教育・保育」カテゴリーアーカイブ

画像

【大学の国際化最前線】麗澤大学

PBL教育を通じて学生の自発性を育てる


(ミクロネシアでの環境教育の様子)

 

【「海外に連れて行くだけでは意味がない」】

 国際人の育成を目指して1935年に設立された「道徳科学専攻塾」を起源とする麗澤大学。千葉県柏市にあるキャンパスは、約2,500人の学生のうち留学生が約400人を占め、国際色が豊かな雰囲気にあふれている。また、71年に(一財)麗澤海外開発協会を立ち上げ、タイやネパールなどの開発支援を実施するなど、早い時期から国際化に向け独自の取り組みを進めてきた。

 こうした同大学が、近年力を入れているのが、開発途上国での課題解決型学習(PBL)だ。 

 この取り組みはミクロネシアで2013年に始まった。主催者である成瀬猛教授は、「学生をただ海外に連れて行くだけではなく、彼らの自発性を育てる企画にしなければ真に役立つ教育にはならない。人口も国土も小さいミクロネシアであれば、学生自身で現地の課題の全体像を把握することができ、主体的にプロジェクトを実施しやすいと考えた」と振り返る。

 このプログラムに参加を希望する学生たちに対しては、必要に応じて助言は行っても、現地での活動内容やアポイントメントの調整は基本的に学生に一任した成瀬教授。学生たちが試行錯誤の末にミクロネシア短期大学の学生と協力してごみ削減のための環境教育プロジェクトに取り組むことを決めたことに触れ、「彼らの熱心な取り組みにより、その後、両大学では交換留学協定の締結にまで至った」と目を細める。

 ミクロネシアから帰国した学生たちの充実した表情に触発されたのか、他の学生からも参加を希望する声が相次いで寄せられ、その後、ネパールの地震被害者への減災対策教育や、カンボジアにおける交通事故防止教育などの取り組みが、学生自身の発案で立ち上げられた。これらの事業は今、「自主企画ゼミ」として実施され、単位認定も受けられるようになっている。

 

【協力隊訓練所に体験入所】

 こうした成果を踏まえ、成瀬教授が一昨年より新たに始めたのが、長野県と福島県にある国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊の訓練所への2泊3日の体験入所プログラムだ。これまで約30人が参加し、隊員候補生と一緒に講義を受けたりしている。「さまざまな社会経験を持っている候補生たちと交流し、彼らの人生や夢について話を聞くことで、学生たちは大きな刺激を受けるようだ」と手応えを感じている。

 「日本の中小企業も開発途上国に進出しなければ生き残ることが難しい時代だからこそ、こうした分野で活躍できる人材を麗澤大学から輩出し、日本の国際化の裾野を広げたい」と語る成瀬教授。今後も、海外に拠点を置く日系企業へのインターンシップ派遣など、さらなる取り組みを続けていく予定だ。

 

【Access】
〒277-8686
千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
URL:http://www.reitaku-u.ac.jp/

 

(出典:「国際開発ジャーナル」2016年12月号)

画像

【私のキャリアパス】音楽が奏でる新しい未来

アイ・シー・ネット(株)
コンサルティング事業部
池田 尚子 さん

【池田さんのキャリアパス】
23歳 東京音楽大学卒業後、
   青年海外協力隊として
   カンボジアで音楽教員を指導
26歳 広島県の養護学校で
   音楽教員として勤務
27歳 広島市のエリザベト音楽大学院で
   カンボジアの音楽教育史を研究
28歳 アイ・シー・ネットに就職し、
   同社のカンボジア案件に
   携わりながら現在に至る

【強みを生かしてステップアップ】

 高校では音楽コースでピアノを学び、音楽大学では声楽を専攻するなど、常に音楽が身近にあった池田尚子さん。しかし就職を控えた頃、ふと「自分にとってあまりにも当たり前の音楽が、本当にやりたいこと?」という疑問が芽生えた。「そんな人生のターニングポイントでは、いつも抜群のタイミングでチャンスが訪れるんですよ」と池田さんは振り返る。

 実際に、この時は青年海外協力隊に参加した大学の先輩から話を聞く機会があったことで、背中を押されるように参加を決めた。配属されたのはカンボジア王立芸術大学。教員の指導力を向上させるために派遣されたのだが、歌を教えようにも教材もなく、教員もほとんど大学に来ていないという状況だった。
「仕方がないので実際に自分で授業を受け持ち、オペラの映像を見せたりして基礎から教えました」。ここで生まれたカンボジアとの縁が、その後、池田さんの人生を大きく変えることになる。

