新着情報


開発途上国や新興国の発展も目覚ましく可能性に満ちあふれています。そうした世界との関わり方も多様化していく一方です。そんな変化の激しい世界で「自分の興 味のあることを学びながら、グローバルなキャリアも目指せる進学先ってどこだろう」との疑問に答えるための大学・大学院情報を掲載。
各大学で学べることや国際的な取り組み、そこで学ぶ現役学生のリアルな声などをお届けします。加えて、海外で学びたいと考えている人向けに、奨学金情報や海外 に飛び出すための支援制度の情報も掲載。
学生の皆さん以外にも生徒を送り出す中学・高校の進路指導の先生方や留学、国際的なキャリアに関して情報不足で不安になっている保護者の方々も活用できる情報 になっています。

新着情報 / news


2020.04.07

Peshawar-kai (PMS) has commenced a “Post Nakamura Era”

Dr. Tetsu Nakamura (photo on the right) ©Peshawar-kai, Peace Japan Medical Services (PMS)

IDJ-Report
Peshawar-kai (PMS) has commenced a “Post Nakamura Era”
Passing Compassion for Afghanistan to Younger Generations
『International Development Journal』 2020 March edition

 

 A farewell reception for Dr. Tetsu Nakamura, a leader of the NGO Peshawar-kai, Peace Japan Medical Services, who was shot dead in Afghanistan last December, was held on January 25 in Fukuoka City. NGO members pledged to continue the projects in medical support and irrigation canal construction in response to his wishes.

 

Farewell for Dr.Nakamura and five Afghans 

On the stage of the Seinan Gakuin University’s Chapel, where the farewell reception was held, the portraits of five Afghan drivers and security guards were adorned around a large photo of Dr. Nakamura. They were all shot and killed together at the same time.

Afghan Ambassador to Japan, Mr. Bashir Mohabbat, who had a friendship with Dr. Nakamura, made the memorial speech in fluent Japanese. “Dr. Nakamura called for construction of an irrigation canal even more seriously than 100 clinics and devoted his life to changing the lives of Afghan people suffering from water shortages, malnutrition and infectious diseases due to the drought. He was called ‘Kakamurad (Uncle Mura)’ and I feel very sorry that I couldn’t save him. I am full of regrets and sadness,” he said, wiping away his tears.

The next speaker was Shinichi Kitaoka, President of the Japan International Cooperation Agency (JICA). He said that he respected Dr. Nakamura and once invited him to give a lecture at the International University, where Kitaoka served as a president. “In Afghanistan, although it is also very difficult for the United Nations and the Red Cross to implement their projects, one medical doctor unprecedentedly realized green land planning. He garnered the strong trust of citizens and the poor farmers because he built canals making use mostly of local materials and people. He was really a modern hero. We are very proud to have lived with him in the same era.”

At the venue, films of the PMS activities were played. Dr. Nakamura was shown on a steep mountain road with a donkey visiting villages for medical treatment, and a view of the fields where water spread throughout the irrigation canal. Irrigation canal construction has reached a total length of 27 km, and the number of inhabitants who benefit from cultivation of rice, olives, sugarcane, oranges and other products reaches a population of 650,000. Tree planting such as willows and dates has reached one million last year. There are more than 1,600 wells dug.

The tribute to this amazing man was followed by a long, long line of more than 5,000 people. A pastor of a church where Dr. Nakamura attended, a medical doctor on a remote island in Tokunoshima, Kagoshima Prefecture who was inspired by Dr. Nakamura when he was a medical student, an American diplomat who came to know and respect Dr. Nakamura during his work in Afghanistan, and women volunteers who have supported the association … Many people bade their final farewell.

 

10,000 members exceeded after 9/11

PMS currently has approximately 12,000 members and was formed in 1983. Due to the former Soviet military invasion of Afghanistan, more than 3 million Afghan refugees were evacuated in northern Pakistan. PMS has been providing medical assistance. From there, the activities evolved into irrigation and agricultural support in Afghanistan.

The PMS’s name suddenly became known after the September 11 terrorist attacks in the United States. The U.S. military launched an airstrike sweep against the Afghan Taliban administration. Under such circumstances, Dr. Nakamura set up the Afghan Life Fund to provide food assistance to those facing food shortages. Severe drought continued, with the effects of climate change. His campaign to oppose the airstrikes and to protect Afghan vulnerables attracted much sympathy. The membership network centered on Kyushu expanded to all over Japan, surpassing 10,000 in 2002.

After the incident on December 4, last year, donations were raised one after another. Bank transfer was about 6,900 in December, and about 2,200 in January this year, almost double the pace of the past year. Remembrance gatherings and photo exhibitions are being held nationwide, including in Kyushu, Tokyo, and Kansai. Dr. Nakamura’s personality and achievements, and the passion of the citizens who supported them, are conveyed.

“We have decided to continue our business and take over Dr. Nakamura’s wishes,” said Dr. Yu Murakami, a chairman of PMS.

However, more than 18 years have passed since the interest in Afghanistan reached its peak after 9/11, and many members have become old. At the general assembly of the PMS, which was held prior to the farewell reception, some made mention of the PMS’s direction of a “Post-Nakamura era”.

A member said, “Members gathered in admiration of Dr. Nakamura’s leadership and ambitions. Let’s change the name to “Tetsu Nakamura Peshawar Association” so that we can move on together with him into the future. Some more people will join to carry on his will.”

Dr. Murakami replied, “Dr. Nakamura didn’t like only his name being used because he didn’t build the irrigation canal by himself. He preferred to keep his great doings anonymous.” Applause was heard from the venue, and the name maintenance was supported. After that, questions and answers continued on the guidance system and local business policies.

 

Younger generation’s participation

One good factor for the organization is the participation of the younger generation. Over the past few years, three persons in their twenties have joined the PMS secretariat as full-time staff. While doing office work, they continue to study Pashto, one of the official languages of Afghanistan, river engineering and envision working at the forefront in the future.

The youngest, Hayato Yamashita (24), graduated from Kurume University last spring and joined the secretariat. In a class, he listened to a lecture by a member of PMS and became interested in humanitarian assistance. “I always want to be involved in helping people like Dr. Nakamura who considered humanity and its culture over hundreds of years.”

Due to the local security situation, Japanese staff cannot easily enter Afghanistan. In early February, however, staff from Japan and Afghanistan gathered in India to discuss future policies including some young staff.

On the other hand, projects that are important for PMS move forward. PMS will summarize the accumulated technology and know-how of building irrigation canals  and create guidelines. In addition to Japanese and English, it is also translated into local Pashto and Dari. It has been supported by JICA’s financial assistance and will be completed next spring. It will help the continuation of a wide range of projects, including irrigation, flood control and agricultural promotion, and the development of local human resources.

The sympathy for Dr. Nakamura is expanding in Afghanistan. According to local reports, a boy was born two days after the shooting and was named “Nakamura”. A father from eastern Afghanistan said that it was Dr. Nakamura that helped farmers suffering from the drought.

An NGO in Kabul, will soon publish a picture book describing Nakamura’s life in local languages. The title is Mr. Nakamura’s local nickname “Kakamurad”. Picture books are also distributed to kindergartens and schools in Afghanistan with the support of Japanese companies.

Dr. Nakamura’s aspirations and wishes for peace must be steadily handed down, inherited, and kept alive in Japan and Afghanistan.  (Yukifumi Takeuchi)

*****以下、日本語原文***** 
「中村後」を歩み出したペシャワール会
アフガニスタンで語り継がれる弱者への思い

 

昨年末にアフガニスタンで亡くなったNGO、ペシャワール会(本部:福岡市)の指導者、中村哲医師のお別れ会が1月25日、福岡市の西南学院大学チャペルで催された。同会幹部は「事業継続こそが遺志に応えることだ」と、今後も医療支援や用水路建設の協力を続けることを誓った。(本誌編集委員・竹内 幸史)

アフガン人5人の遺影も祭壇に

お別れ会の会場になったチャペルの祭壇には、中村さんの大きな遺影を囲むようにアフガン人男性5人の遺影が飾られ、涙を誘った。ともに車で銃撃を受け、亡くなった専属の運転手、ザイヌッラー・モーサムさんや警備の人々だ。一度に6人が殺害された事件の大きさと残忍な犯行を物語っていた。

中村さんと親交があったバシール・モハバット駐日アフガン大使は日本語で挨拶した。「中村先生は『100の診療所より1本の用水路を』と訴え、干ばつの悪化で水不足、栄養失調、感染症に苦しむ人々の生活を変えるため、生涯を捧げた。現地で先生は『カカムラッド(ムラおじさん)』と呼ばれ、親しまれていた。先生を救えなかったことを本当に申し訳なく思い、悔しさと悲しみでいっぱいだ」と、こぼれる涙を拭いながら語った。

続いて登壇したのは、国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長だ。以前、学長を務めた国際大学で中村さんを講演に招いたことがあり、尊敬していたという。「アフガンでは国連も赤十字も苦労する中、一人の医師が緑の大地計画で空前絶後の協力をした。市民や農民の信頼を集めたのは地元の材料を最大限に生かし、人々とともに手作りで用水路を建設したからだ。現代の英雄であり、同時代に生きたことを誇らしく思う」と述べた。

会場では、ペシャワール会と現地NGOのピース・ジャパン・メディカルサービス(PMS:平和医療団・日本)の活動を記録した映像が流された。中村さんが急峻な山道をロバに揺られて訪問診療に行く姿や、用水路で水が行き渡った田畑の様子が紹介された。用水路建設は総延長27kmに達し、オリーブ、サトウキビ、オレンジなどの栽培で裨益する住民は65万人に及ぶ。柳やナツメヤシなどの植樹は昨年100万本に達した。掘った井戸は1,600以上ある。

惜別の献花には5,000人以上の長い、長い列が続いた。中村さんが通った教会の牧師、医学生時代に中村さんに触発されてPMSに参加した鹿児島県・徳之島町の離島の医師、アフガン在勤時代に中村さんを知って尊敬するようになった米国人外交官、そして会を支えてきた婦人ボランティアたち…。多くの人が最後のお別れをした。

 

9・11後に会員数1万人突破

ペシャワール会(現在の会員約12,000人)は1983年、中村さんが卒業した九州大学などの人脈が中心になって結成された。旧ソ連の軍事侵攻で300万人以上のアフガン難民が避難したパキスタン北部で医療支援を進めた。そこから活動はアフガン国内の灌漑や農業支援に発展していった。

その名が一躍、知れ渡ったのは2001年9月11日の米国同時多発テロがきっかけだ。アフガンのタリバーン政権に対し、米軍は空爆による掃討作戦を展開した。その状況下、中村さんは食料不足に直面する人々のため、「アフガンいのちの基金」を設けて食料支援を進めた。気候変動の影響も加わり、深刻な干ばつが続いていた。空爆に断固反対し、アフガンの弱者に寄り添う姿は大きな共感を集めた。九州中心だった会員網は日本全国に拡大し、2002年には1万人を突破した。

昨年12月4日の事件後、同会には寄付金が続々と寄せられた。12月は銀行振込が約6,900件、今年1月は約2,200件と例年のペースよりほぼ倍増した。追悼集会や写真展も九州各県、東京、関西など全国で開催が続いている。中村さんの人柄と功績、それを支えた市民の熱い思いがひしひしと伝わってくる。

同会の村上優会長は「残された私たちは事業を継続し、中村先生の希望を引き継ぐことを決意した」と明言した。中断していた現地の事業も再開しつつある。

ただ、9・11後にアフガンへの関心が最高潮に達した時から18年以上たち、会員の表情にも寄る年波を感じる。お別れ会に先立って開かれた同会の総会では「中村後」を案ずる声も出た。

「会員は中村先生の人徳と志を慕って集ってきた。今後もその姿が見えるよう『中村哲ペシャワール会』と名称を変更してはどうか。遺志を継ぐために加入する人もいる」

これに対し、村上会長は「中村先生は自分一人で用水路を造ったわけでないと、自分の名だけが出ることを嫌った。今までの名称に愛着を持っていた」と答えた。会場から拍手が沸き、名称維持が支持された。その後も、指導体制や現地での事業方針について突っ込んだ質疑が続いた。

 

若い世代の参加も

苦難の中を漕ぎ出した同会にとって頼もしい要素は、若い世代の参加だ。同会事務局のPMS支援室にはこの数年、20歳代の男性3人が常勤職員として加わっている。事務作業をしながら、現地の公用語の一つであるパシュトゥー語や河川水利などの勉強を続けており、将来は現場の最前線で働くことを思い描いている。

一番の若手である山下隼人さん(24)は昨春、久留米大学を卒業後、事務局に入った。授業で同会の福元満治・広報担当理事の話を聞き、人道支援に関心を抱いた。「以前から人助けに携わりたいと考えていた。数十年、数百年後を考えて生きる中村先生のような男になりたいと思った」と語る。

現地の厳しい治安情勢では、日本人職員はなかなかアフガンに入国できない。しかし、2月上旬には日本側とアフガン側の現地職員がインドに集合し、今後の事業方針を話し合う機会があり、山下さんら若手も参加した。

一方、同会にとって今後の事業を進める上で重要なプロジェクトが動いている。同会とPMSが河川の堰や用水路を建設して蓄積した技術とノウハウをまとめ、ガイドラインを作成する事業だ。日英のほか、現地のパシュトゥー語とダリー語にも翻訳される。JICAの「農業・農村振興基礎情報収集・確認調査」として支援を受けており、来春にかけて完成する予定だ。灌漑、治水、農業振興にわたる幅広い事業の継続と現地人材の育成に役立つことだろう。

中村さんへの想いはアフガンでも大きく広がりつつある。現地からの報道によると、銃撃事件の2日後に生まれ、「ナカムラ」と名付けられた男の子がいる。アフガン東部出身の父は「干ばつに苦しむ人を助けたのは外国の軍隊でも武器でもなく、中村医師だった」と、命名の理由を話しているという。

また、カブールのNGOは、中村さんの人生を現地の言葉で描いた絵本を近く出版する。題名は中村さんの愛称「カカムラッド」だ。絵本は日本企業の資金支援も得て、アフガンの幼稚園や学校に配布される。

中村さんの志と平和への願いは日本でも、アフガンでも着実に語り継がれ、引き継がれ、生き続けていくに違いない。(竹内 幸史)

 

『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載記事
#アフガニスタン #ペシャワール会 #English

“The Third Wave”:a New Trend in Assistance for Developing Countries

A temple in Bali, Indonesia ©The International Development Journal Co., Ltd.

Compass “The Third Wave”:a New Trend in Assistance for Developing Countries – Training for foreign workers coming to Japan becomes more important
『International Development Journal』2020 March edition
 New Arguments on ODA

As well known, Japan’s population continues to decline. The impact is not limited to labor shortages at construction sites, but has spread to small and medium-sized businesses, as well as the agricultural and social welfare fields throughout the country.

According to the government, the number of SMEs that have to be closed or close has been on the rise, reaching 46,724 in 2018. If this situation continues, SMEs will not survive and employment and technology may be lost. There are concerns about the future. Some estimates suggest that if a large number of SMEs are forced out of business, their gross domestic product (GDP) will decrease by 22 trillion yen.

According to Sankei Shimbun dated January 25, 2020 a general contractor, Kajima Corporation,  provides safety training to 100 Myanmar workers every year who work for partner companies that undertake construction work before visiting Japan.

On the other hand, according to Kazuhiko Koshikawa, vice-president of the Japan International Cooperation Agency (JICA), which supports the overseas expansion of SMEs, mainly in rural areas, local communities are also suffering from a shortage of human resources to support overseas business. It is said that some companies are thinking of nurturing people in their destinations and bringing them to Japan to act as business promoters. Japan has entered a period of trial and error in terms of securing human resources.

As well known, Japanese 2nd generation immigrants living in Brazil and Peru in Latin America have come to Japan with their families and are increasing their presence as important workforces throughout Japan. However, most of them have difficulties in terms of language problems and lifestyle habits. Therefore, there is a proposal to send former members of Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV), who have a local sense of developing countries, to play a role in mediating between Japanese Latin Americans and Japanese society.

However, some people say that ODA-based domestic assistance to human resources (workers) in developing countries coming to Japan is “not ODA”. In contrast, the ultimate goal of ODA is to increase the income of the people of developing countries to lift them from poverty. So there are argumentation that the way to directly generate income for the people of developing countries is truly by aid.

Turning now to look at the United States, the money remittance to mother countries by developing countries’ people working in the US is highly valued as direct aid.

 

Huge weight of remittance from the US to Latin America 

Around 2004, the magazine “Foreign Affairs” reported that salary repatriation from developing countries’ workers in the US reached a total of $ 18 billion in 2000. However, the “Financial Times” calls this a labor force export from developing countries that supplies “new fuel for development”. “Newsweek” in January, 2004, issued feature stories named the “Migration Economy” focusing on migrant labor forces and their remittances.

In other words, Americans say, “There is no other assured way to reach poor families in poor countries than remittances from the US. Their direct effect is higher than governmental ODA.” Looking at the scale of remittances from the US to developing countries at the year 2004-05 level, it has doubled from about $ 21 billion to $ 50 billion over the past ten years.

The breakdown is Latin America $ 14.5 billion, India $ 11.5 billion, Middle East $ 10.4 billion and Eastern Europe $ 6.2 billion. For example, remittances from the US to six Latin American countries accounted for more than 10% of these countries’ GDP.

The US considers remittances from the US to be the “third wave,” as it is the third aid after (1) ODA and (2) private investment and loans to developing countries.

In Southeast Asia, migrant workers from the Philippines to the US are prominent for historical reasons. Among them, the migration of nurses to the US is widely known.

“If a Filipino working abroad increases repatriation by $ 20 per person per month, GDP increases 2%, $1.68 billion a year,” said former Philippine President Gloria Arroyo, who visited California in November 2004.  At the time, the Philippines’ migrant population was estimated to be over 7 million, so the remittance was said to be equivalent to 1% of GDP. Now their migrant population abroad may be in the vicinity of 10 million.

 

Expected role of JICA

In the US, NPOs, corporate philanthropy, universities, religious organizations, and personal donations, are said to be more than 3.5 times the ODA annual budget. Even now, the repatriation of those working in the US is highly valued as a worthy aid record.

Japan’s aid to developing countries is not just limited to ODA and private investment. However, it is also time for people in developing countries to earn money in Japan and repatriate to mother countries in a broader sense. This could be counted as “government aid” or as “direct aid to poor countries”. It can also be an aid concept of Sustainable Development Goals (SDGs).

In response to such new situations, JICA and other ODA agencies should consider ways to help local people improve their skills and knowledge making use of overseas offices and “Japan Centers” in various parts of Asia.

Contributing to the improvement of the quality of workers in developing countries coming to Japan, their remittances from Japan to their home countries should be taken into account as a direct concept of “development country assistance”.

Developing country workers who have acquired new knowledge and skills in Japan may return home to contribute to their own development, or come back to Japan to further enhance their abilities. In this way, Japan will gradually integrate with Asia as the population declines, and eventually Japan will move to an era where it is necessary to live in such a wave of citizens’ exchanges with Asia.

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

 

*****以下、日本語原文*****
羅針盤  途上国援助に“第3の波”  来日する途上国労働者の研修
新たなODA論争

周知のように、日本の人口減少は止まらない。その影響は建設現場での人手不足にとどまらず、全国各地の中小企業をはじめ農業分野、社会福祉分野にまで広がっている。

政府によると、中小企業の休廃業・解散件数は増加傾向にあって2018年は4万6,724件に達し、このままでは中小企業の廃業に歯止めがかからず、地域における雇用や技術が失われる恐れがあると将来への懸念を示している。もし大量の中小企業が廃業に追い込まれると、国内総生産(GDP)の22兆円が減少するという試算もある。

産経新聞(1月25日付)によると、ゼネコン大手の鹿島建設(株)は同社の工事を請け負う協力会社に就職するミャンマー人に対して、来日前に現地で安全教育などを施し、毎年100人規模を協力会社に派遣する方針を明らかにしている。

他方、地方を中心に全国レベルで中小企業の海外展開を支援している国際協力機構(JICA)副理事長、越川和彦氏によると、地方でも海外事業を支える人材不足に悩まされており、なかには進出した先で人を育てて、彼らを日本に連れて来て事業の推進役になってもらうと考えている企業も現れているという。日本は人材確保という点で、まさに試行錯誤の時代を迎えている。

周知のように、中南米のブラジルやペルーから日系人が家族ともども来日して、日本各地で重要な労働力として存在感を高めている。ところが、多くは言葉の問題は言うまでもなく、生活習慣の面でも不自由な生活を強いられているという。そこで、途上国の現地感覚を身につけたJICAの青年海外協力隊OBを派遣して、日系人と日本社会との仲を取り持つ役割を果たしてもらおうという提案もある。

ところが、来日する途上国人材(労働者)への政府開発援助(ODA)ベースの国内支援は「ODAではない」と待ったをかける意見も聞かれる。これに対して、途上国援助(ODA)の最終目的は、その国の人びとの所得を増やし、貧国からの脱出を目指すことであるから、途上国の人びとにとって直接収入となる所得こそ真の援助ではないのか、との反論も聞こえてくる。

そこで目を海外に転じると、米国では途上国の人びとが本国に送金するお金こそ、直接的な援助として高く評価されている。次は少し古い話だが、筆者が2005年頃に取材した米国での同じケースの話を述べてみたい。

 

ODA第3の波

2004年頃、有名な『フォーリン・アフェアーズ』誌は、米国で働く途上国労働者からの本国送金は、2000年レベルで総額180億ドルに達していると報告していた。だが、『フィナンシャル・タイムズ』はこれを“開発に新たな燃料”を供給する途上国からの労働力輸出だと言い、2004年1月号の『ニューズウィーク』は“Migration Economy”と題する移民労働者の送金問題を特集していた。

つまり、米国人に言わせると、「米国からの送金ほど確実に貧しい途上国の家庭に届くお金はない。その直接的効果は政府の対外援助(ODA)より高い」である。そこで、どのくらいの規模で米国から途上国へ送金しているかを2004~05年レベルで展望すると、その時点から過去10年を振り返ると約210億ドルから500億ドルへと倍増している。その内訳を見ると、中南米145億ドル、インド115億ドル、中東104億ドル、東欧62億ドルである。例えば、中南米6カ国が受け取った米国からの送金は、中南米各国のGDP(国内総生産)の10%以上を占めていた。

米国では米国からの送金を、(1)政府開発援助(ODA)、(2)途上国への民間投融資に続く第3の援助と考えて、これを“第3の波”と呼んでいる。

東南アジアでは歴史的な関係からフィリピンの米国への出稼ぎが目立っている。なかでも看護師の米国への出稼ぎは広く知られている。2004年11月にカリフォルニア州を訪れたフィリピンのグロリア・マカパガル・アロヨ大統領(当時)は、「海外で働くフィリピン人が本国送金を1人当たり月額20ドル増やしたら、GDP(国内総生産)の2%に相当し、年間16億8,000万ドルが受け取れる」と述べている。当時のフィリピンの海外出稼ぎ人口は700万人超と見られていたので、送金額はGDP1%に相当すると言われていた。今では恐らく海外出稼ぎ人口は1,000万人レベルではないだろうか。

 

期待されるJICAの役割

米国では、ODAよりも“第3の波”と言われるNPO、企業の慈善活動、大学、宗教団体、個人献金などが注目され、そのスケールはODA年間予算の3.5倍以上だとみられている。今でも米国で働く人たちの本国送金を立派な援助実績として高く評価している。

日本の途上国援助もODAや民間投資のみならず、途上国の人たちが日本で稼いで本国送金することも、広い意味で日本の援助の範囲に入れてもよい時代を迎えていると言えないだろうか。これは“政府援助”にカウントされてもよい、“直接的貧国援助”としてカウントされてもよいものであろう。また、国際的に認知されている持続可能な開発目標(SDGs)にも堂々と入る援助概念であると言える。

こうした新しい局面に対して、かつての職業訓練学校に代わってJICAなどODA実施機関は得意とする研修ノウハウを生かし、海外事務所やアジア各地の「日本センター」を含めて途上国からの出稼ぎ労働者の技術や知識の向上を現地でも助ける方策を検討すべきである。

来日する途上国労働者の質的向上に寄与し、日本から母国への彼らの送金も大きくとらえて直接的な「途上国援助」という概念に含めるべきであろう。

日本で新しい知識や技術を身につけた途上国労働者は、いずれ帰国して自国の発展に寄与したり、あるいは、再度来日して更に能力を高めていく可能性も考えられる。こうして、日本は人口減少が進む中で少しずつアジアとの一体化が進み、いずれ日本はそうした大きなアジアとの国民・市民交流のうねりの中で生きていかなければならない時代へ移行していくことになろう。

 

国際開発ジャーナル主幹 荒木光弥
『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載記事
#羅針盤 #English

Digital Currency using Blockchain technology introduced in Cambodia

Checking balance with the dedicated application ©SORAMITSU CO., LTD.

2020.02 Innovation and Development Special
Digital Currency using Blockchain technology introduced in Cambodia
『International Development Journal』2020 February edition

 

Assisted by a Japanese venture company

In recent years, digital currencies using blockchain technology have been the subject of a great deal of discussion in global financial markets. The upshot of this attention has been a rush for organizations, companies and countries to take advantage of growing opportunities in this space. Perhaps the highest profile example of this came in June 2019, when American social media giant Facebook announced plans to issue its own digital currency, called “Libra.” Another example came in April 2017, when the central bank of Cambodia (also known as the National Bank of Cambodia: NBC), and Japanese venture company Soramitsu Co., Ltd., signed a joint development of digital currencies agreement. It was at this point that development of a blockchain-based national currency in Cambodia began.

Blockchain, also known as “distributed ledger technology,” is a mechanism for continuously recording and managing transaction data, also known as blocks. The main advantage of blockchain technology is that, because data is stored in thousands of devices on a distributed network of nodes, the system and the data are resistant to technical failures and malicious attacks. The digital currency planned by Soramitsu and the NBC is the first attempt by a central bank to utilize blockchain technology, and its development is being watched closely around the world.

 

World standard technology developed

Soramitsu Co., Ltd. was founded in 2016 with the ultimate goal of creating a blockchain that covers the entire world.

According to Soramitsu’s Director, Kazumasa Miyazawa, the company decided to focus on blockchain because, despite promising technologies which were already available, these technologies still faced various operational problems. For example, conventional techniques had a low processing speed, allowed stored data to be accessed far too easily, and did not provide sufficient privacy management. Furthermore, programs were relatively difficult to use. Most used a complex programming language, meaning that only a select group of top engineers were able to develop them.

Another reason Soramitsu developed blockchain technology centres around the Linux Foundation’s launch of the Hyperledger Project in 2016. This project aimed to create a global standard for blockchain. Soramitsu first participated in the project in May of 2016 and was selected as one of the winning entities from about 290 companies in October of the same year. In May 2019 it released “Hyperledger Iroha 1.0” as a commercial version.

The blockchain developed by Soramitsu overcomes many of the problems inherent in digital currency. Specifically, in addition to the high speed and large capacity of its blockchain, access to Soramitsu’s product is limited to specific people, and privacy is protected. Furthermore, development using the blockchain can be easily performed by anyone with even low-level computer programming skills.

At present, Soramitsu uses its own blockchain technology to conduct business in Japan and overseas. In Japan, it is developing a digital regional currency in cooperation with the city of Aizuwakamatsu. Outside of Japan, the Moscow Exchange Group also uses a blockchain on settlement, custody and transfer. However, the development of a digital currency in Cambodia continues to be the company’s biggest international project.

 

Changing the nature of economic transactions

The joint venture between Soramitsu and the NBC came together relatively quickly for a project of its size and scope. In January 2017 the NBC became aware that Soramitsu was developing a global standard for blockchain, and offered to bid on the joint development of digital currencies. The joint development agreement was signed by the two parties about three months after the beginning of discussions, providing evidence that the NBC was serious about the project. After selection, a new digital currency, named Bakong, was developed in cooperation with the bank, and in July 2019, a test operation using Hyperledger Iroha was completed. If the test ultimately proves successful, it is expected to be officially introduced in early 2020.

Bakong has the potential to dramatically change economic transactions in Cambodia. First, Bakong has value, just like cash. Second, users experience no time lag in the Bakong system because the currency arrives immediately after payment. This is a major advantage, because when processing a transaction through a bank, there is normally a time lag between the moment of payment and the actual payment being processed. The Bakong system eliminates this delay. Transactions are also free of charge. The system is also flexible, as payments can be made both using the local currency of Cambodia (the riel) and the US dollar. In addition, remittances can be sent easily; the payer only needs to know the phone number of the other party or scan the QR code displayed on their smartphone.

Miyazawa says one of the main reasons the NBC decided to introduce a digital currency was “attempting financial inclusion.” In Cambodia, only about 20% of the population has a bank account, and about 80% of Cambodians have no means of settlement other than cash payment. On the other hand, smartphone penetration is said to be 150%. By downloading the Bakong application via smartphone, 16 million Cambodian citizens will potentially be able to send money to anyone using a method other than cash. The technology is also expected to increase the number of bank accounts because, while standard Bakong transactions are limited to $250 per day, having a bank account removes such restrictions. In addition, people who need the convenience of online transactions will be encouraged to open bank accounts for larger transactions or business purposes.

 

According to Miyazawa, “currency strengthening” is another reason the CBC decided to introduce a digital currency. In recent years, the possible introduction of a digital Chinese yuan and Facebook’s Libra have been discussed in international financial markets. If such well-known digital currencies are introduced first, the CBC fears a decrease in the use of the Cambodian riel. By introducing Bakong now, Soramitsu and the CBC hope to mitigate both potential concerns.

 

2020: a Potential Landmark Year for Blockchain

Another major reason Soramitsu decided to work with the CBC in the development of cryptocurrencies was an experience Miyazawa had during a previous project. Prior to joining Soramitsu, he worked for the Sony Group and was one of the core members of the launch of electronic currency called “Edy” (now Rakuten Edy). Miyazawa now looks back on his time with Sony as a bitter lesson learned. As with the introduction of credit cards, he has helped develop a mechanism to process payment and then send money later. In this case, even if a small store sells something, there is a time lag until payment is made, and the next purchase cannot be made. The development of Bakong applies this lesson by allowing users to settle and remit payment immediately.

 

Miyazawa predicts that “2020 will be a milestone year for blockchain, as blockchain utilization is progressing around the world”. With the wave of digitization currently occurring in financial and currency markets around the globe, Japan, which has a lot of cash settlements, may need to follow this trend.  (Keitaro Fukushima)

 

*****以下、日本語原文*****
ブロックチェーンを用いたデジタル通貨を導入
  
日本のベンチャー企業が協力

米フェイスブックがデジタル通貨「リブラ」の発行を計画するなど、近年、デジタル通貨が大きな注目を集めている。2017年4月には、カンボジア国立銀行(中央銀行)と日本のベンチャー企業がブロックチェーンの技術を活用したデジタル通貨の共同開発に調印し、国家レベルでの動きも始まった。

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも呼ばれ、取引のデータ(ブロック)を連続して記録・管理する仕組みのことだ。複数の管理者が複数のコンピューターでデータを管理し、データの改ざんができなくなるといった利点を有している。カンボジア中銀が計画するデジタル通貨の発行は、一国の中央銀行がブロックチェーンの技術を活用して行うという点で世界初の試みであり、成否に注目が集まっている。

世界標準の技術を開発

カンボジア中銀とデジタル通貨の共同開発に調印したのがソラミツ(株)だ。「そらみつ」とは万葉集で登場する「大和の国」の枕詞で、「大和の国を空が満たす」という意味だ。「世界中を覆うようなブロックチェーンを作りたい」という願いの下、2016年2月に万葉集から社名を命名する形で同社は設立された。

ソラミツの宮沢和正特別顧問によると、同社がブロックチェーンに着目したのは今後、期待できる技術にもかかわらず、依然として、運用面でさまざまな問題点を抱えていたからだ。例えば、今までの技術であると、処理速度が遅い上、保管されているデータへのアクセスが容易であり、プライバシー管理が十分でなかった。さらに特殊な言語を使うなどプログラムが難しく、一部の優秀なエンジニアしか開発ができず、なかなか普及が進まないのが実情であった。

こうした状況で渡りに船だったのは、2016年にリナックス・ファウンデーションが「ハイパーレジャー・プロジェクト」を立ち上げたことだ。このプロジェクトはブロックチェーンの世界標準を作ることを目指すもので、同年5月にソラミツも参画した。同年10月に約290社の中から開発事業体の一つとして選定された後、2年半にわたる開発を続け、2019年5月に商用バージョンとして、「ハイパーレジャーいろは1.0」を発表するに至った。

ソラミツが開発したブロックチェーンは今まで指摘されていた課題をすべて克服するもので、安心して利用できる技術だ。具体的には高速大容量となったのに加え、アクセスは特定の人だけに限られ、プライバシーは保護されている。その上、一般的なプログラム開発ができる人であれば、簡単に利用できるようになっている。

現在、ソラミツは自社が持つブロックチェーンの技術を用いて、国内外で事業を展開している。国内では会津若松市と連携して、デジタル地域通貨を開発中だ。国外では、モスクワ証券取引所グループにおける決済および証券保管・振替(保振)のブロックチェーン化を手掛けている。そして、同社最大の海外案件となっているのが冒頭で紹介したカンボジアにおけるデジタル通貨の共同開発だ。

 

経済取引のあり方を変える

カンボジア中銀との共同事業は実にスピーディーだ。ソラミツがブロックチェーンの世界標準を開発していると知ったカンボジア中銀がデジタル通貨の共同開発に向けた入札参加を持ちかけたのは2017年1月のことだ。それから3カ月ほどで共同開発に調印しており、カンボジア中銀の本気度が垣間見える。選定後は同行とデジタル通貨「バコン」を開発し、19年7月にはハイパーレジャーいろはを活用したテスト運用に漕ぎ着けた。上手く行けば、20年の早期を目途に正式に導入される見込みだ。

デジタル通貨「バコン」は、カンボジアにおける経済取引を劇的に変えうる特徴を有している。まずバコンはそれ自体が現金と同等の価値を持ち、送金が可能だ。通常、銀行を介した取引であると、入金を指示するタイミングと実際の入金までにタイムラグがあるが、バコンは支払ったタイミングですぐに相手先に到達するため、取引完了までのタイムラグがない。そして取引は手数料無料で行える。これらは自国通貨リエルと米ドル建てで可能だ。さらに送金は相手の電話番号が分かれば、またはスマホに表示されたQRコードをスキャンさえすれば、容易にできる。

それでは何故、カンボジア中銀はデジタル通貨を導入する決断に至ったのか。宮沢特別顧問は背景の一つに「金融包摂の試み」を指摘する。カンボジアでは国民の銀行口座の開設率が2割程度と低く、8割程度が現金支払い以外の決済手段を有していなかった。他方、スマートフォンの普及率は150%と言われる。スマートフォンにバコンのアプリをダウンロードすれば、計算上、1,600万人のカンボジア全国民は誰でも決済・送金できるようになり、決済手段が増える。そして銀行口座開設率の向上にもつながると期待されている。バコンを使った取引は一日250ドルに制限されているが、銀行口座を持てば、そのような制限はなくなる。オンライン上での取引に利便性を感じた国民がビジネス目的も視野に、より多額の取引をしようと銀行口座を開設するよう仕向けるということだ。

続けて、宮沢氏はもう一つの背景に「自国通貨の強化」を挙げる。昨今、国際金融市場では中国のデジタル人民元やリブラが話題になっている。このような利便性の高いデジタル通貨が先に導入されてしまえば、「自国通貨が利用されなくなる恐れがある」と、カンボジア中銀は危機感を抱いていたという。今回、バコンを導入したのは、そうなる前に先手を打つという意図があったと、宮沢氏は続ける。

 

今年はブロックチェーン元年に

実はソラミツが仮想通貨の開発に協力する背景の一つに、宮沢氏が前のプロジェクトで経験した思いがある。以前はソニーグループに勤務し、電子マネー「Edy」(現在の楽天Edy)の立ち上げに中心的なメンバーの一人として加わった。その宮沢氏が今、苦い教訓として振り返るのは、クレジットカードと同様に後日にまとめて入金する仕組みにしてしまったことだ。これでは販売しても、入金までにタイムラグがあり、小規模店舗では次の仕入れができない。この教訓を生かして、バコンでは即時に決済・送金がされるようにした。

宮沢氏は、「2020年は世界各国でブロックチェーンの活用が進み、“ブロックチェーン元年”という節目の年となる」と予想する。金融・通貨市場にもデジタル化の波が押し寄せる中、旧態依然とした現金決済が多い日本も変化に対応していく必要があるのではないか。

(福島 勁太郎)

 

『国際開発ジャーナル』2020年2月号掲載記事
#特集 #ブロックチェーン #デジタル通貨 # English

Photo Exhibition of Japan’ s ODA held in China

Qinhuangdao Port Expansion Project (the first Japan’s ODA to China)

©The International Development Journal Co., Ltd.

Compass Finding New Ways by Looking to the Past – Photo Exhibition of Japan’ s ODA held in China
『International Development Journal』2020 February edition
More than 3.2 trillion yen loan to China

Official Development Assistance (ODA) to China to support the policy of “Reform and Opening-up” will end at the end of FY 2021. Taking such opportunity, in December 2019, a joint photo exhibition and symposium on the 40th anniversary of Japan’s ODA with China was jointly held by the Japan International Cooperation Agency (JICA) and Tsinghua University in Beijing to commemorate the 40th year of Japan’s ODA to China that began in February, 1979. At the opening ceremony, former Prime Minister, Yasuo Fukuda, was in attendance to make a speech. It was his father, former Prime Minister Takeo Fukuda, signed the Japan-China Peace Friendship Treaty in 1978.

The photo exhibition was entitled “Building a New Era in Japan-China Relations— Trajectories and Achievements of Japan-China Economic Cooperation since Reform and Opening-up”.  It was assisted by the International Cooperation Bureau of the Ministry of Science and Technology, the International Finance Cooperation Bureau of the Ministry of Finance, and the Embassy of Japan in China.

According to the Ministry of Finance of China, the total amount of Japan’s ODA loans to China from 1979 to 2007 was 3 trillion and 216 billion yen for 231 projects. The target fields cover a wide range of industries including agriculture, transportation, energy, communications, environmental protection and human resource development. According to the Ministry of Science and Technology of China, 131 technical cooperation projects, 212 development studies, 37,335 training programs, 9,490 dispatch of Japanese experts, 855 volunteers, and 190 Grassroots technical cooperation have been implemented, with a cumulative total of 185 billion yen.

In the infrastructure field, many port development projects were progressed in Qinhuangdao, Dalian, Hebei, Qingdao, Lianyung, Shanghai, Baoshan, Shenzhen and Hainan Island. Airport projects included Shanghai Pudong International Airport, Beijing, Wuhan, Xi’an, Lanzhou, Urumqi and some others were implemented. In power development field, seven hydropower projects and five thermal power projects were also completed.

In particular, forestry projects including tree planting should be evaluated highly. They strongly contributed to the prevention of desertification and toward land conservation. The desertification phenomenon is happening even near Beijing and many places are also under threat of desertification.

In 2007, the Japanese ODA loan unit signed a memorandum of understanding with China’s National Environmental Protection Agency on national environmental protection cooperation. The Japan-China Friendship Center for Environmental Protection was established by grant assistance. Environmental damage in China has been serious and has been described as an “environmental department store,” including greenhouse gas emissions, air pollution, marine pollution and desertification. The Chinese government doubled its environmental investment in the ninth Five-Year Plan (1996-2000), and Japanese ODA loans accounted for about 10% of the total environmental investment. About 3% of foreign funds are allocated for environmental improvement and prevention. In particular, the introduction of a recycling-oriented economic policy, aimed at reuse of factory exhaust gas and recycling of waste, is highly evaluated.

 

Spirit of Reform and Opening Policy

Now, I want to get into the main topic here.

The Secretariat stated its intention of holding a “Symposium and Photo Exhibition on the 40th Anniversary of the commencement of Japanese ODA to China”; “Chinese and economic development from the “Reform and Opening policy up to the Xi Jinping’s “New Era”, and Japan-China economic and technical cooperation activity would be looked back upon. Through this process, we hope especially young people and citizens of China to take notice and reconsider this period of history.”

How do you look back upon the past while looking toward the future? It is a good subject when you think about China today. There are various ideas about this. For example, today’s Xi Jinping’s “New Era” has been realized precisely because there were reform and opening policies from 1980. In the meantime, the aim of the symposium and exhibition event is for the younger generation to know how devotedly Japan has cooperated with China to cultivate bilateral friendship.

On the other hand, it seems that the dramatic growth of China looks back here and hopes that the younger generation of China will return to the beginnings of “Reform and Opening-up” and think about the future of China.

Last year, NHK’s program “Japanese who supported the reform and opening of China” attracted a lot of interest among Japanese people. As is well known, China escaped from post-Cultural Revolution turmoil largely because of the “Reform and Opening” policies led by Deng Xiaoping. Japan was one of the first countries to lend money to China in the hopes of an “open country” when the world was reluctant to lend to China. Japan provided funds for the construction of airports, ports, railways and electricity, that became the nation’s basic infrastructure, and Japan also supported China’s reform and opening-up.

 

Anxiety about the Xi Jinping Dynasty

The NHK program portrayed Japan’s efforts on the construction of the Baoshan Steel Works, which was the driving force of modernization in China. It also focused on a deep exchange between Gu Mu, former Vice Premier of China with Saburo Okita, former Foreign Minister of Japan, who played a dedicated role in rebuilding Japan after the World WarⅡ. It is said that Japan’s postwar reconstruction policy was a valuable reference for China’s economic construction. Mr. Okita’s lecture in Beijing on “Japan’s Post-war Reconstruction Policy” had a significant repercussion, extending to the Chinese leaders, and he became an advisor to China on reform and opening-up. This is symbolic of Japan’s intellectual contribution to China.

 

At the beginning of the reform and opening-up, China was certainly given the image of an “Open Country.” It was thought that the degree of freedom and opening would also increase. The political system, which was governed by the Communist Party’s collective leadership system, has now changed dramatically. The dictatorship of Xi Jinping is becoming a strong governing system like the successive dynasties of China’s emperors in the past. Many are worried about what the reforms and opening-up will be and how it will impact the future of China. It is not clear what the young people who watched this exhibition on Japan’s ODA in China really thought. But it would be good for the fast-growing China to take a stop for a while and look back on its past to build the trust of the people of the world. I want China to think about what a civilized open country should be. If only these thoughts can send a message to Chinese youth through the retrospective exhibition of China’s ODA, it will be a meaningful significance.

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ
 
*****以下、日本語原文*****
 
羅針盤 「温故知新」のODA中国写真展 気になる中国青年たちの現状認識
3兆2,000億円余の対中円借款

中国への政府開発援助(ODA) は「改革開放」を支援することから始まり、2021年度末をもってすべて終了することになった。そうした中、1979年2月から始まった対中ODAの40年目という節目となった2019年、12月7日から13日にわたり国際協力機構(JICA)と北京の清華大学との共催による「対中ODA40周年総括写真展・シンポジウム」が開催された。

開幕式では福田康夫元首相が出席してスピーチを行った。父の福田赳夫元首相は1978年に日中平和友好条約を結んでいる。写真展は、題して「新時代の日中関係を築く―改革は開放以来の日中経済協力の軌跡と成果」。後援は中国科学技術部国際協力局、財政部国際財政協力局、在中日本大使館だ。

中国財政部によると、対中円借款協力(中国は対中ODAは、いわゆる途上国援助ではないという立場をとっている)は、1979年から2007年までの最後の円借款を含めて合計3兆2,165億円、231プロジェクトに達している。対象分野は工業、農業、交通、エネルギー、通信、環境保全、人材育成と幅広い。さらに、中国科学技術部によると、40年間で131件の技術協力、212件の開発調査、3万7,335人の研修、9,490人の日本からの専門家派遣、855人のボランティア派遣、190件の草の根技術協力が実施され、その累計額は1,853.02億円に達する。インフラ関連では、港湾が秦皇島港湾拡充から始まり、大連、河北、青島、石臼湖、連雲、上海、宝山、深圳、海南島の港湾開発。空港は上海浦東国際空港に続いて北京、武漢、西安、蘭州、ウルムチなど。開発事業では水力の天生橋水力、五強渓ダム、北京十三陵 揚水発電所などの水力発電が7件。その他に火力発電の案件が5件実施された。

筆者は対中協力の中でも、国土保全を考えると砂漠化防止にも貢献する林業(植林)事業を注視し、その協力の純度を高く評価している。砂漠化現象は北京近郊にまで迫っているから、中国は砂漠化の脅威にもさらされている。 中国の国家環境保護協力については、2007年、円借款部門が中国の国家環境保護総局と覚書きを結んでいる。無償援助では日中友好環境保全センターを設立している。中国の環境被害は深刻で、例えば温室効果ガス排出、大気汚染、海洋汚染、砂漠化など、まさに“環境問題のデパート”と言われてきた。その中で、中国政府は第9次5カ年計画(1996年~ 2000年)で環境投資を倍増させ、日本からの円借款は環境総投資額の約10%。外国資金の約3%を環境改善、予防に充てている。なかでも、工場の排ガスの民間利用や廃棄物の再利用を目指す循環型経済政策の導入は高く評価される。

見失われたか改革開放の心

さて、ここで本題に入りたい。 今回の「対中ODA40周年総括写真展・シンポジウム」について、当事者は開催の意図をこう述べる。

「改革開放政策から習近平“新時代”に至るまでの中国の経済発展と、そこに関わっていた日中の経済技術協力活動を振り返り、特に中国の青年層や市民層がこの間の歴史を振り返るための参考にされることを期待した」

過去をどう振り返り、そして将来をどう展望するか。今の中国を考える時の良い命題だ。これにはいろいろな考えがある。例えばその一つは、1980年からの改革開放政策があったからこそ、今日の習近平“新時代”が到来した。その間、日本が友好のためにどれだけ献身的に協力したかを今の若い世代に知ってほしいという狙い。

もう一つは、劇的に成長した中国がここで過去を振り返り、「改革開放」の初心に戻って、中国の進むべき将来を中国の若い世代に考えてほしいという願いが込められているように思われる。

昨年はNHKの「中国改革開放を支えた日本人」という番組が多くの関心を集めた。周知のように、中国が文化大革命後の混迷期から脱出できたのも、鄧小平による「改革開放」政策によるところが大きい。日本は世界中が中国への融資を渋っている時に、「開かれた国」を願って先陣を切るように融資した国である。国家の基礎インフラともいうべき空港、港湾、鉄道、電力への建設資金を提供し、中国の改革・開放を援護した。

習近平王朝への不安

NHKの番組では、中国近代化の走りとなった宝山製鉄所建設をめぐる日本の悪戦苦闘劇が描かれ、次いで、中国経済再建のための政策立案に関しては、改革開放政策を担当した谷牧副首相と、戦後の日本再建のために献身的な役割を果たした元外相、大来佐武郎との厚い交流が取り上げられている。

中国の経済再建には、日本の戦後復興政策が貴重な参考になったと言われている。北京での大来氏の「日本の戦後復興政策」という講演が大反響を呼び、これが中国首脳部にまで及び、大来氏は改革開放のアドバイザーを務めることになる。これは日本の中国への知的貢献を代表するものになった。

改革開放が始まった頃の中国は、確かに「開かれた中国」というイメージが強く与えていた。自由開放度も高くなると考えられていた。政治体制は共産党による集団指導制がとられていたが、今では大きく変わった。習近平の独裁体制へと進み、中国歴代王朝の帝王のような支配体制を築こうとしている。今では改革開放とは何だったのかと、中国の将来に不安を抱く人は多い。

今回の対中ODA40年の回顧展を見学した青年たちが、何を思い、考えたかは判然としないが、急成長している中国は少し立ち止まって、過去を振り返りながら、世界の人々の信頼を得られているのか、文明的な開かれた国のあり方を考えてほしい。対中ODAの回顧展を通してこうした思いが中国の青年達に何らかのメッセージを送ることができたなら、開催意義は大きい。

国際開発ジャーナル 主幹 荒木光弥
『国際開発ジャーナル』2020年2月号掲載記事
#羅針盤 #中国 #English

Participation in the Paris Club of India pressures China

Press Conference for The Seventh Tokyo International Conference on African Development (TICAD7)

©The International Development Journal Co., Ltd.

IDJ-Report
Participation in the Paris Club of India pressures China
Point Analysis of the G20 Osaka Summit Declaration
『International Development Journal』 2019 November edition

 

Despite being included in the Summit Declaration at the G20 Osaka Summit held in June of 2019, there were issues barely reported in the mass media. They include an expansion of the membership of the Paris Club, the public debt consulting organization. There is also a glimpse of the medium- to long-term strategy of developed countries including Japan, the US and Europe which want to make all BRICS, including emerging donors China and India, permanent members of the Paris Club.

 

India’s participation strongly welcomed

The Paris Club is an informal organization that discusses the rescheduling and reduction of public debt to help debtor countries. It was originally named in 1956 when Argentina’s debt negotiations began with creditors gathering at the French Ministry of Finance. It is a loose, informal framework. Permanent members include 21 countries that are members of the Organization for Economic Co-operation and Development (OECD) including Japan, the United States, Europe and Russia.

There are also associate members (ad hoc participating countries) such as China, Turkey, Saudi Arabia and South Africa, who can attend at any time with the approval of the permanent members and the debtor countries. In addition, the International Monetary Fund (IMF), the World Bank, the Asian Development Bank (ADB), and the OECD Secretariat also attended as observers. The G20 Osaka Summit Declaration, adopted on June 29, stated, “We support the ongoing work of the Paris Club, as the principal international forum for restructuring official bilateral debt, towards the broader engagement of emerging creditors and we welcome India associating voluntarily with the Paris Club to cooperate in its work on a case-by-case basis.”

 

Expanding economic cooperation with Africa 

Behind India’s participation is the expansion of “South-South cooperation” with other developing countries. Looking at the history of economic assistance in India, we have mainly supported human resource development in neighboring countries in South Asia, centered on the “India Technology and Economic Cooperation Program (ITEC)” launched in 1964. But what has been growing in recent years is the financing of the import and export bank, a government-affiliated financial institution. In 2014, India provided 194 projects in 63 countries, totaling $ 11.7 billion, according to a report from the German Institute for International Security (SWP). Of that amount, $ 6.6 billion was for Africa. 58% of total funding for the past 10 years since fiscal 2006 is for Africa. According to reports, Ghana and Swaziland have supported the construction of the Parliament Buildings, and have also announced cooperation in the construction of conference centers in 21 African and other countries, including Niger. It seems to follow the Chinese way. India has also established the India-Africa Forum Summit (IAFS) since 2008, taking into account Japan and China’s African cooperation. In 2017, India invited and held a meeting of the African Development Bank (AfDB) in Gujarat, home of Prime Minister Narendra Modi. At that time, in collaboration with Japan, the “Asia-Africa Growth Corridor (AAGC)” was launched.

Indian companies are also actively expanding. Approximately 140 Indian companies, including IT and automotive, have entered the South African country alone and have invested more than $ 4 billion. Moving forward, the company will accelerate its entry into Africa with a view to the common market of the African Continental Free Trade Area (AfCFTA), which went into effect in May.

 

Growing Debts of African Countries

On the other hand, according to Yoshino Takeyama, a researcher at the Institute for International Monetary Affairs, the public debt balance of sub-Saharan African countries has increased from 31.6% of GDP in 2013 to 49.1% in 2018. The percentage of foreign currencies has increased by more than half. The public debt to GDP ratio of 60% is considered a “danger zone,” but the ratio in Sub-Saharan Africa has been rising since the Lehman Crisis in 2008. According to Sayuri Shirai, a professor at Keio University, Zambia, that has abundant metal resources, is seeing increased external debt and increasing involvement of the IMF.

India’s decision to join the Paris Club is thought to strengthen its active involvement in the African market and hedge the risk of public debt. Brazil and Russia are permanent members of the Paris Club, and China and South Africa are also associate members, so it is possible for all five emerging BRICS countries to participate. However, there are significant differences between permanent members and associate members. Permanent members are able to take the lead in debt relief and have the advantage of maintaining their own debts, but as a prerequisite, they have to disclose full information on development cooperation.

Many of the permanent members, other than Russia, have joined the OECD and are also on the Development Assistance Committee (DAC), which sets the rules for aid. Russia joined the Paris Club in 1997 and is cooperating with developed countries in development cooperation.

“The Paris Club helps to reduce the risk of financial assistance to the former Soviet countries,” said Andrei Shelepov, Research Fellow at The Center for International Institutions Research, Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration (RANEPA). He participated in the Northeast Asian Development Forum held at the JICA Research Institute in Tokyo in September 2019. He said, “Russia has been sanctioned for Crimean issues and would have difficulty joining the OECD, but adheres to DAC rules.”

A Japanese government source involved in the G20 Finance Ministers and Central Bank Governors’ Meeting held in June 2019 says, “In the mid- to long-term, having India as an associate member has set BRICS as a starting point to become a permanent member of the Paris Club. For the time being, China will not join the OECD, which criticizes it as “a developed country village and it’s hard to imagine it ever joining. But the Paris Club is profitable and China could be a permanent member.”

 

Chinese scholars think “positive”

China has already shown a positive attitude toward the Paris Club at the 2016 G20 Hangzhou Summit. At the then-Leader’s Declaration, led by the Presidency of China, “we will play a more constructive role, including continued regular attendance at the Paris Club Meeting  and further discussions on possible participation. We welcome China’s intention to do so.”  In the year 2016, Korea and Brazil became permanent members of the Paris Club, and China incorporated RMB into the IMF’s Special Drawing Rights (SDR).

Professor Meibo Huang, Director of the Institute for International Development and Cooperation of Shanghai University of International Business and Economics, who participated in the Northeast Asian Development Forum, said, “There is a lively debate within the government about the membership of the Paris Club as a permanent member. I think there is an advantage and a possibility of membership in expanding development cooperation.” On the other hand, some observers state that “China has more than 20 government agencies with development cooperation budget and it will take time to disclose a large amount of information”, said Xiaomin Zhang, Associate Professor of Beijing Foreign Studies University. However, few voices have strongly refused their possible membership.

In the past, China has mainly pursued bilateral negotiations with debtor countries if there is a need for debt reduction and risk reduction. But if China joins the Paris Club, developing countries will also have an advantage in debt processing.

The DAC of OECD is conducting dialogue with China over development cooperation. It is necessary to focus on China’s response to the Paris Club in the future. (Yukifumi Takeuchi)

 

*****以下、日本語原文*****
インドのパリクラブ参加で中国にも圧力
G20大阪サミット首脳宣言で報じられなかった論点 

 

2019年6月に開かれたG20大阪サミットで首脳宣言に盛り込まれたにもかかわらず、マスメディアでほとんど報道されなかった論点がある。公的債務の協議組織であるパリクラブの加盟国拡大である。新興ドナーの中国、インドを含むBRICS全部を恒久メンバーとして加盟させていきたい日本など先進国側の中長期戦略も垣間見える。

 

 「インドの参加を歓迎」

パリクラブは債務国の救済のため、公的債務の繰り延べ(リスケ)や削減について協議する非公式な組織だ。もともと1956年に、アルゼンチンの債務問題協議に債権国がフランス財務省に集まって発足したため、この名がついた。緩やかな非公式の枠組みである。 恒久メンバーとしては、日米欧など経済協力開発機構(OECD)加盟の21カ国とロシアが入っている。さらに恒久メンバーと債務国の了解を得て随時、出席する準メンバー(アドホック参加国)がある。中国、トルコ、サウジアラビア、南アフリカなどだ。さらに国際通貨基金(IMF)、世界銀行、アジア開発銀行(ADB)、OECD事務局などがオブザーバー参加している。 6月29日に採択されたG20大阪サミット首脳宣言では、「二国間の公的債務を再編するための主要な国際フォーラムとして、債権者たる新興国のより多くの参加に向けてパリクラブが進めている取組を支持する」と、その役割を評価した。その上で「我々は、パリクラブと協働するために、インドがパリクラブに事案に応じた参加を自発的に決定したことを歓迎する」とし、インドがアドホック参加国となることを明らかにした。

 

拡大する対アフリカ経済協力   

インドの参加の背景には、他の開発途上国に対する“南南協力”の拡大がある。 インドの経済援助の歴史を見ると、1964年に発足した「インド技術経済協力プログラム(ITEC)」を中心に、南アジアの隣国などで主に人づくり支援をしてきた。だが、近年伸びているのは、政府系金融機関である輸出入銀行の融資などだ。ドイツ国際安全保障研究所(SWP)の調査報告によると、インドは2014年度、世界63カ国に194件、総額117億ドルの資金協力を実施した。このうち66億ドルがアフリカ向けだった。2006年度から10年間の資金協力累計でも58%がアフリカ向けだ。

報道によると、ガーナやスワジランドでは国会議事堂建設を支援し、ニジェールなどアフリカ21カ国の会議場建設の協力も表明した。何やら中国のやり方を踏襲しているように見える。インドは日本や中国のアフリカ協力も参考に、2008年から「インド・アフリカ・フォーラム首脳会議(IAFS)」を定例化した。2017年にはナレンドラ・モディ首相の出身地、グジャラート州でアフリカ開発銀行(AfDB)の総会を誘致、開催した。その際、日本と連携で「アジア・アフリカ成長回廊(AAGC)」構想も打ち上げた。

インド企業の進出も活発だ。南アフリカ共和国だけでITや自動車などインド企業約140社が進出し、投資額は累計40億ドル以上に及ぶ。今後は、5月に発効した「アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)」の共通市場を視野に、アフリカ進出を一層加速させるだろう。

 

 増加するアフリカ諸国の債務

一方、(公財)国際通貨研究所の竹山淑乃研究員によると、アフリカのサブサハラ諸国の公的債務残高は2013年のGDP比31.6%から2018年に同49.1%となり、内訳も外貨建ての割合が半分以上に拡大している。公的債務の対GDP比率は60%が「危険ゾーン」とされるが、サブサハラの同比率はリーマン危機の2008年以降、上昇し続けている。白井さゆり慶応大学教授によると、金属資源が豊かなザンビアも対外債務が増え、IMFの関与が強まっている。

インドのパリクラブ参加の判断は、自国のアフリカ市場への積極関与と公的債権のリスクヘッジを強める思惑と考えられる。パリクラブではブラジル、ロシアが恒久メンバーで、中国、南アも準メンバーであるため、新興大国BRICS全5カ国の参加が実現する形だ。

もっとも、恒久メンバーと準メンバーの立場は大きな差異がある。恒久メンバーなら債務救済を主導でき、自国の債権保全なども有利にできるが、その前提として開発協力に関する全面的な情報開示が迫られる。恒久メンバーのうち、ロシア以外は多くがOECDに加盟し、援助ルールを定める開発援助委員会(DAC)にも入っている。

そのロシアも1997年にパリクラブに加盟し、開発協力では先進国と協調を進めている。9月末に東京のJICA研究所で開かれた北東アジア開発フォーラムに参加したロシア政府系研究所、RANEPAのアンドレイ・シェレポフ研究員は「パリクラブは旧ソ連圏諸国への経済援助のリスク対策に役立つ。ロシアはクリミア問題で制裁され、OECD加盟は難しいが、DACルールは順守している」と述べた。

今年6月のG20財務相・中央銀行総裁会議(福岡市)、大阪サミットに関わった日本政府筋は言う。「インドを準メンバーに迎えたことで、中長期的にはBRICS全部がパリクラブの恒久メンバーになる出発点に立った。中国は『先進国村だ』と批判するOECDに加盟することは当面、考えにくいが、パリクラブなら実利があり、恒久メンバーとして加盟もありうる」

 

中国識者も「可能性ある」

その中国は既に2016年、G20杭州サミットでパリクラブに前向きな姿勢を示している。この時の議長国、中国が主導した首脳宣言で「我々は,中国のパリクラブ会合への継続した定期的な出席および、参加の可能性に関する更なる議論を含む、より建設的な役割を果たそうという中国の意図を歓迎する」との文言が盛り込まれた。

この年は韓国、ブラジルがパリクラブの恒久メンバーになり、中国はIMFの特別引出権(SDR)構成通貨に人民元が組み込まれた。

前述の北東アジア開発フォーラムに参加した上海対外経貿大学の国際発展合作研究院院長、黄梅波教授はこう言う。「パリクラブの恒久メンバーとしての加盟については、政府内で活発な議論になっている。開発協力を拡大する立場としては利点もあり、加盟の可能性はあると思う」と述べた。

その一方、「中国は開発協力予算が20以上の政府機関にわたっており、まとまった情報開示には時間がかかる」(北京外国語大学国際関係学院の張效民副教授)との見方もある。だが、加盟の可能性を強く否定する声は少なかった。また、中国は従来、債務削減やリスケの必要性があれば、債務国との二国間交渉で主に進めているが、中国がパリクラブに加盟すれば、途上国にも債務処理に利点がある。

開発協力をめぐる中国との対話はOECDのDACが進めている。中国のパリクラブへの今後の対応も、注視していくことが必要だ。(本誌編集委員:竹内幸史)

 

『国際開発ジャーナル』2019年11月号掲載記事
#IDJ-Report #English  #G20  #Paris Club #India  #China

Gender Mainstreaming- A New Development Agenda Challenge for Japanese ODA

©Asian University for Women

©Asian University for Women

 

2019.08 Gender and Development Special 
Gender Mainstreaming- A New Development Agenda Challenge for Japanese ODA
『International Development Journal』 2019 August edition
 
Gender perspective on infrastructure

In June, 2019, the G20 Principles on Quality Infrastructure Investment were approved at a Meeting of the G20 Finance Ministers and Central Bank Governors in Fukuoka. It stipulated that “particular consideration should be given to methods of promoting women’s empowerment through opportunities created by infrastructure investment.”

 

Until now, the interrelationship between infrastructure investment and women’s empowerment has not been discussed very much. However, with growing understanding in recent years that women’s empowerment is driving economic growth, the importance of a gender perspective in quality infrastructure investment has been recognized. Ms Atsuko Kamei, the Director of the office for Gender Equality and Poverty Reduction, Infrastructure and Peacebuilding Department at Japan International Cooperation Agency (JICA), said, “We have entered a new era.”

 

In response to these changes in development trends, donors and international organizations in each country are promoting organizational reform and gender mainstreaming in projects.  The Inter-American Development Bank (IDB) also says that it has developed a gender action plan for all projects. Gender is no longer one of the “considerations” of the project, but an important factor that must be taken into account.

 

Numerical targets in JICA’s mid-term plan

Although JICA started its move toward gender mainstreaming about 20 years ago, it has not progressed as far as expected. However, in the mid-term plan for FY2017-2021, a numerical target was set to increase the ratio of projects that incorporate a certain amount of gender-related measures to at least 40% on a value basis. “The fact that the numerical targets were set in the medium-term plan indicates that the organization has a strong awareness of the issues,” said Kamei.

 

The Office for Promotion of Gender Equality and Poverty Reduction checks projects under all schemes, such as ODA loans, technical cooperation and private partnerships, in addition to implementing projects mainly for gender equality. It also provides feedback and advice based on gender perspectives. However, they don’t have any enforcement powers. “Even if we say that construction companies should hire a certain number of women when doing construction work, they have their own resource issues, so we leave it up to the discretion of department in charge,” said Kamei.

 

Under these circumstances, projects incorporating a gender perspective are gradually increasing, mainly in agriculture and disaster prevention. Ms Kamei said, “I want to focus on gender mainstreaming in the infrastructure field for the time being based on the Japanese government policy of promoting high quality infrastructure.” She gives the example of the Delhi Metro which has a variety of initiatives including installing women-only carriages, monitoring cameras and employing female crews and conductors. Similar projects are being considered in Dhaka, Bangladesh. Also, within the ODA loan project currently underway in Sri Lanka to develop an LRT system for urban transport systems. Preparation of gender action plans and on-site gender training are being promoted.

 

Women as a vehicle for change

In order to promote gender mainstreaming, it is necessary to clarify local gender issues and incorporate activities that contribute to solving these issues into the plan from the project formation stage. At such times, there is a need to determine whether there are any influences in various processes, such as identifying needs and grasping / analyzing the status of achievements / impacts, based on the gender norms unconsciously held by the government officials and implementers of the partner country. Care must also be taken to ensure that projects are planned and implemented more fairly.

 

However, one thing that tends to fall into such situations is thinking, “We should consider some women as beneficiaries.” Instead, gender equality can be seen by treating women as vehicles for change and aiming to develop skills and change to social norms so that women can demonstrate their abilities. It is difficult to make such changes dramatically in countries such as the Islamic states where traditional role norms are rooted. However, as in the case of Egypt’s Improving Small-scale FarmersMarket-Oriented Agriculture Project (ISMAP)”, a change of the relationship between men and women can be created.

 

To achieve such gender main streaming of all projects, Ms Kamei believes that it is desirable for each business unit to take the initiative. However, there are many issues to be addressed, such as improving the gender literacy of JICA, as a whole, as well as expanding the Gender Equality and Poverty Reduction Promotion Office from the current four-person system.

 

Development consultants’ perspectives

Development consultants are also moving, with the Engineering and Consulting Firms Association (ECFA) conducting gender training with JICA. However, many consultants are worried that they don’t know what to do. “It is difficult to implement a project with consideration for gender without budgetary measures or specific descriptions in the specifications and instructions.”

 

In addition, there are voices calling for JICA staff to increase their gender awareness and knowledge and to expand their gender experts. Until now, there have been few projects in Japan’s ODA that gender experts can participate in, even if they are studying gender in particular, and the brain drain of gender experts often occurs. How do you develop and secure human resources in the future? That may need to be considered by JICA and the development business community, as a whole. In this sense, IC Net Co., Ltd. is working to strengthen its employees and has received orders for various gender projects, not only from Japan’s ODA but also from the World Bank and Japan’s ministries.

 

In promoting JICA’s gender mainstreaming, there are examples of projects that have not been proposed as gender projects but that have been successful as part of such projects. It is also necessary to make these outcomes more visible. If gender-specific statistics are collected and analyzed at the time of evaluation for all activities, such as the proportion of men and women who participate in the training, even those who are not gender-aware will become so.

 

Included into SDGs 

While promoting gender mainstreaming in various areas, it is important to tackle issues arising from gender inequality. Although JICA promotes gender mainstreaming, the proportion of projects focusing on gender equality has not increased much. Compared with other donors, the OECD/DAC countries average is 3.8% and Japan is only 0.6%.

 

In addition to treating it as a cross-cutting issue, it is necessary to support gender issues as one of the development issues as well as in infrastructure and agriculture. In the Sustainable Development Goals (SDGs), gender equality was set out in Goal 5. In the previous discussion, there were some negative opinions, “it is not necessary to set Goal 5 because all the goals should be gender perspectives.” But gender interests and commitments around the world will change significantly, depending on whether it is included into the 17 goals.

 

However, none of these SDGs mention LGBT (one of the words for sexual minority, acronym for lesbian, gay, bisexual and transgender). In the world, as there are lawful countries for same-sex marriages and, on the other hand, countries that outlaw same-sex relationships, so it could not be included in the common goal.

