情報・通信」カテゴリーアーカイブ

画像

【私のキャリアパス】日本で経験積み母国にも貢献

アジア航測(株)
海外事業部技術部技術課
レンディ・プラタマさん

【レンディさんのキャリアパス】

18歳 インドネシア・スマトラ島の西スマトラ高校卒業
22歳 インドネシア大学(地理学専攻)卒業
25歳 千葉大学大学院理学研究科
   (地球生命圏科学専攻)卒業
   アジア航測(株)入社、海外事業部技術部に配属、
   現在に至る

【地方から名門大学へ】

 昨年、アジア航測で唯一のインドネシア人として同社に入社したレンディ・プラタマさんは、スマトラ島の出身だ。スマトラ島は、2004年に発生したスマトラ沖地震で知られる通り、世界有数の地震多発地帯。同島中部西スマトラ州出身のレンディさんも、何度も大きな揺れを体感したという。

 そうした環境の下、高校生のころから地質学などを通じて自然現象の発生原因を探る自然科学に興味を持っていたレンディさん。知的好奇心を抑えきれず、高校卒業後の進路に対する不安を振り払って首都ジャカルタへ飛び出し、国内トップの名門校インドネシア大学に入学した。

 レンディさんはここで、日本の運輸多目的衛星(MTSAT)「ひまわり」の衛生画像を用いて雲の分布や動きを分析するほか、雲や海水の温度変化から降雨量を推測し、ジャワ島でエルニーニョやラニーニャが発生した際の降雨パターンを調査した。

 インドネシアでは、MTSATのようなリモートセンシングを用いた分析はまだ主流ではないが、レンディさんは「だからこそ自分がやるべきだ」と考え、研究に没頭。そうした経験を続けるうち、「大学卒業後は、日本でリモートセンシングを活用した研究をさらに究めたい」という将来像を描くようになった。

【リモートセンシングとGISの可能性を広げる】

 とはいえ、日本での生活や金銭的な問題に対する不安は大きかった。卒業後、すぐには決断できず、しばらくは同校のリサーチアシスタントとして、地理情報システム(GIS)を応用した西ジャワ州の農・漁業の実態調査に参画していた。だが、その後、恩師からの助言もあり、2013年に千葉大学大学院へ留学。米国が開発した「中分解能撮像分光放射計」(MODIS)をはじめ、より多様なリモートセンシングの技術を用いて森林や農地の土地利用に関するデータの収集などを行った。

 現在は、アジア航測で先輩社員からコンサルタントの仕事について学ぶ傍ら、航空レーザー計測による森林資源解析と森林計画への応用方法について勉強中だ。さらに、自分の専門を生かし、アジアやアフリカから来た研修生に対してリモートセンシングやGISの応用について指導も行っている。

 レンディさんの同期社員は30人。そのうち海外出身者はレンそんなレンディさんに対し、海外事業部営業部の野中一郎営業部長は「わが社では今後、インドネシアに東南アジアの拠点を築くことを検討している。ぜひ今後、現地のトップとして活躍してほしい」と高い期待を寄せる。それに応えるように、「今後は博士号を取得し、ゆくゆくは防災計画に役立つ地図を作成したい。洪水や火山、森林火災など自然災害の多いインドネシアで、リモートセンシングやGISの可能性を広げていきたい」と語るレンディさん。

そのまなざしは、次なる夢に向かってまっすぐ前を見つめている。

(出典:「国際開発ジャーナル」2016年10月号)

画像

【私のキャリアパス】企業で身につけた強みを生かす

(株)パデコ
シニア・コンサルタント(人材育成・ICT)
小澤 みどり さん

【小澤さんのキャリアパス】
23歳 津田塾大学数学科卒業後、
   (株)東芝に入社
27歳 青年海外協力隊(システムエンジニア隊員)としてネパールへ
34歳 日本ヒューレット・パッカード(株)に転職。
   企業向けのIT技術者育成コースを担当
36歳 インドネシア電気系ポリテクニック教員
    養成計画プロジェクトに情報工学専門家として参加
39歳 帰国後、米国コロンビア大学国際教育開発修士課程へ進学
41歳 現職

