キャリア情報


2019.10.01

いであ㈱

課題別研修「多媒体水銀モニタリング能力向上」コースの修了式

企業情報
 

創立:1953年
設立:1968年
資本金:31億円
従業員:954人
本社:東京都世田谷区
関係会社:株式会社Ides(東京都港区)、以天安(北京)科技有限公司(中国)、中持依迪亜(北京)環境検測分析株式有限公司(中国)、UAE-IDEA Advance Analytical、Company Limited(タイ)
事業分野:社会基盤の形成と環境保全の総合コンサルタント
募集職種:技術職
募集人数:若干名(海外事業部門)
住所:〒154-8585 東京都世田谷区駒沢3-15-1
TEL:03-4544-7600(代表)
Mail:recruit-quay@ideacon.jp
HP:https://ideacon.jp/

 
社会基盤の形成と環境保全に強みを持つ

 いであ株式会社は、環境コンサルタント分野で業界トップの国土環境株式会社と、社会基盤整備に関する土木分野に強い日本建設コンサルタント株式会社が合併し、2006年に誕生。安全・安心で快適な社会の持続的発展と、健全で恵み豊かな環境の保全を次世代に継承していくことを社会的な使命としている総合コンサルティング企業だ。
具体的には近年激化する豪雨や発生が予想される大規模地震などに対する防災・減災対策、インフラ施設の維持管
理計画、気候変動の適応策や再生可能エネルギーの活用検討、生物多様性の確保に向けた取り組み、海洋政策をにら
んだ海洋環境調査や海洋資源開発に伴う環境・生態系調査、化学物質の環境リスク対応、生命科学関連事業など、同社グループが培ってきた技術・経験を活かした事業を行う。

安全・安心な社会へ 熱意を持つ人を求める

 同社は、高度な技術力と豊かな創造力、そしてそれを実現する情熱を持った多様な専門家が活躍している。人材
育成のために、研修制度も充実。新入社員研修や階層別研修、資格取得研修に加え、専門技術研修、社会人ドクター制度など独自の研修制度を整備している。また、研究開発の成果や業務実績を発表する新技術発表会を開催。他分野の知識を共有し、分野を越えた協力体制を築いている。海外事業部門では洪水管理など施設による対策や防災計画の策定、早期警報システムの整備など総合的な防災事業のほか環境保全、汚染対策、生物多様性保全、気候変動対策などさまざまな社会課題への対応や開発事業に伴う環境影響評価、環境社会配慮業務に取り組んでおり、世界を舞台に熱意を持って取り組める人材を求めている。

 

●社員の声 海外事業部 部長 佐々倉 諭さん

写真
私のキャリアパス

近畿大学農学部水産学科を卒業

京都大学大学院 農学研究科修士課程 応用生物科学専攻を修了

国土環境に入社

国内の水環境解析業務に従事

日本建設コンサルタントとの合併に伴いいであと社名が変更

海外業務に従事

 
好きな国で海洋調査の仕事をする夢が叶った

 大学、大学院ともに海洋環境に関する研究を行っていました。大学時代に一人でインド旅行した経験から途上国での仕事に興味を持ちました。途上国への思いはあったものの、まず海にかかわる仕事がしたいと今の会社の前身の「国土環境」に入社。国内で水環境分野の仕事をしていました。途上国で仕事をしていると、日本の法制度や環境管理技術、汚染の歴史などを聞かれることが多いので、国内での業務経験が役に立っています。大好きな国の一つであるカンボジアで、環境調査を実施できたこと、その際に、専門技術に加え、趣味の熱帯魚や航空機免許を仕事に活か
せたことがうれしかったです。国際協力の仕事では幅広い知識が要求されるので、これから国際協力の仕事を目指す人は、自分の専門性を高めつつ、いろんなことに挑戦してもらいたいですね。

人の成長が国の成長につながる

 途上国での最初の仕事は、ミャンマーの港湾拡張事業の環境社会配慮担当でした。事業予定地で違法で農業をしていた住民にも、生計を維持しつつ立ち退いていただく必要があるので、生計回復策やミャンマー政府との交渉に苦労しました。その後、カンボジア国プノンペン新港経済特別区開発の準備調査で自然環境担当として入り、水質や生態系、大気などを現地コンサルタントに委託して調査しました。現地コンサルの技術力は十分でないことが多く、現地での監督と技術指導が必須です。別案件では現地コンサルの事務所に2週間住み込んで共同作業したこともあります。日本では専門分野に特化した仕事が多いのに対し、途上国では一人で自然環境、生活環境から社会環境まで幅広く携われるのが面白いです。そして現地の人への技術移転を通じて、ともに技術力を高めていけることが大きなやりがいです。

『国際協力キャリアガイド2019-2020』掲載