 

If Japan’s development cooperation is concerned about gender, it may be also necessary to look at LGBT in the future. As the development trend moves toward gender mainstreaming, it is time for Japan to take a step in this wave as a new challenge. (Saki Kawata)

 

*****以下、日本語原文*****
ジェンダー主流化:日本の援助の新たな強みに 本腰入れる時期
インフラにもジェンダー視点

今年6月、福岡で開かれた20か国財務大臣・中央銀行総裁会議で「質の高いインフラ投資に関するG20原則」が承認された。その中には、「インフラ投資により創出される機会を通じて、女性のエンパワーメントを如何に促進するかを、特に考慮すべき」と明記された。

インフラ投資と女性のエンパワーメント。これまで相互の関連性はあまりないと思われてきた。だが近年、女性のエンパワーメントは経済成長を牽引するという理解が広まる中、質の高いインフラ投資においてもジェンダー視点を入れることの重要性が認識されたのである。「一つの新しい時代に入った」と、国際協力機構(JICA)社会基盤・平和構築部 ジェンダー平等・貧困削減推進室の亀井温子室長は感じている。

こうした開発潮流の変化を受けて、各国のドナーや国際機関は組織改革や案件におけるジェンダー主流化を進めている。(ADB、DFIDの取り組みは22~23ページ参照)米州開発銀行(IDB)も、全ての案件においてジェンダーアクションプランを作っているという。ジェンダーはもはや、案件における「配慮事項」の一つではなく、必ず取り込むべき重要な要素となっているのだ。

JICA中期計画に数値目標

国際協力機構(JICA)でも、20年くらい前からジェンダー主流化に向けた動きは始まっていたが、思うようには進んでいなかった。しかし2017~2021年度の中期計画で、ジェンダーに関する取り組みが一定程度取り入れられている案件の比率を金額ベースで40%以上にするという数値目標が示された。亀井室長は、「中期計画で数値目標が設けられたということは、組織としてかなり問題意識を持っていることの表れ」と語る。

ジェンダー平等・貧困削減推進室は、ジェンダー平等を主たる目的とした案件の実施に加え、円借款や技術協力、民間連携などあらゆるスキームの案件をチェックし、ジェンダーの視点に基づいたフィードバックや助言もしている。ただ、それらに強制力はない。「建設工事をやる時に女性を一定程度雇用しなさいと言っても、リソースなどの問題もあるのでどこまで対応するかは事業部の裁量に任せている」(亀井室長)と言う。

そうした中で、ジェンダー視点を取り入れた案件は農業や防災などを中心に徐々に増えている。亀井室長は、「当面はインフラ分野でのジェンダー主流化を重点的にやりたい。日本政府からの期待も高い」と語り、事例としてインドのデリーメトロ事業を挙げた。デリーメトロには女性専用車両や監視カメラを設けたり、女性乗務員や車掌を採用したりとさまざまな取り組みが盛り込まれた。今後、バングラデシュ・ダッカでも類似の案件が検討されているという。また、現在スリランカで実施されている都市交通システムのLRTシステムを整備する円借款事業でも、ジェンダーアクションプランの作成や現地でのジェンダー研修の実施が進められている。

 

女性を変革の主体と捉える

ジェンダー主流化を進める上では、現地のジェンダー課題を明らかにし、その課題解決に資するような活動を案件形成の段階から計画に盛り込んでいく必要がある。その際には、相手国政府関係者や実施者が無意識的に持つジェンダー規範により、ニーズの特定や成果・インパクトの発現状況の把握・分析などさまざまな過程で何らかの影響が出ていないかを見極め、より公正にプロジェクトが計画・実施されるよう気を配ることも求められる。

だが、そうした時に陥りやすいのが、「受益者に女性を少し含めて配慮しておけばいい」と考えてしまうことだ。そうではなく、女性も変革の主体として捉え、彼女たちがその能力を発揮できるよう能力開発や社会規範の変化を目指すことがジェンダー平等につながるのだ。伝統的な役割規範が根付いているイスラム圏の国などでは、そうした変革を劇的に起こすのは難しい。だが、エジプトの「小規模農家の市場志向型農業改善プロジェクト」(ISMAP)の事例のように、工夫すればそうした男女の関係性に変化を生み出すこともできる。

こうしたジェンダー主流化を全ての案件で実現するには、事業部門それぞれが主体的に進められるようにすることが望ましいと、亀井室長は考えている。だがそのためにはJICA全体のジェンダー・リテラシーを向上させ、ジェンダー平等・貧困削減推進室も現在の4人体制から拡充するなど、やるべき課題は多いという。

 

開発コンサルタントの視点

開発コンサルタントも、(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)がJICAとジェンダー研修を実施するなど、動いている。

だが、「具体的に何をすればいいか分からない」と悩むコンサルタントも少なくない。「予算措置や仕様書・指示書への具体的な記述なしに、ジェンダーに配慮してプロジェクトを実施するよう言われても難しい」という声も聞いた。

このほか、JICA職員のジェンダーに関する意識や知見の向上、ジェンダー専門家の拡充を求める声も出ている。日本のODAではこれまで、ジェンダーを専門に勉強していても参加できる案件は少なく、ジェンダーを専門とする人材は外に出てしまうことが多かった。今後は人材をどう育成・確保するか。そうしたこともJICAや開発業界全体で考えていく必要があるかもしれない。

そうした意味では、アイ・シー・ネット(株)は社員の能力強化を進め、日本のODAだけでなく、世界銀行や日本の省庁などさまざまなジェンダー案件を受注しており、興味深い。

このほか、JICAのジェンダー主流化を促す上で、「ジェンダー案件と打ち出していないものの中にも、案件の一部として取り組んで成果を出した事例はある。そうした成果をもっと可視化することも必要」「研修参加者の男女割合など、すべての活動において男女別の統計をとり評価時に分析するようにすれば、ジェンダー意識がない人でも気づきがあるし、ジェンダー意識のある人はそのデータを活用して活動に生かすことができる」という指摘も出ている。

 

主眼に置いた支援も

さまざまな分野でジェンダー主流化を進める一方、忘れてはならないのはジェンダー不平等から生まれる問題に正面切って取り組む支援だ。JICAはジェンダー主流化を進める一方、ジェンダー平等を主眼に置く案件の割合はあまり増えていない。案件全体における比率を他のドナーと比べても、DAC平均は3.8%、日本は0.6%だ。

横断的な課題として扱うだけでなく、インフラや農業と同じように開発課題の一つとしてジェンダー支援に取り組む。持続可能な開発目標(SDGs)では、そうした思いから目標5でジェンダー平等が掲げられた。その前の議論では、「全ての目標でジェンダー視点を入れればいいから目標5を入れる必要はない」と反対する声もあった。だが、13の目標に入るか否かでは、世界のジェンダーに対する関心や取り組みは大きく変わる。「取り残される女性を出さないためにも必要だ」と主張した末の結果だという。

ただ、そうしたSDGsでもLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をとった性的少数者を表す言葉の一つ)についてはどこにも述べられていない。世界では同性婚が合法の国から、同性間の性行為に死刑を科す国まであり、共通目標に含むことができなかったからだ。しかし、日本の開発協力がジェンダーについて関心を寄せていくのであれば、今後はLGBTについても目を向けていく必要はあるかもしれない。

開発の潮流がジェンダーへと向かっていく中、日本は新たな強みとして本腰を入れてこの波に乗っていく時ではないだろうか。(川田 沙姫)

 

『国際開発ジャーナル』 2019年8月号掲載記事
#特集 #ジェンダー #English 
2020.03.01

PROJECT FOCUS パプアニューギニア

<無償資金協力>

島民の生計を支える市場の施設拡張と衛生向上を実現


 

パプアニューギニア
アロタウ市場及び水産設備改修計画

 

コンサルティング:OAFIC(株)
施設建設:大日本土木(株)

 

 パプアニューギニアでは農業と水産業が国内総生産(GDP)の約3割を占める。地方住民は輸出向けと自家消費以外の農水産物を市場で売ることにより、現金収入を得ている。同国のミルンベイ州でも就業人口の8割以上が自給的農業・水産業に従事しており、州都アロタウの公設市場が住民の余剰収穫物の重要な売買の場となっている。アロタウ公設市場は1969年に開場した。屋根付き販売テーブルが316人分しかないが、1日500人を超える小売人が集まる日も多く、市場は極めて手狭だった。そのため、地面に直接農水産物を置いたり、鮮魚と青果物を隣接して売買するなど、衛生面で大きな問題を抱えていた。配水管や浄化槽が機能せずトイレが使えないなど、施設の老朽化も深刻だった。
 一方、同国の国家水産公社は、ミルンベイ州の水産振興を重点政策と位置づけ、その一環としてアロタウ市場と関連施設の改修・整備を重視。わが国に無償資金協力を要請して本案件に結実した。改修後の市場には6つの小売場ができ、740人近くの小売人を受け入れられるだけでなく、青果物、鮮魚、根菜類、加工食品などを別々の棟で扱えるようになった。鮮度保持用の氷を製造・販売する水産センターや男女別のトイレ、浄化槽も整備されたため衛生面の問題が解決され、小売人にも購買者にも安全な施設となっている。さらに、アロタウ市場の前浜には周辺の島から訪れる住民のため、木造の仮設桟橋があったが、これもコンクリート製の岸壁につくり変え、係留できる船の数を増やして利便性を高めた。本計画の実施は、同州における農水産物の流通の改善・活性化を促し、同州の経済の持続的発展に寄与するものと期待される。

 
『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載

日本財団 連載第31回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:キルギス・ビシケクで行われた中央アジア地域会議でのプログラム運営ワークショップ

 

日本と中央アジアをつなぐ人材を育てる-事業間の連携通じてシナジーを生む

 

高まる日本と中央アジアの関係強化の必要性

 中央アジアと日本は地理的に離れているだけでなく、歴史的にもそれほど深い関わりがなかった。現代においても、両国の関係は悪いわけではないが強固というわけでもない。しかし、米日など大国のパワーバランスが少しずつ変化している近年のアジアにおいては、アジア諸国間で極力良好な相互関係を構築していく必要がある。日本と中央 アジア諸国の関係も同様に深化させていく必要があり、このため日本財団は、双方をつなぐ人材育成プログラムを実施している。このプログラムは、3つの目的を掲げている。一つ目が、中央アジアの発展と中央アジア・日本の関係強化に貢献できる人材の育成だ。二つ目は、同プログラムにより育成された人材を中心とした中央アジアと日本の地域間ネットワークの活性化である。そして三つ目は、形成されたネットワークを何世代にもわたり継続させることだ。これらの目的を達成するため、現在、中央アジアと筑波大学でそれぞれ実施している2つの事業がある。

 

10年で300人超の日本留学を支援

 中央アジアで実施している事業は2006年に開始された。現在は日本中央アジア友好協会(通称:JACAFA)によって実施されている。トルコの大学で学ぶ中央アジア諸国の学生を対象に日本財団が奨学金を供与するもので、事業開始から10年後には300人を超える優秀な若者が巣立った。彼らの約半数は卒業後、トルコから自国に戻り、企業や政府、大学、国際機関などで重要ポストに就いている。皆、母国や中央アジア地域全体の発展を支えようと意欲に燃えており、日本に対しても深い感謝と関心を抱いている。

 

社会活動の実施ノウハウも

 JACAFAはこれら卒業生の同窓会を活性化するためにさまざまな活動に取り組んでいる。その一つが、奨学金で学んだ卒業生を対象に、福祉分野などの社会活動を実施する能力を身に付けることを目的とした事業だ。この事業では、JACAFAの職員の指導の下、卒業生たちがこれまで10の社会活動を実際に行った。その一つが、1人の卒業生が 設立したシンクタンクRegional Institute ofCentral Asia(RICA)主催のラウンドテーブルだ。 このラウンドテーブルは、報道の自由や地域間交通、河川の共同使用といった、中央アジア諸国が共通して抱える課題について各国の有識者が解決策を出し合い協議する場だ。年に3~4回開かれており、協議後はRICAがポジションペーパーを作成し、各国政府に提出する。ラウンドテーブルにはほぼ毎回、ロシアや米国の大使館職員がオブザーバー参加しており、その重要性が認識されつつある。このような事業の企画や参加者の招集、運営などを実際に経験することで、卒業生たちは事業実施に必要な能力を高めるだけでなく、人的ネットワークの拡大にもつなげている。 ほかにもACAFAは、2019年度から新たな奨学金制度を開始した。これは中央アジアの大学に通う3・4年生の人文社会科学を学ぶ学生を主な対象としている。

 

筑波大学で新たなプログラムを設置

 筑波大学で実施している事業は、2019年に開始したばかりだ。具体的には、人文社会科学研究科(修士課程)の中に、「人文社会科学研究科 修士課程 国際地域研究専攻 日本・ユーラシア研究プログラム」を新設した。ここでは、中央アジア地域の発展における重要分野であり、持続可能な開発目標(SDGs)にも含まれている産業のイノベーション、保健、平和構築を中心に研究する。筑波大学は同プログラムで研究する10名に奨学金を支給する「NipCA(日本財団中央アジア)フェロー制度」を立ち上げ、2019年度の第一回募集では中央アジア諸国より200名もの応募が届き、同プログラムへの関心の高さが伺える結果となった。このほか、筑波大学で実施している事業には、日本人学生20人を対象に中央アジアで活動する日本のNGOや企業、国際協力機構(JICA)の現場などへのインターンシップもある。また、中央アジアからの奨学生と日本人学生が一緒に参加する合同授業や交流の機会も提供している。本事業を通じて、より多くの日本人学生が中央アジア地域への関心を高めてもらうことを期待している。

 

学生をJACAFA事業の現場に送る試みも

 将来的には、先述のJACAFAが新たに始めた奨学制度を利用する学生の中から、筑波大学の日本・ユーラシア研究プログラムで修士号を取るという枠組みも作っていければと考えている。こうしたそれぞれの事業をつなげる試みはすでに始まっており、筑波大学の日本人学生が中央アジアでのインターンシップに参加する際にはJACAFAの指導の下で卒業生が実施する社会活動の現場を訪問したりもしている。また、日本・ユーラシア研究プログラムの卒業生をJACAFAネットワークに組み込み、他事業の卒業生たちとの交流も促している。こうした事業間での連携は、それぞれの事業自体もさらに発展させている。中央アジアと日本をつなぐ人材育成プログラムが成功するかどうかは、こうした事業間のシナジーを作り出すことにかかっていると言っても過言ではない。アジアのこれからのパワーバランスを 維持するためには人材育成と地域に対する強いコミットメントを持つ人材のネットワークが欠かせない。JACAFAと筑波大学の事業を一つのモデルとして、今後もこうした取り組みを広げていきたいと考えている。

 

 

 

 

 

profile

日本財団 国際事業部 国際協力チーム James Huffman 氏

 米国人。1989年に日本へ移住し、2001年より日本財団に入会。10年近く情報グループで勤めた後、2011年より国際事業部へ異動。主に中央アジアと東南アジアにおける事業を担当している

『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載

“都内留学”で 公共政策もビジネスも学ぶ
城西国際大学大学院

授業の一環で行われた防衛省の見学会


城西国際大学大学院 国際アドミニストレーション研究科

8割以上が留学生

 2014年に城西国際大学の東京・紀尾井町キャンパスに誕生した「国際アドミニストレーション研究科」は、国際的教養と総合的なマネジメントの知識・理論を併せ持ち、企業経営や公共分野で管理のできる人材を育成している。講義は主に平日の夕方・夜と土曜日に行われ、社会人でも仕事をしながら単位・学位を取得することができる。授業やレポート提出などすべてを英語で行う「オール・イングリッシュ・コース」もあるため留学生も多く、その数は同研究科の院生の8割以上を占める。留学生は中国出身者を中心にネパールやミャンマー、ベトナム、欧米などの国々から受け入れてきた。鈴木崇弘研究科長は、「東京で働いていても国際色豊かな環境で学ぶことができます。こうした“都内留学”ができるのは、この研究科の利点です」と語る。

AIと地政学リスクの授業を新たに開講

 同研究科では「政策研究」「国際研究」「国際企業研究」「観光研究」の4つの専門分野に分かれて、多様な授業科目が用意されている。院生は現在の職種や将来のキャリアプランに合わせて4分野のうち1つを選択し、高度な専門性を磨く。第一線で活躍する外部有識者による公開講座、日本の国会や中央省庁、航空会社、IT企業などの見学、またはインターンシップなどを通じて「現場」を体験できる機会も多い。最近は同研究科の院生が宮城県気仙沼市で中国人観光客の視点から特産品のフカヒレなどを活用した食と観光振興に ついて提言したり、東京都の支援で観光関連の幹部人材育成プログラムを開発・実施したり、持続可能なインバウンド観光に関する政策研究を行ったりと、実践的かつ積極的な教育・研究にも挑み、単なるアカデミックの枠を超えた活動をしている。今年4月には、政治リスクや地政学的リスクを研究する「政治リスク論」の授業を開講する。並行して人工知能(AI)関連の科目も開講予定だ。国際関係学や比較政治学を教える遠藤十亜希教授は、「近年はAIの発達などで社会も大きく変わってきましたが、日本の政府や企業の対応は遅れ ぎみです。21世紀に入って激変するマクロ的政治・経済環境を客観的かつ戦略的に分析することは、政府だけでなく企業、NPO、個人にも求められています」と語る。さらに遠藤教授は、「公共政策とビジネスは密接に関わるものであり、本研究科は両者を同時に学べる数少ない場所だと思います」とも述べている。鈴木研究科長も、「国連機関に勤めるには文系でも修士・博士の学位が必要です。そうしたキャリアを狙う人や自分に付加価値を付けたい方、特に日本人は歓迎します」と期待を示した。

『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載
#大学の国際化最前線 #城西国際大学大学院

PROJECT FOCUS コンゴ

<無償資金協力>

安全に研究できる最新設備を整え感染症から人々を守る


 

コンゴ民主共和国
国立生物医学研究所拡充計画

 

コンサルティング:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル、(株)フジタプランニング
施設建設:大日本土木(株)

 

 1984年に設立されたコンゴ民主共和国の国立生物医学研究所(INRB)は、多剤耐性結核やウイルス性出血熱といった感染症の検査・診断・研究を行う機関で、エボラ出血熱などの流行を経験した同国において、ますます重要な役割が期待されている。このほかにも、INRBは同国内の疾病検査機関の統括、研究者・技術者に対する研修、医学系大学院生の支援といった多様な使命を担い、長崎大学熱帯医学研究所や野口記念医学研究所(ガーナ)と共同研究を行った実績もある。しかし、INRBでは診断・研究に必要な機材、実験動物や病原体を密閉状態で安全に扱うための施設、研修のための講義室などが不足していた。一方、同国の「国家保健開発計画」では、感染症のサーベイランス能力や緊急対応能力の向上に加えて、INRBの強化が優先課題とされていた。本計画では、INRBに新たに「検査・研究センター」、「臨床治験センター」および、「研修センター」を増設した。「検査・研究センター」にはバイオセーフティレベル3に対応する検査室を整備し、研究者の感染を防げる検査機材、病原体を外部に流出させないための空調換気装置、滅菌器、感染性廃水廃棄物処理装置など、必要な設備を揃えた。また、「研修センター」には研修効果の向上を図るため、モニターで研修生に画像を見せられる顕微鏡や、遠隔地とコミュニケーションが取れるテレビ会議システムも導入している。INRBでは、今後、周辺諸国からも研究者を受け入れる予定だ。本計画による最新の施設と機材によって検査・研究のレベルが上がり、人的交流も進めば同国の感染症対策が進むとともに、国際的にもINRBの研究機関としての評価が高まるものと期待される。

 
『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載

PROJECT FOCUS ジャマイカ

<有償資金協力>

円借款事業、カリブ海に行く
~大漏水と塩水化へのチャレンジ~


 

ジャマイカ
キングストン首都圏上水道整備事業(ロット2A)

 

コンサルティング:日本工営(株)、モンゴメリー・ワトソン・ハルザー(UK)
施設建設:(株)安藤・間※現社名

 
本邦支援のカリブ地域水道事業

 紺碧のカリブ海に浮かぶ島国ジャマイカに向かう飛行機は、首都キングストンのノーマン・マンレイ国際空港に向け低空飛行での最終アプローチの時、キングストンの西約20km に位置するスパニッシュ・タウン上空を通過する。 その時、飛行機の窓から地上で銀色に光るものに気付く人がいるかもしれない。これが、これから紹介するキングストン首都圏上水道整備事業(ロット2A)で建設された、スパニッシュ・タウン浄水場内の貯水容量8,000m3の浄水タンクである。本事業は、本邦技術協力による1998年の事業化可能性調査に引き続き、2000年のSAPI (SpecialAssistance for Project Implementation)調査を経て、日本のODA有償資金協力事業として、2002年11月に詳細設計のためのコンサルタント・サービスが開始された。その後、2007年初頭より最初の工事が始まり、ロット2Aは2009年9月から18か月の工事契約で着工した。本事業は、総事業費約77億円、そのうち円借款額約66億円の都市水道整備事業である。

漏水と水質悪化へのチャレンジ

 事業対象地域は、現首都名を冠した「キングストン首都圏」であるが、実質的にはキングストンではなく、その西側に位置する首都圏の一部、スペイン統治時代の首都スパニッシュ・タウンとその周辺地域、並びにその南東部で海岸部に位置するセント・キャサリン地区である。事業対象地域での主要な問題の1つは、英国統治時代の1830年 代から整備が始まった水道管が、一部とは言え依然として使用されていた背景もあり、既存水道施設からの漏水による多量の無収水が発生していることであった。無収水量は1997年時点の推定で地域全体平均で約60%、地区によって は80%を超えるところも存在した。2つ目の問題は、事業対象地域内の水道水源の約85%は地下水であり、その内、事業開始時で総給水量の約15%を賄う井戸が、汲み上げ量の増加から塩水化の傾向が高まっていることであった。これらの井戸の汲み上げ量を減らし、代替水源を確保する必要があった。

事業内容

 ロット2Aの工事内容は、新規水源の井戸整備3か所(総揚水量23,000m3/日)、送・配水用コンクリート貯水池(1か所1,400m3)、既存浄水場内の送水ポンプ施設、送・配水本管布設(計22km、管径200 ~ 600mm)、及び浄水タ ンク(8,000m3ボルト留鋼製地上式タンク)である。ここで特筆すべきは、漏水(無収水)対策として、新規送・配水本管の布設と同時に多数の電磁流量計とバルブを据え付けDMA(District MeteredArea)を作ったことである。これ は給水網内に作られた小区画(DMA)単位で水の出入りを把握し、漏水箇所の特定につなげる対策である。漏水の大幅改善は、時として大規模な新規水源に匹敵する有効水量を生み出す。本事業を契機に対象地域の水道事情の安定的改善が期待される。最後に、カリブ海の印象とは裏腹に、この地の治安の悪さは世界屈指である。年間の殺人件数は 1万人を超していた。ロット2A工事でもこの影響は深刻であった。それにも拘わらず、当初の工期内での完了を見た。これは何より、施工企業、コンサルタントそしてジャマイカ側実施機関の良好な関係構築と、それぞれの立場で の合理的な事業運営の賜物であったと信ずる。

 
寄稿:日本工営(株)キングストン首都圏上水道整備事業 所長代理(当時)
現コンサルタント海外事業本部上下水道部 シニア・エンジニア 田辺 勲
『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載

PROJECT FOCUS コスタリカ

<有償資金協力>

純国産資源を利用したエネルギーの自給自足を支援する
~安定したベースロード電源となる地熱発電の開発~


 

コスタリカ
グアナカステ地熱開発セクターローン(ラス・パイラスⅡ)

 

コンサルティング:西日本技術開発(株)
蒸気タービン製造:三菱日立パワーシステムズ(株)

 
経済成長に伴う電力需要の急増

 コスタリカ共和国は中米に位置し、人口約499万人、面積は九州と四国を合せた程度(約5万1,000km2)の小さな国である。中米で最も安定した民主主義国で、経済も2010年以降概ね3~5%程度の安定的な成長を続けている。 経済成長に伴い、年間電力需要は2000年~2009年の間で年平均5%の伸び率を示し、2020年にはおよそ15TWhに達すると見込まれていた。一方、環境立国として、2014年までに供給電力の95%を再生可能エネルギーで賄う事を目標としていたが、電源構成の約70%は水力発電であり、旱魃期に電力不足が発生する問題を抱えていた。こうしたことから、同国政府はグアナカステ県における地熱発電の計画を策定し、わが国に協力を要請した。協力準備調査を経て、 両国政府は「グアナカステ地熱開発セクターローン」にかかる協力協定を結び、本「ラス・パイラスII」地熱発電所建設事業がサブプロジェクトとしての最初の円借款プロジェクトとなった。

地熱発電のメリット

 地熱発電は、地下資源開発のリスクや開発期間の長さから、ポテンシャルはあっても開発はさほど進んでいない。しかし、地熱は再生可能エネルギーの中でも風力や太陽光と異なり天候に左右されない特長があり、電力の安定供給が可能なベースロード電源となる。また、火力発電と比べると燃料が不要である。さらに、資源の調査・開発や建設工事において国内で比較的大きな雇用を創出する。こうしたメリットに加え、推定地熱発電ポテンシャル約865MWに対して、まだ既開発分が159MWと大きな開発余地が残されていることから再生可能エネルギーとして、同国では地熱開発への期待は大きかった。

コスタリカの地熱発電開発への継続的なコンサルティング

 本事業は、首都サンホセから西に240km程離れたグアナカステ県リベリア郡にある。発電所はプラント性能試験を終え2019年7月23日に営業運転を開始した。当社は同国の地熱発電事業に関わりが深く、初の地熱発電事業「ミラバジェス地熱発電事業(円借款)」に続いて、本事業でも2013年の協力準備調査の段階から携わっている。地熱発電プロジェクトでは、目に見えない地下の地熱資源を適切に評価する事が重要である。当社は東南アジアやアフリカ、中南米などで多くの実績があり、本事業でも地熱資源の評価から発電所の規模の決定、環境影響評価、詳細設計、更には発電所建設まで一貫したコンサルティングサービスを実施した。

日本の地熱発電の技術

 地熱発電所において、その心臓部と言える地熱発電用蒸気タービンは、日本のメーカー3社で全世界の約7割のシェアを占めている。本事業においても、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)社製の蒸気タービンが使用されている。今回納入された同社の出力55MW の蒸気タービン(シングルフラッシュ、ダブルフロー、上方排気)を中核とした「ラス・パイラスⅡ発電所」建設事業によって、事業実施機関であるコスタリカ国営電力公社は中南米での「ベスト地熱プロジェクト賞」を受賞している。途上国での地熱発電プロジェクトを支援することは、CO2排出量の抑制、SDGs(持続可能な開発目標)の達成へ寄与するとともに、わが国の質の高いインフラを海外へ輸出する事にもなっている。

 
寄稿:西日本技術開発(株)東京事務所 所長 南坊 進二
               同   課長 増中 理恵
『国際開発ジャーナル』2020年3月号掲載
2020.02.27

The worst African refugees in the world

Compass The worst African refugees in the world -European Historical Responsibilities Questioned
『International Development Journal』 2019 September edition

 

Largest East African refugees

In August, 2019, the 7th Tokyo International Conference of African Development (TICAD7) was held in Yokohama. The conference discussed how Africa could develop, but then there is a sad reality that Africa cannot avoid. That is the endless waves of refugees. This wave has turned into a tsunami and has caused many tragedies.
African refugees make up more than 30% of the world’s refugees. According to the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR), the size of sub-Saharan refugees in 2019 was 24.2 million. It is the largest in the world, compared with 16.8 million in the Middle East.
By region, East Africa has the largest illegal population of 12 million including Somali and Sudan, where conflicts have continued and riots have been frequent. Central Africa is followed by 0.7million, West Africa by 3.6million and Southern Africa by 0.5million. Incidentally, North Africa has only 0.8million people.
Globally, 70.8 million people have been displaced by conflict or persecution. According to UNHCR, this situation has doubled compared to 20 years ago and is comparable to the population of Thailand and Turkey.
Now, the problem is where refugees of a destructive scale arrive. While Chad and Ethiopia accept many refugees, African youth who see Europe as a utopia are crossing the Mediterranean via Libya and Morocco resulting in tragedy. Recently, with the spread of smartphones, you can learn about the rich and peaceful scene of Europe in any countryside in Africa.
The influx of refugees is a headache for Europe, which suffered from the unusual situation of more than 1 million refugees in 2015. Germany, which is willing to accept it, has recently begun to be repulsed by citizens and is gradually becoming reluctant. The need for labor recruitment has also declined, and citizens are beginning to see a resurgence that could ruin traditional European societies. Their dissatisfaction seems to be accompanied by the anxiety that refugees will be entitled to the social security that is available to citizens.
However, Europe has a historical burden on Africa with colonial rule from the 15th and 16th centuries. To this end, the European Union (EU) provided € 4,566,700 in 2018 to create jobs for youth in Africa in 2018 to address the issue of refugees in Africa as a European problem We came up with a plan.

 

African colonization

In any case, relations between Europe (mainly Portugal, Spain, UK, France, Netherlands, Germany, Italy, etc.) and Africa have a close history. According to Gui Richard, a professor emeritus at The University of Caen Normandy, “The 10,000 Year History of Immigration” (2002), the relationship between the two began as early as the 15th century when Europeans embarked on a sea capture. Portuguese sailors arrived on the Congo River in 1482, and in 1487 discovered a sea route from the Cape of Good Hope to the Indian Ocean. Meanwhile, in 1484, the Portuguese were in contact with King Congo of Central Africa. In the 17th century, Angola on the Atlantic Ocean and Mozambique on the Indian Ocean were the first European colonies in Africa.
By the end of the 15th century, however, European interest was being shifted from Africa to the New Continent (the Americas), and a tragic slave trade from Africa began. The number is terrible, ranging from 9 million to 20 million. He says that the African slave trade was a sharp brake on the development of the African continent. Africa’s vitality was deprived as slave merchants looted from the coast and into deeper Africa.
In the first half of the 19th century, Africa became a production base for various industrial raw materials that supported the industrial revolution that began in the United Kingdom. They began full-scale colonial management. And emigration from Europe also commenced. In South Africa, however, migration from Europe had already begun as early as the 17th century.

In the mid-17th century, 600 Dutch and Germans settled in Cape Town. Eventually, a segregation policy (apartheid) was born. This seems to have been a symbol of the start of the African fight against white domination.

 

The question of African nation-building

Now, a decisive historical event in the sense of “domination” took place in Africa-Europe relations. It was the Berlin Conference of 1885. The European colonial powers have decided to divide and rule Africa like its own territory. This resulted in the division of African ethnic groups.
A Report presented by Kofi Annan, the then Secretary-General of the United Nations, in 1998 on the causes of conflict and the promotion of durable peace and sustainable development in Africa,stated that“Imperial powers divided Africa into territorial units, which forced Africa to build nations and nation-states at the same time, which also fueled a strong centralization of political and economic power.” He said,“The challenge remains to forge a genuine national identity among competing heterogeneous community ethnic groups”. A major challenge is that“competitive communities (each ethnic group) have their own security, perhaps their own. You may have come to think that even the survival itself can only be secured through the seizure of state power, in which case conflict will be inevitable”.
However, most Africans do not have a very strong “sense of border”. They are appearently seeking a suitable place to survive while traveling freely through the ancestral land. The challenge to reach Europe is the Mediterranean. But for them the ocean and terrestrial risks are the same and even if they are deceived by Moroccan and Algerian villains, they dream of “El Dorado” and try to move to Europe. They do not mind the norms of modern nations.
One scholar says that European crimes in Africa could be offset in the sense of “contribution to civilization” in Europe. But how do you refute when it is said that European civilization itself is at the expense of Africa?

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

 

***** 以下、日本語原文 *****

 

羅針盤 世界最悪のアフリカ難民 問われる欧州の歴史的責任
最大の東アフリカ難民

 2019年8月、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が横浜で開催された。会議ではどうしたらアフリカは発展するかが議論されたが、その上で避けて通れない悲しい現実がアフリカにはある。際限なく続く難民の波だ。この波は今、津波となって多くの悲劇を産んでいる。アフリカ難民の規模は、世界の難民の30%以上を占めている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、2019年のサハラ以南の難民の規模は2,421万3,204人。中近東の1,678万3,819人よりも多く、世界最大となっている。
 地域別に見ると、無法地帯となっているソマリアや紛争が続き暴動も多発しているスーダンなどを抱えた東アフリカが、1,240万8,485人で最も多い。続いて中部アフリカが76万6,805人、西アフリカが359万887人、南部アフリカが52万702人である。ちなみに北アフリカは85万1,417人にとどまっている。
 世界全体で見ると、紛争や迫害によって故郷を追われた人々の規模は7,080万人に達する。UNHCRによると、この状態は20年前に比べて倍増しており、タイやトルコの人口規模に匹敵すると言う。
 さて、問題は、破壊的な規模に達した難民の流入先である。チャドやエチオピアは多くの難民を受け入れているが、欧州をユートピアのように思っているアフリカ青年たちは、悲劇を繰り返しながらもリビアやモロッコを経由して地中海を渡っている。最近はスマートフォンなどの普及で、アフリカのどんな田舎でも豊かで平和な欧州の情景を知ることができる。
 2015年に100万人超の難民が流入するという異常事態に悩まされた欧州にとって、難民流入は頭痛の種である。受け入れに前向きなドイツも最近では市民の反発を受け始め、少しずつ消極的になり始めている。労働者の補充というニーズも減少し、欧州の伝統社会を根底から壊しかねないという反発を市民から受け始めているようだ。彼らの不満には、市民の受けられる本来の社会保障まで難民にくわれてしまうのではないかという不安も加わっているようだ。
 しかし、欧州はアフリカに対し、15~16世紀からの植民地支配という歴史的な負荷を背負っている。このため、欧州連合(EU)は欧州全体の問題としてアフリカの難民問題に対処すべく、2018年、アフリカにおける若者の雇用創出を産み出す計画に総額45憶6,700ユーロ(約580憶円)の支援策を打ち出した。

 

アフリカ植民地化

いずれにしろ、欧州(主にポルトガル、スペイン、英国、フランス、オランダ、ドイツ、イタリアなど)とアフリカとの関係は、因縁深い歴史を有している。カーン大学名誉教授であるギ・リシャール監修の『移民の一万年史」(新評論、2002年)によると、双方の関係は15世紀初めに欧州人が海の攻略に乗り出した頃から始まっている。ポルトガルの船乗りたちは1482年にコンゴ川にたどり着き、1487年、喜望峰からインド洋への海路を発見する。その間の1484年、ポルトガル人は中央アフリカのコンゴ王と接触している。さらに17世紀には、大西洋に面したアンゴラとインド洋に面したモザンビークが、アフリカで最初に欧州の植民地となった。
 ところが15世紀末になると、欧州の関心はアフリカから新大陸(アメリカ大陸)へ向けられ、アフリカからの悲劇的な奴隷貿易が始まる。その数は900万人から2,000万人という恐るべき数字があげられている。アフリカ人の奴隷売買はアフリカ大陸の発展に急ブレーキをかけるものであったと言う。奴隷商人たちが略奪しながら沿岸からアフリカ奥地に入り込むにつれて、アフリカの活力は奪われていった。
 19世紀前半には、アフリカは英国から始まった産業革命を支える色々な産業原材料の生産基地になっていく。本格的な植民地経営へ踏み出したのだ。そして、欧州からの移住も始まった。ただ南アフリカでは、17世紀という早い時代からすでに欧州からの移住は始まっていた。
 17世紀半ばには、オランダ人とドイツ人の600人がケープタウン地方に定住する。そのうち人種隔離政策(アパルトヘイト)が生まれる。これがアフリカ人の白人支配への戦いを開始するシンボルになったと思われる。

 

問われるアフリカの国造り

 さて、アフリカと欧州との関係で「支配」という意味で決定的な歴史的出来事が起きた。それは、1885年のベルリン会議であった。欧州植民地列強はアフリカを自分たちの領土のように分割統治することを決めた。これによりアフリカの民族が分断されることになった。
 1998年4月に当時国連事務総長を務めていたコフィー・アナン氏が提出した「国連事務総長報告:アフリカにおける紛争の諸原因と永続的平和および持続的発展の推進」では、「植民地列強はアフリカを領土的単位に分割した。この分割で国家建設と国民形成を同時に行うことを強いられた。それが、また政治的、経済的権力の強力な中央集権化に拍車をかけた」と述べている。そして、「競合する異質のコミュニティー民族の間から真正の国家的アイデンティティーを鍛造する課題も残された」とし、大きな課題として「競合する諸コミュニティー(各民族)は、自らの安全、おそらく自らの生き残りそのものさえも、国家権力の掌握を通じてしか確保できないと考えるようになったかもしれない。そのような場合、紛争は不可避となる」と将来を危惧している。
 しかし、一般の多くのアフリカ人は“国境意識”をそれほど強く持っているわけではない。先祖伝来の大地を自由に移動しながら、生存適地を求めているように見える。欧州への難関は地中海であるが、彼らにとって海のリスクも地上のリスクも同じで、時にモロッコ、アルジェリアの悪徳業者にだまされようとも“エルドラド(黄金郷)”を夢見て欧州へ移動しようとする。彼らには、近代国家の規範など通用しない。ある識者は、アフリカへの欧州の罪は、欧州の“文明への貢献”という意味で相殺できるのではないかと言う。しかし、欧州文明そのものがアフリカの犠牲の上に成り立っていると言われると、どう反論するだろうか。

『国際開発ジャーナル』主幹 荒木光弥
『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載記事
#羅針盤 #アフリカ #English

Triple-winning Expanding Acceptance of Human Resources

Triple-winning Expanding Acceptance of Human Resources -Establishment of a “Basic Act for Foreign Residents” is Necessary
『International Development Journal』 2019 September edition

 

Toshihiro Menju
Managing Director and Chief Program Officer, Japan Center for International Exchange (JCIE)

 

The Government of Japan revised the Immigration Control Act and began accepting foreigners with a new status of residence “specific skills” in April 2019. In the blue-collar field, which has traditionally depended on technical intern trainees and international students, it is the first time that foreigners are accepted for employment. Introducing the views of Toshihiro Menju, Managing Director and Chief Program Officer, of Japan Center for International Exchange (JCIE), regarding future prospects and issues.

 

The new Immigration Law

Until now, the decline in population has been considered a “Japanese national crisis”, but the acceptance of foreigners has been treated with the image of “immigrants = potential criminals”, and neither the country nor the media has taken it up in earnest. The reality is that the population decline is further accelerating. In 2018, the Japan Center for International Exchange established a “Round-table Conference on the Acceptance of Foreign Human Resources” with Mr. Takaji Kunimatsu, the former chairman of the National Police Agency as a co-chair, discussing the issue from a medium- to long-term perspective.
The new Immigration Law, which took effect in April 2019, has decided to accept and create a new status of residence as a specific skill aimed at working in blue collar fields in response to the shortage of manpower. In addition, a special skill No. 2 has been established that allows excellent people to settle down with their family members. These are the right directions to open the way for settlement.
At the end of 2018, the government also announced “Comprehensive measures to accept and coexist with foreign human resources”. This position shows foreign residents as residents, and the government, which has traditionally relied on policies by local governments and NPOs, has been fully involved. As long as the population continues to decline, it will not be temporary, but will last forever.
However, one step ahead should be considered in order for excellent foreigners to become established and play an active role. We are proposing the establishment of a “Basic Act for Foreign Residents”. This law will require foreigners to be positioned as members of society and to clarify the responsibilities of national and local governments for foreigners living in Japan.

 

Foreign residents doubling in 30 years

It is necessary to take a new look at the reality and understand the situation once again with the new government policy. First, I want to think about what happened in the 30 years of Heisei. The number of foreigners residing in Japan was 980,000 in 1989, and nearly 70% were Korean residents in Japan. However, it has now increased to about 2.7 million, and the nationality and status of residence have diversified. This is about 2% of the total population, comparable to that of Hiroshima Prefecture.
However, during this time, the government regarded foreigners as temporary residents, and the response to them has been thrown out by local governments and citizens in a situation that can be said to be a “policy blank”.
It is strange that there are people who have been living in Japan for 10 years who cannot speak Japanese. In the absence of a policy for 30 years, taking Japanese Brazilians as an example, there is a generation that grew up with both Japanese and Portuguese insufficient languages skills called “double limited” generation. There is already the fact that their children have been raised in Japan and are struggling with poor language skills and learning capacity.

 

Regional revitalization with no results

On the other hand, the population of Japan will decrease by about 2.3 million in the 2010s, and by the 2020s it is predicted that the number will decline by 5.5 million, far exceeding the population of Shikoku. The rapid decline in population as the population continues to age, is related to the sustainability of Japanese society, itself. Looking at the population in 2017, the Japanese population decreased by about 400,000, while the number of foreigners increased by about 180,000.
Recently, a mayor in Yamagata Prefecture visited me. Although local promotion measures have been continuing for decades, the decline in local population is only getting worse. Although regional assistance are being poured into the nation by 1 trillion yen a year, the birth rate has not increased and results have not been achieved. I wanted to increase the number of foreign residents, but I was asked to discuss how to increase them.
Once there was a concern that the security would worsen if the number of foreigners increased, but that view is changing 180 degrees. The crime by foreigners peaked in 2005 and has now decreased to about one third.Complementing the absence of government policy so far is a multicultural project by region. There is a certain foundation for accepting foreigners as residents. Many municipalities have more than 20 years of experience.

 

Challenges in Japanese language education

On the other hand, in Korea and Germany, the language education in the country is conducted by the government. In Japan, the Agency for Cultural Affairs is in charge of teaching Japanese to foreigners, but the budget is only about 200 million yen per year.
It is also encouraging that “plain Japanese” is spreading to Japanese society in various places. Foreigners died in the Great East Japan Earthquake due to the mis- communication in Japanese language. It is difficult to understand the Japanese language for “Please evacuate to the hill with difficult Chinese characters”, but it is said that if you “Please evacuate to a high place in plain Japanese”, you could understand and evacuate. Local governments such as Yokohama City are promoting training to teach plain Japanese for employees who deal with foreigners. Companies should also consider introducing plain Japanese. Japanese companies should respond flexibly to accept foreigners, so that excellent human resources can be gathered.
The countries of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) are also developing their economies, and eventually the scale of the economy will exceed that of Japan. For this reason, there is a high possibility that competition for searching for human resources will intensify in Asia. In order to acquire human resources with diverse abilities, Japan needs to build an internationally competitive acceptance system.
For the time being, inflows of workers from Southeast Asia will continue, but in the 2030s, the number of South Asian and African students will increase. People in Southeast Asia have a high affinity with Japanese society, but the future is at a critical moment. In the meantime, it is important to change the Japanese consciousness and create a social acceptance base.
 

Sending messages to the international community

I think we can make a model in a more positive way in relation to Asia. Unlike traditional one-way international cooperation, in order to realize a sustainable society in developing countries and also Japan together, new triple-win model should be introduced, which will benefit the sending country, Japan and people who are sent from developing country to Japan.
Japanese farmers in particular are now aging with an average age of 67 years old, and the sustainability of rural areas in Japan is jeopardized. I would like to create a model that integrates international cooperation and international exchange by continuously linking specific Japanese rural areas with specific rural areas in developing countries and between them continuous exchange human resources will take place. It is desirable to accept foreign human resources by in the Japanese region as a whole while transferring technology to developing countries. The trainees should have a choice to stay in Japan or return home while they will continue to help their home country by connecting both regions and transferring their experiences to the younger generation. It is recommended that the Japan International Cooperation Agency (JICA) draw and propose such a “triple-win” cooperation model. While Japan’s regional sustainability is at stake, I would like to present such triple win model which is unique to Japan’s interactive international cooperation model.
The opportunity for foreign media coverage has greatly increased as the Japanese government’s policy on accepting foreigners has changed. This is because, while the world is becoming more “anti-immigrants”, the changes in Japan, where they were reluctant to accept immigrants before, are perceived as bright news that brings hope to the world. Changing unpopular and sometimes inhuman technical intern training to a new model should be considered. Then Japan can send a more positive message to the international community with the policy of accepting foreigners under its vision.
Historically Japan has not closed the country and not rejected foreign cultures. Japan, an island country, has developed by accepting different cultures and visitors, and has developed social, cultural and technological innovations based on their wisdom. That is Japanese DNA. I think that accepting foreign cultures and foreigners is what Japan should do.

 

***** 以下、日本語原文 *****

 

トリプルウィンの人材受け入れ拡大を「在留外国人基本法」制定が必要
(公財)日本国際交流センター執行理事 毛受 敏浩

 

日本政府は出入国管理法を改正し、2019 年 4 月 から新たな在留資格「特定技能」による外国人の受け入れを始めた。従来、技能実習生や留学生に依存していたブルーカラーの分野で、就労目的の外国人受け入れは初めてだ。今後の展望と課題について、(公財)日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩氏の見解を紹介する。

 

新政策をどう見るか

 これまで人口減少は「日本の国難」といえる状況にありながら、外国人の受け入れについては「移民=犯罪者予備軍」のようなイメージで扱われ、国も、メディアも本格的に取り上げてこなかった。その中で、人口減少はさらに加速しているのが現実だ。日本国際交流センターは2018年、国松元警察庁長官を共同座長に「外国人材の受入れに関する円卓会議」を設置し、中長期の視点から議論し、3月には法務大臣に政策提言を行った。
 2019年4月に施行された新しい入管法では、人手不足に対応し、ブルーカラーの分野で就労を目的とする特定技能という新しい在留資格を作り受け入れることになった。さらに、試験によって優秀な人には家族帯同で定住を認める特定技能2号も設けられた。これらは定住の道をひらく正しい方向だ。
 政府は2018年末、「外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策」も発表した。これは在留外国人を生活者として位置付け、従来、自治体やNPOなどに施策を依存してきた政府も本格的に関与する姿勢を示したものだ。人口減少が続く以上、一時的なものでなく、半永久に続くものとなるだろう。
 しかし、優秀な外国人が定着し、活躍するために一歩先を考えるべきだ。私たちは「在留外国人基本法」の制定を提案している。この法案法では外国人を社会の一員として位置付けるとともに、在留外国人に対する国や自治体の責務を明確化することを求めている。

 

30年で3倍増の外国人在住者

新たな政府の方針を機に、改めて現実を直視し、理解した上でことに当たる必要がある。まず、平成の30年間に何が起きたか考えてみたい。在留外国人は1989年(平成元年)には98万人で、その7割弱は在日コリアンだった。ところが、現在は約270万人に増加し、国籍も在留資格も多様化した。これは全人口の約2%にあたり、広島県の人口に匹敵する。ところが、この間、政府は外国人を一時的な滞在者とみなし、「政策空白」とも言える状況で彼らへの対応は、自治体や市民に丸投げされてきた。
 日本に10年間も住みながら、日本語が話せない人が当たり前にいるが本来おかしなことだ。30年の政策不在の間に、日系ブラジル人を例に言うと、「ダブルリミティッド」といわれる日本語、ポルトガル語のどちらの言語も不十分なままで大人になった世代がいる。すでに彼らの子どもが日本で育ち、現場で苦労している実態がある。

 

結果が出ない地方創生

一方、日本の人口は、2010年代には約230万人減り、2020年代には四国の人口をはるかに超える550万人の減少が予測されている。高齢化が継続する中での人口激減は社会自体の持続性にかかわる。その中で2017年の人口を見ると、日本人の人口は約40万人減った一方、外国人は約18万人増加している実態がある。
 最近、山形県のある市長が訪ねてきた。地方の振興策を何十年も続けたが、地方の人口減少は悪化する一方だという。地方創生には全国で年1兆円も注がれているが、出生率も上がらず、結果が出ない。外国人住民を増やしたいがどうしたら増えるかと相談に来られた。
 かつては外国人が増えれば、治安が悪化すると心配されたが、そんな見方は180度変わりつつある。外国人の犯罪は2005年がピークで現在は三分の一程度にまで減っている。
これまでの政府の政策の不在を補ってきたのは、地域による多文化共生の事業だ。外国人を住民として受け入れる一定の基盤はできている。多くの自治体には20年以上の経験がある。

 

日本語教育の課題

 一方、韓国やドイツでは、その国の言語教育は政府が実施している。日本では文化庁が外国人への日本語教育を担当しているが、予算規模は年2億円程度で微々たるものに過ぎない。また、各地で日本人に対して「やさしい日本語」が広がっている。東日本大震災では外国人も亡くなった。「高台に避難してください」という日本語は理解しにくいが、「たかいところににげてください」だったら理解でき、避難できただろうと言われている。横浜市などの自治体では、外国人対応をする職員向けに、やさしい日本語を教える研修を進めている。企業もやさしい日本語の導入を検討すべきだろう。外国人の受入れのために日本の企業も柔軟に対応すべきであり、そうすれば優秀な人材が集まることになる。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々も経済は発展し、いずれ経済規模は日本を上回るが、同時に高齢化も進展している。このため、アジアで人材獲得競争が激化する可能性も高い。多様な能力をもつ人材を得るためにも、日本は国際的に競争力のある受け入れ制度を築く必要がある。
 当面は東南アジアからの働き手の流入が続くが、2030年代になると、南アジア、アフリカ出身者が増えてくるだろう。日本社会にとって東南アジアの人々は親和性が高いが、そこから先が正念場になる。その間に日本人の意識改革と社会的な受入れ基盤を作っておくことが大事になる。

 

国際社会にメッセージ発信を

 アジアとの関係では、もう少し積極的な形でモデルができないだろうかと思う。
 従来の国際協力とは違い、日本と開発途上国の両方に持続可能な社会を実現するため、人の移動を相互的に捉え、その人材と送り出し国、さらに日本との三者が「WIN-WIN-WIN」の関係を築くモデルができないか。
 特に日本の農業者は現在、平均67歳と高齢化しており、農村の持続性が危ぶまれる。日本の農村と開発途上国の特定の農村が継続的に連携し、地域間の国際協力と国際交流とが一体となったモデルを作りたい。外国人材を地域ぐるみで育て、途上国への技術移転を行いながら、日本の地域を担う存在としても受け入れることが望ましい。こうした“トリプルウィン”の協力モデルを国際協力機構(JICA)が描き、提案していくとよい。日本の地方の持続性が危ぶまれる中で、日本独自の双方向性の国際協力モデルを提示したい。
 日本政府の外国人受け入れの方針転換で、外国メディアの取材を受ける機会が格段に増えた。世界が「反移民」の傾向を強める中、移民受け入れに消極的だった日本の変化が世界に希望をもたらす明るいニュースと受け止められているからだ。従来は技能実習が不評だったが、日本として新しいビジョンのもとでの外国人受け入れ政策のメッセージを国際社会に発していくべきだ。
 日本は必ずしも歴史的に国を閉ざして外国の異文化を拒絶してきたわけでない。島国の日本は異文化や渡来人を受け入れることで、彼らのもたらした知恵をもとに、社会や文化、技術のイノベーションを起こして発展してきた。それが日本のDNAである。異文化や外国人の受け入れは日本本来のあるべき姿だと思う。

 

『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載記事
#特集 #移民社会ニッポンへ #Immigration #English
2020.02.05

中小企業・SDGsビジネス支援事業の活用に向けた 「民間企業とコンサルタント等とのマッチング会」

 
 

JICA主催 中小企業・SDGsビジネス支援事業の活用に向けた 「民間企業とコンサルタント等のマッチング会」参加者募集(2/19開催) 参加締め切り近づく!!

 

JICA本部では来年2月19日(水)に中小企業・SDGsビジネス支援事業の活用に向けた「民間企業とコンサルタント等のマッチング会」を開催いたします。主なプログラムは以下の通りですが、セミナー聴講後は、コンサルティング企業30社をお迎えし個別相談会のお時間をご用意しております。今回ご後援いただく日本貿易振興機構、中小企業基盤整備機構、東京都中小企業振興公社のブースも出展いたしますので、様々な公的支援制度への理解を深めていただくことも可能です。また、マッチング会終了後は1時間程の情報交換会の場もご用意(有料)しておりますので、この機会にご参加ください!!

 
 
開催概要

日時 2020年2月19日(水)13:00~18:00(個別相談会は16:00~18:00)

場所 JICA竹橋ビル

主催 (独)国際協力機構

後援 (独)日本貿易振興機構/(独)中小企業基盤整備機構/(一社)海外コンサルタンツ協会/(公財)東京都中小企業振興公社

参加費 無料

情報交換会 1,000円(お一人様)

定員 120名(先着順)

開催概要:JICAホームページhttps://www.jica.go.jp/priv_partner/index.html
参加締切日:2月13日(木)17:00
参加申し込み用紙はコチラ
 


 プログラム 

 

第1部:企業向けセミナー

時間 13:00~14:30
場所 9F講堂
・JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業の制度紹介
・開発コンサルティング企業の紹介
・採択企業の事例紹介(パネルディスカッション形式)
①株式会社さくら社×株式会社アイリンク
②アムコン株式会社×株式会社エックス都市研究所
 

第2部:マッチング会 

時間 14:30~17:30
場所 8F多目的会議場
・個別相談形式(※事前予約制:1回30分)
 

情報交換会 

時間 17:50-19:20
場所 9Fオープンスペース


 
お問い合わせ先

JICA「中小企業とコンサルタント等のマッチング相談窓口」
国際開発ジャーナル社マッチング相談窓口:和泉/屋代
MAIL:matching@idj.co.jp
TEL.03-5615-9672

 

2020.02.01

日本財団 連載第30回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:測量データを解析する人材育成事業の卒業生

 

世界の海上保安機関の連携促す-グローバル化する海の危機に対応

 

IUU漁業対策や海面上昇などで高まる重要性

 気候変動をはじめとする人的要因により、海の危機は今や沿岸国や島国だけでなく、グローバルな問題となっている。こうした海の危機は、アジアや欧州といった地域レベルの連携や、政府開発援助(ODA)のような伝統的な枠組みによる途上国支援だけの対応ではもはや不十分な段階にきている。そうした中、各国の海上保安機関(コーストガード)が担う役割の重要性が増している。その一つが、違法・無報告・無規制(IUU)漁業に対する監視・取り締まりといった対策だ。近年、IUU漁業による漁獲量は世界全体の漁業生産量の約18%を占め、その被害総額は23億米ドルにも上るとされており、二酸化炭素(CO2)の排出や海洋汚染に並んで水産資源の枯渇の一因となっている。特に、海上保安機関による管理・監視体制が十分に整っていない太平洋島嶼国などでは、外国船によるIUU漁業が横行している。
 このほか、島嶼国における海面上昇への対応もある。海面上昇がこのまま続けば、マーシャル諸島やキリバス、ツバルなど、海抜の低いサンゴ環礁島ではいずれ人が住むことができなくなると予想されている。そうした事態を想定して、これら島嶼国の海上保安機関や近隣諸国を含めた各国の海上保安機関は、島民たちを他へ移動させるなどの備えをしていかなくてはならない。
また、規模も発生頻度も拡大している洪水や台風、竜巻といった自然災害への対応でも、“ファーストレスポンダー”である海上保安機関の役割は、より一層重要になってきている。

 

議論と学びの場をつくる

 こうした海洋危機に対してより効果的に対応していくためには、各国の海上保安機関のグローバルな連携と、各国機関の能力向上・人材育成が必要だ。そこで日本財団は、日本の海上保安庁と連携してアジアを中心にグローバル課題に関する最新の情報を共有して具体的な対応策を話し合う「国際的な議論の場」と、IT企業やNGOなど多様なステークホルダーも巻き込んでグローバル課題に関する先進的な取り組みを学び、新たな連携や枠組みを試行する「学びと実践の場」という、2つの場づくりに取り組んでいる。
 議論の場としては、2004年にアジア海上保安機関長官級会合を立ち上げた。参加国・地域は、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国、日本、中国、韓国、香港、インド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、モルディブ、オーストラリアだ。捜索救助、海洋環境保全、海上保安能力に関する人材育成などについて合同訓練やワークショップ の実施など実践的な連携・協力を推進した。日本財団は第10回まで支援を続けていた。 他方、学びと実践の場としては、2015年に政策研究大学院大学(GRIPS) と国際協力機構(JICA)と連携してGRIPS内に「アジア海上保安政策プログラム」という修士課程プログラムを開設した。これはアジアの海上保安機関で5年以上の勤務経験のある若手・中堅職員を対象としている。2007年にシンガポールで開かれた第3回アジア海上保安機関長官級会合において、国際的な視座に立った海上保安官の育成が必要であることが確認され実現したものだ。同プログラムでは海上保安に関する高度な実務能力とともに、政策立案のための分析・提案能力、国際的に活躍できるコミュニケーション能力を持つ人材の育成を目指している。

アジアから世界へ広がる長官級会合

 日本財団と海上保安庁は現在、アジアで積み上げた経験と実績を生かし、同様の取り組みを地球規模へと拡大させている。それが2017年に東京で開かれた世界初の「世界海上保安機関長官級会合Coast Guard Global Summit」だ。18年には海上保安機関の実務者を対象に人材育成や国際連携について、より深い議論を行う国際会合も開催した。長官級会合は、第2回が2019年11月20~21日、お台場で開かれた。75カ国から84の海上保安機関・関連機関が参加し、IUU漁業、海賊問題、人身売買や違法ドラッグの売買、災害対策などの課題について議論が交わされた。加えてチリ海軍および日本の海上保安庁からは、地震津波災害への対応と教訓、太平洋共同体(SPC)から海洋環境、気候、海の安全リスクに対する南太平洋地域の取り組みなど、先駆的な事例も紹介された。最終日には安倍晋三総理にもご臨席いただいた。総理は挨拶で「世界各国の海上保安機関の協力が盤石なものとなり、その下で平和で豊かな海となる。そんな新しい時代を皆さんが切りひらいていただくことを期待する」と本会合への今後の期待を述べた。議長総括では本会合がグローバルな連携と協力を発展させる重要な場であるという位置づけがなされ、先駆的な事例などを各国間で共有する取り組みに具体的に着手していくことが決まった。また本会合では、人材育成の一環として2020年秋にトライアルで2週間の人材育成研修を日本が中心となって実施することが決まった。研修では世界の海上保安機関の若手幹部を対象にIUU漁業や災害、違法ドラッグの売買といった課題に関する最新情報や動向を専門家と共有したり、IT企業など異業種の専門家が海洋課題の解決につながるテクノロジーを駆使した新たな手法を提案したりする。これらの学びを通じて各国の知識と能力の向上を図るとともに、今後の連携や国際協力のあり方を議論し、実践へとつなげていくことを目指している。海の危機への対応は待ったなしだ。海上保安の分野でもグローバルな形での連携・協力が求められている。日本財団は今後も海の最前線で活躍する多様な専門家との共同していくことで、母なる海を危機から救う一端を担っていきたい。

 

 

 

 

 

profile

日本財団 海洋事業部 本多 真紀 Vicky 氏

 カナダ出身の日系2世。ブリティッシュコロンビア州立大学卒業後、2005年に日本財団へ入会。開発途上国の教育や障害者支援などを経て、17年より海洋事業部で海洋をテーマとした専門家の国際会議やネットワークの構築事業などを担当

『国際開発ジャーナル』2020年2月号掲載

PROJECT FOCUS ベトナム

<有償資金協力(本邦技術活用条件)>

経済発展に伴う旅客増大に対応するためにターミナルビルを新築し、最新機器を整備する


 

ベトナム
ノイバイ国際空港第2旅客ターミナル建設事業

 

コンサルティング:(株)日本空港コンサルタンツ
施設建設:大成建設(株)・ビナコネックスJV

 
航空旅客需要の急拡大

 経済発展著しいベトナムでは、近年旅客需要が急速に拡大しているが、南北に長い国土であるが故に都市間移動における航空交通の役割が非常に大きく、空港整備が喫緊の課題となっている。北部の中心都市である首都ハノイと、国内最大都市である南部のホーチミンシティの間は同国内の航空路線としては最大の需要区間であり、2018年の実績では年間旅客数約690万人(世界第6位)、運航便数約4万回(日平均107便)に達している。ハノイ・ノイバイ国際空港ではこれまで1つのターミナル(現・第1ターミナル)で国内・国際両方の旅客を取り扱っていたが、首都の玄関口でありながら館内は手狭で、物販・飲食施設も少なく、航空機に直接接続する搭乗橋の数も限られるなど、快適性・利便性の確保が課題となっていた。

STEP事業として旅客ビルを整備

 増大する需要への対応のため国内・国際線の取り扱いを分離するべく、2008年より当時の北部空港会社(NAC)の発注により国際線旅客ビルの設計に着手。その後、本事業は円借款により建設が行われることとなり2012年に着工した。円借款事業には、旅客ターミナル・特殊設備機器・駐車場・接続高架道路・汚水処理施設・航空機燃料供給施設などが含まれ、施工は大成建設・ビナコネックスJVが担当。STEP適用案件であり、各所に先進技術が導入された。34か月の工期を経て第2ターミナルは2014年12月に完成・供用開始を迎え、翌2015年1月に開業式典が挙行された。完成した第2ターミナルは、地上4 階・地下1 階建、延床面積139,387㎡で、チェックインカウンター96 台、セキュリティ・チェック8か所、出入国審査ブース各44台、搭乗口14か所、搭乗橋28機、バスゲート3か所などを備え、すべての預入手荷物を検査するX線検査装置や自動搬送・振り分けを行うバゲージ・ハンドリング・システム(BHS)、地下配管を経由した燃料ハイドラント設備(FHS)なども同時に整備された。

航空需要の伸長はさらに続く

 第2ターミナルの完成後、国際線全便が第1ターミナルから移管され、現在まで大きな運用上のトラブルなく多くの旅客に利用されている。2012年に483万人だった国際線の旅客数は2018年には1,008万人を記録し、年平均の増加率は18%に達している。昨今のLCC(格安航空会社)の爆発的な発展やベトナム国内の経済発展も影響し、航空需要の伸長はこれからも継続するとみられている。第2ターミナルは、開業5年後(2020年)に年間旅客が1,000万人に達するという需要予測の基で施設設計を行い、将来的に年間1,500万人まで対応可能な拡張計画をあらかじめ策定し、短期間で施設の拡張ができるよう配慮されている。しかし2018年には予測よりも2年前倒して年間1,000万人を突破したため、ベトナム空港会社(ACV)では予備計画に従い施設拡張のための準備を進めている。本事業は、首都ハノイの空港施設の近代化と旅客サービスの改善を果たしたという点においてベトナム国内でも高く評価されており、また、同時開業したニャッタン橋(日越友好橋)建設事業、ノイバイ国際空港-ニャッタン橋間連絡道路建設事業と合わせて「ハノイ市国際ゲートウェイ整備3事業」として、2015年に第11回JICA理事長表彰が授与された。

 
寄稿:(株)日本空港コンサルタンツ国際業務本部 プロジェクト・アドミニストレータ 木戸秋 剛
『国際開発ジャーナル』2020年2月号掲載

PROJECT FOCUS キリバス

<無償資金協力>

首都圏の幹線道路を気候変動の高潮から守る


 

キリバス
ニッポン・コーズウェイ改修計画

 

コンサルティング:(株)建設技研インターナショナル、(株)Ides
施設建設:大日本土木(株)

 

 太平洋の中央部に位置するキリバスは、33の島嶼と環礁によって成り立っている。そのうち、同国唯一の国際港を擁するベシオ島と、行政機関の本庁があるバイリキ島は、首都タラワの一部であり経済活動の拠点である。この2島を結ぶのが、わが国の無償資金協力によって1987年に建設された幹線道路「ニッポン・コーズウェイ」だ。活発な人の往来や流通を支えてきたこの道路も、老朽化に加えて、気候変動による高潮の影響でたびたび護岸が崩壊し、通行に支障が出ていた。補修費用も大きな負担となっていた。2014年にキリバス政府から無償資金協力要請があり、国際協力機構(JICA)は、まず2015年5月から約1年間、キリバスに協力準備調査団を派遣。護岸および橋梁の補修・補強方法、自然条件、交通量などの調査に加えて、エルニーニョ現象や将来の気候変動による海面上昇を考慮した潮位を設定し、道路や護岸の設計に生かした。道路の舗装には、最も経済的なアスファルトを使用している。2017 年に着工した本事業は、第7回太平洋・島サミットで日本政府が支援を表明した「防災」に資する面もある。2019年4月17日に完工を迎え、キリバスのターネス・マーマウ大統領を迎えて引渡式が行われた。これまで、ニッポン・コーズウェイは護岸崩壊の補修工事のたびに交通規制(片側交互通行)を行わざるをえず、円滑な交通を妨げる一因となっていたが、護岸や道路を全面的に改修したことにより、今後は交通規制が必要なくなる見込みだ。試算によれば、平均走行速度も約2倍に上がり、首都圏住民の安全かつ円滑な走行が確保されるという。護岸の補修費用も、従来の10分の1以下まで減ると期待されている。

 
『国際開発ジャーナル』2020年2月号掲載

コンサルタントの展望 vol.5
八千代エンジニヤリングのトップに聞く

八千代エンジニヤリング(株) 代表取締役/社長執行役員 出水 重光氏
東京教育大学農学部農業工学科を卒業後、八千代エンジニヤリング(株)に入社。取締役大阪支店長、常務、専務総合事業本部長、代表取締役副社長を経て、2016年から現職

 

 
  

誠実さを軸に 丁寧なODAを

  
 
連載「コンサルタントの展望」は、開発コンサルティング企業のトップに今後の戦略をはじめ、政府開発援助(ODA)への展望を語ってもらうリレー連載だ。第五回目は鉄道を始めとしたインフラ事業に強みを持つ八千代エンジニヤリング(株)の代表取締役社長、出水重光氏に今後の事業戦略を聞いた(聞き手:国際開発ジャーナル社 社長・末森 満)

 

鉄道分野のODAが減少

―ODAの現状をどう見ていますか。

 国際協力機構(JICA)の資金ショートの問題は開発コンサルタント業界全体に悪影響を与え、当社も受注額がかなり落ち込んだ。だが、日本が手掛けるODA事業の受注総額のうち、「当社がどの程度のシェアを確保しているか」の方が大事であると考えている。当社のシェアは7、8年前と比較し、ここ1、2年低下していることを危惧している。シェア下落の要因は鉄道事業にある。当社は鉄道とダムから興った会社で鉄道関連の技術者の質は国内トップクラスにもかかわらず、海外での鉄道案件には対応できていないため、今後、拡大を図りたいと考えている。

 

―2018年度の実績では、総売上高205億円に対し、海外売上高は25億円程度です。

 2018年に長期経営方針を策定し、27年時点でグループ会社も含めた総売上高を330億円にまで伸ばすという目標を掲げた。そのうち、官公庁を含めた海外案件で60億円を目指したい。そのためには、海外事業における粗利率の低さを改善する必要がある。海外案件では日本から技術者を送り込むための渡航費を含め、直接経費の額が非常に大きい上、直接経費は実費清算になる。今の環境で勝負するには、受注額を上げなければならない。ただ、このように厳しい状況にあるとはいえ、悲観はしていない。国連が掲げた持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、日本の開発コンサルタントが貢献できる部分は大きい。17ある目標のうち11の目標は、われわれの事業と密接に関わる分野だ。かつ飢餓や衛生、エネルギーなど6つの目標は、特に日本が貢献できると考えている。
 海外案件を実施するにあたって、適切な人材配置は重要であると思っている。現在、社員数1,100人超のうち、海外事業部の技術者は140人程度いる。27年には約200人体制にし、60億円の売上高を達成したい。

 

無機質な競争に未来はない

―世界の開発コンサルタント業界の売上高は、計7.2兆円と言われています。このうち日本企業が占める割 合は1%程度です。

 「規模や投資額が大きければ、非援助国に歓迎される」とは限らない。日本政府も含め、「“質の高いインフラ”や技術の海外展開にあたっては日本の丁寧なものづくりや誠実さをもっと大事にしながら、ODAを推進することが肝要と思う。

―今後、ODA関連事業ではどの分野に注力する予定ですか。

  当社の業務は、防災、廃棄物、電力、通信、上下水道、教育、そして鉄道事業の7つに集約できる。これらの事業に関連したODAに取り組んでいく。 特に今後はソフト面も含めた総合的なコンサルティング業務に力を入れたい。例えば、当社は2003年から、バングラデシュの首都ダッカ市でJICAとともに廃棄物管理改善の支援事業に従事している。廃棄物管理局の設立から住民の意識向上までを手掛け、ごみ収集率は約85%にまで増加した。ごみ処理の習慣を身につけてもらうには時間がかかったが、行政はもちろん住民にとっても魅力的なプロジェクトになったと考えている。

―海外における、民間事業についてはどう考えていますか。

 官民連携(PPP)事業を積極的に手がけたい。2020年まではPPPの準備期間と捉え、海外での人脈構築に力を注ぐ。現在、マレーシア、タイ、フィリピンなど、東南アジアの大学において、現地政府や企業とのコネクションが豊富な大学教授の支援を仰いでいるところだ。人脈を広げ、新規事業創出の機会を生み出したい。並行して、社員の人材育成も行う。海外留学を志す意欲的な社員には、海外における法務や財務、商慣習のスキルが身につくよう積極的に支援したい。ODAの傘の下から出て、相手政府や民間と直接仕事をするには、こういったスキルが必要だ。人材育成を疎かにした状態で、むやみに事業を進めるわけにはいかない。

―海外事業を拡大する上で、現地企業とのアライアンスや買収も視野に入れていますか。

 当社は堅実な経営姿勢を第一に事業を推進し、合併・買収(M&A)は一切やってこなかった。しかし、グローバルに技術が急速に進歩する状況下で、当社独自で最先端技術に追いつくのは大変であり、手間もかかる。現状を踏まえ、M&Aやアライアンスは必要不可欠だと考えるに至り、2019年に主な外注先をグループ会社化した。こうした動きは当社では初の試みだった。今後は、海外においてもM&Aやアライアンスを模索したいと考えている。ただ、同業他社は現地法人を立ち上げたりする一方で、当社は人材面でまだ力不足だ。リスク軽減のためにも、「体力をつけてからやった方がいい」というのが、私の持論だ。

 

新事業創出イベントを開始

―国内では、2019年から外国人人材の受け入れが加速しています。

 数年前まで、当社に入社した海外人材の多くが、出身校の大学教授からの紹介だった。新卒で一般応募してくる人もいたが、以前は採用しなかった。当時は終身雇用の考え方が根強く、海外人材はいつか母国に帰ってしまうだろうとの思いがあったからだ。しかしながら、最近は考え方を変えている。海外人材がいつか母国に戻ったとしても、そこで新たなネットワークができればいい。今では一般応募してきた外国人も日本人と同じ土俵で評価・採用し、現在は約10名の外国人が働いている。

―組織の活性化にも積極的です。

 最近始めたのが、新規事業創出のための「zero-ichiピッチイベント」だ。優秀なアイデアを提案したチームや社員には賞金を出している。 若い社員の中には、積極的な人が少なからずいる。私が長らく関わっている「日本大ダム会議」でも、当社の若手技術者が発表したりしている。若手社員には是非、さまざまな機会を捉えて、意欲的にチャレンジしてほしい。

『国際開発ジャーナル』2020年2月号掲載
#コンサルタントの展望 #八千代エンジニヤリング
2020.01.22

日本工業大学大学院
オープンキャンパスの開催

 

日本工業大学専門職大学院 2019年度第4回 オープンキャンパスを開催

 

日時 2020年02月01日(土)13:30~17:00
会場 神田キャンパス3階ホール

今回のオープンキャンパスでは、MOTの学びを通して得られる価値を、羽化に象徴されるような、『劇的な変化』として表現してみます。模擬授業では、昨今国内外で話題となっているSDGsと企業経営、技術というテーマを取り上げます。パネルディスカッションでは、3名のパネリスト(修了生)の方々に、それぞれどのような自己変革を成し遂げたのかを中心に語って頂きます。また、今回は昨年度新設された「中小企業診断コース」の修了生も参加されますので、診断コースを志望される方は必見です。
本格的な寒さを迎える時期となりましたが、オープンキャンパスに、是非ご参加下さい。
お申し込みはコチラ


 内容 

第Ⅰ部 開会及び大学院紹介 13:30~14:05

オープニング  本大学院教授 水澤 直哉
本大学院の概要 本大学院技術経営研究科長 小田 恭市

 

第Ⅱ部 模擬授業 14:05~14:45

「SDGsと技術経営」 本大学院教授 中村 明

 

休憩  14:45~15:00

 

第Ⅲ部 パネルディスカッション 「本大学院でMOTを学んで」 15:00~16:00

パネリスト : 本大学院修了生 3名
モデレーター: 本大学院教授 水澤 直哉

 

第Ⅳ部 フリートークセッション(懇親会)16:00~17:00

来場者及びパネリスト


 

なお、オープンキャンパスにおいては中小企業診断士登録養成課程の詳細な説明は行いませんので、「中小企業診断コース」ご希望の方は、1月25日開催の第4回中小企業診断士登録養成課程説明会へご参加ください。

 

 会場 

日本工業大学 神田キャンパスは地下鉄「神保町」駅(A1またはA6出口)より徒歩2分の8階建てのビルです。
詳しくは下記「交通アクセス」のページをご参照下さい。
https://mot.nit.ac.jp/outline/access/

2020.01.01

日本で唯一 中堅・中小企業の経営人材を育成
<日本工業大学大学院>

写真:特定課題研究のゼミで熱弁をふるう中村教授


日本工業大学 専門職大学院(MOT)

グローバル化や技術革新の問題を解決

 1907年開校の東京工科学校を前身とする日本工業大学は、2005年、専門職大学院として技術経営研究科(Management Of Technology; MOT)を東京・神保町に開設した。MOTを持つ国内大学は10校程度あるが、中堅・中小企業に焦点を当てた技術経営人材の育成を図っているのは、同大学のMOTだけだ。中村明教授(学術博士)は、「グローバル化や技術革新によって日本企業の約99%を占める中堅・中小企業にも、海外展開を含む多くのビジネスチャンスが生まれています。そうした中で、実務や経営をどのように行うかという課題に対処できる人材を育成するのが本学MOTの役割です」と語る。入学資格には原則、大学卒業後に5年以上の実務経験(短大・高専卒は7年以上、高卒は9年以上)が求められる。授業は平日夜と土曜日に行われ、1年間で技術経営の修士号を取得できる。毎年、技術系中堅・中小企業の経営者や後継者、幹部のほか、大企業や独立行政法人などの在職者が30人前後入学している。年齢層は20代から60代までと幅広く、中国やタイからの留学生も在籍し多様性に富む。

異業種同士で将来を議論

 同大学のMOTには、経営者・経営幹部向け、プロジェクトリーダー・プログラムリーダー向け、起業家・イノベーター向け、そして経営コンサルタント向けの4コースがある。どのコースにも修士論文にあたる「特定課題研究」があり、院生たちは自ら課題を決め、教員の指導を受けながら実務に根ざした設定課題の解決策を約半年でまとめる。また、基礎科目と所属しているコース系科目の必須単位を取得していれば、その他の多くの授業を自由に受けられる。最近はグローバル化の高まりを受けて企業の海外展開に関連した授業が増えている。持続可能な開発目標(SDGs)やESG投資(環境・社会・ガバナンスへの貢献を重視する投資)に関わるテーマも含めた学びの中で、技術革新が著しい製造業、IT・サービス業といった多様な業界から集まってきた院生が互いの実務経験や海外展開などの将来の展望について議論し合い、各々のアイデアを磨いている。 グローバル展開の可能性を秘めた日本の多くの中堅・中小企業に、中村教授は大きな期待を寄せる。「日本企業が持つ技術を生かせば、SDGsの達成や途上国の社会課題の解決に大いに貢献できるはずです。例えば、日本の金型技術などの基盤技術は途上国から注目されています。本学MOTでは、自らが主役となって社会の変化や課題を的確に見抜き、それを踏まえた企業戦略・マネジメントが策定できる技術経営人材の育成を目指しています」。

『国際開発ジャーナル』2020年1月号掲載
#大学の国際化最前線 #日本工業大学専門職大学院

日本財団 連載第29回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:測量データを解析する人材育成事業の卒業生

 

全地球の海底地形を解明する-日本財団‐GEBCO Seabed 2030の挑戦

 

はじまりは専門家の育成から

 2030年までに全地球の海底地形図を100%完成させる―。日本財団は現在、この壮大な国際プロジェクト「日本財団-GEBCO Seabed 2030」(以下、Seabed 2030)を大洋水深総図(GEBCO)と共に推進している。GEBCOは国際水路機関(IHO)と国際連合教育科学文化機関・政府間海洋学委員会(IOC-UNESCO)の傘下にある団体で、一世紀以上にわたり、公的な海底地形図の作成に取り組んできた。 陸上に生きるわれわれになぜ海底地形図が必要なのか。実は海底地形図には、陸上の地図と同様、私たちの暮らしを支える重要な情報がたくさん秘められているのだ。例えば、海底地形を詳細に把握することができれば、津波の予測が可能になる。他にも、船舶や潜水艦の安全航行、海難救助や捜索、氷床の融解による地球規模の海面上昇の予測、海洋生物のモニタリングなど、海底地形の情報が役立つ領域は枚挙に暇がない。 世界の海底地形図を作成する取り組みは、1903年にモナコ公国のアルベール1世が提唱したことに始まる。だがその後、およそ1世紀以上にわたり著しい進展を見ることはなかった。2017年時点では、月や火星の表面がほぼ100%解明されていた一方、地図化された海底地形は全体のわずか6%にとどまっていた。ボトルネックになっていたのは、海底地形のデータ収集と地図作成に関する専門知識を持った人材の不足だ。そこで日本財団は、Seabed 2030に先駆けて2004年、GEBCOと米国のニューハンプシャー大学で海底地形図の専門家を育成するプログラムを開始した。このプログラムからは、これまでに40カ国90名の専門家が輩出され、今や世界的な専門家ネットワークが形成されている。これら卒業生たちは未開拓海域でのマッピングを進めるべく、探検家による世界の5つの海の最深地点への単独潜水を実現したFive Deeps Expeditionや、グリーンランドの氷河周辺の海底地形を調べるRyderExpeditionなどの遠征調査に測量士として乗船し、海底地形データの収集に取り組んでいる。

 

2年でアフリカ大陸を超える面積の地形を解明

 人材育成が進み、関連する国際機関を含めた実施体制も整ったのが2017年8月。ようやくSeabed 2030がスタートした。世界の海を4つの地域に分け、各地域に地域センターとそれらを統括するグローバルセンターを英国に設け、海底地形図作成に必要なデータの収集を進めてきた。データ収集と言っても、すべてゼロから測量するわけではない。各国政府、研究機関、企業などが持つ既存の海底地形データの中には未公開の情報も多く、それらの共有について働き掛けることから着手した。例えば、地質学調査で世界的大手のFugroと、2014年に墜落したマレーシア航空機の調査を手がけた海底探査会社Ocean Infinityから提供されたデータを合わせると、それだけで22万k㎡もの海底地形に関するデータが集まった。ただ、海底地形の情報は安全保障などにも関連してくるため、国益の観点から情報提供には慎重な姿勢を見せる国もある。それでも、71万k㎡もの未公開データを共有してくれたオーストラリア政府のように、人類の未来のために取り組むSeabed 2030に賛同してくれる国も増えつつある。これまでに100以上の多様な組織・団体が協力を表明しており、結果、開始から2年も経たない間にアフリカ全土の面積を超える3,200万km²のデータを海底地形図に取り込むことに成功した。アルベール1世の提唱から100年以上の年月をかけても6%しか解明されなかった海底地形を、わずか2年で15%まで拡大することに成功したのだ。

 

卒業生が開発した技術が国際コンペで優勝

 しかし、世界には調査が手付かずの海域もまだ多く存在している。既存のデータの共有を働き掛けると同時に、これからは未開拓海域のマッピングも進めていかなくてはいけない。そのためには海底探査を大規模かつ効率的に実施していく必要があり、そこで重要になってくるのが技術革新だ。この技術革新を促進するため、日本財団はGEBCOとの人材育成事業の卒業生13カ国16人を中心としたチームを、XPRIZE財団主催の海底探査技術を競う国際的コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」へ参戦させた。このチームは無人測量船と自律型無人探査機を組み合わせ、今まで無人測量が不可能だった4,000mの水深を高速で測量できるシステムを開発し、32チームが競う中、見事優勝を果たした。優勝賞金の400万ドル(およそ4億3,000万円)は日本財団に全額寄付され、これらは卒業生のさらなるスキルアップやSeabed 2030の目標達成を促進する取り組みに活用される予定だ。

 

漁船などを巻き込む仕組みづくりも

 2019年10月、英国の王立協会でプロジェクトの成果報告と今後の計画に関する報告会を開催した。この報告会で、日本財団会長の笹川陽平は「世界の海底地形を100%解明することは決して容易なことではない」とした上で、今後必要な取り組みについて3つの方向性を提示した。一つ目はすでに着手している未開拓海域のマッピング、二つ目がデータ収集技術のさらなる革新、そして三つ目はクラウドソーシングによる海底地形データの収集だ。Seabed 2030の旗振りの下、世界の海底地形を解明する動きは短期間で著しい成果をあげた。 今後の課題としては、漁船やプレジャーボートを持つ船主や一般市民など海底地形の専門知識がない多くの人の参加を可能にする仕組み作りなどがある。これからも関係者との協議を通じて、3つの方向性に沿って新たな事業を具体化し、実行していきたい。

 

 

 

 

profile

日本財団 海洋事業部 海洋チーム 長谷部 真央 氏

 1989年5月22日、東京都出身。10歳から英国へ移住し、ノース・ロンドン・カレッジエイト・スクール、ダラム大学経済学部を卒業。2016 年11月、日本財団に入職。以来、海洋チームで「日本財団-GEBCO Seabed 2030」を含む海外事業を主に担当

『国際開発ジャーナル』2020年1月号掲載

PROJECT FOCUS
モンゴル

<有償資金協力(本邦技術活用条件)>

世界で最も寒い首都の電力と温水供給の安定性・信頼性向上に貢献


 

モンゴル
ウランバートル第4火力発電所改修事業

 

コンサルティング:電源開発株式会社(J-POWER)

 
モンゴルの電力事情

 モンゴルは、中国とロシアに挟まれた親日国である。日本の約4倍という広大な国土に人口は約320万人。平均人口密度はわずか2人/km2 であるが、総人口の約46%が首都のウランバートル市に集中している。同市は世界で最も寒い首都と言われ、冬季はマイナス30度まで気温が下がるが、市内の家屋やビルには発電所からの温水供給による暖房設備があり、屋内は暖かく、快適である。その意味で、冬季の発電所は最も重要なライフラインといっても過言ではない。ウランバートル第4火力発電所は石炭を燃焼して発生した蒸気から、総出力約70万kWの電力と最大約1,430Gcal/h の温水を供給可能である。ボイラ8缶と蒸気タービン・発電機7台で構成される国内最大の発電所であり、全国の約65%の電力と首都の約55%の温水を供給している。設備は、1980年代に建設されたロシア製であるが、91年のソビエト連邦崩壊以降ロシアの技術者が引き上げ、部品の供給も途絶えて健全な運転ができない状況になっていた。この状況に対し、92年からは日本政府が国際協力機構(JICA)の円借款事業として援助を開始し、同発電所の電力・温水の安定供給を支援してきた。2008年までに、石炭供給装置、集塵装置、温水供給装置、ボイラ制御装置などについて、4回の設備改善・更新プロジェクトを実施し、30年以上経た現在でも問題なく運転を継続している。電源開発(J-POWER)は技術コンサルタントとしてすべての案件に携わり、5回目の円借款事業となった本案件でも、コントラクタ選定支援、設計承認支援、施工監理業務などに従事している。

最新の設備に更新

 今回のプロジェクトに関しては2013 年11 月に総額42 億円を限度とする借款契約が同国とJICAの間で締結された。事業は2つのパッケージから構成されている。[パッケージ1][タービン・発電機 6台が対象]1)タービンガバナ(調速装置)の電子化(既設は機械式)2)タービン制御装置のDCS(分散制御システム)化[パッケージ2]1)微粉炭機のセラミック部品採用による長寿命化(ボイラ4缶が対象)2)スーツブロワ(蒸気によるボイラ内のすす落とし装置)設置(ボイラ8缶が対象)工事契約は据付工事も含めた一括請負契約として、パッケージ1は日本の横河電機㈱が、パッケージ2は日本の三菱日立パワーシステムズ㈱とモンゴル国のMCS社の共同事業体が受注して、2015年から設計、製作、現地工事に入った。発電所を稼働させながら、ボイラ・タービンそれぞれ1ユニットずつ、冬季の重負荷期以外の計画定期点検で停止するタイミングを見計らって工事を実施する計画とし、ほぼ計画通りに2019年中に工事は完了した。パッケージ1については、制御装置の信頼性の向上、運転監視性の向上、運転の安定化、運転員の操作性の向上、パッケージ2については修理費の低減、ボイラの効率向上等について、計画通りの成果が期待されている。ウランバートル第4発電所には、これまでの4回の円借款事業での援助による設備改善・更新に加え、今回の事業により、さらに最新の日本の技術が導入された。同発電所はモンゴルおよびウランバートル市のライフラインとして、これからも長く安定して電力と温水を供給していくことになる。

 
寄稿:電源開発(株)国際営業部技術室
『国際開発ジャーナル』2020年1月号掲載
2019.12.13

ODA実務者セミナーのお知らせ
《質の高いインフラ輸出とODAの戦略的活用》

 
 

G20大阪サミットで透明性や債務の持続可能性に配慮した「質の高いインフラ投資に関するG20原則」が打ち出されました。これを受け、政府主導で進む質の高いインフラ輸出にも変化の兆しが見えてきました。「受注実績30兆円」の達成目標年である2020年の初頭に当たり、本セミナーでは進捗状況と“ポスト2020”の新機軸を政策・実施現場の第一線担当者が重点解説します。関係する民間企業関係者にとっては必須のセミナーとなります。奮ってご参加ください。

 

 プログラム 

14:00~14:30 第1講座:「インフラ輸出の進捗と新しい展開」
        内閣官房 副長官補付 内閣参事官(経済協力インフラ担当) 西海 重和氏
14:30~14:40 質疑応答
14:40~15:25 第2講座:「インフラ輸出の全段階で支援を強化 ~国土交通省の取り組み」
        国土交通省 海外プロジェクト推進課 国際建設管理官 川村 謙一氏
15:25~15:35 質疑応答
15:35~16:35 第3講座:「円借款の新たな展開 ~案件形成とO&M借款の推進」
        国際協力機構(JICA)企画部参事役 兼 業務企画第二課 課長 平良 靖氏
16:35~16:45 質疑応答

 

 日時 

2020年1月30日(木)14:00~16:45

 場所 

都道府県会館401会議室 (東京都千代田区平河町2-6-3)

 参加費 

10000円(お一人様/税込、資料代含む)

 定員 

約80名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

 申込方法 

こちらのURLよりお申し込み下さい。https://www.idj.co.jp/?p=8548
申込締切2020年1月24日

 お問い合わせ 

国際開発ジャーナル社 セミナー担当 佐藤・中村
TEL:03-5615-9670 mail:seminar2019@idj.co.jp

2019.12.10

技術系コンサルタント業界説明セミナーin東京

 
 