【「手に職をつけよう」と就職】

 IT教育と人材育成に関わるシニア・コンサルタントとして、高等教育や産業技術教育分野の案件形成・実施・評価や、遠隔技術協力(JICA-Net)の実施・評価などを担当する小澤さん。

 この業界を目指すきっかけとなったのは、大学時代の1年間のアメリカ留学だ。「考え方も、生きてきた世界も、暮らしぶりも異なる人々と出会って、初めて日本の平和は特殊であることを肌で感じ、より暮らしやすい世界をつくる仕事に携わりたいと考えるようになりました」。

 しかし、開発業界への突破口として思いつくのは青年海外協力隊だけ。「いつか参加する日のためにも、手に職をつけた方がいいのでは」という思いもあり、(株)東芝に就職した。入社から3年後、上司や会社に協力隊への参加希望を伝えると、休職制度を利用した参加が認められ、ネパールへ。新設女子短期大学でコンピューターコース立ち上げに従事した。「ゼロからの立ち上げでしたが、やりたいことだったし、カウンターパートも素晴らしい方たちで楽しかったです」。3年の企業経験があるとはいえ、教えられることの方が多かった。

 帰国後に待っていたのは逆カルチャーショック。「価値観が変化して帰国したけれど、言動や振る舞いに日本人らしさを期待されるのがつらかった。帰国後すぐに職場復帰できたのが幸いでした」。帰国前年、Windows95の登場により社内システムが刷新されており、新しい技術や知識をキャッチアップすることに必死で、立ち止まって考える時間はなかった。

 仕事に慣れ、当時を振り返る余裕が持てたのは、帰国後2年ほど経ってからのこと。今後のキャリアパスを考え、IT関連の資格も積極的に取得した。「ネパールでの経験を通して、ITを通じた人材育成に携わりたいと強く思うようになり、入社から10年を機に転職しました」。

 転職先として選んだのが、米系の日本ヒューレット・パッカード(株)。企業向けIT技術者育成コースの設計・実施・評価に携わった。そして2年後、インドネシア電気系ポリテクニック教員養成計画プロジェクトに情報工学専門家として赴任するチャンスが訪れ、会社を退職した。

【IT企業の経験生かす】

 専門家として活動するなかで、前職時代の経験はおおいに役立ったという。協力隊と専門家の違いも肌で感じた。「専門家は相手国政府との折衝や、政策を踏まえた上での判断が必要になります。期待されているジョブスコープが協力隊時代と比べ遥かに広いと感じました」。

 一方で自分の力不足も痛感。「開発に携わるためにも、自分の力不足を解消するためにも学びを深めよう」と現地滞在中にアメリカのコロンビア大学への進学を決め、任期修了とともに留学し、国際教育開発を学んだ。
 そして帰国後、2007年9月から現職に。小澤さんがこれまで心掛けてきたのは、「自分は何のためにどう働きたいのかをブレずに見つめ、そこに近づくための術を常に考える」こと。企業での経験も、視野を広げ、自分の強みを育てるために必要だったと感じている。「開発業界の場合、何かしらの強みや専門性を持っていて、コミュニケーション能力があれば、年齢的に遅すぎるということはない」。

 案件形成から評価までの流れも把握でき、「これからは長期の案件にも携わっていきたい」と意欲を見せる。今後も、企業時代に培った多角的な視点と専門性を武器に、人材育成に力を注いでいく。

画像

【大学の国際化最前線】関西大学大学院 総合情報学研究科

【ここがポイント!】

kansai

◎社会人にも広く門戸を開き、学生が自主的に行動できる環境
◎国際協力の舞台で活躍するOB・OG

【キーワードは「ICT」「教育」「国際」】

 高度な専門知識を有する「情報スペシャリスト」の養成を目的に、1998年に開設された関西大学大学院総合情報学研究科。同研究科の特徴は、社会人にも広く門戸を開き、働きながら通えるよう昼夜開講制を採用していること。また、「課題研究科目」を軸に、情報化の進展に伴う国内外の社会的な問題などを取り上げ、大学院生が共同で研究を進めている。
 
