hiroshimaue

 広島大学大学院国際協力研究科(IDEC)は1994年の開設以来、「国際環境協力」、「国際教育協力」、「国際平和協力」をそれぞれ重点領域とし、実践的な教育・研究を行っている。 経済開発政策、開発技術、平和共生、教育開発、文化など、多様な分野の基礎を学ぶコースワークに加え、アジア・アフリカなどを中心にフィールドワークを重視した実践的な研究が可能になっている。大半の授業は英語で行われ、学生の7割以上はアジア、アフリカなどからの留学生で構成される。日本人学生にとっては、日本にいながら異文化に触れ、様々な背景を持つ留学生との交流、議論を通じ、途上国の開発問題や援助の在り方などを考えられることは刺激的だ。    
 IDECが目指すのは、国際支援活動を通じて“平和で持続可能な国際社会”を創造する「国際協力人材」だ。その取り組みとして、藤原章正研究科長は主に4つのプログラムを挙げている(別掲参照)。その一つ「JOCVザンビア派遣プログラム」は、大学院で半年間理論を学んだ後、協力隊員(理数科教師など)としてザンビアで2年間協力活動を実践し、帰国後、その成果を修士論文にまとめるユニークなプログラムだ。協力隊活動を経験し、同時に修士号を取得できることはキャリアパスを考える上でも有益であろう。

hiroshimashita

㊤多くの留学生が母国の料理や伝統舞踊を披露した「IDEC OPEN DAY!」
㊦JICAとの提携による「JOCVザンビア派遣プログラム」

【School Data】
取得可能な学位 修士/博士(学術・工学・農学・教育学・国際協力学)
定員 修士71人/博士36人
学費 53万5,800円(年)
奨学金 あり

【Access】
〒739-8529 広島県東広島市鏡山1-5-1
TEL 082-424-6910
E-mail koku-gaku@offi ce-hiroshima-u.ac.jp
URL http://www.hiroshima-u.ac.jp/top/daigakuin

コメントは停止中です。