主催:ECFA  共催:国際協力機構(JICA)
※詳細はホームページをご覧ください。

http://www.ecfa.or.jp/japanese/pr/support/sseminar/index.htm#gijyutsu

「開発コンサルタント」は、世界中の開発途上国で、ODA(政府開発援助や民間投資プロジェクトの最前線で、専門性を活かしたコンサルティング業務を行っています。本イベントでは、開発コンサルティング業界へご関心をお持ちの方々に、開発コンサルティング企業での仕事について理解を深めていただくためのセミナーの他、実際に開発コンサルティング企業の方と直接お話しをする機会をご提供いたします。
開発援助の仕事にご興味のある方は是非この機会にご参加ください。※今回は技術系(学生の方は理系のみ)対象です。全分野対象は年明け、1/24に開催しますので少々お待ちください。

 

 日時 

2019年12月11日(水)16:00-20:00(15:30開場)

 会場 

JICA研究所 国際会議場 (東京都新宿区市谷本村町10-5)

 対象 

いずれかに該当する方
①理系大学生・大学院生
②社会人で各社の求人内容に準ずる経験がある方
※個別相談を希望の方は、相談希望企業の応募条件を満たしている必要があります

 参加費 

無料

 プログラム 

15:30  開場     ※会場内自由に見学ください。
16:00~17:30   セミナー
・国際協力を仕事にする JICA国際協力人材部
・開発コンサルタント概要  ECFA事務局
・参加企業の紹介       ECFA会員企業
※セミナーのみの参加の方も事前申し込みが必要です。
17:30頃~20:00  個別相談
※各社ブースへ自由に訪問し、情報収集を行って下さい。

 

 参加企業 

 \参加企業が増えました!/

アジア航測㈱
㈱アルメックVPI
㈱アンジェロセック
いであ㈱
NTCインターナショナル㈱
㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル
㈱片平エンジニアリングインターナショナル
国際航業㈱
㈱三祐コンサルタンツ
㈱長大
㈱TECインターナショナル
㈱日水コン
日本工営㈱
日本テクノ㈱
パシフィックコンサルタンツ㈱
八千代エンジニヤリング㈱

 

▼個別相談 17:30頃~20:00

参加企業の方と直接お話ができます。また、JICA PARTNERによる国際協力に関わる仕事についての総合相談及び、ECFAによる開発コンサルティング企業に係る総合相談を行います。

 

 申込み 

以下のフォームよりお申込みの上、ご参加ください。
https://forms.gle/dN2N5wbxpgrQXLd5A
 


 問合せ 

ECFA 河野 Tel:03-3593-1171  E-mail:kono@ecfa.or.jp

2019.12.01

PROJECT FOCUS
ウガンダ

<有償資金協力(本邦技術活用条件)>

アフリカ「北部回廊」のボトルネックを解消し
地域経済を活性化する斜張橋を建設


 

ウガンダ
ナイル架橋建設事業

 

コンサルティング:㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル
         ㈱エイト日本技術開発
施設建設:㈱錢高組

 
物流の要となる橋梁の老朽化

 ケニアのモンバサ港からウガンダ南部を横断し、ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国まで通じる「北部回廊」は、東アフリカと中央アフリカをつなぐ最重要の物流ルートだ。モンバサ港で積み替えられるケニア国外へのトランジット貨物の8割弱はウガンダ向けであり、その中にはウガンダを通過して周辺国へ輸送される貨物も多い。このため北部回廊は陸上物流の要となっている。しかし、この幹線道路では、ナイル川を横断するウガンダ・ジンジャ県のナルバレ橋が老朽化し、交通のボトルネックとなっていた。もともと水力発電用のダムに併設される形で1954年に建設されたナルバレ橋は、幅が7mと狭く、交通量の増加に対応できなくなっていた。この状況に鑑み、ウガンダ政府は2008年に策定した運輸交通マスタープランで、2023年までに北部回廊の道路を優先的に改善すると謳っていた。一方、日本政府も、インフラ整備を通した「経済成長の実現」を同国に対する開発協力の方針としていたため、同国政府の要請とその後の調査を経て、本事業に対する有償資金協力のL/Aが10年及び18年に調印された。

地域最大級で120年耐用の斜張橋

 本事業で建設された「ナイル川源流橋」は、ナイル川の源流であるビクトリア湖から2.5km下流(ナルバレ橋の750m上流)に位置する。施工に当たったのは、錢高組を中心とした国際共同企業体だ。設計・施工監理はオリエンタルコンサルタンツグローバルを主とした日本のコンサルティング企業が当たった。新橋は橋長約525mの3径間連続斜張橋。鉄筋コンクリート製の2本の主塔から左右に18本ずつ太いケーブルを伸ばし、同じく鉄筋コンクリート製の橋桁を支えている。主塔は水面からの高さ約80m、逆Y字形が美しい景観をなす。橋長は東アフリカ地域最大であり、日本企業が施工した世界の斜張橋と比べても、バイチャイ橋(ベトナム)、ネアックルン橋(=つばさ橋、カンボジア)に次いで3番目に長い。幅員は23 ~ 25mで左右4車線が確保され、両側には幅2mの歩道も付いている。橋の目標耐用年数は長期の120年と設定され、そのための種々の工夫も凝らされている。

 
アフリカの更なるインフラ整備に向けて

 建設事業は14年4月から始まり、両岸から建設が進められた。従業員の約9割は現地で採用され、地元の雇用に貢献するとともに、ウガンダの建築・土木関係者への技術移転も重視された。4年後の18年4月、中央で橋桁が閉合。その後、ケーブルの張力調整や道路舗装を経て、同年10月、ナイル川源流橋は開通を迎えた。開通式には、ウガンダのムセベニ大統領、亀田和明駐ウガンダ大使、佐藤正久外務副大臣(当時)、深瀬・JICAウガンダ事務所長などの要人をはじめ、約3,000人が参列し、夜には橋のイルミネーションが点灯された。ムセベニ大統領が日本政府をはじめとする関係者に感謝の意を表明したのに対し、佐藤副大臣は同橋の完成によってウガンダだけでなく近隣諸国の経済発展へも寄与できる旨の祝意を述べた。本事業が有償資金協力による東アフリカのインフラ整備の嚆矢となることを期待したい。

 
『国際開発ジャーナル』2019年12月号掲載

コンサルタントの展望 vol.4
アルメックVPIのトップに聞く

(株)アルメックVPI 代表取締役 石本 潤氏
1972年、(株)アレアを設立。1991年、アレアの後身である(株)アルメックの代表取締役に就任し、(株)アルメックVPIへの商号変更後も現職。(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)の副会長も務める

 

 
  

海外の企業・コンサルと連携促進へ 営業力や情報収集能力も強化

  
 
連載「コンサルタントの展望」は、開発コンサルティング企業のトップに今後の戦略をはじ め、政府開発援助(ODA)への展望を語ってもらうリレー連載だ。第四回目は、都市計画や交通計画で強みを持つ(株)アルメックVPIの代表取締役、石本潤氏に今後の事業展開の方向性を聞いた(聞き手:国際開発ジャーナル社 社長・末森 満)

 

高まる保守管理のニーズ

―政府開発援助(ODA)の現状をどう捉えていますか。

 開発コンサルティング企業にとって、ODAの位置付けが変わってきている。昔はODAだけで収益を上げていたが、今ではそうではなくなりつつある。しかしながら、ODAは国際社会において日本の存在意義を示す手段だ。ODA案件を手がける意義は大きい。 昨今の国際協力機構(JICA)の動きを見ていると、国益を重視し、開発途上国への配慮が二の次になっている感がある。一方で、現場で働く人たちは明らかに途上国益を考えている。当社としては、社益も必要だが、国益や途上国益とのバランスを取るのも会社の役割だと考えている。日本のODAは技術力をベースに世界に貢献すると言われてきたが、今後もこの“常識”が通用するかどうかは危うい。昨今は途上国や中進国においても、国際社会で活躍できるコンサルタントが育ち、技術力も向上している。われわれの技術力が中進国に劣ってしまうようでは事業が成り立たない。技術革新を続けることが必要だ。当社は国内外の都市・地域開発計画と各種交通計画を中心に政策立案から事業計画までを幅広く手掛けているが、この先は事業計画策定後の段階にまで踏み込んで事業を展開する必要があるだろう。例えば、最近、インフラの保守管理を手伝ってほしいとのニーズをよく耳にする。当社はソフト面を中心にやってきたが、現地政府や民間企業とのネットワークを生かして、運用・保守(O&M)をともに手掛ける案件は増えていくだろう。

 

企業の海外進出支援に注力

―受注先や顧客層に変化は。

 海外案件については、日本の民間企業からの受注が増えている。特に中小企業や中堅企業から、海外に進出したいとの声をよく聞く。彼らは海外展開を図らなくては生き残れないと考えているようだ。海外で継続的に事業に取り組むには、まとまった資金や人的資本の投下が必要となる。さらに現地政府や現地民間企業との直接契約だけで海外進出するのはリスクも伴う。当社としては、過去の経験と蓄積を生かしながら、海外進出を狙う企業をサポートする事業を積極的に手掛けていきたい。ただ昔と同じように、目の前の業務を頑張っていれば展望が開ける時代ではない。もっと言うと、JICAの案件だけで食べていく時代は終わった。新たなマーケットを自ら切り拓いていくことが喫緊の課題だ。それには技術力の向上のみならず、営業力や情報収集力も求められる。

―海外市場で、日本企業はスピード感に欠けるとの指摘があります。

 海外企業はアイデアがあれば即、自己資金で市場に出てくる。先行投資をしても、利権を得られればいずれ採算が取れるとの発想からだ。日本企業の課題は「計画段階でいかに資金を投入できるか」だ。スピード感を持って判断し、行動に移さないと国際競争に勝てない。また、日本企業は海外で事業をやりたいとなると、「まずはJICAで調査をしてくれないか」という発想をしがちだ。だが、近年はそもそもJICAによる開発調査があまりにも少なくなっており、日本企業は一歩を踏み出せていない。加えて、各プロジェクトが良い成果を生み出すには開発調査が重要だが、JICAは開発調査を省略し過ぎている。昔に比べて、短期間・低コストで同等以上の調査結果を出すことが可能になっているにもかかわらずだ。例えば、今はほぼすべての国がデータを蓄積している。それらを活用すれば調査をより効率化できる。もっとITやビッグデータを駆使すべきだろう。

―海外ではマニラとハノイに事務所と現地法人、ウランバードルに事務所を構えています。

 マニラとハノイに現地法人を設立したのは、以前より、現地の役所や企業から小規模な仕事を発注したいとの話を複数もらっていたからだ。現地法人化することで業務の受注が可能になり、海外政府ともコミュニケーションを密に取りやすくなった。現地法人はローカルの社員を主体として運営され、日本からはプロジェクトベースで人材を送り込む形を取っている。過去に手がけたODAの実績をベースに現地で新規事業を手掛けており、事務所の経費を十分カバーできる利益を生み出そうとしている。今後は現地政府や地方自治体だけではなく、海外の民間企業やコンサルタントとのネットワーク構築が重要だろう。国によっては、地元の開発コンサルタントとの協業や連携も必要だ。

 

JICAとの信頼回復が不可欠

―国際協力の現状と今後は。

  JICAに関して言えば、中央官庁の方ばかり見ながら動いているようにも思える。開発コンサルタントのことはあまり考えていないのではないかと懸念される。JICAと開発コンサルタントとの関係は、ここで一旦見直さなくては破綻する心配がある。 以前JICAは「開発コンサルタントはパートナーだ」と言っていた。だが今は、互いに信頼感が失われかけている。プロジェクトを実施しても、「契約書に書いていない」「契約書通りにやってない」と指摘し合う関係になっており、これでは良い成果を出せないだろう。これからはビジョンを共有し、同じ目標を目指す環境づくりが不可欠だ。そのためにも、まずは互いの信頼を取り戻すことが最優先だと考える。開発コンサルティング業界は、今まさに生き残りをかけた変革期を迎えているところだ。再編・統合が進み、ここ数年で業界の地図も変わっていくだろう。

―人材採用・育成面での課題は。

 会社を継続的に発展させていくためにも、世代交代を進めていかなくてはならない。ただ懸念されるのは、途上国での活動に情熱を持った人や「任せろ」と言う人が少ない点であるが、当社には次の会社を担う後継候補となる中堅社員も多くおり、新しい時代の開発コンサルタント会社を作っていくことを期待している。一方、業界のことを見ると、社会における認知度が低く、いかに高めていくかは課題である。当社は微力ながらインターン生を積極的に受け入れている。採用に直結しているわけではないが、少しでも開発コンサルティング業界について知ってもらうきっかけになればと考えている。

『国際開発ジャーナル』2019年12月号掲載
#コンサルタントの展望 #中央開発

日本財団 連載第28回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:義肢装具士を目指してアジア各国で学ぶ学生たち(写真はジャカルタ)

 

アジアで600人超を育成 -ISPO世界大会で義肢装具士養成事業の成果を報告

 

世界97カ国・6,000人が神戸に集結

 2019年10月5~8日、義手や義足に関わる関係者が世界中から集う国際義肢装具協会(ISPO)の第17回世界大会が、兵庫県神戸市で開催された。この大会は、義肢装具に関する学術的な技術や教育を普及・振興することを目的に3年に一度、世界各地で開催されている。1974年にスイスで第1回大会が開催され、2013年以降は隔年で実施されている。日本での開催は1989年の神戸開催と合わせて、今回で二度目だ。特に今回は、義肢装具分野の研究者や企業、関係者など、世界97カ国6,000人が参加し、過去最大規模の大会となった。企業は、義肢や補助装具などを開発している企業ら150社ほどが参加し、最新の製品が展示された。 日本財団が義肢装具分野への支援を開始したのは、1990年代初頭である。戦争や内戦の影響による地雷被害者の救済が国の再建に向けた最大の課題であった東南アジア地域を中心に、四肢を失った人々が自立した生活を送ることができるよう義手や義足を無償で提供したのが始まりだ。加えて、将来的にアジア域内の人材で義肢装具の提供を継続していけるよう、日本の専門家や英NGOエクシードと協同しながら、カンボジア、タイ、スリランカ、インドネシア、フィリピン、ミャンマーの6カ国で義肢装具士を養成する学校への支援も実施してきた。これまでの支援総額は100億円近くに上る。
 ISPO神戸大会初日に開催された開会式には2,000人以上が参加し、ISPO会長や世界保健機関(WHO)関係者など海外からの要人をはじめ、加藤勝信厚生労働大臣、井戸敏三兵庫県知事、久元喜造神戸市長も参列した。日本財団からは笹川陽平会長が登壇し、財団がアジア地域で20年以上にわたり義肢装具事業に取り組んできたことに言及した。フィリピンで出会った女性ライッサ・ローレル氏の例を取り上げ、弁護士を目指していた彼女が自爆テロによって両足を失い、それでも下を向くことなく、今では義足をつけて世界中を飛び回りながら多くの人に夢と希望を与え続けているエピソードを紹介し、会場は温かな雰囲気に包まれた。

 

地域のリーダーとして活躍する卒業生

 神戸大会ではISPO日本支部と日本財団でシンポジウムも共催し、日本財団がISPOに業務委託する形で2018年に作成した調査報告書の内容を公表した。調査とは、日本財団の支援事業がアジア地域にもたらした具体的な成果について検証するもので、実際の調査および報告書の執筆はメルボルン大学ノサール世界保健研究所が行っている。具体的には、日本財団が養成学校の設立と運営を支援したアジア6カ国を対象に調査チームが各国を訪問して、患者、卒業生、学校職員、関係者など100人以上にインタビューを行い、数量データと併せて成果が包括的に評価された。 シンポジウムでは、メルボルン大学調査チームの主幹であるウェスレイ・プライアー博士が登壇した。プライアー氏は冒頭で、日本財団の支援によってアジア各国で輩出された義肢装具士は600人を超え、彼らが患者に提供したサービスの回数は約50万回に上るとし、「アジア地域に比類ない規模の成果をもたらした事業である」と述べた。加えて、「現在の教育プログラムを発展させていくリーダーを育成することもできている」とも語った。アジア地域全体での人材の有効活用が図られている具体例としては、スリランカの卒業生がタイの修士課程に進学して義肢装具士指導者の資格を取得し、その後フィリピンの学校で指導していることなどが挙げられる。
 一方、本事業の課題についてもいくつか挙げていた。義肢装具サービスを提供できるクリニックが都市部に集中していること、義肢装具士という職業に対する認識が低く、卒業生の雇用機会が少ないこと、義肢装具部門と他の医療サービス部門との連携が不十分であること、などだ。その上で、今後は医療従事者の中で義肢装具に対する理解を高め、義肢装具サービスを他のリハビリテーションと統合し、それらを既存の医療システムに組み込むことで義手義足を必要とするすべての人にサービスが迅速かつ適切に行き届くようにしていく必要性を強調した。

 

事業継続に向けて現地にバトンを渡す

 日本財団が行う義肢装具士養成学校への支援は、基本的に10年間を区切りとしている。その間、現地の保健省や事業を実施している大学に働き掛け、資金・人材面ともに自立した学校運営を行える体制を整えた上で、各国に引き渡している。財団の支援が終了した後も学校運営が継続されるためには、義肢装具士を準医療職として位置づけ、義手義足を必要とする人がサービスを受けられる仕組みを国として確立することが必要となる。日本財団は事業の持続可能性を第一に考え、各国の保健省と連携しながら義肢装具士養成事業をこれまで進めてきた。
 病気や事故で手足を失った人、あるいは生まれつき四肢に障害がある人が、義手や義足を求めた時、その選択肢が開かれていることはとても重要 である。同時に、アジア地域で育成された義肢装具士に対しても国の中で義肢装具士としての地位が確立され、彼らの能力を生かせる環境が多数存在している必要がある。日本財団は長年行ってきた本事業を、ミャンマーを最後に終了する予定だ。これまでアジア各国で育成した600人を超える義肢装具士がネットワークを構築し、互いに知識や技術を共有し合うことで、彼らの作る質の高い義手や義足が四肢を失くした人々の未来を支え続けていくことを期待したい。

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 インクルージョン推進チーム 内山 英里子氏

 早稲田大学法学部を卒業後、同大学政治学研究科にて修士号を取得。国際法を専門に学ぶ。2016年に日本財団に入会し、主に子どもの社 会的養護事業を担当。現在は東南アジア地域を中心とした海外の障害者支援を担当している。

『国際開発ジャーナル』2019年12月号掲載

SDGs達成への方策を探求 利便性も重視<東洋英和女学院大学大学院>

写真:六本木駅・麻布十番駅から徒歩数分とアクセスもよい


東洋英和女学院大学大学院 国際協力研究科

協力隊経験者・NGOの新たな学びの場

 東洋英和女学院大学大学院のキャンパスは東京・六本木にあり、オフィス街、官庁街にもほど近い。授業は平日夜間と土曜日に開講されている。男女共学で、働きながら学ぼうとする人々にとって非常に恵まれた環境と言える。国際協力研究科の基礎共通科目群には、基礎科目と国際学科目がある。前者には社会学、経済学などの社会科学領域における考え方や分析方法を指導する「社会科学研究手法」や、持続可能な開発目標(SDGs)をはじめ今日の課題の解決に向けた新たな方策を探る「サステイナビリティ学」がある。後者には、従来の「国際関係論」「国際機構論」「国際開発協力論」などのほか、学外の専門家を招へいして特定の課題やテーマを深く掘り下げる「国際社会ワークショップ」といった特徴的な科目も設けられている。これらに加え、自らの専門性を磨くための専門科目としてSDGsを念頭に設定された「サステイナブル国際協力コース」と、国際社会が直面する諸問題を幅広く扱う「国際政治経済・地域研究コース」の2つがある。さらに国際協力研究科の学生は、同じキャンパス内にあり臨床心理学などを学ぶ「人間科学研究科」の科目も履修できる。幅広い教養から課題解決の方策まで学べることから、青年海外協力隊OG・OBやNGO活動を担う人たちが自らの経験を見つめ直し、新たな方策を模索するために入学するケースも少なくない。他にも、企業人や看護師、保健師など、専門職として働く人たちも多数在籍している。

他大学院との単位互換制度も

 望月克哉研究科長は「自分自身の経験やキャリアに根ざした強い問題意識を持ち、解決の道筋を見つけようとしている社会人に対して、私たちが旧来の学び方を振りかざすだけでは意味がありません。在学生はもちろん、修了生たちの要望も踏まえながら、カリキュラムの内容を見直しています」と語る。国際協力研究科では少人数で講義を行い、論文指導はもとより、キャリア相談などもマンツーマンで行われ、学生と教員の距離が非常に近い。多様な社会課題に取り組む力を養うため、フィールドワークなど座学以外の研究活動も積極的に進めている。「さまざまなキャリアの学生が集い、互いを尊重し、学び合うことが本研究科の大きな特徴です。学生たちは積極的に勉強会なども開催しており、これに参加した教員もまた刺激を受けています。SDGs達成や国際協力について、よりよい方策を求めている人に集っていただきたい」と、望月研究科長は強調する。2020年度からの新カリキュラムに合わせて、他大学院との単位互換制度も開始する予定で、同研究科はこれからも学生の利便性を高める努力を続けてゆく。

『国際開発ジャーナル』2019年12月号掲載
#大学の国際化最前線 #東洋英和女学院大学大学院 
2019.11.08

今週末開催!11月16日(土)
国際キャリアフォーラム in 福岡

 

 

国際キャリア形成におけるステップを提示する場として大好評の「国際キャリアフォーラム in 福岡」。
本フォーラムではテクノロジーによるビジネスと国際協力/社会課題解決の両立についてまた、それらを実現するためのスタートアップの起業支援など、多様化する国際キャリアのあり方についてお伝えします!

 

本フォーラムへの参加登録には、PARTNERの個人登録者ログインが必要ですが、PARTNER未登録の方、ログイン情報をお忘れになった方向けに、参加申し込みフォームからの参加受付を開始しました!
http://partner.jica.go.jp/ForumFukuoka2019_02

 

参加申し込みフォームはPARTNER未登録の方でもお申し込みいただけますので、ご友人・会社の方・お知り合いにもお声がけいただきぜひ、ご一緒にお越しいただけますと嬉しく存じます。
※未登録の方は、当日受付時までに個人登録をする必要がございます。

▼特設ページ:http://partner.jica.go.jp/ForumFukuoka2019_02

 

★★★ワンポイントキャリア相談★★★

国際キャリアに関して気軽に相談ができます。
相談内容に応じて3つのブースで承りますので是非お気軽にお立ち寄りください。
☆JICA 国際協力人材部 人材養成課
(国際協力全般に関する相談)
 
☆JICA九州センター
(企業の海外展開に関する相談)
 
☆一般社団法人 海外コンサルタンツ協会(ECFA)
(海外展開支援事業の仕事内容/開発コンサルタントの仕事、キャリアパスに関する相談)
 
※ワンポイントキャリア相談のスケジュールは特設ページをご確認ください。

 

====登壇者(一部)==========

・メドメイン株式会社  吉田 起基 氏
・KFT株式会社  宮本 知典 氏
・レキオ・パワー・テクノロジー株式会社  中野 遼太郎 氏
・福岡市グローバルスタートアップセンター  牧之瀬 英央 氏
・JICA九州  上島 篤志 氏
 
登壇者詳細はこちら
※プログラム内容や登壇予定については予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

=====================


 

≪≪多様な登壇者の方々のお話を一日で聞ける貴重な機会となっております!!≫≫

今後、世界的に成長が続いていくインターネットテクノロジー(IT)分野。
近年は、携帯電話の普及率が高まっていることも影響し、その市場は途上国・新興国へと広まっています。
「グローバル創業都市」である福岡では、新興国・途上国ビジネスを展開するための支援制度やスタートアップ企業の起業支援を行うベンチャーキャピタルが多数存在しています。
 
新興国・途上国でビジネスを行いたい方、国内で海外相手にビジネスを行いたい方、新規事業のヒントを探している方などなど、
皆さまのご参加をお待ちしていますのでお誘いあわせの上、ぜひお越しください!

 
 


【国際キャリアフォーラム in 福岡】

日時:2019年11月16日(土) 13:00~16:30
     *プレセッション:11:30~12:15
     *本セッション :13:00~16:30(その後、質問会など17:45まで)
場所:Fukuoka Growth Next
定員:100名
地図:https://growth-next.com/ja/
主催:独立行政法人国際協力機構(JICA)PARTNER事務局
共催:福岡市


 

◇応募方法

PARTNER個人登録済みの方→特設ページの「参加登録」からログインするだけで登録完了できます。
PARTNER未登録/ログイン情報をお忘れの方→特設ページの「参加申し込みフォーム」よりお申し込みいただけます。
※当日受付時までに個人登録をする必要がございます。

 
 

▽プログラム詳細・参加登録はこちら!

http://partner.jica.go.jp/ForumFukuoka2019_02
プログラム内容、登壇者に関する情報は、随時更新してご案内しますのでお見逃しなく! 
皆さまのご参加をお待ちしています!

<問い合わせ先>
(独)国際協力機構 国際協力人材部 PARTNER事務局
jicahrp@jica.go.jp

2019.11.01

コンサルタントの展望 vol.3
中央開発のトップに聞く

中央開発(株) 代表取締役社長 瀨古 一郎氏
東京大学工学部反応化学科を卒業。(株)日立製作所を経て、1988年に中央開発(株)に入社。(財法)リバーフロント整備センター出向などを経て、2003年から現職

 

 
  

ボーリング調査などの独自技術で売り込み強化

  
 
連載「コンサルタントの展望」は、開発コンサルティング企業のトップに今後の戦略をはじ め、政府開発援助(ODA)への展望を語ってもらうリレー連載だ。第三回目は、地盤技術分野で強みを持つ中央開発(株)の代表取締役社長、瀨古一郎氏に今後の事業展開の方向性を聞いた(聞き手:本誌社長・末森 満)

 

社内でアイデア募り事業に生かす

―2018年の完成工事高93億円のうち、海外は9,200万円で、国内事業が大きな割合を占めています。

 国内事業、特に公共事業が好調だ。2013年から15年にかけては福島第一原子力発電所における凍土遮水壁整備事業の一部を、14年から17年には辺野古の海上調査を手がけた。国内事業に占める官民比率はおよそ6対4で、官庁が主な取引先だ。事業比率で見ると、約60%が地盤技術分野で、その他、防災や観光を含めた計画と土木設計、地盤環境の分野が各15%程度を占めている。海外事業は4%に過ぎない。

―地盤技術分野の比率は今後も維持する予定ですか。

 当面は変わらないだろう。当社は技術の質で他社との差別化を図っているし、今後もそうありたい。 2014年には斜面防災の早期警報システムが内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に選定された。同プログラムは、科学技術の発展を目指して、基礎研究から事業化まで総合的に支援するものだ。現在は中国や台湾、オーストラリア、スリランカ、インド、ブータンで社会実装を行っている。ブータンでは国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクトの一環で、国道斜面のモニタリング事業を手がけている。 社内では今年、第三回イノベーション・ソリューション・プログラム(ISP)を実施した。同プログラムは、社内でアイデアを募集し、一番良かったものに賞金を与えている。17年前に第1回を開催し、以後数年おきの頻度で実施している。ここで入賞したものの一部がSIPに生かされている。

―社員数は国内外含め約350人ですが、うち技術系社員の割合はどのくらいですか。

 7割程度だ。技術者の半分以上は技術士や地質調査技士の資格を取っている。資格を取得した人には取得手当を出している。各社員にコンサルタントとしてオンリーワンの存在を目指してほしいとの思いからだ。それが総じて会社の力につながり、企業としてもオンリーワンになれると考えている。

 

中国で海外展開を模索

―一方、海外事業の完成高は2017年の半分程度に減っています。

  JICAの資金ショートの影響で、2018年は非常に厳しかった。当社は1965年に海外技術協力室を設置した。その後、ベトナムやマレーシアなどで現地調査に携わり、85年に海外事業部を独立させた。一つの事件を契機に、90年から中南米に展開したが、収益面や訴訟事などで海外事業では苦労した。2019年5月には、政府開発援助(ODA)で実施していたブラジル・サンパウロ州の無收水削減事業が終わり、一巡した感じだ。 中南米での経験から、前社長が「遠大長」、つまり遠いところ、大きなもの、長期のものをやめると決断し、目を向けたのが中国での国際協力事業だ。当社は2008年の四川大地震の調査団に加わってから、日中技術交流を手がけてきた。この交流をきっかけに、中国の電力中央研究所や鉄道科学研究院などへのチャンネルができた。これらのつながりを軸に、SIPの斜面監視プログラムの技術開発を活用した案件を受注している。13年には成都に現地法人を設立した。中国は現地法人がないと現地の入札に参加できないので、必要にかられての判断であった。現地では社員を3人雇っており、2,000万円の売り上げで黒字になる規模だ。3年くらいで何とかなればと思っていたが、おかげさまで2年目から黒字化している。

―中国以外に、今後注力したい国はありますか。

 ブラジルでの事業展開を模索しており、ODA以外の仕事を積極的に取っていきたい。2010年以降、日本の農水省が中心となって行っている中南米日系農業者団体連携強化交流事業に当社も協力している。現在は農業用種子や資機材を販売する合弁会社の設立に向けて準備中で、斜面監視システムの営業も始めたところだ。そして、同様の形で東南アジアに進出したい。東南アジアはJICAの仕事が多く、日本にとって一大マーケットであるからだ。地盤は場所によって違いがあるため、技術者の感性や経験が必要になる。当社はボーリング調査や地震波の解析など、他社にはあまりない特殊な技術を持っていて、これらの技術を売り込む先を探しているところだ。これまで平均的に海外案件の比率は4%ほどだが、これを5%にまで高めたい。

 

現地企業とのJVで案件獲得へ

―ODA事業の展望と課題は。

 新たなODA案件を発掘していくことは、当社の課題の一つだ。今後は現地のコンサルティング会社とジョイント・ベンチャー(JV)を組み、案件を取っていきたい。サンパウロ州で手がけたODAも、欧州の大手建設コンサルティング会社の現地法人とJVを組んで行った。JVに慣れているのは、他社にはない強みだ。

―海外事業の収益確保に向けて、2018年に組織を見直しています。

 当社には、JICAや国際開発金融機関などの案件を扱う海外事業部のほかに、日中科学技術交流や国際的な共同研究を手がける技術センター、防災モニタリングや探査計測を手がけるソリューションセンター、ゼネコンからの業務委託などを手がける東京支社がある。各部門には、海外事業の獲得につながり得る人脈や技術がある。これらの部署が能動的に海外事業に参加できる仕組みが必要だ。具体的には、各部署が持っている人脈を生かしつつ、技術開発をベースに案件作りにつなげていく。オーソドックスだが、このルーティンが自然に回るよう、部署横断的な仕組みを整えていく。

―開発コンサルティング業界で生き残るのに必要なものとは。

 世界の動きを見ながら戦略を考えることが重要だ。100兆円と言われるインフラ・マーケットにおいて、世界のトップコンサルティング企業は事業規模の拡大に動いている。日本の大手コンサルティング企業も追随しているが、規模の競争は大手に任せ、当社としては持ち味と質で勝負したい。日本のコンサルティング企業の強みは、現地に密着しながら、きめ細やかに対応できる点だ。この姿勢を内部標準化して差別化を図り、グローバルなマーケットにおいて生き残りを図っていきたい。

『国際開発ジャーナル』2019年11月号掲載
#コンサルタントの展望 #中央開発

PROJECT FOCUS インドネシア

<有償資金協力(本邦技術活用条件)>

インドネシア ジャカルタ都市高速鉄道南北線建設事業 フェイズ1


 

 

 コンサルティング 

㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル
日本コンサルタンツ㈱
パシフィックコンサルタンツ㈱


限界に達した首都圏の交通渋滞を緩和する

 工区  CP101 高架部:1.2km,高架駅:1駅プラットフォーム長130m,車両基地:8.3ha
     CP102 高架部:4.7km,高架駅:2駅プラットフォーム長130m
 施工企業  東急建設㈱ 所長:亀廼井寿明氏、野村泰由氏

 

プロジェクトの背景

 インドネシアのジャカルタ首都圏では、近年の急速な経済発展に伴い、世界最悪といわれるほどの交通渋滞が昼夜を問わず発生している。感覚としては、人口が同規模の東京に地下鉄がない、という状態に近い。首都圏で登録された全ての自動車とオートバイの占有面積が道路の総面積を超えているにもかかわらず、鉄道などの公共交通機関の整備が遅れているのがその主な原因である。このような状況を打開するために、首都中心部における大量高速輸送(MRT:Mass Rapid Transit)の必要性が1980年代から議論されていたが、種々の要因で実現しなかった。日本政府とインドネシア政府は、その間も調査と交渉を重ね、2009年に本「ジャカルタ都市高速鉄道(MRT)南北線建設事業」を日本の有償資金協力、本邦技術活用条件(STEP)で実施することに合意した。10年には本事業のフェイズ1の基本設計が完成し、その後の国際入札を経て、12年には受注企業が決定したが、地下や高架の土木工事、鉄道システム・軌道工事、車両製造に至るまで、すべてのパッケージを日本企業がプライムで受注した初のオールジャパンとインドネシアによる海外鉄道プロジェクトとなった。また、路線の一部に地下トンネル部分が含まれており、インドネシアにおいては初めての地下鉄となった。オリエンタルコンサルタンツグローバル(OCG)は、この事業に国際入札支援業務から施工監理まで参加しており、日本勢による初めての海外鉄道プロジェクトを成功に導くことができ関係各位には深く感謝している。

 
   

全てのパッケージを本邦企業が受注

 工区  CP103 高架部:3.9km、高架駅:4駅プラットフォーム長130m受電所
 施工企業  ㈱大林組 所長:中村直人氏、清水建設㈱ 所長:加藤浩氏

プロジェクトの全体像

 本事業のフェイズ1では、全長15.7kmの土木工事(全13駅)と鉄道システム、車両納入などが実施された。全体は8工区で構成されているが、本稿では主に土木工事と駅舎建設を行った6工区(CP101~ CP106)を紹介している。各工区の施工内容は各ページの枠線内を参照されたい。本プロジェクトでは施工企業が設計と施工を行い、コンサルタントはその設計の照査と施工監理を行う、いわゆるデザインビルド方式が採用された。土木事業は国際コンサルティング・エンジニア連盟(FIDIC)のイエローブックを、鉄道システムと車両に関してはFIDICのシルバーブックを参照して契約書が作成されている。


   

困難を乗り越えて工期内に竣工

 工区  CP104 トンネル部:1.9km 地下駅:2駅プラットフォーム長130m
     CP105 トンネル部:2.0km 地下駅:2駅プラットフォーム長130m
 施工企業  清水建設㈱ 所長:坂本雅信氏、㈱大林組 所長:大迫一也氏

困難を極めた工期

 地下工区は13 年8 月に、高架工区は13年11月に工事が着工したが、地下部は地下駅の換気塔や冷却塔の用地、高架部は車両基地や高架駅、バイアダクト(高架橋)の用地収容が完了していないことが発覚した。また、水道や電気などの主要なUtility施設は工事着工までにそれぞれのオーナーが移設するという契約の前提条件も守られていなかった。さらに、着工後に施工企業が詳細設計を開始したが、耐震基準の変更と鉄筋材料の使用制限により全土木事業者は大幅な設計変更を要求され、工事数量が約2倍になった工種も発生した。工事は非常に複雑になり、コンサルタントも施工企業もその対応に追われた。同国では19年4月に大統領選挙を控えており、施主側は同年3月の竣工を大統領から厳命されていた。しかし、用地収容の遅れにより工期が間に合わない懸念が出たため、ジャカルタ特別州政府に依頼して、14年11月から月例建設調整会議を開催し、用地収容とUtility移設のモニタリングを開始した。それにもかかわらず16年の8月の時点においても用地収容は完了しなかった。これ以上の遅れは許されないと判断し、コンサルタントの長としてジャカルタ特別州の知事に直訴した。知事は用地収容の遅延を知らず、報告をしなかった施主の経営陣を交代させて知事自ら住民と対話を行い、用地収容の解決に乗り出した。用地収容は徐々に進展し、大部分は18年3月に完了した(53カ月遅れ)。
 この時点で最大21カ月の工事の遅れが発生しており、工期を取り戻すために施工企業はアクセラレーション(工事促進の突貫態勢)を要求された。それに対応して各施工企業は労務・資器材の追加投入をすることにより13か月の工期短縮を行い、19年3月の竣工を実現させた。そして、4月の大統領選挙の直前に、MRT南北線は営業運転を開始したのである。選挙ではジョコ・ウィドド大統領が再選を果たしたが、同大統領が知事時代に計画した本事業(のフェイズ1)の完成が再選を後押しした形となった。一方においては、用地収容やUtility移設の遅れに加え、膨大な設計変更によって本事業フェイズ1の全契約企業の原契約は1,100億円であったものが、約600億円(約400件)以上のクレームが発生している。工事が極めて複雑になり、コンサルタントも施工企業も工費の清算に向けて現在も対応を続けている。


 

効率的な地下鉄網のさらなる拡充に向けて

 工区  CP106 トンネル部:2.0km,地下駅:2駅プラットフォーム長130m
 施工企業  三井住友建設㈱ 所長:花木茂夫氏、諸田元孝氏

本事業の効果と今後の展望

 本年4月の開業以来、地下鉄南北線の乗客は順調に増加し、現在は1日に9万人以上が利用するまでになった。早朝の5時30分から深夜の12時まで運行し、ラッシュ時は5分間隔で乗客を運ぶ。南北線の南端から北端まで車で行く場合、渋滞にあえば2時間以上かかることも珍しくない。それが地下鉄を利用すれば片道28分である。短時間で、時間通りに目的地に着く南北線の市民からの評判はうなぎのぼりである。また、駅の周辺の駐車場の整備、バスや他の鉄道との乗り換えの容易さ、駅と周辺の建物(ショッピングセンターなど)との隣接化などによっても新路線は市民から高い評価を得ている。さらに、整列乗車や電車内の静謐さの維持など、南北線では乗車マナーが格段に向上していることも注目されている。現在進行中の南北線の延伸工事(フェイズ2:約6km)が完了し、北端のブンデランハイ駅と既存鉄道のコタ駅が結ばれると、さらに交通渋滞の緩和と公共交通機関の利便性の向上に貢献できるようになる。その後には、総延長87kmのMRT東西線(バララジャ-チカラン間)の建設も計画されており、南北線のサリナ駅で交差することになる。これが実現すればジャカルタの都心部の移動の利便性向上はますます拍車がかかる。わが国の都市部における旅客の高速大量輸送の技術やノウハウがインドネシアでさらに活用されることを期待したい。


寄稿:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル 軌道交通技術第一部
次長 南條大助氏 課長 西澤健太郎氏

『国際開発ジャーナル』2019年11月号掲載

世界に横たわる課題を肌で感じ
主体的に解決する力を養う<清泉女子大学>

写真:マラウイでのホームステイの様子


清泉女子大学 文学部 地球市民学科

肌で感じる一次データの価値を知る

 1950年に創立した清泉女子大学は、全国で唯一、「地球市民学科」を2001年に設置した。同学科の特徴は、3つの学習領域を柱として貧困、 経済、環境などグローバル社会の問題点を肌で実感し、解決に挑む力を養い、21世紀を豊かに生きる能力や資質を身につけることだ。1年次は「チュートリアル」として、4年間の土台となる基礎知識を10人以下の少人数クラスでじっくり習得する。2年次以降は社会の問題点を深く理解する「グローバル社会」、外国人とのコミュニケーションに不可欠な語学能力を養う「グローバル・コミュニケーション」、実際に現地へ赴いて実態を把握する「フィールドワーク」の3領域から満遍なく科目を選択し、4年次の「卒業プレゼンテーション」を迎える。これらの中で特に重視されているのは、フィールドワークだ。「文献や論文などから得る二次データも重要ですが、やはり自分の目で確かめ、肌で感じる一次データはより新鮮で価値があります。私の場合、ホームステイを中心とする2週間のフィールドワークをマラウイで実施していますが、参加前の学生たちは大抵、同国について『最貧国の一つ』『衛生面で不安を感じる』といった二次情報しか知りません。しかし、実際に現地へ赴いてみると『国民は意外に明るく、たくましい』『HIV/エイズ患者の思いを直接聞けた』『人生観が変わった』といった感想が続出します。漠然とした将来像だった学生たちが帰国後、『英語力を高めてグローバルに活躍したい』と猛勉強を始めた例も多いです」。こう話すのは、マラウイに青年海外協力隊(理数科教師)として赴任して以来、10回以上も同国を訪れた経験を持つ地球市民学科主任の鈴木直喜教授だ。フィールドワークの舞台はほかにもフィリピン、インド、米国の先住民居住地から日本国内の農村まで多岐にわたる。

現場での失敗や反省が学習意欲を高める

 鈴木教授のフィールドワークでは、学生の主体性を重んじる。マラウイに現地コーディネーターはいるものの、どの場所へ行って何を体験するかは学生自身が決め、航空券の手配から現地でのコミュニケーションまで、原則として自力で行う。「英語が分からず質問できなかった」「思ったほど情報を得られなかった」と反省する学生もおり、そうした失敗も含めて「問題を真剣に研究し、解決しよう」というモチベーションにつなげるのが、地球市民学科の教育の狙いだという。「尽きることのないグローバルな課題に対して主体的・自立的に挑み、学び続けられる人材を育てたいと思っています。自ら現場に飛び込み、世界を舞台に活躍したいという人にはお勧めです」と、鈴木教授は語ってくれた。

『国際開発ジャーナル』2019年11月号掲載
#大学の国際化最前線 #清泉女子大学 

日本財団 連載第27回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:SG2000における栽培技術指導

 

アフリカで目指す「緑の革命」 -ササカワ・アフリカ財団の新たな挑戦

 

TICAD7でサイドイベントを開催

 ササカワ・アフリカ財団(SAA)は8月28日、日本財団の助成の下、横浜市で同日に開幕した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の公式サイドイベント「アフリカの農業と未来 ― 若者の力と農業ビジネス」を開催した。各国の農業関係者約180人が集い、アフリカ開発銀行のアキンウミ・アデシナ総裁が農業ビジネスを学び活用することによる農村の生計や若者の機会の向上の可能性について講演を行った。加えて、招聘した日本とアフリカの若者代表の体験談を交えた議論も行われた。終盤には安倍晋三首相も挨拶に立ち、日本政府が進める「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ」を引き合いに出して、アフリカでの農業人材育成の重要性を強調した。さらにこの日は、SAAとJICAとの間で初の「農業支援の技術協力に関する覚書」も締結され、連携してアフリカの農業支援に尽力することが打ち出された。
 TICADに限らず、アフリカにおける農業人材育成の重要性は年々高まっている。背景にあるのは、長年続くアフリカの食糧問題だ。アフリカは、人口が2050年に現在の約2倍となる25億人にまで増えると予測されており、企業から熱い視線が注がれる反面、2018年の飢餓人口は2億5,000万人を超えた。人口が指数関数的に増加する一方で、食料を生産できる土地面積は有限であることが、問題解決を難しくしている原因の一つだ。 このため農作物単収の向上や、収穫物を無駄にしないための保存・加工技術の普及がより重要となるが、限られたリソースで農家一人一人を直接指導することは容易ではない。そこでSAAは、30年以上前から現地の公務員などを務める農業普及員に対して、地域のニーズに即した指導者訓練を行っている。農業普及員が地域の農家を指導することで、効率的に技術の普及をもたらす仕組みだ。

 

小規模農家に寄り添ってきた30年

 SAAは、日本財団初代会長の笹川良一、ジミー・カーター元米国大統領、ノーベル賞受賞者のノーマン・ボーローグ博士により、1986年に設立された。その目的は、アフリカ版「緑の革命」の実現だ。緑の革命は、開発途上国の小規模農家に生産性の高い品種や肥料など科学的な農業手法を導入することで技術革新を推進し、収穫量を高め、農家が自立できる道を示した。当時アフリカの飢饉に対して緊急食糧支援が中心に行われていた中で、緑の革命の実現を目指すことは画期的な試みであった。ボーローグ博士は「Take it to the farmer(農業技術を農家に)」という言葉を残したが、これはSAAの理念を如実に表したものである。
 SAAの事業は大きく分けて2種類ある。一つ目は、設立当初から続く「笹川グローバル2000(SG2000)」だ。当時、アフリカの国立農業研究所などでは農業改良技術に関する知見がすでに十分蓄積されていたが、予算や人材の問題により農家への普及があまり行われていなかった。農家も、新たな技術の導入はリスクを鑑みて避ける傾向があった。そこでSAAは、改良技術を普及するには、農業普及員や農家に対し、効果を実証してみせることが必要だと考えた。農家の圃場を用いた実践的な技術のデモンストレーション(比較実証)と研修を行い、共に検証するアプローチを取った。シーズンを通じて耕うん、播種、除草、収穫を行うことで、農家は新技術の導入に伴う費用などについて実践的に学ぶほか、改良種子の使用、施肥の方法、除草や収穫の時期などを学ぶことができる。対象はトウモロコシ、小麦、コメ、豆類など、地域の主食となる作物だ。これまでアフリカ15カ国において、数千人の農業普及員や数百万人の農民に裨益効果をもたらした。
 二つ目は、1991年から続く「笹川アフリカ農業普及教育基金(SAFE)」だ。アフリカの大学が農業開発に正面から関わるようになることと、現場の中堅農業普及員がより高度な知識や技術を習得して農家の要望に応えられるようになることの両立を目指している。その特徴は、「事業改善プロジェクト(SEP)」と呼ばれる実践研究だ。研究生は大学で座学の授業を受けた上で、実際に農家の現場を訪問し、理論と実際のギャップを埋めるべく長期の実習を行う。ここでも、小規模農家に寄り添うSAAの理念「Take it to the farmer」が貫かれている。SAFEは過去、提携するアフリカの26大学において農業普及員用のカリキュラムを作り、6,500人以上の中堅農業普及員を教育した。現在、卒業生の多くはより高度な技術を農家に指導したり、政府の農業分野の要職に就いたりしている。

 

既存事業のシナジー効果創出とJICA連携強化へ

 残念ながら、緑の革命はまだアフリカでは十分に実現していない。SAAはSAFEの重点化を軸とした新たな挑戦により、状況の打開を試みている。 第一に、従来は別々に動いていたSG2000とSAFEのシナジー効果の創出である。SG2000での農家の現場から生まれたノウハウを各地で収集し、SAFEの提携大学と分析の上で、より実践的なニーズに基づくカリキュラム作りに反映させ、新たな農業普及員育成を行う。 第二に、生産から貯蔵、加工、販売までに至る農業バリューチェーンに則った改良技術の積極的導入である。TICAD7でJICAと連携強化した理由の一つは、SHEP(市場志向型農業振興)と呼ばれるアプローチの導入だ。SHEPの概念では、「作ってから売るのではなく、売るために作る」ことにより、農家の所得向上と生活基盤改善を狙う。 アフリカ農業の前途は多難であるが、光明は差し始めている。新たな挑戦により、今後も農業技術の改良を通した飢餓の撲滅を、日本財団はSAAと共に目指していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 特定事業推進チーム 神谷 圭市氏

 愛知県出身。東京工業大学工学部卒業後、日本財団に入会し、社内システム運営や日本国内の公益事業審査を経験。2018年より途上国の農業支援を担当。

『国際開発ジャーナル』2019年11月号掲載
2019.10.08

民間企業・SDGsビジネス支援
『国際協力コンサルタント便覧』
発行のご案内と登録のお願い

 

コンサルティング企業の皆さま

 

民間企業・SDGsビジネス支援
『国際協力コンサルタント便覧』発行のご案内と登録のお願い

 

 出版主旨 

経済のグローバル化と少子高齢化などに伴う国内市場の縮小傾向を受け、民間企業の海外進出に向けた取り組みは、かつてなく活性化しています。成長軌道を描く新興国や開発途上国の市場を取り込み、一方でSDGs(国連持続可能な開発目標)に対応していくことは、もはや国内企業にとって不可避のテーマとなっており、政府もこの両面を睨みながら、企業の海外展開支援策をさらに強化していく方向にあります。

 

(株)国際開発ジャーナル社ではこうした動向を踏まえ、新輸出大国コンソーシアムに基づいた支援制度などを整理・ガイドするとともに、民間企業関係者にとって極めて情報が不足している「コンサルタント」の役割や機能を解説し、その上で海外展開支援やSDGsビジネス支援に実績と意欲を持つ有力コンサルティング企業情報の提供を目指した「国際協力コンサルタント便覧」の出版準備を進めております。

 

 ご登録のお願い 

本便覧は、全国の企業関係者はもちろん、SDGsビジネス事業に関わる関連機関・団体など、すべての関係者必携の一冊になるものと確信します。
つきましては、本出版企画にご高察賜り、情報のご提供及びコンサルタント登録(有料)等につきましてお願い申し上げる次第です。

 

▼資料、登録用紙については以下よりダウンロードをお願いします。

✔国際協力コンサルタント便覧編集構成
✔登録コンサルタント調査票
✔国際協力コンサルタント便覧 ご登録申込用紙
 
 

お問い合わせ先

「国際協力コンサルタント便覧」編集事務局:binran2019@idj.co.jp

2019.10.01

日本財団 連載第26回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:長岡高等専門学校を視察するミャンマー国境大臣

 

日本財団が進める「トラック1.5外交」 ―招聘事業がもたらす“中期的”意義

 

胸襟を開いた関係を築く

 奨学金の支給、技術の提供、学校の建設―。日本財団はさまざまな手法を活用して国際協力を行っており、事業の多くは日本財団が支援するパートナー団体(助成先)を通じて実施している。一方で、日本財団が主体となり行っているのが招聘事業だ。これは、海外の政府要人や事業パートナーを日本に招き、1週間から10日程度、日本国内で事業に関係する施設や人を訪れて知見を高めてもらうことを目的としている。例えば、2011年に民政移管されたミャンマーに対しては、いまだ政府の重要ポジションを占める軍人を対象に日本流の民主主義やシビリアンコントロール(文民統制)の理解促進を目的とした訪日プログラムを、2014年より続けている。また一方で、ミャンマーの民主活動家を招聘することもある(右ページ写真を参照)。このように官と民の双方にアプローチできるのが日本財団の強みであり、政府間外交を「トラック1外交」、民間外交を「トラック2」と呼ぶのに対して、日本財団が行っているのは「トラック1.5外交」であると言える。つまり招聘事業には、人と人のつながりを重視した日本財団流の国際協力の真髄があるのだ。
 招聘事業では、日本滞在中は日本財団の職員が全ての旅程をアテンドする。行き先は東京に限らず、日本全体を見てもらうためにあえて地方にすることも多い。結果、当初の目的である会議や施設訪問以外でも招聘者と職員が同じ時間を共有することが増え、旅行や観光の側面も強くなる。 とりわけ、日本財団は政府機関ではなく民間の組織なので、招聘者の心理的なハードルも低くなっている。そのため、政府要人とであっても移動時間中などには本音で話をすることもある。そうした中では、「~という報道があるが、実際は~だ」といった裏話が出てくることもあれば、普段は強面で有名な政府要人が饒舌に自分の家族について話したり、別の政府要人からは友人や仕事先から頼まれているお土産について相談を持ちかけられたりすることもある。こうしたやりとりを重ねて、「会議場だけでの面識しかない」「夕食を一度共にしたが、人が多すぎて会話はできなかった」という形式的な関係ではなく、胸襟を開いた関係を築くことができている。

実際の現場を見て理解を深める

 ある開発途上国の政治家が、日本のインフラシステムを視察した時のことである。その政治家は、前々からこのシステムを導入したいと考えていたようで、事前にカタログ資料を取り寄せて読み込んでおり、現場に到着する前から導入にかかるコストや日本からの支援の可能性について気にしていた。だが実際に視察すると、そのシステムの運用には24時間365日体制で人員を貼り付ける必要があり、人員の育成も社内研修を通じて数年単位で行っている事が判明し、政治家は頭を悩ませていた。というのも、残念ながらその国には、該当するインフラシステムの運用に必要な人材を育成するための制度が十分に整っていなかったのだ。これはカタログ資料からも決して知り得なかった情報であり、現場で何十人もの技術者が働く姿を見て初めて気付くことができた。実際の現場を見ずにいたとしたら、その政治家は間違った判断を下していたかもしれない。百聞は一見にしかずというが、その場でしか分からないことを直接体験してもらえることも、招聘事業の特徴だ。

日本の関係者含めたトリプルウィンの関係へ

 加えて招聘事業は、「招聘者-日本財団」という相互関係だけではなく、「招聘者-日本財団-国内の関係者」という3者間でWin-Win-Winの関係を作るきっかけにもなる。例えば、日本国内のNGOや関係する政府機関に「せっかくの良い機会なのでぜひ」とお声掛けして訪問を受けて入れてもらったり、訪日歓迎レセプションへの出席をお誘いしたりすることで、招聘した日本財団自身にもそれまでなかったネットワークが広がっている。招聘期間中の訪問先を全て日本財団の関係者で完結することなく新しいネットワークや人脈を築くことで、これが事業の改善につながったり、新たな事業展開のきっかけになったりしている。何より、招聘される方々にとっては主催者以外とも人脈を広げることができる絶好のチャンスともなっている。また、訪問を受け入れた側にとっても、自分たち自身では政府要人といった人を招聘することは無いので、組織の広報につながるようだ。これを国際協力の実績の一つとして、ウェブサイト上で公開している組織もいる。

物的支援と人材育成の“中間”の重要性

 招聘の成果は、短期的には目に見えにくい。だからと言って、奨学金や能力向上研修のように長期の人材育成につながる成果を狙っているとも断言できない。それに、渡航費や滞在費といった費用や訪問先の調整、移動手段の確保、宗教・文化に配慮した食事の手配等の手間がかかるもの事実である。
 しかしながら、およそ1週間の短い期間で本音を打ち明けあえる関係を築き上げ、それがその後に両国の間の外交や貿易、国際協力の促進などにつながるという点で、招聘事業は中期的な意義があると言える。また、実際に訪日してもらうことで、一般論としての日本や日本人に対する知識から、理解を深めてもらうことができる。近年、圧倒的な物量による途上国支援への対抗という意味もあり、日本では途上国への人材育成支援が注目されている。だが、その“中間”としての招聘事業の重要性についても理解が深まることを期待している。

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 特定事業推進チーム  和田 真氏

 ワシントンDCにて国際関係学の修士号を取得後、2005年、日本財団入会。
海洋関係、広報部を経て、19年6月より特定事業推進チームにてハンセン病の制圧と差別撤廃、開発途上国の農業支援を所掌

『国際開発ジャーナル』2019年10月号掲載

途上国の現状見つめ 国際的視野を備える専門家目指す
<東京女子医科大学大学院>

写真:ラオスの地方病院を訪問した杉下教授と学生たち


東京女子医科大学大学院 医学研究科 国際環境・熱帯医学講座

SDGs達成を多彩な切り口で追求

 東京女子医科大学は、女医の吉岡彌生氏が1900年に創立した「東京女医学校」を母体とし、医学・看護学教育を通じて女性の地位向上に貢献してきた。女子教育に特化した医科大学は、世界でも珍しい。国際環境・熱帯医学講座は、93年に寄生虫学教室を改組する形で誕生した。近年は持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指す国際的な視野を持った次世代リーダーの育成のため、社会学、開発学、経済学など医学に留まらない多彩な切り口で研究や教育を行う。学生も医師を志す者だけでなく、途上国支援に強い意欲を持っている者も多い。高校生の時からカンボジア、フィリピンなどでボランティア活動を行い、高い英語能力を備えた生徒もいる。

途上国や東京五輪にも活動を拡大

 同講座で2016年から教鞭をとっている杉下智彦教授(講座主任)は、自身も中学生の時にエチオピアの大飢饉の報道を見て衝撃を受け、医 師としてアフリカの人々を救うことを志した。1995年に青年海外協力隊としてマラウイに赴き、その後は国際協力機構(JICA)の専門家として アフリカ諸国など世界20カ国以上で保健システムの構築・強化に尽力。その功績により2016年に「第44回医療功労賞」を授与されている。同講座では、医学教育に社会課題解決手法や海外フィールド調査を取り入れて、次世代のリーダー養成を始めている。その理由として、杉下教授はSDGs、特に地域保健に関する問題の解決を追求するには、学生自身が開発途上国の現状を見ることが不可欠」と語る。「座学だけでは途上国の本当の悲惨さはわからないし、医療の視点だけでも十分とは言えません。私は授業の一環で学生たちをラオスに連れて行くのですが、日本ではありえない深刻な貧困を目の当たりにして、ほとんどの学生がショックを受けます。現地の人から『助けて欲しい』と懇願されても戸惑うものですが、帰国後の学生は明らかに目の色が変わり、その後の学修に精を出します」。
 また、学生たちは研究だけでなく、欧米の医科大学への交換留学や、来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて外国人の診療や通訳を行うNGO「チーム・メディックス」への参加を目指すなど、活動の幅を広げている。中には、1~2年次から春や夏の長期休暇を利用して途上国の医療支援プログラムに自主的に参加する学生もいるという。「日本の医科大学の中で、本学は最も国際協力に熱心と言っていいでしょう。途上国へ飛び出して現地の健康課題を解決したい、日本を訪れる外国人を治療したい、と切実に思う人の入学を待っています」と、杉下教授は期待を込めて強調した。

『国際開発ジャーナル』2019年10月号掲載
#大学の国際化最前線 #東京女子医科大学大学院 

コンサルタントの展望 vol.2
オリエンタルコンサルタンツグローバルのトップに聞く

(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル 代表取締役社長 米澤 栄二氏
1985年、(株)オリエンタルコンサルタンツに入社。執行役員GC事業本部道路交通事業部長、(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル代表取締役常務役員などを歴任後、2015年10月から現職。(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)の副会長も務める

 

 
  

現地法人の活用進め、非ODAシェア拡大を目指す

  
 
連載「コンサルタントの展望」は、開発コンサルティング企業のトップに今後の戦略をはじめ、政府開発援助(ODA)への展望を語ってもらうリレー連載だ。第二回目は(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル代表取締役社長の米澤栄二氏に非ODA案件拡大への戦略を語ってもらった(聞き手:本誌社長・末森 満)

 

ソフト系の案件に注力

―政府開発援助(ODA)の現状をどう捉えていますか。

 政府の方針もあり、インフラ輸出関連事業が主軸となっている。当社もフィリピン、インド、ミャンマーなどで鉄道関連の大型案件を手掛けており、2016年以降の受注額は増加傾向である。 一方で、ODAのみに依存していては企業の長期的な成長は難しい。これまでも非ODAへの取り組みを行ってきてはいたが、国際協力機構(JICA)の資金不足問題でODAへの偏重はリスクがあると再認識した。当社は円借款のハード系事業を多く手掛けているため影響は限定的であったが、ソフト系を主に手掛ける開発コンサルティング企業にとっては厳しい状況であっただろう。

 

―現在、売上高全体に占めるODAの割合はどのくらいですか。

 9割程度だ。アジア圏の案件が主で、鉄道を中心とした運輸・交通分野が7割以上を占める。こうした業務における偏りが最大の課題だ。当面はODAの仕事を優先的に手掛けつつ、徐々に非ODA案件の受注も増やしていきたい。具体的には、売り上げのシェアをODAが6割、その他の事業が4割になるまで持っていき、「二本足」で事業を行える状態にしていくことを目指している。

 

―事業拡大の具体策は。

エネルギー、上下水、民間建築分野を強化するなど、分野の多角化を行う一方で、マスタープランの策定事業など、ソフト系の案件の受注も引き続き拡大したい。特にマスタープランの策定支援においては、派生案件であるインフラ整備案件に対して優位に取り組むことが可能となる。ミャンマーで当社は2012年に「ヤンゴン都市圏開発マスタープラン」、2014年に「ミャンマー国全国運輸交通プログラム」の作成に携わった。現在、「ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業」「ヤンゴン環状線整備事業」に取り組んでいるが、これは全国運輸交通プログラムや都市圏開発マスタープランから派生した案件だ。 インドやアフリカには、まだマスタープラン策定支援へのニーズがあり、アジアでも既存のマスタープランの見直しがあらゆるところで必要になってくると見ている。これらを積極的に手掛けることにより、円借款の大型案件の受注につなげられる可能性は高い。

 

―非ODA案件の獲得に向けてはどのような施策をお持ちですか。

 真っ先に取り組んだのが、現地法人の設立だ。これまでインド、インドネシア、ミャンマー、タイ、フィリピン、カタール、ウガンダの7カ国に現地法人を設立した。9月にはパナマに現地法人を設立し、中南米のシェアを拡大していく予定だ。これら現地法人を通じて、開発金融機関や各国政府、民間の案件へと裾野を広げていく。アジア開発銀行(ADB)や世界銀行、現地政府、民間等の大型案件を獲得したいと思っても、日本 のコンサルティング会社単独では価格面も含めて世界の競合たちに勝てない。現地法人の設立や他のコンサルティング会社との提携を介して、実績作りや価格を抑えるなどの対応が不可欠だ。
 例えば、フィリピン国内外で、農業や医療をはじめとしたソフト分野の案件や、ADB案件を多く手掛けるフィリピンのコンサルティング会社PRIMEXの株を今年8月に40%取得し、連携強化を進めている。こうした取り組みを通して、上下水やエネルギー、建築などへと総合的に広げていきたい。 加えて、現状ではアジア中心だが、今後はアフリカや中南米、中東への取り組みも強化する。そのため、欧米の開発コンサルタントとの連携強化も進めている。すでに米AECOMや豪SMECと覚書(MOU)を交わし、定期的に情報交換を行っているほか、SMECとは人事交流も行っている。

 

―現地法人を数多く持っていますが、人材確保や運営面でどのような工夫をされているのでしょうか。

人材面では、主にローカルで採用・育成したエンジニアが活躍している。将来は、現地で育成した人材を別の第三国に派遣して事業展開をできるようにもしたい。専門性が高いエンジニアには、プロとして国際的に活躍してほしい。 ビジネスの形態は、国民性などによって変えている。例えば、タイの現地法人はデザインセンターとしての役割を果たしている。タイ人は高い技術力がある一方、国外に出たがらない傾向があるため、世界各国で発生した設計業務をタイで請け負っている。他方、フィリピンは国外に出ることを厭わない人が多く、フィリピンを拠点に世界各国のプロジェクトに人材を派遣するリソースセンターと位置付けている。日本からのトップダウンではなく、各法人がその特色を活かし、メタナショナルな形態をとりながら、共に成長してくことを目指している。

 

維持管理の経験生かせ

―今後の業界についてはどのような展望をお持ちですか。

 日本の開発コンサルティング企業には、まだまだ世界的に活躍できる余地がある。EngineeringNews-Record(ENR)が今年7月に発表した開発コンサルティング企業の売上トップ225社の総売り上げは7.2兆円に上ったが、日本企業の売り上げはその1 %(720億円)に過ぎなかった。日 本が世界第三位のGDPを有する国であることを考えると、このシェアは非常に小さい。シェアを拡大させるためには、実績や価格面などでの競争力を強化する必要があると考える。
もう一つ、今後のために備えておくべきは、東南アジアで高まるインフラの維持管理に対する需要への対応だ。中でも、鉄道の運営・保守(O&M)に関するニーズが高まっていくだろうと見ている。今年3月、日本のODAを受けてインドネシア・ジャカルタで初の都市高速鉄道(地下鉄)が操業した。本事業は鉄道の建設と並行して、日本から運営維持管理コンサルティングサービスも提供されていることが特徴的である。今後も、多様な分野でO&Mといった維持管理は重要になっていくはずだ。
 今までは「作る」ことばかりに一所懸命になっていたが、この先は「維持管理」で日本が培った経験を生かせる可能性がある。こうした日本の強みを生かして、海外に出ていけるだろう。来るべき時に備えて今からできることに取り組んでいくべきであろう。

『国際開発ジャーナル』2019年10月号掲載
#コンサルタントの展望 #日本工営

PROJECT FOCUS スリランカ

<有償資金協力>

内戦で疲弊した国内輸送のネットワークを日本の技術で再建する


– 幹線国道上の主要37橋梁を架け替える本邦技術活用条件(STEP)プロジェクト


 

スリランカ
国道主要橋梁建設事業
(パッケージ2)

 

コンサルティング:㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル
施設建設:㈱安藤・間              

 
残された主要橋梁の整備

 スリランカ国内では、旅客・貨物輸送の9割を道路輸送が担っており、堅調な経済成長を背景として輸送量は増え続けてきた。一方、2009年まで続いた紛争の影響もあり、老朽化した道路インフラの建て替え・補修はまだ道半ばである。スリランカ全国の国道上には、主なものだけで約2,000本の橋梁があり、そのうち実に3分の1以上は、建設から100年以上が経過している。しかし、同国内に十分な技術がないことや、国際機関などの支援が小規模橋梁の整備に限られていたことから、橋長30m以上の主要橋梁の整備は後回しにされていた。一部の橋梁では幅員や重量制限の関係で大型トラックが通れず、円滑な道路輸送を阻む大きな要因となっていた。本事業「国道主要橋梁建設事業」 はこのように取り残されていた国道上の主要橋梁37橋を架け替えるものである。総事業費は約161億円。そのうち円借款で約124億円を賄う。工区は4つのパッケージに分けられ、本稿で紹介するパッケージ2までが完了した。

 

日本の技術やノウハウを生かす

 本事業では、それぞれの現場の詳細な調査に基づき、工費節減、耐久性、維持管理の容易さなどを重視して、橋の構造や工法が採用されている。例えば、塩害対策として橋梁をコンクリート橋とし、さらに防水塗装を施して耐久性を高めた。鋼橋が経済的と判断された橋梁に対しては耐候性鋼材を使用し、コスト削減と維持管理性の向上を実現させた。大きな反力が生じる橋梁の支承には、日本製のゴム支承が採用されている。加えて、これまでスリランカでは直線で計画されることが多かった橋梁を曲線橋にすることで、橋の両側にある既設道路との擦り付け区間を短くしたケースもある。その結果、用地買収や住民移転の範囲を減らして同国側の負担を少なくしたほか、工事費の削減も実現できた。

 

様々な困難を乗り越えて

 パッケージ2では、スリランカ北部に位置する8つの橋梁(別表参照)が建設された。工事現場は資機材の集積拠点となる最大都市コロンボから300 ~ 380kmも離れており、運搬には車で7~8時間を要する。全8橋で採用されたプレテン桁の製作工場2箇所も現場から遠く、夜間に190 ~ 250kmの距離を輸送しなければならなかったという。さらに、同国北部では土砂や砕石、砂の調達・運搬についての規制が厳しく、あらかじめ申請を行っても許可に時間がかかって搬入がなかなかできないなど、資機材の輸送は苦労の連続だった。洪水の発生や近接した別の工事の影響で作業が長期間滞ることもあった。このような困難に直面しながらも、工事は粛々と進められ、2018年10月に8橋全てが完成した。これによって、内戦で最も疲弊した同国北部においても安全で効率的な陸上輸送が実現し、経済発展にさらに拍車がかかるものと大きな期待が寄せられている。

『国際開発ジャーナル』2019年10月号掲載
2019.09.25

北東アジア開発協力フォーラム2019を開催

北東アジア開発協力フォーラム2019

-多国間協力の再構築とSDGs達成に向けた北東アジア諸国の役割

 
 

 1,開催日時 

2019年9月27日(金曜日)9時30分から17時30分
      28日(土曜日)9時30分から16時45分

 

 2,開催場所 

国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル2F 国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5

 

 3,概要 

 今世紀最初の10年間、多国間協力はOECD/DACドナーなどから広く支持されました。しかし2010~2019の10年間には多国間主義(multilateralism)よりも一国中心主義やナショナリズムが世界中で勢いを得ているように見受けられます。国連機関や多国間開発銀行はこの一国中心主義による大きな挑戦に直面しています。
 その一方で、中国、韓国、ロシア、日本といった北東アジア諸国は近年、新しい多国間協力の枠組みを整備しつつあります。既に長い実績を誇るアジア開発銀行に加え、アジアインフラ投資銀行、ユーラシア経済共同体、上海協力機構といった新しい枠組みが機能しつつあります。
 このような状況に北東アジア諸国はどう対応すれば「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成していけるのでしょうか。本フォーラムでは、中国、韓国、ロシアと日本の国際開発関連学会が、国連ESCAPの協力を得て、上記の点について議論します。ESCAPに加え、アジア開発銀行(ADB)やアジア太平洋諸国の有識者も数多く参加します。

 
 

 4,プログラム 

第1日(9月27日(金))

Opening session (9:30-9:50)
– Opening remarks (Ganbold BAASANJAV, Head, ESCAP East and North-East Asia Office; 大野泉, JICA研究所所長; 山形辰史, 国際開発学会会長)
– Congratulatory remarks (外務省国際協力局長) (依頼中)

 

Session 1 (10:00-12:00) “Reinventing the role of multilateral cooperation of North East Asian countries”
– Moderator: Ganbold BAASANJAV (Head, ESCAP East and North-East Asia Office)
– Keynote Speaker:木村知之 (Director General of the Strategy, Policy and Partnerships Department, Asian Development Bank)“Asian Development Bank’s Strategy, Policy and Partnerships (tentative)”
– Discussants:
 Debapriya BHATTACHARYA (Distinguished Fellow, Centre for Policy Dialogue, Bangladesh)
 北野尚宏 (早稲田大学教授)
 藤田安男 (JICA研究所副所長)
 Xiaoyun LI (Distinguished Professor, China Agricultural University; Chair of CIDRN)
 KWON, Huck-ju (Professor, Seoul National University; President, KAIDEC)

 

Session 2 (13:00-15:00) “Roles of Northeast Asian countries to facilitate multilateral cooperation: China’s approach”
– Moderator: Jianbo LUO (Institute of International Strategic Studies, China Central Party School)
– Speakers:
 Xiaomin ZHANG (Beijing Foreign Studies University) “China’s participation in the International multilateral aid”
 Meibo HUANG (Shanghai University of International Business and Economics) “Prioritising to the overlapped goals within Multilateral cooperation to build synergism of cooperation framework-base on study on achieving SDG 9”
– Panelists:
 LIM, Eun Mie (Ewha Womans University)
 Xiaoyun Li (China Agricultural University)
 Shafqat Munir AHMAD (Sustainable Development Policy Institute, Pakistan)

 

Session 3 (15:30-17:30) “Roles of Northeast Asian countries to facilitate multilateral cooperation: Republic of Korea’s approach”
– Moderator: KWON, Huck-ju (Seoul National University)
– Speakers:
 SOHN, Hyuk-Sang (Kyunghee University)
 CHO, Wonbin (Sungkyunkwan University)
– Panelists:
 Chuanhong ZHANG (China Agricultural University)
 CHO, Hyeong Lae (Korea International Cooperation Agency)
 Celia Manalaysay REYES (Philippine Institute for Development Studies)(tbc)
 高柳彰夫 (フェリス女学院大学)

 

第2日(9月28日(土))

Session 4 (9:30-11:30) “Roles of Northeast Asian countries to facilitate multilateral cooperation: Russia’s approach”
– Moderator: Andrew SHELEPOV (Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration: RANEPA))
– Speakers:
 Anastasia ZABELLA (Peoples’ Friendship University of Russia)
 Andrew SHELEPOV (RANEPA)
– Panelists:
 Meibo HUANG (Shanghai University of International Business and Economics)
 KIM, Eun Ju (Korea Institute of Public Administration)
 Navruz KHOTAMOV (Kyoto University) (tbc)

 

Session 5 (13:00-15:00) “Roles of Northeast Asian countries to facilitate multilateral cooperation: Japan’s approach”
– Moderator: 伊東早苗 (名古屋大学)
– Speaker:
 小川裕子 (東海大学) “Post-national interests: International development cooperation’s trend and Japan’s ODA”
– Panelists:
 Jianbo LUO (China Central Party School)
 Veara KIM (Royal University of Phnom Penh) (tbc)
 佐藤仁 (東京大学)

 

Session 6 (15:15-16:30) “Vision for North-East Asian countries – their collective roles to facilitate multilateral cooperation”
– Moderator: Hamza Ali MALIK (ESCAP)(tbc)
– Speakers:
 近藤久洋 (埼玉大学) “Unilateralism versus multilateralism? Emerging countries and emerging multilateralisms”
 Chuanhong ZHANG and Xiaoyun LI (China Agricultural University) “Reconstructing international development knowledge in the context of globalization: Opportunities and challenges for North East Asian countries”
– Panelists:
 Debapriya BHATTACHARYA (Centre for Policy Dialogue) (tbc)
 Xiaomin ZHANG (Beijing Foreign Studies University)
 Anthea MULAKALA (Asia Foundation) (tbc)
 Celia Manalaysay REYES (Philippine Institute for Development Studies)(tbc)

 

Closing Session (16:30-16:45)

 

 5,主催 

国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)北東アジア事務所、国際開発学会、JICA研究所

 

 6,共催 

China International Development Research Network (CIDRN), Korea Association of International Development and Cooperation (KAIDEC), and Russian Association of International Development Assistance Experts (RAIDAE)

 

 7,言語 

英語

 

 8,参加費 

無料

 

 9,定員 

100名

 

 10,留意点 

・座席数が限られておりますため、定員を超えた場合はお断りする場合がございます。
・本イベントにて撮影された写真は、JICAのウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますので併せてご了承ください。

 

 11,お問い合わせ 

JICA研究所(担当:中村)
メール:ditas-rsunit@jica.go.jp

 

 12,申し込み方法 

以下のページより、第1日、第2日の申し込みを別々にご登録ください。
https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/news/event/index.html

 

2019.09.19

国際協力キャリアフェア2019開催!

 

 

今年も例年通りキャリアフェアを開催することとなりました!
今年のテーマは  「やっぱり世界で働きたい」  です。
国際協力の仕事に挑戦したい人、したかった人、迷ってる前に、諦める前に、一歩踏み出してみませんか?

 

 

 開催概要 

 

『国際協力キャリアフェア2019』
日時:12月7日(土) 13:00-19:00
場所:JICA市ヶ谷ビル2階 (東京都新宿区市谷本村町10−5)
参加費:1000円

参加してくれた方にはスペシャル特典付き!
 

参加申し込みはコチラ!

出展ブースでは国際機関、国際協力コンサルタント企業、NGO団体、大学・大学院などが参加予定
セミナーでは昨年に引き続き国際協力業界で働くアクターが、この業界で働くことについてそれぞれの立場からお話しします!
その他、キャリアコンサルタントによる個別相談、写真展なども行います。

 

公式ホームページはコチラ!
それぞれの団体紹介なども行っています。ご覧ください。

 
 

【お問い合わせ先】
国際協力キャリアフェア事務局(株式会社国際開発ジャーナル社内)
TEL : 03-5615-9670
FAX : 03-5615-9671
所在地 : 〒113-0034 東京都文京区湯島2-2-6 フジヤミウラビル8F

2019.09.01

日本財団 連載第25回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:ハイネ大統領との協議に臨む笹川会長

 

ハンセン病”制圧”から”ゼロ”へ ―WHOの制圧定義に当てはまらない国、マーシャル諸島の挑戦

 

未制圧国はブラジルだけ?