 帰国後は、教員として働いたり大学院に進学してカンボジアの音楽教育史を研究していたが、これまた協力隊時代の先輩の紹介で、アイ・シー・ネットで働くことに。「カンボジアの経験から開発の世界に興味が高まり、働いてみたいと思ったのです」。ただし、この時はまだ事務のアルバイトだった。

【音楽とカンボジアがつないだ1本の道】

 1年後、そんな池田さんに上司から声がかかる。

 「カンボジアで始まるプロジェクトに、参加してみない?」

 またも人生の転機が訪れたのだ。「私は現地のクメール語が話せるし、おせっかいな性格だけに、周りの人が問題なく仕事を進められるように裏で支えるのが得意。だからこそ、業務調整という役回りに適していると期待されたのだと思います」と池田さん。今は、州政府の職員が自力で開発計画を策定できるよう、彼らの能力向上を支援するプロジェクトに携わる。日本人専門家とカンボジア政府の職員との間に入り、両者の意思疎通をサポートする日々だ。1年のうち約300日はカンボジアで過ごし、カンボジア人との間に家庭も築いている。

 そんな池田さんには夢がある。それは、この国で誰でも通える音楽教室を広めること。「子どもたちが自分の国の音楽や楽器を学べる場を提供したい。現地の言葉で教材を開発したり、音楽を教えられる教員も育てていきたいです」。長年あたためてきたこのプランを今年1月、「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」(「国際開発ジャーナル」2014年3月号82ページ参照)で発表したところ、見事優勝。これから本格的に始動していく予定だ。
「一生をかけてこの国の音楽教育を変えたい」。
パワフルな池田さんの思いが花開く日はきっと来る。

(出典:「国際開発ジャーナル」2014年3月号)

画像

【私のキャリアパス】自分が納得できる妥協点で就職を

(社)海外コンサルティング企業協会
(現(一社)海外コンサルタンツ協会)
研修・広報業務主任
河野 敬子 さん

【河野さんのキャリアパス】

24歳 関西大学総合情報学部卒業後、Macオペレーターに
25歳 広島大学大学院国際協力研究科に入学
28歳 大学院修了後、教育系のNPOへ就職
29歳 派遣スタッフとしてJICAで広報業務を担当した後、
   (社)海外コンサルティング企業協会へ就職

【大学時代に開発教育に出会う】

 (社)海外コンサルティング企業協会(ECFA)で研修・広報業務を行う河野さん。開発コンサルタント向けの研修・セミナーの企画・運営、開発コンサルタントを正しく理解してもらうための広報活動、関係機関との研究会や勉強会のアレンジ、理事会・総会などの事務局業務も行う。この世界に触れたのはハワイの短大を卒業後に編入した関西大学総合情報学部でのこと。途上国に関するゼミに入り、開発教育や国際協力の概念に触れた。ゼミで訪れたフィリピンで、「この現状を日本人は知るべきだし、知らせたい。そのために世の中の仕組みづくりを学びたい」と考え、情報収集を始める。
そして、広島大学大学院に国際理解教育の研究室があることを知り、進学を決意。
2~3年の間に準備を整え進学しようとMacオペレーターとして働きだすも翌年に合格し、国際協力研究科で学びはじめる。研究を進め、JICAでのインターンも経験したが、就職活動では一般企業を受けた。「親も安心するだろうし、国際理解教育の仕事をしたかったけれど、それでは食べていけないと思って」。しかし、最終面接で入社の意志を問われるたびに「検討させてください」としか答えられない自分がいた。「結局、2年生の夏にアフリカへ行く時点ですべて断りました」

【メルマガで求人の情報収集】

 そして帰国後、情報収集のために登録していたメールマガジンで教育系NPOの求人を知る。月に1度、東京でのインターン期間を経て、大学院修了とともに上京して就職。企業の特色を前面に出した教育関連のCSRプログラムの企画・実施に携わるが一年で退職し実家の広島に戻る。そして、派遣スタッフとしてJICA中国事務所で広報業務を担当。「インターン時と同じ業務内容だし、同じ8時間過ごすなら、好きな仕事で過ごしたかった」。8カ月が過ぎた頃、再びメルマガでECFAの求人を知る。「業界のことは知らなかったけれど、人材育成のための企画・運営はできる」と応募。面接では、「開発コンサルタントのことを知らずに仕事ができると思う?」と聞かれ、こう答えた。「ここには詳しい人がたくさんいます。そこから情報を得れば支障はないと思います」。

