関東」カテゴリーアーカイブ

画像

【大学の国際化最前線】東京医科歯科大学 グローバルヘルス養成コース

国際保健分野のリーダーを養成

2016年12月には「グローバルヘルスリーダー養成コース開講記念講演」が開催された

【新大学院を設立】

 日本初の歯科医学教育機関である「東京高等歯科医学校」を前身とする国立・東京医科歯科大学は、日本で唯一の「医療系総合大学」として、長年、医歯学の教育研究を先導してきたパイオニア的存在だ。2014年には、文部科学省の実施する「スーパーグローバル大学創成支援事業」の中で、世界大学ランキングトップ100を目指す「トップ型」の1校として採択された。
 
 その取り組みの一環として、同大学が18年4月の開設に向けて準備を進めているのが「グローバルヘルスリーダー養成コース」だ。地球規模で拡大する健康問題の解決に貢献する高度人材の育成を目的とする同コースは、生物統計学、疫学、行動科学などの基礎分野に加えて「グローバルヘルス」、「健康の社会的決定要因」、「ライフコース疫学」の3つの分野横断的な領域を学ぶ修士コースだ。授業はすべて英語で行われ、2 年間で修士号( グローバル健康医学)(MPH)を取得することができる。
 
 主任教授である藤原武男教授は、「今や世界経済の動きや地球環境をはじめとするグローバル化の視点なくして、公共衛生は語れない」と指摘。さらに、日本ではまだ馴染みのない「ライフコース疫学」については、「例えば、胎児期の低栄養状態によって成人病罹患率が高まるように、人生の軌跡として健康や疾病を分析する必要がある。当大学院は、このアプローチを学ぶことのできる日本初の教育機関だ」と話した。

【世界のトップ大学に負けない教育体制】
 
 他方、東京医科歯科大学は、オーストラリア、タイなど、国際保健分野をリードする近隣国の大学との差別化も図っている。藤原教授は「グローバルヘルスリーダー養成コースでは、国際保健分野で世界トップを走る米国のハーバード大学とジョンズ・ホプキンズ大学から教授を招へいし、世界の大学に負けないカリキュラムを提供するほか、高齢化の真っただ中にある日本ならではの医療保健システムを十分に学ぶ体制を整える」と話す。
 
 さらに、教育手法にも強みがある。藤原教授は、「日本の大学にありがちな座学中心の教育の代わりに、徹底した“ケーススタディー”に力点を置く。個々の授業はもちろん、修士論文の執筆にあたっても1年次からアドバイザーを付けて、学生たちが開発途
上国などでフィールド調査に乗り出せるよう支援する」と強調した。
 
 初年度の募集人員は9人。今後はEラーニングの導入なども視野に入れながら、昼間は忙しい社会人にも門戸を広げていく方針だ。世界保健機関(WHO)をはじめとする国際機関や、保健分野に関わるグローバル企業などで活躍する人材を輩出するトップ大学院を目指している。

【Access】
〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
URL http://www.tmd.ac.jp/english/faculties/graduate_school/mph/index.html

画像

【大学の国際化最前線】学習院大学 国際社会科学部

世界を目指す学生の課題解決力を養う

【52年ぶりに新学部を創設】

 1847年に京都で開講された「学習所」を起源に持つ学習院大学は、2016年4月、52年ぶりに5つ目となる学部「国際社会科学部」を開設した。法律・経済・経営・地域研究・社会学など、社会科学の5分野と英語教育を融合した国際系学部である。

 国際系の学部といえば、コミュニケーションや文化理解を特色とする学部・学科が多い。しかし、国際社会科学部は、学習院大学がこれまで社会科学系の教養教育に取り組んできた伝統と強みを生かし、社会科学の領域に特化した学びを提供している。将来的には、国際協力や国際ビジネスなどで活躍する人材育成を目指す。

 同学部の牧田りえ教授は、「この学部で学ぶ4年の間に、世界中どこでも通用する課題発見・解決能力を身に付けてもらいたい。さらに語学力も卒業後に海外の大学院にもすぐに進学できるレベルにまで高められるようサポートする」と話す。

【学ぶ英語から使える英語へ】

 国際社会科学部は、社会科学の専門科目と連動させながら独自の英語教育を実施している。1年次は専門科目を日本語で学ぶが、2年次からは段階的に英語での授業が行われ、3年次から全ての授業が英語で実施される。牧田教授は「日本の高校を卒業したばかりの学生にとって、いきなり全ての科目を英語で学ぶのは難しい。段階的な語学学習の場が必要だ」と指摘。「初めのうちは学生たちが授業について来られるよう、授業の終盤に日本語でフォローアップを加えるなど、工夫を凝らしている」と続ける。