 日本財団は長年、世界保健機関(WHO)と各国政府と連携して世界のハンセン病を“制圧”するための活動に従事してきた。制圧とはどういう ことか。その定義は、「人口100万人以上の国において、患者登録者数が人口1万人あたり1人を下回る」状態であると、1991年のWHO総会で定め られた。この定義に基づけば、2019年8月時点で未制圧国はブラジルを残すのみとなっている。ただ、この定義に当てはまらない人口100万人に満たない国、特に小さな島嶼国などは未だにハンセン病の有病率が高い。マーシャル諸島も、その一つだ。

大統領と保健・福祉大臣主導で対策を強化

 同国は、日本から南東に約4,500㎞離れた太平洋に浮かぶ、人口5万人程度の島嶼国だ。29の環礁と5つの島で構成されている。2018年時点で人口1万人あたりのハンセン病患者の数は10人前後と、極めて高い有病率となっている。これまでハンセン病対策が十分進んでこなかった背景の一つには、結核など他の保健衛生問題への対策が優先され、ハンセン病対策に従事するスタッフや予算が極めて限られてきたことがある。他にも、環礁間・島間の移動手段が限られていることから患者の発見および治療が困難であったことも要因の一つとなっている。しかし、2016年にヒルダ・ハイネ大統領とカラニ・カネコ保健・福祉大臣が就任して以降、同国のハンセン病対策には変化の兆しが見え始めている。 ハイネ大統領とカネコ大臣は共にハンセン病対策に力を入れており、患者の早期発見・早期治療を目指した施策を打ち出している。例えば2017年、従来行われてきた結核の集団検査の際、ハンセン病も併せて検査するキャンペーンを実施した。このキャンペーンにより、人口の約半分にあたる2万5,000人がハンセン病の検査を受けることが出来た。こうした取り組みの実情を把握し、加速させるため、WHOハンセン病制圧大使を務める笹川陽平・日本財団会長は2019年4月、マーシャル諸島を訪問し、ハイネ大統領およびカネコ大臣と今後のハンセン病対策について協議を行った。

国民に正しい知識を

 「ハンセン病の患者をゼロにするため、政府としても必要な活動をしていきたい。その為の協力をお願いしたい」。 協議冒頭、ハイネ大統領はこう語った。ハンセン病の制圧にとどまらず、将来的にはハンセン病の患者数をゼロにしたいという野心的な目標を、大統領は抱いていたのだ。国の指導者がこのようにハンセン病対策に対して意欲的である時は、さまざまな取り組みを実現出来る可能性が非常に高くなる。そこで協議の場では、これまで実施してきた患者の早期発見・早期治療のキャンペーンを継続することの重要性を確認するのと同時に、新たに一つの取り組みが提案された。それは、国民がハンセン病に関する正しい知識を持つよう啓発をしていく活動だ。マーシャル諸島はこれまで、ハンセン病患者の早期発見・早期治療という医療面に重点を置き対策を進めてきたが、ハンセン病には他にも取り組まなければならない問題がある。その一つが、ハンセン病にまつわるスティグマ(社会的烙印)と差別だ。
 ハンセン病は治療が遅れると、身体に障害が現れる。このため旧約聖書の時代から「ハンセン病は神罰・呪い・遺伝する病気である」と誤解され、ハンセン病にかかった人はスティグマと差別の対象となってきた。そこで2010年に開催されたニューヨークの国連総会本会議では、「ハンセン病の患者・回復者とその家族に対する差別撤廃決議」と「原則とガイドライン」が192カ国全会一致で採択された。だが、差別撤廃の決議がなされたからといっても社会の考え方が急に変わるわけではなく、残念ながら今なおスティグマと差別は世界中で根強く残っている。カネコ大臣によれば、マーシャル諸島では互いに助け合って生活しており、相互尊重を重んじる社会であることから、文化として差別は少ないという。ただ、実際のところはまだ正確には分かっていない。従って、ハンセン病は治る病気であること、薬は無料で配布されていること、そしてハンセン病患者らへのスティグマと差別は不当であることを、国民に広く周知し続けていくという取り組みが、同国においても重要だと言える。ハンセン病に関する正しい知識が国民の間で理解されれば、今までスティグマと差別を恐れてキャンペーンなどからも隠れて生活していたハンセン病患者は、自ら病院へ行けるようになるだろう。 ハイネ大統領とカネコ大臣もこの考え方に理解を示し、ハンセン病の病気自体の治療を行うという医療的側面と、ハンセン病にまつわるスティグマと差別を無くしていくという社会的側面の両方の取り組みを進めること、それらの取り組みに日本財団とWHOも協力していく方向性が確認された。具体的な取り組み内容などについては引き続き協議して決めていく予定だ。

小さな島嶼国のモデルに

 マーシャル諸島に限らず、WHOの定めるハンセン病の制圧基準の対象外となる人口100万人未満の島嶼国では、ハンセン病対策が十分に行われていない国が他にもある。マーシャル諸島の取り組みが上手くいけば、そうした島嶼国へのモデルケースになる。ハンセン病の病気とスティグマ・差別のない国の実現は容易ではないが、マーシャル諸島の挑戦はまだ始まったばかりだ。

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 国際連携推進チーム  中安 将大氏

 慶應義塾大学を卒業後、米デンバー大学ジョセフコーベル国際研究大学院で修士号を取得。2009年に(公財)日本財団に入職し、国際協力 グループで主に東南アジアにおける人材育成や知的交流、障害者支援などを担当。14年1月より2年半、日本財団ミャンマー駐在員事務所へ赴任し、ミャンマーの紛争被害者を対象とした食料支援や再定住環境整備に従事。19年6月から特定事業部国際連携推進チームに所属。

『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載

コンサルタントの展望 vol.1
日本工営のトップに聞く

日本工営(株) 代表取締役社長 有元 龍一氏
法政大学法学部を卒業後、1977年に日本工営(株)に入社。経営管理本部長兼人事・総務部長、取締役常務執行役員、経営管理本部長兼人事部長を歴任後、2014年9月から現職。(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)の会長に就任

 

 
  

技術と資金調達でマーケットの需要に応える

  
 
新連載「コンサルタントの展望」は、開発コンサルティング企業のトップに経営の今後のあり方をはじめ、今の政府開発援助(ODA)への展望を語ってもらうリレー連載だ。第一回目は、開発・建設技術コンサルティング企業である日本工営(株)代表取締役社長の有元龍一氏に語ってもらった。(聞き手:本誌編集主幹・荒木 光弥)

 

早急な技術革新が必要

―開発コンサルタントをとりまく環境をどう見ていますか。

 近年、海外コンサルタントの市場は随分と変わってきており、開発コンサルタント企業はすでに政府開発援助(ODA)の業務だけで会社経営をできるような状況ではなくなっている。環境が激変している大きな要因は、グローバルに進む技術革新だ。猛烈な勢いで進んでおり、開発途上国は官民ともに最先端の技術を活用したインフラ整備を望むようになっている。しかしながら、日本のインフラ整備は伝統的な技術が用いられており、日本側は先方の要望に応えられていない。実際、日本の技術はすでに世界一とは言えなくなっており、途上国側は他に選択肢をいくつも持っている。日本側は早急に技術革新を行い、最先端の技術をもって案件形成を実施する必要があるのではないか。
 そして、自らの技術を売り込みに行くマーケティングの強化も継続的なビジネス展開において、必要不可欠だろう。 技術革新やマーケティング強化に加えて、資金調達も重要だ。つまり「資金と技術を基にマーケットの需要にどう応えていくか」ということだ。その場合、国内だけ ではなく、海外からも案件に資金を出してくれるパートナーを探し出すことも必要だろう。

―貴社としてはどのような事業展開を進めているのでしょうか。

 海外コンサルタント事業、国内コンサルタント事業、電力事業だけでは安定した経営はできないと考え、2016年7月に都市空間事業部、18年4月にエネルギー事業部を立ち上げた。グローバル化を最大のテーマに掲げ、組織再編を行ったが、現在は市場の変化に対応するため、組織のあり方を再度、見直す局面に立っていると感じている。われわれがお客様に対して、どうワンストップ・ソリューションを提供できるかが課題だ。

―現地法人の設立など、世界各国にネットワークを広げていますが、海外拠点との連携については。

 成功例もあれば、失敗例もある。国際機関のプロジェクトの場合、基本的に日本勢だけでは利益が出ないので、案件に応じて現地法人を活用し、コスト削減を心がけている。ただ、今までグローバル化を意識して現地法人を設立してきたが、各地域の特徴を活かしつつ、地域間で連携する「リージョナル化」を推し進めた方が適切な経営ができると考えている。

 

STEPでは事前の政府間交渉を

―質高インフラ輸出では、日本政府は2020年までに輸出額を30兆円、10年と比較して3倍の規模にまで拡大させようとしています。

 この目標の達成は難しいだろう。一つの要因として、本邦技術活用条件(STEP)が必ずしも相手国に歓迎されていない点が挙げられる。現状では、大型案件における一者入札が増加傾向にある。他方、国土交通省の幹部人事(2019年7月1日付)を見ると、四国地方整備局長の平井秀輝氏が、海外プロジェクト審議官に着任した。平井氏以外にも同省内で配置換えがあり、これは質高インフラ輸出を同省で推し進めようとするサインであると見ている。同省は開発案件の実施機関として豊富な経験を持っているので、インフラ輸出の進め方についてわれわれと共同歩調を取ることが期待できる。

―STEP案件を効果的に実施していくためには、何が必要でしょうか。

 コントラクターの調達支援をする上で、開発コンサルタントは中立を守らなければならない。仮に「日本政府やJICAの意向に配慮して調達価格を設定するなどのコンサルティング業務を行っている」と見られてしまえば、お客様の意見を聞く姿勢がないと判断されてしまい、コンサルタントとしての信頼を損ないかねない。われわれは最終的に相手国政府に雇われて案件を実施している訳であるから、常に中立の立場は堅持する必要がある。それ故、STEP適用案件において、現在、開発コンサルティング企業が担っている事業費積算業務において、応札企業の状況に応じて、事業費を積み増す必要性が生じた場合、相手国政府との交渉や議論は、政府間で行ってもらいたいと考えている。  また、途上国における税金は、租税条約が締結されていない国においては日系企業が不利であり、納税手続きにグレーゾーンがあるため、応札時だけでなく実施段階でも業務コストが大きな負担だ。STEP案件では極力免税措置を適用することにより、コンサルタント、コントラクターにとって案件参画への判断がより容易になる。そして、今後もオールジャパンで質高インフラを行っていくのか、議論が必要になってくる。安くて良い技術は日本企業だけでなく、途上国の企業も持っているからだ。場合によっては、日本の技術と途上国の技術を組み合わせて、案件を実施する必要もあるだろう。

―政府系機関との連携も考えられますね。

 (株)国際協力銀行(JBIC)や(株)日本貿易保険(NEXI)といった政府系機関との連携も一案だ。これらの機関と連携して、案件を組成すると、案件に対する信用力も高まってきて、われわれにとっても、相手国政府に対しても、ポジティブな効果が生まれると考える。官と民でうまく協調しながらSDGsのプロジェクトとして案件形成をするなど、柔軟な発想による官民連携が求められている。

―今後取り組みたい事業はありますか。

 インフラにおいては、「スマートシティ」の建設に取り組んでいきたい。現在、世界人口の65%は都市に居住しており、環境問題などさまざまな課題を抱えている。これらの解決の一助になるのが、「スマートシティ構想」だ。 この構想は情報通信技術(ICT)を基に、環境に負荷をかける生活様式を変え、住み良い街づくりを目指している。スマートシティの建設を、ODAだけではなく、民間の資金も入れた官民連携の形で実現したい。官が旗振り役となって、民が資金を提供し、当社が全体をコーディネートするといった考えだ。そうなると、当社の中でも国内と海外、土木・建築・エネルギーとあえて分けて考える必要もなくなる。代わりに、当社の職員は皆、それぞれの専門性をどう統合していくか、真剣に考えるようになるだろう。当社は関係者が一丸となった事業を推し進めるコンサルタントでありたい。

『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載
#コンサルタントの展望 #日本工営

途上国で進むICT活用 スタートアップ企業立ち上げも
<神戸情報大学大学院>

写真:ドローン活用ビジネスを授業で発表するICTイノベータコースの学生


神戸情報大学院大学 情報技術研究科 情報システム専攻 ICTイノベータコース

アフリカICT立国の人材を育成

 2005年に開学した神戸情報大学院大学(以下、KIC)は、社会の課題を情報通信技術(ICT)と人間力で解決する専門職大学院だ。高度な実務者を育成する「ICTプロフェッショナルコース」と、開発途上国の課題解決や国際協力を推進する「ICTイノベータコース」の二つのコースを提供している。ICTイノベータコースは、アフリカ諸国やインドなどでICTの普及が急速に進んでいることを背景に、2013年に立ち上げられた。これらの国は人口増加に伴い有望市場として注目されるが、工業化やインフラ整備の遅れなど課題も多い。この点について、福岡賢二副学長は「ICTを活用すれば画期的な解決方法を作り出せる可能性があります。見方を変えれば、ICTを活用することで新たなビジネスチャンスが生まれます」と語る。
 ICTイノベータコースは、国際協力機構(JICA)の短期研修も含めてこれまで70の国と地域から留学生たちを受け入れている。中には、修士課程修了後にその優秀さを買われて日本の大手企業に就職する人も増えているという。近年は、アフリカでも随一のICT立国と言われるルワンダの学生が多い。さらに、同コースはルワンダの首都キガリで、神戸市と共に2017年3月からJICAの草の根技術協力として若手ICT人材の育成事業も実施している。KICは実践的なICT教育と課題解決力を学ぶだけではなく、日本国内では数少ないアフリカをはじめとした海外からの志高い留学生と共に学ぶことができる多様性のある国際的な環境だ。「日本の学生に、もっと神戸情報大学院大学で学んでほしいと思います。世界に対する発言力や世界レベルのディスカッションについていける、世界と日本を結ぶようなダイナミックなビジネスにかかわる人たちが日本から出てきてもらうことを願っています」と、福岡副学長は話す。

スタートアップ企業立ち上げも

 KICは、2018年4月、米国カリフォルニア州の航空宇宙関連企業、SwiftEngineering Inc.との共同出資で、無人航空機(UAV)を活用した事業を行うスウィフト・エックスアイ(株)を神戸市に設立した。同社の役割として、道路などのインフラが乏しい中で「リープフロッグ」と呼ばれる、技術進化の段階を跳ばしたイノベーションが起こっているルワンダをはじめとする途上国において、社会課題の解決が期待されている。  「KICは多様性を重視しています。ここでの学びを通して、ICTが途上国の課題解決に役立つことや、広い視野を持つことの大切さを知ってもらえればと思います」と、福岡副学長は話してくれた。

『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載
#大学の国際化最前線 #神戸情報大学院大学 #ICT

PRJECT FOCUS ヨルダン

<無償資金協力>

砂漠の中の世界遺産を守るために


 

ヨルダン
ペトラ博物館建設計画

 

コンサルティング:㈱フリータイム・インターナショナル
㈱山下設計            
インテムコンサルティング㈱    

 

 新・世界7不思議に選ばれたヨルダンのペトラ遺跡は、長さ約1.5km、高さ100mにも達する峡谷を越えてようやくたどり着く。岩山に彫り込まれたこの古代都市遺跡は、紀元前3世紀から紀元2世紀にかけて栄えたナバテア王国の都であり、同国が誇る世界遺産の一つである。ヨルダンでは、観光業は外貨獲得のための主要産業であり、最大の雇用の創出源にもなっている。その中でも、世界遺産であるペトラは同国最大の観光地の一つである。しかし、遺跡以外の観光施設などの整備が不十分なため、観光客の滞在時間は非常に短く、観光業による経済効果が地元には十分反映されていない。また、ペトラでは先史時代から中世に至るまで多くの文化財が出土しているが、その展示や保存は適切であるとは言い難いものであった。このような状況を背景に、今回のプロジェクトではペトラ遺跡の玄関口に博物館が建設され、さまざまな機材が納入された。博物館の設計に当たっては、遺跡の入り口という立地条件から、世界文化遺産ゾーンでの景観影響を最小化し建物ボリュームを抑える必要があり、その制約の中で印象的な外観の実現と内部空間の充実化が図られている。この無償資金協力に続く技術協力を含めた一連の事業により、遺物の保管・展示、遺跡の歴史や遺跡保存の重要性に関する情報などの提供・発信を行う体制が整備された。このことは、同地域における観光客数の増加、観光客一人当たりの経済効果の増大、観光産業の振興などにも貢献し、雇用創出、外貨獲得など同国の社会経済発展にも大き く寄与するものとなる。

 
『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載

Photo Library

PROJECT FOCUS パプアニューギニア

<無償資金協力>

地域の産業と生活を支える橋梁の更新


 

パプアニューギニア
ニューブリテン国道橋梁架け替え計画

 

コンサルティング:㈱長大      
㈱アンジェロセック
施設建設:㈱大日本土木   

 

 パプアニューギニアの道路網は未開通部分が多いため、主要都市間でも分断されている場合がある。雨季の豪雨による地すべりや河川氾濫で道路や橋梁の閉鎖が頻発し、経済活動や住民生活に多大な影響を及ぼす。同国島嶼部最大の島、ニューブリテン島においても状況は他と変わらない。西ニューブリテン州は、世界第6位の生産量を誇る同国のパーム油の約7割を生産しているが、その大部分は小規模農家が担っている。10,000 以上の農家がニューブリテン国道などを利用して、パーム油加工場に自家栽培したオイルパームを持ち込むことで生計を立てている。この国道が通行できなくなることは地域の人々にとって死活問題である。しかし、ニューブリテ ン国道上に存在する橋梁のうち、1980年代前半に日本の民間企業が木材搬出のために建設したアウム橋とカピウラ橋は、全体的な老朽化や車両の衝突などによる部材の破損に伴い、通行する車両の荷重に耐えられなくなっていた。このため、アウム橋は通行止め、カピウラ橋は通行車両の重量制限を行い、オイルパーム輸送も含めた健全な物流を妨げていた。実際には、カピウラ橋もアウム橋の代替橋も落橋の危険性が懸念される状況であった。今回の計画は、日本の資金と技術でこの2橋を架け替え、同国道の通行の安全性と利便性を確保したものである。2019 年6 月の竣工式には、両国から中嶋敏駐PNG大使、サシンドラン・ムトゥベル公営企業大臣などの要人や工事関係者が多数参加し、地元の人々も1,500人が詰めかけた。メディアの取材も多かったという。新しい橋梁には、経済の発展や地元住民の生活の向上に向けて、大きな期待が寄せられている。

 
『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載

PROJECT FOCUS ネパール

<無償資金協力>

災害に強い社会の構築に向けて


 ―Buid Back Better(BBB)のコンセプトを旗印に

 

 

ネパール地震復旧・復興プロジェクト

 

 

 サブプロジェクト① パロパカール産婦人科病院およびビル病院再建計画 

 

コンサルティング:㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル
㈱伊藤喜三郎建築研究所        
㈱国際テクノ・センター        
施設建設:㈱安藤・間              

 

 2015年4月25日、ネパールでマグニチュード7.8の大地震が発生した。震源地は首都カトマンズの北西にあるゴルカ郡。その後も大きな余震が続き、死者約8,700人、負傷者約2万2,300人、全壊家屋約51万個という甚大な被害が生じた。首都カトマンズにおいても多くの施設が被災した。 国際協力機構(JICA)は地震の発生直後から人命救助や人道支援に乗り出すとともに、ファスト・トラックの開発調査型技術協力を始動させ、復旧・復興のさまざまなニーズを調査した。そして、技術協力、無償資金協力、有償資金協力によるシームレスな支援を継続した。本稿では無償資金協力で実施された3つのサブプロジェクトを紹介する。この地震の発生に先立つ同年3月の第3回国連防災世界会議(仙台市)では、災害発生前よりも災害に強い国土と社会をつくる「B u i l d B a c k B e t t e r(B B B)」という考え方が強調されていた。ネパールにおける復旧・復興支援においてもこのBBBというコンセプトが旗印となった。
 パロパカール産婦人科病院は1959年の設立で、同国唯一の公立産婦人科病院。毎年約2万件の出産があり、被災後も、1日約50件の分娩が行われていた。同病院は帝王切開が分娩件数全体の25%以上と非常に多いため、再建に当たっては、高回転の分娩に効率的に対応できる動線計画とし、新生児集中治療などの高度医療にも対応できる設計とした。
 国立ビル病院は1889年設立の同国最古・最大の国立総合病院で、全国のトップレファレル医療機関であるが、地震によってICU病棟が全壊していた。再建後の建物は、腎臓科と人工透析室、消化器科と内視鏡室、循環器科とCCU・血管造影室など、関連する施設が同じフロアでセットになった臓器別専門治療病棟とした。なお、両病院には耐震壁や太陽光発電、太陽熱温水装置が設置され、耐震&省エネ設計のモデルとして期待されている。

 

 

 サブプロジェクト② バラキロ-バルパック道路橋梁建設計画 

 

コンサルティング:㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル
施設建設:㈱安藤・間              

 

 本震の震央のあったゴルカ郡。その北部の主要都市であるバルパックは、同郡北部の震災復興の拠点である。本計画では、郡都ゴルカ市とバルパックを結ぶ道路上の3橋梁を建設した。ネパールにおいては、いまだRC構造による橋梁が大半を占めているが、BBBコンセプトにより、本計画においては、PC構造を適用し、より耐久性に優れた橋梁を建設した。

   

 サブプロジェクト③ チョータラ市導水システム改善計画 

 

コンサルティング:㈱建設技研インターナショナル
施設建設:㈱安藤・間         

 

 最大余震の震央はシンドパルチョーク郡であった。郡都のチョータラ市は、最も甚大な被害を受けた都市の一つ。同市北部の水源と浄水場を結ぶ導水管路も大きな被害を受けた。恒久的な施設を確保するため、BBB コンセプトに基づき、耐震性に優れ長寿命な日本製のダクタイル鉄管を用いた復旧工事を実施し、同市の安定的な飲料水の供給を可能にした。

 
『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載

CONSULTANT NEWS
IDCJ、グローバルリンクの全事業を継承

 
  

シナジー効果への期待などを寺田幸弘社長に聞く

  
 

 

 

 

 

(株)国際開発センター(IDCJ)は6月6日付で、評価や保健医療分野で実績を持つグローバルリンクマネージメント(株)と事業譲渡契約を締結し、同社の全事業を継承した。今後のシナジー効果などについてIDCJの寺田幸弘社長に聞いた。

 

評価業務への対応力強化に期待

―まず、グローバルリンクマネージメント(GLM)からの事業継承の内容を教えてください。

寺田:GLMの実績・経歴、現在実施中のプロジェクト、所属しているスタッフ、これらについてはすべて継承した。すでに承知のとおり、弊社は10数年前に財団法人国際開発センターから事業を譲り受けた経緯があるが、基本的に同じやり方である。他社の事業を継承するのは初めての経験であるが、滞りなく一連の手続きを終え、引き続き、事業に注力していきたいと考えている。なお、GLMは人材育成関連のNGOを運営していたが、この団体については事業継承の対象外になっている。

―今回の事業継承によるシナジー効果については、どう捉えていますか。

寺田:大きく5つの効果に期待を寄せている。 一つ目は、これまでIDCJの実績として乏しかった保健分野を強化できることだ。GLMは得意とする分野をいくつか持っているが、保健分野はまさにその一つ。特に、保健政策などソフト協力の面で高い専門性を有しており、その領域を継承することによりIDCJとして業務に広がりを持たせたいと考えている。また、IDCJは今後、民間企業各社のSDGs(持続可能な開発目標)への対応とその活動を支援していく方向にあり、その視点からも保健分野は重要なテーマの一つになると考えている。 二つ目は、評価業務への対応力を強化できることだ。IDCJもこれまで「評価部」を設置し、業務の枢要な柱として注力してきているが、今後の評価業務を見る時、その内容は標準・定型的なものにとどまらず、より一歩踏み込んだ先進的な分析手法なども必要になってくると捉えている。例えば、政策評価などではビックデータやAI(人工知能)を活用し、より高度な統計分析手法を動員する業務なども着実に増えてくるはずだ。私たちは、是非ともこうした業務に対応していきたいし、この領域にGLMの人材と豊かなノウハウ、経験が加わることは評価業務における競争力の強化につながるものと確信している。

―高度な技術と手法が求められる評価業務はまだ発注が少ないです。

寺田:国際協力機構(JICA)のテーマ別、あるいは政策別評価では今後、間違いなく先進的で高度な手法の動員が求められてくるはずだ。GLMの人材は、この点を意識しており、実際、手掛けられている。こういった部分をIDCJの強みに確実につなげていきたいと考えている。
 他方、三つ目のポイントはGLMには国連など国際機関での勤務経験者が多く、その人的ネットワークを継承する形で国際機関発注の業務に対する対応力を高めていく。IDCJにとってこの分野の経験はまだまだ少ない状況で、今回の事業継承を機に少しでも切り開いていきたいと考えている。

 

価値創造型サービスを提供

―IDCJは、伝統的にセクター横断的な業務対応に力を入れてこられた。それを支えてきたのが多様な研究員だと思います。GLMの人材が加わることで、その多様性は一段と増していくことになります。

寺田:四つ目の効果は、まさにその点だ。セクター横断的な仕事はIDCJの特色の一つであり、約80名の研究員はそれぞれ専門分野を持ち、活動を続けている。ただ、保健分野については手薄な状況にあり、今回この分野で新たな多様性が加わったことは、私たちがカバーする範囲が広がるという意味で有意義である。
 最後のポイントは、開発協力における政府開発援助(ODA)の役割が大きく変わる中、IDCJも今後はODA以外の事業を拡大する方針にあり、SDGsビジネスをはじめ民間連携分野には積極的に 取り組んでいく考えだ。GLMはこれまで弊社が関係を持ってこなかった様々な企業と接点を持ってきており、その関係性を継承できる意味は大きい。サービスとしては、問題解決型よりも価値創造型のサービスを提供する事業に重点を置きたいと考えており、そのためにも専門性と人材の多様化が必要である。新しい事業領域としては、高齢化対策、食の安心・安全、健康、教育などの分野に注力したいと考えている。

 

自由と自己責任

―組織体制の整備・拡充は検討されていますか。

寺田:ガバナンス、コンプライアンスに関わる部分では変えられないものがある一方、組織は意識的に変化を起こさなければ気付かぬうちにマンネリ化していく傾向にある。企業文化の異なる新しい人材を複数迎えることで、積極的に変化を起こしたいと考えている。外部の“目”に晒すことで、自社の長所短所を再認識する機会にもなり、社内の仕組みを見直す良いチャンスにもなるはずだ。IDCJは現在、「経済社会開発部」、「開発プロジェクト部」、「評価部」、さらに今春から立ち上げた「ビジネスコンサルティング部」の4部体制になっている。当面、現行体制で事業運営を図っていく。すでにGLMから受け入れた人材についてはそれぞれの専門性やキャリアを踏まえ、各部に配属したところだ。

―IDCJは、かなりフレキシブルな勤務形態を導入されています。

寺田:研究職の社員には、年俸も働き方も働く場所についても原則自分で決めていただき、契約を交わさせていただいている。今回の事業継承で社内の女性比率は一層高まることになり、ダイバーシティや働き方改革といったお題目とは別に、自由と自己責任の下、さらに創造的でフレキシブルな働き方を可能にする組織を目指していきたい。

―2019年度の売上げ目標をお聞かせください。

寺田:主軸を置くJICAの順調な案件公示が前提だが、20億円ラインまでは何とか回復したいと考えている。ODA以外の領域についても引き続き、取り組みを強化し、新しいビジネスの可能性を広げていきたい。今回の事業継承をその“原動力”にしたいと考えている。

『国際開発ジャーナル』2019年9月号掲載
2019.08.06

映画『風をつかまえた少年』3夜連続登壇イベント

8月2日より劇場公開中の『風をつかまえた少年』は、2001年に大きな干ばつが襲ったアフリカの最貧国マラウイが舞台です。飢餓による貧困のため通学を断念した14歳の少年ウィリアム・カムクワンバが、図書館で出会った一冊の本を元に独学で廃品を利用した風力発電を作り上げ、家族と自身の未来を切り開いた奇跡の実話の映画化です。ウィリアムのこの体験をもとにした本「風をつかまえた少年」(文藝春秋刊)は、瞬く間に話題となり世界23カ国で翻訳されました。アル・ゴア元副大統領や日本でも池上彰氏が絶賛し、2011年社団法人全国図書館協議会の夏休みの本にも選出されています。電気で家族を助けたい。少年のまっすぐな思いが未来を切り開いていく、学ぶことの本当の意味を教える感動の物語です。

 

【イベント情報】

作品の大ヒットを記念し、各界のオピニオン4名の方にご登壇いただきイベントの実施が決定しました。各界でご活躍される皆さんに映画の見所とともに、本作のテーマの一つである「学び」についてご自身の体験をもとに語っていただきます。

※詳細は劇場ホームページをご確認ください。

① 8月7日(水)星野ルネさん(漫画家&タレント)in 新宿武蔵野館
② 8月8日(木)安河内哲也さん(東進ハイスクール/東進ビジネススクール英語科 in 新宿武蔵野館
③ 8月9日(金)木村草太さん(憲法学者)in ヒューマントラストシネマ有楽町

新宿武蔵野館

ヒューマントラストシネマ有楽町

 

2019.08.01

学科・国籍の垣根を越えて知的好奇心・探究心を深める
<東海大学>

写真:2018年の南アフリカのレースに参戦したソーラーカー


東海大学 工学部(電気電子工学科)

 
世界的レースで優勝も

 東海大学は、理工学分野で常に先端技術の開発に挑み続けており、その中でも、ソーラーカーの開発においては世界に誇る実績を上げている。太陽電池パネルと蓄電池を備えた大きな板状のソーラーカーは、二酸化炭素(CO2)を出さずに走り続けられるため環境に優しい移動手段として注目されており、世界各国で研究が進んでいる。 東海大学のソーラーカープロジェクトは、1991年に理工系の複数の研究室が合同で立ち上げた。96年に木村英樹教授の研究室が加わり、06年には電気自動車や人力飛行機も含めた「ライトパワープロジェクト」へと改称して、世界的なソーラーカーレースにも出場するようになった。南アフリカ共和国で開かれた「South AfricanSolar Challenge」では08年と10年に優勝し、16年と18年にも準優勝した。オーストラリアで行われる伝統あるレース「W o r l d S o l a rChallenge」にも挑み、パリ・ダカール・ラリーで優勝経験もある篠塚建次郎氏(東海大学工学部卒)と共に出場した09年には優勝を成し遂げた。17年にも40チーム中で総合4位に入っている。

 
留学生と一緒に砂漠で太陽光発電を研究

 かつてソーラーカーチームに所属していた工学部4年の山崎翔太さんは、現在、卒業研究として中国やタイからの留学生と一緒に、太陽電池による発電の研究をアラブ首長国連邦(UAE)の砂漠で行っている。砂がたまって発電の効率が落ちないように、電池パネルを両面に貼った板を垂直に立てる手法を考案し、実用化や商業化の道筋をまとめる予定だ。山崎さんは国内の機械メーカーへの就職を希望しており、タイからの留学生も「将来は母国で太陽電池パネルを販売したい」と語ってくれた。 今年、東海大学では約1,100人の留学生を受け入れた。上記の研究やソーラーカー開発にUAEの大学が協力するなど、中東とのつながりも深まっている。「中国を筆頭にアジアからの留学生が多い一方、サウジアラビアやマレーシアからも来ています。そのため、学内に祈祷室を設けたり、イスラム教の戒律に従った食事を提供したりと、配慮しています。工学部でも英語の授業が増えており、学生や教師と英語だけで話せるフリースペースもできました」と、ソーラーカーチームの総監督も勤める佐川耕平助教は語る。現在のソーラーカーチームは、工学部と情報理工学部を中心としつつ他学科からも学生が集まり、技術者の育成に留まらず、知的好奇心や物事の本質に興味を持ってもらう場ともなりつつある。木村教授は、「特に工学部の学生たちには座学だけで満足せず、自分で情報を取得し、外国の留学生とも交流してほしい」と考えている。

 
『国際開発ジャーナル』2019年8月号掲載
#大学の国際化最前線 #東海大学 #工学部(電気電子工学科)

PROJECT FOCUS
インドネシア

<有償資金協力>
 
  

活火山のもたらす火砕流と土石流を防ぐ

  
 

 

インドネシア
プロゴ川流域メラピ火山緊急防災事業(Phase Ⅱ)

コンサルティング:八千代エンジニヤリング(株)

 

 メラピ火山は、インドネシア国ジャワ島のジョグジャカルタ特別州と中部ジャワ州の境界に位置する活火山である。山麓にはジョグジャカルタ市街地の他、世界遺産のボロブドゥール遺跡やプランバナン遺跡が存在する。これまでこのメラピ火山では、おおむね10年に一度大規模噴火が発生し、山麓地域に土砂災害をもたらしてきた。そのため、1969年の噴火を契機として火山防災事業が開始され、同国の国家予算や3期にわたる日本からの円借款によって、約250 基の砂防設備が建設されてきた。
 しかし、2010年にメラピ火山は過去最大規模の大噴火を起こし、なかでも同年11 月5 日の噴火で発生した火砕流は、南東斜面のゲンドール川に沿って山頂から約15 kmの地点まで流下し、河道を埋め尽くすとともに、多くの犠牲者をもたらした。また、南西斜面に位置するプティ川では、上流の山麓斜面に堆積した大量の火山灰が豪雨のたびに土石流となって氾濫し、頻繁に国道を寸断するようになった。
 こうした状況に対処するため、2015年11月から本円借款事業が開始され、①火砕流によって河道が埋没し、土石流災害リスクが高まったゲンドール川の中流域における、土石流を導流・貯留するためのサンドポケット(容量:約60万m3)の建設、②プティ川と国道とが交差する箇所で土石流が氾濫しないようにするための放水路(延長2.7 km)の建設、③2010年の噴火による地形変化を反映させた既存の砂防施設配置計画の見直し、の3点が実施された。それに加えて、2019 年7月現在、将来の噴火への備えをさらに加速させるため、砂防設備4基の新設と既存設備6基の改修を行う追加工事を実施している。

『国際開発ジャーナル』2019年8月号掲載

日本財団 連載第24回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:インパール平和資料館。1994年に建立されたインド平和記念碑から数百メートル離れた所にある。八角形の建物が特徴

 

「インパール作戦」の記録と記憶を残す -インドで平和資料館の建設を支援

 

6月にセレモニーを開催

 遠くに連なる山脈とその裾野にまで広がる畑。所々には農家の集落が見える―。東南アジアでよく目にする田園の風景を前に、私は「75年前もこの風景を日本兵は見ていたのだろうか」と考えた。ここはインド北東部にあるマニプール州の州都、インパール。第二次世界大戦中の1944年3月に日本軍が決行した「インパール作戦」で有名な場所だ。ビルマ(現在のミャンマー)から当時英国軍の拠点であったインパールの攻略を目指したこの作戦では、両軍の間で熾烈な戦闘が勃発した。多くの命が失われ、敗れた日本軍は筆舌に尽くしがたい敗走を強いられた。

 そのインパールで戦争に関する資料館を建設する支援を行う案件を引き継ぎ、プロジェクトマネージャーに着任したのは、2017年6月のことだ。この案件は、(公財)笹川平和財団の中村唯主任研究員と高橋亜友子研究員、そして沖縄県の南風原町立南風原文化センターの元センター長である大城和喜氏が深く関わり、在インド日本国大使館の綾賢治一等書記官にもサポートいただいた。他方、私は歴史の専門家というわけでなく、これまで外国で資料館の立ち上げに携わったこともなかったが、試行錯誤を経て、「インパール平和資料館」は2019年6月22日、無事オープニングセレモニーの開催にまで辿り着くことができた。平和資料館はインパール中心部から11㎞程の所にあり、激戦区となった通称「レッド・ヒル」の麓にある。

日本での研修通じて現地の主体性を向上

 資料館の建設はもともと、インパールの人々が有志として集まり、構想・企画していた。その後、マニプール観光協会がこの構想のとりまとめ役となり、2017年の夏、日本財団と助成契約を締結した。だが私が案件を引き継いだ時、展示内容の検討は有志の一人の男性に任せきりであった上、資料館の運営体制についてもほとんど考えられていなかった。このままいけば、たとえ開館しても1年と経たず閉館になるのではと強い危機感を抱いた。

 そこで2018年10月、現地を訪問した際に関係者に対して、「誰か一人の案ではなく、皆さんが納得して地元から支えられるような資料館を作りませんか」と説得した。そして建設のために12人の委員で構成される組織を立ち上げ、戦中・戦後・文化風習の3つに分かれて展示内容を検討することとなった。しかし、委員の多くは本業を持っており、資料館を立ち上げた経験も無かったので、2019年2月25日~3月1日にわたり、委員の中心メンバー5人を日本に招聘し、東京と沖縄の資料館などを視察する機会を設けた。日本の事例を実際に目にすることにより、彼らは資料館の運営や展示、そして学芸員の育成などの課題に気づくことができた。こうした気づきは、彼らの主体性を生むきっかけになったほか、私としてもこの招聘を通じて委員の人となりや考え方を知ることができ、彼らとの関係を深めることができた。それまでもメールやコミュニケーションアプリを通じて連絡を取り合っていたとはいえ、直接会って話をすることの重要性を実感した。母国に帰国後、委員のコミットメントはさらに深くなり、事業のスピードは一気に加速した。

日本の遺族にも呼び掛け

 ただ、インパール作戦では日本軍が敗走したため、現地には資料館に展示するための紙の資料や写真などはほとんど残されていなかった。そのため、日本国内に展示品の寄贈を呼び掛けた。これには、インパール作戦から75年を迎えるにあたり、ご遺族に寄贈を通じて故人に想いを寄せたり、作戦のことを思い出したりしてほしいという狙いもあった。全国から多くの資料や遺品などが送られ、「亡くなった父親もきっと喜ぶと思う」と涙を流して語ってくれたご遺族は一人や二人ではなかった。

 また、親族などに復員兵がいない人たちにもこの歴史について考えてほしいと、資料館の運営を補助するための寄付も募っている。多額の寄付は望めないが、「日本財団だけではなく、多くの日本人が資料館を支えている」ことを現地に示すことは出来る。それによって、現地の人たちに大きな責任を感じてもらいたいと思っている。

円滑な運営のための側面支援

 よく、日本の国際協力を揶揄する言葉として「箱物を作るのは得意だが、持続しない」と聞く。この資料館についても、民設民営となるため開館後の継続的な運営は大きな課題だ。もともと、建物の建設は日本財団が支援し、運営はマニプール観光協会が行う予定だったのだが、同協会は地元の経済界を代表する方々から成る団体であるが故、これまで資料館を運営した経験は無い。そんな彼らは、日本を訪問して各地の資料館の運営に関するヒアリングを行った際、自分たちの運営計画が十分に練られていないことに気づいたのだ。

 このため、日本財団は開館前から運営の側面支援を行った。具体的には、インド北東部の文化交流事業などを実施している笹川平和財団を通じた専門家の派遣、学芸員の育成や戦争経験者の証言記録の収集である。無論、自立運営を促すことが望ましいが、現地の状況を鑑みずに突き放してしまうことで全てが無駄になる可能性が高ければ、支援のあり方は柔軟であるべきだと思う。

 インパール作戦から75年。この出来事をどう解釈するかは難しい問題であるが、何もしなければ記録と記憶は消え去ってしまう。だからこそ、日本財団は資料館の建設と運営の側面支援を行っている。この責任を背負い、私はさまざまな関係者と連携・調整し、時には黒子となり、時には前面に立って事業を進行してきた。セレモニーを見届けた今は、資料館が末永く運営されることを期待している。そう遠くない将来、資料館を訪れた日本人がインパール作戦で亡くなった方々と資料館建設に携わったわれわれに思いを馳せてももらえれば、本望である。

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 特定事業推進チーム  和田 真氏

 ワシントンDCにて国際関係学の修士号を取得後、2005年、日本財団入会。
海洋関係、広報部を経て、19年6月より特定事業推進チームにてハンセン病の制圧と差別撤廃、開発途上国の農業支援を所掌

『国際開発ジャーナル』2019年8月号掲載

CONSULTANT NEWS
CUDBAS手法を活用した人材育成

写真:コンゴ民警察官によるCUDBAS(左)、KRCによるCUDBASセミナーの様子(右)

 
  

(株)コーエイリサーチ&コンサルティングが
 CUDBASセミナーを開催

  
 
(株)コーエイリサーチ&コンサルティング(KRC)は、(一財)職業教育開発協会(VEDAC)と提携し、職業教育の新潮流を生み出した手法であるCUDBASセミナーを実施している

 

イメージを明確化

 経済のグローバル化や産業の知識集約化が進む昨今において、産業界の急速な技術革新や職場環境の変化への対応力を備えた人材の必要性がますます高まっている。低・中所得国でも、産業ニーズに応えうる人材を育成し、生産性と競争力を高めることが重要な課題であるからだ。そうした中で、関心を集めているのが「C U D B A S (クドバス) 」だ。C U D B A S ( = AMethod of Curriculum DevelopmentBased on VocationalAbility Structure)は、目指すべき人材の能力を書き出し、それらを構造的に整理し、人材育成カリキュラムの開発や研修計画の作成、業務改善につなげる手法である。国内では多くの大手企業・組織の人材育成に導入されており、海外でも国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクトを中心に活用されている。
 開発者のVEDACの森和夫代表理事は、職業教育分野で培われてきた技術・技能を体系的に捉え効率的にプログラムを策定したいの想いから、CUDBAS手法を編み出した。従来の研修では、漠然とした研修目標のままで研修プログラムが出来上がるため、成果が見えない、わからないといった障害が起こりがちであった。これに対してCUDBASでは、まず優れた職業人のイメージを研修目標と定める。優れた職業人はどのような役割を持ち、どのような働き方をしているのか、そのイメージを元に何ができなければならないか、何を知っておくべきか、どのような態度で働くべきか、などを明確化していく。また、ベテランは複数の仕事を行うが、ひとつの仕事に必要な能力は、複数の能力(知識や技能、態度)に分けられる。それらの複数の能力を1つ1つ細かくカードに書いて並べていくと、その能力はさまざまなカテゴリ(仕事)に分かれていく。仕事毎に分けられた能力は重要度を決めて左から右へ、各仕事も重要度が高い順に上から下へ並べることで、チャート(一覧)を作成できる。業務に必要な仕事と能力がひと目で分かるようになれば、漏れの無い研修計画が立てられる。この作成されたチャートは評価にも活用することができる。
 このように、CUDBASの手法は至ってシンプルで明瞭だ。しかし、いざ自力で進めようと取り組んでみるとこれがなかなか難しい。KRCの行うCUDBASセミナーでは、熟達した講師陣によるグループへの声掛けや発問の端々に多くの経験が生かされており、短期間でその手法が習得できるようになっている。

 

能力の底上げに効果的

 VEDACの久米篤憲理事は、コンゴ民主共和国でJICAが実施している「市民と平和のための警察研修実施強化プロジェクト」において、CUDBASに関するワークショップを開いた。そこで、警察官に求められる能力を洗い出し、交通警察官研修などの複数のカリキュラム開発を支援した。この支援を通じて同プロジェクトのカウンターパートの数名はCUDBAS手法による研修カリキュラムの開発を自ら行えるようになった。また、久米氏は、スーダン、ベトナム、パキスタンなど多くの国へCUDBASを伝授した。
 技プロにおけるCUDBAS活用の魅力について、久米氏は、「現場をよく知るプロフェッショナルの人材を集めてカリキュラムを開発することにより、現地で最高レベルの研修内容の策定を目指すことができることが魅力。現地のプロフェッショナルの経験・知識を統合して作成したカリキュラムだからこそ、自分達で自信を持って教えることができる。特に、技能が低い人たちの底上げに効果的だ」と語る。加えて、技プロを運営管理するプロジェクトチームにとっても、カウンターパートへの技術移転項目の「見える化」を行うためコンセンサスを得やすいこと、技術移転のモニタリングを効率的かつ効果的に実施できるのが利点だ。

 

他分野の案件でも

 JICA人間開発部高等教育・社会保障グループ社会保障チームの森田千春課長も、CUDBASの魅力を実感した一人だ。森田氏は、職業訓練プロジェクトでCUDBASを習得したカウンターパートが、自国で実施されている他の分野の案件にCUDBASを教える側として参加していることを知った。「CUDBASは、職業教育のみならず、JICA技プロのさまざまな分野で活用しうる。職業訓練分野以外の案件でもCUDBASを導入したいという現地からのリクエストに応じて専門家を派遣した例も複数出てきている。この手法を多くの専門家が習得し、活用してもらいたい」とJICA本部で開催されたCUDBASイントロダクションセミナーで参加者に呼び掛けた。

 

密なコミュニケーション促す

 KRCには、社内の人材育成プログラムをCUDBAS手法により組み立てた事例があり同社の神山雅之社長は、このCUDBASプログラムを通じた「参加者同士の深いコミュニケーション」を高く評価している。実際、CUDBASでは誰もが発言する機会があり、グループで共通の「その道の理想像」に向けて共に考え、作業に取り組む。プロフェッショナルを養成する研修プログラム策定のため、その道の第一人者を集めてCUDBASを活用しても良いし、社内の若手やベテランなど、さまざまな層や立場の人材をあえて一つのグループにまとめ、CUDBASというツールを用いて互いの立場や考え方について理解を深める一助とすることもできる。グループで一つのものを作り上げるプロセスを通じて、修了後には充実感に溢れた笑顔が見られるという。
 近年、CUDBASでは、看護師養成プログラムをはじめとした保健医療分野、ボランティア評価など、ますますその活用の裾野が広がっている。「CUDBASの魅力をぜひ体感いただきたい」と、KRCの担当者は話す。同社は、下記のようにさまざまなCUDBASセミナーを定期的に開催している。
詳細は下記HPをご参照ください。
https://www.k-rc.co.jp/cudbas(もしくは「CUDBAS KRC」で検索)

 

▼2019年の実施スケジュール
◎イントロダクションセミナー(無料) 9月5日(木)
◎CUDBASセミナー(有料)      8月28日(水)~29日(木)
                   10月7日(月)~8日(火)
◎ファシリテーターセミナー(有料)  8月27日(火)~30日(金)

『国際開発ジャーナル』2019年8月号掲載
2019.07.04

東洋英和女学院大学大学院 国際協力研究科 入試説明・相談会と授業見学

東洋英和女学院大学大学院国際協力研究科の入試説明・相談会を開催いたします。大学院での授業内容、教育研究内容等を詳しくご説明します。専任教員との個別相談の時間もございます。当日は、2020年度の大学院案内、募集要項、過去問題等を配布いたします。事前の予約は不要です。

◎日時 2019年7月13日(土)13:00(集合)~15:00
詳細はコチラから

さらに国際協力研究科の授業を公開いたします。実際に大学院の授業を体験していただき、より深く本大学院をご理解いただける機会を設けました。この期間、何科目でも見学いただけます。

◎授業見学期間 2019年7月9日(火)~13日(土)
見学可能な授業はコチラから
2019.07.01

PROJECT FOCUS
ミャンマー

<無償資金協力>

物流のボトルネックに新橋を建設


 

ミャンマー 新タケタ橋建設計画

コンサルティング:日本工営(株) 施設建設:東急建設(株)、東洋建設(株)、(株)I H Iインフラ建設

  ミャンマーは2011年の民政移管後、民主化と経済開放によって急速に経済発展を遂げつつある。それに伴ってモータリーゼーションの波も押し寄せているが、特に同国最大の都市ヤンゴン市では車両が急速に増え、市内の交通麻痺が常態化している。同市は河川が多く、市内中心部と周辺地域の通行には河川に架かる橋梁が重要な役割を担っている。旧タケタ橋もその一つで、同橋を含むヤモナール道路は、ヤンゴン市の物流・生産拠点であるティラワ港やティラワ工業団地と同市中心部を結ぶ重要なルートであり、また同市のベッドタウンであるタケタ地区などにも伸びている。 しかし、旧タケタ橋は2車線しかない上に、供用から50年近く経って老朽化が著しく、通行には10トンという重量制限が課されていた。また、修復のためにたびたび通行止めとなっていた。ミャンマー政府はこのルートの重要性に鑑みて、同橋の架け替えを国家的な重要事業と位置づけていた。 今回建設された新タケタ橋は橋長253m。取付道路区間を含めた工事箇所の全長は620mに及ぶ。同橋の下を通る船舶が安全に航行出来るよう中央径間は100mとし、橋桁から水面までの航路高も十分に確保されている。同国の経済発展を踏まえて道路幅員は20m( 4車線)あり、左右には歩道も設けられている。今後は円滑で安全な通行が実現し、物流の時間短縮や地域住民の生活改善に大いに貢献することになる。新橋は、経済性や車両走行性を考慮してミャンマーでは例がないエクストラドーズド橋が採用されているが、その美しい姿は周辺地域のランドマークとなっている。
『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載

1年次から全員が留学 業務で使える語学力を習得
<東京成徳大学>

写真:今年5月、市ヶ谷の国際協力機構(JICA)地球ひろばを学外研修として訪問

 


東京成徳大学 国際学部

 
100周年を前に新学部設置

 東京成徳大学は、1926年に実業家で国会議員も務めた菅澤重雄によって創設された王子高等女学校(後の東京成徳高等女学校)に端を発し、 1993年に開校した。大学名は、菅澤が掲げた建学の精神「徳を成す人間の育成」に由来する。 目下、同大学は2026年の創立100周年に向けて、建学の精神を引き継ぐグローバル人材を育成するため、教育環境・体制などの整備に取り組んでいる。その一環として、今年4月、従来の人文学部を国際学部として再編した。語学教育に重点を置いており、1年次後期という早い段階から1年生全員が米国または韓国に1年間留学するのが、この学部の最大の特徴だ。卒業に留学を必須とする学部は、全国でも珍しい。
 「本学部の英語教育プログラムは大手外国語学校と共同開発した。入学時から全ての学生が受講し、日常会話レベルの英語力を身に付けてもらう」と、国際学部の芳賀克彦学部長は語る。その後、米国留学を希望した学生はポートランド、シアトルなど西海岸でELSによる語学プログラムを4~7カ月受け、英語力が一定のレベルに達すれば地元の短期大学に1学期入学する(ELSでの英語研修のみで留学を修了する学生もいる)。韓国留学の場合、他国の留学生と共に寮生活を送りながら、ソウル市の慶熙(キョンヒ)大学か城南(ソンナム)市の嘉泉(ガチョン)大学で韓国語を中心に学ぶ。

 
就職支援も充実

 2年次後期以降は、ビジネスや研究の現場でも支障のない高度な英語・韓国語を習得しながら、国際関係や国際開発、平和学など専門分野 を選択して研鑽を積む。大学内には、外国人講師との会話・交流を目的とした「グローバルラウンジ」が設置されており、留学後も自分のペースで英会話能力をブラッシュアップできる。 本学部が目指すのは、世界の人々と協力しながら国内外の問題解決に率先して挑める人材、韓国人をはじめとする訪日観光客を真摯におもてなしできる人材の育成だ。公務員対策試験講座、企業インターンシップなど就職支援も充実している。芳賀学部長は、「学生に求める語学力は高く、卒業時の英語レベルはTOEICスコア800点以上(990点満点)、韓国語レベルは能力試験5級以上(最上級は6級)を目標としている。国際機関、国際協力NGOから観光業、マスコミまで、外国語に堪能でグローバルな視野を持った人材は、どの分野でも求められている」と述べ、「国際協力の分野では、持続可能な開発目標(SDGs)も踏まえて自ら課題を分析でき、思考力・主体性・協調性を兼ね備えた人材を育てていきたい。チャレンジ精神のある学生たちを待っている」とも呼び掛けた。

 
『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載
#大学の国際化最前線 #東京成徳大学 #国際学部

PROJECT FOCUS
パキスタン

<無償資金協力>
 
  

農村部の女子教育の普及・改善を目指して

  
 

 

パキスタン
シンド州北部農村部女子前期中等教育強化計画

コンサルティング:マツダコンサルタンツ(株)

 

 パキスタンの教育指標は南アジア諸国の中でも最低位である。同国最大の都市カラチを擁し、経済・金融の中心であるシンド州においても、前期中等教育(6~8学年)の純就学率は34%(2013/14年度)に過ぎない。全国平均の21%を上回るものの、女子に限れば17%である。さらに同州の農村部では、この学齢の女子純就学率がわずか6%しかなく、女子教育の普及、都市部との教育格差の改善は喫緊の課題となっていた。
 シンド州政府は、既存の女子初等学校の一部に前期中等学校を併設して通学を容易にする対策を自力で行い、同時に、日本政府に対しても支援を要請した。それを受けて、国際協力機構(JICA)は同州を南北に分けた2つの案件としてコミュニティ開発支援無償資金協力で支援することを決定した。本案件に先行して、南部の6県の学校建設が実施されている。
 本案件は同州北部6県の女子初等学校が対象である。プロジェクトの内容としては、まず25校の女子初等学校のうち老朽化の著しい6校を建て替え、前期中等学校との併設校に変えた。そして残りの19校も、同様に女子前期中等学校の校舎を新設し、併設校とした。太陽光発電システムを設置し、イスや机、パソコンといった機材も揃え、女子児童の姿が外から見えないように校舎は塀で囲っている。こうした支援によって、従来は100人ほどだったシンド州北部の前期中等教育の女子生徒数が、21年には2,000人を超えると期待されている。なお、本案件は、コミュニティ開発支援無償資金協力としてはアジアで最後のプロジェクトとなった。今後は新しいスキームに引き継がれていく。

『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載

PROJECT FOCUS
アゼルバイジャン

左写真:グサール市の下水道配管の河床埋設工事

<有償資金協力>
 
  

経済の活性化をもたらす上下水道の整備

  
 

 

アゼルバイジャン
地方都市上下水道整備計画

コンサルティング:(株)TECインターナショナル

 

アゼルバイジャン共和国は、原油の輸出により1990年代後半には10%を超える高い経済成長率を維持し、首都バクーは大いに発展した。一方で、地方都市では経済発展が停滞し、1950年代から70年代に建設された水道施設は老朽化や自然災害など により機能が低下し、給水サービスの質と量の著しい悪化をもたらしていた。地方都市における上下水道セクターの改善は国家の最優先課題の一つになっていた。
 本事業は2011年より開始され、グサール、ハチマズ、ヒジ、ゴブスタン、ナフタランの地方5都市で上下水道施設の整備が実施されている。2030年の計画給水人口12 万6,485 人の水需要量である29,642m3/日の安全な水の供給が本事業によって可能となる。また新たに整備される下水道配および下水処理場により生活環境が改善されるとともに、停滞していた地方経済の活性化にもつながるものと期待される。さらに、全顧客に水道メータを設置することによって水道料金が適切に徴収され、事業運営の持続性が高まる。
 18 年までに、対象5 都市の取水施設(伏流水、湧水、地下水)、浄水場(逆浸透膜、3,800m3/ 日)、上水道配管(479.8㎞)、水道メータ(21,588個)、下水道配管(360.8㎞)が完成し、1 9 年7月現在、下水処理場(5 処理場、合計26,850m3/日)の建設が進められている。このうち、ゴブスタン市では水源に含まれる硫化物およびホウ素を除去するために日本製の逆浸透膜を採用した浄水場が建設された。また、現在建設中の下水処理場では、長時間曝気活性汚泥処理法が採用されており、環境水質基準を満たした処理水が放流される。

『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載

CONSULTANT NEWS
OCGが「フィリピン鉄道事業統括室」設置

 

 

  

マニラ地下鉄整備など大型鉄道案件の進捗管理と情報共有を目指す

  


 

 

 (株)オリエンタルコンサルタンツグローバル(OCG)は6月1日付で組織変更を行い、新たに「フィリピン鉄道事業統括室」を設置した。統括室長には取締役技術本部長の宮越一郎氏が就任した。同社は現在、フィリピンにおいて①マニラ首都圏地下鉄事業、②マニラ首都圏大量旅客輸送システム拡張事業( L R T 1 号線及びLRT2号線延伸)、③南北通勤鉄道事業、④南北通勤鉄道延伸事業など、大型の軌道系プロジェクトの実施に当たっている。いずれも、計画から設計、施工監理まで一貫したコンサルティング・サービスを提供している。技術本部のもとに事業統括室を設置することで、フィリピンで実施中の鉄道事業全体の進捗状況などを把握していくとともに、全社的に情報の共有を図り、各プロジェクトの円滑な実施促進を目指していくのがねらいだ。
 フィリピンでは、日本政府の成長戦略と国際展開戦略の枢要な柱になっている「質の高いインフラ輸出」政策の一環として、複数の大型インフラ案件が推し進められている。中でも鉄道プロジェクトは開発効果の観点から、その進捗が注目されている。

CONSULTANT NEWS 海外での経験を日本で生かせ

アイ・シー・ネット 代表取締役社長 百田 顕児氏
早稲田大学法学部を卒業後、シンクタンクでODA事業に従事。2004年にアイ・シー・ネットに入社。
コンサルティング事業部 マネージャー、コンサルティング事業本部ODA事業部 部長、副社長を歴任後、19年4月から現職

 

 

  

アイ・シー・ネット(株)の新社長に百田顕児氏が就任

  


 
4月1日付けで、アイ・シー・ネット(株)の新社長に百田顕児氏が就任した。
同社はソフト系の開発コンサルティングや人材育成など、多岐にわたる事業を展開している。百田社長が描く会社像と今後の事業展開について聞いた。(聞き手:本誌社長・末森満)

 

次のステップへの正念場

―まずは、経営にあたっての抱負を教えてください。

 この度、5代目の代表取締役を拝命した。昨今は国際協力機構(JICA)の予算問題の影響で、どうしても開発コンサルティング業界全体が縮み思考になっている。当社は今後も既存の政府開発援助(ODA)事業をベースにするものの、10年~20年先の成長を見据え、事業展開をどうするのか、模索しているところだ。開発途上国での事業では、ODA事業を受託するだけではなく、開発途上国における社会課題の解決案を自ら提案し、ステークホルダーを巻き込む形での取り組みを重視していくつもりだ。
 他方、日本国内に目を向けると、地方創生という課題もあれば、急速に進む外国人人材の流入という現実がある。外国人人材は労働力不足を補う存在としか見られていない現状があるが、本来は日本人労働者と同様の研修・待遇を提供し、日本社会に統合させるような取り組みが必要であるはずだ。
 こうした日本の地域コミュニティーと外国人労働者との共生といった課題には、これまで文化の異なるさまざまな国で事業展開してきた当社の経験をそのまま生かすことができるはずだ。例えば、当社はトルコのシリア難民やバングラデシュのロヒンギャ難民問題で、ホストコミュニティーと難民の共生を目的としたワークショップを開催しており、こうした事業地での経験・知見は日本国内でも生かせるだろう。国内事業で培ってきた地方自治体や企業とのネットワークを生かして、取り組んでいきたい。現在、ODA事業とその他事業の売上比率は8:2であるが、今後5年間でODA事業のボリュームは増やしつつ、比率を7:3にすることが目標だ。

 

教育機関向けの事業展開も

―スタートアップ支援に積極的に取り組んでいますね。

 スタートアップに関連した事業として、(1)経済産業省の「飛びだせJapan!」、(2)農林水産省の「INACOME」(イナカム)、(3)当社主催のビジネスコンテスト、の3つに取り組んでいる。(3)は、グローバル人材育成の“場づくり”としての意識も強く、社会起業家向けと高校生向けコンテストの2本立てとなっている。特に最近は、高校生向けコンテストの反響が大きい。
 このコンテストは、文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール」に指定されていた高校などが、「夢を持った考え方ができる人材を育てたい」と考えていたことに応えて始めたものだ。いわゆるバックキャスティング思考を取り入れたワークショップを行うことで、保守的、優等生的になりがちな高校生に改めて夢を持って取り組むことを考えてもらう契機になっており、良い影響を与えていると自負する。
 当社としても、このようなコンテストをテコに、教育機関の学習プログラムの中に途上国の社会課題解決に関する授業を組み入れるようサポートするなど、複合的に事業を展開したいと考えている。
 実際、学校が海外志向の人材を育てる際、途上国に関する教育を提供したくても、どこに依頼したら良いか分からず困っているという話はよく聞く。最近だと、ビジネスコンテストに参加したある高校から、社会課題解決型のワークショップを組み入れた修学旅行の企画を受託した。現在、企画準備中だ。

 

―持続可能な開発目標(SDGs)達成への取り組みも積極的に行っていると伺っています。

 SDGsに関連した当社の取り組みは、大まかに(1)人材育成事業、(2)地方自治体との協働、(3)ODA事業、に分けられる。 (1)では、日本国内で実施するワークショップなどでSDGsを取り上げている。例えば、SDGsに紐付けて、ビジネスアイデアを出してもらうといった具合だ。 
 (2)ではSDGsの切り口で地方創生や地場産業の育成をしてもらおうと、コンサルティングサービスを提供している。地方自治体はSDGsに対する認知度が高くなく、具体的に政策に落としていく経験もあまりない。当社がアドバイスして、SDGsを政策に反映させていこうとしているところだ。
 (3)は、SDGsのどの目標に該当するか考慮した上で取り組んでいる。だが、これは今となっては当たり前だ。今後は、今までの社会課題や持続的に取り組むべきことを整理し、事業展開に反映させていくつもりだ。

 

―ODA以外では、どのようなプロジェクトに携わっていますか。

 世界銀行やアジア開発銀行(ADB)といった国際機関のプロジェクトも対象に、さらなる受注を目指している。過去半年だと、競争入札を経て、世界銀行から通商障壁に関するジェンダー問題調査の案件とミンダナオのアグリビジネス案件を受注した。ジェンダーなど、当社の知見がある事柄であれば、競争で負けないと自負している。

 

海外人材の確保も視野に

―人材確保の方針は。

 売り上げを現在の30億円から50億円へと押し上げたい。それに伴って、社員数は現在の150人から200人程度にまで増加させる必要があると考えている。しかし、人材を日本国内だけで確保するのは限界に来ており、海外人材を採用して、グローバル企業への転換を考えないといけない時期に来ている。例えば、ビジネスコンテストを海外で実施して、優秀な参加者をリクルートする、当社の海外拠点を立ち上げる際に、立ち上げメンバーを募るコンテストを開催するのも一案だ。
 今のODAコンサルティング業界は絶対的な待遇などでは他業種との比較優位性がない。この環境下で組織の求心力を高めるには、夢やビジョンなどをしっかり持って体現することが肝要となる。この点を意識した組織運営をしていきたい。

 

―これら事業計画を実施する上で、何か障壁はありますか。

 JICAの予算執行問題の後遺症が残っている。経営環境に対する影響にとどまらず、開発業界を志す人に対しても、未来のない業界というネガティブなメッセージとなった実感がある。むしろ中長期のダメージはこれから来るのではないか。
 もっと開発コンサルティング業界に人を集めるためにも、業界団体の会合や社長が集まる場などではもっと前向きで夢のある話を発信するべきだ。タフな環境で業務を行う開発業界で夢や思いの部分がなくなってしまうと、人が集まらず、開発業界の地盤沈下は免れない。
 加えて、社会課題を解決したいという思いを、日々の仕事の中で常に振り返りながら仕事をしていかないと、新たな考えに基づいたビジネスなど不可能だ。私は夢・思いを当社の中で広めて、ビジョンとして体現し、業界全体の共通認識となるようにしていきたいと考えている。

日本財団 連載第23回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:在キューバ日本大使館で行われたキューバ国立美術館への寄贈式典。右から4人目は藤村大使(2019年4月24日撮影)

 

本でつなぐ日本と世界 -日本の図書を世界に届ける「READ JAPAN」

 

海外の知識層における日本理解を促進

 近年、日本政府はアニメやマンガを活用した広報文化外交を積極的に展開している。そうした中、2018年の訪日外客数は前年比 8.7%増の3,119 万2,000人と、日本政府観光局(JNTO)が統計を取り始めた1964年以降、最多となった。一方、諸外国におけるオピニオン・リーダーや知識層(とその予備軍)の日本に対する理解・関心度は、必ずしも高いとは言えない。このため、彼らにも届くような情報発信の強化が必要とされている。

 情報発信の媒体としてはTVやアニメ、新聞、インターネットなど、さまざまある。中でも、特定の問題を追求するのに優れた媒体の一つが、書籍だ。そこで日本財団は、日本に関する英文図書100冊を海外の団体・個人に寄贈する事業を2008年度に開始した。この活動は現在、「READ JAPAN」というプログラムとして実施されている。より多くの日本関連図書を届けるべく、図書の寄贈に加え、翻訳者の育成や翻訳出版、東京国際文芸フェスティバルなどの国際文芸祭を通じた国内外の出版交流など、事業を多角化してきた。

世界970の図書館などに寄贈

 READ JAPANの活動のうち、最も長く実施しているのが図書寄贈事業だ。2019年度で11年目を迎える。5月時点で、世界の約970の大学図書館、公共図書館、シンクタンクなどに寄贈してきた。

 日本のさまざまな団体がこれまで行ってきた寄贈事業は、日本研究の促進が主な目的であった。このため、寄贈図書も日本関連の教科書や学術書が中心だった。他方、READ JAPANは日本研究を専門としない人々も対象にしており、「現代日本をよりよく理解する材料」という視点で寄贈図書を厳選している。具体的には、プログラム開始前に政治・国際関係、経済・ビジネス、社会・文化、文学、歴史などの分野で傑出した日本に関する英文書籍を100点選出し、図書の概要や書評を入れたカタログを作成。希望者は100点の中から図書を選んで申請し、審査を経て寄贈先が決まる。寄贈先には、英語を母国語としない国も多く含まれるが、例えば中東地域ではもともとアラビア語の日本関係図書が少なく、英語の書籍も米国関連の図書は入手が難しい場合もあるという。政治的にも良好な関係を築いている日本関連の図書であれば、検閲もなく受け入れが可能な場合が多いそうだ。また、台湾のような日本政府が積極的に介入できない地域でも、民間財団だからこそできる支援として、こうした寄贈事業を展開している。引き続き、支援が行き届いていない国・地域の開拓をしていくつもりだ。

 この事業を実施するにあたっては、言語の問題がある。日本語で書かれた図書を読むには高度な言語能力が求められる。世界各地で日本語学習の支援は行われているものの、学習環境が十分に整備されているとは言い難く、海外の人にとって日本語の習得は容易なことではない。このような背景から英文図書を寄贈している。

 寄贈図書も、来年度より種類を増やす予定だ。現在寄贈しているのは、2007年に政治や経済、文化など多様な分野で日本を良く知る国内外の専門家10人からなる図書事業委員会が選定したもので、絶版図書も増えリニューアルが必要となっているからだ。例えば、現在は写真や絵画を取り扱う図書は含まれていないが、リニューアル後は視覚的にも日本の美や文化を感じてもらえるようなタイトルを取り揃える予定である。

専門性高い翻訳者を育成、翻訳出版では重版も

 このほか、寄贈事業に次いで始めたのが、翻訳出版と翻訳者の育成事業だ。書籍の翻訳には、言語の違いだけでなく、日本と海外の出版プロセスの違い、文化の違い、時差など、さまざまな壁を乗り越えるための情熱や苦労がなければ成立しない。だが海外では、日本の書籍を翻訳できるほど日本の言語や文化、習慣に精通している翻訳者や編集者は決して多くはないという事情もある。

 このほか、寄贈事業に次いで始めたのが、翻訳出版と翻訳者の育成事業だ。書籍の翻訳には、言語の違いだけでなく、日本と海外の出版プロセスの違い、文化の違い、時差など、さまざまな壁を乗り越えるための情熱や苦労がなければ成立しない。だが海外では、日本の書籍を翻訳できるほど日本の言語や文化、習慣に精通している翻訳者や編集者は決して多くはないという事情もある。

 高い専門性と技術を持つ翻訳者の育成事業では、言語は英語とし、取り扱う分野は学術と文芸とした。厳しい翻訳出版の世界を熟知している経験豊富な人材が集まる大学と連携しており、学術分野ではロンドン大学東洋アフリカ研究所(SOAS)、文芸分野ではイーストアングリア大学英国文芸翻訳センター(BCLT)と協同で、翻訳者育成プログラムを開発した。また、支援先をNational Centrefor Writing(WCN)に移し、このプログラムに参加した翻訳者によって、10タイトル以上の書籍が翻訳・出版され、一部は重版となった。翻訳出版の中で重版に至るのは、非常に珍しいことだ。

 パートナーは大学機関に留まらない。豊富な経験と情熱を持ち、日本の作品を海外に紹介しようと翻訳・出版や海外でのプロモーション活動を行っている翻訳者の柴田元幸氏(東京大学名誉教授)と、同じく翻訳者のテッド・グーセン氏(ヨーク大学教授)が中心となり手掛けた文芸誌『Monkey Business』の出版支援も行った。残念ながら、翻訳者の育成含め、これらの支援は一旦終了している。だが現在、新たなプログラムを開発中だ。このほか、2011年に起きた東日本大震災のチャリティー出版事業として、『それでも3月は、また』(講談社)、(英語名『March wasMade of Yarn』)を出版し、売り上げの一部を復興支援に活用した。

 READ JAPANに限らず、このような文化事業は短期的成果や数量的評価には馴染まず、長期的な計画に基づき資金と時間、そして人材を投下し続ける必要がある。個々の読書経験がいつか実体験に繋がり、本と人の架け橋から人と人、国と国との架け橋に発展していくことを期待したい。また、まだ海外に紹介されていない日本のコンテンツや十分にPRできていないコンテンツがたくさん残っている。これらのコンテンツを本という世界共通の媒体を通じて、世界の人々に届けていきたい。

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 国際ネットワークチーム   齊藤 裕美氏

 大学卒業後、旅行手配会社にて芸能ファンクラブ向け海外ツアーのコーディネーションや事務局長などを務める。その後、翻訳会社にて営業兼コーディネーター業務を担当し、さまざまな業界の文書の翻訳に携わる。2011年より、日本財団にてREAD JAPANプログラム・図書寄贈事業を担当。図書寄贈事業の他、国内外のパートナーと共に翻訳出版事業、翻訳者育成事業、国際交流イベントなども担当している

『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載

PROJECT FOCUS
トーゴ

<無償資金協力>
 
  

水産業振興のために新漁港を建設

  
 

 

トーゴ
ロメ漁港整備計画

コンサルティング:水産エンジニアリング(株)
 施設建設:東亜建設工業(株)        

 

 アフリカ西部のギニア湾に面するトーゴでは、首都のロメ漁港が同国の海洋漁業の唯一の拠点であるが、2010年の年間漁獲量は約2万5,000トンに達している。日本政府は西アフリカ圏の貿易・物流促進を支援するため、2012年から技術協力「トーゴ ロジスティクス回廊開発・整備計画策定調査」を行い、拠点となるロメ商港の拡張と国際基準に則った保安管理の強化を促進してきたが、その結果、逆に隣接するロメ漁港は非常に手狭となり、同国のニャシンベ大統領は全面移転を行うとの方針を明らかにした。しかし資金不足で実現できず、漁民は既存の漁港を使い続けざるを得ず、混雑して水揚げや出港準備の効率が悪化し、漁船同士の接触事故も増えていた。
 この状況を改善するため、同国政府は日本政府に協力を要請し、ロメ漁港を近接地へ移転させる本計画を策定した。このプロジェクトでは、防波堤や水揚岸壁、休憩岸壁等に加え、荷さばき場や卸売場、製氷施設、トイレなどを含めた管理事務所棟を建設し、漁港に必要な機材を供与した。漁港の運営、維持管理などの研修も行っている。
 新漁港の19年4月の竣工式にはニャシンベ大統領らも参列し、新しい施設の船出を祝った。漁民は広くなった新漁港で効率よく、安全に作業を行うことができるようになり、今後はロメ市民を中心として80万人を超える国民に、新鮮な魚介類を供給できるようになると予想されている。現在は零細漁船のみの利用だが、将来は大型漁船も停泊させる計画である。

『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載

「産業」としての認知と拡大を

 
  

開発コンサルティング業界、その危機の本質は何か

  
 
(株)パデコ代表取締役社長/CEO 本村 雄一郎氏に聞く
国際協力事業の最前線を支える開発コンサルティング業界。その経営環境は一段と厳しさを増しており、業界を去る技術者も後を絶たない。(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)の会長経験もあり、ソフトとハードの一貫実施に努める(株)パデコの本村雄一郎社長に業界が抱える“危機の本質”を聞いた。(聞き手:本誌・和泉 隆一)

 

波及効果の大きい“頭脳産業”

―平成の時代が始まる頃から、開発コンサルタントが担う重要な役割に認識が深まり、その社会的ステータスも高まっていくはずだと多くの関係者は見ていた。令和という新しい時代が始まったが、開発コンサルタントを取り巻く環境は一段と厳しさを増しており、その社会的位置づけはむしろ“退行”しているような感じを受ける。何故でしょうか。

本村:開発コンサルタント、あるいは開発コンサルティング業界というものが、今だ「産業」として認知されていないことが最大の問題だ。公共事業は、幕藩体制時代より官庁が直接実施にあたり、その意識が基本的な枠組みを作った。その後、徐々に民間に委嘱されるようになってきたものの、その位置付けはあくまでも“お手伝い”。国内よりも厳しい条件である開発途上国で展開される政府開発援助(ODA)にしても、現場の最前線で仕事をしているのは開発コンサルティング会社であるにもかかわらず、その名前すらほとんど出てこない。
 それは何故か。お手伝いを表に出すという意識が、そもそも国にも社会にもないからだ。要するに「産業」として認知されていないのである。しかし、国としてこの意識は変える必要があると思う。私たち開発コンサルタントの仕事は波及効果が大きく、しかも“頭脳産業”であるという特性を持っている。日本がこれから生き残っていく鍵は、まさに頭脳にしかない。その重要な一翼を担う開発コンサルティング業界を「産業」として認知しないということは、日本国の将来にとっても決して良いことではないだろう。

―海外の実力コンサルタントとの格差も拡大する一方にある。

 本村:2018年度の財務省予算執行調査では「日本のコンサルタントは高い」との指摘があったが、それは20年も前のバブルの頃の話だ。今や日本の開発コンサルタントの賃金は明らかに低い。本来なら、低賃金であることが競争力を高め、比較優位の要件になるはずなのだが、現実はそれすら適わない。低賃金、かつ高コストという二重苦に見舞われているのが開発コンサルティング業界と言えるだろう。これでは海外コンサルタント会社との格差はますます広がるばかりだ。
 ただ、この低賃金・高コストはコンサルティング業界だけの話ではなく、日本全体の問題である。日本全体の賃金水準は他の先進国に比べ、かなり低い状況になってしまっており、低賃金・高コストの悪循環が全体を覆ってしまっている。

 

ODA依存体質からの脱却を

―「産業」として認知させるためには、開発コンサルタント側自らも大きく変わっていく必要がありますね。

本村:くり返しになるが、開発コンサルティング業界は日本の将来にとって欠かせない頭脳産業であり、かつ波及効果の高い産業であることを国は真剣に考えるべきだし、開発コンサルタント側もそういう意識を持って取り組んでいかなければならない。
 まず、これまでの“ODA依存”体質から脱却していかなければ「産業」として認知されることはないだろう。世界のコンサルティング市場を見てみると、計画から最後の運転・運営まで一貫して実施して下さい、という大型発注が増えている。しかも、スピード感をもってやってもらいたい、と。その背景には経済成長のテンポがある。かつて1~2%だった途上諸国の経済成長率は、いまでは5%以上も珍しくない。一昔前とは成長のテンポが全然違う。
 成長のテンポが早いということは何を意味するのか。やらないことによる、あるいは遅れることによる利益の機会損失が大きいということだ。極論すると、多少質は悪くても早くやってしまわないと、遅れることによる損失の方が大きくなってしまう。伝統的な方式で細かい手続きを踏みながら、ゆっくりやっていた時代とは全然違う局面に入っていることを認識するべきだ。意思決定部門を含めて、どうやったら迅速化できるのか。実は、その部分を担っていくのも開発コンサルタントの本来の役割なのだ。迅速化に加え、工事遅延が少なく、完工後直近の運転も事故や故障による損失が低く、結局は利益が高いことを示すべきだ。

―脱ODA、ODA依存からの脱却というテーマは、実は古くから問題意識としてあったと思います。開発コンサルティング会社の多くの経営者も「脱ODA」を以前から口にしていた。口では言うものの、経営実態に大きな変化は見られなかった。

本村:ODA依存から脱却しようとする時、主要なターゲット市場とされるのが国内外の民間部門だ。しかし、民間は本来、ブランド志向が強く、実績が豊富で市場に認められているところに発注する。民間にはじっくり時間をかけて発注先を選んでいる余裕はないからだ。ODA依存で仕事をしてきたから、そもそもブランドは確立できていないし、“さあ、次は民間だ”と言っても簡単に道を切り拓くことはできない。お客さんが買ってくれない以上、商売は成り立たない。そうすると、マーケットメカニズムから離れた世界、すなわちODA方式に基づいた“生き残れる世界”で食い繋いでいくしかない。それでは、成長・発展は望めないだろう。したがって、開発コンサルタントは組織であれ、個人であれ、とにかく量の面でも質の面でも実績を積み上げ、それをお客さんに示していくしかない。これまでのODA経験を生かし、海外でのブランド力を高め、世界と戦っていくしかないだろう。この意識と実績が「産業」としての認知にもつながっていくはずだ。

 

世界市場で戦う

―パデコ社の中長期的な経営戦略についてお聞きしたい。

本村:当社も、とにかく実績を積み上げ、それをお客さんに示していくしかない。先ごろ、中期計画を策定したが、厳しい経営環境を踏まえて手堅い計画にした。方向としては、ODA依存からの脱却をさらに進め、新しい世界を目指していく。パデコは国内の認知度は低いが、世界ではブランド力はある。それをテコに民間部門にも国際機関にも積極的に取り組んでいく考えだ。
 こうした取り組みの中でさらにブランド力を高め、世界市場で戦う開発コンサルティング企業を目指していく。海外での認知は国内にも波及し、業界全体にも良いインパクトを与えるはずである。

 

『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載

CONSULTANT NEWS
CTIグループのグローバル展開を牽引

写真:ジャティバランダム(左)とビリビリ多目的ダム(右)

 

 
  

建設技研インターナショナル新社長・三品孝洋氏に聞く

  
 

 

 

 

建設技研インターナショナル代表取締役社長 三品 孝洋氏
1981年に岐阜大学工学部土木工学科を卒業し、建設技 術研究所に入社。
99年、建設技研インターナショナルに出向し、2001年に転籍。防災部部長、執行役員を経て、16年に取締役に就任。19年3月より現職。17年3月から建設技術研究所の執行役員も務める。三重県出身。60歳

 

(株)建設技研インターナショナルの新社長に、3月20日付けで三品孝洋氏が就任した。
フィリピン支社の体制強化や自社の強みを生かした持続可能な開発目標(SDGs)達成への取り組みなど、今後の事業方針を聞いた。(聞き手:本誌社長・末森満)

 