 入社して7年。やりたいことは、まだまだある。数年前から構想していた出前講座も、ようやく動きだした。全国各地、特に地方の学生に「開発コンサルタント」の仕事を知る機会を提供したい。また、ここ数年で急増している女性コンサルタントのために働きやすい環境づくりの重要性も感じている。「業界の10年後、20年後を考えると、男女問わず優秀な人材の確保は必須。優秀な人材が、結婚・出産後も活躍できる体制を作りたい」。女性が活躍する道を切り拓いてきた先達の存在も大きな糧になると信じている。

 キャリア構築で重要なのは、自分が何をしたいのか、何が嫌なのかを明確にすることだと語る。「人生の三分の一の時間を仕事に費やすのだから、どう過ごしたいのか自分のこだわりを見つけ、それに合う所を探せばよいのではないでしょうか。100%希望通りでなくても納得できる点。それは、やりがい、環境、給与額、など何でもいいと思います」。

 これまで「機会をつくる」「つなげる」「ひろげる」にこだわって働いてきた。今後も開発コンサルタント業界はもちろん、業界と外をつなげるハブ的存在として、「さまざまな可能性を考えていきたい」と目を輝かせた。

画像

【私のキャリアパス】国際教育協力の研究者として

広島大学 教育開発国際協力研究センター
プリンシパル・リサーチャー
恵木 徹待 さん

【恵木さんのキャリアパス】

24歳 早稲田大学社会科学部卒業
27歳 コロンビア大学大学院国際及び公共問題学科
   修士課程修了、富士通(株)入社
30歳 JPOでUNICEFパキスタン事務所へ
31歳 国際労働機関(ILO)タイ事務所
33歳 在ラオス日本大使館 政務班
36歳 JICA研究所を経て、現職

【東南アジアに魅せられて】

 教育分野の国際協力に関する日本初の研究機関として設置された広島大学教育開発国際協力研究センター。国際教育協力のモデルプロジェクトや評価システムを作り上げ、その成果を国内外に普及してきた。2009年5月からその主任研究員を務める恵木徹待さんは、現在日本が先導してアジアとアフリカの大学間で共同研究を行う共同プロジェクトに携わっている。

 幼いころから正義感が強かった恵木さん。特に学生時代、世界の子どもの人権問題に関心を持つようになり、国際公務員を目指して模擬国連委員会などに参加し、知見を深めた。国連職員になるためには、修士号と語学力、社会人経験が必要だと聞き、大学卒業後、米国の大学院に留学。修士号を取得し、帰国後は社会人経験を積むべく、富士通(株)に入社した。そして2年8カ月が経ったころ、外務省国際機関人事センターを通じてジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)に応募。見事合格し、国連児童基金(UNICEF)のポストを得た。

 派遣されたUNICEFパキスタン事務所では、児童保護課でストリートチルドレンなどの保護政策に携わり、職場の自由な雰囲気が気に入った。その後、上司の勧めもあって、国際労働機関(ILO)のバンコク事務所へ。国際機関の中でも特に専門的な問題を扱うILO では、国際児童労働撲滅計画にかかわり、国際会議の開催準備や事務所への助言などコーディネーターの役割を果たした。一方、地元の人とコミュニケーションを図ろうとタイ語を習い始め、タイ人社会に溶け込んだ。「地元福岡を思い出すような気ままな人たちとの会話が楽しい」と、一国の将来を変えるような大きな政策づくりから、ミクロな地域研究へと関心が移った。

 次のステップとして、06年10月に専門調査員として在ラオス日本大使館へ。東南アジア諸国連合(ASEAN)におけるラオスの外交政策についてレポートを提出するという任務をこなしつつ、ラオス国境沿いやタイ東北部の村などを往来。パスポートを増冊するほど何度も足を運んだ。現地の生活に入り込むうちに、人々の嫌な部分も見えるようになり、大衆は「いつも正しく、援助を行うべき」存在なのか疑問が生じた。そして、国際協力の常識を疑い、自分にとっての国際協力とは何かを模索すべく、研究者の道を選んだ。

【アジアのリーダー育成を】

 企業、国際機関、日本大使館とさまざまな職場に身を置きながら、国際教育協力に携わってきた恵木さん。自身のキャリアについて「わがままに進んできただけ」と振り返るが、やってみたいという強い気持ちが実践力になっている。「ばらばらにいろんなところを見てきたが、思えば図らずもすべてはつながっている」。やりたいことだけでなく、やりたくないことに気付くことができたのも将来を考える上で貴重だったと言う。