 中でも「情報通信技術(ICT)」「教育」「国際」をキーワードに、「フィールドリサーチ方法論」の講義を行う久保田賢一教授は、学生が自主的に国際協力活動に取り組めるようユニークな講座を提供している。海外における教育分野の研究にも力を入れる久保田教授は、学部生に向けた海外スタディツアーなど若者の国際協力活動への参加を積極的に促す一方、「大学院では国際協力について学ぶのではなく、専門性を身に付けることが大切」と、専門の上に立った研究活動を実践するよう伝えている。

【学生による本格的な国際協力活動】

 また、同研究科は文部科学省の「平成20年度大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)」に採択された「参加連携型の大学院教育による社会創造―共同プロジェクトによる『考動力』の育成」に力を入れており、海外の研究機関や大学、地域など多くの組織と連携しながらさまざまな取り組みを行っている。具体的には、世界各国に派遣されている国際ボランティアと日本の小中学校をインターネットで結ぶ「Meet the GLOBE」や、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)と連携してパレスチナ難民に対する教育の質的改善を促す支援、フィリピンと日本の大学間連携を通じてフィリピンの教育を支援する活動など、多岐にわたる。

 プログラムの代表を務める久保田教授は「大学院での研究の中心は、講義ではなく学生が自主的に組織化して活動し、論文を発表すること。マネジメント力やコミュニケーション能力、情報リテラシーを身に付けるため、現場に足を運び、より多くの人とかかわることが大切」と、このプログラムの深化と拡大に努めている。

 久保田教授のもとで学んだ卒業生・修了生の中には、これまでに10数名が青年海外協力隊に参加し、その後、海外へ留学したり、JICA専門家やNGOのスタッフとして活躍するなど、国際協力の舞台で活躍している。

【Access】

高槻キャンパス
〒569-1095 大阪府高槻市霊仙寺町2-1-1
URL http://www.kansai-u.ac.jp

画像

青山学院大学 地球社会共生学部

2050年の社会を見据えて

 近年、欧米などの先進諸国が不況に苦しむ一方、新興国や開発途上国は急速な経済成長を遂げている。実際、2050年までに、アジアの国々のGDPの総額は世界のGDP総額の5割以上に達すると言われている上、アフリカ諸国のGDP総額も約2割に成長すると見込まれている。しかし、これらの国々では、貧困や紛争、環境破壊など、多くの課題が山積しているのも事実だ。
 青山学院大学は、新興国や開発途上国の人々と共に働き、世界の共生と発展に貢献する人材の育成を目指し、2015年4月、「地球社会共生学部」を新設した。

4つの領域で実践力培う

  昨年、開設65周年を迎えた青山学院大学。設立当時から英語教育に注力し、1982年には国際公務員の養成を目指す「国際政治経済学部」を設立するなど、常に先駆的な取り組みを進めてきた同大学が、新たな挑戦に踏み出した。「社会科学系のグローバル人材育成」を掲げる「地球社会共生学部」の新設だ。学部長の平澤典男教授にその狙いを聞いた。

成長地域と共に  

 日本では近年、少子高齢化の進展を受け、新たな労働力として女性や高齢者の活用を進めている。だが、現在の大学生が社会の牽引役となる2050年頃には、総人口自体が減少するため、市場や労働人口の縮小は避けられない。こうした中でも日本の国力を維持するためには、今後の成長が見込まれる新興国や開発途上国の人々の活力を日本に取り込み、彼らと共ビジネスを行うことが必要となる。
 さらに、日本全体にグローバル化の波が押し寄せる中、今後は国内勤務か海外駐在かを問わず外国人と共に働く可能性が高い。こうした状況を見据え、外国人と共に働く力を持った人材を育てることが、今回の新学部設立の狙いだ。  しかしながら、すでに多くの大学がグローバル人材の育成に取り組んでいる。さらに青山学院大学としてもこれまで長年にわたり英語教育に注力してきたことから、「今さらなぜグローバル人材の育成に特化した学部を新設する必要があるのか」と疑問に思う人もいるかもしれない。
 そうした疑問の声に対しては、「地球社会共生学部で目指すのは社会科学に通じたグローバル人材の育成だ」と強調したい。新興国や開発途上国で問題を解決し事業を営むためには、その国の政治や法律、経済に対する深い理解が必要だ。青山学院大学は、戦後以来、社会科学分野で多くの人材を輩出してきた。この歴史の中で培われた力を生かし、新学部ではグローバル人材にとって最も重要な社会科学の力を習得してもらうことを目指す。これにより、日本全体が抱えるグローバル人材の層も厚くなることが期待される。