ODAだけに頼らない

―御社はこれまでどのように海外事業を展開されてきたのでしょうか。ご自身の海外経験についてもお聞かせください。

 当社は、(株)建設技術研究所(CTIE)から1999年に分離・独立し、CTIグループのグローバル事業展開の担い手として、また政府開発援助(ODA)を主とする開発コンサルタントとして、「開発途上国の人々の安全で快適な暮らしづくり」に貢献している。CTIグループの海外での初仕事は、1957年のフィリピンのダム調査であり、その後も、同国において河川改修や首都圏主要橋梁耐震補強など、多くのODA事業を実施している。現時点においてもフィリピンは最重要国の一つと考えており、2017年にはアジア・太平洋地域での事業展開、および現地の人材と協働する生産体制の実現を目的に、フィリピン支社を設立した。
 私の海外業務の原点は、1992年に行ったインドネシアのジャティバランダム建設を含むスマラン地域総合水資源管理計画事業だ。詳細設計、施工など20年以上をかけ、2014年に完工した。試験湛水を迎えた美しいダム・貯水池の姿は、今なお印象深い。同国ではビリビリ多目的ダム建設事業にも関わり、4年間現地で常駐管理を行うなど、技術を磨いた。

―現状の経営課題は。

 近年、開発途上国・新興国の発展の速度が目覚しく、それに伴いODAも従来の型に捉われない業務やサービスの提供を模索する試みが始まっている。例えば、当社はカンボジアで上水道拡張のODA案件を手掛けているが、今後、特別目的会社を設立、カンボジア政府機関と契約し運営・維持管理業務を行う予定だ。日本のODA案件において、水道施設の設計・施工から運営・維持管理までを一括で行う業務は初めてとなる。
 一方で、当社は2 0 1 8 年に「CTII中期経営計画2021」を打ち出し、「ODAだけに頼らない多様なクライアント層を確保・拡大、そのための生産構造の改革」「海外ネットワーク強化、オールジャパン生産体制の脱却により収益性と価格競争力を確保」を、3年以内に達成することを目指している。具体的には、国際開発金融機関や民間資金などへの展開を進めること、フィリピン支社の営業機能を強化すること、生産構造改革に対する投資を行うことである。

 

ミャンマーも重要視

―今後の抱負をお聞かせください。

 今年は、分離・独立から20周年の節目でもある。歴史と伝統ある当社の基盤をより強固なものとしつつ、CTIグループのグローバル展開を牽引していく。海外受注を伸ばしていくためには生産体制を改革し、価格競争力を高めることが求められる。まず、早急にフィリピン支社に管理・営業専任者を配置し、2021年までに採算責任のある独立事業所とする。優秀なフィリピン人を技術者として起用し、効果的な営業活動や現地政府・企業との連携が図れるようにし、価格競争で優位に立つことを目指す。

―重視する国や分野は。また、SDGsへはどのように取り組んでいきますか。

 アジアを重視している。最重要視しているのが、フィリピンとミャンマーだ。ミャンマーでは2021年、生産性向上を目的としてCTIEの子会社「CTIミャンマー」を当社の子会社にする予定だ。最重要の2カ国を拠点として、周辺のカンボジア、ベトナム、モンゴル、インドネシア、パキスタン、バングラデシュ、ネパールなどにも営業範囲を広げていく。さらに日本とフィリピン支社を両輪として、ODAだけでなく国際開発金融機関や援助機関、現地政府、そして鉱山開発など民間企業のプロジェクトへの貢献に注力していく。
 SDGsでは、技術的に強みのある水と衛生(目標6)、持続可能な街づくり(目標11)、気候変動(目標13)に積極的に取り組む。SDGsを意識した営業によって、アジア開発銀行(ADB)からフィリピンの洪水対策やインドネシアの多目的ダム建設の詳細設計を受注した。日本のODAの枠を超えた新たな事業も実を結びつつある。

 

英国のグループ企業とも連携強化

―人材育成やグループ企業との連携については。

 現在、CTIグループは土木・建築・地質・環境分析など多種多様な分野の技術者を3,000人以上抱えている。女性社員も多い。当社の新入社員には、海外業務の前に最低4年間、国内業務経験を積ませて、コンサルタントとはどういう仕事か、何が求められるのかを学んでもらっている。
 今後は、グループの多様で豊富な人材をいかに海外事業で有効活用していくかがカギとなる。現在、CTIグループ企業から3人を当社で受け入れ、プロジェクトマネージャー候補としてOJTを行っている。引き続き、戦略的・継続的な技術開発と技術者の育成を進めていく。また、技術提携しているTECグループとの人材交流といった計画も進めていく。
 2017年には、英国の中堅建設コンサルティング企業で、1,000人以上の優秀な技術者を擁するウォーターマングループ(W社)がCTIグループに加わった。今後、W社が実施中の道路維持管理に当社が持つ技術を活用する、ODA案件にW社の技術者が参加するといった連携活動を検討しており、それに向けて情報交換・共有を行っているところだ。エンジニアリングやコンサルティング・サービスの枠を超えた新たな事業展開にも挑戦したい。

 

『国際開発ジャーナル』2019年7月号掲載
2019.06.08

化学兵器禁止機関 事務局長・講演会

 関西学院大学は6月18日(火)に 、国連関連機関の化学兵器禁止機関(OPCW:Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons) フェルナンド・アリアス事務局長をお迎えし、特別講演会を開催します。

詳細・参加申し込みはコチラから
テーマ: 化学兵器の使用を禁止するための国際的な取組について-最近の使用例を中心に-

  昨今の化学兵器使用事案(シリアにおける継続的な使用事案,マレーシアにおける金正男氏暗殺で使われたVXガス使用事案,英国における元露工作員に対するノビチョク使用事案等)を基に、OPCWの取組等についてご紹介いただきます。

日時:6月18日(火)11:10 ~ 12:10
会場:関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス

プレG20サミット<関西学院大学×トロント大学>

 2019年6月28日および29日に行われるG20大阪サミットに先立ち、トロント大学のG20研究グループと関西学院大学の国連・外交統括センターが共に国際ジョイントワークショップを開催する。

 SDGsを推進し持続可能な世界をつくるためにG20サミットはいかに機能してきたのか、SDGsの目標達成のため、来たるサミットは何ができるのか、この点で国連とどのように協働してきたのか、G20大阪サミット以降、国連とのパートナーシップをいかに強化することができるのか、を主なテーマとして開催する。

詳細・参加申し込みはコチラから
日時:6月23日(日)10:00 ~ 17:00
会場:関西学院大学・西宮上ヶ原キャンパス
2019.06.01

国際的な公共政策課題に先頭切って挑む人材を育成
<大阪大学大学院>

写真:ザンビアの銅山で研修中のOSIPP生

 


大阪大学大学院 国際公共政策研究科(OSIPP)

 
3方向のアプローチで問題解決

 大阪大学大学院の国際公共政策研究科(OSIPP)は、法学・政治学・経済学の知識を総合的に学び、国際社会における諸問題に対して公共性を重視した解決策を提示できる人材の育成を目指し、1994年に設置された。入学する学生の研究課題は貧困やジェンダー不平等、環境破壊、紛争やテロリズムなどさまざまだ。これらの公共課題の解決には分野横断的なアプローチが必要となるため、OSIPPでは多角的な視点と高いコミュニケーション能力、優れたリーダーシップを備えた公共政策の専門家の養成に取り組んでいる。  OSIPPには北米・中南米、欧州、アジア、中東、アフリカなどさまざまな地域からの留学生が在籍し、国際色豊かな環境で学べる。「授業以外にも、学生同士が気軽に話せる場を設けている」と、ヴァージル・ホーキンス准教授は語る。 重視しているのは、実践的な学びだ。「学生たちは、もともと海外で活躍したいという意欲が強い。われわれも国際機関でのインターンや外務省のジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)への応募を積極的に勧めており、ここ数年、外務省の担当者やJPO経験者を招いてセミナーを行うのも恒例になっている。毎回、100人もの学生が集まるほど人気だ」と、中内政貴准教授は話す。

 
リーダーシップのあり方を学ぶ

 海外インターンシップに対しては、研究科として助成を行っており、毎年多くの学生が国際機関や国際協力機構(JICA)などでのインター ンシップに参加している。また、ダブルディグリー制度としてフィリピン、オランダの大学との連携や、教員が携わっている海外でのプロジェクトや国際会議に学生を参画させるなど、学生が海外に飛び出す機会を豊富に用意している。大阪大学全体としても交換留学、研究留学、国際会議発表に対する助成プログラムを提供しており、OSIPPからこれらを活用して海外に活躍の場を広げる学生も多い。  2007年からは、「グローバルリーダーシップ・プログラム(GLP)」も運営・実施している。企業やNPOとパートナー協定を結び、企業の役員を講師に迎えて、学生にリーダーシップのあり方を伝授するものだ。協定を結んだ企業の中には、(株)パソナグループや住友化学(株)などがある。大阪大学の学生なら誰でも受講できる。またGLPなどが母体となり、NGOが運営する国際的な大学対抗交渉コンペティション(INC)も生まれた。大阪大学の学生は、こうした場を通じて公共政策課題を解決する上で欠かせない交渉術も学ぶ。「学生には世界を多様な側面から理解し、より良くしようという意欲のある『地球人』になって欲しい」と、ホーキンス准教授は熱く語った。

 
『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載
#大学の国際化最前線 #大阪大学大学院 #国際公共政策研究科

CONSULTANT NEWS
探究心と仕事の喜びが原動力となる組織へ

NTCインターナショナル(株)代表取締役社長 森 卓氏
京都大学大学院 農学研究科(土壌肥料学専門)を卒業後、2000年から2年間、青年海外協力隊員としてチリで活動。
03年に(株)パシフィックコンサルタンツインターナショナル(当時)に入社。05年、旧太陽コンサルタンツ(株)に移籍。19年2月から現職

 

 
  

NTCインターナショナル(株)の新社長に森卓氏が就任

  
 
今年2月1日付けで、農村開発と平和構築を主軸に開発コンサルティングサービスを手掛けるNTCインターナショナル(株)の新社長に森卓氏が就任した。森社長に、今後の会社像と経営方針について聞いた。(聞き手:本誌社長・末森満)

 

“仕事が楽しい”が第一

―まずは、経営に当たっての抱負を教えてください。

社員が、困難な業務の中でもやりがいや達成感を見出し、楽しいと思える組織を目指している。 私自身も駆け出しのコンサルタント時代、プロジェクトにのめり込んでいた経験がある。パラグアイへの円借款に対する案件実施支援調査に参画した際のことだ。小・中規模農家の生産基盤強化の支援や設備投資の資金を供与する大規模な円借款だったが、期待通りに進行せず、調査団として知恵を絞ってプロジェクトの再生策を練った。
 あれから14年、現在統括を務める国際協力機構(JICA)のパラグアイ開発調査案件で、再び当時のカウンターパートと協働することになろうとは夢にも思わなかった。わが社の社員にもこうした仕事の魅力を体験してもらいたい。このほか、ボランティアスピリットを大切にする組織にもしていきたい。社員の約3割が青年海外協力隊OBということもあり、対価ありきではなく、探究心・好奇心を原動力とする精神を大事にしたい。

 

事業の多角化が必至

―どのような事業に注力していきますか。

当社は地域開発・コミュニティー開発、農村開発、水資源・灌漑開発、平和構築・復興支援、行政組織強化、人材育成(研修)の6分野の開発コンサルティング事業を展開している。このうち、農村開発分野では創設以来、ハード・ソフトともに実績を重ね、特にアフリカ地域への協力で知名度も獲得してきたと自負している。また、平和構築については他社に先駆けて同分野に特化した部署を創設し、人材・ノウハウを蓄積してきた。この2分野を当社の両輪とし、付随して地方行政サービス向上や国内研修事業などに取り組んでいく。

―第7 回アフリカ開発会議(TICAD7)にも参加されますね。

中国を筆頭に、アフリカ支援を強化する国が増えている今日、アフリカ諸国にとってTICADは数あるフォーラムの一つに過ぎない。だからこそ、TICADでは日本の支援の優位性を発信することが重要だ。現地社会に長期的に貢献し、人々に日本の活動を理解・評価してもらう。その成功を支えるプレーヤーとしての一翼を担いたい。

―民間資金が開発に果たす役割が増しています。

 民間企業向けに開発途上国へのビジネス展開を支援するコンサルティング事業を拡大していきたいと考えている。ただ、現地の情報に対する需要がある反面、企業独自のルートでお金をかけずにある程度の情報収集が可能な場合も多く、現状は開拓中と言わざるを得ない。コンサルティング業としてどう成立させていくかが課題だ。

―長期的には中進国・先進国向けの事業展開の可能性もありますか。

視野には入れているものの、具体化には至っていない。援助卒業間近の国々への支援は、殊に政府開発援助(ODA)の場合、賢い資金の使い方が求められる。南南協力や三角協力の側面支援はその一つの可能性だろう。私が2000年から青年海外協力隊として活動したチリでは既に、国際協力庁が自国の専門家を近隣諸国に派遣していた。そうした潮流にアンテナを張り、新たな支援の形を模索していく段階にきていると考える。

―経営面での展望を教えてください

 当社が受注しているJICA業務は、技術協力プロジェクト業務、調査業務、無償資金協力の設計業務の3種。有償資金協力のコンサルティングサービスは、ここ10年実績がない。有償資金協力は事業スパンが比較的長く、経営の安定性確保につながるため、受注を復活させたいところだ。
 ただ、資金ショート問題以降、新規発注が滞っているため、手持ち業務が終了すれば経営の綱渡りは免れず、他社も含め、真の影響は今年度以降、降りかかってくると考えている。専門家やボランティアも然り、我々のような現場で活動する黒子なしにODAは成り立たない。にもかかわらず、“やればやるほど赤字”で撤退を余儀なくされる状況では業界の未来はどうなってしまうのか。折に触れて問題提起していく必要がある。この荒波に耐えるためには、ODA/JICA業務の一辺倒を見直し、事業の多角化を図ることが不可欠だ。その難しさも重々承知している。これからが正念場だ。

 

多様性に富んだ人材を拡充

―採用・人材育成の方針は。

 開発コンサルティング企業にとって、人材は唯一かつ最大の資源だ。当社では毎年、新卒も若干名ずつ採用しているが、「即戦力」と「若手育成」のジレンマがある。経験の浅い若手社員は、業務を通じて技術力を身に付けていくものであり、受注への貢献という意味では必ずしも収益に直結しない。
 ただ、これを問題視して採用をやめてしまえば、人材の空白ができるどころか、中堅社員がいつまでも若手の仕事を兼務しなければならない状況をも生んでしまう。こうした背景から、国内業務を扱うグループ会社と連携して、当社の若手社員に国内で経験を積む機会を提供する育成プログラムを開始している。社員が身に付けるべきエンジニアリングの基礎技術は国内・国外を問わず共通であるためだ。現在は試験的な実施の段階だが、今後制度化していきたい。

―御社は厚生労働省の女性活躍推進企業認定も受けていますね。

 現在、社員の男女比は約2対1で、もちろん性別による採用人数の設定もない。インフラ事業が国際協力の中心だった時代は、概して女性には縁遠い業界と考えられてきたが、支援分野の広がりとともにそれも過去の認識となった。特に農村のコミュニティーに入っていくことが求められる業務における女性コンサルタントの活躍は目覚ましい。対象地への理解と人々との信頼関係に裏打ちされた活動を展開するために、現地の文化や言語を学び、コミュニティーに溶け込もうとする努力には脱帽させられる。女性がライフイベントを理由に仕事を諦めざるを得ないことのないよう、引き続き社内制度を整えていく。
 人材の多様性の広がりは組織の強みだ。近年は、従来の土木工学だけでなく、文化人類学に通じた人材などの採用も増え、女性の活躍と同様に、特にアフリカの農村や部族社会の残る地域での活動の助けとなっている。また、外国籍の社員が複数名活躍している他、「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)」で留学中のインターン生も積極的に受け入れている。
こうした中、若手が臆せずに意見できる環境があったからこそ、私も心から仕事を楽しめた。その風土と併せて、もう一つ大切にしたいことがある。それは、われわれの最終的なクライアントは業務発注者の先にいる途上国の住民であるということだ。常にその意識を胸にまい進していく。

 

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載

CONSULTANT NEWS
技術結集し世界的な環境問題に貢献

 
  

いであ(株)の新社長に田畑彰久氏が就任

  
 
今年3月28日付でいであ(株)の新社長に田畑彰久氏が就任した。マイクロプラスチックによる海洋汚染などの環境問題、持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みなど、今後の方針について田畑社長に聞いた。(聞き手:本誌社長・末森満)

 

深刻化する環境問題に商機

―新社長としての抱負を教えてください。

 昨年9月、当社は設立50周年を迎えた。次の半世紀に向けて始動する年に新社長に指名され、たいへんな重責を感じている。
 2019年から第4次中期経営計画がスタートしており、現在、「新規事業の創出・新市場の開拓と技術開発の推進」「海外事業の拡大と海外展開の推進」「人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)・ロボットなどの先端技術の利活用」「働き方改革の推進」など8つの経営課題に取り組んでいる。

―海外業務の状況は。

 現在は国内業務に忙殺されており、海外業務には十分手が回っていない。しかし、開発途上国ではインフラが広く整備されてきた一方、大気汚染や水質汚染といった深刻な環境問題が顕在化してきている。当社が活躍できるチャンスが多い時期に来たと認識している。当社は、環境分野と建設分野のコンサルティング業務を2:1ぐらいの割合で手掛けている。特に環境分野は、『日経コンストラクション』の建設環境分野における建設コンサルタント部門売上高ランキングで長年1位に選ばれてきており、リーディングカンパニーであると自負している。
 海外業務は国内の事業とリンクしており、国内のさまざまな課題が途上国に、あるいは地球規模に広がってきている。そのため、国内で培った技術や経験を海外で生かすのが、当社の責任という意識で取り組む。

―環境分野の取り組みについて、今後の展開を教えてください。

 6月に大阪で開かれるG20サミットでは、海洋プラスチック問題が取り上げられるはずだ。日本政府は国内対策の加速化に加え、途上国を巻き込んだ国際連携などの施策を打ち出し、イニシアチブを取りたいと意気込んでいる。当社としても力を入れていきたい。当社は、マイクロプラスチックの調査・分析法の世界的整合を目的としたガイドラインの作成や海域・河川域などの調査を受託している。今後、途上国の排出量や周辺での分布実態の把握、生態系への影響評価などの課題へ展開したい。
 海外展開を目指すものの一つとして、カメラや音響システムを搭載した水中ロボットで海中の様子を見るという技術がある。国土交通省の実証実験で高い評価を得て、深海生物調査や海中橋脚の腐食調査に活用している。また、2017年に「水銀に関する水俣条約」が発効したことを受けて、東南アジアから「条約の批准に向けて、大気中の水銀調査方法に関する技術移転をしてほしい」との依頼が多く寄せられている。この他、海洋環境保全分野でも、国内での技術的優位性を活かした専門性の高いプロジェクトに活路があると考えている。

 

組織改編で先端技術の活用促進

―AIやIoTの分野でも、人材育成を進めていると聞きます。

今は情報通信やAIの知識が、イノベーションを起こすには不可欠だ。2年ほど前、AIとIoTについて社員を各1人、新設の専門性の高い大学院に送り出した。その社員2人が修了後、社内で講習会や勉強会を開いて、技術の水平展開を図っている。この4月にも、新たに社員を同大学院へ入れた。また、同月にはそれまで社会基盤本部に置いていたAI推進室を社長直轄に改組し、「AI総合推進室」とした。それだけAIやIoTなど先端技術の利活用には注力しており、環境分野や管理部門でもプロジェクト選定を進める。例えばAI技術を活用して、海底生物を自動検知するシステムや、アオコの発生予測システムを構築し、すでに業務に活用し始めている。

―社員や留学生の採用状況について教えてください。

新卒を中心に毎年40~50人を採用しており、約3割は女性だ。さまざまな社会的課題に対応すべく、多様性を重視している。新卒で入ってきた人からは、「海外で最新技術を生かしたい」「国や分野の枠を超えたダイナミックな仕事がしたい」という、海外志向の高い声も聞かれる。だが、海外の滞在期間は数週間程度を希望する人が多い。半年以上の長期赴任も積極的に挑んでくれる人材の確保が課題だと感じている。
 そうした中で、留学生などの海外人材は、主に合弁企業のある中国から採用している。このほか、ベトナムなどからも毎年1~3人採用しており、主に日本の大学院の修士・博士課程の修了者で日本語や英語も堪能だ。

―SDGsへの取り組みをうたう会社も増えてきました。SDGsとはどのように関わっていきますか。

 途上国における開発に環境問題は付いて回るため、当社の事業活動は、まさにSDGsそのものだと自負している。「人と地球の未来のために」というスローガンを掲げて、創業以来、時代とともに変遷する社会的課題に対処してきた歴史は、SDGsへの貢献に他ならない。今後も、当社がSDGsの達成に、より積極的に貢献していくことに変わりはないが、その方針や具体的な内容を公式ホームページなどによって社内外に発信することで、人材の確保やESG投資を呼び込みたいと考えている。
 海外展開においては、事前調査で現地のニーズと課題をしっかり押さえた上で、最善のやり方を見つけることが解決につながる。SDGsをその指針とすれば、持続可能な開発が実現できると思う。

 

 

<気象予報から環境コンサルへ>

(株)いであは1953年に日本初の民間気象予報会社である(株)トウジョウ・ウェザー・サービス・センターとして創業し、68年に環境分野のコンサルタントとして再出発。69年には新日本気象海洋(株)へ改名し、波浪予測の調査をはじめとする環境調査業務を開始した。77年に建設コンサルタント業者として登録を果たし、2006年に日本建設コンサルタント(株)との合併を経て現社名になった。コンサルタント業務は大きく「社会インフラ整備」と「環境分野」に分かれ、特に環境分野ではリーディングカンパニーだ。前者では河川整備計画や河川堤防などの調査設計・維持補修計画、橋梁や港湾施設の点検・維持管理、防災・減災、後者では各種事業の環境影響評価調査、希少生物の保全対策、先端技術を用いた化学物質の分析やリスク評価、海洋・水辺での調査、気象データ解析、気象・海象予測などを手掛け、時には両者の垣根を越えて力を結集する。国内・海外で生活の諸問題を解決し、社会の持続的発展と環境保全・継承を支える。

 

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載

日本財団 連載第22回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:ラオス教育スポーツ省大臣センドゥアン氏(中央右)に手話教育の重要性について語る日本財団特定事業部の石井部長(中央左)

 

手話をろう者の“第一言語”に ―ラオスで進めるバイリンガルろう教育の普及

 

ろう者にとって手話と日本語は違う言語

 ろう教育は、先天的に耳が聞こえず発話が困難な人も含め、長らく口話法が主流であった。これは、口や舌の動きを真似て発音を練習したり、相手の口の動きを読み取って相手の発言を理解したりする手法である。授業中、生徒は教師の口の動きを読み取ることに神経を集中させ、聞き取れなかった部分は文脈や背景から想像していく。口の動きを読み取るのは決して容易ではない。誤った読み取り方をしても間違いに気づきにくく、いつの間にか授業の内容がまったく理解できなくなっている、といったことも起きる。また、常に頭をフル回転させているため、生徒は1時間の授業でもかなりの疲労がたまる。

 他方、手話はろう者同士がコミュニケーションをとる際に用いる、“ろう者の母語”とも呼ぶべき言葉だ。手話は音声言語と全く異なる言語で、独自の語彙と文法を持っている。例えるならば日本の手話と日本語は、英語と日本語くらい全く別の言語であると言っても過言ではない。日本財団は、手話はろう者がほぼ完全に理解できる“第一言語”であり、手話を用いた教育が重要であると考え、ろう者への支援を実施している。

ベトナムで成果上げたバイリンガルろう教育

 日本財団は、①手話による「バイリンガルろう教育」の普及、②手話言語学研究の推進、③手話の言語としての法的認知の推進、の3本を柱にアジア各地でろう者支援事業を展開してきた。今回紹介するのは①に関連する取り組みである。

 バイリンガルろう教育とは、教室における「話す・聞く」を手話で行い、「書く・読む」を書記言語によって行う教育方式だ。日本財団は、ラオスに先立ち、2000年にベトナムでこの教育方式の普及事業を始めた。手話言語学者で手話教育第一人者であるジェームズ・ウッドワード教授とグエン・ホア氏の活動を支援する一環として、南部ドンナイ省ビエンホア市のドンナイ大学に、バイリンガルろう教育方式に基づくモデル中学校・高等学校を設置し、普通学級と同じ教育課程を進める仕組みを整備した。また、ろう者自身による持続的なろう教員育成体制構築のため、大学レベルの手話教員養成コースを設置した。以降15年以上にわたる支援の結果、ベトナムではそれまでろう者の中学卒業率はゼロに近かったが、大卒者や教員が輩出されるまでになった。モデル校に通うろう者の試験成績は、ドンナイ省の統一試験の平均を上回り、トップクラスの成績を収める生徒も現れたことは、この教育手法の有効性を示していると言える。また、この成功事例をベトナム自らが周辺諸国へ広めることで、南南協力の道筋を開くことにつながると期待されている。

ラオスではNGOと指導的人材を育成

 ラオスではこれまで、特別支援学校は日本の文部科学省にあたる教育スポーツ省ではなく、保健省の所轄であった。運営は非教員である同省職員によって担われ、内容は同国の教育カリキュラムに基づくものではなかった。しかし同国政府は2009年に障害者権利条約を批准し、近年は障害者教育に力を入れる方針へと転じている。それに伴い特別支援学校の所轄は保健省から教育スポーツ省へと移管し、教育スポーツ省内に「インクルーシブ教育部」が新設されるなど改革が進められた。

 しかし、ノウハウや資金不足により、ろう者に対する教育制度の整備は依然として進んでおらず、教育スポーツ省は日本財団の支援の下、バイリンガルろう教育の導入に着手した。

 2018年に始まったこの事業は、まず手話で教えることのできる教員養成と、学校教材や手話辞書作りの基礎となる手話データベースの作成に着手している。今後の取り組みとして検討されているのは、小学校から高校卒業までの授業を全て手話で受けることが出来るモデル校の設立と、教育カリキュラムの整備だ。将来的にはろう者の大学進学者、そしてろう者の教員を養成し、それによりラオス全土で手話による教育を根付かせたいと考えている。

 モデル校の整備に向けては、現在、教員養成および教育カリキュラムの作成で指導的役割を担う人材の育成を、事業パートナーである「アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)」と進めている。ADDPは東南アジアで障害者の就労促進、障害者スポーツの振興に長年取り組んでいるNGOだ。首都ビエンチャンにろう者が手話で接客を行う手話カフェを運営しており、そこを会場にウッドワード教授が10名のろう者研修生に対して手話教授法・分析法の研修を行っている。研修生は合計600時間の講義を受ける予定だ。

 研修生の多くは、同国の障害者教育の整備の遅れから、小学校を卒業できておらず、ラオス語の読み書きもままならない。だが、昼間はADDPの作業所などで働き、夜間に手話研修を受講して熱心に学んでいる。今後の活躍が楽しみだ。

 国の教育機関との連携も、ラオススポーツ教育省の協力の下で具体化し始めた。ビエンチャン市内のドンカムサ教員養成学校では、手話教員の認定資格の新設やウッドワード教授による研修を同大学内で実施することについて、現在、協議を進めている。手話に馴染みのない教育関係者に研修を見学してもらい、将来のモデル校設置や、バイリンガルろう教育を踏まえた国の教育カリキュラムの改善に向けた政府の理解促進につなげることを目指している。

 日本財団はラオスのろう者が自らの第一言語である手話を用いて生活し、活躍できる社会環境をつくることを目指して、ADDPや政府と協力しながらこれからも事業を推進していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 BHN(Basic Human Needs)チーム  小池 徹氏

 筑波大学を卒業後、東京大学大学院「人間の安全保障」プログラム、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで移民学修士号。2018年(公財)日本財団に入職。特定事業部で主に東南アジアにおける手話教育普及活動、障害を持つ学生に対する奨学金給付事業等を担当している

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載

PROJECT FOCUS
ブータン

<無償資金協力>
 
  

高地で技術難度の高い橋梁を新設

  
 

 

ブータン
国道1号線橋梁架け替え計画

コンサルティング:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル
(株)アンジェロセック          
施設建設:大日本土木(株)                    

 

 ブータンは国土の大部分が山岳地帯のため、道路が最も重要な交通インフラとなっている。国内には5本の国道が通っているが、首都ティンプーを起点とする国道1号線は国内を東西に横断する唯一の幹線道路で、交通量も多い。 その一方、1号線に架かる橋梁の中には道路幅、車両の重量制限(耐荷重)が現行の設計基準を満たしていない上、1980年代以前に建造されて老朽化が進んでいる既設橋が10本もある。特にチュゾムサ橋、ニカチュ橋、ザラムチュ橋の3本の橋長は25~ 28mあり、標高は最も低いチュゾムサ橋で約1,400m、最も高いニカチュ橋は2,600m にもなる。近くには家屋も多く、補強や架け替えの技術的難度は高い。
 ブータン政府の要請を受け、この3橋梁の架け替えを行う無償資金協力を実施したのが本計画である。実際のプロジェクトでは、3本の橋梁とその取り付け道路を新たに建設し、完成後に古い橋梁をブータン側が撤去した。新たな橋は、ブータンへの技術移転がしやすいプレストレスト・コンクリート橋梁が採用された。橋長は45 ~ 47.5mとなり、道路幅や耐荷重は現行の設計基準に合わせた。耐荷重は100トンにまで増やしている。集落が近いチュゾムサ橋とニカチュ橋には、幅1.5mの歩道を設置し、護岸工事も併せて行われた。
 18 年6月、山田JICA ブータン事務所長やドルジ・チョデン公共事業・定住省大臣らが出席してザラムチュ橋の竣工式が行われた。本計画の完了により、ブータンの大動脈とも言える1号線の安全性と利便性が大幅に向上した。今後は、同国の経済発展を支える水力発電所建設の資機材輸送が円滑になるものと期待されている。

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載

PROJECT FOCUS
ベトナム

<無償資金協力>
 
  

最先端技術で清浄な水路を取り戻す

  
 

 

ベトナム
ホイアン市日本橋地域水質改善計画

コンサルティング:(株)日水コン       
施設建設:メタウォーター(株)、月島機械(株)

 

 ベトナム中部・ホイアン市の旧市街を流れる水路に「来遠橋」という屋根つきの橋が架かっているが、この橋は日本人が建てたと伝えられているため、「日本橋」とも呼ばれている。ホイアン市は、かつて日本や中国などとの交易で栄え、日本人街もあった。旧市街は世界遺産でもあることから、年間140 万人もの観光客が訪れる。一方、ベトナムでは下水道の普及率が低く、日本橋周辺の水路にも未処理の汚水が流れ込んで悪臭が発生し、生活環境も悪くなっていた。同国政府は、ホイアン市を含む主要都市において、2020年までに下水道システムの普及率を従来の50 ~ 60%から、80 ~ 90%に向上させるとの目標を掲げており、同市もフランス開発庁の支援の下で下水道整備を進めているが、水路の上流は対象外だった。
 15年7月に本計画に関する無償資金協力の書簡が日越両政府間で交換され、日本側がホイアン市の日本橋周辺の水路を改修するとともに、上流に下水処理場を建設することとなった。この下水処理場は1日に2,000㎥の下水処理が可能で、日本の水処理大手企業メタウォーターが新興国向けに開発した最先端技術「前ろ過散水ろ床法(PTF法)」を採用している。PTF法は従来の方式に比べ、設置面積が小さくてすみ、また使用電力が少なく、維持管理が容易なのが特徴で、日本下水道事業団から「海外向け技術確認」の認証を受けている。
 本計画は18年11月に竣工を迎えた。これによって、日本橋周辺を含めたホイアン市の水質が浄化され、周辺住民の生活環境が著しく改善される。また、同市の観光価値も上がり観光客も増えていくものとと期待されている。

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載

PROJECT FOCUS
インドネシア

<無償資金協力>
 
  

開発の余地が大きい地域の橋梁を整備

  
 

 

インドネシア
第三次西ヌサトゥンガラ州橋梁建設計画

コンサルティング:(株)片平エンジニアリング・インターナショナル
施設建設:(株) 竹中土木                        

 

 インドネシアの西ヌサトゥンガラ州は、ロンボク島とスンバワ島から成る。同国の中では経済発展が遅れた地域といわれ、貧困率が全国平均を大きく上回っている。特に、東側に位置するスンバワ島の南部は開発の余地が高く、2000年代半ば以降、同国政府によってロンボク島やバリ島からの移住政策が進められた。
 先立つ02年には、スンバワ島南部を東西に縦断する南リング道路が完成した。しかし、雨季に川が増水した際、多数の仮設橋が流出して寸断されており、地域の発展を妨げる一因となっている。インドネシア政府と西ヌサトゥンガラ州政府が取り組む南リング道路の修復を支援するため、日本側は計12箇所の橋の建設・整備を第一次、第二次の無償資金協力で実施してきたが、第三次事業として護岸工など防護施設を含め、新たに10箇所の橋梁を建設することになった。
 その際、コストを抑える配慮がいくつも取られている。例えば、すべての建設資機材をインドネシア国内で調達し、建設方式は資材の入手が容易で経済的に建設でき、維持管理のコストを減らすため、橋梁は支承のない簡易な構造の「橋台一体型橋梁」を採用。海岸に近い橋梁はコンクリートの鉄筋かぶりを大きくするなど、塩害に対する耐久性も高めた。
 本事業は17 年1月に完工し、南リング道路の全区間が開通した。道路沿線の約12万人に裨益効果が及ぶと見られており、住民の移動、物資の輸送が効率的になるため経済活動が活発になり、入植者の定住も進むとの期待が高い。それまで手付かずだった現地の農業、鉱業、観光業なども、今後の発展が見込まれる。

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載

開発コンサルタントとSDGs

 
  

SDGsを機に開発コンサルタントの新たな役割の追求を

  
 
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)は、現在、(一社)日本経済団体連合会(経団連)の「企業行動憲章」にも盛り込まれるなど、国際協力の世界だけに留まらず、日本社会でもSDGsへの取り組みはますます熱を帯びている。そこで、ソフト系開発コンサルティング企業の(株)コーエイリサーチ&コンサルティングに民間企業から転職し てきた若手コンサルタントを中心とした4人が、SDGsについて語った。

   

出席者:(株)コーエイリサーチ&コンサルティング
写真左から 保健・医療開発部 山本 侑氏
      保健・医療開発部 林 朝子氏
      金融・ガバナンス部 貝瀬 秀明氏
      保健・医療開発部 佐野 太悟氏
司会進行:本誌・企画部 田中信行

 

官と民をつなぐ架け橋に

―政府開発援助(ODA)に長年携わってきた開発コンサルタントとしては、SDGsをどのように捉えていますか。

佐野:

SDGsの前身であるミレニアム開発目標(MDGs)の時は、対象が途上国で課題も明確だったので、社内や業務の上でも頻繁に話題にしていた。SDGsにおいては、ODA業界以外の人たちとの会話の中で出てくることが増えてはいる。しかし、開発業界としては今の日本社会で話題になっているほど新しい概念として捉えてはいないような気がする。  開発コンサルタントの仕事は、そもそもが開発途上国の社会課題の解決を目的としている。SDGsが採択される前からSDGsで掲げられている全ての目標の達成を目指してきたので、正直なところODAの現場であえてSDGsを意識する場面は少ない。実際、私が現在、取り組んでいるモンゴルの医療従事者の能力強化を行う日本モンゴル教育病院運営管理の案件もSDGsが登場する2015年以前より調査や相手国との協議を進めており、SDGsが起点となっているわけではない。

 

山本:

SDGsをきっかけに多くの民間企業が途上国に目を向け、ビジネスとして参入しようとしており、これは、開発コンサルタントにとってはチャンスでもあり、ピンチでもある。というのも、企業が途上国へ参入し、今まで公的資金で行っていた部分を企業が担うようになれば、開発コンサルタントがこれまで果たしていた役割が小さくなる可能性があるからだ。逆に、これを契機に企業との連携を今まで以上に進展させ、公的な動きと民間の動きをつなげる役割を担うことで、開発コンサルタントの存在感を高めることができるかもしれない。

 

貝瀬:

私は過去に、IT企業で働いていたことがある。そこでは、私のように途上国の社会課題の解決につながるビジネスをしたいと思う社員もいた。そうした社員は社会課題の解決につながる事業アイデアを企画するが、利益を追求しなければいけない一般の民間企業では、「企業として取り組む必要性はない」という反発も多い。  だがSDGsが日本社会で浸透しつつあることで、企業が途上国で社会課題につながるビジネスを展開することの意味や意義を、社内外に説明しやすくなってきている。ビジネスの起点が技術から社会課題に転換されつつあるという意味では、影響力の強いワードだ。  これからは、SDGsというスローガンのもとで企業の途上国へのビジネス参入がどんどん進むだろうし、そうなればいずれは企業が途上国の発展を支えるメインアクターになるだろう。そうしたことを考えた時に、開発コンサルタントとしてもどのような価値を提供できるか、考えておかなければいけないと感じる。

 

山本:

現在、開発コンサルタントがこれまで培ってきた途上国での経験やネットワークを生かして、途上国への水先案内人のような役割を担っていることが多いように思う。だが今後はそれだけでなく、開発コンサルタントが現地のニーズを見つけ、主体的に企業にアイデアを提案していくのも良いのではないかと考えている。

 

林:

開発コンサルタントが企業にSDGs達成に向けた具体的なアクションを起こすよう導くこともできるかもしれない。SDGsはブームになる一方で、既存の企業活動にSDGsの目標を当てはめて見せ方を工夫しただけで何も行動をしない「SDGsウォッシュ」も出てきている。SDGsは世界中の社会課題を包括的に捉え、17の目標と169のターゲットが掲げられているので、企業も何かしらの企業活動をそれらの目標やターゲットに簡単に紐づけられる。せっかくならば、きちんと行動が伴うよう、開発コンサルタントが企業を導いていければいいと思う。  また、途上国の経済発展が進めば、市場として進出を考える民間企業も増えるだろう。そのために民間企業のニーズとSDGsの本来の目標をマッチングさせる仕組みが必要なのではないだろうか。

 

課題はビジネス感覚の低さ

―企業との連携を進めていく上で、重要なことはありますか。

佐野:

民間企業の中でも中小企業と開発コンサルティング企業の相互理解が深まれば、連携の可能性は大いにあると思う。大企業は開発コンサルタントを使わずとも自社のリソースを活用すれば海外展開を図れてしまう。しかし、中小企業は限られたリソースの中で途上国の市場を新規開拓するのは困難だ。そこで、途上国の現場を知る開発コンサルタントが、途上国でのビジネス展開への道筋を指し示す役割は大きい。

 

貝瀬:

中小企業との連携は、今後の可能性を大いに感じている。現在、私が従事しているルワンダでのICT(情報通信技術)を活用して新規ビジネスを立ち上げるための環境を強化する案件において、現地企業と日本企業とのマッチング支援を行っているのだが、日本から中小企業の方々が現地を訪れても、「何から着手していいのか、誰に会えばいいのか分からない」というケースが多い。そこでわれわれは、現地のカウンターパートをはじめとした重要人物や現地コミュニティーとのネットワークを活用し、こうした中小企業に的確な人物や現地企業などを紹介し、ビジネス展開への架け橋役になっている。

 

林:

大企業となら、彼らのCSR活動の後押しを通じて連携ができるのではないだろうか。民間企業のCSRは利益を生み出す事業ではないが、昨今はCSV(共通価値の創造)などの概念も生まれ、事業との関連性を持たせて、途上国などの社会課題に取り組もうとしていることから、CSR活動と の連携から事業への影響も与えられるのではないだろうか。

 

山本:

ODA業界は少し閉鎖感を感じる部分があり、民間企業との連携を進めていく上でネックとなるのではと危惧している。例えば、民間企業で当たり前に使われている最新技術がODAの現場では導入されていなかったり、そもそもODA関係者がそうした技術について疎かったりする。

 

貝瀬:

確かに、開発コンサルタントが主体的に民間企業との連携を図る上では、途上国の現場を知っているだけでなく、途上国の課題解決やニーズに応えられる技術やノウハウを持っている民間企業について把握し、積極的にアプローチしていくことは重要だ。

 

佐野:

加えて、ODAとは異なるスピード感や変化の激しい市場の把握など、民間企業のビジネス感覚も養っておかないと、彼らへビジネスアイデアを提案することはできないだろう。

 

世界共通言語を目指して

―今年はG20大阪サミットや第7回アフリカ開発会議(TICAD7)があり、来年には東京オリンピック・パラリンピックが控えています。そうした中で、皆さんは今後のSDGsをめぐる動きはどうなっていくと考えていますか。

林:

林:当社では「平和構築」「教育」「保健」「経済・金融」「ガバナンス」といった分野に強みを持っている。各分野で「SDGs」を今後どう活用するのか考えるのは、その後の広がりまでは分からないが面白いとは思う。

 

貝瀬:

途上国の現場で感じていることだが、現地の人はSDGsというワードをあまり口にしない。今のSDGsは先進国の人ばかりが強調しているワードになってしまっている気がするので、今後は、途上国の人々も巻き込んで、世界共通言語として取り組めていけるかが課題だろう。

 

 

 

<Voice>

(株)コーエイリサーチ&コンサルティング 代表取締役社長 神山 雅之氏

 

 座談会に参加した4人はみな30代前半の社員です。当社は30代が全社員150名の3割を占めていることから、座談会における発言に共感する社員は多いと思います。ここ数年、当社のキャリア採用では異業種からの転職者が多く、若い世代が国際協力に寄せる熱い思いを垣間見ることができます。さまざまな職歴をもつ社員が増えることにより、かつて「援助村」と揶揄されたODA業界はますます多様性に富んだ人材を擁する風通しの良い業界になっていくことでしょう。人材の多様化が進めば企業内にはさまざまな価値観が生まれます。ただし、企業活動において個人の価値観のみで行動しては、大きな成果は期待できません。企業価値を醸成し浸透させていく努力が必要です。
 当社では、SDGsを「共感できる企業価値を創発するための指針」と位置付けています。SDGsは先進国をも含むすべての国に適用される普遍性を有する開発目標です。すなわち、SDGsは私たちも受益者であることを求めています。当社では本業である開発コンサルティング事業に加えて、企業経営における優先課題をSDGsと紐づけし、中期経営計画の重点施策に据えています。具体的には、①社員の自己啓発と活躍の推進(働き方改革、女性社員の活躍、人事評価制度の改善)、②イノベーションによる成長市場への参入(ソーシャル・イノベーション・ラボの立ち上げ、日本型医療サービス・教材開発の民間事業化、社会保障分野の市場開拓)、③ パートナーシップの育成と活用(Global Compact Network Japanを通じた異業種との連携、外国コンサルタントとの協働)などであり、個々の施策に対してはタスクフォースを立ち上げ、社内外での活動を続けています。
 上記に加えて、(一社)海外コンサルタンツ協会(ECFA)の最近の取り組みをご紹介したいと思います。これまで開発コンサルタントは、業務を通じて得た知見や成果を発表する機会は限られていました。業務契約上の守秘義務があるからです。他方、グローバル化が急速に進む中、本邦コンサルタントの国際競争力の向上は喫緊の課題です。ECFAでは有識者の参加を得てODA事業における守秘義務のあり方を見直す一方、コンサルタントによる国際コンサルティング・エンジニア連盟(FIDIC)や学会などを通じた対外発信を後押しする活動に取り組んできました。  JICA、大学、コンサルタントがオープンな連携を通じて、SDGsを活用しながらODA事業の魅力をさらに広く国内外へ発信していけることを願っています。

 

『国際開発ジャーナル』2019年6月号掲載
2019.05.17

第21回 全国高校生・留学生作文コンクール2019

テーマ「私の考えるSDGs」

 拓殖大学では、全国の高校生、外国人留学生を対象に作文コンクールを実施しています。

 このコンクールは明治から大正にかけて日本が国際社会に登場していく上で 重要な足跡を残した第三代学長・後藤新平、第二代学監・新渡戸稲造の精神を受け継ぎ、 「国際協力」「国際理解」「社会貢献」の重要性を広く伝え、 グローバルに活躍できる人材の育成を目的に開催しています。

公式ホームページ
1.募集期間

2019年7月1日(月)~9月10日(火)必着

2.応募テーマ

「私の考えるSDGs」

 2015年、国連は2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)を掲げました。世界には子供たちが学校で机に向かうことが当然とされている地域や、食品が余ってしまいやむなく廃棄をする地域もあります。一方で労働力として大人の仕事を手伝うことが日常となっている地域や、1日の食事を得ることもままならない地域もあります。

 地球を一つの家族と考えたとき、誰もが満足する社会を実現するために、わたしたちに何が出来るでしょうか?あなたの考えをお書きください。

3.応募規定

(1)日本語で書いた未発表の作品で一人一編

(2)提出していただくもの

  ①応募票

  ②作品(指定のA4判400字詰め横書き原稿用紙4枚以上5枚以内)

   →応募票、原稿用紙は、以下公式HPよりダウンロードできます。

    https://www.takushoku-u.ac.jp/summary/sakubun.html

※記入はパソコン、直筆どちらでも構いません。

※参考文献は文字数に含めません。文章末に記載するか、記入欄が足りない場合は別紙(様式自由)を添付して下さい。

(3)提出していただいた原稿は返却いたしません。

(4)応募作品の版権は拓殖大学に帰属します。

*上記、応募規定を厳守してください。規定外の応募については、選考から除外することもあります。

4.表 彰

(1)高校生の部

後藤新平賞〈最優秀賞〉  1点(賞状、奨学金20万円)

読売新聞社賞       1点(賞状、奨学金10万円)

優秀賞          4点(賞状、奨学金 5万円)

入 選          5点(賞状、奨学金 3万円)

奨励賞          20点(賞状、1万円の図書カード)

(2)留学生の部

新渡戸稲造賞〈最優秀賞〉 1点(賞状、奨学金20万円)

読売新聞社賞       1点(賞状、奨学金10万円)

優秀賞          1点(賞状、奨学金 5万円)

入 選          5点(賞状、奨学金 3万円)

奨励賞          10点(賞状、1万円の図書カード)

(3)参加賞 応募者全員(作品集、拓大オリジナルグッズ)

入賞者の発表 表彰式・記念パーティ

(1)入賞者の発表

拓殖大学のホームページに掲載(2019年10月中旬) ※入賞された方には各学校を通して連絡します。

(2)表彰式・記念パーティ

日程:2019年11月4日(月) 場所:拓殖大学文京キャンパス

作品送付先

E-mail:sakubun@ofc.takushoku-u.ac.jp

郵 送: 〒101-0054東京都千代田区神田錦町1-8-11 錦町ビルディング7階  拓殖大学作文コンクール事務局

2019.05.01

PROJECT FOCUS
ヨルダン

左写真:減圧弁室 右写真:推進管へのダクタイル管挿入

 

<無償資金協力>
 
  

難民流入で深刻さ増す水不足を解消

  
 

 

ヨルダン
北部地域シリア難民受入コミュニティ 水セクター緊急改善計画

コンサルティング:(株)TECインターナショナル
施設建設:大日本土木(株)              

 

 東ティモールでは農業が基幹産業であり、就業人口の7割、国内総生産(GDP)の4割(2010年)を占める。しかし、農業の生産性は低く、市場へのアクセスも不十分であるため、国民の大半は貧困ライン以下で生活している。主食の1つであるコメの自給率は65%(12年)しかなく、主要食糧の確保と経済発展の両面から、コメの自給率改善が喫緊の課題だ。
 同国政府は11年発表の国家開発計画で、農業セクターの目標として20年までの食糧安全保障の確立を掲げ、灌漑施設の改修やコメの生産性向上を計画。それを支援するために、日本政府は本無償資金協力「ブルト灌漑施設改修計画」を実施した。協力の対象地は、ラレイア川下流域の有望なコメ作地帯に位置し、同国政府がコメの生産拡大施策として指定する優先灌漑地区780ha である。同地区では洪水の度に取水工が崩壊し、土砂堆積で水路は機能を失っていた。
 そこで、取水施設(コンクリート構造、堰長:200m、堰上げ高:2.3m、土砂吐ゲート:幅2.5m×高2.1m×2 門など)と灌漑水路(12.3㎞の幹線水路と支線水路16路線など)、排水路などを整備。河岸護岸工や水利組合集会所の建設、圃場(0.3ha ×2地区)の整備なども行った。
 予算の制約から同国では整備されることが稀な支線水路まで施工した点が特徴で、このことは伝統的な集落単位まで水が届くことを意味する。また、土砂流入の対策として取水口敷高を上げる設計を採用。従来の慣習との齟齬に配慮し、実演で効果を示した。本協力により、コメの生産性が飛躍的に拡大するものと期待される。

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載

 

Photo Library

 

 

PROJECT FOCUS
東ティモール

<無償資金協力>
 
  

灌漑施設整備でコメの生産拡大に協力

  
 

 

東ティモール
ブルト灌漑施設改修計画

コンサルティング:N T C インターナショナル(株)
施設建設:(株)安藤・間                

 

 東ティモールでは農業が基幹産業であり、就業人口の7割、国内総生産(GDP)の4割(2010年)を占める。しかし、農業の生産性は低く、市場へのアクセスも不十分であるため、国民の大半は貧困ライン以下で生活している。主食の1つであるコメの自給率は65%(12年)しかなく、主要食糧の確保と経済発展の両面から、コメの自給率改善が喫緊の課題だ。
 同国政府は11年発表の国家開発計画で、農業セクターの目標として20年までの食糧安全保障の確立を掲げ、灌漑施設の改修やコメの生産性向上を計画。それを支援するために、日本政府は本無償資金協力「ブルト灌漑施設改修計画」を実施した。協力の対象地は、ラレイア川下流域の有望なコメ作地帯に位置し、同国政府がコメの生産拡大施策として指定する優先灌漑地区780ha である。同地区では洪水の度に取水工が崩壊し、土砂堆積で水路は機能を失っていた。
 そこで、取水施設(コンクリート構造、堰長:200m、堰上げ高:2.3m、土砂吐ゲート:幅2.5m×高2.1m×2 門など)と灌漑水路(12.3㎞の幹線水路と支線水路16路線など)、排水路などを整備。河岸護岸工や水利組合集会所の建設、圃場(0.3ha ×2地区)の整備なども行った。予算の制約から同国では整備されることが稀な支線水路まで施工した点が特徴で、このことは伝統的な集落単位まで水が届くことを意味する。また、土砂流入の対策として取水口敷高を上げる設計を採用。従来の慣習との齟齬に配慮し、実演で効果を示した。本協力により、コメの生産性が飛躍的に拡大するものと期待される。

 

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載

PROJECT FOCUS
ハイチ

写真:新設のジャクメル病院の全体外観。右奥はカナダ赤十字棟

 

<無償資金協力>
 
  

震災で壊れた病棟を免震構造で再建

  
 

 

ハイチ
南東県ジャクメル病院整備計画

コンサルティング:(株)山下設計         
八千代エンジニヤリング(株)  
ビンコーインターナショナル(株)
施設建設:徳倉建設(株)             
機材調達:(株)シリウス                

 

 中米ハイチの南東県にあるジャクメル病院は、出産や手術、救急医療に対応した同県唯一の総合病院で、近隣県を含めて380万人以上が利用する。しかし、2008年のハリケーンに加えて10年の大震災で建物が損壊したため、テントや仮設の建物で診療を続けざるをえなかった。手術などに必要な医療機材も不足し、そのままでは総合病院としての機能を十分に果たせない状況であった。
 貧困削減に向けて、「国内各県の総合病院を整備し、国民に質の高い医療を提供する」との目標を掲げるハイチ政府は、日本政府にジャクメル総合病院の整備に関する支援を要請。11 ~ 12年に現地調査が行われ、カナダ赤十字と連携して同病院を再建することになった。日本側は救急部、手術部、産婦人科病棟などを含むメインの建物の整備と、付随して配備すべき医療機材の調達を主に担当した。
 新たなジャクメル病院は、鉄筋コンクリート製の2階建てとなり、1階は救急部、手術室2部屋、X線撮影装置や超音波診断装置を備えた画像診断部などが入った。2階には分娩室、新生児室、乳児用ベッド20床、小児科診察室などを設けられた。床面積の合計は、テニスコート約2面分に相当する4,200㎡で、日本の技術による免震構造が取り入れられており、大きな地震の直後でも、救急部や手術部が機能することを想定している。16年9月、ハイチの保健・人口大臣、八田善明大使、カナダ赤十字代表らが参列して、病院の引き渡し式が行われた。機材が充実し、劣悪な診療環境が改善することへの期待は大きい。手術件数や分娩数も増え、地域住民の健康な生活に貢献していく。

 

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載

 

Photo Library

 

 

日本財団 連載第21回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:カレン族武装勢力本拠地にて

 

少数民族地域の平和構築に向けて ―ミャンマー・テイン セイン政権下、緊迫の交渉現場

 

「武装勢力のリーダー3人をヤンゴンに」

 1948年に英国から独立したビルマ連邦は、89年に国名をミャンマー連邦共和国に変更した。同国の人口約5,000万人のうち、およそ60%はビルマ族が占め、その他は135あるとも言われる少数民族が混在している。だが、少数民族の武装勢力とミャンマー政府との間では、独立以来70年にわたり紛争が続いている。このため2011年3月に発足したテイン セイン政権は、武装勢力との和平を民主化と並ぶ政策の旗印に掲げ、和平担当機関として「ミャンマー和平センター」(MPC)を設立。アウン ミン大統領府大臣を和平交渉責任者に任命した。

 アウン ミン大臣は13年4月、「和平交渉に出てこない3人の武装勢力のリーダーをヤンゴンに連れてきて欲しい」と、日本財団会長の笹川陽平に依頼した。タイ・チェンマイで行われたミャンマー政府和平交渉団と、11の武装勢力で構成される統一民族連邦評議会(UNFC)との和平交渉が終了した直後のことだ。テイン セイン政権とUNFCとの和平交渉は同年2月にチェンマイで初めて実施されており、今回は2度目の交渉であった。そのどちらも、日本財団が仲介役を担っていた。

 大臣が指名した3人とは、カレン族、カレニー族、モン族の武装勢力のリーダーたちだ。当時、日本財団はミャンマー政府とUNFCのそれぞれと人道支援に関する覚書(MOU)を締結しており、21の武装勢力支配地域の国内避難民約15万人に、総額4億円分の食料と医薬品を提供していた。このため、3人のリーダーとは何度も会ったことがあり、気心は知れていた。しかし、彼らは口を開けば政府との確執の歴史を延々と語る。また、武装勢力は非合法組織として扱われており、リーダーたちは指名手配されている。このため3人は現在タイで暮らしており、「ヤンゴンへ行けばそのまま逮捕されるのでは」との不信感は拭えなかった。

 しかし笹川は、静かに、力強い口調で訴えた。「私はミャンマー国民和解担当日本政府代表です。アウン・ミン大臣の要請で皆さんをヤンゴンにお連れして何か不都合が起これば、日本政府とミャンマー政府との外交問題に発展する可能性があります。なので、皆さんが私と一緒にヤンゴンに入る限りは絶対に安全です」。

 6カ月にわたる説得の末、リーダーたちは「停戦交渉ではなく、アウン ミン大臣と単に会見すること」を条件に、ヤンゴン行きを決断した。

事態を急変させた一本の電話

 2013年11月下旬、私は3人のリーダーと共にミニバンでチェンマイからミャンマーとの国境沿いにあるメーサイに向かった。メーサイから国境を越え、タチレクの空港から国内便でヤンゴンへ向かうためだ。リーダーたちはミャンマーのパスポートを持っていないため、これらの経路はミャンマー政府と国軍、そしてタイ国軍との事前の協議によって決まっていた。

 途中、その日の早朝にチェンライ空港に着いた笹川も合流し、メーサイに到着。街のレストランで数人のタイ国軍兵士と落ち合った。3人の身柄をタイ国軍がいったん拘束し、国境を越えた後にミャンマー国軍へ引き渡す算段となっていたからだ。ミャンマー国軍兵士に引き渡された後、リーダーたちはタチレク空港に到着した。

 ヤンゴンへ発つ2時間ほど前、空港のラウンジで私は、「後は飛行機に乗り込むだけだ」と少し安堵していた。ところが、携帯に入った一本の電話で事態は急転した。電話の主は、MPCの交渉責任者だ。「ヤンゴン空港に到着後、直ちに彼らをMPCに連れて来るように」という要請だった。MPCは、リーダーたちが本当にヤンゴンに来るかどうか半信半疑であり、すぐにでも確認したかったようだ。

 だがこの言葉に、リーダーたちは態度を硬化させた。「われわれはまだ停戦合意していない。 MPCはいわば敵方の本拠地であり、われわれが空港から直行すれば、“降伏しに来た”と宣伝されてしまう。まずはホテルで会いたい」と主張した。すぐさまMPC側に電話で伝えるも、先方も譲らない。そうこうしているうちに出発時間が間近に迫り、しびれを切らしたMPC側が「要請に従わなければ主権侵害と見なす」と脅し始めた。結局、「ヤンゴン到着後に再度協議をしよう」と両者を説得して、リーダーたちを飛行機に搭乗させた。

大臣と笑顔で握手

 ヤンゴン空港のラウンジで再開された協議では、なおも睨み合いが続いた。そこへ突然、笹川がゆっくりと切り出した。「この場は私が仕切らせていただく。リーダーたちは明朝10時にMPCにお連れする。異議のある方はいるか」。両者は一瞬、驚いた表情を見せたものの、黙って頷いた。MPC側としても、リーダーたちが実際にヤンゴンに到着したことを確認でき、安堵したようだった。「よし決まり。では解散!」と、笹川はこの場を収めた。

 翌日、リーダーたちはアウン ミン大臣と100人を超える政府関係者、マスコミの大歓迎を受けた。大臣は、ヤンゴンに来た3人の勇気を称え、満面の笑顔で彼らの手を握り、MPCを案内した。リーダーの一人は、「40年ぶりのヤンゴンだ」と感慨深げに呟いた。その後、大臣の計らいで3人のリーダーにはパスポートが発給された。

 それから2年後の2015年10月、カレン民族同盟(KNU)を含む8つの武装勢力が、全土停戦合意書(NCA)に署名。18年2月には、新モン州党(NMSP) を含む2つの武装勢力も署名した。未署名の武装勢力はまだ残っているが、彼らとの交渉はアウンサン スー チー国家最高顧問率いる国民民主連盟(NLD)政権が引き継いでいる。日本財団もミャンマーの和平を目指し、さらなる支援を続けていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  常務理事   森 祐次氏

 日本財団の常務理事として国際事業全般を担当。主たる活動地域は東南アジア、中央アジア、中南米およびアフリカ。開発途上国の基礎教育の質の向上、公衆衛生、農業技術、奨学金や研修などの人材育成、平和構築支援などの支援事業を実施している。また、「ミャンマー国民和解担当日本政府代表」を務める笹川陽平日本財団会長の補佐として、ミャンマーで平和構築支援活動を実施中

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載

住民が目標達成に向けた戦略をデザインする ~SDGsのローカライズを促進する参加型評価

写真:幅広い世代が集まった、能登SDGsのワークショップ(筆者提供)


「持続可能な開発目標」(SDGs)の機運は、日本の自治体にも広まりつつある。採択から約3年半。なぜ今、自治体はSDGsに注目するのか。元市役所職員で自治体におけるSDGsの取り組みを推進する髙木超氏が現状と課題について語る。(SDGsと地方自治体・下)

役割整理し、変革につなげる

 前号では、総合計画に持続可能な開発目標(SDGs)の理念を反映した自治体などを紹介した。だが、どのような計画ならばSDGsの理念を反映したと言えるのだろうか。

 この疑問を解決する糸口となるのは、既存の総合計画で示す都市の将来像と戦略が「持続可能かどうか」を確認することである。つまりは、SDGsが目指す「貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにする」という将来像と、自治体の既存の計画で示されている将来像がきちんと結びついているか、検証することだ。

 次に考えるべきは、「SDGsを統合的に達成するために何が必要か」「自治体や住民が担う役割は何か」についてだ。例えば、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」では海洋プラスチックごみが大きな課題となっている。だが、プラスチックごみの削減は、海に面した自治体の環境部門が海岸の清掃を行うだけで実現できるものではない。内陸の自治体も、使い捨てプラスチックの量自体を減らす方策を検討し、自治体や住民の役割について整理する必要がある。

 さらには、持続可能性を町にもたらす変革的な工夫を計画段階で施すことも必要だ。SDGsでは、資源を必要以上に消費し、“地球の限界を超えた世界”を変革する必要性も謳っているからだ。最終回となる今回は、こうした計画を住民参加型で描こうと動き出した、石川県珠洲市の「能登SDGsラボ」を紹介したい。

地域と経済繋ぐ能登SDGsラボ

 能登SDGsラボは、2018年10月にSDGs未来都市である珠洲市に開設されたSDGs推進の要となる産官学金(産官学+金融機関)のプラットフォームだ。

 珠洲市は高齢化率が約47%に達し、人口減少も深刻化している。特に20代の若者は、年齢別人口グラフの谷となっている。

 こうした状況に対応する取り組みの一つとして検討されているのが、珠洲市と金沢大学がこれまで運営してきた人材育成事業「能登里山里海マイスター育成プログラム」の拡充だ。このプログラムは、世界農業遺産にも指定されている豊かな能登の里山・里海と、地域住民との共生を目指す能登半島の将来を担う若手リーダーの育成を目指しているもので、卒業研究には里山・里海を活用した製品の開発なども行っている。

 能登SDGsラボは、こうした研究を産業につなげる取り組みを推進しており、地域と経済をつなぐ拠点と位置づけられている。能登SDGsラボ経済分野サブコーディネーターの宮崎駿氏は「開所当時は、まだSDGsという言葉自体、認知されていなかった。だが最近は、『自分なりにSDGsについて考えてみた』と話題を提供してくれる人が増えてきた」と語っている。

慶應義塾大学
政策メディア研究科 特任助教
高木 超 氏
「もっしーこと」を始める場所に

 この能登SDGsラボで、筆者は現在、取り組みの実施者と受益者が協働で評価を行う参加型評価の手法を用いて、ラボに関わる住民がSDGsを自分ごとと捉えながらSDGs達成に向けたアクションを起こすきっかけづくりを進めている。この活動には、ラボのコーディネーターを務める金沢大学特任助教の北村健二氏と、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニットの事務局長を務める永井三岐子氏も参画している。

 その一環として昨年度、中学生から60代までの住民とともにワークショップを2回、実施した。ワークショップでは、目的と手段のつながりを論理的に構造化して示す「ロジック・モデル」を活用し、持続可能な珠洲市を目指すための戦略を検討した。

 参加者が作成したロジック・モデルでは、「人口減少」という問題を「地域の担い手となる若者の不足」という課題に落とし込み、「20代の若者が地域で新しいアイデアや、もっしーこと(能登の方言で「面白いこと」の意)を始められるような環境を整える」という目標を設定している。次に、この目標の達成度合いをどのような指標で判断するか検討したところ、「若者の起業に対する金融機関の融資件数」や「20代の人口増加率」といった提案が出た。他には、「北國新聞(地元メディア)での掲載回数」や「うわさになっている回数」といった提案も示されたが、こうした地域の文脈をくんだ指標は、外部者には容易に導き出すことができない価値がある。

 参加型評価の取り組みは、参加者からは「地域の変化を客観的な指標で捉えることの難しさを感じた」といった指摘があるように、容易に浸透が図れるものではない。だが、「2030年から逆算して考えると、理想と現実のギャップを目の当たりにして不安や焦燥感に駆られるが、参加者の『こうあってほしい』というポジティブな発想が集まることで、そのギャップを乗り越えられるような前向きさが生まれた」といった声も聞くことができた。また、「着実な成果を積み重ね、能登SDGsラボが地域で新しいアイデアやもっしーことを始められる場所に発展させたい」といった意見もある。筆者は、今回の取り組み全体を通じて、今後さらに幅広い関係者の参加を得ながら、こうした住民参加型の手法を展開することが、まちの持続可能性につながる手ごたえを得た。

既成概念に捉われない発想を

 SDGsは世界のさまざまな課題を集約し、17のゴールを設定している。そのため、必ずしも日本の状況に即したゴールやターゲットばかりではない。しかし、共通して言えることは、自分たちが暮らす地域も含めた世界中すべての地域を将来にわたり持続可能な状態にすることである。そのためには、目指す姿と実現に向けた戦略を幅広いステークホルダーと描くことが求められる。

 能登SDGsラボでの事例は、独自に指標を設定するなどSDGsのグローバルな枠組みからは飛び出している。しかし、本質的に目指すところはSDGsと同じ「持続可能性」である。具体的なアクションに制約のないSDGsでは、こうした既成概念にとらわれない事例が広がることも期待したい。

(おわり)

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載
#SDGs #自治体 #石川県珠洲市

SDGsと自治体・上  SDGsと自治体・中

宇宙×空間情報の利用による新たなイノベーション<株式会社パスコ>

地球観測衛星の利活用 
最新動向と今後の展望をテーマに講演会を開催!

 政府が2017年5月29日に発表した「宇宙産業ビジョン2030」には、宇宙産業は我が国の第4次産業革命を牽引する成長産業の一つとして位置づけられています。

 人工衛星の製造や打ち上げに伴うコストの大幅な低減によって、宇宙利用ユーザーの裾野が拡大するとともに、利活用サービスの事業領域においても民間事業の参入が進んでいます。また、2018年には、国際宇宙ステーション(ISS)からの超小型衛星の放出事業も開始されています。

 宇宙空間から地球上をモニタリングする衛星の数、精度、手法は、ますます多様化し、衛星データの利活用は、日本国内だけでなく、全世界に広がっています。

 パスコでは、時代の潮流を受け、衛星利用の最新動向と今後の展望をテーマに講演会を開催します。

詳細・参加申し込みはコチラ

日時:2019年517日(金)13:00 ~ ( 12:00 開場)

会場 : 日本橋高島屋三井ビルディング 日本橋ホール

※参加は無料ですが、事前登録が必要です。

英語力を磨きながらディベート力も高める
<東京農工大学>

写真:NASAを訪問したGPP参加者たち


東京農工大学 グローバル・プロフェッショナル・プログラム(GPP)

工学と農学の貴重な出会いの場

 東京農工大学は、日本の大学で唯一、工学部(工学府)と農学部(農学府)に特化している。持続可能な社会づくりに貢献できる専門家やリーダーの育成に取り組んでおり、近年は多様な文化や価値観を持つ人とも連携できるコミュニケーション能力を伸ばすプログラムを整備している。

 その一つとして2016年に始まったのが、「グローバル・プロフェッショナル・プログラム」(GPP)だ。参加者は4つのカリキュラムによって、農学・工学の研究に必要な知識や論理的・俯瞰的な思考能力、国際学会で通用するレベルの英語などを習得し、単位を獲得して「プライマリー」から「ミドル」「トップ」のレベルへと昇級していく。昇級の際は英語能力(TOEIC、TOEFL(iBT)などのスコア)や論理的な思考構築能力を審査するほか、英語能力や類似の課外活動の経験によっては、ミドルやトップのレベルからGPPを始めることも可能だ。

 「学部生も大学院生も学年・学科を問わず参加できるため、GPPは工学と農学の学生が出会える貴重な場となっています。学部生が全体の8割を占めており、海外の大学院を目指している人、グローバルに活躍するため英語能力を高めようとしている人もいます。こうした学部生が、大学院生と議論を交わす光景は日常茶飯事です」と、GPPを主宰する岩田陽子准教授は語る。GPPは原則として卒業(修了)まで続けることができ、参加者のために年2回のキャリアカウンセリングも完備している。

NASAの専門家と意見交換

 GPPの主目的は、英語力を高めながら互いに納得できる「OK-OK」の議論を行うことだ。意見の圧殺や、単なる合体に留まることなく、議論によって相手の意見を適度に取り入れ、より実効性に優れた案を練り上げることが求められる。

 そうした能力を披露する機会として人気なのが「海外派遣プログラム」だ。毎年4~5月にテーマが決まり、2017~18年度は宇宙だった。プレゼンテーションによる審査を経て選抜された3チーム18人が渡米し、米国航空宇宙局(NASA)の専門家と意見交換した。

 岩田准教授は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)で初代人文・社会科学コーディネーターを務めており、その時の人脈を活用してNASAとの交流が実現した。「宇宙と農業は一見、無関係に見えるが、衛星画像などを用いた気象や位置情報を農業の改良に生かすなど、両者をつなげる考え方はいろいろあります。宇宙は未知の分野が多く、議論の種を探しやすいため、非常に魅力あるテーマと考えています」と述べている。

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載
#大学の国際化最前線 #東京農工大学 #グローバル・プロフェッショナル・プログラム

SDGs Nurtured by the Business Community Effective for Japan’s Economic Reform

Compass  経済界に根づくSDGs その意味するところを考える 荒木光弥
『International Development Journal』 2019 May edition
SDGs Declaration of Japanese Companies

The Sustainable Development Goals (SDGs) are becoming very pervasive in Japanese society at an amazing pace. This is a noteworthy historical event. As is well known, SDGs are development targets to be realized in 2030, that were adopted at the UN Sustainable Development Summit held in September 2015. In the past, Japanese society, particularly the business community, has not incorporated UN action guidelines into their management. What is the background to this?

Recently, in late March, the watch manufacturer, Citizen Watch Co., Ltd. defined their two brands of women’s watches as part of their “SDG line-up”, and announced that it will sell special limited products with an emphasis on environmental considerations. Since 2006, the company has donated a portion of its sales to NGOs that support women in developing countries. They see themselves as cooperating with the diffusion of SDGs, playing the role of an advertising tower for SDGs right now.

On the other hand, Konica Minolta Co., Ltd. aims to achieve the SDG Goal 3 of “Health and Welfare for All” in Japan. We are helping to reduce the burden on caregivers by creating smartphones for the elderly. The SDGs advocated by the United Nations have now been incorporated into the corporate philosophy of the company and are now becoming widespread.

In the business world, the Japan Federation of Economic Organizations (Keidanren) and the National Bankers Association have already incorporated SDGs into their “Code of Conduct”. In particular, it should be noted that the Japan Securities Dealers Association announced its “SDGs Declaration” in March 2018. While the Japan Securities Dealers Association contributes to the achievement of SDGs, the securities industry, itself, aims to achieve sustainable growth, and has set the following four guidelines:

(1) Efforts to eliminate poverty, hunger and protect the global environment (with the aim of solving social issues through financing and supply functions in the securities market, etc.)

(2) Efforts to support reform of working styles and activating women (aiming to create workplaces with a good work experience through the promotion of work and life balance, etc.)

(3) Efforts to support education for the socially vulnerable (support for children in various environments (aiming to realize a society in which all opportunities are given equally)

(4) Efforts to improve awareness and understanding of SDGs (also aiming to improve awareness and understanding of SDGs at home and abroad)

Global Scale Concepts

A major feature of the “SDGs Declaration” is the company’s internal and external integration philosophy. The declaration not only gives a global concept, but also mentions reforms in working styles, support for active women, and educational support for the socially vulnerable, and it is also disseminated internally. In the past, the weak were always on the developing side, and Japan was always on the other side. Moreover, the government’s development assistance (ODA) project seemed to be the job of the government, and many Japanese may have always thought of it as something else.

However, the securities industry’s SDGs declaration seeks to integrate the management philosophy inside and outside of the country, referring also to the relief of vulnerable people in Japan and the improvement of their status. Japan also clearly states that there are many aspects that must be reformed through SDGs. Such a way of thinking might be accepted by many Japanese people as one’s own thing, not just as a matter for others, with the improvement of public awareness, and it will also enter break into Japanese society in the blink of an eye.

How should we consider these phenomena? It is also a consideration to compare this with the speed of disseminating ODA to the people. As well known, the ODA public relations are also long with the history of ODA. October 1 is designated as “the day of international cooperation” every year, and has focused on public relations at various places. However, the spread of understanding is limited, and corporate interest is limited to some companies involved in ODA projects. This is despite the fact that ODA’s aid goals are almost the same as SDGs.

In the end, what made the difference in spread and transmission?

The SDGs set in the United Nations are high in policy purity in terms of global consensus building and do not reflect the political views of large countries. This is because it is a global idea that includes the country to be supported and the country to be supported. In other words, the sense of policy purity differs from developed country assistance (ODA). Whether in the West or in Japan, during the East-West Cold War, aid was used as a policy tool to concentrate on the East-West camp battle. After the Cold War, whether political or economic, it began to use ODA explicitly as a means to pursue national interests, although developed countries say global issues are primary to the meaning of ODA.

Japanese Companies Going to the World

Next, considering SDGs at the general society level, the general public including companies, has a sense of global crisis, and the global crisis can no longer be saved by ODA used as a means of diplomacy. This sense of crisis spreads to the business world, and many companies incorporate SDGs in their management philosophy, raising awareness of contribution to the world, and adopt SDGs philosophy to full-scale globalization of companies and awareness reform among staff.

Even though ODA pursues the same goals as SDGs, companies do not learn from the “ODA Charter” or the Japan International Cooperation Agency (JICA) because non-international national interest is attached to it. Business codes of conduct are now going to be globalized across countries. Future Japanese companies cannot live without thinking and acting on a global scale. The SDGs Declaration, which plays an important role in the financing of firms, strongly feels the company’s future-oriented attitude.

Another trend is that the flow of global funding to promote international development is undergoing major changes. Global funding flows are 90% private capital and 10% government funding. Private capital is globalizing itself and is in a position to be deeply involved in global issues. So, even in African development, which is attracting attention as a big future market, the expectation for private capital, which accounts for 90% of the flow of global funds, is high.

Japan should also partner with industry towards SDGs and open the way for larger SDGs while also making ODA seed money for development.

Japanese society has never before enjoyed such a global concept of ​​SDGs. Don’t let this social change end in an anticlimax.