 英語の語学授業には、「CLIL」(クリル)と呼ばれる、専門科目の理解に必要な4技能(読む・書く・話す・聞く)を高める語学学習の手法を採用。専門科目に頻出する語句の習得や関連トピックを英語の語学授業に取り入れ、英語で行われる専門科目の授業の理解を補助するための「ブリッジ科目」も設けている。「英語はあくまでツールであり、英語で話される内容を理解し、自分の考えを伝えられることこそが重要。学部の授業全体を通じて専門分野で議論できるだけの英語力を養っていくのが目標である」(牧田教授)との考えからだ。

 このほか、国際社会科学部のカリキュラムには、4週間以上の海外研修が必修として組み込まれている。同学の提携先(14カ国・地域61校)以外にも、独自の留学先を選べ、2017年12月現在、1、2年生453人の在学生のうち、170人の学生が海外で学んでいるという。海外研修前後には、研修に必要な予備知識を習得する授業や、留学体験を学生同士で評価・シェアできる授業も必修で用意されており、各学生が得た知見を十分に生かせる教育を目指している。

【Access】
〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
URL http://www.univ.gakushuin.ac.jp/

(出典:『国際開発ジャーナル』2018年1&2月合併号)

画像

【大学の国際化最前線】早稲田大学大学院法学研究科

アジアで羽ばたく法の実務家を育成

(知的財産に関する比較研究を行う事業も実施する)

【グローバル目指す学生のニーズに対応】

 世界経済のグローバル化に伴い、国際社会に通用する「法」や「ルール」の高度化・複雑化が進んでいる。その一方で、日本の法学教育は、いまだに法学研究者と日本国内の法曹の養成に主眼を置き、国際社会で活躍できる実務家を育てる環境が十分に整っているとは言い難い。

 そんな中、日本の法学を牽引する人材を多数輩出してきた早稲田大学法学研究科が、画期的なコースを2018年4月からスタートさせる。その名も「現代アジア・リージョン法LL.M.コース」。研究者や法曹の養成ではなく、国際公務員や海外に展開するビジネスパーソンとして働く「法のエキスパート」を育成することが狙いだ。

「LL.M.コース」とは、もともと欧米の法学系大学院が設けている修士課程の一つであり、法学の基礎教育を受けた学生が、短期間で専門性を高めるコースを指す。早稲田大学が今回新設したコースも、全て英語の授業を通じて1年間で集中的に法の専門知識と分析能力を培うことができる。

 プログラムコーディネーターを務める中村民雄教授は、「アジアのグローバル化が進む中、日本国内で法律家を目指していた学生たちも、より国際的な仕事を求めるようになっている。このコースでは、こうした学生の新たなニーズに応えていく」と話した。

 

【法の観点からアジア経済に貢献を】

 「現代アジア・リージョン法LL.M.コース」のカリキュラムには、他のLL.M.コースにはない独自性がある。国際法や国際経済法など、国際関係を規律するさまざまな法分野を理論と実践の両側面から学びながらも、特に「アジア地域」に軸足を置いた授業を提供することだ。中村教授は、「必須科目を通じてアジアと他の地域を比較するほか、アジア市場で生じるさまざまな法的な問題を分析します」と話す。

 その狙いについて、同教授は「EUなどと異なり、アジアは政治的な統合を通じて共通の法やルールをつくるというシナリオを描くことが難しい。しかし、アジア経済は日に日に緊密化しており、その過程で、政府に代わって企業が経済活動に関する基準やルールを現地に根付かせる役割を担っている」と指摘。その上で、「こうしたアジアの特性をきちんと分析できるスペシャリストを育てたい」と話した。

 同コースは初年度、日本人と留学生あわせて10人程度を募集している。教授と学生が対話しながら一緒に学ぶ「ソクラティック・メソッド」を本格的に導入し、密度の濃い少人数制の教育を提供する予定だ。中国の存在感が高まる昨今、アジアの問題を「権力」ではなく、「法と正義」で解決する人材を育てる意義は計り知れないと言えよう。

出典:「国際開発ジャーナル」 2017年8月号

【Access】

〒169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1  TEL 03-3232-3924

URL :https://www.waseda.jp/folaw/glaw/

画像

【大学の国際化最前線】武蔵大学 経済学部

日本でロンドン大の学位を取得
工系の国際人材育成をブランドに


(LSEの教員が来日して特別授業も実施している)

【世界レベルの教育を日本で】
 日本を代表する実業家、故・根津嘉一郎(初代)が創立した旧制武蔵高等学校がルーツの私立・武蔵大学。1949年の開設以来、少人数制のゼミナール中心の教育を打ち出し、「ゼミの武蔵」と呼ばれてきた。近年は、この伝統を受け継ぎながら、グローバル人材の育成にも注力している。

 そんな武蔵大学が2015年に開始したのが、「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム」(通称・PDP)だ。武蔵大学の履修科目に加えて、ロンドン大学の教育プログラムを履修することで双方の学位を取得することができる。

 近年、日本の大学では、海外の大学と協定を結んで両大学の学位を取得できる「ダブル・ディグリー制度」を導入する動きが進んでいるが、ほとんどの場合は協定大学に一定期間留学することが必須であり、多額の費用がかかる。その
点、PDPは、ロンドンに行かなくともロンドン大学が提供する「インターナショナル・プログラム」を日本で履修できるのが最大の特徴だ。