世界の開発課題に対応  

 新興国や開発途上国は、急速に経済成長を遂げつつある一方、貧困や差別、紛争、情報格差、環境問題などの開発課題が未解決のまま残されている。こうした問題を現地の人々と共に解決していくことこそ、現地と日本が共に繁栄し、地球全体の共生の実現につながる方策だ。
 地球社会共生学部では、次の4つの領域を設け、新興国などの開発課題に対応できる人材を育成している。国際協力論や貧困問題などを学ぶ「コラボレーション領域」、国際経済学やアジアの都市インフラの課題などを学ぶ「ビジネス領域」、ジャーナリズム論や地理情報システム(GIS)をはじめとする空間情報の利用について学ぶ「メディア/空間情報領域」、そして社会学全般を学ぶ「ソシオロジー領域」だ。
 学生は、1年次に各領域の基礎を修得した上で、2年次以降は自身が特に強い関心を持っている分野を深め、社会科学の視点から開発課題を多角的に考える力を身に付ける。

留学は必須

 さらに、地球社会共生学部では、2年次後期か3年次前期のどちらかで、タイやマレーシアなどにある協定校への「フィールドワーク型留学」を必須としている。学生は、留学前に現地の社会課題の中から1つテーマを選んで調査を企画し、留学中にフィールドワークを行い、帰国後にその結果を報告することが求められる。こうした取り組みを通じて、彼らはビジネスなどの現場で応用可能な実践力を身に付けることができるのだ。
 一般的に日本の大学は、同じ社会科学系であっても「経済学部」「法学部」という具合に縦割りになっていることが多い。しかし、地球社会共生学部では、社会科学系のすべての学問を修めることができるため、学生はさまざまな可能性を試すことができる。ぜひ、一人でも多くの若者にこの新学部で学んでもらい、2050年の世界を見据えつつ多様な分野でグローバルに活躍してほしいと思う。

【School Data】

<学部概要>
入学定員:190人
就学キャンパス:相模原キャンパス(1~4年次) 
学位:学士(学術)
<養成する人物像>
1、語学力に裏打ちされたコミュニケーション能力
2、主体性、積極性、協調性、リーダーシップなどの能力
3、自己アイデンティティーを土台にした異文化共感力
4、社会科学の幅広い素養に基づいた専門的能力
5、地球上の人たちに貢献したいと思う「こころ」
<留学協定校>
チュラロンコン大学(タイ)、タマサート大学(タイ)、カセサート大学(タイ)、チェンマイ大学(タイ)、ほか
学部に関する最新情報は地球社会共生学部のWebサイト http://www.gsc.aoyama.ac.jp/をご参照ください