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

***** 以下、日本語原文 *****


羅針盤  経済界に根づくSDGs—その意味するところを考える

企業のSDGs宣言

 持続可能な開発目標(SDGs)が、驚くべき勢いで日本社会に浸透している。これは特記すべき歴史的な記録である。

 周知のとおり、SDGsは2015年9月に開かれた「国連持続可能な開発サミット」で採択された、30年を目標年次とした開発目標である。これまで日本の社会、特に経済・産業界が国連の行動指針を経営の中に取り込むことはなかった。これにはどういう背景があるのか。それが今回のテーマである。

 最近では、3月下旬、時計メーカーのシチズン時計(株)が女性向け腕時計の2ブランドを「SDGs銘柄」に位置付け、環境への配慮などをテーマにした特別限定商品を販売すると発表した。同社は2006年から売り上げの一部を開発途上国の女性を支援するNGOへ寄付している。現在もSDGsの伝播に協力し、まさにSDGsの広告塔の役割を果たしている 。

 一方、コニカミノルタ(株)は、SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」の国内での実現を目指している。高齢者介護においてスマートフォンによる状況把握システムを構築して、介護者の負担軽減に貢献しているのである。国連の掲げたSDGsは、今や企業の経営理念の中に取り込まれ、大きな広がりを見せている。

 経済界では、すでに(一社)日本経済団体連合会(経団連)と(一社)全国銀行協会が「行動憲章」の中にSDGsを取り込んでいる。なかでも注目すべきは、企業の総本山とも言うべき日本証券業協会が2018年3月、「SDGs宣言」を公表したことだ。

 日本証券業協会はSDGsの達成に貢献するとともに、証券業自らも持続的な成長を目指すとしており、次の4つの指針を掲げている。

 (1)貧困、飢餓をなくし、地球環境を守る取り組み(証券市場の資金調達・供給機能などを通じて社会課題の解決を目指す)

 (2)働き方改革、女性活躍を支援する取り組み(ワーク・ライフ・バランスの推進などを通じて、働きがいのある職場づくりを目指す)

 (3)社会的弱者への教育支援に関する取り組み(様々な環境に置かれている子どもたちへの支援を通じて、あらゆる機会を平等に与えられる社会の実現を目指す)

(4)SDGsの認知度および理解度の向上に関する取り組み(本協会および会員証券会社の役職員のSDGsに関する当事者意識を高める、また国内外におけるSDGsに対する認知度および理解度の向上を目指す)

 一方、コニカミノルタ (株)は、SDGsの目標3「すべ ての人に健康と福祉を」の国内で の実現を目指している。高齢者介護においてスマートフォンによる 状況把握システムを構築して、介 護者の負担軽減に貢献しているの である。国連の掲げたSDGsは、 今や企業の経営理念の中に取り込 まれ、大きな広がりを見せている。 経済界では、すでに(一社)日 本経済団体連合会(経団連)と (一社)全国銀行協会が「行動憲章」の中にSDGsを取り込んでいる。なかでも注目すべきは、企業の総本山とも言うべき日本証券業協会が2018年3月、「SDGs宣言」を公表したことだ。 日本証券業協会はSDGsの達成に貢献するとともに、証券業自らも持続的な成長を目指すとしており、次の4つの指針を掲げている。

 (1)貧困、飢餓をなくし、地球環境を守る取り組み(証券市場の資金調達・供給機能などを通じて社会課題の解決を目指す)

 (2)働き方改革、女性活躍を 支援する取り組み(ワーク・ライフ・バランスの推進などを通じ、働きがいのある職場づくりを目指す)

 (3)社会的弱者への教育支援 に関する取り組み(様々な環境に置かれている子どもたちへの支援を通じ、あらゆる機会を平等に与えられる社会の実現を目指す)

 (4)SDGsの認知度および理解度の向上に関する取り組み(本協会および会員証券会社の役職員のSDGsに関する当事者意識を高める、また国内外におけるSDGsに対する認知度および理解度の向上を目指す)

地球規模の発想

 「SDGs宣言」の大きな特徴は、企業の内外一体化思想であろう。宣言は世界的発想に立つだけでなく、働き方改革や女性活躍支援、社会的弱者への教育支援などにも触れており、内に向けても発信されている。これまでの途上国援助思想では、弱者はいつも援助される途上国側にあり、日本は常に援助する側であった。しかも、政府開発援助(ODA)事業は政府の仕事であると思われ、多くの日本人にはいつも他人事のように考えられていたのではなかろうか。

 しかし、証券界のSDGs宣言は、日本の弱者救済、地位の向上にも言及しながら、経営理念の内外一体化を目指す。日本自身にSDGsを通じて改革しなければならない面が多いことを明示している。こうした考え方が、国民意識の向上とともに、他人事ではなく、自分の事として多くの日本人に受け止められ、燎原の火のように日本社会に瞬く間に浸透したのではないだろうか。

 私たちは、こうした現象をどう考えればよいのだろうか。これをODAの国民への伝播スピードと比べてみることも一考である。周知のように、ODAの歴史とともにODA広報も長い。毎年10月1日は「国際協力の日」と定められ、さまざまな所で広報活動に力を入れてきた。しかし、その理解の広がりは限られた範囲にとどまり、企業の関心もODA事業に関わりを持つ一部の企業に限られている。ODAの援助目標がSDGsとほぼ同じであるにもかかわらずである。

 いったい、何が普及伝達の差を生み出したのか。国連を舞台とするSDGsは、世界の合意形成という点で政策的純度が高く、大国の政治的思惑などが反映されてない。なぜなら、援助する国、される国を包含する地球的規模の思想であるからだ。つまり、先進国援助(ODA)とは政策的純度が異なる。欧米にしろ日本にしろ、東西冷戦時代には援助を政策的手段として利用して、東西陣営の陣取り合戦に専念した。冷戦崩壊後は、政治的であろうが経済的であろうが、ODAを国益追求の手段として露骨に使うようになった。また、先進諸国は地球的規模の問題と言いつつも、ODAの第一義は国益追求である。したがって、地球的規模の問題(SDGs)は国連にゆだねることになった。これには援助する国、援助される国を包含した問題としての意味が込められている。

世界へ向かう日本企業

 次いで、SDGsを一般社会レベルで考えてみると、昨今の企業を含む一般市民は、地球的な危機感を高めており、もはや地球的危機は外交の手段として使われているODAでは救えないと考え始めている。その危機意識は実業界にも広がり、多くの企業も経営理念の中にSDGsを取り込み、世界への貢献意識を高めるとともに、企業の本格的な世界化と職員の意識改革にもSDGs思想を採用しているように見える。

 ODAは、SDGsと同じ目標を追求しているにもかかわらず、企業が「ODA大綱」あるいは国際協力機構(JICA)に学ばないのは、背後に非国際的な国益がはりついているからであろう。今や企業の行動規範は国を越えて世界化しようとしている。これからの日本企業は世界的規模で考え、行動しなければ生きていけない。企業の資金調達という面でも重要な役割を果たす日本証券業協会が「SDGs宣言」をしたことに、企業の未来志向を強く感じる。

 もう一つの流れは、国際開発を促進する世界的資金の流れが大きく変化していることである。世界の資金の流れは90%が民間資本、10%が政府資金だ。民間資本は自ら世界化し、地球的規模の問題にも深く関わらざるを得ない立場に立たされている。だから、大きな未来市場として注目されるアフリカ開発でも世界の資金の流れの90%を占める民間資本への期待は大きい。

 日本もSDGsに向けて産業界と組んでODAを開発のシード・マネーにしながらより大きなSDGs実施に向けた道を切り開くべきである。

 日本社会がこれほどSDGsという地球的規模の思想を享受したことはない。この社会的変化を龍頭蛇尾に終わらせてはならない。

『国際開発ジャーナル』主幹 荒木 光弥

『国際開発ジャーナル』2019年5月号掲載
#羅針盤 #SDGs #English
2019.04.01

PROJECT FOCUS
パキスタン

写真:保護リレー運転訓練シュミレーターによるトレーニング

 

<無償資金協力>
 
  

電力の品質向上へ向けて運用員を育成

  
 

 

パキスタン
送変電設備運用・維持研修所強化計画

コンサルティング:(株)アジア共同設計コンサルタント、八千代エンジニヤリング(株)
施設建設:飛島建設(株)                                
機材調達:三菱商事(株)、東芝エネルギーシステムズ(株)             

 

 パキスタンでは、慢性的な電力不足により全国で大規模な計画停電が余儀なくされており、国民は生活に不便を強いられ、産業の発展も影響を受けている。国際協力機構(JICA)も「対パキスタンJICA国別分析ペーパー」(2014年3月)において、同国の経済基盤の改善のために「電力拡充整備プログラム」に重点を置くとの方針を掲げ、送配電網拡充のための支援を行ってきた。しかし、設備の増強に伴い、設備を動かす国営送電会社(NTDC)の運用員の人材育成と増員が必要であることが判明した。
 電力系統の運用員は、刻々と変化する電力系統の状態を正確に把握した上で、変電設備の操作手順を判断し操作を行わなければならない。特に事故が発生した際、速やかに停電復旧し、停電を拡大させない事は、運用員の熟練度に依るところが大きい。そのため、全体的な運用員の技術力向上と熟練運用員の増員が必要である。しかしながらNTDCは訓練設備を所有していないため、計画停電などの際に停止した設備を使っての研修に頼らざるを得ない状況となっている。本計画では同国北東部にあるパンジャブ州ラホール市に送変電訓練用の研修施設1棟を新設し、日本製の訓練シミュレータを導入して、NTDCの運用員が効果的な運用法を習得できるようにする。17年春に工事が始まり、本年2月に訓練センターが開業された。今後は年に120人が研修できる施設で本格的訓練を受ける事により、突発事故から迅速に復旧ができる熟練運用者が増え、停電時間短縮による電力品質の向上が期待される。

 

『国際開発ジャーナル』2019年4月号掲載

 

Photo Library

 

 

日本財団 連載第20回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:義肢を装着する養成学校の学生

 

肢体障害者の未来を“作る” -ジャカルタ義肢装具士養成学校を現地保健省へ引き渡し

 

カンボジア地雷被害者への支援を皮切りに

 日本財団が2008年から10年間にわたり支援してきたジャカルタ義肢装具士養成学校の運営が、このほど、インドネシア保健省へ引き渡された。義肢装具士は、体の失われた部分を補う義肢(義手や義足)、コルセットなど体の機能を補助する装具の製作を行う医療専門職だ。

 この分野への支援を、日本財団は1991年から続けている。90年代初頭、カンボジアでは内戦によって5万~10万人もの地雷被害者が発生しており、地雷により手足を失った人々が自立した社会生活を送れるよう義肢装具を提供したのが始まりだ。以降、カンボジアやベトナム、スリランカ、ミャンマー、フィリピン、タイ、インドネシアなど、義肢装具のニーズが高いアジア地域において、10万本を超える義手義足を提供してきた。また、義肢装具の提供だけでなく、装具の調整・リハビリ・歩行訓練などのサポートも無償で行っている。適正な義肢装具やサポートを提供するには、調整技術や理学療法といった複数領域の専門知識・技術を合わせ持つ義肢装具士の存在が不可欠だ。そうした人材を、欧米など先進国に頼らずに現地で持続的に確保していく必要があり、日本財団は日本の専門家や東南アジアで義肢装具士の育成に取り組んでいる英国のNGO「エクシード」と協働して、義肢装具士養成学校の支援も行っている。これまでアジア6カ国に養成学校を設立し、500人を超える優秀な人材を育成してきた。支援は基本的に10年間を区切りとし、その間、現地の保健省や事業を実施している大学に働き掛けて資金面・人員面とも自立した学校運営を現地で行える体制を整えた上で引き渡している。冒頭のジャカルタ義肢装具士学校も、そうした学校の一つだ。

引渡式典で保健大臣が今後への決意を表明

 インドネシアでは、小児麻痺などの病気の他、自動車やオートバイの事故、地震や津波などの影響によって身体の一部を失う人や機能障害を負う人が多く、義肢装具のニーズは高い。しかし、義肢装具士を養成する学校の数は、人口1億2,600万人の日本が10校であるのに対して、日本の約2倍の人口を持つインドネシアはたったの2校だ。

 その一つであるジャカルタ義肢装具士養成学校は、インドネシア国内に政府出資の養成学校を複数設立する際に必要となる義肢装具士の指導者を育成すべく、2009年2月に開校した。17年8月には国際義肢装具協会(ISPO)による査察を受け、最も高いレベルである国際義肢装具士指導者資格(カテゴリ1)を持つ学校として認定された。日本財団は開校に向けた準備の段階から携わっており、これまで約12億円の支援を実施してきた。

 保健省への引き渡しにあたっては、2019年1月15日、引渡式典がジャカルタで開催された。ニラ・ムルック保健大臣をはじめ、保健省関係者、エクシード職員、石井正文・在インドネシア日本国大使、在校生、卒業生など約180人が参加し、ジャカルタ州知事からはお祝いの花が届いた。

 式典の冒頭では、保健省職員が学校の運営事業の内容を報告し、続いて在校生が「ヌサンタラダンス」と呼ばれるインドネシア伝統舞踊を披露した。その後、ムルック保健大臣が登壇し、「保健省と日本財団の協力によって設立・運営されてきた本校は、インドネシアの障害者支援に対して大きな貢献になるであろうし、なっていると確信している。日本財団からの事業引き渡しに伴い、保健省はインドネシアの健全な保健医療体制の構築に向けて引き続き努力していく所存だ」と述べ、会場は大きな拍手に包まれた。このほか、石井大使も、インドネシア国内において優秀な義肢装具士を育成する本事業は、義肢義足を必要とする人々の生活の質の改善にも貢献すると強調した。

“自分の手足”で生活する喜びを

 この式典を境に、ジャカルタ義肢装具士養成学校は正式にインドネシア保健省が運営していくこととなる。保健省に引き継がれた後も、この学校が国際義肢装具士指導者資格(カテゴリ1)を維持し続け、インドネシア人の指導者を多数輩出し、彼らが母国語で義肢装具士を育てる環境がインドネシア各地で広がっていくことを期待したい。

 ただ、その上では地方における義肢装具サービスへのアクセス向上など、課題もある。というのも、既存の義肢装具士の養成学校は2校ともジャカルタ市内にある。このため、地方へは義肢装具サービスの提供が十分に行き届いていない。そもそも、義手義足の存在自体まだ知らない人も少なくないからだ。

 病気や事故で手足を失った人、あるいは生まれつき四肢に障害のある人が、「自分の足で歩きたい」「自分の手で触れて感じたい」と思った時、その選択肢が開かれていることはとても重要である。

 「義肢装具は完全オーダーメイドで作られるため、義肢を手にした時、それは自分の身体の一部となる。その瞬間、彼らはもう障害者ではなくなる」と、エクシードのカーソン・ハート代表は語る。義肢を必要とする人にとって、信頼できる義肢装具士と出会うことは、彼らのその後の人生においてそれほど大きな意味を持つのだ。

 養成学校で学び育った義肢装具士たちが質の高い義肢装具を作り、それらを身に付けた肢体障害者たちが“自らの手”で教育を受け、仕事を選び、“自分の足”で社会を歩いていく。押し付けではいけないが、彼らが自由に生きていくための選択肢を広げるものとして義肢装具は重要であり、誰もが自らの生き方を自分自身で決める喜びを感じることのできる社会の実現を目指して、今後も取り組んでいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 BHN(Basic Human Needs)チーム   内山 英里子氏

 早稲田大学法学部を卒業後、同大学政治学研究科にて修士号を取得。国際法を専門に学ぶ。2016年に日本財団に入会し、子どもの社会的養護および東南アジアの障害者支援を担当。現在、2020年に向けて主に障害をもったアーティストを対象とした舞台芸術祭の活動にも取り組む

『国際開発ジャーナル』2019年4月号掲載

PROJECT FOCUS
トンガ

写真:新たに「タウファアハウ・トゥポウ4 世埠頭」と名付けられた施設全景

 

<無償資金協力>
 
  

国内を就航する旅客船が快適に使える港に

  
 

 

トンガ
国内輸送船用埠頭改善計画

コンサルティング:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル
施設建設:東亜建設工業(株)                   

 

大小172の島々からなる南太平洋のトンガでは、船舶が重要な輸送インフラだ。首都ヌクアロファの港には、国際貨物船や島嶼間輸送用の大型船舶が寄港するクイーンサロテ埠頭、国際旅客船・軍船用のブナ埠頭、小型船舶用のファウア埠頭がある。だが、クイーンサロテ埠頭では旅客輸送と貨物輸送が同時に行われるため、危険な運用を強いられていた。屋内待合所がなく乗船客には劣悪な利用環境であった。また、特異なバース形状が船舶には危険な操船を求める上、悪天候時には高波の影響を受けやすいといった問題もあった。
 そこで、トンガ政府はファウア埠頭を大型船舶も着岸できる国内船専用埠頭として改修・整備し、クイーンサロテ埠頭を国際貨物船専用とすることで、問題の解決を図った。これに伴い無償資金協力の要請を受けた日本政府は、2015年6月に同国政府と本計画の書簡を交換。ファウア埠頭の岸壁を大型貨物船2隻が同時に接岸・荷役作業できるよう改修が行われた。具体的には大型船舶の通行に合わせて航路幅を広げ、海底を浚渫したほか、3階建ての旅客用ターミナルビルを新設した。安全性と利便性を高めるために荷役ヤードや駐車場の舗装などを整備した。このうち、高波を抑えるため同埠頭の北側250mにわたり設けた防波堤は、サイクロンなど悪天候が起こった際の避難港となるようにも設計されている。18年6月に現地で竣工式が行われ、トゥポウ6世トンガ国王・王妃や石井哲也特命全権大使などの要人が臨席。ポヒヴァ首相も日本および関係者らに謝意を示した。埠頭は新たに「タウファアハウ・トゥポウ4世埠頭」と名付けられた。

 

『国際開発ジャーナル』2019年4月号掲載

 

Photo Library

 

 

まちの未来を「共創」するパートナーシップの在り方 ~SDGsを反映した政策を実行するために

写真:ウオメ市の担当者と議論する鎌倉市の職員。SDGsを通じたパートナーシップは、国内に留まらない(鎌倉市提供)


「持続可能な開発目標」(SDGs)の機運は、日本の自治体にも広まりつつある。採択から約3年半。なぜ今、自治体はSDGsに注目するのか。元市役所職員で自治体におけるSDGsの取り組みを推進する髙木超氏が現状と課題について語る。(SDGsと地方自治体・中)

「SDGsウォッシュ」を恐れるな

 2018年7月、国連本部で持続可能な開発(SDGs)に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)が開かれた。HLPFでは各国が自分たちの取り組みを発表する「自発的国家レビュー」が行われるが、昨年はニューヨーク市が自治体として初めて自らの活動をまとめた「自発的都市レビュー」を報告した。もはや自治体も「SDGsとは無関係だ」とは言っていられない時代になっている。

 しかし、世界中の自治体が「どのように取り組めばいいのか」と暗中模索しているのが実情だ。そうした中で、自治体の足取りを重くさせているのが、SDGsの達成に明確な因果関係が見られないのに、あたかもSDGsの達成に資する取り組みであるかのように見せかけることを表す「SDGsウォッシュ」という言葉の浸透だ。自治体や企業の中には、市民(消費者)から自分たちの取り組みが「SDGsウォッシュだ」と指摘されることを恐れ、批判されないような施策の見せ方に苦心するような動きさえある。

 自治体は国民の税金を財源にしている以上、その使途を明確に説明する責任があることは言うまでもない。だが、SDGsウォッシュへの批判を過度に恐れたり、施策の見せ方で住民からの指摘をかわしたりするのは本末転倒だろう。大事なのは、行政だけでなく、市民など多様な利害関係者(ステークホルダー)とパートナーシップを組み、「まずはやってみる」ことだ。そして、実際の活動や施策を振り返り、分析し、改善していくことが、SDGsの達成につながっていくはずだ。

 そこで今回は、幅広いステークホルダーとパートナーシップを構築しながら取り組んでいる2つの自治体の事例を紹介したい。

積極的に対話を行う鎌倉市

 最初の事例は、2 0 1 8 年度「SDGs未来都市」の一つであり、同年度の「自治体SDGsモデル事業」の一つでもある、神奈川県鎌倉市だ。同市は、市の総合計画にSDGsの理念を反映しようとしている。SDGsという世界共通の物差しを導入することで、鎌倉市の世界における立ち位置を客観的に分析することがねらいだ。

 そのために、基本構想を頂点に、基本計画、実施計画の三層で構成される総合計画のうち、2020年から25年を計画期間とする「第3次鎌倉市総合計画第4期基本計画」を策定するにあたり、鎌倉市は2018年12月から19年2月に、ワークショップ形式の市民対話を4回にわたり開催した。10代から80代まで幅広い世代の市民が参加を得て、参加者がSDGsの達成期限である2030年に鎌倉市をどのようなまちにしたいかという理想像を描き、そこから逆算して今何をすべきか検討している。これは「バックキャスティング」と呼ばれるアプローチで、SDGsの特徴として注目されているものだ。

 このほか、鎌倉市は欧州連合(EU)が実施する国際都市間協力事業の一環としてスウェーデンのウメオ市に市職員を派遣し、SDGsの達成に向けた取り組みについて議論するなど、海外との連携にも積極的だ。世界でもSDGsの達成度が高いとされる北欧の取り組みを参考にしながら、今後は得た知見を組織内外で共有することも期待される。

 とはいえ、自治体の総合計画にSDGsの理念を反映させることは簡単ではない。現行の施策に17の目標をひも付けるだけでは、十分とは言えないからだ。SDGsの導入をジェンダー平等の視点を取り入れるきっかけにするなど、市や人々に変化をもたらす工夫が必要となる。併せて、SDGs達成に向けた活動のポジティブな側面だけを抽出するのではなく、その活動を行うことでトレードオフとして生じるネガティブな側面も明確にしながら、全体を俯瞰して最もバランスの取れた落としどころを探っていくことが求められる。

慶應義塾大学
政策メディア研究科 特任助教
高木 超 氏
ビジョンを共有する豊岡市

 自治体がSDGsを政策に反映する際に、重要な点がもう一つある。それを指摘していたのが、(株)博報堂でストラテジックプランニングディレクターを務める米満良平氏だ。米満氏は、環境省が2018年12月~19年2月に実施した、地域の環境課題を解決するSDGs人材の育成事業「SDGsローカル・アカデミー」に参加し、研修の一環として北海道余市町を訪れた。余市町の住民や他の参加者たちと学び合う中で、米満氏は「幅広いステークホルダーと協働するにはSDGsというグローバルな課題の上に、住民の共通価値であるビジョンをのせる必要があると感じた」と語っている。

 この視点は自治体の政策を形成する際にも非常に重要である。例えば、SDGsの文脈でも、陸地で環境問題が発生しているから「陸の豊かさも守ろう」という目標が存在している。しかし、課題解決を強調するだけでは具体的に何をすればいいのかイメージがしにくい。何に取り組むのかという共通のビジョンがなければ、関わるステークホルダーも特定の分野に偏ってしまい、サイロ化(縦割り)の打破というSDGsの特徴を活かすことができない。

 そこで紹介したいのが、2つ目の事例である兵庫県豊岡市である。同市は、世界的にも例のない人里でのコウノトリの野生復帰に成功したことで国内外に知られている。そんな同市は、環境問題という地域の課題の上に、「コウノトリも人間も共存できる自然豊かな環境をつくろう」というビジョンを掲げている。このビジョンの下、同市では、環境のために農薬に頼らない農法・技術体系を確立し、農薬を使わないことで高くなる生産コストを「米のブランド化」という形で付加価値にして販売価格を上げることで相殺し、海外の販路などを開拓して課題解決を試みている。ビジョンがあればこうした具体的な道筋が立てやすい。そして、環境分野の関係者だけでなく、経済分野の関係者、学術界、地域住民にとっても課題が「自分ごと」となり、ビジョンの達成に向けた協力関係が生まれる。

 次回は、住民とともに新たな一歩を踏み出そうとしている自治体の取り組みについて、さらに紹介していきたい。

(つづく)

『国際開発ジャーナル』2019年4月号掲載
#SDGs #自治体 #鎌倉市 #豊岡市

SDGsと自治体・上  SDGsと自治体・下

ネパール地震の現場を視察し安価な建物補強法を研究
<東京大学>

写真:ネパールを視察中の山本さん(左)


東京大学 生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター

ハード・ソフトの両面で対応

 都市基盤安全工学国際研究センター(ICUS)は、「災害安全社会実現学」「国土環境安全情報」「成熟社会基盤適応学」を研究分野として、安全で豊かな住環境の実現に邁進している。2001年の設立時から関わっている目黒公郎教授(ICUSセンター長)は、災害安全社会実現学の根幹とも言える都市震災軽減工学の専門家として、ネパールやミャンマーなど40カ国以上で防災に関するプロジェクトに携わってきた。

 目黒教授は、「地震の影響を最小化するにはハードとソフトの両面からの戦略が必要だ」と考えている。例えばハード面では、低価格でも効果の高い耐震補強法や津波被害軽減システム、建造物の倒壊や家具の転倒シミュレーションに基づいた予防策などを研究。ソフト面では、開発途上国に適した少額の地震保険やマイクロファイナンスを通じて、建物の耐震化を促す制度の設計と導入法などを研究テーマとしている。

フットワーク力と目利き力

 目黒教授が研究において重視するのは、「フットワーク力」と「目利き力」だ。目黒教授の研究室に所属する山本憲二郎さん(博士課程3年)は、地震で被災したネパールの家屋を視察しながら、耐震性を向上させる塗料の実証実験を行っている。この塗料は、目黒教授が主催する研究会のメンバーである鈴木正臣氏が専務を務める建物修繕会社が製造しているものだ。これならレンガや石を積み上げただけの住居でも低コストで耐震補強ができると「目利き力」を発揮した山本さんは、「ネパールで塗料の効果を実証したい」と目黒教授に申し出た。今年3月の博士課程修了後には、この技術を世界に広めるため、鈴木氏と共に会社を立ち上げる予定だ。

 目黒教授は、「防災には多様な専門性が必要です」と語る。「これまで、理科三類(医学部)を除き、すべての科類から学生が研究室に来ています。医学部に関しては、病院の防災対策の研究もしているので、卒業生との共同研究は実施しています。適切な防災対策の実現には、地域特性と災害発生時の条件を踏まえ、時間経過とともに『自分の周辺で何が起こるか』を適切にイメージし、備えることが重要です。日本と諸外国を同時に見ながら、総合的な戦略を立てて、防災と復興に資する人材を育てたい」。

 教授は現在も、教育と研究の傍ら海外を飛び回り、科学技術振興機構(JST)や世界銀行などが支援する多くの防災プロジェクトに関わっている。さらに、防災ニーズが高まるアジア諸国や中南米を中心にこれまで約30人の留学生と約10人の特別研究員を研究室に受け入れるなど、途上国の人材育成も続けている。彼らが、母国で目黒教授のように活躍する日が待ち遠しい。

『国際開発ジャーナル』2019年4月号掲載
#大学の国際化最前線 #東京大学 #都市基盤安全工学国際研究センター
2019.03.01

日本財団 連載第19回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:ブラジル中部のゴイアス州ゴイアニア市にあるKaikan

 

ブラジル日系社会の今 ―求められる新しい在り方

 

2018年に110周年

 2018年12月、日本への外国人労働者の受け入れ拡大に向けた「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が公布された。19年4月に、一部の規定を除き、施行される。近い将来、日本の労働力不足が深刻化すると見越まれる中、外国人労働者の力をさらに活用していくための措置だ。だが、1960年頃までは日本も多くの人が職を得るため、ハワイやメキシコ、ブラジルなど海外へ移住した。移住先では日系社会が形成されたが、彼らの子孫にあたる今の日系人の中には、日本語が話せる人もいれば全く話せない人もいる。また、一言で日系人と言っても、両親とも日本人の人もいればクオーターの人もいる。

 明治維新から150年にあたる2018年は、ブラジルの日系人にとって移民110周年という大きな節目でもあった。1868年(明治元年)、日本人による就労を目的とした初めての海外集団移住として、約150人がハワイへ移住した。その40年後の1908年、781人を乗せた「笠戸丸」が神戸を発ち、ブラジル・サントスに入港。ここからブラジルにおける日系人の歴史は始まった。

 以来、ブラジルの日系社会は1世紀以上にわたり日本の伝統や習慣を継承しつつ、現地の文化に同化していった。だが今は、日本語が話せない世代が増えるなど日本語離れが進み、さまざまな葛藤に直面しているようだ。

20年ぶりに実態を調査

 こうした日系社会の実態について、サンパウロ人文科学研究所は2016~18年、日本財団の助成の下、20年ぶりとなる調査を行った。ヒアリングと街頭インタビューを中心とした調査から見えてきたのは、“新しい在り方”が求められているブラジルの日系社会と、“世代によって変化する日系人としての誇り”だった。調査の結果、日系団体はブラジル国内に450以上存在していることが分かった。うち約9割は、日系人同士の親睦や日本文化の普及を中心とした活動をしており、活動を担う現地の日系団体は「Kaikan」(会館)として親しまれていた。例えば、ブラジル国内にある日系団体の半数が集中するサンパウロ州では、いたるところでKaikanの標識を見掛かけることができる。

 Kaikanの多くは、入植時からの分配、市や国際協力機構(JICA)からの寄贈、または日系1世や2世の寄付によって成り立っており、日系社会の遺産とも言える。一方で、Kaikanが従来日系人を対象に催してきた餅つき大会や盆祭り、忘年会といった日本の行事は、近年、参加者の7~8割が非日系人だ。Kaikanが主催する行事のうち参加者が2,000人を上回るものは、全国で毎年1,000件ほど。非日系人の日系社会に対する関心は高まっており、そうした中で非日系人と共存するコミュニティー作りが日系社会の新しい在り方として求められているのだ。

9割以上が持つ日系人としての誇り

 本調査で行った非日系人へのインタビューでは、「この町が成り立っているのは日系人のおかげ だ」「日系人の病院なら安心できる」「日系人のいかさまを見たことがない」といった肯定的な回答が多かった。日系社会がブラジルに誕生して約1世紀の間、先人たちのたゆまぬ努力があったからこそ、今の日系人はこうして現地の一員として認められ、日系社会に対する関心と尊敬が高まっていると言える。だからこそ、自分達のための日系社会というより、非日系人と共に地元コミュニティーを作るという日系社会の新たな在り方が求められているのではないだろうか。

 本調査で明らかになったもう一つの特徴は、日系社会への帰属意識が高く、日系人としての誇りを持つ若者が比較的多いことだ。例えば、「日系社会に属しているか」という質問で、「属している」と答えたのは日系2世が78%、日系3世が72%なのに対し、日系4世は86%となった。また、「自分の中に日本人としての気質は何パーセントあると思うか」には、「50%以上」だと感じている日系人は全体で84%に上った。中でも、特に「正直」や「勤勉」といった要素が自身の日本人としての気質であり、長所であると捉えている日系人が976人中250人以上いた。そして、どの世代でも97%が「日系人であることを誇りに思う」と回答していた。日本離れが進んでいると言われていた若い世代でも日系人としての誇りを持っている人が多いということは、日本語が話せる、日本の伝統文化を知っているという側面だけが日系人としての評価基準とならなくなっていることを示すものであると推測ができ、大変興味深い結果だ。

日本は日系ネットワークをどう生かす

 世代が進み、若い人たちの日本への興味が薄れることで日系社会は衰退、または消えていく、と専門家や日系社会の人たちは推測していた。しかしながら、Kaikanは今も日本の伝統を後世だけでなく非日系人にも伝え続けており、若い日系人も日本人としての意識を強く持っていた。

 日系社会は非常にユニークである。ブラジルは多民族国家であり、さまざまな系統の人がいるが、結束力がこれほど強く現地社会で認識されているのは、おそらく日系社会以外ない。貴重な日系ネットワークを日本は今後どのように活用すべきか、日系社会との連携や協力を対等の立場で模索する必要があるだろう。グローバル化が進み、多文化共生が急務となる日本において、ブラジルの日系社会から学べることは多い。日本財団は世界中の日系人の“今”に迫るべく、現在、ブラジルだけでなく他の国の日系人も対象に調査している。結果は2020年4月以降に発表する予定だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 国際ネットワークチーム   大久保 郁子氏

 大阪府河内長野市出身。英国ケンブリッジ大学教育学部音楽学科卒。同大学院教育学部心理学科修了。集団的アイデンティティーなどを研究。2015年、日本財団に入会し、日系社会支援やアジアの女性社会起業家ネットワーク構築事業を担当。現在は日系社会支援事業を担当している。

『国際開発ジャーナル』2019年3月号掲載

PROJECT FOCUS
マダガスカル

<無償資金協力>

1万1,000人の児童に快適な教育環境を提供


 

マダガスカル
第四次小学校建設計画

コンサルティング:(株)毛利建築設計事務所
施設建設:(一社)日本国際協力システム  

 

 
女子就学率向上に期待

マダガスカル政府は、最も注力すべき分野の一つに初等教育の環境改善を掲げている。そうした中で、同国の小学校における教室数および児童数は2001年時点の4万8,394室、230万7,000人から、13年にはそれぞれ9万8,863室、448万5,000人へと約2倍の伸びを示した。
 その一方で、教室の1割以上が教育環境の劣悪な仮設教室である他、通学路も未整備で雨期には通学が困難となる児童が多いなど、問題も山積していた。日本政府は2009年、教育環境の改善を目的とした無償資金協力の予備調査に着手した。しかし、直後に起きた政変により予備調査後に実施されていた準備調査は中断。13年に民主的プロセスに沿った大統領選挙が実施されたことで、調査はようやく再開された。
 本計画では、要請のあった小学校50校のうち、準備調査で優先度が高いと判断された22校を対象に、教室や校長室、男女別トイレなどの建て替えと増設を行った。対象となった22校の教室数は約90室から約180室に増え、約1万1,000人の児童が恩恵を受けている。また、トイレを男女別に分けたことで、女子の就学意欲の向上も期待されている。ソフト面の支援としては、学校運営委員会(FEFFI)と保護者会(FRAM)の連携強化を通じて施設の維持管理に対する意識の向上を目指している。同国では2009年の政変で政府からの資金が滞ったこともあり、多くの学校でFEFFIは機能不全に陥っていた。だが、各家庭からの協力で小学校の維持管理費を賄っていたことから、FRAMとの連携強化を通じてFEFFI主体の学校運営の促進を図っている。

住民自ら通学路を整備

 本計画では、FEFFIとFRAMの連携強化を通じて施設の維持管理に対する意識の向上を図るため校長やコミュニティー長、地域住民などを対象に研修や講習、住民集会などが開催された。加えて、一部の学校では住民参加による通学路の整備も行われた。
 通学路整備は、開発途上国でも材料を入手しやすい土のうで悪路を整備するプロジェクトを実施している認定NPO法人「道普請人」が全面的に協力した。専門家の派遣だけでなく、資材調達のための資金の一部も拠出している。作業は18年8月から約1カ月間という短い期間で行われ、道普請人から派遣された田川満男専門家の指導の下、周辺住民やFEFFIとFRAMの関係者が土のうを作って並べ、通学路を平坦に整備していった。
 田川氏によれば、住民は自発的・積極的で、作業手順の理解も早く、極めて勤勉であった。毎日の作業終了後に配布される米・豆・油を受け取る住民の笑顔がとても印象的で、プロジェクト終了時に投げキッスで感謝の意を表してくれたことには感激したとのことだ。

 
『国際開発ジャーナル』2019年3月号掲載
 

SDGsを「使う」という提案 ~実効性ある戦略の可視化を

写真:インドネシアの人々に「大崎システム」の内容や経験を伝える大崎町職員(大崎町提供)


「持続可能な開発目標」(SDGs)の機運は、日本の自治体にも広まりつつある。採択から約3年半。なぜ今、自治体はSDGsに注目するのか。元市役所職員で自治体におけるSDGsの取り組みを推進する髙木超氏が現状と課題について語る。(SDGsと地方自治体・上)

求められる社会構造の変革

  2018年は、「SDGs元年」という言葉が使われるほど、日本国内の自治体で急速に持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みが広まった(本誌2018年9月号でも筆者の寄稿を掲載)。

 その大きな要因は、政府が推進する「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」だ。SDGs未来都市は、省庁横断的な支援を受け、成功事例を国内外へ発信することができる。また、自治体SDGsモデル事業には、上限4,000万円(2019年度は上限3,000万円)の補助金が交付される。モデル事業に選定された10都市のうち、神奈川県からは3自治体(神奈川県、横浜市、鎌倉市)が選定された。地域的な偏りがあるようにも見えるが、これはむしろ、地域全体がSDGsに積極的に取り組んでいることを示していると言える。

 神奈川県では昨夏、鎌倉市の由比ヶ浜に打ち上げられたシロナガスクジラの胃の中からプラスチックごみが発見されたことを契機に、「かながわプラごみゼロ宣言」を掲げた。県内の飲食店やコンビニエンスストアなどと連携して、プラスチック製ストローやレジ袋の利用廃止・回収に向けて動き出している。こうした取り組みが全国各地に広まれば、SDGsの達成期限である2030年にはプラスチック製ストローの使用やレジ袋に入った商品を受け取る光景は過去のものとなるかもしれない。

 他方、SDGs未来都市やモデル事業に選定されていない自治体でも、取り組みが活発化している。例えば鹿児島県大崎町は昨年、第2回「ジャパンSDGsアワード」でSDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞を受賞した。同町は、20年以上にわたり住民と自治体職員が力を合わせて、焼却に頼らない徹底した分別による低コストのごみ処理方式「大崎システム」を構築。全国平均の4倍ものリサイクル率を達成し、埋め立てや焼却が主流となっていた自治体の廃棄物処理に変革をもたらした。このシステムは国際協力機構(JICA)との連携の下、インドネシアでも導入され、現地のゴミの減量化・資源化に貢献している。SDGsの達成には、このような社会構造の変革が必要とされている。

鍵は正しい認識とローカライズ

 とはいえ、大半の自治体は未だにSDGsをどのように活用すればいいのか戸惑いを感じているようだ。実際、明治大学公共政策大学院が昨年末に開催した「評価を活用した地域コミュニティーにおけるSDGs達成に向けた効果的な実践とは」と題した特別セミナーには、自治体担当者を中心に応募が殺到し、募集開始数日で定員の150名に達した。

 彼らが抱える懸念としては、SDGsを自治体の総合計画に反映させる過程で、従来の計画で既に設定されている目標とSDGsの17目標との整合性や、防災や環境といった分野別に存在する各種計画との二重規範(ダブルスタンダード)になってしまう、といったものがある。さらに、これらの計画が「SDGsを反映させている」という説明責任を果たすことだけを主眼に置いた結果、職員に浸透せず、実際の現場では使われない、という懸念もある。

 SDGsの17目標やターゲットを自治体の施策とつなげる際、単に事業を分類し、そこに明確な根拠なくSDGsの目標を紐付けすることは、「見せ方」に時間と労力を割くだけで、地域課題の解決には結びつかない。自治体は、「見せ方」だけに気を配るのではなく、目標から事業に至るまでの因果関係を意識した実効性ある戦略を可視化することが必要だ。

 そのためには、まずSDGsの特徴を理解することが大切だ。その中には、目標を達成するための手段も混在している。例えば、目標17「パートナーシップで目標達成を」は、その他の目標を達成するための手段を示しているし、目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」のように、状況によっては目標を達成するために必要な手段として機能する目標もある。

 ただ、SDGsのグローバルな指標をそのまま地域で使おうとしても、大半の指標は日本国内の状況には即していない。その場合、指標を地域の状況に即したものに読み替えるか検討を要するが、その際も指標を作ることが目的化しないよう注意する必要がある。指標は何らかの戦略の改善に活用するための根拠となるデータである。

 そのため、目標を達成するための具体的な戦略体系を可視化し、それを効果的に実行するにはどういった指標が必要かを検討するという順序で考えなければならない。そして、指標の達成度を測るだけで満足するのではなく、期待していた水準と指標の達成度のギャップなどに含まれた情報を引き出し、それらを基に戦略を改善していくことが必要である。

慶應義塾大学
政策メディア研究科 特任助教
高木 超 氏
整理、点検、共有の観点で

 SDGsを自治体でツールとして活用する際には、「整理」「点検」「共有」という3つの機能に着目すると分かりやすい。

 まず、システム思考で課題や目標のつながりを意識し、これまで自治体が取り組んできた政策や施策をSDGsという枠組みの中で整理してみる。すると、これまで行ってきた取り組みの価値を再評価できるだけでなく、他の部門と協力して取り組むことで相乗効果を得ることができる戦略を見出すことができる。

 次に、SDGsを活用したこれまでの取り組みの中で欠けているものがないか、グローバルな視点で点検する。例えば、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の視点で公共施設を概観し、女子トイレだけにおむつ交換台が設置されていたとしたら、育児は女性がするものという固定観念が表れていると言える。こうして、これまで見えなかった地域の課題を顕在化させ、改善に繋げることができる。

 最後に、自治体の地域課題の解決に向けた事例をSDGsという193の国連加盟国に共通する枠組みで他の自治体に共有すれば、互いに知見を学び合うことができる。

 SDGsは、自治体の「これまで」と「これから」をつなぎ、複数の自治体を結ぶような役割を果たすことができる。次回は、そうしたSDGsの機能を生かし、地域の課題解決に取り組もうとしている自治体を紹介したい。

(つづく)

『国際開発ジャーナル』2019年3月号掲載
#SDGs #自治体 #鹿児島県大崎町
SDGsと自治体・中  SDGsと自治体・下

青年海外協力隊の経験を教育現場に
<鳴門教育大学>

写真:髙濱 牧子さん(左)板垣 暁歩さん(右)


学生の声

鳴門教育大学大学院学校教育研究科 修士課程1年
教科・領域教育専攻 国際教育コース
髙濱 牧子さん

新たな教育者の姿を目指して

 大学卒業後に小学校で教鞭をとっていましたが、自らが途上国経験なしに子どもたちに世界の現状を伝える難しさに直面し、国際協力の現場に行こうと青年海外協力隊に参加しました。南米のボリビアに小学校教育隊員として派遣され、現地の小学校で算数教育の改善などに取り組んでいました。

 その活動終盤に、国際協力機構(JICA)の草の根プロジェクトの専門家として派遣された鳴門教育大学の石坂広樹准教授に出会いました。現在の指導教員で、この時、一緒に算数のワークショップをする機会をいただきました。ワークショップでは確かな数値で教育の改善方法を示したところ、参加した8割の現地の先生方がその方法を取り入れてくれました。

 その経験から学術的に途上国の教育の改善方法を示す重要性を実感し、大学院進学を決めました。現在は、多くの途上国の教育現場がテストの点数のみで子どもたちを評価する傾向にあることに疑問を持ち、子どもたちに対してテストの点数など定量的評価を褒めることと、学習の過程などの定性的評価を褒めることで、彼らの学力と心理面の自己効力感の向上にどういった差が生じるのかを研究しています。

 鳴門教育大学では、日々の学び以外にも教育分野に関心のある留学生やJICAの研修でこられる各国の教育関係者と触れあう機会があり、彼らの目線で見た日本の教育についても学べます。さらに、大学が取り組んでいる途上国でのプロジェクトに同行し、国際協力の現場に行く機会が多いことがとても魅力的です。この1年間で既に4ヵ国へ行く機会があり、来年度もボリビアに渡航予定です。

  大学院卒業後は、日本の教育現場と途上国での教育の専門家としてのキャリアを積むことができる働き方を考えています。


学生の声

鳴門教育大学大学院学校教育研究科 修士課程1年
教科・領域教育専攻 国際教育コース
板垣 暁歩さん

サモアに恩返しができる教育の専門家に

 青年海外協力隊でサモアに理数科教育隊員として派遣され、JICAの教員研修のプロジェクトに参画しながら、現地の中学校でも理数科教育を行いました。しかし、当時は日本での教育現場の経験がなく、自分がサモアに本当に貢献できたか疑問を抱えながら帰国しました。

 帰国後は、教育現場で経験を積むべく高校で教員として働くことにし、いずれサモアに教育分野で貢献したいなと考えていました。とはいえ、なかなか日本にいながらサモアとの接点が持てずにおり、教員として5年間勤務した時に、妻の勧めで鳴門教育大学の説明会に参加しました。

  そこで、在籍中の協力隊経験者の話や研究科の「教育の専門家養成」という目的が、自分の教育に対する考えや協力隊経験からの思いと合致し、進学を即決しました。

  現在は、数学の授業のなかに協同的な授業法を導入することで、子どもたちの学力の向上や学習意欲の向上につながるのかを研究しています。大学院に入学してから多くの先行研究や現在の数学教育のトレンドを学ぶ中で、研究テーマにあげた「協同的学習」が有効だと先進国で言われていることを知りましたが、自らサモアで見た教育現場では、テストの点数を上げることに必死になっているのが現状でした。この21世紀型の教育が先進国だけのことなのか、サモアなどの途上国にも対応できることなのか、その可能性を探っていきたいと思っています。

協力隊でお世話になったサモアに教育分野で恩返しできる日を目指して、鳴門教育大学で教育に熱意を持つ国際色豊かな留学生と共に、さまざまな視点から教育についての見識を深めていきたいと思います。

※注 鳴門教育大学大学院は2019年度より改組し、国際教育コースは「グローバル教育コース」に変わります。従来の国際教育協力の分野に加え、日本語教育・日本文化分野、英語コミュニケーション・異文化理解分野、国際理数科教育分野の4つの各分野で活躍できる人材の育成を目指します。グローバル教育コースについては「大学の国際化最前線」にて紹介
『国際開発ジャーナル』2019年3月号掲載【PR】
#鳴門教育大学 #大学院生の声 #青年海外協力隊の経験

開発途上国での研究機会を重ねて 教育の専門家を育成
<鳴門教育大学>

写真:鳴門教育大学で受け入れた研修コースのフォローアップに大学院生も教員と同行しジブチの小学校を訪問した


鳴門教育大学大学院 人間教育専攻 グローバル教育コース

2019年度より新大学院を開始

 8年連続教員就職率全国1位の実績を誇る教師教育の名門・鳴門教育大学は、開発途上国の人材育成にも豊富な実績を有する「大学の国際化」のフロントランナーだ。国際協力機構(JICA)と連携して、1999年に南アフリカの教員を研修員として初めて受け入れたのを皮切りに、2005年には「教員教育国際協力センター」を設置。途上国の教員研修に組織的な取り組みを展開してきた。現在まで62カ国1,000人を超える短期・長期のJICA研修員を受け入れている。

 そんな同大学の大学院では、2019年度から新たに「グローバル教育コース」を開始する。研修員の受け入れ経験を生かして、2008年から「国際教育コース」で日本人学生・留学生双方を対象に途上国の教育開発の未来を担う国際教育協力の専門家育成に注力してきた同大学院だが、昨今の日本への留学生増加などを受けて、コースを進化させる形だ。

 具体的には、従来の国際教育協力の分野に、日本語教育・日本文化分野、英語コミュニケーション・異文化理解分野、国際理数科教育分野を加えて再編する。「世界から学び、世界とともに考え、世界で教える人材」をスローガンに掲げ、より実践的な学びを提供し教育現場と海外で活躍できる専門家を育成する方針だ。

積極的に開発途上国の現場へ学生を

 鳴門教育大学では、開発途上国から研修員を受け入れるにあたって学内予算も投入して相手国についての資料収集や現地調査を丹念に行い、研修内容の質を高めてきたほか、研修後もフォローアップとして現地調査などに出向くなど、「鳴門教育モデル」を確立させてきた。その結果、2017年にはモザンビーク教育大学と大学間交流協定を結ぶまでに至っている。

 だが、興味深いのは、こうした現地調査に大学院生も同行させてフィールド研究の機会を提供している点だ。JICAの青年海外協力隊事業とも連携して、ジャマイカに短期ボランティアとしても学生を派遣したり、大学がボリビアで行っている草の根事業などにも学生を同行させたりしている。学生が開発途上国の現場に赴き、開発プロジェクトや相手国の教育関係者と接する機会を積極的に作りだしているのだ。

 今後、「グローバル教育コース」ではこうした取り組みをさらに加速させる。小澤大成教授は「教育分野で国内外にこだわらず教室レベルの現場のことを理解しながら、大きな教育の枠組みの改善などに取り組めるグローバルな人材を輩出していきたい。大学の予算を割いてでも積極的に開発現場に学生を連れていくことには大きな価値がある」と思いを語ってくれた。

【PR】鳴門教育大学大学院の学生の声も掲載「青年海外協力隊の経験を教育現場に」
『国際開発ジャーナル』2019年3月号掲載
#大学の国際化最前線 #鳴門教育大学大学院 #グローバル教育コース
2019.02.01

CONSULTANT NEWS
活発化する海外企業との業務提携

 
  

OCG、PCKKは米国トップ企業と相次いでMOUを締結

  
 

専門知識と経験を補完

 開発コンサルティング業界では、大手を中心に現地法人や子会社の設立、海外企業との提携の動きが一段と加速している。(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル(OCG)は、このほど売上高では世界トップを誇る米国の総合エンジニアリング企業、AECOM社と業務協力に向けた合意書(MOU)を締結した。本MOUでは、両社を「優先パートナー」に位置づけ、専門技術や知識、経験を補完し合いながら、コンサルティング・サービスの提供を主体に業務協力していくことが合意されている。日米両国政府は、第三国におけるインフラ整備などの促進を目指し、相互に協力関係を深めていくことで合意。こうした動向も踏まえ、OCGはAECOM社との業務協力を通じ、日米両国の政府、公的・民間金融機関などとの連携を強め、第三国を中心とする質の高いインフラ整備の促進に注力していく方向だ。
 AECOM社は、世界150カ国以上の政府、企業などをクライアントに持ち、道路、橋梁、トンネル、交通システムなどの整備事業において、設計・施工、資金調達、運営・維持管理に至るまで総合的なコンサルティング・サービスを提供している。

共同での案件受注目指す

 一方、海外部門の再構築と強化に取り組んでいるパシフィックコンサルタンツ(株)(PCKK)は、昨年12月6日、米国の建設エンジニアリング企業であるパーソンズ社と業務提携協定を結んだ。PCKKは、昨年10月1日付で従来の国際事業本部に、鉄道、空港、建築、設備の各技術分野を加え、新たに「グローバル事業本部」へと組織改編し、海外事業の強化を図っている。今回の業務提携は、PCKKが海外事業の主力に据える日本の政府開発援助(ODA)案件に加え、海外政府や海外民間企業発注の案件に対する取り組み強化、受注促進の狙いがある。
 パーソンズは、米国の代表的な建設エンジニアリング企業で、北米、中東、中南米地域を中心にビジネス展開を図っており、日本を含めたアジア地域での実績も積み上げてきている。主な事業内容は、インフラや産業・防衛施設に対する建設エンジニアリングサービスの提供、プログラムおよびプロジェクト・マネージメントの提供などだ。
 PCKKは、インド太平洋地域でのインフラ整備に対する影響力を強化しようとする米国政府の政策を注目しており、「日米の民間インフラ関連企業が協力することにより、両社共にビジネスチャンスを拡大できる」としている。両社は今後、営業情報の共有を図りながら、共同での案件受注を目指していく。

 

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載

CONSULTANT NEWS
タンザニアで干しいもを商品化

写真:タンザニアで商品化された干しいもといもけんぴ

 
  

イースクエアが一部出資し
コンサルティング・サービスを提供

  
 

      柳田啓之氏

 

官民連携分野で実力を発揮

 国内企業の環境ビジネス支援やCSR専門の経営コンサルティング会社として地歩を固めつつ、近年は国際協力機構(JICA)の協力準備調査、中小企業の海外展開支援事業など官民連携の領域で実力を発揮しているのが(株)イースクエアだ。設立は2000年9月。
 同社は、JICA中小企業海外展開支援事業が始動した2012年度以降、案件化調査や普及・実証事業、民間技術普及促進事業などで着々と実績を積み上げており、対象国はアジア、アフリカ、南米と広域に渡っている。その中で、商品化が進むなど注目される動きを見せているのが、タンザニアを舞台に「干しいも」の製造・販売を通したビジネスモデルの構築を目指す普及・実証事業である。
 この事業は、茨城県で長年にわたり干しいもの生産・販売を行う(株)照沼勝一商店(茨城県東海村)の提案によるもので、BOPビジネス連携促進事業から、2015年度の普及・実証事業につながった(本誌2018年10月号44ページに関連記事)。この間、一貫して外部人材としてコンサルティング業務に当たってきたのがイースクエアのシニア・マネージャー、柳田啓之氏だ。

 

商品化しテスト販売へ

 現在実施中の普及・実証事業では、①さつまいもの加工用品種の導入・普及、②安定生産と品質向上を目指した栽培技術の指導、さらに③さつまいもの長期保存と加工に適した糖度に上げるための貯蔵庫の導入・普及などの取り組みが続いている。日本から持ち込んだ加工用品種は干しいも生産用が4種、いもけんぴ用が1種。終了予定は今年7月である。
 照沼勝一商店は、本事業の展開に合わせタンザニアの首都ドドマに現地法人「M a t o b o r w aCo.Ltd.」を設立。イースクエアも一部出資し、企業と一体となり生産から加工、商品化、販売網の開拓・整備までビジネスモデルの構築に注力している点は注目されよう。販売網の開拓については、同国最大の経済都市ダルエスサラームのスーパーマーケットなど約3 0 店舗に、ドドマで生産した商品(「干しいも」と「いもけんぴ」の2種)を卸し、店頭販売している。販売価格は日本円にして、いもけんぴ(90グラム)100円、干しいも(100グラム)が250円。一般的に干しいもなどはスナックとして定着していないため、現地の消費者に馴染みのあるドライマンゴーやドライパイナップルなどの自社商品と一緒に並べ、手に取り易くするといった工夫も凝らされた。「現地の消費者の反応は決して悪くない」(柳田氏)という。
 課題は、やはり安定的な市場の確保だ。「いもだけでは現法の持続的な経営は難しい。タンザニア国内では消費量も限られており、商品アイテムの多様化に加え、日本をはじめ輸出先の開拓も重要な課題」と柳田氏は話す。終盤に向かいつつある普及・実証事業の展開が注目されるが、まずはパッケージングされた商品に中小企業支援の一つの“果実”を見ることができよう。今後が期待される。

 

『国際開発ジャーナル』2019年8月号掲載

 

日本財団 連載第18回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:センターに届いた原料を洗浄・選別する周辺地域の農家女性たち

 

薬草栽培で少数民族地域を活性化 ―ミャンマー・カレン州で地場産業の振興を目指す

 

全国初の州政府との連携

 ミャンマー南東部、タイとの国境に接するカレン州は、国土の4.5%程を占める約3万㎢の広さに、全人口のおよそ3%にあたる約157万人が暮らしている。ミャンマーには130を超す少数民族が暮らしているが、カレン州は中央政府と少数民族の間で長らく内戦が続いていた地域でもある。住民の7割以上が農業に従事しているが、年平均降雨量約4,000ミリの90%が雨期に集中して降るため、山間部の傾斜地においては、有機物や表土の流亡などが起きている。こうした脆弱な土壌および栽培環境に加えて、環境保全や栽培技術などに関する情報が限られており、生産性の低い農業を行わざるを得なかった。さらに、カレン州は水道・電気などのインフラも未整備で、ヤンゴンやタイ・バンコクなどの都市部へも移動が容易ではなく、市場へのアクセスも限られている。ほかにも、若者の都市部への流出や慢性的な予算不足など、地域の課題は山積していた。

 これら課題を解決する方策の一つとして地場産業を振興するため、傾斜地でも栽培が容易で、かつ従来の農作物より付加価値を高められるものはないか。そこで着目されたのが、山間農村住民が長年多くの種類を栽培しており、かつ付加価値の付けやすい薬草だ。2013年、カレン州政府は日本財団に「薬草栽培の普及や農家の市場へのアクセス向上などを通じて産業を振興し、農家の所得向上へとつなげたい」と支援を求めた。

 しかし、先述のとおりインフラなどさまざまな制限がある中では、一筋縄でいくプロジェクトではない。また当時は、ミャンマーの地方政府が国際支援団体と直接連携してプロジェクトを行うというのは、全国でも前例がないことだった。それでも日本財団の笹川陽平会長は、「敢えて難しい課題に取り組むのも日本財団の仕事であり、州政府が取り組まれるならば一緒にやりましょう」と返答。日本財団は2013年4月、カレン州政府と「薬草資源センター・プロジェクト」に関する合意を締結し、プロジェクトが実現することとなった。

 またこの時、カレン州では長年続いてきた少数民族武装勢力との和平交渉がようやく動き始めていた。笹川会長は、地場産業を振興して雇用を生み出し、人々に「平和の果実」を実感させることができれば、ひいては和平への機運を高めることにもつながるとも考えていたという。

資源調査から市場アクセスへの改善まで

 2013年度から始まったこのプロジェクトは、薬草資源センターの設立を含めて主に3つに重点を置いている。一つが、森林・薬草資源の保全と活用だ。植物の研究で有名な高知県の牧野植物園の専門家が年に3回ほど指導に訪れ、その下でセンター職員は州内の薬草資源を調査して分類・保全栽培を行い、各薬草の特徴に合った加工や販売を行っている。また、牧野植物園とは州内の「野草ガイドブック」も作成した。現在は同州の伝統医療士に伝統的な薬草の使い方について聞き取りを行っており、参考資料を作成しているところである。

 もう一つは、薬草栽培農家の市場へのアクセスの改善だ。センターが良質な薬草原料を州内の生産農家から買い取り、一次加工と品質管理を通して国内外に販売している。ミャンマーの製薬業界をリードするFAME Pharmaceutical Co.,Ltdは、加工原料を供給することに加え、生産から加工、そして製造までの一貫した品質管理体制の整備に共に取り組んでいる。

東京農業大学とも連携し人材育成も促進

 最後の一つは、薬草資源に関する人材の育成だ。州政府の行政官や地場農家の能力強化を目的としたセミナーを開いている。また、薬草資源の持続的な生産・加工・分析・品質管理といった工程での技術力の向上にむけ、2018年10月23日にカレン州政府、東京農業大学、日本財団の間で三者包括連携が締結された。今後、薬草資源センターや州内教育機関を中心に、地元の要望を取り入れつつ、身近にある資源の特性や可能性を見出すことの面白さに気付いたり、実践的な技術を修得したりする機会を増やしていきたいと考えている。

 地場資源を活用した産業振興を担う人材育成を地域でどのように育てていくかは、ほとんどの地方都市が抱える大きな課題だ。このプロジェクトにおいても、若い職員が主要都市により良い機会を求めて地場を離れて行ってしまう事例は少なくない。その一方で、森林・薬草資源の身近に住むからこそ出来る仕事に意義を見出し、働いている職員達もいる。

 カレン州薬草資源センターは2016年6月、開所した。面積は現在、40エーカー(16万1,800㎡)ある。17人のプロジェクトスタッフが州にある105種の薬草の栽培と研究、農家から持ち込まれた薬草の一次加工などに従事している。2017年12月から翌年3月までに、センターでは20トンのショウガや100トンのウコンの加工を行い、センター内で栽培したノニの加工原料400kgは、FAMEPharmaceuticalが全量を買い取った。国内外の市場に製品として販売している。

 プロジェクト実施から5年、薬草資源センターとしての活動は質・量ともに拡大し、評判も高まっている。今後は地域の需要に応えビジネスモデルの確立を行うための、流通・販売経路の確保や工場の拡充が課題だ。州としても初めての取り組みとなるため、手探りなことも多いが、日本財団は引き続き州政府と連携して事業を続けていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団
国際協力チーム ミャンマー国カレン州薬草資源センター・プロジェクト担当
  
間遠 登志郎氏

 1959年生まれ。86年に青年海外協力隊員としてガーナに赴任。89年から2010年まで国際NGO笹川アフリカ協会(15年より(一財)ササカワ・アフリカ財団)の職員として、ガーナやエチオピアで農業開発支援に従事。10年より(公財)日本財団の職員としてタイ、ミャンマーで農 業開発支援に従事。英国ウェールズ大学で修士号取得、レディング大学博士課程中退

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載

PROJECT FOCUS
カンボジア

<無償資金協力>
 
  

観光客の安全を確保し遺跡価値を高める

  
 

 

カンボジア
アンコール・ワット西参道修復機材整備計画

コンサルティング:インテムコンサルティング㈱
機材調達:三菱商事㈱            

 

 カンボジアを代表する仏教遺跡であるアンコール・ワットは、世界遺産にも登録されており、年間100万人以上の外国人観光客が訪れる。その表玄関にあたる西参道は破損が激しく、崩落の危険も高かったため、1999年~2007年、アンコール地域遺跡保護管理機構(アプサラ機構)が上智大学の支援の下、一部の修復を行った。12年、アンコール遺跡救済国際調整委員会(ICC)はアプサラ機構に対し、未修復である西参道北側の左半分について、必要な対策を取るよう勧告。これを受けて、アプサラ機構は日本に表参道修復のための機材供与を要請した。
 13年12月、日本政府はカンボジアと無償資金協力の交換公文を締結し、事前調査を踏まえて自立式クレーン、小型クローラー(履帯)クレーン、発電機、石材工具セットなど計11点の機材を供与することになった。15年12月に引渡が行われ、機材の運用指導も良く16年4月に完了した。
 クレーンの活用は効率的な作業に欠かせないが、参道は多くの観光客がいることもあり、トラッククレーンを走らせることは難しい。このため石材置き場にホイールクレーン、西参道入り口近くに自立式クレーンを建て、参道の周りに小型クローラークレーンを配置して、バケツリレーの要領で資材を運搬する方法を取った。
 上智大学も、クラウドファンディングで資材購入費、現場作業員の人件費などを確保するなど参道修復事業を支援している。これら支援によって、観光客の安全が確保されるとともに、観光資源としてのアンコール・ワットの価値がさらに高まることが期待されている。

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載

 

Photo Library

NEWS&TOPICS 新しい形の社会課題解決を模索

ラボの運営にあたるKRCの関口洋介氏(左)と山本侑氏(右)

 

コーエイリサーチ&コンサルティング

―「KRCソーシャル・イノベーション・ラボ」を設立

 

(株)コーエイリサーチ&コンサルティング(KRC)は2018年11月30日、新しい社内組織として「KRCソーシャル・イノベーション・ラボ」を設立した(Webサイトhttps://www.k-rc.co.jp/sil)。
これまでの開発途上国支援とは異なる、社会課題の解決方法を探るプラットフォームとしての役割が期待されている。

 

イノベーション創出のハブに

 モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータなどの革新的技術の普及が、開発途上国でも急速に広まっている。こうした中、開発コンサルタントにも新しい技術の活用や従来の枠にとらわれない提案が求められるようになっている。KRCは、開発途上国の現場で活動する社員が普段から抱いている問題意識やアイデアの中に、国際開発分野に期待される革新的な社会課題解決へのヒントが隠されていると考え、社内に「KRCソーシャル・イノベーション・ラボ」を設立した。社員が培ってきた知見や問題意識を起点として、社員自らが主体となり革新的なアイデアで開発途上国の社会課題を解決していくのが、ラボのねらいだ。ラボでは、AIなどを含むコア技術の研究開発を担う中央研究所(茨城県つくば市)を含む日本工営グループのリソースと、国内外のネットワークを最大限活用しながら、イノベーションの実証・普及に取り組む。分野・業種を問わずさまざまな企業や研究機関、自治体、NGO/NPOと積極的に連携し、国際開発分野におけるイノベーション創出のハブを目指す。これらを持続的な活動とするため、社会への啓発や当該国政府への働き掛けを通じた新しい法律や制度の導入・改革を含むあらゆる手段を通じて、社会の仕組みそのものの変革にも取り組む予定だ。ラボのアドバイザーでもある岡本哲朗会長は、「社員の多くは開発途上国の発展に貢献したいという志を持ち開発コンサルタントになった。だが、今後は政府開発援助(ODA)のみがその志を果たす選択肢ではなくなってくるだろう。そうした未来を見据えてチャレンジしていく必要がある」と語る。

 

社内の組織風土改革の契機に

 KRCは、ラボの設置をきっかけに、これまでどうしても受け身になりがちであった開発コンサルタントの仕事への向き合い方にも一石を投じたいと考えている。ODAの枠組みや従来の発想にとらわれない社会課題解決のアイデアを積極的に検討することで、社員のモチベーション向上を図り、主体的に挑戦していけるような企業風土の形成を目指すのだ。
 そうした環境づくりを通して、KRCは開発コンサルタント一人一人の能力向上も図っていく。特に重要視するのが、持続可能な開発目標(SDGs)を契機に途上国支援の資金の流れが公的機関から民間へとシフトしつつある中で、付加価値の高いコンサルティングサービスを提供できる人材の育成だ。
 同社の神山雅之社長は、「次世代を担う社員のモチベーションを向上させ、自ら成長できる場を作ることが、会社の業績にも影響してくる」と述べた上で、「若手人材の活性化は開発コンサルティング業界全体の活性化にもつながるはず」とも、期待を込めて語った。

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載

PROJECT FOCUS
スーダン

<無償資金協力>
 
  

首都郊外の人口集中地域に母子保健の拠点を建設

  
 

 

スーダン
ハルツーム州郊外保健サービス改善計画

コンサルティング:コーエイリサーチ&コンサルティング
設計事業部 次長 西山謙太郎氏   

 

本プロジェクトは、30数年ぶりのスーダンにおける建築分野の援助案件として実施された。
2018年11月に現地で開かれた施設の引き渡し式から戻ったばかりのプロジェクト業務主任、西山謙太郎氏に話を聞いた。

 

―まずはプロジェクトの内容についてお聞かせください。
 

西山:ウンバダというハルツーム州の中で最も人口が多いローカリティ(郡)で、2階建ての母子保健病院を建設しました。病院として適切な環境の下、産後検診からから分娩、手術、産後のケアまですべてを行えるもので、これら機能に応じて機材も納入しています(施設概要と納入された機材は別表を参照)。この施設は、医学生の研修にも活用される予定です。
 ウンバダ郡には、220床を有する唯一の総合病院がありましたが、構造上の問題で建物が崩壊寸前となり運営を停止していました。このため2014年の現地調査時には、この地域に総合病院が一つもありませんでした。当郡の年間分娩数は約45000件と推測され、医療施設で安全に分娩することが求められる中、産科を診る病院が一つもないのですから、母子保健病院の建設は最優先の緊急課題でした。

―産科病院としてはどのようなレベルになりますか。

 西山:第二次医療施設という位置づけですが、手術室や集中ケアの出来る新生児室を有し、年間5000分娩に対応できますので、日本なら断然全国一の規模です。隣郡のオンドゥルマンには国トップの母子病院があるのですが、そこでは年間3万6000人の赤ちゃんが生まれます。
1日約100人。すごいですよね。
 また、現地からは「日本が造る清潔感のある、他と比べて質の高い病院にしてほしい」という期待を受けていましたので、それも心掛けています。ハルツームの住民は「少し遠くてもより整備された信頼できる病院で出産したい」と病院を選択するのが普通です。また、医者もいい環境で仕事ができた方が意欲が増しより長く働いてくれる可能性もあります。ですので、患者にとってだけでなく、医療従事者にとっても、「魅力ある病院」であるというのは大事なことです。

―そのための設計や施行の段階で留意したことはありますか。

 西山:妊婦のための病院という事で、段差のないバリアフリーとし、かつ検診や出産は1階の平面移動でアクセスできるよう安全性に配慮しています。また、医療従事者も患者もほぼ女性であることから、女性のための控室や便所など十分なスペースを確保しています。さらに高温で乾燥し砂ぼこりの多い気候に対して、維持管理コストの少ない外壁の仕上げを行い、待合スペースでは通風ブロックを用いた自然換気を採用しています。
 医療機器は、スーダン側保健省や現地の医療従事者が望んだこともでもありますが、ほとんど日本製です。日本の機材に対する信頼性は非常に高く、37年ほど前に日本の無償資金協力で整備されたイブン・シーナ病院では、当時の機材を今でも大事に使い続けています。当時は施設資材もかなり日本製品を採用しており、建具などは全く壊れていない。丈夫であるべきところは、日本や欧州の質の良い材料を使うべきだと思いました。

―このプロジェクトの意義はどこにあるでしょうか。

 西山:ハルツーム州全体の分娩需要の25%を占めるウンバダ郡に、近代的な母子病院施設が出来たことで、州全体の母子保健医療サービスの範囲拡大と質が底上げされ、他地域の病院混雑の緩和など地域格差改善につながっていくことが期待されます。

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載

 

 

Photo Library

PROJECT FOCUS
ラオス

<無償資金協力>
 
  

輸入電力に頼らないための地方電化

  
 

 

ラオス
小水力発電計画

コンサルティング:東電設計㈱、東京電力㈱※
※契約当時の社名。
施設建設:㈱安藤・間           

 

 

 ラオスは、地方部を中心に電力の供給が遅れており、2000年時点の世帯電化率は36%にすぎなかった。そこで同国政府は「2020年までに世帯電化率を90%に引き上げる」との目標を掲げ、12年上半期に同国全体で80.1%を達成した。他方、中国と国境を接する最北部のポンサリ件は23%と同国で最低の世帯電化率に留まっていた。
 ポンサリ県を含む地方部では、発電施設から数百kmにわたって電力を供給している場合が多い。このため途中で電圧低下や送電ロスを招きやすいほか、送電施設などの事故の影響が広範囲に及びやすいなど、問題が山積していた。さらに同県では不足する電力を中国から年に約3ギガワットも輸入しており、これが財政の大きな負担ともなっていた。
 このため、本計画ではポンサリ県に環境負荷が少ない少水力発電所が建設された。加えて周辺の実電力化集落に向けて合計58kmの配電線も敷設された。水車や発電機は日本から調達したものだ。発電所は同県が保有し、電気料金の徴収も行う。発電所の運転、維持・管理については新たに設立された県地方電化基金が担うが、本事業では同基金の能力向上のための支援も併せて実施した。
 工事は13年12月から始まり、15年2月末に完了した。竣工式ではポンサリ県副知事が発電機のスイッチを入れ、関係者と喜びを分かち合った。同県の電力の大半を輸入に頼らず供給できれば、電気料金も抑えられ、現地住民の生計向上が期待できる。同県では引き続き電化事業を推進し、2020年までに世帯電化率70~80%の達成を目指すという。

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載
 

Photo Library

国際協力の現場と連携し課題を解決できる人材を育成
<明治大学>

写真:途上国の開発戦略を考えるワークショップ


明治大学 情報コミュニケーション学部

途上国の「カイゼン」を題材に

 10の学部、12の大学院研究科などを擁する明治大学は、世界で活躍できる「未来開拓力」に優れた卒業生(毎年約8,000人)を社会に送り出す『世界へ! MEIJI8000』プロジェクトを実践し、留学、インターンシップなどのアクティブラーニングや英語力強化プログラム、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の大学との連携など、大学全体で国際化に取り組んでいる。

 中でも、注目されるのは2004年に創設された情報コミュニケーション学部だ。同学部はこれまで「情報が新たなコミュニケーションを促進し、コミュニケーションから情報が生まれる。つまり両者は一体化したプロセスである」という考え方の下、社会科学を軸に文系・理系を融合した多様なアプローチで、インターネットやスマートフォンの普及により高度情報社会に突入した世界の課題解決に挑んできたが、昨年から、新たに国際協力機構(JICA)研究所の招聘研究員でもある島田剛氏を准教授に迎え入れて、国際協力分野の教育にもさらに注力し始めた。

 国際経済学が専門の島田准教授は、途上国企業の品質・生産性向上を目指すJICAの「カイゼン」プロジェクトに深く関わってきた。「現在は、アフリカでも『カイゼン』の普及が進められています。課題もありますが、企業経営、職場のチームワークの向上など、多くの成果を上げているのも事実です。学部生にとっても、途上国の経済発展をどう導くか考える絶好の題材となるので、講義でも積極的に取り上げています」と、島田准教授は話す。

JICAセミナーに学生が参加

 昨年9月には、学部生を対象とした合宿を山梨で行い、今年、日本で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD Ⅶ)への提言案を作成した。今年も同様の合宿を開く予定だ。また昨年12月、都内で「カイゼン」プロジェクトをテーマとしたJICA・国際開発学会共催のセミナーが開催され、島田准教授が提案者であったこともあり、学部生もセミナーの運営に参加し、「カイゼン」の現状や課題を知った。

 今後は、JICA職員を招いての講義や、島田准教授が共同研究を行ってきているノーベル経済学賞受賞者・スティグリッツ教授(米国・コロンビア大学)との協力強化なども計画している。「JICAを含めた現場と当学部をリンクさせることで、若い学生に国際協力への関心を持ってもらうことを目指しています。学生の皆さんには、実際に国際協力プロジェクトを動かせる人、そして途上国全体を見て、現地の人の幸せを国単位で考えられるような人になって欲しいと思います」と、島田准教授は期待を込めて語った。

『国際開発ジャーナル』2019年2月号掲載
#大学の国際化最前線 #明治大学 #情報コミュニケーション学部

日本の水産開発モデルのさらなる展開を

写真:西アフリカ・セネガルの首都ダカールの魚市場の様子


日本は四面を海に囲まれ、古くから豊富な海の恵みを受けてきた。漁業技術は発展し、漁船や漁具などの機材もより効率的なものへと開発されてきた。こうした日本の水産業は、開発途上国への協力においてもさまざまな形で貢献している。その実績と展望を、水産分野における政府開発援助(ODA)に長年取り組んできたOAFIC(株)の石本惠生会長が語る。

アフリカまで伝播した漁労技術

古くから日本の漁師は、東南アジアの海や太平洋の島嶼国へカツオ漁に出掛け、現地に住み着くなどして日本の漁労技術を伝播してきた。

その技術は遠くモロッコにも伝わっており、1920年代には既に日本製の漁具資材が同国に輸出されていた。日本の漁網は糸も強く、仕立てがしっかりしていて破れにくいと、現地の評判は高かった。

さらにアフリカでは、日本の漁業調査船が1959年、北西部の海域で底引き網船の一種であるトロール船の試験操業を行い、同海域がタイ類、モンゴウイカ、タコなどの好漁場であることを明らかにした。以来、モロッコ、モーリタニア、セネガル、ギニアなどアフリカ大陸の東大西洋沿岸海域に日本のトロール船団が多数進出し、新漁場を開拓した。最盛期には100隻ほどの日本漁船が操業し、漁獲物を日本に供給した。

ただ、次第にこれら沿岸国はナショナリズムの高揚とともに日本企業との合弁の設立を要請し、領海内や接続水域での漁業について高額の入漁料や制限を課すようになった。入漁交渉の難航や漁獲物の割り当て制限などにより、日本企業はこの海域での操業や運営の採算が取れなくなり、1980年代には撤退する結果となった。

OAFIC(株)会長石本 惠生氏
無償と技協の連携で効果高める

ODAによる水産無償資金協力は、1973年、アジア諸国との漁業交渉などを側面的に支援するために創設された。アフリカでも、沿岸国と入漁交渉などが進められていた76年以降は、現地の水産開発を目的に積極的に活用されるようになった。

例えば、1960年代からODAによるさまざまな協力が行われてきたセネガルでは、1977年、水産無償資金協力として数百台の日本製船外機が供与された。これをきっかけに、日本製の船外機がアフリカ全体の沿岸漁業で普及した。他にも、91年に水産無償資金協力として首都ダカールにダカール魚市場が建設され、大きな成果を挙げた。

魚市場は、開業当初から素晴らしい活気を呈し、数年後に荷捌き場が拡張された。現在は、西アフリカ随一の鮮魚取引量を誇るまでに成長し、同国の経済発展に大きく貢献している。

さらに日本は、同国の水産分野において、開発調査や技術協力プロジェクト、専門家の派遣など、ソフト分野のより細かい技術協力を実施した。これらの支援により、同国の水産資源量の評価や、具体的な零細漁業の振興計画作成、それに基づく施設整備や開発政策の実行などが推し進められた。その結果、さまざまな水産開発プロジェクトが実現した。

世界のモデルに

このような水産無償資金協力と技術協力を連携させた日本独自の水産協力は、非常に効果の高い水産開発モデルとして、世界各国でも展開されている。

そして、資源開発から水産物の国内外での流通促進、国民の栄養タンパク質の供給、資源の有効利用、環境保全など、水産業の振興だけでなくあらゆる面で成果を示している。

今後は、この水産開発モデルを世界各地にさらに広げて行くために、開発調査の段階で途上国にとって必要性が見えてきた案件の実現に熱意を持った開発コンサルタントが必要である。

『国際開発ジャーナル』2019年2月号 分野別特集「水産」掲載
#OAFIC #水産
2019.01.01

PROJECT FOCUS
ミャンマーNo.02

写真:2018年2月現在の避難所周辺(2015年度植栽)

 
<無償資金協力>

生態系を活用した防災「グリーン・インフラ」


 

ミャンマー
沿岸部防災機能強化のためのマングローブ植林計画

コンサルティング:国際航業(株)
施設建設:(株)安藤・間    

 

ミャンマーは、東南アジアの中でも森林の減少率が高い。原因は、薪炭材の収穫や水田・養殖場などの開発に伴う無秩序な伐採だ。特にエーヤーワディ・デルタのマングローブ林では、2007年までの6年間だけで約4万7,000ヘクタール(奄美大島と同程度)が消滅した。 さらに、08年には14万人もの死者・行方不明者を出したサイクロンが発生し、同デルタのマングローブ林に壊滅的な打撃を与えた。一方、この災害の後に、マングローブ林がある場所では、他に比べて高潮による被害が少なかったことも確認された。ミャンマー政府はマングローブ林の復旧を目指したが、被害が甚大なため単独で実施するのは資金的に難しく、日本に協力を要請した。

 これを受け、本計画では1,154ヘクタールという広大な土地(千代田区に相当)に240万本強の植栽が実施された。これまでに類を見ない大規模な植林事業であることから、効率よく実施するために日本の総合建設業の施工管理能力が必要とされ、東日本大震災の復興事業で防災緑地を整備した実績がある(株)安藤・間が受注した。植林事業は、さまざまな改良を加えながら13~17年にわたって実施され、プロジェクトの初期に植えられたマングローブは既に数メートルの高さに成長している。

 今回のプロジェクトによって、約21万人が住む同デルタ地域ではサイクロンによる被害がより効果的に緩和されることとなる。さらに、これまでに類を見ない規模で行われたこのマングローブ植林は、生態系を活用して防災・減災を行う「グリーン・インフラ」の先駆的事業であり、今後、東南アジアを中心に類似の取組みがなされていくものと期待される。

 
『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載
 

Photo Library

 

PROJECT FOCUS
ミャンマー

写真:推進工法による地中での掘削と推進管の埋設工事

 

<無償資金協力>
   
     

漏水を一掃し給水サービスを抜本的に改善

  
 

 

ミャンマー
ヤンゴン市上水道施設緊急整備計画

コンサルティング:(株)TECインターナショナル
施設建設:戸田建設(株)           
ポンプ更新:(株)酉島製作所            

 

ミャンマーの旧首都・ヤンゴン市は約510万人が居住するが、そのうちの約42%がヤンゴン市開発委員会(YCDC)の上下水道サービスを利用している。2012年3 月、日本の経済産業省がYCDCのサービス改善のための調査を行い、優先すべき事業としてニャウフナッピン浄水場のポンプ更新と、同市内のほぼ中心にあるヤンキンタウンシップの老朽配水管の更新を挙げた。

 この浄水場はヤンゴン市の総給水量の約4割を担うが、4台の送水ポンプのうち2台が故障したままだった。また、ヤンキンタウンシップでは、配水管の老朽化による漏水が50%を超えるほど深刻で、水の噴出に伴う交通渋滞も頻発していた。同市の人口は増加傾向にあり、水需給は逼迫していたが、YCDCの独自予算による施設の更新・整備は困難であった。同国政府は日本に協力を要請し、13年9月に本計画が始動した。

 配管の更新は、配水池からダウンタウンに送水する大口径(主管直径1,000mm、他に側管2本)の配管工事(延長2,982m)と同タウンシップ内の配水管工事(延長12,842m)の2つのコンポーネントから構成された。大口径の配管工事では、幹線道路を横断する際には推進工法が採用されたが、これは、通常の開削工法では交通を遮断しなければならず、交通量の多い幹線道路の機能に極力影響を与えないための配慮であった。

 また浄水場へ新たなポンプ場を建設し、4台の送水ポンプを新設置する工事も同時に行われ、16年5月にプロジェクトは完了し、対象地域ではきれいな水がほぼ一日中利用できるようになった。今後は、水道料金収入が増え、YCDCの安定的な経営と健全な給水サービスがもたらされるものと期待される。

 

『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載

 

Photo Library

 

 

日本財団 連載第17回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:「東京アルビニズム会議」にはアフリカ等9か国から当事者や専門家らが集まった

 

アフリカ「アルビノ狩り」の現実明るみに ―日本初「東京アルビニズム会議」が問う多様性の意味

 

狙われる身体

 「襲撃してきた隣人は、私の右腕を切り落としました。そして、外で待ち受けていた男にその腕を投げ渡しました」。今から10年前に自らの身に起きた襲撃事件の生々しい一部始終を語るのは、タンザニアの36歳の女性、マリアム・スタフォードさんだ。当時2歳だった息子と就寝中、突然、隣人を含む4人の男たちに襲われ、両腕を切り落とされる重傷を負った。狙われたのは、彼女がアルビニズムだったからだ。

 アルビニズムとは、メラニン色素合成の減少や欠損が原因で、民族や人種、性別に関わらず出生時から皮膚、毛髪、目の色が薄くなる遺伝性疾患である。日本では白皮症、先天性色素欠乏症、アルビノなどと呼ばれる。一般的に、アルビニズムの人々は白い肌と髪を持ち、弱視などの視力障害を伴う場合が多い。また、直射日光に弱いため、日焼け止めなどで肌を守ることが必要とされている。日本では6,000人が、北米や欧州では1万7,000人に1人がアルビニズムと推定されているが、アフリカのサハラ砂漠以南の地域(サブサハラ)ではさらに多く、特にタンザニアでは1,400人に1人がアルビニズムであると言われている。

 その外見から、世界各地で誤解や偏見の対象となることも多いが、特に深刻なのがサブサハラ だ。この地域では、古くから「アルビニズムの人々は幽霊」だと信じられてきた。近年ではさらに、その肉体が幸運を呼ぶとして、呪術に使用する目的でアルビニズムの人々の身体の一部を切断したり、誘拐や殺害したりする事例が数多く報告されており、大きな問題となっている。冒頭でマリアムさんが襲われたのも、彼女の両腕を売って利益を得ようとした者たちによる犯行だった。

 このような状況を受け、国際社会では問題解決に向けた取り組みが進められている。国連は2015年、独立専門家を任命し、世界のアルビニズムの人々が直面する問題や現状についての報告と対策への提言を求めた。また、毎年6月13日を「国際アルビニズム啓発デー」とすることが決まり、欧米を中心にこの深刻な人権問題に取り組もうという気運が高まりつつある。しかし、日本国内では、アフリカで起きている事態も、アルビニズムという疾患についても、あまり認知されていないのが現状だ。

教育や正しい知識の普及の重要性を認識

 そこで、日本でもこの問題を知ってもらおうと2018年11月9日に開催されたのが、「東京アルビニズム会議」だ。日本財団が主催し、国連独立専門家のイクポンウォサ・イロ氏の協力の下、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ケニア、ナイジェリア、南アフリカなどアフリカを中心とする世界9カ国から、当事者、支援者、専門家ら14人が登壇した。登壇者はそれぞれ、自分たちの国の状況を報告し、持続可能な対策についての議論が行われたが、人が「狩られる」という非人道的な現状に対して、教育、正しい知識や情報の普及、啓発が重要であるという共通の認識が示された。

 独立専門家によると、過去10年でアフリカ28カ国において報告された襲撃件数は700件にも上り、その被害の多くは女性や子どもだという。アルビニズムの子どもを産んだ母親と生まれてきた子どもは、家族や地域の人々の無知により、困難な生活を強いられ、襲撃の対象となりやすい。また、学校教育においても、教師たちの理解不足により、視力の弱い子どもたちは適切な教育を受けられないまま落第してしまうことも多い。そのような背景から、大人になっても職業の選択ができず、脆弱な存在であり続けることが、襲撃のリスクをさらに高めている。まずはこの悪循環を断ち切る必要がある。そのためには何が必要か。持続的な取り組みのために私たちには何ができるのか。会場の参加者が深く考える機会となった。

尊厳を持つことの大切さを問う

 会議には、日本人当事者として立教大学の矢吹康夫助教、国際協力機構(JICA)職員の伊藤大介氏も登壇した。アフリカと状況は違うが、アルビニズムの人たちが直面する問題は万国共通だという話に、各国から集まった当事者たちが共感した。

 最後に、会場の日本人女性が質問した。「(アルビノとして)私はずっと、普通になりたい、人と違う自分は社会に受け入れてもらえないのか、と思って生きてきました。でも今日、皆さんのお話を聞いて強くてすてきだなと思いました。自分に自信を持てるようになるにはどうしたらいいですか」。

 この問いに、世界初のアルビニズムのモデルでジャズシンガーのコニー・チュウさんは、「私は両親からずっと『私たちは皆、1人の個人、皆違うし、皆ユニーク』と言われて育ってきた。だからあなたも、自分を信じて、自分に投資して。あなたから自信を奪うような人たちからは離れるといいわ」とアドバイスした。「東京アルビニズム会議」は、アルビニズムという特定の問題だけでなく、人種や国籍も超え、私たち一人ひとりが多様性を尊重し、尊厳をもって生きることの大切さを問う場となった。

 国連では、「持続可能な開発」のための「誰一人取り残さない社会の実現」というゴールに基づき、アルビニズムの問題について、2021年までの地域行動計画をまとめている。また、関連する取り組みについてはオンラインプラットフォーム(https://actiononalbinism.org/)で情報を得ることができる。まずは、これら情報を積極的に共有し、日本国内の関心を喚起すると共に、今後の関わり方を検討していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 特別事業運営チーム   田中 麻紀子氏

 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 国際関係大学院修了後、2007年に日本財団に入会。海洋事業部、国際事業部を経験し、現在はハンセン病制圧関連事業を行う特別事業運営チームにて、主に広報業務を担当

『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載

Urgent Need to Actualise the Vision India Pacific Strategy and African Development By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

Compass 急がれるビジョンの具現化 インド太平洋戦略とアフリカ開発 荒木光弥
『International Development Journal』 2019 January edition
US Bankrolling Intentions

In 2019, it is predicted that confrontation between the US and China in the Indo-Pacific will intensify further. The Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) Summit, held in Papua New Guinea on November 17-18, 2018, made that clear. More moderate US Vice-President Pence criticized China’s “Belt and Road Initiative” policy, as well as their aggressive infrastructure export business that fails to consider the financial capacity of the recipient countries.

