画像

長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 グローバルヘルス専攻

熱帯医学コース 国際健康開発コース ヘルスイノベーションコース
(旧・医歯薬学総合研究科熱帯医学専攻/国際健康開発研究科)

【卒業生の声】

goto
公益財団法人ジョイセフ(国際健康開発研究科2014年修了) 後藤 久美子さん

多角的な視点で公衆衛生を学び アフリカの保健事業に取り組む

 青年海外協力隊に参加して2006年から2年間、西アフリカのガーナに派遣され、HIV対策の啓発活動に取り組みました。帰国後はNPO法人「九州海外協力協会」に所属し、協力隊の支援や、開発途上国について中学校や高校で紹介する活動をするうちに、再び公衆衛生の分野で仕事がしたいと思うようになりました。  
 ちょうどその頃、長崎大学のオープンキャンパスに行く機会があり、教授から「公衆衛生は医学だけでなく、さまざまな視点を持った人材が必要だ」という話を伺いました。実際にカリキュラムを見て、多角的な要素を学べることに魅力を感じ、大学院の国際健康開発研究科(当時)への進学を決めました。  
 1年目は異なる研究分野、多様なバックグラウンドを持つ国内外の先生方の講義を受講し、とてもぜいたくな経験でした。2年目にはバングラデシュで公衆衛生関係の研修にインターンとして参加し、実務経験を積む良い機会になりました。2年間じっくりと多角的な視点で公衆衛生を学び、実務経験もできる学科は他にないと思うので、海外の公衆衛生・保健分野に携りたい人にはお勧めです。  
 修了後は公益財団法人ジョイセフに就職し、現在はザンビアで妊産婦や新生児の保健プロジェクトの業務調整員として活動しています。大学院で身に付けた知識やインターン経験、そこで培った人脈が生かされており、やりがいを感じています。将来はプロジェクトのマネジメント全般も手がけたいと思います。

【教授の声】

profmoji
熱帯医学・グローバルヘルス研究科 副研究科長 門司 和彦教授

 世界を取り巻く健康問題は複雑で、ひとつの専門分野によるアプローチだけでは課題を解決できません。当研究科では、グローバルヘルス総論や疫学、統計学など全コース共通の科目に加えて、3つのコースごとにそれぞれ履修する科目を設ける方式をとっています。これによって、複雑な問題にも対応できる専門性を養うとともに、学生のニーズに適した柔軟なカリキュラムを組めます。また、フィールドワーク研修や臨床実習、長期海外研修を通じて、途上国の保健医療の現状と課題を肌で感じる機会を提供します。
 熱帯医学コース以外は理学・工学系や人文社会学系の学生も受け入れるため、留学生も交えて多様な価値観を知る機会があります。これからのグローバルヘルス分野では、専門性を高めるだけでなく、さまざまな考え方を理解して課題解決に当たる姿勢が求められます。この分野で国際的な活躍を目指す意欲がある皆さんの入学を待っています。

【Point】 グローバルヘルスに貢献する人材を育成

nagasakishita

 熱帯医学・グローバルヘルス研究科は、従来の「医歯薬学総合研究科熱帯医学専攻」と「国際健康開発研究科」を発展的に統合する形で今年4月に誕生(10月学生受け入れ)。グローバルヘルス領域の課題を解決し、保健・健康に貢献する人材を送り出す3つのコースを設けており、臨床医を育てる「熱帯医学コース」、高度専門職業人としての実務家養成を図る「国際健康開発コース」、大学や企業などの研究者を養成する「ヘルスイノベーションコース」がある。
 授業は英語で行われ、熱帯地域や開発途上国における保健医療の研究・実践経験が豊富な講師陣に加え、ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院から派遣された教員の講義を受講する。さらに、コースによって短期フィールド研修や最大8カ月に及ぶ長期海外研修があり、熱帯医学コースでは熱帯病の症例が多いフィリピン・サンラザオ病院で臨床実習などができる。多様なバックグラウンドを持つ学生に囲まれた世界水準の学習環境も大きな魅力だ。  
 修了生の進路は、世界保健機関(WHO)などの国際機関やNGO、医療研究機関、開発コンサルタント、官公庁など幅広く、さらなる研究のため博士課程に進む例もある。

nagasakiue

㊤1年次プロジェクト・サイクル・マネジメント(PCM)研修
㊦途上国での短期フィールド研修中のNGOプロジェクトサイト訪問

【School Data】
取得可能な学位 修士(熱帯医学、公衆衛生学、医科学)
定員 27人
学費 入学料28万2,000円 
授業料 53万5,800円(年額)
奨学金 あり(条件つき)

【Access】
〒852-8523 長崎市坂本1-12-4 グローバルヘルス総合研究棟
TEL 095-819-7583
E-mail tmgh_jimu@ml.nagasaki-u.ac.jp
URL http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp

コメントは停止中です。