 武蔵大学は、ロンドン大学が180カ国の教育機関で展開するこのプログラムを日本で初めて採用。武蔵大学の教員が英語で授業を行い、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)がテキストの執筆、テストの作成・採点にあたる。

 対象は経済学部生で、一定の基準を満たした学生が入学直後に選抜される。PDP導入の発起人である同学部の東郷賢教授は、「PDPを履修するために武蔵大に入学してくる学生も増え始めている」との手応えを感じている。

【履修生へのフォローも充実】
 とはいえ、武蔵大学に入学する学生の多くは、留学経験もなく、典型的な日本の高校を卒業したばかりのため、いきなりロンドン大学の授業についていくことは難しい。そこで、PDPでは、学生たちがプログラムについてこれるよう工夫を凝らしている。

 例えば、入学直後からロンドン大学のプログラムが始まる9月までの間、経済学、数学などの入門授業を日本語で行うほか、6~7月には海外英語研修も実施して、基礎体力を養う。さらに、プログラム開始後も、テスト前の対策など、さまざまな形で履修生をサポートしている。
 東郷教授は、「日本では、経済学の知識を全く身に付けずに経済学部を卒業する学生も少なくないが、PDPでは経済学をしっかりと学び、世界に通用する基礎力を身に付けてもらう」と話す。無事にロンドン大学の学位を取得した暁には、海外の大学院への留学も期待できるという。

 武蔵大学では、人文学部と社会学部でもグローバル人材を育成する新たなコースが2017年4月よりスタートした。海外で働く人材だけでなく、日本国内で国際化が進む職種に就職を目指す学生にも最適な特訓コースを提供している。

(出典:『国際開発ジャーナル』2017年7月号) 【Access】 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1 URL http://www.musashi.ac.jp/

画像

【大学の国際化最前線】日本体育大学 スポーツ文化学部スポーツ国際学科

新学科を創設 スポーツ通じた国際貢献目指す

(「伝統文化交流実習」で、シンガポールで実施されたワークショップの様子)

【協力隊派遣の協定を締結】

 1891年に創設された日本体育会を起源に持ち、125年以上の歴史の中で、多くの体育教員やスポーツ選手を輩出してきた日本体育大学。日本の体育教育の中核とも言えるこの大学で、近年、
急速に国際人材育成の動きが進んでいる。

 2014年4月に、まず学生の海外留学を推進する組織として国際交流センターを設立。同年8月には、国際協力機構(JICA)との間で学生の青年海外協力隊への派遣に関する協定も締結した。そして今年4月には、スポーツを通して国際貢献できる人材の育成を目指し、スポーツ文化学部スポーツ国際学科を新設した。

 日体大では、体育教師を目指す学生が8割を占めるが、近年は、国際教育に取り組む小学校や中学校が増えている。また、地方自治体でも、スポーツを通じた海外との交流が増えつつあるなど、体育やスポーツ分野で国際的な視野を持つ人材へのニーズが高まっている中、新学科の募集では、100人の定員に対して7倍近い学生が殺到したという。

【開発途上国で役立つユニークな授業】

 海外、特に開発途上国で役立つスキルや、異文化理解力を身に付けるため、新学科ではユニークな科目が用意されている。
 例えば、開発途上国のスポーツを学ぶ「エスニックスポーツ実技」では、皆でミャンマー語を話しながら「チンロン」というミャンマーの伝統球技を習得する。

 また、運動用具も不足しがちな開発途上国では、現地の人々に、どのように運動の意義や楽しさを伝えるかが問われる。そのため、「スポーツ国際実習」では、英語で会話しながら、道具を使わずにスポーツを指導する技術を学ぶ。

 さらに、長期休暇を利用した海外でのボランティア活動も予定されている。

 日本体育大学では、オーストラリアやドイツ、ハワイ、シンガポールなどで、武道や日本の伝統芸能に取り組む若者と交流する「伝統文化交流実習」を2003年から実施してきた。その引率を担当し、今年からスポーツ文化学部長を務める八木沢誠教授は、「海外で日本の武道に取り組む人々は、武道の中に込められた、相手への思いやりや礼儀などの日本的精神を真摯に追求している」とした上で、「こうした人々に触れることは、日本の学生たちにとって、自国の文化を見つめ直し、国際人として成長する上でいい刺激となる」と強調。新学科で海外経験をする学生が増えることに期待を寄せる。

 日本政府は現在、2020年に開催予定の東京五輪に向け、官民を挙げて開発途上国にスポーツ分野で貢献することを目指すイニシアチブ「スポーツ・フォー・トゥモロー」を推し進めている。こうした中、新学科がどのような花を咲かせるか、今後が楽しみだ。

【Access】

東京・世田谷キャンパス
〒158-8508
東京都世田谷区深沢7-1-1
URL http://www.nittai.ac.jp/