However, despite the difference in value with regards to China, Japan cannot dismiss this as another person’s affairs. As a result of the confrontation between the US and China, the APEC Summit concluded without their being able to announce a Leaders’ Joint Declaration. However, for the first time in a while, one could see the brave figure of the United States as a world leader. The US Administration announced its intention of investing a total of $1.4 trillion in the India-Pacific strategy and another $60 billion in infrastructure. This may have a major impact, not only on China, but also on Japan.  Japan’s businessmen, who paid close attention to infrastructure construction based on China’s Belt and Road Initiative policy, must have been surprised to see such bankrolling behavior by the US.

Pacific Perspective and Thinking

 Yohei Sasagawa, chairman of the Japan Foundation, which supports the Pacific island countries, insists that Japan should pay more attention to the “One Road” out of China’s “Belt and Road Initiative”. “One Road” means the Asia Pacific. And the Pacific island countries have reached a time when they cannot be said to be merely a gathering of small island countries. A region linking islands in the vast Pacific Ocean has new value ​​that is comparable to that of a large continent. If one of them is ruled by a different sense of values, the traditional order of the Pacific will change.  In addition to Japan, Australia and New Zealand, which are members of the Pacific Ocean, this will undergo a major impact in terms of the peace and stability of ASEAN.

For example, Japan should be more serious about the development and independence of Palau, a strategic location on “the Second Island Chain” toward China. Although the current Palau President is pro-Japanese and pro-American, it is said that the next generation will inevitably yield to China’s huge money power. There is little room for optimism.

However, the Japanese government and the business community look at the Pacific island countries with only economic and market values, and do not consider the political and economic potential as a vast ocean space connecting many island countries by lines.  In the provision of official development assistance (ODA), it is easy to determine the amount of aid simply by the population ratio without determining the potential value.

Recently, one point in the huge ocean area of ​​the Pacific Ocean was broken. Vanuatu and Papua Guinea, most closely located to Australia, allowed China to develop ports with potentiality for military use. On the other hand, these island countries are now saddled with more debt.

However, from standpoint of China, since the establishment of a socialist regime, China has been surrounded by a so-called “Bamboo Curtain” of the western side and was blocked from coming down to the southern Asia-Pacific and Indian Ocean during the Cold War era of the 1950’s – 1970’s.However, China promoted a “reform and open policy” from the late 1970s, and, at the same time, it has expanded its power overseas. As the nation’s power increases, it has rapidly developed its military presence in the South China Sea and East China Sea. This is an action that can be called a kind of past reaction.

Apply ODA to the Indo-Pacific Strategy

On the other hand, Japan responded sharply to the movements of China and Prime Minister Abe, in 2007, addressed a speech named “Confluence of the Two Seas—the Indian Ocean and the Pacific,” at the Indian Parliament. It was developed to a “Free and Open Indo-Pacific (FOIP)”strategy. In particular, watching China’s  military expansion in the South China Sea and East China Sea, he has emphasized the values ​​such as freedom of navigation and the rule of law. He also calls for economic prosperity by strengthening connectivity through infrastructure development.

Such ideas do not necessarily counter China’s regional expansion into the Pacific Ocean and Indian Ocean. For Japan, the Indian Ocean is not only a sea-lane for oil transport from the Middle East, but also for trade with Europe and East Africa. It plays an important role as a sea route in terms of economic development and economic advancement in coastal countries.

Under these conditions, Japan has started to develop the Malacca Strait channel and has supported the development of ports that can be stationed for maritime routes from the Pacific Ocean, the Indian Ocean, and the east coast of Africa. However, such ODA achievements are not been well known widely. It is very disappointing.

On the Pacific side, ODA supports Port Vila port repair in Vanuatu, Apia port repair in Samoa, Patinban port development in the suburbs of Jakarta in recent cases in Indonesia, Sihanoukville port development in Cambodia, Laem Chabang port and Sattahip port in eastern Thailand. It also supports Thilawa port on the Indian Ocean side of Myanmar, improvement of the Colombo port and Trincomali port in Sri Lanka, Mombasa port development in Kenya, Nacala port development of Mozambique, expansion of Toamasina Port in Madagascar, and ferries to Djibouti.

Japan has supported the development and maintenance of ports in the world as a maritime nation and a trading nation. The results compare favorably with China’s BRI. Unfortunately, however, the extent to which the ODA results are linked with the national vision is unclear. Continuity is power. In this case, it will be necessary to re-examine each port development and maintenance by ODA from a strategic perspective.

Finally, I would like to raise an issue. How should it be linked to African development with the Pacific-Indian Ocean? I want the government to embody that strategy. The 7th Tokyo International Conference of the African Development (TICAD 7) in Yokohama is also coming soon. From now on, it is necessary to encourage countries facing the Pacific Ocean, such as Canada, USA, Australia, New Zealand, to participate in the development planning of TICAD. It is precisely the Pacific-Indian-Linkage Program. I would like TICAD 7 in Yokohama to take a leap from a different angle.

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

***** 以下、日本語原文 *****


羅針盤 急がれるビジョンの具現化インド太平洋戦略とアフリカ開発

米国の大判振る舞いの意図

 2019年は、インド太平洋を巡る米中の対立がさらに激化することが予測される。そのことを明示したのが、昨年11月17~18日 にパプアニューギニアで開催され た、アジア太平洋経済協力 (APEC)首脳会議であった。あの温厚なペンス米副大統領が、中国の「一帯一路」政策をはじめ、相手国の財政能力を考慮しない強引なインフラ輸出商法を厳しく批判した。

 もっとも、中国とは価値 観の違いこそあれ、インフラ輸出で全力疾走している日本にとっては、決して他人事とは言えない。米中の対立は、慣例になっている首脳宣言をもまとめることができずに終わった。だが、久しぶりに世界のリーダー国家としての米 国の勇姿を見ることができた。米国は「自由で開かれたインド太平洋戦略」として、インド太平洋への総額投資額1兆4,000億ドル(約57兆9,500億円)、そしてインフラ支援として600憶ドル(約6兆 8,000億円)という驚くべき巨額の資金投入計画を表明した。これ は中国のみならず日本にも大きなインパクトを与えたのではないか。中国の一帯一路政策に基づくインフラ建設に色気を見せていた日本の財界人たちも、米国の大国らしい大盤振舞いには肝をつぶされる思いだったに違いない。

太平洋の見方、考え方

 太平洋島嶼国を応援している日本財団の笹川陽平会長は、日本にとって中国の言う「一帯一路」のうち、「一路」が重視されるべきだと主張する。「一路」とはアジア太平洋を意味している。そして太平洋島嶼国は小さな島国の集まりであると言えない時代になっている。 広大な太平洋に点在する島々を線で結び合わせた海域は、大きな大陸に匹敵する新しい価値観を有している。もし、その中の一島でもこれまでと異なる価値観で支配されると、太平洋の伝統的な秩序が乱れることになる。太平洋の一員でもある日本、オーストラリア、 ニュージーランドのみならず、 ASEANの平和と安定にも大きな影響を与えることになる。 例えば、日本は中国に対して第2列島線上にある戦略的要衝の地・ パラオの自立発展にもっと親身になって支援すべきだ。現大統領は親日・親米だが、次の世代になると、間違いなく中国の巨額のマネー作戦に屈する恐れがあると言われる。決して楽観は許されない。

 しかし、日本政府も財界人も、太平洋島嶼国をただ経済的・市場的な価値観だけで捉えて、多くの島嶼国を線で結んだ広大な海域空間としての政治的・経済的な潜在的価値を見出さない。政府開発援助(ODA)の供与も単純に人口比率で援助額を決めがちである。最近、太平洋の巨大な海域の一点が崩された。オーストラリアの面前のバヌアツやパプアニューギニアは、中国の軍事的色彩の強い港湾開発を許し、自らは巨額の借金に苦しむ破目になった。
ただ、中国側に立ってみれば、中国は社会主義政権を樹立して以来、50年代、60年代、70年代の冷戦時代に西側(欧米日)によって中国のアジア太平洋への南下を阻止する、いわば“竹のカーテン”で包囲され、太平洋、インド洋への出口がふさがれていた。

 だが、中国は1970年代後半からの「改革・開放」政策の下で開かれた国になると同時に、海外への進出が可能になった。国力が増大すると、一気に南シナ海、東シナ海への軍事拠点化を推し進めることになった。これは、一種の過去の反動とも言える行動である。中国にとって、外洋展開が可能になるにつれ、一帯一路の一帯化(外洋進出)は歯止めがきかなくなる。

ODAをインド太平洋戦略に生かせ

 一方、日本では中国の動きに鋭く反応し、安倍首相は第一次政権時代の2007年に、インド国会で「インド洋と太平洋の2つの海の交わり」と演説した。それ以来、「自由で開かれたインド太平洋戦略」と呼ばれるようになった。特に、中国が南シナ海や東シナ海での軍事拠点化を強引に進めることに対し、航行の自由、法の支配などの価値観を強調してきた。そして、インフラ整備などを通じた連結性の強化による経済的繁栄も求めている。

 この考え方は、中国の太平洋、インド洋への一帯的進出に対抗したとは言わない。だが、日本にとってインド洋は中東からの石油輸送のシーレーンであると同時に、ヨーロッパとの交易、アフリカ東海岸諸国での経済開発、経済進出という面での海上ルートとして重要な役割を担っている。

 そういう条件下で、日本はマラッカ海峡の航路整備から始まり、太平洋、インド洋、アフリカ東海岸にいたる海上ルートの拠点とも言える港湾開発を援助してきた。しかし、こうしたODA実績は広く世間に伝わっていない。非常に残念なことである。

 太平洋側では、バヌアツのポートビラ港改修、サモアのアピア港改修、インドネシアの最近の例ではジャカルタ郊外のパティンバン港開発、カンボジアのシアヌークビル港整備、東部タイのレムチャバン港やサッタヒープ港、インド洋側ではミャンマーのティラワ港、スリランカのコロンボ港やトリンコマリ港整備、ケニアのモンバサ港開発、モザンビークのナカラ港開発、マダガスカルのトアマシナ港拡張、ジブチへのフェリー供与などをODAで支援している。

 日本は海洋国家、貿易立国として世界の港湾開発・整備を援助してきた。その実績は、中国の一帯一路にひけをとるものではない。ただ、残念なことであるが、ODA実績がどこまで国家ビジョンと連動していたかは判然としない。継続は力である。この際、戦略的な視点で、ODAによる各港湾開発とそのメンテナンスをもう一度再検討する必要があろう。

 最後に問題提起したいことがある。それは太平洋―インド洋を連結させながら、アフリカ開発にどう結びつけるべきかである。政府にその戦略を具体化してもらいたい。横浜での第7回アフリカ開発会議(TICAD7)も間近に迫っている。これからは、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなど太平洋に面する国々も、インド洋経由のアフリカ開発計画立案に参加するよう働きかける必要があろう。それはまさに、太平洋―インド洋リンケージ・プログラムである。横浜でのTICAD7はこれまでと異なるアングルから躍進させてもらいたい。

『国際開発ジャーナル』主幹 荒木 光弥

『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載
#羅針盤 #SDGs #English

PROJECT FOCUS
コンゴ民主共和国

 

 

 

写真:街路灯も整備され、改修工事が完了したポワ・ルー通り

 

<無償資金協力>
 
  

道路を改良しながら「日本式」配慮を示す

  
 

 

コンゴ民主共和国
キンシャサ氏ポワ・ルー通り補修及び改修計画

コンサルティング:(株)アンジェロセック
施設建設:北野建設(株)           

 

コンゴ民主共和国の首都キンシャサ市は、アフリカ屈指の大都市だが、深刻な交通渋滞という問題を抱えていた。舗装の老朽化と毎年の大雨による損傷で、雨期には通行が困難になるほど道路状態が悪化したためだ。特に、国際空港を擁し人口も稠密なンジリ地区とキンシャサ市の中心部を結ぶ「ポワ・ルー通り」は、沿道に位置する運輸業、製造業のための産業道路(「ポワ・ルー」は大型トラックを意味する)も兼ねていて交通量が多く、優先的な補修が必要だった。

ポワ・ルー通りの維持管理は長年の内戦で放棄されていたが、2009年11月から、全12kmのうち約4kmについて無償資金による補修事業が始動。雨期に備えて車道沿いに排水設備を設ける、バス停用地や歩道を整備するといった対策も行われた。

着工直後、同国のジョゼフ・カビラ大統領から「従来2車線の通りを4車線に拡幅して欲しい」との要請があり、数カ月に及ぶ協議の末、拡幅の箇所は同国が費用を負担し、工事は日本勢が行うことで落ち着いた。

翌年5月から第二次事業として、残りの8kmについても補修・拡幅が進められた。図面にない水道管、石油管、電線などが見つかり、撤去のため工期が遅れるという苦労もあったが、14年6月にポワ・ルー通りは完工。15年2月の竣工式には大統領も出席した。

工事中、同国の担当者が日本式の工程管理を学んだだけでなく、迂回路に車を誘導する、ほこりを抑えるため散水するといった周辺への配慮が高く評価され、日本の「質の高いインフラ」の周知に一役買った。交通渋滞も緩和し始めており、今は通りの名称も、住民アンケートで「コンゴ・日本大通り」に変わっている。

 

『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載

 

Photo Library

 

 

タイの持続的開発への挑戦 
―求められる新たな開発レジーム

経済が順調に成長し大きく発展したタイ。しかし、人口動態の変化によって、今後は新たな課題に直面することが予想される。新時代の産業育成と地方分権化の推進はいかして実現できるか。それに対して日本はどのような支援を行うべきなのか。タイの開発計画に長年携わってきた(株)アルメックVPI代表取締役の長山勝英氏が、今後の展望を語る。
タイ経済のこれから

1980年初頭から発展の階段をかけ上がったタイ経済は、今日、一世代(30年)を経て新たな開発のステージに立っている。この世代は、これまでと違う経験に備える必要がありそうだ。

タイの人口は2030年をピークに減少が始まる見込みだ。都市への人口移動のペースは減速するものの、農村人口が減少し、相対的に都市化率がさらに高まる。それに伴って、地方部では急激な高齢化や労働力不足が生じ、人口オーナスの時代に入る。

経済面を見ると、タイ経済における製造業の貢献率は高いが、農業分野の生産額も付加価値化などの恩恵を受けて近年は微増傾向にある。しかし、労働人口の減少と農村人口の高齢化により、これまでタイ経済を牽引してきた労働集約型製造業の競争力維持が困難になると同時に、農村地域で成長限界が来るだろう。加えて地球環境問題への対処は、新技術を産み出す一方で、タイを含む多くの中進国では経済成長への足枷となる。そうした未来を見据えると、タイが中進国の罠に陥らないためには、付加価値型産業の誘致だけではなく、社会的・構造的な変化を織り込む必要がある。

タイが抱える二つの課題

タイ政府が進める「12次国家経済社会開発五カ年計画(12次計画)」や「国家20年戦略」を読み解くと、来たるべき変化を踏まえた二つの開発課題が見て取れる。同国政府は、「より力強い経済発展」と「より公平な社会経済開発」を同時に実現する必要性を認識しているようだ。

前者については、中進国の罠を回避するための「産業シフト」を進め、ASEANの産業・経済リーダーとしての地位を堅持することを目指して、東部経済回廊(EEC)開発への大規模インフラ投資を行っている。そのために民間投資を内外から呼び込む政府キャンペーンが盛んだが、実現のためには国も相応の投資を覚悟しなければならない。 民間投資家からすれば、2019年2月予定の総選挙後も新政府がEEC開発政策を優先するか否かや、多彩な民間事業スキームに関する法的根拠の不鮮明さ、新憲法下における軍の介入の可能性など、政治・行政リスクを無視できない。しかし、現状はタイ大手資本や中国資本を中心に、性急に進むインフラ投資に関する報道が多く、政治リスクの観点から論評するものが少ないのが気にかかる。

一方、「より公平な社会経済開発」に向けて、タイ政府は、地政学的に重要な国境都市の整備や、地方経済圏(クラスター)の軸となる地方中核都市の育成・相互連携など、国家の空間的ネットワークを再構成する政策を掲げると同時に、高齢化社会への備えを呼びかけている。社会経済開発はEEC政策のような大規模投資が必要ない代わりに、中央と地方政府との政策連携や、地方の知恵と熱意を産み出す地方分権化をより強める必要がある。統治システムの変革に向けて、有効な政策が打ち出せるかどうかが鍵となろう。

重要な課題は地方に

タイが持続的な社会経済メカニズムを構築し、先進国入りするためには、民主化と地方分権化の流れをより強固にする必要がある。これについては、1990年代から憲法改正と並行して長く議論されてきたが、自治権が認められているテッサバン(地方都市)の行政権限と開発予算の配分は極めて限定的だ。2000年に設置された地方分権委員会も、地方交付金割合を巡る議論に終始している。

JICAは、2015年から「タイ国未来型都市持続性推進プロジェクト(TFCP)」を実施中だ。これは政策立案の責任機関である国家経済社会開発庁(NESDB)をカウンターパートとし、タイ行政が民主化と地方分権化の重要性を理解していることを前提に進めているものだ(筆者は総括として参画)。

TFCPの目標は二段階に分かれている。第一段階では、各地方自治体が市民、コミュニティーら地元ステークホルダーを動員して自らの課題を分析的に把握し、将来の開発ビジョンを踏まえた持続可能な開発戦略やアクション(プログラム・プロジェクト)を含むSustainable Future City Planを策定する。第二段階では、そのプランを中央政府・県政府のリソースを使って実現するための手法を模索する。開発計画の策定能力と実施手法の確立は、公平でバランスある地方開発を実現するために自治体には欠かせない能力であり、TFCPは、その能力を獲得するための運動を後押しするものだ。私たちはこの運動を「SustainableFuture City Initiative(SFCI)」と名付けて地方都市の動機付けをしてきた。

TFCPは、SFCIの政策的合理性を確保するための「コンセプトづくり」から始まり(その骨子は「第12次五カ年計画」に取り込まれている)、実践的実証のために6モデル都市を選定して進めてきた。それぞれの都市が描いた未来都市計画は、どれもユニークかつ説得力あるものだった。今後、他都市への横展開と、計画実現に向けた中央・地方との調整が課題として残っている。

我が国にとっての課題

最後に、先進国入りが視野にあるタイに対して、我が国のODAがどうあるべきか、私見を述べたい。筆者は、1983年から約35年間にわたり、JICAが実施するタイの地域開発計画やバンコク都市圏計画の策定に関わってきた。東部臨海開発(ESB)に始まり、バンコク新国際空港など、経済成長の基盤となった大規模インフラ開発に、技術援助と連動した円借款が寄与した事は間違いないが、将来もこの路線を継続すべきだろうか。中国と競合するEPC支援の為に、資金援助を増やすべきだろうか。悩むところだが、自信を持って首肯するのは難しい。

一方で、TFCPのように制度整備に関わる分野での継続的な援助は重要だ。インフラと違って目に見えるものではないが、将来、先進国の仲間入りをしたタイが、誇り高く礼節ある微笑みの国として我が国の良きパートナーでいてくれるよう、民主的で公平な国づくりを支援する事は極めて大切ではなかろうか。

そして、大規模インフラによる成長という幻想から離れ、今は亡きプミポン国王が提唱した『足るを知る経済』の意味をもう一度かみしめると、この考えこそが持続的な成熟社会をつくる統治コンセプトだと気付くはずだ。開発業界で長く働いてきた今、筆者は強く実感している。

profile

(株)アルメックVPI 代表取締役
国際開発ジャーナル論説委員
 
長山 勝英氏

 早稲田大学、米国ペンシルベニア大学院を修了。都市経済学博士、技術士。(株)パシフィックコンサルタンツ・インターナショナル取締役を経て、2006年からバリュープランニング・インターナショナル(株)社長。13年から現職。モンゴルの首都ウランバートルをはじめ、多くの都市開発プロジェクトを手掛ける

『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載

持続可能な社会の実現に向けフェアトレード製品を販売
<大妻女子大学>

写真:学園祭には(一社)エシカル協会の末吉里花代表理事(前列右から2人目)も来訪


大妻女子大学 文学部 コミュニケーション文化学科

企業と連携してトートバッグを制作・販売

 大妻女子大学は、創設者の大妻コタカが1908年に裁縫・手芸の私塾を開設してから、昨年で110周年を迎えた伝統校だ。「関係的自立」という教育理念の下で、他者との関係の中で自己を見つめ直し、相互の力を生かしあい、自己実現できる人間の育成を目指している。

 大妻女子大学は、創設者の大妻コタカが1908年に裁縫・手芸の私塾を開設してから、昨年で110周年を迎えた伝統校だ。「関係的自立」という教育理念の下で、他者との関係の中で自己を見つめ直し、相互の力を生かしあい、自己実現できる人間の育成を目指している。

 このプロジェクトの目的は、同学科の学生が「コットン」(綿)について学際的に学びつつ、地球規模課題の解決に貢献することにある。学生は、途上国での綿花栽培、綿製品の製造・流通などについて分野横断的に学んだ上で、日本の企業と協力してオーガニック・コットンを使ったトートバッグのフェアトレードに取り組む。学生が企業の協力の下で、バッグのデザインを手掛け、インドの縫製工場に適性価格で制作を発注した。「ファストファッションをはじめ、先進国では綿製品が大量かつ安価に消費されていますが、その裏には大量の農薬による環境問題や、児童労働、劣悪な労働条件など、途上国の人々の苦労があります。日本は他の先進国に比べて、フェアトレードへの関心がまだ薄いので、コミュニケーション文化学科の学生に関心を持ってもらい、行動につなげることが狙いです」と、同学科の興津妙子准教授は語る。

生産国支援のため売り上げを寄付

 学生は、グループに分かれてトートバッグのデザインを企画したり、SNSやオープンキャンパスを活用してプロジェクトの進捗を知らせたりした。10月の学園祭では、学生自らトートバッグを販売すると共に、ファストファッションと途上国の関わりを描いた海外のドキュメンタリー映画を上映。来場者に対し、「バングラデシュの縫製工場が老朽化で倒壊するなど、途上国の労働者は劣悪な環境に置かれている」、「綿花栽培の現場では児童労働や農薬による健康被害といった問題がある」、「一人ひとりの“エシカルな消費”で、途上国の現状を変えられる」などと訴えた。

 バッグの売り上げは、バングラデシュの人々を支援するNGOに寄付。「学生からは、自分たちの生活と地球規模課題が密接に関係していることが理解でき、行動を起こすことの重要性が実感できた、と好評です」と、興津准教授は話している。

『国際開発ジャーナル』2019年1月号掲載
#大学の国際化最前線 #大妻女子大学 #フェアトレード

2018.12.01

日本財団 連載第16回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:パラオの広大な海と島々。違法操業などの課題が山積みとなっている

 

太平洋島嶼国の持続可能な開発を ―ミクロネシア3国の海上保安能力を強化する

 

違法操業と観光客が急増する海

 北太平洋の真ん中、ミクロネシア地域に浮かぶ3つの小さな島国、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島。国土はそれぞれ488㎢(屋久島とほぼ同じ)、700㎢、180㎢ほどしかない。一方、領海から200海里までの海域を指し、沿岸国に管轄権などが認められている排他的経済水域(EEZ)は、3カ国合わせて約560万㎢に及ぶ。これは、世界で6番目の広さを誇る日本のEEZ(約450万㎢)よりも広い。

 この海域は、日本人も食するキハダマグロやカツオなどの好漁場として知られ、これらの魚種に限れば世界の漁獲量の実に60%近くが捕獲されている。豊かな水産資源が現地の人々の食卓を潤し、この海域に訪れる外国漁船の入漁料は観光収入と並ぶ国の貴重な財源だ。外国漁船の数は近年、世界的な人口の増加、より良質な水産資源を求める国際的な需要の高まり、捕獲技術の進展や船の大型化、流通販路のグローバル化などが相まって、急増している。

 それに伴い深刻化しているのが、「違法・無報告・無規制(IUU)漁業」の横行だ。世界では、IUUによる経済的な損失が最大23億米ドルに上ると言われている。そうした中で、世界の海では水産資源の約9割が限界近く、あるいは枯渇状態で捕獲されているという。こうした状況は、ミクロネシア地域の海も例外ではない。

 にもかかわらず、この海域を管理する体制はあまりにも脆弱だ。日本周辺の海は、船艇や人員の数を含め世界有数の組織規模を誇る海上保安庁が常に守ってくれている。しかし、それよりも広大なミクロネシア地域の海は、10人ほどの職員が1、2隻の小型船で監視している程度だ。

 また、IUU漁業だけでなく、中国人を中心とした外国人観光客の増加も、近年は海洋環境の保護において大きな課題となっている。パラオでは、この10年間で観光客の数が約3倍の15万人に膨れ上がり、ホテルが相次いで建設され、ごみの量も増加した。だが、ごみや汚水を処理する施設の整備は追い付いていない。さらに、気候変動の影響も加わり、海洋環境は大きく変化しつつあり、サンゴ礁などの生態系の維持も危ぶまれている。

巡視船の供与から燃料費の補助まで

 島嶼国として持続可能な発展を促していくためにはどうすべきか。一つの方策として、マーシャル諸島のリトクワ・トメイン大統領は2008年4月、日本財団の笹川陽平会長にパラオとミクロネシア連邦を含む3カ国を対象とした海上保安能力の強化に向けた支援を要請した。これを受け、日本財団は(公財)笹川平和財団と「ミクロネシア3国に対する海上保安能力強化支援プロジェクト」(総支援額:約47億8,000万円)を開始した。

 この3国は、海洋の地政学上、重要な地域に位置する。このため米国やオーストラリアは長年にわたりこれらの国を支援しており、特に豪政府は1980年代、3国を含む太平洋島嶼国の海上保安・監視能力を向上させるためのPacific Patrol BoatProgramを開始し、中型巡視船の供与や監視・取り締まりに関する人材育成などを幅広く手がけているという。

 そこで、日本財団と笹川平和財団は2010年3月、米・豪の両政府に日本政府も加えた3カ国とミクロネシア3国の計6カ国を招き、官民共同会議をパラオで開催した。会議では、日本財団による支援の具体策について討議や意見交換を行い、合意した。これにより、12年以降、環礁などの浅瀬が多い島嶼国ならではの沿岸でも監視・取り締まりができるようにするための小型パトロール艇の供与や乗組員に対する人材育成、衛星通信装置の整備、さらには小型艇の燃料費や通信費の補助まで総合的に支援している。小型パトロール艇はすでにパラオに3隻、ミクロネシア連邦に1隻、マーシャル諸島に2隻供与された。

 他方、先述の外国人観光客の増加に伴う問題を抱えるパラオには、より持続可能かつ総合的な支援が必要であるとの観点から、日本財団は2015年2月、パラオとの間で海上保安やエコツーリズムを柱とする「21世紀における日本―パラオ海洋アライアンスに向けた覚書」を締結した。翌16年2月には、この覚書に基づいた具体的な支援策が合意され、海上保安に関しては40m級の中型巡視船の供与やパラオ海上法令執行庁の新庁舎の建設、乗組員の人材育成が盛り込まれた。エコツーリズムに関しては、ホテル建設に対する陸地や沿岸水域の利用制限、有害物質やごみを制限するインフラ整備、エコツーリズム確立に向けた調査研究や人材育成が挙げられている。巡視船と新庁舎は、2018年2月に引渡し式が開かれ、式にはパラオのトミー・E・レメンゲサウ・Jr.大統領も臨席した。

カギは米豪含む国際連携と協調

 海の広さや問題の複雑さを考えると、一国のみで海の問題を解決できないのは自明の理だ。組織や分野、国の枠組みを超えた新たな連携や協調が必要だ。ミクロネシア3国に対する海上保安能力強化支援プロジェクトは、日本財団をはじめとする民間団体とミクロネシア3国の政府が中心となって、日米豪の政府といった多様なステークホルダーを巻き込みながら推進しており、国際的な海の問題の解決に取り組む先鋭的な連携事例であると言える。このプロジェクトを通じて多様な関係者が有機的につながることにより、島嶼国が直面する海の課題が効果的に解決される規範となることが期待されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  海洋事業部 海洋チーム   有川 孝氏

 海外人材育成事業など国際的な海洋問題に対する取り組みを中心に担当している。自身も人材育成事業の一つであるIML(I マルタ)で学んだフェローの一人。海上保安庁、民間の船会社を経て、2013年、日本財団の一員となる

『国際開発ジャーナル』2018年12月号掲載
2018.11.01

日本財団 連載第15回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:点字ディスプレイを用いてパソコンを操作する視覚障害者

 

技術革新が促す障害者の社会参画 ―実用化に向けたロードマップの作成を

 

1990年代からICTの活用に注目

 モノのインターネット( I o T ) や人工知能(AI)などの技術の進歩により、障害の有無に関わらず、皆が同じように仕事をできる環境が広がりつつある。例えば、ある国際会議の準備において、シンガポールの担当者は開催まであとわずかという時、それまでメールで連絡を取り合っていた東京やバンコクの担当者に「電話で打ち合わせをしよう」と呼び掛けた。すると、東京の担当者から「私は耳が聞こえないので、これまでどおりメールにしてほしい」と返信がきて、シンガポールの担当者は驚いた。電子メールという今日では当たり前となっている技術でも、障害者が社会で活躍できる機会を与えてくれるのだ。

 日本財団は、障害当事者リーダーの育成や障害当事者による相互支援の促進に注力する中で、20年以上にわたりICTを使った情報コミュニケーションや情報アクセスの向上に重点を置いてきた。

 最初の取り組みは、1998年に始まった東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の視覚障害者を対象とする「視覚障害者教育技術におけるオーバーブルック・日本ネットワーク事業」( 通称O N -NET)だ。パートナーである米国のオーバーブルック盲学校は、米パーキンス盲学校と並び、国際貢献に力を入れていることで世界的に知られている。98年以前、日本財団は開発途上国における視覚障害学生の米国留学に奨学金を提供してきた。しかし、ASEAN諸国の経済発展に伴い、視覚障害学生は米国へ留学せずとも母国で教育を受けられるようになった。そこで、ON-NETを通じてASEAN諸国の就学環境を向上させ、留学支援と同じ資金規模でより多くの学生に教育機会を与えているのだ。

 具体的には、現地語の点訳ソフトやコンピューター・スクリーンの文字などを読み上げるソフトの開発と普及、点字ディスプレイなどの機器の供与、支援技術の普及に携わる人材の育成などを行っている。事業は今も、オーバーブルック盲学校に設置した基金により継続されている。加えて、ON-NETの派生事業として現在、国際視覚障害者教育評議会が障害当事者リーダーの育成を目指した大学就学支援事業を実施している。 

アプリ開発やロボット利用も

 2003~07年には「Digital Accessible InformationSystem」(通称DAISY)という、視覚障害者のためのデジタル録音図書の国際標準規格をアジアに普及するプロジェクトも支援した。さらに13~16年、開発途上国の視覚障害者にとって高価だったコンピューター・スクリーン読み上げソフト「NVDA」の普及も支援した。

 このほか、車椅子利用者などへの支援として、(株)ミライロと協力して商業施設や公共施設のバリアフリー情報を発信するアプリ「Bmaps」を2016年に開発した。Bmapsには全国10万超の店舗や施設が登録されており、それらの入口の段差の数、トイレのアクセシビリティー、照明の明るさなど、17項目についての情報を知ることができる。現時点でレビュー数は12万件を超えており、アプリはすでに、英語版、スペイン語版もある。

 今後は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者といった、これまで就労対象に含まれてこなかった重度障害者にも、技術活用を通じて就労の機会を生み出したいと考えている。その一つとして、2018年11月には、カメラやスピーカーを内蔵した分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作し、自宅にいながら働く「実験カフェ」を期間限定で開く予定だ。

すべての問題を解決するわけではない

 これらの取り組みが進んでいるからと言って、「技術がすべての問題を解決してくれる」と思い込むのは危険だ。われわれは実用化されて普及の目処が立った技術の活用を心掛けているが、世の中にある革新的な技術の中には、まだ“可能性”を提示しているにすぎないものも少なくないからだ。

 例えば、南米コロンビアやパラグアイなど世界25カ国以上で、インターネットのテレビ電話やチャットを使い聴覚障害者と相手の間に手話通訳者が入り、会話が出来るようにする「電話リレーサービス」が普及している。日本財団も2013年から日本でこのサービスの制度化に取り組んでいるが、手話通訳者を確保するのは容易ではなく、人件費も高い。このため、「AIを活用した手話通訳の機械化で対応しては」という意見が出ているが、これは「数年もすれば全ての言語を機械が自動翻訳してくれる」という極めて楽観的な見通しからなるものである。手話は手だけでなく、顔や体の動きなども組み合わせた音声言語とは異なる独自の文法を持った言語だ。文化的背景も踏まえた質の高い通訳技術が必要であり、機械化に必要なデータもほとんど存在していない。手話の自動翻訳は、音声言語よりも難しいのだ。

 また、機械化といった未来を思い描くのも重要ではあるが、今すぐ応えなければならないニーズへの対応も怠ってはならない。喫緊の課題は手話通訳者の不足であり、機械化に資金を投入するより、優秀な手話通訳者を育成した方が現実的だ。

 これらを踏まえた上で、テクノロジーの活用を促進していくにあたっては、研究開発の成果を社会的・経済的に持続可能な形で実用化させるためのロードマップを描くことが大切だ。政府などは、技術開発において「そのうち民間が実用化してくれる」という認識であることが多い。ロードマップにより誰が資金を出し、どのようなスケジュールで実用化を進めるか、各セクターの役割や目標時期も明確にし、それぞれが責任を持って取り組めるようにすることが大切である。

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  特定事業部 部長   石井 靖乃氏

 1962年、神戸生まれ。84年に甲南大学経済学部を卒業後、90年まで三菱商事(株)に勤務。94年にカナダのダルハウジー大学大学院で修士号(経済学)を取得した後、95年、日本財団に入職。2010年より現職。「障害者インクルーシブ防災の推進プロジェクト」や「聴覚障害者向け電話リレーサービスプロジェクト」など、国内外の障害者支援プロジェクトを多数手掛けている。

『国際開発ジャーナル』2018年11月号掲載

当事者の“心”に届く平和構築支援を

写真:紛争被害者の雇用について現地企業代表と協議


紛争影響地域の課題解決に豊富な経験を有する(株)コーエイリサーチ&コンサルティング(KRC)。同社が目指すのは、人々の心に希望を育む社会の実現だ。執行役員の山本幸生氏と平和構築・社会開発部のコンサルタントに、KRCが考える平和構築支援とその展望を聞いた。

紛争国の多様なニーズに対応

(株)コーエイリサーチ&コンサルティング(KRC)の掲げる経営理念「志と創造力」には、世界中の誰もが平和に、安全に、不自由なく暮らせる社会を築くことへの決意が込められている。紛争・災害が引き起こす恐怖と欠乏から人々を守ることは、開発コンサルタントの最も重要な取り組みとして位置づけられている。

 同社はこれまでアフガニスタンや南スーダン、ルワンダなど、13の紛争影響国・地域で計81のプロジェクトを展開してきた。その内容は、生計向上や職業訓練を通じた紛争被害者の社会復帰支援をはじめ、保健医療、農業、情報通信技術(ICT)強化など多岐にわたる。さらにソフトからハードに至る幅広い領域をカバーしており、紛争影響地域の多様なニーズに対応している点に特長がある。

高度なマネジメント力が強み

 KRCが2015年から政府開発援助(ODA)として手掛けている「ダルフール3州における公共サービスの向上を通じた平和構築プロジェクト」は、同社の強みが特に発揮されているプロジェクトの一つだ。

 スーダンでは2003年に政府軍と反政府勢力の武力衝突を発端にダルフール紛争が生じ、現在も和平実現に向けた努力が続いている。

  同プロジェクトは保健、給水、雇用、公共事業評価の4分野、全21の公共サービスモデル事業を実施し、これを通じて人々の生活改善とサービス提供者である政府への信頼回復を支援している。このように、1つの案件で複数の分野を統合的に支援する上では、多数の関係者の能力を最大限に生かすための高度な調整力・管理力が不可欠だ。

 また、紛争地域の事業運営は特殊なノウハウを要求されることがある。特徴的なのは、日本人の現場渡航制限により他地域から事業を運営する“遠隔操作”が求められることだ。KRCが実施したアフガニスタンの識字教育プロジェクトは、ICT技術などを利用した遠隔での事業実施でありながら、高度なマネジメント力を発揮し、通常のプロジェクトと変わらない良質で広範な裨益を達成した。これによりカウンターパートの厚い信頼を得たことが評価され、現地政府責任者と共に総括が2018年度JICA理事長賞を受賞した。

希望と自立心を引き出す支援

 同社は豊富な現場経験から、平和構築プロジェクトでは紛争の影響を受けた当事者自身が立ち上がること、その力を引き出すためには“希望”が不可欠なことを強調する。

 主任コンサルタントの志賀圭氏は、バングラデシュでのロヒンギャ難民支援の経験から、「長年紛争の影響を受けてきた人々は“人道支援慣れ”から自立への意欲を失ってしまうことが少なくない。彼らに必要なのは“自分にもできることがある”という自信だ」と話し、支援の対象者一人一人に寄り添い、彼らの潜在能力を引き出すことが重要と指摘する。

 前述のダルフール案件で紛争予防配慮担当として活動する田島健二氏は、職業訓練に自尊感情を高める指導法を取り入れている。訓練生の自尊感情の変化はデータ化され、訓練の指導法にフィードバックする仕組みだ。この訓練に参加した女性の一人は障害を抱え、積極的な社会参加を躊躇していた。訓練を通じて“自分にも、おいしいビスケットが焼ける”という自信がわき、卒業後に菓子製造のビジネスを開始。ビジネスで得た利益でベッドを購入し、家族の喜ぶ姿を見て彼女の自尊心がさらに高まるというサイクルが生まれた。

 田島氏は、このような一人の人間の変化ぶりに喜びを隠さない。KRCの平和構築支援では、こうした人間の安全保障の概念に基づく「個人」の幸せを追求しつつ、「社会」の平和の基盤を再構築するアプローチを重視している。


写真:障害を乗り越えてお菓子ビジネスを始めた女性訓練生

生計向上×平和構築

 KRCは今後、生計向上分野を起点に平和構築支援の幅を広げていく方針だ。紛争影響地域では、住民を含め多方面から異なるニーズや課題が発生し、それらは時間の経過に伴って変化していく。

 一方で、行政が十分に機能していないことから、課題の解決には住民の積極的な参加が不可欠である。その参加意欲を促す鍵は、住民自身の「一日も早く生活を立て直したい」という気持ちである。同社では、住民の気持ちを尊重しつつ、自社の持つ総合力を生かした支援の展開を目指している。

 執行役員の山本氏は、今後、KRCが展開する平和構築支援のポイントとして「付加価値の追求」、「説明責任の強化」、「パートナーシップ」の3点を掲げる。

 1点目の付加価値の追求とは、前述のような住民の心の変化を事業の成果として認める仕組みを構築することであり、2点目の説明責任とは紛争影響地域で求められる、すべての関係者から信頼される公正で透明性のある行動を指す。紛争影響地域では、紛争当事者を始め、さまざまな背景を持つ人々の社会的統合が求められる。紛争構造の理解を基礎に説明責任を果たしつつ行動することは平和構築支援として最低限の条件となる。この観点から、「スフィアや人道支援の必須基準(CHS)など人道支援に係る行動基準は開発に携わるコンサルタントにも普及させるべきだ」と同氏は語る。

 3点目の異なる強みを持つ個人・組織とのパートナーシップは、多様かつ変化するニーズに対し有機的なつながりを持った支援を提供する上で欠かせない。2018年、政府機関やNGO、大学、コンサルティング企業に所属する有志により未来の平和構築支援を考える研究会が立ち上げられ、KRC社員もこれに参加している。「社員が現場で感じた小さな気づきやアイデアは貴重な財産です。研究会でこれを練り、新しいアプローチを生み出すことで、人間と社会の復興につなげてもらいたい」と山本氏は期待を寄せる。

新たな一歩を踏み出すために

 KRCが強みとするマネジメント力。現場で磨かれるその力の源泉となるのは社員一人ひとりの思いである。KRCで平和構築支援に従事する社員らは、人々の目の輝きや言葉の端々に表れる小さな変化を感じる瞬間に支援の喜びがあると口をそろえる。平和構築・社会開発部の井川真理子課長は、「人々が新たな一歩を踏み出す姿を見たい̶この初心を胸に、人の可能性を広げる社会の実現に向けたコンサルティングサービスを提供したい」と熱く語る。

『国際開発ジャーナル』2018年11月号 分野別特集「平和構築」掲載
#コーエイリサーチ&コンサルティング #平和構築

農村のコミュニティー開発から支える平和構築

写真:各村の村長との会議の様子


NTCインターナショナル(株)は、2008年にコンゴ民主共和国での農村開発プロジェクトを皮切りに、紛争の影響を受けた国のコミュニティー開発に携わってきた。13年には平和構築部を設立し、現地の人たちが自立できるよう、地域開発・農村(コミュニティー)開発を軸にした平和構築に取り組んでいる。

住民ニーズ捉えた計画策定

同社は平和構築分野のビジョンとして、紛争や感染症などの大規模な影響を受けた地域における地域開発・コミュニティー開発の実施と、その事業による平和な地域発展の実現を掲げている。これまでコンゴ民主共和国、ウガンダ北部、シエラレオネ、ブルンジ、アフガニスタン、フィリピン・ミンダナオなどで紛争終結後の農村地域支援型包括コミュニティー開発プロジェクトを実施してきた。

紛争影響地域の地域開発・コミュニティー開発には、ドナーによる復興支援が終了した後もそのコミュニティーが自立できるよう、住民のニーズを捉えながら復興・開発計画を策定するのが重要になってくる。その上で、生計向上などの収入向上支援のほか、道路や学校といったインフラ整備、それらの活動を管理する行政官の能力向上も必要だ。

同社は紛争影響国のアフリカを中心とした農村地域におけるマルチセクターでの地域開発の実績、各国の農業・農村開発から地域開発・コミュニティー開発を中心とした開発支援の実績がある。常にコミュニティーの近くでニーズを拾い、それらを開発計画に反映できるよう現地の行政官の育成も支援している。

コンゴ民から始まった一歩

2008年7月から10年11月まで実施したコンゴ民での「バコンゴ州カタラクト県コミュニティー開発計画策定調査」では、平和がもたらす利益をすべての住民に公平に分配するため、紛争前にコミュニティーが持っていた体制・機能を再構築し、新たな対立を生まない総合的な開発計画の策定を支援した。

まずベースライン調査で地域のニーズをとらえ、対象となる21村の村長を集めて村落開発委員会を設立。インフラ整備と生計向上の手段について同委員会と協議し、パイロットプロジェクトを実施した。インフラ整備では学校や保健施設などの改修、生計向上では牛 耕や多品目農作物の導入、さらに環境美化、植林、ごみの再利用のための研修など、その内容は多岐にわたる。特に道路改修では、現地の砂利による舗装道路のため維持管理は必須であることから、維持管理研修を実施したほか、通行料を徴収し維持管理費に当てる仕組みを同委員会と共に作り、地域の開発計画としてまとめた。これにより、村落間の物理的、精神的な距離を縮めることができた。

災害復興に日本の知見を

同社の平和構築部は、社内で情報のハブになり、さまざまな部署を巻き込みつつ、紛争影響地域でのプロジェクト実施上の配慮事項やその手法などを発信しながら事業を実施している。今後目指していく方向性として、現地の人々のニーズを捉えながら紛争影響地域での復興開発支援を続けていくことは変わらないが、そこに災害復興などの日本の知見をより生かしていくことを考えている。革新的な新規技術を導入し、農村地域・コミュニティーにおける復興開発支援事業の迅速化を目指していく。

『国際開発ジャーナル』2018年11月号 分野別特集「平和構築」掲載
#NTCインターナショナル #平和構築 #農業・農村開発 #アフリカ #コンゴ民主

スポーツを通じた民族融和で平和促進を

写真:民族の垣根なく共に競技を行う青年たち(JICA提供)


(株)JINは、2011年に独立を果たしながらも民族間紛争が続く南スーダンで、15年からスポーツを通じた平和促進に携わっている。現在取り組んでいるのは、民族融和を促すことを目的とした全国スポーツ大会の開催に向けた協力だ。同社の取り組みとして、国民に寄り添った支援を重視し活動を進めている

南スーダン国民としての結束を

同社は2015年7月~17年3月、スポーツを通じた平和構築のための基礎情報収集確認調査を実施したほか、17年10月から18年11月までの予定で個別専門家を派遣している(ただし現在は、治安上の理由によりウガンダおよび日本から遠隔で支援している)。

南スーダンは、独立後の2013年に民族紛争が再燃した。15年に「南スーダンにおける衝突の解決に関する合意」(衝突解決合意)が締結され、暫定政府が設立されたものの、民族間の不信感が払しょくされずにいた。

そこで同国の文化・青年・スポーツ省は、全ての民族が南スーダン国民として結束できるよう、全国から選手を集めたスポーツ大会を開催したいと国際協力機構(JICA)に協力を依頼した。その思いに賛同したJICAは、全国スポーツ大会「国民結束の日」の開催に向けた協力を開始。第1回大会が2016年に首都ジュバで開かれ、以降、毎年開催されている。

経験重ね運営能力も向上

文化・青年・スポーツ省の職員らにとって、全国規模のスポーツ大会の企画・運営は初めての経験だった。これまで関わりのなかった各州の行政とも連携しつつ、試行錯誤しながら運営準備を進め、第1回大会の開催を実現させた。

その後も、経験を重ねるごとに現地の運営能力は向上した。翌年の第2回大会では、治安悪化により日本人が現地から退避し、遠隔からの支援となっていたが、大会運営を現地の行政官が中心となって進めたことで、結果的に彼らの主体性が向上した。

その後も、経験を重ねるごとに現地の運営能力は向上した。翌年の第2回大会では、治安悪化により日本人が現地から退避し、遠隔からの支援となっていたが、大会運営を現地の行政官が中心となって進めたことで、結果的に彼らの主体性が向上した。

2018年の第3回大会では、公平かつ包括的な実施を目指し、女子が参加する競技が増え、平和・社会問題に関する啓発セミナー、文化交流行事なども行われた。また、スポーツを含む一連のイベントが平和の促進に結びついたか、事業効果を測定する調査も実施された。

国民結束の日では、選手たちが入場する姿を見て涙する政府高官がいた。それほど、異なる民族同士が共にスポーツに汗を流し、レフェリーや観客も含め、みなが同じ時間を共有し交流することは、この国では困難なことだったのだ。大会後に実施した調査では、「何が平和について考える機会になったか」との質問に対し、選手から「一緒に合宿生活を過ごすことで民族の違いを超えた交流が生まれたこと」という回答も得られた。

平等公平に行う枠組み作り

現在、2019年の開催に向けた準備が進められている。スポーツは人を引き寄せる力があるが、一過性のもの。同社が大会の開催を通じて目指しているのは、単なるスポーツ交流だけでなく、チームとして団結する、選手を公平に選考する、女性の社会参加を促進する、といった枠組みを大会運営の中で作り上げていくことだ。

平和に向けた民族融和のための交流をスポーツと掛け合わせて、付加価値を高めることで、同国での平和の定着を目指していく。

『国際開発ジャーナル』2018年11月号 分野別特集「平和構築」掲載
#JIN #平和構築 #文化・スポーツ #アフリカ #南スーダン

インフラ構築を通して平和の礎を築く

写真:アフガニスタンで復興の礎となる道路整備支援を行う


戦争が大国間の総力戦から長引く国内・地域紛争へと変化する中、和平後の復興支援は人道にかなうのみならず、紛争の再発を防ぎ平和を構築するための重要な鍵となる。八千代エンジニヤリング(株)は総合開発コンサルタントとしてソフト・ハード両面での開発協力の経験を生かし、平和な社会の礎を築くことに力を入れている。

民族浄化を越え、復興を目指す

 大国同士の覇権争いから、貧困、独裁、民族、宗教など、紛争の火種は、開発途上国で暮らす人々の生活により密着したものとなりつつある。紛争終結後、人々の生活環境を再構築することは、平和を維持し人々の生活を再建するために欠かせない。

 「日本の政府開発援助(ODA)は、当初は平和な社会への支援を念頭に実施されていましたが、湾岸戦争以降は平和構築も開発課題の一つとして捉え、“社会資本の復興”“経済活動の復興”“統治機能の回復”“治安強化”などの分野で支援を展開しています」と語るのは、八千代エンジニヤリング(株)顧問の小宮雅嗣氏だ。

 緊急人道支援から長期的な社会インフラの再建、融和と経済発展を視野に入れたコミュニティー開発まで、平和な社会を築くために開発協力のノウハウが生かされる分野は広い。同社は得意分野の一つである“生活の基盤となるインフラの整備”を通して、紛争に傷ついた地域の平和構築支援に尽力している。

 同社最初の戦後復興プロジェクトとなったのが、1997年のボスニア・ヘルツェゴビナにおける送電線復旧計画だ。冷戦終結後の1990年代、いくつもの内戦が繰り返されたユーゴスラビア。中でも、ボスニア・ヘルツェゴビナでは三民族の勢力争いを皮切りに内戦状態に突入し、20万人の死者と“民族浄化”という言葉を生んだ。単一国家の下に対立する二つの地域を統合する形で紛争が終結した後、同国の経済活動を再生させ、平和な社会を構築するために、送電設備の復旧と両地域間の電力融通が不可欠だった。

 日本、英国、カナダの協調案件として実施されたこのプロジェクトは、戦争の爪痕が残る設備の復旧にとどまらず、紛争当事者同士の相互協力が求められ、開発協力分野で豊富な経験を持つ同社にとってもたやすいものではなかったという。とはいえ、このプロジェクトをきっかけに、平和構築・復興支援は同社にとって重要な事業の柱となった。

日の丸を背負って復興に貢献

 平和構築の視点から、八千代エンジニヤリングが精力的に関わっている国の一つがアフガニスタンだ。20年近くにわたり続いた内戦の終結後、同国も復興への歩みを進めているが、不安定な治安状況が疲弊した社会に重くのしかかっている。同社は首都カブールの公共交通機関の再建や、テレビ放送局の機材整備などを通して、同国の経済発展や生活環境の改善を目指している。

 平和構築・復興支援という事業分野について小宮氏は、「開発コンサルタントとして、戦後の緊急支援の視点だけではなく、長期的なビジョンを持ち、相手国の未来を考えながらプロジェクトを進めていくことが重要だ」と述べ、「ビジネスという視点のみならず、日本を背負って他国の復興に貢献する開発コンサルタントとしての思いが、紛争終結直後の厳しい環境の中で困難な案件に取り組むモチベーションになる」とも語った。

『国際開発ジャーナル』2018年11月号 分野別特集「平和構築」掲載
#八千代エンジニヤリング #平和構築 #インフラ #アフガニスタン #ボスニア・ ヘルツェゴビナ
2018.10.01

㈱アジア共同設計コンサルタント

 

・企業情報 

設立:1968年
資本金:9,000万円
従業員:350人(グループ全体)
本社:神奈川県横浜市
事業分野:民間セクター、インフラ、資源・エネルギー、環境・気候変動、保健・医療
 
技術者と若手のチームで質の高いサービスを提供

アジア共同設計コンサルタントは半世紀に渡り、国内で建設コンサルティング業を営むと同時に、他の開発コンサルティング企業を技術面で支援してきた。この経験を生かして、6年前に政府開発援助(ODA)事業に参入。国内事業で技術を磨いたベテランと国際派の若手社員がチームを組むことで、国際業務を担える人材を育成。パキスタンなどを中心に、幅広い事業を展開中だ。近年は中小企業の海外進出などにも積極的に取り組んでいる。

 

・求める人物像 

募集職種:開発コンサルタント
募集人数:若干名
 
新事業を共に育て挑戦する人を

当社の海外事業本部はまだ設立から日が浅く、ベンチャー事業に近い状況です。日々、業務から学びながら共に会社を育て、国際協力機構(JICA)のニーズに応えるサービスを提供する一方で、自分のやりたい分野に自発的に取り組んでいける人を求めています。

 
 

社長から一言! 代表取締役 木口 茂芳氏

 
わが社のビジョン
技術を持って業務管理現地の気持ちを受け止める

当社は「技術屋を育て、その人たちがマネジメントを手掛ける」という考え方で、海外事業に携わる人材を育てています。受益者である現地の人々の気持ちを汲んで業務をすり合わせることが大切です。

国際協力業界を目指す人へ
相手の気持ちを理解し柔軟な対応力を
相手に興味を持ち、気持ちを理解することは、国を超えて仕事をするときには必要不可欠です。そのための手段として言葉を学ぶと同時に、柔軟な考え方をもって課題に向き合ってください。
 

社員インタビュー 海外事業本部 経済産業開発グループ 齋藤 芽依さん
 

 
 

 キャリアパス 

・親戚の戦争体験を聞き、国際関係に興味を持つ
 ↓
・ターニングポイント 
法学部に進学後、「国際関係の仕事をしたい」と別の大学に編入。修士は国際協力を学ぶ
 ↓
・新卒で入れるコンサル企業を探し当社へ
 ↓
・サポート業務を経てパキスタン案件担当に
 
 

パキスタン国貿易・投資促進支援業務パキスタン国投資環境整備アドバイザー

・パキスタンの産業振興、貿易拡大、海外投資推進を目指すプロジェクト
・複数の専門家を背後から支える業務調整員
・日本への輸出拡大に向け展示会やプロモーション戦略も
 

 「なぜ戦争が起こるのか」。広島に親戚がいた私は、小さい頃からそんな疑問を持ち、大学では国際関係学を学びました。大学院ではマイクロファイナンスを学ぶとともに、開発コンサルタントのインターンとして現場を体験。この業界で働きたいと思うようになりました。新卒採用のあるコンサルティング企業が少ない中、見つけたのが当社です。入社後は企画営業部でプロジェクト管理について学ぶとともに、当社が手掛けていたさまざまなプロジェクトの支援を通して業務の裏側を学びました。
 昨年10月からは、海外事業本部でパキスタンの経済発展に向け、環境づくりを支援するプロジェクトの業務調整担当として、専門家の書類の作成補助や資料の収集などをしています。パキスタンには農産品から医療器具まで、伝統を生かした多彩な商品があるのですが、ブランド化に手間取っています。ネガティブなイメージの払拭と、交易や日本からの投資を呼び込める環境づくりが目的です。幅広い業務調整が仕事なので、大変ではありますが、やりがいもあります。自分がいることでプロジェクトが少しでも上手く回るように、積極的に関わりを持つようにしています。

 

Company Data
住所:[本社]〒232-0006神奈川県横浜市南区南太田一丁目46-7
[海外事業本部]〒102-0083 東京都千代田区麹町一丁目10-5 澤田麹町ビル5F
TEL:045-730-6311(横浜本社)03-6261-2043(海外事業本部)
Mail:overseas-sales@aec-inc.jp
HP:http://www.aec-inc.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載

NTCインターナショナル㈱

 

・企業情報 

設立:2008年
資本金:6,000万円
従業員:99人
本社:東京都中野区
海外拠点:タイ、カナダ
事業分野:民間セクター、防災、インフラ、資源・エネルギー、水と衛生、環境・気候変動、貧困削減、平和構築、教育、農業・農村開発
 
農村開発や水資源に強み平和構築でも高い評価

農業・農村開発や水資源、灌漑施設設計などを中心に世界各地で活躍するNTCインターナショナルは、2013年に開発業界初の「平和構築部」を創設し、平和構築分野でも高い評価を得ている。優れた技術を生かした設計・測量や技術移転のほか、開発途上国の人材を日本に受け入れての研修にも力を入れている。今後は研究機関や大学との連携強化も進め、現地人材の活用も視野に入れながら、社会の安全保障の確立を目指す。

 

・求める人物像 

募集職種:開発コンサルタント
募集人数:若干名
 
協調性に加えて粘り強さも欠かせない

当社は開発途上国の現場で、その地で暮らす人々と互いに理解・協力し合うことに努め、地元の声を大切にして事業に取り組んできました。業務を実りあるものにするためには、相手の言葉を受け止め、寄り添う協調性に加えて、協力の道筋を作るために努力をいとわない粘り強さも欠かすことはできません。

 
 

社長から一言! 代表取締役社長 岩本 彰氏
 

 
わが社のビジョン
世界の変化を受け止め持続可能な開発を

前例のない変化を遂げている今日の国際社会の中で、私たちは熱意と創造的なアイデアを持って持続可能な開発に取り組み、地球上のあらゆる問題に対処することを目標に、挑戦を続けます。

国際協力業界を 目指す人へ
国際社会に支えられた日本 今度は世界を支援しよう

わが国もかつて、戦後復興支援をはじめとする国際協力の被援助国でした。開発途上の地域や社会は今、支援や協力を必要としています。皆さんもぜひ、自分の可能性を生かし、一緒に社会貢献しましょう。

 

 

社員インタビュー 企画本部 特命事業推進部 主任技師 飛山 翔子さん
 

 
 

 キャリアパス 

・国境なき医師団の話でアフリカに興味を抱く
 ↓
・大学進学、得意の地理学で人と自然の関わりを研究
 ↓
・大学院でアフリカ専攻ナミビアに計6カ月滞在
 ↓
・ターニングポイント
NTCI入社 本格的に農村開発を学ぶ
 ↓
・スーダン案件担当に州農業省の人材育成や地元女性が庭でできる苗作りの奨励を進める
 
 

スーダン国リバーナイル州灌漑スキーム管理能力強化プロジェクト

・スーダン北部の農業振興を支援
・対象地域で適切な灌漑・水管理と営農のモデルを作り上げる
・外での作業を好まないイスラム女性のために、庭での苗作りも
 

 小学生のころに国境なき医師団の山本敏晴医師の講演を聞いたとき、過酷な環境ながら人々が明るく、笑顔でいる写真が印象的で、アフリカに興味を持ちました。しかし、日本ではアフリカについて学べる機会は少なく、大学院のフィールドワークで初めてアフリカの地を踏みました。その後、国際協力の「現場」に携わりたいと考えて開発コンサルティング企業を目指し、縁があって今の会社に入社しました。2年間、進行中プロジェクトの後方支援などを担当した後、現在のプロジェクトに携わっています。スーダンは広大な土地とナイル川の水に恵まれ、かつては「世界の食料かご」として期待されていましたが、内戦や国際的な経済制裁の影響で農業の発展が滞りました。2011年には南スーダンが分離・独立。石油資源を失ったスーダン政府は農業を開発の重点に位置付け、小麦の自給や換金性の高い柑橘類の生産拡大に向け、灌漑農業開発を推進しています。農業生産を向上させるには、農家が自ら考え動く必要があります。技術を伝えるだけでなく、現地の人に実践しようと思わせる仕掛け作りができるコンサルタントを目指しています。

 

Company Data
住所:〒164-8721 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー18階
TEL:03-5354-3621
Mail:ntci@ntc-i.co.jp
HP:http://www.ntc-i.co.jp

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱アジア航測はこちら

日本財団 連載第14回 
ソーシャルイノベーションの明日 

写真:少数民族地域カレン州トリポキ村で行った食糧配給

 

国や企業では出来ない大胆な戦略を ―ミャンマー平和構築支援から見る第3セクターの国際協力

 

繊細な領域で存在意義を発揮

 第3セクターとは、以前は民法第34条に規定され、現在は公益法人制度改革関連3法と特定非営利活動促進法を根拠として設立されている非営利団体を指す。つまりは、公益的な目的のために活動する“公益民間非営利セクター”のことである。社団、財団、NPOや市民団体などがそれにあたり、公益財団法人日本財団もここに属している。

 第1セクターである国・政府は、国益を代表する役割を担う一方、急な変化への対応が出来ず、大胆な発想力や行動力、リスクを伴う先進的な活動が難しい。第2セクターである企業などの民間営利セクターは、独自の発想で機動的な動きが可能であるものの、営利を伴わない、もしくはリスクの高い革新的な活動はしにくい。

 その点、第3セクターには国のような制約はなく、営利を目的とする必要もない。このため、先進的な活動に対してより柔軟かつ素早く対応でき、公益性の高い活動やリスクの高い革新的で大胆な活動に向いている。特に国際的な問題において、人権や民族、難民問題のような、国が主体となりにくい繊細な領域に対しては、利用するチャネル、発想と対応の柔軟性、行動の機動性など非常に優位な存在意義を発揮し得る。多様化した現代社会では、常に新しいアプローチが必要であり、その機能の一端を担う事が第3セクターの使命である。斬新な政策提言や革新的な事業を実施し国や社会に影響を与えうる存在であり、それは単純に人道的な活動を行うという事を超え、非常に意義のある事だと思っている。

 先進国、特に欧米諸国では、第1セクターだけでなく、第2・第3セクター含めたさまざまな主体が国境や民族の壁を越え、グローバルな活動を展開している。その一方で、市場経済・民主政治の面で発展途上の段階にある国々では、依然として第1セクターのみが主要な行動主体となっていることが多く、そこに国際協力において包括的な動きが可能な第3セクターの活動が求められる。

 このセクターに属する活動主体は、従来の国家間による支援活動に留まらず、人道的観点において国家や民族の壁を超えた世界的な活動を展開する可能性を秘めており、現在の国際課題を包括的に解決に導く重要な役割を担っている。

復興支援を通じて武装勢力に和平モデルを提示

 国際協力における第3セクターの役割を示す事例の一つとして、私が現在携わっている日本財団のミャンマーにおける平和構築支援事業がある(本誌2018年4月号で関連記事を掲載)。2011年の民政移管以降、同国では民主化・経済自由化・国民和解を中心とした改革が推し進められており、中でも70年近く続いているミャンマー政府と少数民族武装勢力との紛争の終結は、政府にとって最重要課題の一つとなっている。一刻も早い全土停戦に向けて武装勢力と協議を続けており、2015年10月15日、武装勢力主要21グループのうち8グループと全土停戦協定が締結された。18年2月13日には、新たに2グループが協定に応じたものの、紛争が長引く中で深まった両者の間にある不信感は簡単には拭えず、依然として停戦・和平交渉は難航している。そうした中、紛争被害者はミャンマー国内だけでも80万人を超えると見られており、その多くは住んでいた場所を追われ、避難を繰り返す生活を余儀なくされている。彼らは生活の糧を得る事も難しい過酷な状況にあり、十分な支援は行き届いていない。

 日本財団は、欧米諸国がミャンマーに対する経済制裁を実施していた間も40年以上にわたり保健、教育などの分野で支援を行ってきた。その実績と信頼を背景に、政府と武装勢力双方からの要請を受け、ミャンマー国軍も含めた3者からの信頼の下、平和構築支援事業を進めている。活動の柱は、政府と少数民族武装勢力との間の信頼醸成、紛争被害者支援、ミャンマー国軍に対する文民統制への理解促進の3つだ。内政干渉は避け、現地からの要請に基づいて対話の場を提供し、長期的な当事者間の信頼関係を促進する事によって和平の進展を図っている。

 政府・軍・武装勢力が絡み合う一国の内紛問題は、外交の枠では仲裁が難しい。長期的な視野における当事者間の信頼関係の醸成という試みも、日本政府ましてや企業が行うのは難しいだろう。国益や営利に左右されず、情勢を俯瞰し、ミャンマーの人々の民族の壁を越えた協議を長きにわたり見守り、彼らの意思で復興を成し遂げるという民主的な和平プロセスを支えるこの支援は、第3セクターである日本財団だからこそ可能だったと言える。

 時として武力衝突も起こり得る少数民族地域での紛争被害者を支援するのも、国ではできない第3セクターならではの活動だ。さらに、われわれは停戦合意後の地域において食糧支援や再定住環境整備といった復興支援を実施し和平の恩恵を届けることで、停戦合意前の少数民族武装勢力に対し和平のモデルケースを示し、全土停戦、ひいては和平の達成をも目指している。こうした新しいアプローチこそ、第3セクターによる国際協力の真骨頂だと言える。とはいえ、第3セクターはあくまで補完的な役割であり、繰り返し同じ課題に取り組み続けるものではない。第3セクターが示した試みやモデルを国や企業が引継ぎ、取り入れることで、より抜本的な解決に繋がり、成果を最大化できるのである。

 ミャンマーが和平に向けて動き出している今、日本財団は第3セクターとしての役割を全うし、今後も活動を続けていく。これまで支援が届かなかったすべての場所へ和平の果実が届く日が、そう遠くない将来に訪れることを信じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

日本財団  国際事業部 国際協力チーム   緒方 敬氏

 民間企業に勤務した後、青年海外協力隊員としてナミビアへ赴任。帰国後、広島平和構築人材育成センター勤務、英マンチェスター大学院留学を経て、NPO法人国境なき医師団で紛争被害者への人道支援活動に従事。ヨルダン、ナイジェリア、マラウイでは現地でプロジェクト管理に携わる。2016年8月に日本財団へ入会。国際事業部にてミャンマー平和構築支援事業を担当

『国際開発ジャーナル』2018年10月号掲載

ODA Expert Meeting held by the Foreign Minister’s leadership Aiming to strengthen International NGOs Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

Compass  外相主導で開かれた「ODA有識者懇談会」国際協力NGOの抜本的強化を目指して   荒木光弥
『International Development Journal』 2018 October J edition
NGO should be strengthened

The first meeting of the “ODA Expert Meeting” established by the request of the Foreign Minister, Taro Kono, was held on July 25, 2018 with the aim of strengthening international NGOs. Thirteen experts including international NGOs, university professors, think-tank researchers, lawyers, business people, development consultants, journalists and others took part in the meeting. I also participated as a journalist. 

The Ministry of Foreign Affairs explained about the purpose of the meeting; “It is necessary to use ODA more effectively and strategically than ever within a limited budget. From that point of view, the necessity to draw out the power of various implementing entities is increasing. To that purpose, we will strengthen the agencies involved in ODA (development NGOs, private organizations, local governments, etc.) and discuss how we can share the roles.” 

The first point of the issue is strengthening NGOs (funds, human resources, awareness, etc.). The second is how to implement ODA projects by diversed workers.

In the presentation on NGO assistance through ODA by the Ministry of Foreign Affairs, (1) Collaboration with Japanese NGOs by grant assistance in FY2017 is 5.07 billion yen, 113 cases. (2) The financial contribution to Japan Platform (emergency humanitarian assistance) is 5.82 billion yen for 83 cases in FY2017. (3) The grassroots technical cooperation of the Japan International Cooperation Agency (JICA) is a joint implementation project with NGOs, universities and local governments, with the results of FY2017 totaling 980 million yen, 90 cases. It is not increasing these 4~5 years. NGOs are not paid important attention within ODA. These issues will also be discussed at this conference.

Looking at the history of Japan’s ODA such as main Japanese yen loan, it was called as economic cooperation since 1950s and 60’s. To contribute to the economic reconstruction and development of Japan, the majority of them were “tied aid” received by Japanese companies. From the international community, it was criticized that “Japan’s aid is commercial assistance”.

However, as Japan became the top donor, it tried to eliminate tied aid and make them untied. But, thereafter, during long slower economic growth, Japan returned to ODA thatemphasizes national interest as symbolized by export infrastructure.

Evolution of ODA

In Japan, it seems that we are entering the era of public participation and international cooperation with citizen’s participation. So we’d better show an aspect of “Evolution of ODA”. Under such policy orientation, we also need to review and strengthen the broader roles of NGOs and NPOs in order to create a trend of international cooperation involving citizens widely.

The 3rd revision of “Development Cooperation Charter” emphasizes a wide range of “public-private partnership” as a basic concept. In order to realize this, strong collaboration with NGOs and NPOs is required to implement ODA. Especially the operating agency JICA should seriously consider collaboration not only with development consultants but also with various NGOs and NPOs. Although NGOs are certainly lacking in technical expertise, while recognizing the social strengths of NGOs, it is necessary to have a policy intention to nurture them as the strong player of international cooperation.

Turning to the United States, the US Agency for International Development (USAID) has appointed NGOs and NPOs in various stages of aid. In the United States, NGOs are called as PVO (Private Voluntary Organization) and 80-90% of emergency food aid has been implemented through PVO. Also, in Article 123 of the Foreign Assistance Act of the US, 16% of the aid cost of development assistance (agriculture, rural development, population, health and sanitation etc.) is set to be spent through NGOs.

For example, there are cases where NGOs participate in existing projects, and NGOs themselves find cases and request USAID. However, NGOs themselves should consider their own autonomy and at least 25% of the requested project costs are borne by NGOs.Since the Cold War, the US has emphasized education and health cooperation based on national strategic policies. However, it has entrusted its role to private NPOs and NGOs, not directly by the government. In that long history, NPOs and NGOs in the United States grew dynamically.

International cooperation of civilian sense

There are such historical differences in Japan and the US. However, in Japan, as the more interest in socially vulnerable people increases, the more people’s awareness of social contribution is increasing. Among them, humanitarian awareness will deepen and it will be sensitive to the consciousness of relief to the weak people both inside and outside.

In ODA projects, we should deepen the policy intention that it is not merely a government-only project but a citizen participation project. Otherwise, we will not be able to gain the support of citizens for future ODA projects. On the other hand, if NGOs and NPOs also lose their civic ideas, they will lose public support widely.

An essay contest that was held on the 50th anniversary of our company established, is a great reference for knowing the public consciousness to the recent ODA.

For example, let’s look at an essay entitled “Public-Private Partnership” on the subject. “Assistance  to utilize convenience stores as social assets of developing countries to create strong regional communities that can eliminate poverty and disasters”,  “ODA version of Home Improvement Tax Plan for Indonesian regional development”,  “International Disaster Prevention Cooperation making full use of Japanese experiences of disasters” ,  “international cooperation in local urban areas”.

In order to make use of such citizen’s sense, we need to change traditional ideas and styles of ODA. Even if we try to cooperate with a wide range of citizens in the “Development Cooperation Charter”, we cannot keep up with the new trends and cannot create a new system.

Under such circumstances, the ODA Expert Meeting was held attended by Foreign Minister to think fundamentally strengthening international cooperation NGOs. Taking this opportunity, we need to deepen discussion on NGOs, in particular, why  international NGOs don’t grow in Japan like Western countries and how we can develop Japanese international NGOs. I want this occasion to become a milestone for new public-private partnerships.