画像

城西国際大学・大学院 国際人文学部国際交流学科 大学院国際アドミニストレーション研究科

【学生の声】

ooigawa
国際人文学部国際交流学科 4年 大井川 卓さん

恵まれた環境で語学を磨き 国際貢献の輪を広げたい

 本学の国際交流学科を選んだのは、国際貢献について学べるうえ、語学習得の環境が整っているからです。特に英語学習は徹底的で、入学後すぐハワイに語学留学しました。さらに中国語を学び、2年生の時には台北城市科技大学(台湾)への1年間の留学も経験しました。
 私は福島県いわき市の出身で、高校生の時に東日本大震災に見舞われました。がれき撤去のボランティア活動でお年寄りに感謝されたり、大学入学後に外務省のプロジェクトでインドに行き、被災経験を報告したりするうちに、「世界の人々のために自分の経験を生かせれば」という思いが強まりました。  
 キャンパスでは欧米や中国、韓国などからの留学生と日常的に接し、大きな刺激を受けています。また、私自身「国際開発研究会」というサークルで部長を務め、国際協力機構(JICA)のイベントなどで一般の参加者向けに国際協力のPR活動に取り組みました。  
 開発途上国の女性問題を研究しており、卒業論文ではバングラデシュへ調査に行く予定です。卒業後は大学院進学や青年海外協力隊への参加も検討していますが、将来的には自らの経験を踏まえて「開発教育」に携わり、福島の子ども達に向けて発信していきたいと考えています。途上国の実情は理解されていない面が多く、東日本大震災の際に日本が多くの途上国から支援を受けたことも十分に知られていません。こうした情報を発信し、国際協力の輪を広げていければと思います。

【教授の声】

ooshima
大学院 国際アドミニストレーション研究科 研究科長 大島 卓 教授  

 本研究科の最大の特長は、徹底した英語教育にあります。外国人教員を15人抱え、全100科目のうち30科目はオール・イングリッシュで授業を行っています。また、欧米やアジアを中心に約140の姉妹校・提携校から入学した留学生が在籍しているので、国際色豊かな環境で学ぶことができます。もちろん、そうした姉妹校・提携校への留学制度もあります。  
 第2の特長は、社会人を積極的に受け入れていること。東京・紀尾井町キャンパスで、平日夜と土曜日に開講しているため、働きながら学ぶことが可能です。他大学の教員や元国連職員なども受講しており、実務経験のある社会人と交流できるのは、一般の学生にとっても大きなメリットだと思います。自分の仕事を踏まえた研究報告を修士論文の代わりに提出できる社会人向け1年コース、特定の科目だけを履修する「科目等履修生」など、さまざまなプログラムを用意して学びをサポートしています。

【Point】 海外研修や英語での学位取得制度 disney

 城西国際大学は「国際性・専門性を備え、日本文化を身に付けたグローバル人材の育成」など7つのビジョンから成る中期目標を掲げて、教育・研究環境の拡充を進めている。国際系(国際人文学部・観光学部)、ビジネス・メディア系(経営情報学部・メディア学部)、医療・福祉系(看護学部・薬学部・福祉総合学部・環境社会学部)の8学部で構成。全学部が海外研修プログラムを備えるほか、英語で学位取得が可能な“グローバル・カレッジ”も城西国際大学ならではの特色の一つだ。  
 海外姉妹校・学術提携校は欧米、中国、東南アジアなど27カ国・地域の143大学に広がり、交換留学や共同教育プログラムを通じてグローバル人材の育成を実現。中でも観光学部はマレーシア、看護学部は米国で新入生全員参加型の海外研修を実施しており、入学後すぐに海外の現場に触れられる。
 大学院は人文科学・経営情報学・福祉総合学・ビジネスデザイン・薬学の5研究科に加え、2013年度には国際アドミニストレーション研究科が新設された。同科は、英語で修士号を取得できるプログラムを備え、グローバルな視野と実践力を身につけたい意欲ある学生・社会人に広く門戸が開かれている。
globalcollege
㊤米フロリダのディズニーワールドでインターンシップを実施
㊦グローバル・カレッジでは海外留学やキャリア形成に役立つ英語を学ぶ

【School Data】
取得可能な学位 学士/修士/博士
定員 1,510人(大学8学部) 150人(大学院5究科)
学費 139万7,000円(入学金含む、薬学部・看護学部・大学院は別)
奨学金 あり

【Access】
千葉東金キャンパス  
〒283-8555 千葉県東金市求名1 
東京紀尾井町キャンパス
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-26
TEL 0475-55-8855(入試・広報センター)
E-mail admis@jiu.ac.jp(入試・広報センター)
URL http://www.jiu.ac.jp/