 現在の最大の関心事は、日本を含むアジアのエリート教育を推進すること。多くの学生が勉学の場を欧米に求める現状に危機感を持ち、「アジアの倫理に基づいた教育をアジアでやらなければならない」と考える。いつか日本の得意分野である農業と工業、経済を学べる教育機関を設立し、アジアのリーダーとなる人材を育てるのが夢だ。
 
 まずは日本人の人材を育てるべく、09年4月から東京と広島で“国際協力塾”を立ち上げ、社会人や学生とともに、さまざまなテーマに関する議論を深めている。夢の実現のため、今一歩一歩進んでいる。

画像

【私のキャリアパス】積極的に切り開いた障害者支援の道

国際協力機構(JICA)人間開発部
高等教育・社会保障グループ 社会保障課 
ジュニア専門員
磯部 陽子 さん

【磯部さんのキャリアパス】

22歳 筑波大学卒業後、マンチェスター大学大学院へ
   NGOや日本人学校で障害児支援ボランティアを行う
27歳 英マンチェスター大学でインクルーシブ教育の博士号を取得
   タイのユネスコ地域事務所APPEALでインターン
29歳 株式会社ティックスと契約し
   国際協力機構(JICA)へ出向
31歳 現職

【学びながら現場を経験】

 今年1月から、JICA でジュニア専門員として障害者支援を担当している磯部さん。周囲からは、着実にキャリアを積み上げてきた有望な人材と期待が高い。

 もともとは国連の心理カウンセラーを目指していた。きっかけは3歳の頃、ユニセフ親善大使として活躍する黒柳徹子氏の活動をテレビで見たこと。「苦しんでいる子がいるのに、どうして大人たちは助けないんだろう」と感じ、黒柳氏の母校である香蘭女学校に進学するほど、彼女の活動に憧れた。そして高校2 年生の時、父親の転勤でノルウェーへ。やりたいことを仕事に結びつける方法を見つけようと、国連などの資料を読み漁り、国連にカウンセラーという職業があること、職業を通じて子どもたちに関われることを知った。カウンセラーを志すようになった磯部さんは、高校卒業後、心理学の勉強ができる筑波大学の第二学群人間学類に進学。しかし、学ぶうちに「心理学は自分に合わないのでは」という思いを抱き始める。障害のある女性の介助活動や、担任教授からの薦めもあり、専攻を障害児教育に決めた磯部さんは、障害児・者の教育、社会参加、リハビリテーション、データ解析を学ぶ傍ら、養護学校や教育相談室などで障害児、家族に対する発達支援に携わった。

 大学院卒業を控えた頃、『From Them to Us』という本に出会う。内容に共感した磯部さんは、インクルーシブ教育の研究者である著者のメル・エイスンコー氏に手紙を書き、会いに行った。それが縁で同氏が教壇に立つイギリス・マンチェスター大学で、奨学金制度「ORS」を利用して修士と博士を修了。その間も、インクルーシブ教育の開発NGO で4 年間、途上国の関連団体や学校との連絡・調整を行い、現場での経験知も着実にブラッシュアップしてきた。
 
 博士課程修了後は、ユネスコバンコク事務所APPEAL でインターンとなり、EFAアクションプランをインクルーシブ教育の観点から分析する機会を得た。そこで、人と情報のネットワークの重要性も学んだ。

【支援スタッフ→ジュニア専門員】

 日本に帰国した2007年、人材派遣会社からJICA 障害者支援分野の支援スタッフとして出向。そこで注目したのがジュニア専門員だった。「専門家や職員からの指導も受けられるし、仕事の幅が広くて障害分野以外の知識も得られる。自分にとっては非常に魅力的でした」。そこでJICAのキャリア相談を利用し、自身の経験や状況を説明すると「ジュニア専門員がベストでは」というアドバイスを受けた。思い切って上司に相談し、面接を経た今年、晴れてジュニア専門員となった。

 現在は、「コロンビア地雷被災者を中心とした障害者総合リハビリテーション体制強化プロジェクト」の主管部担当を務めるほか、「フィリピン地方における障害者のためのバリアフリー環境形成(障害者に優しいまちづくり)プロジェクト」、「パキスタン障害者社会参加促進プロジェクト」の案件整理を担当する。教育のタスクフォースとして、インクルーシブ教育サブタスクやJICA 内部の障害理解を深めるための調査研究にも携わっている。人脈ネットワークも徐々に構築され、目標とする専門員との出会いにも恵まれた。自分の10 年先を歩く同僚職員の姿から学ぶことも多い。「障害者支援の分野は、若手を育てようと意識している方が多い気がします」。  
 来年からは在外での業務となる。「今は不安が大きいけれど、これからが勝負。どん欲にいきたい」とえりを正した。