By Mitsuya Araki, Editor-in-chief of IDJ

***** 以下、日本語原文 *****


羅針盤 外相主導で開かれた「ODA有識者懇談会」―国際協力NGOの抜本的強化を目指して編集主幹 荒木光弥

NGO強化論

  河野太郎外務大臣の要望で発足した「ODAに関する有識者懇談会」の第1回会合が2018年7月25日、国際NGOの抜本的強化を目指して開催された。委員は国際NGO、大学教授、シンクタンク研究員、弁護士、企業人、開発コンサルタント、ジャーナリストなどの有識者13人。私もジャーナリストとして参加した。

 外務省によると会議の趣旨は、「限られた予算の中でODAをこれまで以上に有効かつ戦略的に活用する必要がある。その観点から、多様な実施主体の力を引き出す必要が高まっている。そのために、ODAに関わる実施主体(開発NGO、民間団体、地方自治体など)をどう強化し、役割分担していけるか討議する」としている。

 その論点の第1は、NGOの抜本的強化(資金、人材、認知度など)。第2は多様な担い手によるODA事業実施のあり方などである。
外務省によるODAを通じたNGO支援の現状紹介では、(1)わが国NGOとの連携無償資金協力は2017年度で50憶7,000万円の規模で、113件。(2)ジャパン・プラットフォームへの拠出金(緊急人道支援)は2017年度58憶2,000万円で、83件。(3)国際協力機構(JICA)の草の根技術協力はNGO、大学、自治体との共同実施事業で、2017年度実績(NGO)は9億8,000万円、90件で、ここ4~5年、ほとんど伸びていない。

  どう見てもODAの中でNGOは、重視されているとは言い難い。こうした問題も今回の会議で議論されることになろう。
わが国のODAの歴史をみると、1950-60年代から、ODAは円借款協力を中心に経済協力と称された。日本の経済復興そして発展に寄与すべく、その大半は日本企業が受注するタイド(ヒモ付き援助)だった。国際社会からは「日本の援助は商業援助だ」と非難された。

  だが、その後、トップドナーになるにつれてヒモ付き撤廃(アンタイド化)に努力した。しかし、その後、長い低成長の中、再びインフラ輸出に代表されるように国益重視のODAへ戻った。

進化するODA

 日本もここらで、“進化する援助”の一面を見せるべく、国民参加、市民参加型の国際協力を目指す時代を迎えているのではないか。私たちは、そうした政策指向の下で、広く市民を巻き込んだ国際協力の流れをつくる上でも、NGO、NPOの幅広い役割を見直し、強化する必要があろう。

 第3回改定の「開発協力大綱」も、基本コンセプトとして幅広い「官民連携」を強調している。これを実現するためにも、ODA実施にNGO、NPOとの強い連携が求められる。特に実施機関JICAは、開発コンサルタントのみならず、多様なNGO、NPOとの連携を真剣に検討すべきである。たしかにNGOは専門的な技術力に欠けるところはあるが、NGOの社会的な強みを認識し、彼らを援助の戦力として育てるという政策的意図が必要であろう。

 目を米国に転じると、国務省の米国際開発庁(USAID)は援助の色々な局面でNGO、NPOを登用している。米国ではNGOをPVO(Private Voluntary Organization)と呼び、無償の緊急食糧援助の80~90%がPVOを通じて実施されてきた。また、米国の対外援助法123条では開発援助(農業、地方開発、人口、保健衛生など)の援助費のうち16%はNGOを通じて支出するよう定められている。

 たとえば、NGOが既存のプロジェクトに参加するケースと、NGO自らが案件を発掘してUSAIDに要請するケースなどがある。ただし、NGO自ら発掘した案件はNGOの自主性を重視して要請案件コストの25%はNGOの自己負担にしているという。

  米国は冷戦時代から国家戦略的な政策にもとづいて、教育や保健医療協力を重視してきた。だが、それは政府直轄ではなく、民間NPO、NGOにその役割を委託してきた。その長い歴史の中で、米国のNPO、NGOが大きく育った。

市民感覚の国際協力

 日米にはそうした歴史的違いがある。だが、日本も後発ながら社会的弱者への関心度が高まるにつれ、市民の社会貢献への意識も高まっている。なかでも人道意識も深まり、内外にわたる弱者への救済意識にも敏感になっているだろう。

  ODA事業においても単に政府だけの事業ではなく、国民参加、市民参加の事業であるという政策的意図を深めていくべきだ。そうしないと、これからのODA事業への国民、市民の支持を得られなくなるだろう。一方、NGO、NPOも市民的発想を失ったら、広く国民の支持を失うだろう。

  最近のODAに対する国民意識、市民意識を知る上で、本誌創刊50周年で募集した小論文コンテストが大きな参考になる。 たとえば、「官民連携」というテーマで応募があった小論文を見てみよう。 「コンビニを開発途上国のソーシャルアセットとして活用し、貧困や災害に負けない強い地域共同体の創造を図る援助」、「インドネシア地方開発のためのODA版ふるさと納税制度」をはじめ、「日本の災害援助体験を生かした国際防災協力」、「地方都市部の国際協力がわが国の未来に希望をつなぐ」などがある。

  こうした市民感覚を生かすには、これまでの伝統的な援助思想や形態、実施機関の古き援助スタイルやシステムでは、新しい時代に対処できない。「開発協力大綱」で幅広い国民との連携を唱えても、ODAの現場が思考停止状態では、新しい流れに対応できないし、新しい流れを創れない。

 そうした中、外相自ら出席して「国際協力NGOの抜本的強化」を考える有識者懇談会が催された。これを機に、なぜ国際協力分野のNGOが欧米のように育たないか、どうしたら日本の国際NGOを育てられるか、議論を深め、新しい官民連携への一里塚になってもらいたい。

 こうした市民感覚を生かすには、これまでの伝統的な援助思想や形態、実施機関の古き援助スタイルやシステムでは、新しい時代に対処できない。「開発協力大綱」で幅広い国民との連携を唱えても、ODAの現場が思考停止状態では、新しい流れに対応できないし、新しい流れを創れない。

  そうした中、外相自ら出席して「国際協力NGOの抜本的強化」を考える有識者懇談会が催された。これを機に、なぜ国際協力分野のNGOが欧米のように育たないか、どうしたら日本の国際NGOを育てられるか、議論を深め、新しい官民連携への一里塚になってもらいたい。

『国際開発ジャーナル』主幹 荒木 光弥

『国際開発ジャーナル』2018年10月号掲載
#羅針盤 #SDGs #English

㈱建設技研インターナショナル

 

・企業情報 

設立:1999年
資本金:1億円
従業員:163人
本社:東京都江東区
海外拠点:マニラ、ウランバートル、イスラマバード、プノンペン
事業分野:水資源、防災、道路・橋梁・交通、環境、社会開発、上水道、下水道・排水、エネルギー
 
水・防災、道路・交通分野を中心に質の高い技術を提供

設立当初は水分野に強いコンサルタントとして治水や水資源管理・防災などの分野で実績を伸ばし、最近は道路・交通、環境、都市インフラ、上水・給水、下水道・排水、資源循環などの技術協力分野にも取り組む。プロジェクトの計画、設計、施工監理まで一貫したサービスを提供し、2018年4月には『ウランバートル市高架橋建設計画』で国土交通省より第1回JAPANコンストラクション国際賞を受賞するなど、高い評価を受けている。

 

・求める人物像 

募集職種:技術職(開発コンサルタント)、社内システム職、総務人事職
募集人数:技術職5~7人、その他若干名(2019年度新卒採用実績)
 
新しい環境を楽しめる前向きさが必須

協調性や向学心があり、新しい環境を楽しみながら何事にも前向きに取り組める人や、語学などに興味があり、学ぶ気持ちを持てる人を求めています。技術職への応募は、土木、農業土木、衛生工学、環境などを専攻している人に限りますが、その他の職種は全学部から応募できます。

 
 

社長から一言! 代表取締役社長 友永 則雄氏
 

 
わが社のビジョン
水・防災、道路・交通、都市・環境が現在の三本柱さらなる飛躍を目指す

三つの重点分野を柱に、2025年までに売上高100億円の達成を目標に掲げています。事業発展の要となるのが優秀な人材。新しい提案を生み出す能力のある、世界レベルの人材育成を目指します。

国際協力業界を 目指す人へ
理系はもちろん文系も視野やりがいと達成感のある仕事

理系の技術者に加え、経済や経営工学を学ぶ文系の学生や、日本で学ぶ留学生の採用を増やしていく方針です。今後のグローバル展開を背負っていける、多彩な強みを持った人材の入社を期待しています。

 

社員インタビュー 都市インフラ部 川本 剛さん
 

 
 

 キャリアパス 

・高校の生物の授業で微生物に関心を持つ
 ↓
・大学・大学院で応用生物学、特に水処理を専攻
 ↓
・大学院での研究の一貫で開発途上国を訪問
 ↓
・ターニングポイント
NG Oの一員としてバングラデシュへ。現地の課題解決には幅広い取り組みが必要と気づく
 ↓
・より広い視野で働くため、現在の職場に
 
 

カンボジア国第四次プノンペン市洪水防御・排水改善計画(詳細設計)

・1999年のマスタープランから今も続く息の長い協力
・排水路などが未整備の首都プノンペンの浸水対策
・主要道路の交通渋滞や地域の衛生環境を改善
 

 大学・大学院で微生物による水処理を専攻し、指導教授と研究の一貫でバングラデシュやインドネシアを訪れた際に、自分の関心事が開発途上国での仕事につながることを初めて知りました。そこで水処理設備メーカーの内定を辞退し、ヒ素に汚染された地域で飲料水供給を支援するNGOに参加して、1年間バングラデシュへ。現地の人々が給水施設を維持管理できるよう支援する中で、水の課題一つとっても、住民・行政機関の参加や資金面、隣国との国際関係まで多種多様な要素が絡み合い、設備だけにフォーカスしても解決できないと気付きました。
 これをきっかけに開発コンサルタントを目指し、この会社に入社。国内で河川や下水道の計画に4年間携わった後、セネガルやミャンマーなどで下水道の計画に携わりました。現在は、カンボジアの首都プノンペンで、排水管や排水施設の詳細設計業務を担当しています。雨が降るとすぐに浸水する現状を改善するのが目的です。開発コンサルタントは自らの足で調査し、価値観が違う住民や行政機関と意見交換しながら仕事を進めていくので、技術を生かしつつ〝現場〞で働きたい人にぴったりだと思います。

 
 

Company Data
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸2-25-14 立花アネックスビル
TEL:03-3638-2561
Mail:(新卒)shinsotsu@ctii.co.jp
   (キャリア)recruit@ctii.co.jp
HP:https://www.ctii.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱建設技研インターナショナルはこちら

桜美林大学大学院 国際学研究科

 
 
大学院情報
学際的な教育・研究で国際協力全般にわたる基礎的な知識を身に付ける
国際協力機関やNGOなどでのインターンシップ参加が実践力に
国際協力経験があり、研究としてまとめたい社会人も積極的に受け入れ
 

取得可能な学位:修士(国際協力)

定員:10名(国際協力専攻)

学費:107万円(初年度納入金)

開講形態:平日昼夜・土曜(一部の授業)

奨学金:あり

〒194-0294 東京都町田市常磐町3758 Tel:042-797-1583(インフォメーションセンター)

 

 ここがポイント 

国際協力を体系的に学ぶ
 桜美林大学大学院国際学研究科国際協力専攻では、国際的な視野に立ち国際社会の変化に柔軟に対応できる思考と対応力を併せ持った、国際協力分野での専門職業人や研究者を養成している。 同専攻の教育課程は講義科目と実習科目から成り、国際協力の「理論」と「実践」を体系的に学習できる。「理論」面では国際政治、国際法、国際関係といった科目はもとより、環境や移民、多文化共生などを幅広く学べる。「実践」の面では、国際協力機関や非政府組織(NGO)でのインターンシップなど、国際協力活動に参加する機会を数多く設けている。他の研究科の科目も受講できる自由度の高いカリキュラムで、自分の研究を多角的に掘り下げることが可能だ。同専攻は、青年海外協力隊やNGOなどで国際協力を経験した人や、開発コンサルタントなどの社会人も積極的に受け入れている。現場経験を研究成果として論文にまとめて、修士の学位につなげることができるのが強みだ。桜美林大学のモットーは「学而事人」(学んだことを人や社会のために役立てる)。この精神を受け継いだ学生は、国際協力をはじめさまざまな分野での活躍が期待されている。

在学生に聞きました

 
 
 
 

三神 憲一さん

国際学研究科国際協力専攻 修士課程 2年

 
 
 
 

任地からSkypeでゼミ国際人材育成を目指す

 前職は私立大学の職員です。当時は大学におけるグローバル人材の育成が叫ばれ始めたころ。学生時代のフィリピン留学経験から、途上国での体験学習がグローバル教育に役立つのではないか、同時にグローバル教育をサポートする大学の職員のスキルアップも必要ではないかと思い、青年海外協力隊に参加しました。派遣先のジャマイカでは、環境教育と学校運営を手掛けました。帰国前に開始した外務省支援による新校舎建設プロジェクトが、もうすぐ終了します。 実は、本大学院に入学したのは協力隊の訓練に入る前で、ゼミには任地からスカイプで参加しました。現地の活動に関して先生からアドバイスをいただき、自分の活動を一歩引いた目で見ることができたのは収穫でした。主専攻は国際協力ですが、大学アドミニストレーション研究科の授業で大学経営も学んでいます。研究テーマは「大学における国際協力ボランティア活動の有用性について」。将来は海外の大学の立ち上げに携わることを目指します。

教授陣の声

 
 
 

鷹木 恵子先生

国際学研究科 教授

 
 
 
 

格差是正に重要なジェンダーの視点を学ぶ

国際協力や国際開発の分野ではジェンダーの視点が重要です。ジェンダーに配慮した国際協力により格差を是正し、現場の人たちが主体的に未来を選び取っていくことのお手伝いができればと思います。本学で学び、今は開発コンサルタントとして日本と母国の架け橋になっている元留学生の活躍を見ると、教師冥利に尽きます。国際協力への関わり方はさまざま。これからは会社をリタイアし、余生を社会に役立てたい皆さんとも共に学べることを期待しています。

『国際協力キャリアガイド2018-19』掲載
2017年のキャリアガイド『桜美林大学大学院』はこちら

㈱毛利建築設計事務所

 

・企業情報 

設立:1957年
資本金:7,000万円
従業員:35人
本社:東京都中央区
海外拠点:フィリピン(マニラ)、ラオス(ビエンチャン)
事業分野:防災、文化・スポーツ、教育、保健・医療
 
公共建築の設計・監理に加え教育計画・調査などのソフト分野も

同社は1970年代から政府開発援助業務を手がけ、主に教育施設など公共性の高い建築物の建築設計・監理業務や防災、復興支援分野などに加えて、教育計画や各種調査業務にも従事し、ハードとソフトの両面から包括的に開発コンサルティング業務を行っている。学校建設において、生徒や教職員、保護者、地域住民などもステークホルダーとして捉え、社会のニーズを的確に捉えた学校づくりを目指しているのが特徴だ。

 

・求める人物像 

募集職種:建築技術者、海外社会開発コンサルタント
募集人数:若干名
 
柔軟な発想を持ち試行錯誤をいとわない人

長く使われる学校を作るためには、クライアントである現地社会のニーズを把握してそれに沿った計画を立て、建設すると同時に、運営の支援も必要です。柔軟な発想とコミュニケーション力を備え、課題解決のために試行錯誤をいとわない人、もしくはそうした人物像を目指す意思のある人を求めます。

 
 

社長から一言! 代表取締役社長 毛利 信弘氏
 

 
わが社のビジョン
建築は人々の生活の基礎その経験を新分野にも

当社は創設から60余年間、学校建設を中心に建築事業を実現してきました。今後も世界に「学び舎」を届け続けるとともに、防災、復興支援や保健医療、人材育成の各分野にも力を入れていきます。

国際協力業界を 目指す人へ
制約の多い環境で知恵を絞って地域に貢献

この仕事は、制約の多い環境の中で、デザインの工夫など知恵を絞る面白さがあります。自分が建てた学校で子どもが笑っていたり、災害時の避難所として活用されたりすると、やりがいを実感できます。

 

 

社員インタビュー 社会開発プロジェクト室 髙橋 美奈子さん
 

 
 

 キャリアパス 

・大学卒業後、商社に2年勤務
 ↓
・米国の大学院へ留学 
在学中、国連開発計画でインターン
 ↓
・ターニングポイント
青年海外協力隊に参加パキスタンでスラムの女性に公衆衛生を指導
 ↓
・帰国後、毛利建築設計事務所に就職
 
 

マリ共和国第4次小学校建設計画

・初等教育就学率の向上を目指し、首都周辺に39の小学校を建設
・ソフトコンポーネントとしてトイレなどの施設の使い方指導を実施
・治安状況悪化による事業の中断を乗り越え、計画を練り直す
 

 私は政府開発援助による学校建設プロジェクトにおいて、相手国からの要請の妥当性の調査や、学校施設の維持管理のための指導などを担当しています。 開発コンサルタントという仕事を知ったのは就職活動中です。青年海外協力隊の任地パキスタンから帰国後、国際協力キャリアフェアで当社の求人を目にし、ソフト系の人材も募集していることを知りました。その後、協力隊のキャリア支援の相談窓口に行ったところ、窓口の人が「毛利の人を知っている」と連絡先を教えてくれたのです。入社後は小中学校建設の案件で、エチオピア、マリ、セネガル、カンボジア、パレスチナなどへ行きました。大学時代の専門はジェンダーや貧困削減といった分野でした。今の仕事は学校の建設を通じて多くの女児に良質な教育を提供するという点で通じています。
 せっかく日本の無償資金協力で建てた学校ですから、きれいに長く使ってほしい。そこで、学校運営を担う人々に対し、メンテナンスの方法も伝えています。 以前の私は、途上国の暮らしはさぞ大変だろうと考えていました。でも実際に行ってみると印象が変わります。専門性を持つのはもちろん、好きなことの延長上で働けるといいですね。

 

Company Data
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-2-13 アドバンテック日本橋ビル
TEL:03-3281-8639
Mail:mohriaa@mohri-aa.co.jp
HP:http://www.mohri-aa.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱毛利建築設計事務所はこちら

㈱片平エンジニアリング・インターナショナル

 

・企業情報 

設立:1987年
資本金:5,000万円
従業員:120人
本社:東京都中央区
海外拠点:フィリピン、ベトナム、スリランカ、カンボジア、東ティモール、ケニア
事業分野:インフラ、民間セクター、都市開発、防災、ICT、資源・エネルギー、環境・気候変動、貧困削減、平和構築
 
大型インフラ案件で実績取り組み分野を拡大中

道路・橋梁部門のエキスパートである同社は、これまでに65カ国、800件以上の政府開発援助(ODA)案件に参画し、国内外の公的機関から高い評価を得ている。マスタープランの作成や協力準備調査から技術移転、人材育成、施工監理まで、道路交通分野のさまざまな側面を手掛けているのが特色だ。近年は貧困削減や平和構築、地球温暖化対策などの分野にも手を広げ、各分野で即戦力・将来性ある若手の人材を求めている。

 

・求める人物像 

募集職種:開発コンサルタント(交通計画、道路計画/設計、橋梁計画/設計、地域開発、環境社会配慮等の専門家を目指す者)
募集人数:若干名
 
業務に責任を持ちチームプレーのできる人

当社は質実剛健を社是に、有望な若手社員を積極的に育成していく方針です。今後の開発業界を考えたとき、社員一人ひとりが自らの業務に責任を持ち、積極的、かつ正確に業務を執行していくことは必要不可欠。豊かな発想と柔軟な対応力を持ち、チームと共に働く協調性の高い人を求めています。

 
 

社長から一言! 代表取締役 三石 隆雄氏
 

 
わが社のビジョン
インフラ部門を強化し多方面から受注目指す

当社は設立以来、世界各地で政府開発援助(ODA)を手掛けてきました。今後はインフラ業務の強化とともに、ODAだけでなく、国際機関、現地政府、民間企業など多方面からの受注を目指します。

国際協力業界を 目指す人へ
専門性とアイデアに協調性も意識して

ODA業務への持続的、かつ果敢な取り組みのためには、質を維持する高い能力や専門性、課題を解決する斬新な発想と積極性に加えて、協調性にあふれた人材の確保が不可欠です。

 

 

社員インタビュー 海外本部 課員 佐藤 雅俊さん
 

 
 

 キャリアパス 

・大学・院で土木を専攻地図に残る仕事をしたい
 ↓
・ターニングポイント
就活で業界研究中、開発コンサルの先輩に会う。面白い仕事ができそうだと挑戦
 ↓
・出向で国内事業に設計の基礎を学ぶ
 ↓
・スリランカに初の海外赴任 橋梁設計業務を担当
 ↓
・フィリピン業務に配属 橋梁の標準図集作りに携わる
 
 
 

メトロマニラスカイウェイステージ3プロジェクト

・有料高速道路の既往設計を徹底分析
・対象区間計15kmの構造データを設計図面から数値化
・支間長や車線数、橋脚高などが分かる図面集を作成
 

 私は大学時代に土木を専攻していましたが、海外で働くことをそこまで強く意識していたわけではありませんでした。就活でさまざまな業種について情報を集めているときに、大学の恩師から当社で働いていた先輩を紹介されたのが、国際協力の世界に足を踏み入れるきっかけです。先輩に聞いた開発協力現場の話に刺激を受け、国内で働くよりも面白い仕事ができそうだと感じました。一方で、英語はあまり得意でな、海外業務に不安もあったのですが、家族の後押しもあって入社を決めました。 最初の3年間は、グループ企業に出向して日本国内で仕事を学びました。国内と海外で仕事のやり方に違いはありますが、国内で業務の基礎を身につけられたのは良かったと思います。現在はフィリピンで、高速道路の設計を分析し、橋梁の〝標準図集〞の作成を手掛けています。国内では新規の高速道路業務数が減少しており、新規で総延長が長い高速道路業務は途上国ならではのスケールの大きい仕事となっています。今後の高架橋設計で参考となる図面集作りを心がけています。地元スタッフとの公私の付き合いも豊富で、楽しく仕事に打ち込んでいます。

 

Company Data
住所:〒104-0041 東京都中央区新富1丁目14番1号 いちご八丁堀ビル3F
TEL:03-6280-3500
Mail:kei-tokyo@katahira.co
HP::http://www.katahira.com

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱片平エンジニアリング・インターナショナルはこちら

㈱かいはつマネジメント・ コンサルティング

 

・企業情報 

設立:2001年
資本金:6,000万円
従業員:41人
本社:東京都渋谷区
海外拠点:スリランカ(コロンボ)、ラオス(ビエンチャン)、ベトナム(ホーチミン市)
事業分野:民間セクター、水と衛生、環境・気候変動、ガバナンス・法制度、貧困削減、保健・医療、農業・農村開発
 
現地社会と日本企業をサポート二本柱の業務を幅広く展開

経済開発や社会開発を通じた途上国支援を手掛けるかいはつマネジメント・コンサルティングは、農村開発や地域産業開発、途上国の中小零細企業支援などの幅広い分野にわたる政府開発援助(ODA)事業と、日本企業の途上国進出に関するビジネス支援事業を業務の二本柱としている。地域住民が幸福を感じられる社会の実現をミッションとして掲げ、現地社会と日本企業の双方に恩恵のある支援を目指している。

 

・求める人物像 

募集職種:国際開発コンサルタント、国際ビジネス支援コンサルタント
募集人数:若干名
 
現地の人々の自立を目指して

私たちの仕事は、さまざまな国に出かけ、現地の人と向き合って、彼らが自立できるよう国や社会の仕組みを変えていくこと。時間のかかる取り組みが必要な一方で、業務の成果をクライアントに評価される厳しい仕事でもあります。そうした業務を一生の仕事にしようという覚悟と意欲のある人を望みます。

 
 

社長から一言! 代表取締役 岡部 寛氏
 

 
わが社のビジョン
品格と品質、輪と和、そして挑戦

コンサルタントに求められるのは品格と品質です。社員間で切磋琢磨しながら、かつ知恵を出しあいながら常に人格と技を磨き、時代のニーズに応じた新たな分野に挑戦する、これが当社の目指す姿です。

国際協力業界を 目指す人へ
違いや変化を楽しむ心で

環境や文化、習慣の大きな違いを乗り越え、現地で試行錯誤しながらの仕事です。一つの国、地域の大きな事業や変革プロセスに関わることも多く、「変化」を起こせた時には大きなやりがいを感じます。

 

 

社員インタビュー 中小零細企業開発部コンサルタント 弓削田 高大さん
 

 
 

 キャリアパス 

・ターニングポイント
大学で開発経済学を学ぶ。ボランティア活動で難民支援に取り組み、開発協力の仕事を目指す
 ↓
・開発コンサル企業の事務方で業界経験を積む
 ↓
・留学に先立って短期の青年海外協力隊を勤める
 ↓
・英国に留学、マイクロファイナンスを学ぶ
 ↓
・かいはつマネジメント・コンサルティングに入社、現地企業支援部署に
 
 

アルバニア 小規模農家金融包摂プロジェクト

・金融を通してアルバニア小規模農家の生計向上を支援
・地元の貯蓄信用協会と協力し、金融サービスへのアクセス拡大目指す
・農家のニーズを捉えて新しい金融商品を作りだす挑戦も
 

  私は大学で開発経済学を学ぶ中で、マイクロファイナンスなど貧困を解決するツールとしての金融の存在を知り、その可能性に感銘を受けました。在学中には日本国内で難民支援ボランティアに参加しており、彼らのために何かをしたい、と考えたのが、開発協力業界を目指したきっかけです。最初は事務職として大手コンサルティング企業に入社し、プロジェクトをバックアップしながら、前線で働くコンサルタントの方々に刺激を受けました。その後、英国の大学院で開発経済学とマイクロファイナンスを学び、修士号を取りました。在学中に、この分野に強い当社の採用試験を受けて入社を決めました。現在は、開発途上国の企業支援を行う部署で働いています。アルバニアでは、現地の貯蓄信用組合と協力し、より農家のニーズに合った〝商品〞、つまり融資プランや貯蓄・保険サービスなどの提供を目指しています。商品の拡充とアクセスの拡大を視野に、これまで1000軒ほどの農家に聞き取りを行いました。プロジェクトの最初から関わる案件はこれが初めてですが、金融についての専門性を活かして、多くの人を支援していきたいと思います。

 

Company Data
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル10階
TEL:03-5791-5083
Mail:kmc.admin08@kmcinc.co.jp
HP:http://www.kmcinc.co.jp

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱かいはつマネジメント・ コンサルティングはこちら

㈱アールディーアイ

 

・企業情報 

設立:1998年
資本金:565万円
従業員:18人
本社:東京都新宿区
事業分野:農業・農村開発、貧困削減、環境・気候変動
 
農村開発に貢献 情報収集と発信も

アールディーアイは、開発途上国で農村開発に重点を置いた地域開発に貢献することを目的に1998年に設立された。これまで世界各地でODAによる農村開発の調査業務等を実施してきた。日本国内では主に国際協力機構(JICA)筑波国際センターの研修員受入事業において各種研修コースを実施している。開発協力や途上国に関する情報の収集と発信も事業の一つ。社内研修を通じた現場志向型人材の育成にも取り組む。

 

・求める人物像 

募集職種:農村開発、社会開発
募集人数:若干名
 
強い意志を持った現場志向の技術者を

コンサルタントは、日本語と外国語の両方で報告書を作成します。そのため語学力が問われますが、重要なのは日本語力。まずは論理的で説得力のある日本語の文章を書く力が必要です。同時に求められるのは専門性と技術経験。その上で、途上国の厳しい環境に耐えられる強い意志と健康な身体が大切です。

 
 

社長から一言! 代表取締役 高遠 宏氏

 
わが社のビジョン
途上国住民の意向と社員の自主性を尊重

わが社のメンバーは、住民の意向を尊重する技術者として農村開発事業に参画します。会社はメンバーの自主性と創造性を尊重しつつ、独自の主張ができる組織を築くことを経営の理念としています。

国際協力業界を目指す人へ
基礎的素養を磨き、専門技術を身に付けよう
開発コンサルティング業務は途上国の経済開発に必要な専門技術です。技術が機能するためには基礎的な素養が大切で、特に人文科学分野を幅広く学び、修養を積むことが欠かせません。
 

社員インタビュー 開発部 主任研究員 高橋 貞雄さん
 

 
 

 キャリアパス 

・大学卒業後、商社に就職フィリピン駐在
 ↓
・ターニングポイント 
青年海外協力隊に参加パラグアイの農業高校で野菜栽培を指導。帰国後、大学院に進学
 ↓
・大学院在学中に協力隊でパナマに短期派遣
 ↓
・国際農林業協働協会の専門家養成研修に参加
 ↓
・アールディーアイ入社中南米の農村開発案件に従事
 
 

ニカラグア  プエルトカベサス先住民コミュニティ生計向上計画

・農民組織の強化と農業技術の改善を通じた生計向上モデル事業
・開発から取り残された先住民自治区で、農民の生計向上を目指す
・農村開発委員会を組織し、研修教材と普及ガイドラインを発行
 

 私は海外移住に憧れて拓殖学科のある大学へ行き、卒業後は商社に勤めました。東南アジアの貿易を担当していたのですが、大学で学んだ内容との乖離を感じ、悩んだ末、退職して青年海外協力隊でパラグアイへ。帰国後、協力隊の顧問の先生に「技術協力の専門家になりたいのなら、最低でも修士号はあった方がいい」と言われ、大学院に進みました。最近は博士号があればよりいいのではと感じています。 当社に入社したのは大学院を出た直後です。当時、日本熱帯農業学会で協力隊の後輩が発表をしていたのを聞き、彼が当社の社員だったので紹介してもらいました。入社後は中南米諸国で農村開発関連の政府開発援助(ODA)プロジェクトに携わっています。これまでの仕事で思い出深いのは、5年ほど通っていたニカラグアでしょうか。漁港近くの犯罪多発地域で生活改善に取り組みました。途中、暴動が起きたときは首都のマナグアに一時退避したこともあります。政情さえ安定していればとてもいい国なのですが。かつてのカウンターパートや支援対象の住民らが自分たちで頑張っているのをインターネットなどで知ると、感動を覚えます。


住所:〒160-0006 東京都新宿区舟町12番地 ミルボレー四谷2階
TEL:03-5363-0526
Mail:kaihat@iprdi.com
HP:http://www.jprdi.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱アールディーアイはこちら

㈱アルメックVPI

 

・企業情報 

設立:1971年
資本金:7000万円
従業員:75人
本社:東京都新宿区
海外拠点:マニラ、ハノイ、ウランバートル
事業分野:交通計画、都市開発、インフラ、環境・気候変動、民間セクター、ガバナンス・法制度など
 
ミャンマー国タニンダーリ地域開発計画にかかる情報収集・確認調査

アルメックVPIは50年近くにわたり多くの実績を積み上げてきた。都市計画・開発、交通計画を中心としたプランニングが得意分野だ。国内業務と海外業務の部門を持ち、互いの情報交換や研究を目的としたR&Dセンターを設置して社内の経験を共有している。海外業務は国際協力機構(JICA)、アジア開発銀行、世界銀行、その他国際機関、外国政府、日本政府が主なクライアントだが、近年は民間企業の要望にも対応している。

 

・求める人物像 

募集職種:社会開発、産業・経済開発、都市開発、交通・運輸
環境分野に関連するプランニングを担う専門技術者及びエコノミスト
募集人数:若干名
 
他人を尊重し公平・公正な広い視野を
人のために尽くすという高い志を持ち、プロフェッショナル・コンサルタントとしての自己実現に向けて努力をいとわない人を求めています。計画立案に関係する全ての人々を尊重し、その状況を正しく理解することに努め、公平・公正な広い視野を持った深い人間性を自ら育てていってください。

 
 

社長から一言! 代表取締役 長山 勝英氏
 
 

 
わが社のビジョン
人が幸福でいられる社会の基盤づくり

当社は、個人個人が真に幸福でいられる社会の基盤づくりに最大限の貢献をすることをモットーとしています。人々が幸福に暮らしていける豊かで公正な社会の形成へ向けて、貢献していきましょう。

国際協力業界を目指す人へ
人のために尽くす思いを大切に
この業界で重要なのは体力に加えて、他国の人々・生活文化に好奇心を持ち、積極的に対話する意識。部活などでリーダーや世話人などを勤め、何よりも人のために尽くす思いのある人にはうってつけです。
 

社員インタビュー 海外事業本部 総合計画部 河野 洋一郎さん
 

 
 

 キャリアパス 

・大学卒業後 住宅メーカーで設計に従事
 ↓
・ターニングポイント 
青年海外協力隊に参加
 ↓
・帰国後、途上国における都市計画を学ぶため大学院へ入学
 ↓
・大学院在学中にアルメックVPIに転職
 ↓
・主にアジア諸国のJICA案件に従事
 
 

ミャンマー国タニンダーリ地域開発計画にかかる情報収集・確認調査

・現場のニーズに合った地域開発計画をつくるための調査
・地域住民や行政担当者等、幅広い関係者からのヒアリング実施
・自然豊かな地方部における情報収集調査
 

  国際協力の分野に興味を持ったのは、途上国に低所得者層向けの住宅を建設したいという思いがきっかけでした。そのため、建築を専門分野に選び、大学、住宅メーカーで1級建築士として経験を積んできました。その後、青年海外協力隊の建築隊員としてバングラデシュの中央省庁で建築設計に関与。途上国における問題点と実態を把握し、国際協力の分野に打ち込むことを決意しました。その一方で、建築という分野だけでは途上国に与える影響は限られており、都市計画と建築の両面から都市を考えることも大切だと、バングラデシュで痛感したのです。そこで転職を決意し、帰国後に大学院で都市計画を学びました。修了後は都市計画や交通計画の実績を持つ当社へ。一昨年の入社以来、バングラデシュ都市交通整備事業準備調査をはじめ、ミャンマー、フィリピン、ベトナムで、政府開発援助案件に取り組んでいます。コンサルタントという立場上、青年海外協力隊時代よりも現地住民との距離は遠く感じますが、今も現地の人との触れ合いが一番のモチベーションです。国際協力を目指す皆さんには、ぜひ現地の方々を深く知ることを心掛けてほしいと思います。


住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5-5-3(建成新宿ビル)
TEL:03-3353-3200(代)
Mail:hq@almec.co.jp  
HP:http://www.almec.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』のアルメックVPIはこちら

上智大学/大学院

 
 
大学院情報
国際協力機関との密接なネットワークで、インターンシップなどにつなげる
世界をフィールドに国際協力分野について学ぶ学際的なプログラムも多数
授業を通した国際経験を次のアクションにつなげる積極的な学生を輩出
 

取得可能な学位:学士、修士、博士

定員:11,220人(学部収容定員)

学費:1,260,450円(心理・看護学科を除いた文系学部初年度納付金)

奨学金:あり

四谷キャンパス 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
Tel:03-3238-3167(入試について)

 

 ここがポイント 

変革の担い手としての実践力を

 キリスト教ヒューマニズムの精神に基づいて、世界の人々と共に歩む「隣人性」と、多様性を受け入れて社会を分断する課題の解決に取り組む「国際性」を重視した教育を行う上智大学。国際的な話題に興味を持つ学生も多く、学生を後押しするためのグローバル教育プログラムも豊富に準備されている。協定校への短期・長期の交換留学や、コロンビア大学院など協定に基づく海外有力大学院への特別進学制度に加えて、講義と海外現場での実践活動を組み
合わせた単位認定型プログラムやインターンシップなども数多く展開。渡航先での不測の事態に備えた保険や危機管理サービスも提供しており、学生のチャレンジを支える体制は万全だ。同大学は国連や国際協力機関などで働くことを志す学生のキャリア支援にも力を入れている。2015年に新設された「国際協力人材育成センター」では、国際機関での勤務経験を持つ教授陣や国際協力分野で活躍する有識者アドバイザーが、学生に有益なアドバイスを行っている。他にも、国際機関との共催シンポジウムやイベント開催など、国際社会を肌で知る機会も多い。300近い海外協定校からの留学生も在籍し、国際色豊かなキャンパスで、全身を通して世界を学べる。

在学生に聞きました

 
 
 
 

光本 恵理さん

経済学部経営学科 4年

 
 
 
 

ビジネスを通じて継続支援につなげたい

 小さい頃から学校で寄付イベントを経験していましたが、商品の売り上げの一部を寄付するという製菓会社のCMを見て、企業のビジネスを通じた途上国支援に興味を持ちました。経営学を学ぶために本学に入学し、2年次になって途上国に行ってみたいと思いましたが、一人では不安がありました。そんな時、「アフリカに学ぶ」のプログラムを見つけたのです。その年の訪問先はベナン。先生が同行し、国際機関や大使館など一人ではなかなか行けないような場所も訪問できると聞いて、参加を決めました。現地に行ってみると、それまでの思い込みとは違って都市部が発展していて、将来に向けて熱心に学ぶ学生さんも多くいました。何かをしてあげるという意識ではなく、現地の人と共によい社会をつくっていきたいと考えました。その後もインターンなどを経験し、商社に就職が決まりました。世界各地の暮らしを豊かにできるビジネスに携わることを目標に、学び続けたいと思います。

教授陣の声
 

 
 
 

山﨑 瑛莉先生

グローバル教育センター特任助教

 
 
 
 

大学を生かし視野を広げる機会を

私の専門分野は国際教育学・比較教育学です。開発教育・持続可能な開発のための教育(ESD)や、アフリカ地域の開発に関する授業を担当しています。2015年開始の実践型海外短期研修では、学科学年を問わず参加できるアフリカ地域でのスタディーツアーを企画・実施しています。自ら問いを見つけ、初めて訪れる場所で気付きを得ることは、成長につながるはず。本学の体験・実践型のプログラムを通じて、学生たちが次の行動を起こしていることを、心強く思います。

『国際協力キャリアガイド2018-19』掲載
2017年のキャリアガイド『上智大学/大学院』はこちら

国際航業㈱

 

・企業情報 

設立:1947年
資本金:167億2,900万円
従業員:1847人
本社:東京都千代田区
海外拠点:シンガポール、中国、ベトナム、インドネシア、ドイツ
事業分野:民間セクター、水と衛生、環境・気候変動、ガバナンス・法制度、貧困削減、保健・医療、農業・農村開発
 
地球を測る技術で公共サービスに貢献

国際航業は地理空間情報技術のリーディングカンパニーとして、最先端の計測技術と幅広いコンサルティング技術により公共サービスの向上に貢献してきた。近年は、安心で安全、持続可能なまちづくりで社会に貢献するため、防災・環境保全、クリーンエネルギー、社会インフラ、地理空間情報技術の分野で独自性の高いソリューションを提供している。海外本部の約4割が青年海外協力隊出身者。会社訪問や面談には随時対応している。

 

・求める人物像 

募集職種:防災、水資源開発・保全・管理、上下水道、砂防、地質、廃棄物管理、衛生、気候変動、都市環境・環境管理(排水管理、公害対策)、都市インフラ開発、アセットマネジメント、森林保全、生態系保全、林業、農業、土木、建築、電力・電気、再生可能エネルギー、地理空間データ整備およびGIS、ジェンダー、難民支援、経済/財務、組織開発など
 
求む、開発マインドにあふれる人材

私たち国際航業は、開発途上国の自立的な発展のための調査・計画策定・技術支援などを手掛けるコンサルティング会社です。防災や水資源開発、難民支援、組織開発など、左に示した多岐にわたる職種に当てはまるいずれかの分野で専門性を備え、開発マインドにあふれる人材を求めています。

 

社長から一言! 代表取締役社長 土方 聡氏
 

 
わが社のビジョン
一歩先の未来を見つめお客様のニーズを大切に

当社は社会の課題を解決するため、熱い思いを持ってさまざまな分野におけるコンサルティング業務を行ってきました。今後も確かな技術をベースにお客様のニーズにあった事業活動を行ってまいります。

国際協力業界を 目指す人へ
技術系もソフト系も充実の人材育成制度

当社には技術系だけでなくソフト系コンサルタントや女性コンサルタントも多数所属しています。海外留学制度や国内技術研修、男性社員を含めた育児休暇取得の奨励など、働きやすい環境を整えています。

 

 

社員インタビュー 海外本部 海外コンサルティング部空間情報グループ 中西 平さん
 

 
 

 キャリアパス 

・神田外語大学卒業後、ホテルでアルバイト
 ↓
・ターニングポイント
カナダの大学に留学、地図作りを学ぶGISオペレーターとして政府機関に勤務
 ↓
・国際航業に就職入社1年後、米国に留学
 ↓
・現在は主にJICA、ADB案件に従事
 
 

モザンビーク国REDD+モニタリングのための持続可能な森林資源情報プラットフォーム整備プロジェクト

・森林総面積は日本の国土に匹敵、モザンビークの森林減少を食い止める
・森林減少と気候変動抑制のための国際的なメカニズムに貢献する
・森林モニタリングを実施するための知識・技術の能力向上を目指す
 

 私が初めて地図作りに従事したのは、カナダの大学在学中。地理情報システム(GIS)オペレーターとして政府機関で2年間勤務しました。帰国後、当社に入社。会社の制度で米国に再留学し、修士号を取得しました。ここ5年ほどは、国際協力機構(JICA)の森林案件でリモートセンシング(RS)を担当しています。森林減少を抑える前提として森林基盤図が必要。地図作りに不慣れな国の森林局職員に衛星画像の活用方法を教えつつ、必要な地図を作るのが私の役割です。
 この仕事のやりがいは、自分が成長できること。森林局と協議しながら地図を作るには入念な準備が必要で、RSやGISについて学び直す機会になります。相手国職員と打ち解けるために現地の言葉も学び、業務中にも使っています。この業界を目指すなら、視野を広く持つこと、失敗を恐れないこと、自分の特技を持つことが大切です。私自身も複数の目標を設定し、次の一歩に繋げることを常に心掛けています。モザンビークの現地調査を基に、気候変動に関するレポート(下記URL参照)を執筆した時も新たな発見がありました。今日も、次なる目標達成へのロード〝マップ〞を描いています。

 

Company Data
住所:〒102-0085 東京都千代田区六番町2
TEL:03-6361-2451
Mail:overseas2@kk-grp.jp
HP:https://www.kkc.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の国際航業㈱はこちら

津田塾大学
学芸学部 多文化・国際協力学科(2019年度新設)

 
 
大学院情報
学問的視野から多文化共生・国際協力を理解
1人ひとりが工夫してフィールドワークで現場を体験
自ら考え、課題に向き合える人材を育てる
 

取得可能な学位:学士(国際関係学)

定員:70人

学費:入学金20万円 授業料・施設設備費108万円(予定)

奨学金:あり

所在地:〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1
Tel:042-342-5113(企画広報課) Email:kouhou@tsuda.ac.jp

 

 ここがポイント 

女性の力を社会のために

 近代日本初の留学生の一人、津田梅子によって1900年に設立された津田塾大学は、専門知識にとどまらず全人的な教養を備えたAll-around womenの精神を掲げ、高度な教育研究と少人数教育の方針に基づいて、「男性と協同して対等に力を発揮できる女性」を育成し、3万人以上の卒業生を送り出してきた。2017年には千駄ヶ谷キャンパスに総合政策学部を新設し、現代社会の課題解決に向けてリーダーシップを発揮する女性の輩出を目指している。2019年度に設立される多文化・国際協力学科は、前身となる多文化・国際協力コースを基に、教授陣と定員の拡充を行ったもの。国際協力・多文化共生を見つめなおし、行動力をもって国内・海外の社会の課題に向き合えるような人材の輩出を目指す。同学科の特徴の一つが、自らテーマと研究地域を選んで現場に赴き、調査を行うフィールドワークだ。学校側が行き先を手配するのではなく、教職員や先輩などの支援を受けて自ら計画を立てることを通して、課題に取り組む自主性を育てる。国内・海外でのフィールドワークの成果を同級生や後輩と共有することで、さらなる視野の拡大やネットワークの展開にもつながっている。

在学生に聞きました

 
 
 
 

武輪 佳代子さん

学芸学部国際関係学科 多文化・国際協力コース 4年

 
 
 
 

「フィリピンの教育問題日本の課題とつながる」

 もともと国際協力に関心があり、いつかは支援の現場に立ちたいと思っていた私は、国際協力分野に強いこの大学を進路に選びました。2年次から始まるフィールドワークは、実際に現場に立てる貴重な機会ですが、漠然とした国際協力・開発支援のイメージを、具体的なテーマやターゲットとなる地域に落とし込み、どのように調査を進めるかを自分で選ぶ必要があったので、準備には苦労しました。私が選んだテーマは「不登校」。フィリピンで学校を中途退学してしまった人向けに週末学級が開かれていることを踏まえて、そこに戻ってくる人たちの状況や、フィリピンの学校を巡る事情を調査しました。フィールドワークは、現地に行ったら自分ひとりで動かなければならないので不安でしたが、先生や仲間、友人と相談して乗り越えることができました。今後は日本国内の不登校の問題にも視野を広げ、日本と世界に共通の課題をつなぐ架け橋になりたいと思います。

教授陣の声
 

 
 
 

丸山 淳子先生

学芸学部国際関係学科 准教授(新学科担当予定)

 
 
 
 

「当たり前のその先へ自律のできる人材育成」

 新学科は国際社会の実情や人の移動、多文化共生などの学習を通して、学問的な視点から国際的な課題を理解することを主眼に置いています。課題に対する理解を深め、将来、国際協力分野で活躍するための基礎力づくりとして、語学の習得やフィールドワークに力を入れているのが特徴です。学生の皆さんも、試行錯誤を繰り返し、課題を乗り越えながら、熱心に研究テーマやフィールドワークに取り組んでいます。彼女たちの経験を通して私もまた多くの発見を得ています。

『国際協力キャリアガイド2018-19』掲載

日本工営㈱

 

・企業情報 

設立:1946年
資本金:7,415,290,349円
従業員:4890人(連結)、2083人(単独)
本社:東京都千代田区
海外拠点:アジア、中南米、アフリカ、中東など46拠点
事業分野:民間セクター、都市開発、防災、ICT、インフラ、資源・エネルギー、水と衛生、環境・気候変動、ガバナンス・法制度、貧困削減、平和構築、文化・スポーツ、農業・農村開発
 
日本最大手の総合技術コンサルタント 自社研究所での技術開発にも精力的

1946年に設立された日本工営は、これまで世界160以上の国や地域でサービスを提供してきた、日本最大手の総合技術コンサルティング企業。運輸交通から環境、農業まで幅広い分野の事業を手掛け、国際協力機構(JICA)のほか、現地政府や国際機関、国内外の民間企業が主なクライアントだ。長い歴史を持つ同社の強みの一つが、業界随一の規模を誇る自社研究所での技術開発。技術と人材の育成に力を注ぐ同社の象徴だ。

 

・求める人物像 

募集職種:技術系総合職(建設コンサルタント、電力コンサルタント、エネルギー事業、電力設備工事、電力機器装置製造)、事務系総合職(企画、総務、法務、人事、経理、財務、営業、広報、IRほか)
募集人数:約100人(2019年新卒採用)
 
挑戦する気概と誠実さを兼ね備えた人

当社はさまざまな国や地域で幅広いプロジェクトに取り組んでおり、常に新しい困難や課題にぶつかります。そこで大切なのが、その困難に“挑戦する”という気概です。同時に、相手方のことを考えて誠実に取り組む姿勢も欠かせません。この二つを兼ね備えた方と共に、世界に貢献していきたいと思います。

 
 

社長から一言! 代表取締役社長 有元 龍一氏
 

 
わが社のビジョン
誠意をもってことにあたり技術を軸に社会に貢献する

当社は、成長し続ける企業の姿を描きつつ、グローバルなコンサルティング&エンジニアリングファームへと進化を続けます。まずは鉄道・都市空間・エネルギーの3事業を軸に成長戦略を固める方針です。

国際協力業界を 目指す人へ
夢を実現するのは自分自身「なりたい姿」を努力でつかんで

自分の成長は自分自身の努力によって築かれるものであり、自分の夢は強い信念、高い志によって実現するものだということを忘れずに、当業界へ飛び込んでください。皆さんの活躍を期待しています。

 

社員インタビュー インド幹線貨物鉄道PMC開発事務所所長代理 ダン・トゥアン・ハイさん
 

 
 

 キャリアパス 

・留学生として来日 高専から東北大に進学
 ↓
・日本工営入社 国内の道路橋梁を担当
 ↓
・ターニングポイント
インドで初の海外業務、大規模鉄道案件に初挑戦基本設計から施工監理まで、多面的なプロジェクト
 ↓
・フィリピン・マニラの南北通勤鉄道事業に従事中
 
 

インド貨物専用鉄道建設プロジェクト

・首都デリーと商都ムンバイを結ぶ1,460kmの貨物鉄道
・基本設計から建設事業に至る大規模プロジェクト
・土木、軌道、システムから契約管理、運営まで、様々な分野の専門家が協力
 

  私はベトナムの大学で土木工学を専攻し、日本の高専で技術を学ぶ奨学金プログラムを使って来日。高松高専に通い、土木工学に関する実践的な知識を学びました。この頃、本州と四国を結ぶ多くの橋梁を見て、自分で設計した橋を架けたいと思うようになりました。より専門的な技術を学ぶために編入した東北大学では、構造設計学を研究。進路を考えたとき、世界各地で社会基盤を計画・設計する開発コンサルタントの仕事をしたいと考えました。当初は日本国内で、橋梁を中心に耐震補強設計や補修点検業務などに携わりましたが、2010年に初めて海外に出て、鉄道案件を担当することになりました。
 鉄道事業は道路と異なり、土木工事のみならず、軌道、電気、信号通信、駅舎建築から駅前開発、列車運用など、多岐にわたる分野の技術が求められる面白い仕事です。知らない分野で困ったときも、当社にはあらゆる分野の専門家がおり、助言を求めることができました。土木というと、日本では〝きつい仕事〞のイメージが強いようですが、自分で設計したものが形になり、国内はもちろん海外でも人のために役立つ夢のある仕事です。ぜひ、積極的にチャレンジして欲しいと思います。

 
 

Company Data
住所:〒102-8539 東京都千代田区九段北1-14-6
TEL:03-3238-8035
Mail:personnel@n-koei.co.jp
HP:https://www.n-koei.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱建設技研インターナショナルはこちら

㈱三祐コンサルタンツ

 

・企業情報 

設立:1962年
資本金:5,977万円
従業員:261人
本社:愛知県名古屋市
海外拠点:マニラ、ヤンゴン、カイロ
事業分野:民間セクター、水と衛生、環境・気候変動、貧困削減、農業・農村開発
 
人類の未来のために持てる技術で貢献する

 

・求める人物像 

募集職種:開発コンサルタント(分野:農業土木、土木、給水(および下水、衛生工学)、地下水・地質、農業、農業経済、経済、社会学)、海外案件の企画・管理・推進業務
募集人数:若干名
 
「生きることを支える」に熱い思いを

生存の根幹に関わる「農業と水」が当社の専門領域です。その業務に熱い思いを持てる人、当社の事業領域で専門性の発揮やビジョンの実現を目指す人を求めています。採用では将来的な活躍のイメージが持てることを重視していますので、自身の強みが発揮できると思う方はぜひご応募ください。

 
 

社長から一言! 代表取締役社長 久野 格彦氏
 

 
わが社のビジョン
人類の未来を考え農業と水の課題に挑む

人類が地球に存在し続ける限り「農業と水」は必要不可欠。我々は、この課題に取り組む事を使命と考えます。農業開発や水源開発は効果がすぐには出ないので、長期的視野で取り組む必要があります。

国際協力業界を 目指す人へ
「瞬間でも熱くなれる事」に思い切ったチャレンジを

10人の友人が反対し、100人の知り合いが違う道に向かっても、あなたの熱くなれる事を信じましょう。上手く行かなくたってやり直せばいいんです。事件は“現場”であなたを待っています。

 

 

社員インタビュー 海外事業本部 技術第2部 技術課 主幹 北 基さん
 

 
 

 キャリアパス 

・新卒で素材メーカーに就職し、商品開発に携わる
 ↓
・水分野での社会貢献を目指し、退職して大学院へ
 ↓
・当社入社後、国内の地下ダム建設などに従事
 ↓
・ターニングポイント
エジプトでの設計調査チームの一員となり、2年かけて地下水調査やモデリングなどを行う
 ↓
・フィリピンでの灌漑プロジェクトに参加
 
 

エジプト国新ダイルート堰群建設事業詳細設計調査

・既存設備の老朽化が進む中、安定した新堰をつくるための設計調査
・農業案件では初となる円借款・本邦技術活用条件(STEP)事業
・自身初めての海外での地下水調査は大所帯のチームで
 

 もともと民間企業で働いていた私ですが、国際分野で水資源を扱う仕事をしたくて大学院に入りなおし、地下水について勉強しました。 就職先に当社を選んだのは、専門を生かした仕事ができると思ったからです。入社後は国内事業を通じ、知識がなかった土木や設計についても学びました。そして、元々目指していた海外の地下水関連業務に本格的にかかわったのが、エジプトでのプロジェクトです。ナイル川の支川流域には150年ほど前にレンガ造りの堰が造られましたが、老朽化が進んでいるので、新しい堰をつくることになりました。その設計に向けた詳細な調査が、今回の業務です。20人以上が携わった大型案件で、私は堰の位置変更に伴う地下水の水位変動の調査を担当しました。実は当初、自分では技術面の不安がありました。けれども現地当局者と話し合いながら業務を進めるうちに、相手が求めることを理解する姿勢が大事だと感じ始めました。高い技術を持つことはもちろん大切ですが、相手の求めるものに応えられなければ意味がありません。コミュニケーションの重要性を体感し、コンサルタントとしての転機になったと思っています。

 

Company Data
住所:〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町35番16号
TEL:052-933-7801(本社) 03-5394-8991(海外事業本部)
Mail:m-ovs-eigyo@sanyu-con.co.jp
HP:http://sanyu.tcp.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱三祐コンサルタンツはこちら

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

 

・企業情報 

設立:2001年
資本金:3億円
従業員:699人
本社:東京都千代田区
海外拠点:150以上の国と地域にグループのネットワークを有する
事業分野:民間セクター、都市開発、防災、インフラ、資源・エネルギー、水と衛生、環境・気候変動、ガバナンス・法制度、文化・スポーツ、教育、保健・医療
 
専門家集団の強み生かし幅広いプロジェクトに参加

設立当初は水分野に強いコンサルタントとして治水や水資源管理・防災などの分野で実績を伸ばし、最近は道路・交通、環境、都市インフラ、上水・給水、下水道・排水、資源循環などの技術協力分野にも取り組む。プロジェクトの計画、設計、施工監理まで一貫したサービスを提供し、2018年4月には『ウランバートル市高架橋建設計画』で国土交通省より第1回JAPANコンストラクション国際賞を受賞するなど、高い評価を受けている。

 

・求める人物像 

募集職種:国際開発、インフラなどのアドバイザリー業務
募集人数:若干名
 
柔軟な思考でビジネスを通じた発展支援

開発事業に民間活力を取り込む国際開発アドバイザリーでは、ビジネスを通じた国際開発を推進しています。政府開発援助(ODA)という既存の枠組みにとらわれず、創造性や遊び心を持って、柔軟な思考で途上国の発展や日本企業の海外展開の道筋を描ける国際人材を求めます。国籍は一切問いません。

 
 

社長から一言! 執行役員・国際開発アドバイザリー 統括パートナー 辻本 令氏
 

 
わが社のビジョン
国際開発を通じて、日本企業の国際化に貢献

国際開発アドバイザリーは、ODAを活用しながら、国際開発事業に、特に日本の民間企業のノウハウや資金を動員することで、途上国の発展と日本企業のビジネスの国際化の両方に貢献します。

国際協力業界を 目指す人へ
国際貢献の意識とビジネスマインドで挑戦を

国際開発アドバイザリーは、人づくりや国づくりにも関わる、非常にチャレンジングで規模の大きなビジネスです。私たちの仲間として、一緒に挑戦してくれる方をお待ちしています。

 

社員インタビュー 国際開発アドバイザリー 雲 雄太さん
 

 
 

 キャリアパス 

・2009年 慶應大学経済学部 在学中に公認会計士の資格取得
 ↓
・2010年 大学卒業 デロイト トーマツ グループの監査法人に就職
 ↓
・ターニングポイント
2015年 DTFA国際開発アドバイザリーに転籍
前職の経験を生かし、インフラ事業の財務分析などを手掛ける
 
 

フィリピン 国包括的PPP能力強化プロジェクト

・国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクト
・官民連携事業の実施能力強化に向け、政府職員への研修を実施
・官民連携によるインフラ整備事業を促進し、経済発展を目指す
 

 私が国際協力を志したのは、学生時代にカンボジアでストリートチルドレンを目にしたことがきっかけです。卒業後は監査法人に5年間務め、財務という専門性を身につけて2015年に同グループのデロイトトーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(DTFA)国際開発アドバイザリーに転籍しました。これまで携わった中で特に印象深いのは、JICAの「フィリピン国包括的PPP能力強化プロジェクト」です。この案件は、フィリピンにおいて官民連携(PPP)によるインフラ整備事業を加速させることが狙いで、公共事業省の職員に対してPPPに関する知識や運営能力を強化する研修などを行いました。私は財務に関する専門家として研修の講師を務めたのですが、当時は転籍して間もないころだったこともあり、PPPについて猛勉強したことを覚えています。研修ではゲームを取り入れるなど、楽しみながら学べる工夫を凝らしました。相手国の人々と直に向き合う仕事なので、国づくりに携わっている実感があり、やりがいもひとしおでした。今後は民間企業の最新の動
向に一層アンテナを張りつつ、企業と国際協力をつなげていきたいと思います。

 
 

Company Data
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
TEL:03-6213-1180
Mail:DTFA. koho@tohmatsu.co.jp
HP:https://www.deloitte.com/jp/dtfa

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』のデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーはこちらhttps://www.idj.co.jp/cp-bin/navi/careerguide2017_consul_deloitte/

ユニコ インターナショナル㈱

 

・企業情報 

設立:1971年
資本金:9,996万円
従業員:41人
本社:東京都中央区
事業分野:民間セクター、インフラ、資源・エネルギー、水と衛生、環境・気候変動、貧困削減、平和構築、教育、農業・農村開発
 
工業化支援に特化官民両視点からアプローチ

1971年に設立されたユニコ インターナショナルは、開発途上国の工業化支援を専門とする日本初のコンサルティングファームとして、立ち位置を不動のものとしている。産業振興や中小企業育成などの“人づくり・組織づくり”はもちろん、各国政府や民間企業の発注による工場・プラント建設支援なども手掛けており、官民両方の視点から一国の開発計画を俯瞰し、その中に個々のプロジェクトを位置づけるアプローチが強みの一つだ。

 

・求める人物像 

募集職種:開発コンサルタント
募集人数:若干名
 
ニーズや各国事情に合わせた創意工夫とチャレンジを

開発協力は、たとえ同じ課題でも国によって状況が異なり、決して同じことの繰り返しは起きない業界です。時には当初の計画が現実にそぐわないこともあります。そんなときに、原点に立ち戻って新たな提案を生み出したり、状況に合った解決策を提案したりするなど、創意工夫ができる人材を求めています。

 
 

社長から一言! 代表取締役社長 林 立宏氏
 

 
わが社のビジョン
国の経済発展のために大局的なイメージを描く

開発協力は、一国の発展の道筋を作る仕事です。その国の国益や、国際社会への利益といった大局に目を向け、発展のストーリーを描くことが、当社の得意とする経済発展に向けた支援につながります。

国際協力業界を 目指す人へ
「この人たちのために何ができるか」自ら課題を見つけて挑戦を

開発協力は現地の住民や国、経済といった“人”を相手取る仕事です。目の前にいる人たちのために何ができるのかを考え、試行錯誤することを楽しめる人にとって、この業界は天職となるでしょう。

 

 

社員インタビュー コンサルティング事業本部 コンサルティング第一本部 桑名 志帆さん
 

 
 

 キャリアパス 

・ターニングポイント
高校でドイツに留学、多くの国の友人と出会い、途上国に興味を持つ
 ↓
・大学でボランティア、開発援助の仕事を意識
 ↓
・英国大学院に留学、国の発展と産業振興を学ぶ
 ↓
・二つのNPOで途上国の現場を経験
 ↓
・民間セクター開発を手掛けるため、ユニコへ
 
 

アフリカ地域 カイゼン支援に係る標準アプローチ策定調査

・アフリカにおける「カイゼン」の普及を支援
・資格制度や人材育成のスタンダードを作る
・各国の知見を共有し、互いの成長の糧に
 

 高校生のとき、ドイツに1年間留学したのですが、途上国を含む多数の国から留学生が来ていて、友人を通して途上国の文化に興味を持ちました。でも、すぐ目標ができたわけではなく、大学は得意の数学分野へ。そこで途上国支援ボランティアに取り組み、開発援助の仕事を考えたのです。大学卒業後は英国の大学院に留学し、経済発展における中小企業の役割を研究しました。貧困削減には国の経済発展が不可欠で、そのために企業活動が担う役割は大きい、という考え方で、現在取り組んでいる事業に近いアプローチです。
 帰国後、二つの非営利組織(NPO)でプロジェクト管理や現地での業務調整を担当しました。初めて途上国での仕事を経験する中、突然の計画変更などで対応力を鍛えられました。その後、民間セクター開発に携わるため、2017年春に当社に移りました。カイゼン支援の標準化を進め、アフリカ各国での生産性向上を目指します。今後は、現地のすそ野産業の育成など、産業振興分野のプロになるのが目標。現地のプロジェクト関係者と協力しながら、現地の人々に広く裨益することで、満足してもらえる成果を目指し、周りから学んでいきたいと思います。

 

Company Data
住所::〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目62番6号
TEL:03-5487-7311
Mail:jinji@unico-intl.co.jp
HP:http://www.unico-intl.co.jp

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』のユニコ インターナショナル㈱はこちら

東北大学大学院 国際文化研究科(GSICS)
「グローバルガバナンスと持続可能な開発」プログラム(2019年度新設)

 
 
大学院情報
地域文化研究系、グローバル共生社会研究系、言語総合研究系の3領域で先駆的教育
2019年春に「グローバルガバナンスと持続可能な開発」プログラムがスタート
同じく2019年春に、研究科の枠を超えた「災害科学・安全学国際共同大学院」が始動
 

取得可能な学位:修士、博士

定員:修士35名/博士16名(プログラム生も含まれる)

学費:535,800円

奨学金:あり

所在地:〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内41
Tel:022-795-7556 Email:int-kkdk@grp.tohoku.ac.jp

 

 ここがポイント 

高水準の研究で国際貢献
 東北大学大学院国際文化研究科は1993年に創設され、2015年の再編を経て「地域文化研究系」「グローバル共生社会研究系」「言語総合研究系」の3領域で先駆的、学際的教育・研究を行う体制となった。専門知識と国際感覚を併せ持ち、グローバルに活躍できる職業人・研究者の育成を目標に掲げる。国際文化研究科で2019年春、新たにスタートする修士・博士課程が、「グローバルガバナンスと持続可能な開発」プログラムだ。「ガバナンス」「開発」「環境」という国際社会の課題を包括的に学ぶ文理融合型のプログラムで、国内外の第一線の研究者が指導。幅広い専門性を持ち、国際機関やNGO、政府機関などで国際協力に携わる人材を育成する大学院プログラムとしては、東北地方で唯一となる。このプログラムの特徴は、全授業を英語で履修できることだ。また、少人数教育で論文指導などを綿密に行うことで、国際的な学術誌にも発表できる高水準の研究を目指す。留学生も積極的に受け入れる方針だ。東北大学では、研究科の枠を超えた「災害科学・安全学国際共同大学院」も2019年に始動する予定で、この大学院のプログラムにより、海外の大学で研究する機会も幅広く提供される。

在学生に聞きました

 
 
 
 

菅原 優花さん

国際文化研究科 修士課程 1年

 
 
 
 

専門性磨き、公務員に 都市政策に関わりたい

  私は東北大学教育学部を卒業して、国際文化研究科に進みました。大学時代、青木俊明先生の環境心理学の授業を聞き、関心を持ったのがきっかけです。 現在の研究テーマは「公共政策における合意形成」です。学部で教育心理学を学び、社会における関係性を心理学の分野から考えることに興味がありました。研究科では、経済など初めて学ぶ幅広い分野の授業があり、リサイクルなど興味深いテーマを研究している学生も数多くいて、視野が広がります。また、アジアやアフリカからの留学生が多く、英語での発表を聞く機会も少なくありません。将来の目標は公務員です。それも、できれば中央省庁で都市政策に関わるような仕事に就きたいと考えています。以前、衆議院議員の事務所でインターンシップをしたことがあり、その経験も、人々の生活と都市のあり方や政策を意識するきっかけになりました。大学院で専門性を身に付け、それを生かせる進路を探っていきたいと思います。

教授陣の声
 

 
 
 

青木 俊明先生

国際文化研究科 准教授

 
 
 
 

本質を問い続ける姿勢 高い公共心を持つ人に

 私の専門は、都市計画と応用社会心理学。迷惑施設(NIMBY)問題や環境にやさしい都市構造の実現策などを心理学の視点から研究しています。本研究科は留学生も多く、帰国後に母国を支える人材になってくれるでしょう。日本人学生には、国際社会に貢献する意識を期待します。いずれも高い公共心がカギです。常識にとらわれず、本質を問い続ける学生を歓迎します。東北大学のポリシーである「研究第一」と、研究成果を役立てる実学の双方を一緒に実践していきましょう。

『国際協力キャリアガイド2018-19』掲載

株式会社国際開発センター
一般財団法人国際開発センター

 

・企業情報 

設立:2010年(株)(一財)、1971年(旧法人)
資本金:8,000万円(株)、1,459,002,958円(一財)
従業員:86人(株)、10人(一財)
本社:東京都港区
事業分野:民間セクター、都市開発、防災、インフラ、ガバナンス・法制度、貧困削減、平和構築、教育、保健・医療、農業・農村開発
 
理論と現場の融合で事業分野の拡大目指す

国際開発センター(IDCJ)は、日本初の開発・国際協力分野の総合シンクタンクとして1971年に創設。2010年の一般財団法人への移行を機に、株式会社国際開発センターが設立され、調査事業、人材養成事業を株式会社が、公益性の高い社会貢献事業、自主研究事業、国際交流事業を一般財団法人が担うこととなった。研究員は株式会社所属となる。教育や評価などのソフト分野を得意とするが、近年はインフラ部門も強化している。

 

・求める人物像 

募集職種:研究員(コンサルタント)、研究助手
募集人数:若干名
 
現地の人々の自立を目指して

専門性は必要ですが、分野は限定しません。問題解決能力よりも将来を見据え新たな価値を創造する力を求めたいです。国際協力の知識は仕事を通じて得られます。枠を超えた発想のできる、提案力と創造性を持つ人を求めています。

社長から一言! 代表取締役社長 寺田 幸弘氏
 

 
わが社のビジョン
誰もが幸せになれるよう世界の明日を考える

「Think World, Think Tomorrow」を合い言葉に、これまで軸であった開発コンサルティング事業に加え、それを補完する自主事業を展開する方針です。

国際協力業界を 目指す人へ
時代の変化を受け止めて柔軟な対応力を

協力テーマも時代により変化し、新たなプレーヤーとの競争も生まれてきます。今後は、自分をどのように変化させていくべきか考え、時流の変転に対応していくことがますます大切になると思います。

 

 

社員インタビュー 経済社会開発部 研究員 泉 博隆さん
 

 
 

 キャリアパス 

・英大学院で開発経済論、中国について学ぶ
 ↓
・中国で外務省専門調査員、世銀コンサルタント、JICA専門家を歴任
 ↓
・ターニングポイント
対中援助縮小を受け、三菱自動車工業に転職。福建省の合弁会社勤務など、計5年間を過ごす
 ↓
・原点の開発援助に立ち戻りIDCJ入社

 
 

自発光道路鋲を活用した夜間の交通安全対策にかかる案件化調査

・日本の中小企業の海外展開を支援するプロジェクト
・急増するタンザニアの交通事故低減を図る
・ソーラー充電で夜間自動発光する道路鋲の普及を目指す
 

 タンザニアは今、経済発展で車を持つ人が増える一方、交通安全の仕組みが追いつかず、急増する交通事故への対策が求められています。そこで、滋賀県の民間企業が、太陽光で夜間に自動発光する道路鋲(センターラインや分離帯、停止線などに設置し、ドライバーを誘導する埋め込み型の鋲)のタンザニアへの導入を目指しています。これは日本企業の製品や技術と開発途上国の開発ニーズをマッチングする国際協力機構(JICA)の制度「中小企業海外展開支援事業案件化調査」で採択されたプロジェクトで、私はその調査に参加。現地の行政官などと一緒に事故の要因を調査し、製品を活用できる場所を選定しました。 前職では民間企業に勤めていたので、このスキームを通して日本企業の力になれることには大きなやりがいを感じています。今後も中小企業支援や民間連携、産業開発案件に携わっていきたいですね。案件によっては、地方政府、企業、住民レベルなど、相手国の深いところまで入ってニーズを調査し、統計や政府の開発政策には現れてこない問題を自分の目で確認できたりします。これもコンサルタントの仕事の面白さの一つだと思います。

 
 
 

Company Data
住所:〒108-0075 東京都港区港南1-6-41品川クリスタルスクエア12階
TEL:03-6718-5932(株) 03-6718-5931(一財)
Mail:recruit_r@idcj.or.jp(研究職) recruit_g@idcj.or.jp(事務職) 
HP:http://idcj.co.jp(株)
http://www.idcj.or.jp(一財)

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の国際開発センターはこちら

㈱ジャイロス

 

・企業情報 

設立:2005年
資本金:3,000万円
従業員:14人
本社:東京都府中市
海外拠点:アフガニスタンプロジェクト事務所、マラウイプロジェクト事務
事業分野:防災、インフラ、環境・気候変動、ガバナンス・法制度、貧困削減、平和構築
 
高水準の設計・施工技術で空の玄関の整備を担当

2005年の設立以来、航空・空港整備分野で活躍するジャイロスは、これまで中東、アフリカ、南太平洋地域などで多くの業績を挙げている。日本の高い技術力を生かした設計・施工監理で各国の空港整備を支えることに加え、近年は空港の保安強化や民主化支援、保健サービスなどのソフト分野にも業務を拡大。新卒者や非コンサル出身者も積極的に採用し、早い時期から海外の現場を経験させるなど、人材育成にも力を入れている。

 

・求める人物像 

募集職種:技術職(開発コンサルタント)、社内システム職、総務人事職
募集人数:技術職5~7人、その他若干名(2019年度新卒採用実績)
 
新たに学ぶ努力と自己管理ができる人

技術を提供する会社である以上、技術を持っていることは重要ですが、それ以上に新たな技術を身につける努力や、途上国に適応できる体力と自己管理の意識が不可欠です。他人の指示を待つのではなく、自ら情報を集め、新しいことを学ぶ気持ちを持っている人を求めています。

 
 

社長から一言! 代表取締役 山口 高男氏
 

 
わが社のビジョン
困難なプロジェクトも創意工夫で完遂

当社は時に遂行が難しい案件でも、プロジェクトを貫徹することを心がけています。想定外の出来事はしばしば起こりますが、創意工夫を凝らし、少しでもよいものを現地に届けるのがポリシーです。

国際協力業界を 目指す人へ
最善の解答を探し考え続けることが大切

同じ指示書・案件概要のプロジェクトであっても、現地のニーズや環境・制限のもとで最善のものを提供するためには、常に考え続ける必要があります。その分、成果が目に見える喜びも大きい仕事です。

 

社員インタビュー 海外事業部 コンサルタント 石川 哲也さん
 

 
 

 キャリアパス 

・大学で土木を専攻インフラ作りに興味
 ↓
・ターニングポイント
ボランティア活動で途上国に家を建てる国際協力の現場を見てこの仕事をしたいと決意
 ↓
・民間企業に就職 プラントの建設に携わる
 ↓
・ジャイロスに入社 空港設計について学び業務調整に奔走する毎日
 
 

ホニアラ空港改善計画

・ソロモン諸島の玄関ともいえる空港の設備を拡張
・国内観光地への訪問者増加を踏まえ、国内線へのアクセスを改善
・限られた予算で災害対応や安全性の確保にも配慮
 

 私は大学で土木を専攻し、「大きいものをつくる仕事をしたい」と考えていました。国際協力にも漠然とした興味がありましたが、転機になったのはボランティアとして途上国で家を建てる活動に参加したことです。具体的に国際協力の現場を目の当たりにし、いずれはこの世界で仕事をしたいと考え始めました。とはいえ、新卒で国際協力に携わるのは難しいと考え、物流やプラント整備を手掛ける会社で4年間プラント建設現場の監督業務に携わりました。その会社でも途上国での仕事はあるのですが、あくまで日本企業の現地進出をお手伝いする役割。ならば本格的に国際協力の仕事をしたいという思いから転職を決意し、当社に採用されました。 最初は他案件の補助をしながら業界について学び、昨年5月からホニアラ空港(ソロモン諸島)の拡張プロジェクトで、設計補助や調査・企画調整、環境社会配慮などを担当しています。空港建設に当たっては、国際基準を守りつつも、その国、その空港ならではの事情を加味して設計する必要があります。多忙時は業務に集中し、忙しくないときは空港設計に必要な知識を学ぶなど、日々成長できるように努力しています。

 
 

Company Data
住所:〒183-0023 東京都府中市宮町1-40 KDX府中ビル13階
TEL:042-400-0980
HP:http://gyros.co.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱ジャイロスはこちら

㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル

 

・企業情報 

設立:2014年
資本金:4億9000万円
従業員:455人
本社:東京都新宿区
海外拠点:フィリピン、スリランカ、モザンビーク、エジプト、マダガスカル、インドネシア、タイ、ベトナム、バングラデシュ他
海外現地法人:インドネシア、ミャンマー、インド、カタール、タイ、フィリピン他
事業分野:鉄道、道路、港湾、空港、建設、エネルギー、農業・水資源、環境・気候変動、地域・都市計画、防災、平和構築等の分野における企画、調査、設計、施工監理、維持管理、技術指導
 
総合開発コンサルタントのフロントランナー

(株)オリエンタルコンサルタンツの海外事業部が2014年に独立して誕生した(株)オリエンタルコンサルタンツグローバルは、総合開発コンサルタントのフロントランナーとしてODAや国際機関などの案件を実施している。インフラ整備等ハード分野の調査、設計、施工監理に加え、防災や平和構築、環境対策などといったソフト分野でも数多くの実績があり、これまでに世界150以上の国・地域で業務を行ってきた。

 

・求める人物像 

募集職種:技術職全般
募集人数:中途採用は随時募集。新卒採用は20名程度
 
行動力にたけ最後まであきらめない人

同社が求める人材は「主体的にものを考え、行動力に秀でた人」「コミュニケーションをとり、協働して仕事ができる人」「型にはまらない自由な発想ができ、かつ最後まであきらめない粘り強い人」です。技術力とマネジメント力を高めるため、充実した社内人材育成制度を用意してお待ちしています。

 
 

社長から一言! 代表取締役 米澤 栄二氏
 

 
わが社のビジョン
目指すは世界的な企業ブランド

世界的な企業ブランドとなることを目指し、海外拠点、現地法人などの強化を進めています。従来の政府開発援助(ODA)のみならず、あらゆる顧客にサービスを提供しています。

国際協力業界を 目指す人へ
世界へ羽ばたけ活躍の場は無限大だ

世界には皆さんが活躍できるフィールドが無限に広がっています。既成概念にとらわれず、失敗を恐れず、何事にもチャレンジする精神を持ち、世界へと羽ばたいてください。

 

 

社員インタビュー プランニング事業部 都市地域開発・防災部 細野 美晴さん
 

 
 

 キャリアパス 

・大学卒業後ラトビアの企業でインターン
 ↓
・ターニングポイント
国際協力キャリアフェアで開発コンサルタント業界を知る
 ↓
・大学のOBに当社を勧められ受験・入社
 ↓
・都市計画や地域計画のプロジェクトに従事
 
 

西アフリカ成長リング回廊整備戦略的マスタープラン策定プロジェクト

・西アフリカ4カ国をまたがるマスタープランの策定
・開発計画策定を通じて地域の成長を後押し
・カウンターパートは4カ国政府と国際機関
 

 人々の生活の質を高める空間を計画する仕事に就きたいと思い、大学の建築学部に入学しました。しかし進路を明確に決められず、卒業後は経産省の奨学金プログラムでラトビアに渡欧し、現地企業でインターンとして働きました。そこで都市計画の仕事に改めて魅力を感じ、都市・地域計画を学ぶため、帰国後にアルバイトなどで学費を工面して大学院に進みました。 開発コンサルタントという仕事を知ったのは、就職活動中です。たまたま出身大学の研究室に遊びに行った時、この業界で働く人を紹介され、「海外で都市計画をやりたいならここがいい」と当社を勧めてくれました。
 2011年の入社後は、インドネシアで数カ月プロジェクトに従事しながら業務の基礎を学びました。その後、ガーナで都市計画策定プロジェクトに初めて参加し、これこそ自分がやりたかった仕事だと実感しました。入社5年目になって、西アフリカ4カ国を対象としたプロジェクトで初めて専門家として都市・地域計画を任されました。私の仕事は、相手国の人と一緒に未来を描くこと。彼らが実施したいと思える計画づくりに貢献できるよう、心がけています。

 

Company Data
住所:〒163-1409 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー9階
TEL:03-6311-7570(代)
Mail:ocg-saiyo@oriconsul.com
HP:http://ww2.ocglobal.jp/

 

『国際協力キャリアガイド2018-2019』掲載
『国際協力キャリアガイド2017―2018』の㈱オリエンタルコンサルタンツグローバルはこちら

八千代エンジニヤリング㈱